トランペット マウスピース おすすめ。 ジャズトランペットおすすめ10選【名曲&奏者】ジャズ初心者用に厳選

トランペットのおすすめ人気ランキング10選【初心者必見!】

トランペット マウスピース おすすめ

私は高校の吹奏楽部で3年間、トランペットを吹いていました。 吹奏楽部では、中学の頃から楽器をやっている人も多くて、高校からスタートの私は焦ることが多かったです。 特に初心者の頃は、きちんとした音が出せるようになるまでが一苦労。 それを乗り越えてもすぐ次の壁にぶち当たりました。 私は、初心者レベルのうちから焦って、マウスピースでどうにかしようと色んな種類を試しました。 でも、結果的に無駄でした。 3年間みっちりやった今だからこそ言える結論は『初心者は初心者向けのマウスピースでしっかり基礎を固めるのが一番』。 どんなに焦っても高音は、基礎がきちんとできていないと出ません。 初心者のうちから合わないマウスピースで始めてしまうと、上達できないばかりか口を壊してしまうことも。 明るく楽しいはずのトランペット生活がトラブル続きになっちゃうんですよ。 今のを聞いてちょっと怖くなってしまったかもしれませんが、心配はご無用です! 安心して練習に励める初心者向けのおすすめマウスピースをご紹介しますので、練習の休憩タイムに読んでみて下さいね。 初心者のマウスピースメーカーの選び方 まず、画像のカエルちゃんは私と高校3年間、吹奏楽部で苦楽を共にした仲間だということをお知らせしておきます 吹奏楽部の友人とヴィレッジヴァンガードで買いました。 話はそれましたが、インターネットでトランペットのマウスピースを検索すると、聞き慣れない名前のメーカーや数千~数万円するものまで、本当に沢山のマウスピースが出てきます。 でも初心者は迷うことなかれ。 ヤマハ YAMAHA かバック Bach 製を選びましょう。 この2つのメーカーは、トランペットで有名なメーカーでもあります。 ではヤマハとバックについて、どんなメーカーなのか簡単に教えますね。 yamaha. html 楽器をやったことがない人でも、学校で音楽室のピアノの「YAMAHA」というロゴは見たことがある! というくらい、楽器メーカーとして超有名なヤマハ。 明治時代から日本で楽器を作っている老舗メーカーなので、日本人に合わないワケが無いんです。 ヤマハより価格が高め 6,200円~• 癖がないので誰にでも合う こちらもヤマハ同様に世界中で使われている人気メーカーなので間違いはありません。 実は、練習して少し慣れてくるとヤマハの『初心者向け』で『みんなと同じ』点がなんとなくつまらなくなってきて、カッコつけてバックに変えようとする人が多いんです。 でも私は、ヤマハとバックのどちらがおすすめかと聞かれたら、ヤマハって答えることにしています。 なぜなら、初心者が使うトランペットはヤマハが多いから。 学校の部活として持っているものもヤマハが多いし、楽器屋に行って新しくトランペットを購入するにしても、店員さんが初心者にすすめてくれるのはやっぱりヤマハです。

次の

トランペットの種類・音色・値段からみる初心者にもおすすめのメーカーと選び方

トランペット マウスピース おすすめ

プラスチックトランペットとは プラスチックトランペットとは、その名前の通りにプラスチックでつくられたトランペットです。 お子さんから大人まで、幅広いニーズがあります。 「芸能人格付けチェック」でも取り上げられ、価格に反して本格的な音だと話題になりました。 基本的にプラスチックで出来ているため、 取り扱いやお手入れも簡単。 カラーバリエーションも豊富です。 安価に購入できることから、楽器初心者のための 入門楽器や持ち運び用のセカンドトランペットとしても人気があります。 プラスチックトランペットの4つの特徴 プラスチックトランペットの特徴は、以下の4つです。 500gの超軽量! プラスチックトランペットの重さは500g。 トランペットの重さは約1kgのため、半分の差にもなります。 プラスチックだからこそこの軽さを実現できています。 500gならお子さんでも扱いやすい重さのため、プラスチックトランペットを始めることで、楽器への興味をもつきっかけになるかもしれませんね。 豊富なカラーバリエーション プラスチックトランペットは、カラーバリエーションが豊富。 通常のトランペットのようなシャンパンゴールドやシルバーはもちろん、赤や青、黄色などバリエーションに富んだなカラーが揃っています。 プラスチックトランペットから始める初心者の方も、シャンパンゴールドやシルバーを選べば通常トランペットに近く気分が上がりますよね。 現在トランペットを持っていて、プラスチックトランペットは持ち運び用の2本目だったり、お試しで挑戦したりする場合は、カラフルなものだと遊び心満点。 お手入れが簡単 プラスチックトランペットの特徴の中でも嬉しいのは、お手入れが簡単だという点です。 メーカーによって変わりますが、お手入れやメンテナンスは必要ないというプラスチックトランペットも。 メンテナンスやお手入れは負担になることもありますので、継続することを考えると、選ぶポイントの一つになるかもしれません。 通常トランペットのマウスピースも使用可能 プラスチックトランペットでも通常のトランペットと同じマウスピースが使用できます。 既に通常のトランペットを持っていて、持ち運び用や練習用にプラスチックトランペットを購入する方には嬉しいポイント。 プラスチックトランペットのメーカーにもよりますので、通常のトランペットで使い慣れた、自分のこだわりのあるマウスピースを使用したいという人は、通常マウスピース使用可能なものを選びましょう。 プラスチックトランペットの簡単お手入れ方法 プラスチックトランペットは、基本的にお手入れなしでも使えるというものがほとんどです。 プラスチックトランペットのメーカーによっては、ピストンのみ金属のものも。 このタイプのプラスチックトランペットは、バルブオイルを注いだりスライドグリスを塗ったりすることで、よりノイズの少ない状態で演奏できますよ。 トランペットとの比較 音色の比較 プラスチックトランペットを選ぶときに、一番気になるのはその音色。 真鍮で出来ている通常のトランペットと比較すると音色はやや劣りますが、初心者の入門として・練習用のセカンドトランペットとしては十分なクオリティです。 プロが演奏するプラスチックトランペットの音色は、このようになります。 価格の比較 木管楽器・金管楽器を合わせた管楽器全体の中でも、トランペットは比較的安い価格帯で購入できます。 しかしその価格帯はピンキリで、50万円以上するものも。 そんなトランペットの相場とプラスチックトランペットを比較します。 有名なYAMAHAでは、初心者でも吹きやすい入門モデルのStandard YTR-2330が、79,000円(税抜)です。 プラスチックトランペットと比較するとその差は約6. 5倍にもなります。 比較的安いといわれる通常のトランペットの初心者モデルの中でも、ある程度継続して使うなら上記の価格帯になります。 手入れをおろそかにすると錆びの原因にもなります。 より良い音色を出すために、ピストンが金属のものはスライドグリスなどを適宜使うとよいでしょう。 お手入れが全く不要なわけではありませんが、トランペットと比較するとその負担は大きな差です。 普段から楽器のお手入れに慣れていれば問題ありませんが、お子さんなどにもプラスチックトランペットの手軽さは魅力的でしょう。 プラスチックトランペットはこんな人におすすめ プラスチックトランペットの特徴として、500gの軽さ・お手入れが簡単・扱いやすい・調整可能、といったものがありました。 これらのことから、プラスチックトランペットは下記のような方におすすめです。 重さは515gでピストンは金属製です。 プラスチックトランペットの中でもお手頃な価格で購入できますよ。

次の

トランペットおすすめ5選|初心者の入門用から中級者向けをご紹介!

トランペット マウスピース おすすめ

リム部分は選び方によって演奏の質が変わります。 特に演奏しやすいものを選びたいのなら、 リムがややフラットなものを選ぶことで、演奏中にリムが唇に食い込んで痛くなったり、疲れてしまうことを防いでくれるでしょう。 1~20までの数字で表すリムサイズは、大きさによって音質を左右します。 1が最も大きく、20が最も小さいサイズとなりますが、 初心者には大きさのバランスが取れた3~7がおすすめです。 しかしながら、リムは奏者の唇が直接当たる部分。 唇の厚さや歯並びによっても最適なサイズが異なるため、フィッティングが最重要となります。 後悔しないためにもマウスピースを購入する前に試して、自分にとって理想的なリムを確認しておきましょう。 トランペット初心者の方には、 マウスピース単体で使える練習用タイプがおすすめです。 練習用タイプは、音感をつけたり、息のスピードをコントロールするなど、トランペットを演奏するにあたって重要となる基礎練習が手軽に行えるようになります。 また、練習用タイプならトランペットが無くても使えるので、トランペットを吹いたことが無い方でも手軽にチャレンジできそうですね。 ポケットにも入るコンパクトサイズで、場所を選ばずどこでも練習ができることも嬉しいポイント。 演奏の上達を目指すなら欠かせないアイテムと言えるでしょう。 ちなみに、練習用マウスピースは音量が小さめの商品が人気です。 気になる騒音をカットできるため、 ご自宅で練習する際にも重宝 します よ。 選択肢が多すぎてどれを選んだら良いのか迷ってしまったときは、 YAMAHA(ヤマハ)やBach(バック)といった有名メーカーのマウスピースを選ぶと良いでしょう。 YAMAHAのマウスピースは、 中高の吹奏楽部でも採用されている定番の商品です。 リーズナブルな価格と吹きやすさを兼ね備えているため、初心者にも最適。 トランペットをカジュアルに楽しみたいとお考えの方におすすめです。 バックはプロから初心者まで、幅広いトランペッターに愛されるマウスピースを扱う老舗メーカーです。 すべてのトランぺッターが一度はバックのマウスピースを使うと言っても過言ではないほど、マウスピースメーカーの中では圧倒的なシェアを占めています。 本格的にトランペットを頑張りたいと思っている方にぴったりのメーカーなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の