カイン は 言わ なかっ た。 芦沢央『カインは言わなかった』感想・要点|全編に張り詰められた緊迫感。著者と読者のメンタル消耗戦

【感想】芹沢央『カインは言わなかった』芸術と死が織りなす混沌の世界へ!

カイン は 言わ なかっ た

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに1冊在庫がございます。 (2020年06月27日 18時17分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。

次の

芦沢央さん「カインは言わなかった」インタビュー 表現者たちの苦悩を自らの体験に重ねて |好書好日

カイン は 言わ なかっ た

『カインは言わなかった』文藝春秋 芦沢央/著 本の袖に、すでにその答えは明示されていた。 小説の主な舞台は、カリスマ監督・誉田のダンスカンパニーの公演。 演目は「カイン」、弟・アベルを殺して人類最初の殺人者となったカインの物語だ。 主役を演じるはずだった藤谷誠は、初日の3日前に「カインに出られなくなった」というメッセージを恋人のあゆ子に残したまま姿を消す。 代役にたてられたのはルームメイトの尾上和馬。 監督の誉田は苛烈な指導で知られ、今までに何人ものダンサーが退団に追いこまれていた。 憔悴していく誠の姿を身近でみていたあゆ子は、胸騒ぎを覚えて彼の行方を必死に追う。 「カイン」の舞台装置には、誠の弟で新進気鋭の画家・豪の作品が起用されていた。 母に溺愛され、豊かな才能を持った豪に、誠は子供のころから複雑な感情を抱いていた。 カインとアベルさながらの関係性を持つ兄と弟。 東日本大震災の直後に発表された「オルフェウス」、主役が開幕直前に死んだ「ジゼル」、誉田のこれまでの作品は現実とリンクすることによって大きな話題を呼んでいた。 今回もその融合は起きるのか? 誠の失踪に豪は関わっているのか? そして舞台の開幕が迫る。 ダンスの世界でも美術の世界でも、才能と努力と運のすべてが備わった一握りの人間だけがスポットライトを浴びる。 それ以外のその他大勢は、群舞の一員でしかない。 明るい舞台に躍り出るための血の出るような努力。 たとえ高みに手が届かなくても彼らは踊り続ける。 退路のすべてを断ち切ってしまったのだから。 彼らの追いつめられた気持ちを理解することは、家族にも恋人にも不可能だ。 出来るのは、ただ寄り添うことだけ。 すべてにおいて兄より秀で、画家としても成功をつかみつつある豪。 数々の問題作を世に送りだし、世界的な注目を浴びている誉田。 強靭な翼で羽ばたいているかに見える彼らも、人知れず傷つきもがき続けている。 そしてその痛みさえも、より高く羽ばたくための糧としている。 すべては、芸術の神に選ばれたいがため。 誉田が誠に命じたカインとしての表現は、非常に困難なものだった。 優秀な弟をもってしまった愛されない兄の苦悩、それを内に秘めて踊れ、と。 決して表面に出して語るな、と。 だから「カインは言わなかった」のだ。 登場人物たちの葛藤はもつれにもつれ、物語は不穏な緊張感に包まれていく。 カインはアベルを殺したのか? 兄は弟を殺したのか? そして舞台は暗転する。 本の袖に、すでにすべての答えが明示されていた。 こちらもおすすめ。 『永遠についての証明』KADOKAWA 岩井圭也/著 数学を愛し憑りつかれた研究者たち。 才能の格差が残酷に彼らを峻別する。 しかし選ばれしものにもまた苦悩は待ち受けていた。 常人とは異なる世界に生きる天才たちの、静かで孤独な戦いを描いた物語。 『カインは言わなかった』文藝春秋 芦沢央/著.

次の

[本の森 ホラー・ミステリ]『カインは言わなかった』芦沢央/『罪の轍』奥田英朗

カイン は 言わ なかっ た

2012年に『罪の余白』でデビュー以降、『悪いものが、来ませんように』『火のないところに煙は』など、巧妙な仕掛けで読者を「やられた!」と見事に魅了してきた芦沢央さん。 今回は、発売前から大注目を集めている最新作『カインは言わなかった』について、編集を担当した文藝春秋 浅井愛さんに見どころを教えていただきました。 3年前の最初の打ち合わせの時点ですでに核となるイメージをお持ちで、これはすごいものになりそうだという予感がありました。 驚いたのはその後です。 そのイメージをどこまで面白くしていけるのか、果てしなく追求していく芦沢さん! どんどんアイデアを重ね、新しい案が生まれると、それまでに書き上げた原稿を惜しげもなくデリート。 破壊と創造を繰り返しながら、それぞれのパートや登場人物同士が高め合っていきます。 これが芦沢流かと何度も嘆息しました。 そうしてとことん粘りながら高みを目指していく様は、まさに本作の登場人物たちの姿そのものでもありました。 本作は芦沢さんにとって初となる芸術ミステリーで、舞台はHH(ダブルエイチ)カンパニーというバレエ団です。 そこでは、世界に名を轟かせるカリスマ芸術監督・誉田(ほんだ)と、彼に見出されたダンサーたちが連日、新作公演「カイン」に向けて緊張感に満ちたリハーサルを繰り返しています。 そこに、舞台美術を手掛ける気鋭の画家・藤谷豪という存在も加わり、最上の表現を目指す者同士の魂のぶつかり合いや嫉妬、あくなき挑戦といったものが描かれていくのですが……。 はたして芸術におけるゴールとはいったい何なのか? 生贄のように我が身を捧げ続ければ、いつか芸術の神は微笑んでくれるのか。 そんな究極の問いをあぶり出すかのように創り上げられていくのが作中作「カイン」で、旧約聖書の「カインとアベル」に材をとったこの作品、ともに精一杯の捧げ物をした兄弟の一方だけが神に選ばれるという示唆的な物語と呼応するかのように、ドラマは進んでいきます。 神たる指導者と弟子。 さらには兄弟、ライバル、恋人同士という、簡単には逃れられない関係のあいだに生じる愛憎、そして執着。 冒頭で描かれる殺人シーン。 すべてのピースが揃ったときにみなさんがどんな景色を目にして下さるのか、いまからとても楽しみです。 文=文藝春秋 別冊文藝春秋編集部 浅井愛 あらすじ 「世界のホンダ」と崇められるカリスマ芸術監督率いるダンスカンパニー。 その新作公演三日前に、主役が消えた。 壮絶なしごきにも喰らいつき、すべてを舞台に捧げてきた男にいったい何があったのか。 その陰で踏みにじられてきた人間の声なき声……。 様々な思いが錯綜し、激情はついに刃となって振るわれる。

次の