チョウチンアンコウ 同化。 チョウチンアンコウのオス

海水魚界NO.1のヒモ男!

チョウチンアンコウ 同化

人間社会では残してもその後養えないという理由などから諦める方もいるのですが、動物の世界ではむしろいかに残すかがやはり重要になってきます。 ー交尾をし続ける さてそんな中、あの動物はとてつもなく奇妙な生態をもっております。 そう、です。 彼らはオスとメスで大きさが桁違いに違い、オスは2~3ぐらいですが、対するメスは40近くあります。 とはいえメスがのはだけでなく、アリやハチなど陸上にも居るので別に特別おかしなことではないのですが、珍しいのは彼らの交尾。 オスはメスを見つけると、なんとメスの体に「ガブリ」と噛離しません。 なぜなら、根本的に深海4000の世界で、オスがメスに巡り合う可能性は極めて少なく、ここで噛み付いて置かなければ一生ただの魚です。 さて今回はそんな、オスがメスに交尾をするという極めて貴重な映像が撮影されたということで紹介したいわけです。 学者によるとこれは生まれて初めての撮影だということです。 それほど深海は謎に包まれているのです。 ということでご覧ください。 交尾をしたオスは、その後メスに取り込まれていき、メスは産卵します。 つまりオスにとって、生涯交尾をし続けることになりますが、メスに同化してしまい、自我は失い、完全にメスに支配されてしまうのです。 そして、生殖器だけが残るそうです。 まるで人間の庭のようです。 今回はの話ですが、人間の事例でも という衝撃的なも話題となりました。 まさになのです。 lymail. (秒刊:) 『』 生涯交尾する「アンコウ」が初めて撮影される!雄は雌に同化する 関連ニュース•

次の

交尾でオスとメスが融合する!? 謎すぎるチョウチンアンコウの生態

チョウチンアンコウ 同化

「ヒモ」という言葉をインターネットの百科事典・で引いてみると「女性を自分の魅力で惹きつけ、女性に経済的に頼る男性のこと。 家事の分担の多くを受け持つ主夫とは異なる」と記述しています。 我々にとって名前に馴染みがある生き物の中で、一番「ヒモ=なにもしない」にかぎりなく近い生き方をしているのはアンコウではないでしょうか。 そう、アンコウ鍋などで有名な、アンコウです。 アンコウの種類はたくさんあるのですが、「ビワアンコウ」「ミツクリ」などの数種のオスが、結婚した後は完全にヒモ生活を送ることで有名です。 それも「エサを取ってこない」とか「あまり動かない」とかいうレベルではなくて、生まれた時は別々の個体ですが、婚活に成功して結婚した後は身体ごとメスに吸収してもらい、その後はメスの体内でほぼ溶けた状態で生きていくのです。 オスはメスの体内で「100%ヒモ」として人生ならぬ魚生を生きていくので、外を見ることは2度となくなります。 だから目は消滅。 やがて自発呼吸すらやめて、完全にメスの体内で栄養をもらうだけの存在になります。 自分では目も見えないし、自力呼吸すら出来ない存在。 アンコウは深海魚の一種で、種類にもよりますが数百メートルの深度に棲んでいます。 生物の密度は極めて低く、だからオスとメスが出会うのは大変で、滅多に会えないために一度出会ったら「即結婚」を狙います。 特にオスはメスを見つけ次第、噛みつきます。 だって一生養ってもらえるかどうかの瀬戸際ですから。 噛みついたら絶対に離さずに、身体が溶けて融合する物質を出して、2匹の身体の融合を進めていきます。 身体の大きさはオスが1だとしたら、メスは20ほどもあったりします。 人間でいえば身長1センチの男子と身長2メートルの女子という感じですね。 それもこれもメスの体内に寄生して、吸収してもらって生きるため。 同じ大きさだとメスの負担は大変ですが、このくらい小さいと「まあ、いいか」となるんでしょうか。 大きいメスの個体だと、何匹ものオスがくっついて融合してる場合もあるそうです。 結婚後は、もう個体というよりほとんど雌雄同体。 オスの身体から「目」「内臓」などはなくなっていきますが、最後まで残るのが「精巣」。 他の機能がなくなっても、この精巣だけはむしろ結婚後に大きくなり、機能を果たすそうです。 ますますもって「ヒモ」ですね。 メスの身体にを提供するだけのために生存しています。 こうした生き方は極端に見えますが、エサが少ない深海の世界では、理にかなっている面もあります。 深海ではオスが食べるだけのエサは充分にはありません。 だったら同じ身体になるのは一つの手というわけです。 waterbugs.

次の

チョウチンアンコウすごいですね! メスがオスを吸収して同化している!

チョウチンアンコウ 同化

生きものたちにとって、エサの少ない深海で同じ仲間に出会うのはそう簡単な事ではありません。 生きものたちは、子孫を残す事を大前提に生きています。 ビワアンコウのオスも仮にメスに出会ったとしても、この先、いつまた出会えるかはわかりません。 そこでオスは「このチャンスを逃してなるものか!!」と言わんばかりにメスに噛みつくのです。 すると不思議なことに、噛みついたオスは口元からメスの体に融合し同化していくのです。 やがて、目や脳などさまざまな器官が退化し、栄養分は繋がったメスの血管からもらい、メスが卵を産むタイミングでサインが送られ、オスは放精するのです。 食いついたオスの顎はメスの皮膚に溶け込み、内臓は消え失せ、血流も一体化します。 メスに食べさせてもらい、自分の意志は無く、メスに依存しないと生きていけません。 「究極のヒモ」なんて言われることもしばしば。 しかし、これがオスの生殖戦略なのです。 近所の魚に、「あそこのオスはメスと同化して、全然働かないでいつも食べさせてもらってるのよ。 」と陰口を叩かれることもあるでしょう。 オスだって亭主関白を気取りたい日だってあるかもしれません。 しかし、子孫を残すということに、これ程までに特化したビワアンコウのオスの生き方が僕は大好きです。

次の