トリトドン育成論。 トリトドンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トリトドンの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

トリトドン育成論

トリトドン育成論 ポケモン剣盾シーズン1が終わりましたが、最終1位の構築はなんと受け構築でした。 メタモン入り受け構築という、なんとも愛がある構築が1位。 弱点保険やはりきりダイマックスで受けがメタりにメタられて、一時期14位まで伸びた、もだっちの構築はボロクソに順位を落としましたがポケモンも捨てたものではありませんね。 受けポケモン使いのヒーローだと思います。 そんな受けポケモン界のヒーロー「いかみりん」さんも構築の中で一際輝きを見せたのが、「トリトドン」です。 本人の構築記事でも選出率、ダイマックス率共に1位。 今日はそんなトリトドンについて書いていきます。 トリトドンの基本情報 種族値 HP 111 攻撃 83 防御 68 特攻 92 特防 82 素早さ 39 合計種族値 475 HP種族値ととくぼうが高いため、特殊受けとして採用されることが多く、とくこうもそこそこ高く受けをこなしながら確実に相手を削る役割がメイン。 物理防御方面は数値低めとは言え、「ねっとう」の追加効果のやけどで無理矢理受けを成立させることもできる偉い子です。 トリトドンのタイプ 「みず」「じめん」タイプ ヌオー、ガマゲロゲと同じ「みず」「じめん」タイプです。 弱点が「くさ」タイプのみの超優秀タイプで、耐久の高さも相まって、攻撃ランクが上がっていなければ、一撃で落とされることが極端に少ないです。 弱点4倍:くさ 耐性2分の1:ほのお どく いわ はがね 耐性無効:でんき また電気の一貫を切ることができるため、アーマーガアやドヒドイデなどの受けポケモンの補完として優秀な働きをしてくれます。 トリトドンの特性 トリトドンの特性は「よびみず」「ねんちゃく」「すなのちから」です。 「よびみず」 水技を受けるとダメージを受けず、とくこうランクが1段階上がる 「ねんちゃく」 相手から持ち物を奪われない 「すなのちから」 すなあらし状態のときに技のダメージが、1. 3倍になる。 4倍弱点を持つ「草ロトム」以外はトリトドンの役割対象となるが、「トリック」をされると少し動きづらくなる為、ありがたい特性です。 通りの良い水技は環境に多く、ばつぐん相手でなくても、削りのためによく飛んでくる印象です。 トリトドンの少し足りない火力もあがるので、うまく水技読みで出すことができれば耐久も火力も高い要塞が完成します。 性格・持ち物・努力値 「とくぼう」の上がる性格がオススメ トリトドンの性格のオススメはとくぼうに上方補正のかかる 「なまいき」「おだやか」のどちらかです。 とくこうの値が92でかなり高いのでとくこうに上方補正をかけた性格のアタッカーとして育ててもよい活躍ができると思います。 私は持ち前の耐久を生かしたり、クッションとしての役割遂行の為には、中途半端に火力を上げるより、良いところを伸ばす方が良いと感じました。 持ち物は回復アイテムがオススメ トリトドンの持ち物は、回復ソースとなるアイテムがオススメです。 倒されにくいうざい存在として、少しでも体力を確保する為に 「たべのこし」や「オボンのみ」などの持ち物を持たせると良いでしょう。 特性「ねんちゃく」で採用すればはたき落とされたり、トリックで奪われる事もないので腐りづらいです。 ただし持ち物がなくなるまで「はたきおとす」のダメージ1. 5倍のままです。 努力値は「HP」「とくぼう」振りがメイン 努力値配分はパーティとの相談になりますが、種族値で考えると、とくぼう方面に努力値を寄せたほうが役割遂行しやすいと思います。 意外性を求めるのであれば、とくこうやぼうぎょに努力値を寄せても構いませんが、安定した活躍を求めるのであれば「HP」「とくぼう」振りがオススメです。 最初から追加効果などに頼るつもりがないにであれば、なみのりもアリである。 威力120で追加効果なし、命中が85で不安定なハイドロポンプは、受けポケモンであるトリトドンにそこまでの火力を求めるか。 といった話になる。 外した時のリスクの大きさを考えると安定性の高い技が妥当なのではないかと思う。 グラスフィールドで威力が半減されない優秀なじめん技。 「みず」タイプの通りと被ることもあるが、「ドヒドイデ」「ジュラルドン」「パッチラゴン」など役に立つ場面はそこそこある。 タイプ不一致だが、みずタイプが通らない「くさ」「ドラゴン」や、「ひこう」タイプにも抜群が取れ、補完が良いのでよく採用される。 「ドラパルト」「サザンドラ」「パッチラゴン」「トゲキッス」「エルフーン」「草ロトム」など環境上位にいるポケモンにある程度仕事ができるようになります。 特に環境に多いH4振りドラパルトやサザンドラには2確がとれるのでかなり使い所はあります。 草タイプやフェアリータイプへの有効打。 天敵の「草ロトム」や「オーロンゲ」「エルフーン」「ブリムオン」など環境に多いフェアリーに強く出れる。 あまりトリトドンがどく技を持つイメージはないため、有効な場面も多い。 ダイマックス技でとくこうが上がるのもポイント高い。 受けたダメージを2倍にして相手に与える。 ダイマックス中の相手を落とすのは難しいが、トリトドンの反射技は割と有名なため、警戒させるという意味でも覚えるという事実だけで強い技。 悪タイプの「サザンドラ」なんかには効かないので注意。 上に同じ。 ゴーストタイプには効かないので注意。 威力20 命中100 相手の能力変化を元に戻す。 相手の積み技を無効にしながらダメージを与えられる優秀な技。 「ばけのかわ」を盾につるぎのまいをするミミッキュや、きあいのタスキ持ちの積み行動にぶっ刺さる強い技。 威力がとても低いので「みがわり」されると一方的に不利になってしまうので注意。 威力20 命中100 攻撃を受けた相手を4-5ターン最大HPの8分の1ダメージを与える。 その間相手は交代できない。 とてもやらしいバインド技。 不利対面で突っ張ってくる相手を後続に逃さずに受け殺すことができる。 「あくび」とのコンボが非常に強力で、この2つの技を両立できるのはトリトドンだけ。 「みがわり」に攻撃してもバインド状態にできないので辛い。 非常に優秀な回復技。 多くのポケモンにこの技で絶望を味わせることができる。 シンプルかつ強力。 硬いトリトドンが、より一層硬くなる積み技。 「じこさいせい」と共に採用して相手を積ませよう。 3回しか積むことが出来ないので注意。 特殊方面はどんな技もほぼ受け付けなくなる。 有利対面でうって交代で出てきたポケモンに負荷をかけたり、不利対面で打って機転回避したり、ダイマックスを流したり、サイクルを有利に進めることができるとても便利な技。 「ラムのみ」持ちや「ダイサンダー」「ダイフェアリー」などのダイマックス技で回避されてしまうのでそこまで想定して立ち回ることが大切。 トリトドンまとめ 努力値を振り切ればかなりの硬さを誇るトリトドンは、使ってみたらわかりますが、攻守共に安定して非常に使いやすいです。 「ドヒドイデ」や「ヌオー」と比べて決定力があるので、不意の「みがわり」で積むこともありません。 詳しい使用感は次回の記事で書いていきます。 今回のトリトドンの記事の育成論は、「いかみりん」さんの構築記事を参考に育成したものを参考にしています。

次の

トリトドンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トリトドン育成論

トリトドンの基本データ HP 111 タイプ みず こうげき 83 じめん ぼうぎょ 68 特性 ねんちゃく とくこう 92 よびみず とくぼう 82 夢特性 すなのちから すばやさ 39 トリトドンの特徴 特性「よびみず」で味方へのみずタイプの攻撃を無効化 「よびみず」は 自分含めた味方を対象とするみずタイプの技を無効化し、自身のとくこうランクを 1 段階上げる特性です。 これにより、 みずタイプが苦手な味方のポケモンがみずタイプの技で縛られていたとしても、トリトドンを隣に置くことで安定して突っ張ることができます。 弱点がくさタイプのみで優れた耐性を持つ みず・じめんタイプであるトリトドンは弱点がくさタイプのみであり、 優秀な耐性を持っています。 さらに、 たくわえるや とける、 じこさいせいを覚えるので、トリトドンに有効打があるポケモンが倒れてしまったり、トリトドンの耐久アップ技を簡単に積まれてしまったりすると突破が困難になります。 トリトドンはバトルの終盤まで生き残ることが多いため、 トリトドンでどう詰めていくか、あるいはトリトドンをどうやって倒すかを見据えて立ち回る 必要があります。 トリトドンの技 有用な攻撃技 だいちのちから タイプ一致技。 追加効果のDダウンが優秀。 ねっとう タイプ一致技。 追加効果のやけどが強力。 ハイドロポンプ タイプ一致技。 ダイストリームの火力を上げたい場合に。 だくりゅう タイプ一致技。 全体技で命中ダウンが強力。 こごえるかぜ 相手のすばやさを下げる。 味方のサポートに。 れいとうビーム ドラパルトやトゲキッスに対して。 ヘドロばくだん 対フェアリーに。 クリアスモッグ 能力上昇対策に。 有用な変化技 まもる 大事に扱いたい場合に。 みがわり 状態異常対策に。 じこさいせい 耐久が高いので相性が良い。 おきみやげ 自主退場できる。 しかし使いどころが難しい。 たくわえる 耐久を上げることができる。 3回までしか積めない点に注意。 とける 対物理を意識するならこちら。 あくび ダイマックスポケモンへの牽制に。 とけるを積むことで、物理ポケモンから受けるダメージをごくわずかにすることが可能です。 さらに、 たべのこしと じこさいせいでHPを回復して長期戦に持ち込むことができます。 この型の 最大の強みは、相手の残りを物理技を使うポケモンだけにすることによってトリトドン1匹で詰める展開を作れることです。 ただし、 急所が大きな負け筋となるので、 過剰なとけるやじこさいせいの選択は控えることが大切となってきます。 トリトドンの使用率 当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からトリトドンの順位を参照しています。 集計期間 順位 22位 19位 5位 8位 5位 13位 9位 9位 5位 14位 11位 10位 9位 24位 19位 17位 21位 21位 ランキング外 ランキング外 ランキング外 29位 21位 27位 25位 22位 28位 トリトドンとの主な組み合わせ 特性「よびみず」でみずタイプの技を吸収することが強力で、 みずタイプを苦手とするポケモンと相性が良いです。 ウインディ ウインディで相手することが難しいみずタイプにトリトドンが強く、トリトドンが苦手なくさタイプの技をウインディは受けることができます。 この2体は 相性補完に優れた並びといえます。 ドサイドン ドサイドンをみずタイプの攻撃で対策する相手に対して、特性「よびみず」でみず技を吸収するトリトドンが刺さっています。 ただし、全体攻撃のみず技はドサイドンもダメージを受けてしまうので注意しましょう。 ドリュウズ ドリュウズの苦手なみずタイプの技をトリトドンが吸収することで、みずタイプに対して突っ張る立ち回りが可能です。 また、ドリュウズの ダイアースや ダイスチルで トリトドンの耐久を強化することができます。 バンギラス バンギラスの弱点であるみずタイプの技をトリトドンがカバーできます。 トリトドンは バンギラスの苦手なみず・はがねタイプに強く出ることが可能です。 アーマーガア アーマーガアはトリトドンの弱点であるくさタイプの技を受けることができます。 反対に、トリトドンはアーマーガアの苦手なほのお・でんきタイプの技のダメージを半減以下にします。 トリトドンの対策 カットロトム リーフストームでトリトドンを縛ることができ、 特性「ふゆう」でトリトドンからのじめん技を透かすことができます。 ギャラドス 新習得した パワーウィップでトリトドンを容易に倒せます。 トリトドンからの大きな打点はないので りゅうのまいやダイジェットで積みにいく展開をしても良いでしょう。 バイバニラ みずタイプに対して抜群になる フリーズドライをバイバニラは覚えるので、4倍弱点を突いてトリトドンを容易に倒すことができます。 さいごに ダブルバトルにおけるトリトドンの育成論と対策について紹介しました! トリトドンの使用率はかなり高く、対策しないと突破が困難なポケモンです。 しっかり対策を練っていきましょう。 また、今後も育成論と対策の記事を追加していきます。 使用率や型などは新しい情報が追加され次第、随時更新していく予定です。 ポケモン初心者。 みんてぃあと共にサイトの機能面を担当。 自我が目覚めた時には既にポケモンをやっていたらしい。 関連する記事• 2020. 13 レンタルチームID: 0000 0008 33F3 KT 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 02 レンタルチームID: 0000 0003 DF3G 9B 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 29 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. キュウ […][…]• 2020. 25 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト4. 情報ソース4. テル4. しあ […][…]• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0006 H6D5 DX 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の

【ポケモン剣盾】トリトドン(にしのうみ)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

トリトドン育成論

持ち物:性格:努力値振り 持ち物:たべのこし ターン終了後、体力を最大HPの16分の1回復する。 かなりこのトリトドンはとてもとても硬いので、かなり長い間場に居座ることになります。 純粋に耐久を上げる意味でも「たべのこし」は良いですし、「あくび」連打で相手に負担をかけている間にもたべのこしで回復できるのでかなり相手にすると嫌だと思います。 また「ドヒドイデ」や「アーマーガア」と共に電気受けで選出したりする場合は、サイクル戦になることも多いため、相手が撒いた「ステルスロック」の蓄積ダメージを実質無効にできるので消耗しにくく兎に角いいことづくめでした。 性格:努力値振り なまいきHDぶっぱ とにかく、トリトドンの良い所を伸ばした努力値配分です。 物理が多いとされる現環境で、その物理を無視して特殊防御に全て振り切ってしまうのはなかなか抵抗がありましたが、 特殊ポケモンも「トゲキッス」「サザンドラ」「ロトム」「ラプラス」など環境に凶悪なポケモンが多く、他にも「ドラパルト」や「ガマゲロゲ」なども特殊攻撃をメインに使われることが多くなり、 蓋を開けてみれば、かなりの活躍ができました。 トリトドンの技構成 ねっとう 威力80 命中100 3割の確率で相手を「やけど」 やっぱりタイプ一致の攻撃技は欲しいということで、受けポケモンが持つ水技と言ったらこれ。 弱い物理方面にも受けを無理やり成立させることができるのでとても強い。 れいとうビーム 威力90 命中100 1割の確率であいてを「こおり」 サブウエポン枠。 「だいちのちから」より広い範囲のポケモンへの有効打になると信じて採用。 「サザンドラ」や「特殊ドラパルト」「パッチラゴン」などのドラゴンタイプや、「草ロトム」への打点として活躍してくれた。 あくび 相手を次のターンの終わりにねむり状態にする。 有利対面でも不利対面でもとにかく使えまくった技。 草技を持っていない相手に対面で相手に打っておけば、何かしら有利に事が運ぶ。 「ラムのみ」持ちや「ダイサンダー」「ダイフェアリー」で回避されるので、読みながらの行動が必須となる。 特に「ラムのみ」持ちは読めるはずがないので辛い所 じこさいせい 自分の最大HPの半分を回復 安定の再生技。 HP管理がとても大切なトリトドンには必須に感じた。 草タイプポケモンは勿論、草技をサブウエポンで覚えるポケモンは必ず把握しておかなければならない。 「ギャラドス」「ガマゲロゲ」「リザードン」「ヌメルゴン」「サーナイト」「シャンデラ」「オンバーン」など タイプ一致ではなく、サブウエポン特殊草技の場合、一撃は耐えられることもあるが、ダイマックスしてからの「ダイソウゲン」は耐えられない トリトドンが仕事をしないと勝てない展開も多いので、とにかく致命傷なので、気をつけてください。 という展開です。 ダイマックスして技を打ちかえることで、完全機能停止は避けれますが、逆を言うとダイマックスをしないとまともに仕事ができなくなります。 特性「ねんちゃく」にしとけば道具を奪われなくなるので、それだけで対策できます。 「水ロトム」「インテレオン」「ギャラドス」などのメインウエポンを無効化する、特性「よびみず」も協力なので悩む所です。 先日はめいそうをガン積みする「どくどくだま」をもった「ランクルス」に積まされて涙目でした。 「ヌオー」のように積みアタッカーに対しての耐性はないので対峙してしまった場合後続のポケモンに頑張ってもらうしかありません。 相手にやられたら不味い行動を回避しながら立ち回れば、かなり長い間生き残り仕事をしてくれました。 またトリトドンの「あくび」展開を嫌がり、ダイマックスで一気に倒そうとしてくる相手も多いです。 物理ポケモンのダイマックス技は耐えられないことも多いので、読めたら後続に引くなりして相手のダイマックスターンをうまく消費させましょう。 先にダイマックスを消費させることができたら、かなり有利に展開を進める事ができます。 H4振りの「ドラパルト」や「サザンドラ」にれいとうビームが確定2発。 H4振り「ドリュウズ」H252振り「カバルドン」がねっとうで確定2発。 H252振りの「ドサイドン」がねっとうで確定1発。 確かに相手に「くさタイプのウエポン」がなく、「みず」「こおり」技がばつぐんの相手にダイマックスして押し負けることが殆どなく、相手のポケモンをしっかり倒してくれたりと、かなりの活躍をしてくれました。 「いかみりん」さんには感謝しかないです!.

次の