感染 防止 協力 金。 「富山県・市町村新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」について(申請受付終了)|富山県

桐生市新型コロナウイルス感染拡大防止協力金|桐生市ホームページ

感染 防止 協力 金

Contents〜もくじ〜• 法人の場合 東京都協力金、持続化給付金ともに収入(益金)となります。 本業の売上収入ではないので、営業外収益か特別利益の勘定科目を 使うこととなります。 協力金・給付金の性質(売上が減少すること に対するもの)からして営業外収益でしょう。 営業外収益の勘定科目をザッと眺めてみましたがピタリと当てはまる ものはありません。 ですので雑収入で処理をするか、「感染拡大防止 協力金」「持続化給付金」という勘定科目を営業外収益に作って しまってもいいかもしれません。 わかりやすくしとくのがいいと 思います。 注意点としては決算時に勘定科目内訳書に記載がもれないように 気をつけてください。 個人事業主の場合 東京都協力金、持続化給付金ともに事業収入、ということになります。 具体的に確定申告での決算書のどこに記載するかというと 青色申告、損益計算書では 月別売上(収入)金額の箇所は 月別売上(収入)金額の箇所は、毎月の売上(収入)金額に入れるか 雑収入に入れるかになりますが、雑収入に入れた方がわかりやすいでしょう。 消費税の取り扱い 東京都協力金、持続化給付金ともに消費税の計算には関係なく 「不課税」という取り扱いとなります。 売った、貸した、サービスをしたことにより得た収入ではないからです。 補助金、助成金をもらったときと同じ取り扱いになります。 会計ソフトでの処理時だけ注意すればいいと思います。 経理のタイミング 経理のタイミングですが、原則は給付されることが決まった日です。 給付が決まったら通知書が届くと思いますので、その届いた日付で 経理すればいいと思います。 決算が絡まないのであれば入金された日のみの経理でも問題ないです。 受け取っておしまいです。 東京都協力金、持続化給付金も非課税の取り扱いにして ほしいものです。 営業時間:平日9:00〜18:00 お問い合わせ:eijik kanamoto-blog. 最近のコメント アーカイブ• 7 カテゴリー•

次の

東京都感染拡大防止協力金~第2回~

感染 防止 協力 金

申請される方は、必ずご確認ください。 協力金の宿泊事業者の追加について(4月24日更新) 1 交付対象の追加 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の交付対象に、宿泊事業者を追加します。 これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 御承知おきください。

次の

感染拡大防止協力金(第2回)実施概要(第366報)|東京都

感染 防止 協力 金

受付開始時期等 受付要項公表、受付開始 6月17日(水) 受付要項公表と同時に、 WEB申請サイト(第2回専用)を立ち上げ、申請受付を開始します。 申請受付期間 令和2年6月17日(水)~7月17日(金)• 令和2年4月16日~5月6日の休業等の要請に係る協力金(第1回)の受付期限は6月15日(月)まで 対象要件 「東京都における緊急事態措置等」により、休止又は営業時間短縮の要請を受けた施設を運営する中小企業、個人事業主及びNPO法人等が対象となります。 休止要請等の対象となる店舗・施設については、東京都総務局HPに掲載しています。 都の要請等の対象となる店舗・施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 延長した緊急事態措置期間の開始日(令和2年5月7日)以前に開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 都内の店舗・施設の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、都外に本社がある事業者も対象になります。 100㎡以下の店舗・施設でも、都の要請等の対象となる店舗・施設であれば、休業等を行った場合には支給対象となります。 令和2年5月7日から5月25日までの緊急事態措置期間中に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業、個人事業主及びNPO法人等が対象となります。 全面的な協力とは、延長後の緊急事態措置の全期間、要請に応じて休業等を行っていただくことが必要です。 営業時間の短縮要請は、飲食店等の食事提供施設のみが対象です。 食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 なお、今回申請する店舗・施設が第1回と同じ方については、提出書類を簡素化する予定です。 【今回初めて申請する方】• 協力金申請書(法人にあっては「法人番号」を記入)• 営業実態が確認できる書類(写し)・受付印のある直近の確定申告書(控え) など• 休業の状況が確認できる書類(写し) (例)休業期間を告知するホームページ・店頭ポスター・チラシ・DM• 誓約書• 本人確認書類(写し) 例 〔法人〕法人代表者の運転免許証、保険証等の書類 〔個人〕運転免許証、保険証等の書類• 口座振替依頼書• 第1回での実施と同様に、専門家による事前確認を予定しています。 その他 ご協力いただいた事業者の紹介 要請・依頼への協力事業者として、施設名(屋号)を都のホームページでご紹介させていただきます。 問合せ先 申請手続きなどの詳細な問合せについては、引き続き、以下の窓口にて対応いたします。 よくあるお問い合わせ 誰がこの協力金を受け取れるのですか? 今回延長された「東京都における緊急事態措置等」により、休止や営業時間短縮の要請を受けた施設を運営する中小企業、個人事業主及びNPO法人等が、休業の要請等に全面的な協力をいただいた場合に受け取れます。 5月7日から休業していないと、協力金は支給されないのですか? 令和2年5月7日 木 から緊急事態措置期間中において休業(飲食店等の食事提供施設の場合は営業時間の短縮)にご協力をいただく必要があります。 申請書はどこでもらえますか? 第2回の申請書は、6月17日 水 からWEB申請サイトで入手することができます。 また、最寄りの都税事務所、都庁第一本庁舎1階受付でも受け取ることができます。 第1回の協力金を受給しましたが、第2回も申請できるのですか? この協力金はそれぞれの期間に応じて設定していますので、対象の期間において休業の要請等に全面的に協力いただいている場合には、第2回目も受け取ることができます。 申請には、第1回のときと同じ添付書類が必要でしょうか? 今回申請する店舗・施設が第1回と同じ方については、提出書類を簡素化する予定です。 第1回の申請と第2回の申請を一緒に提出することはできますか? 第1回の申請受付期間は、6月15日 月 まで(当日消印有効)です。 第2回の受付開始は6月17日 水 からとなっているため、一緒に提出することはできません。

次の