写真 iphoneからパソコン。 iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

写真 iphoneからパソコン

iTunesでiPhoneに写真を送る まずはiTunesで送信する方法です。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオフ• iTunesで写真を選択• フォルダを選ぶ たったこれだけ! と言うことで、説明をスタートします。 まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選択、 「iCloud写真」をオフにしておく必要があります。 上部メニューからiPhoneを選択し、左にあるリストの「写真」を選択します。 「写真の共有元」で、「ピクチャ」を選択して iPhoneに送りたい写真をまとめたフォルダを指定しましょう。 あとはiTunesとiPhoneを同期すればオーケー。 写真アプリにフォルダ名が付いたアルバムが作成され、写真や動画が送られています。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオン• iCloudのページに入って…• 写真をアップロードする iTunesよりもお手軽ですよね! これを利用するには、まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選び、 「iCloud写真」をオンにしておく必要があります。 まずブラウザを開いてにアクセス。 Apple IDでログインしたら、「写真」をクリック。 右上にある 「アップロード」を選択しましょう。 まずiPhoneのWi-FiとBluetoothをONにしましょう。 そしてパソコンから写真を送りたいiPhoneのロックを解除しましょう。 すると、iPhoneが表示されます。 後は選択するだけで写真を送ることができますよ。 ということで、 以上3つの写真送信方法でした。 他にもサードパーティ製アプリを利用することで写真を送ることができますが、そういったものを使わないのであればこれらの方法が便利だと思います。 チェックしてみてください。

次の

【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

写真 iphoneからパソコン

iPhoneの画像をPCに転送するには Last update 2016-05-13 04:46 iPhoneで撮影した写真や画像をパソコンに転送する方法を紹介します。 ケーブルを繋ぐ方法や、Wi-Fiで自動で転送する方法、好きな写真だけ転送する方法・・・と、いろいろあります。 すべて載せているので、お好きな方法を選択してください。 Sponsored Link iPhoneの写真・画像をパソコンに転送する iPhoneで撮影した写真やLINEなどで送られてきた画像をパソコンに転送する方法は、3つの方法があります。 一番簡単• 設定してしまえばすべて自動で転送してくれる!• ワイヤレスで手軽に送信したい場合 個人的には「フォトストリームを使った転送」ですが、最初にソフトをインストールしたり 超簡単ですが しないといけないので、状況によって3つの中から選択するとよいでしょう。 USBケーブルを使った写真の転送 一番確実で簡単な方法は、USBケーブルでiPhoneとパソコンをつないで、写真をバックアップする方法です。 USBケーブルによる写真のバックアップは、 iTunesがインストールされていないと出来ないので、まずはしてください。 iTunesは、無料で使用できるパソコンで音楽を聞いたり、iPhoneを管理する事ができるソフトです。 まず、iPhoneに付属してきたUSBケーブルをDockコネクタにつなぎ、片方をPCにつなぎます。 許可する 初めてパソコンにiPhoneをつなぐと、iPhone側に このコンピュータを信頼しますか? 設定とデータは接続された時にこのコンピュータからアクセスできるようになります。 という表示が出るので、「信頼」をタップします。 これでパソコン上からiPhoneを認証できるようになりました。 2回目以降は、この許可は出てこなくなるので、自由に接続できます。 また、両方でこのように許可をしないとパソコン上からiPhoneの中身を見ることは出来ないようです。 Windows 8の場合 以下はWindows8のパソコンの場合。 Windows7でもだいたい同じ手順でバックアップできます。 Windows 8の場合、iPhoneをパソコンに接続すると、画面の左上にこのようなお知らせが表示されるので、クリックします。 もし、このような表示が出ない場合は、へ進んでください。 「写真とビデオの読み込みフォト」をクリックします。 iPhone内の写真の一覧が表示されます。 デフォルトで全て選択されているので、パソコンに転送したくない写真はクリックをして、チェックを外しておいてください。 なお、一度転送した写真や動画は、2回目以降は自動的に選択されない状態になっているので、新しい写真や動画のみ転送できます。 右下の「インポート」をクリックします。 インポートが始まります。 しばらく待ちます。 転送が完了しました。 「完了」をクリックします。 転送された写真や動画が表示されます。 エクスプローラーから開く 転送された画像は、エクスプローラーの「ライブラリ」の中にある「ピクチャ」に保存されています。 転送した日付ごとに日付の名前でフォルダが作成され、そこに保存されるようです。 iPhoneにUSBケーブルを差し込んでも何も起こらない場合 もし、上のような表示が出ない場合は、キーボードの「Windowsキー」と「Xキー」を同時に押し・・・ 画面の左下からメニューが表示されるので、「エクスプローラー」をクリックします。 左側の「PC」の下にある「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックします。 もし、「iPhone」が表示されない場合は、iPhoneからUSBケーブルを抜いたり挿したりして、しばらく待ってみてください。 はじめて写真を転送する場合は、「読み込むアイテムを確認、整理、グループ化する」をチェック。 新たに撮影した写真だけを自動的に取り込みたい場合は、「すべての新しい項目の読み込み」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 日付ごとに写真をわけるか、を設定します。 「グループの調整」のバーを一番右にすると、1つのフォルダに保存されます。 「インポート」をクリックすると、パソコンへの転送が開始されます。 数が多いと時間がかかるので、しばらく待ちます。 パソコンに転送されると、自動的にフォルダが開きます。 どこに保存された? 転送した写真は、「ピクチャ」の中に保存されています。 iCloudで自動転送 フォトストリーム のを利用すると、Wi-Fiに接続していれば、自動的にパソコンやiPadなど他のデバイスに写真を転送することができます。 条件としては、• iCloudをオンにしていること• Wi-Fiで接続していること• パソコンに「iCloudコントロールパネル」をインストールすること ちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、1度設定すると、あとは自動で転送してくれるので、頑張ってチャレンジしてください。 iCloudがオンか確認する まずは、iPhoneのiCloudがオンになっているか確認します。 「 設定」を立ち上げます。 「iCloud」をタップします。 まだiCloudにログインしたことがなければ、サインインします。 「写真」をタップします。 「自分のフォトストリーム」をオン(緑色)になっていれば、「フォトストリーム」はオンになっています。 iPhoneがWi-Fiに接続していれば、自動的にサーバーに写真がアップロードされ、パソコンやiPadに自動的に転送されます。 パソコンにiCloudをインストールする iTunesがパソコンにインストールされている場合、たいてい「」がインストールされているはずです。 「iCloudコントロールパネル」がインストールされているか確認するには、「コントロールパネル」を開き、右上の「表示方法」を「大きいアイコン」にし、「iCloud」のアイコンが表示されれば、インストールされています。 クリックして開きます。 iCloudを開いた時に、「写真」にチェックが入っていることを確認します。 iCloudがインストールされていない場合 もし、iCloudがインストールされていない場合は、iTunesをインストールしてください。 その時に「iCloudコントロールパネル」をインストールするか尋ねられるので、チェックを入れてインストールするようにしてください。 また、すでにiTunesをインストールしてある人は、のページからダウンロードしてインストールしてください。 iPhoneから画像を転送する さて、ここまで準備が整ったら、実際にiPhoneからパソコンに画像を転送させてみましょう。 といっても、なにもしなくてOK。 iPhoneがWi-Fiに接続されていれば、勝手にパソコンに画像や写真が転送されます。 転送された画像は、マイコンピュータの中の「マイピクチャ」の中にある「iCloudフォト」(古いバージョンのiCloudコントロールパネルの場合、「Photo Stream」というフォルダ)の中にある「自分のフォトストリーム」というフォルダを開くと、iPhoneから転送された画像が保存されているはずです。 うまく転送されない!という場合は、を参考にしてください。 LINEで選択した写真のみパソコンに転送 最後にLINEを使った、選択した画像のみパソコンに転送する方法を紹介します。 わかりやすいグループ名をつけます 画像では「テキスト送信用」。 下の「追加」をクリックします。 写真を送る iPhone側のLINEの「友だちリスト」を開き、グループのとこにある今作成したグループをタップします。 右下の「アルバム」をタップします。 パソコンに送りたい写真を選択したら、「アルバム作成」をタップします。 アルバムが作成されました。 右下のボタンをタップすると、写真を追加したり出来ます。 パソコン側で表示させたところです。 保存ボタンをタップすればパソコンに保存することも出来ます。 PCの画像をiPhoneに転送するには パソコン上の画像をiPhoneに転送することができます。 やり方は以下。 関連ページ• 最終更新日 2016-05-13 04:46 Sponsord Link• カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の

5つの方法でパソコンからiPhoneに写真を送る

写真 iphoneからパソコン

する方法はたくさんありますが、逆に、写真をiPhoneまたはiPadに追加するには、どうすればいいのでしょうか。 最初に思い付くのはきっとiTunesでしょう。 iTunes経由で写真を入れると、iPhoneフォトライブラリ内の既存の写真が一旦すべて削除され、毎回フォトライブラリ全体が上書きされます。 そのため、単に新しい写真をインポートできません。 それは面倒くさいと思いませんか? 実際に、 iTunesを使わないで、パソコンからiPadやiPhoneに写真を移動する方法があります。 以下で8つの方法を紹介します。 このプログラムでは、iPhone、iPad、Windows パソコン間で写真やビデオをコピーすることができます。 CopyTrans Photoを使えば写真の転送だけでなく、iPhone上で写真やアルバムを簡単に管理できます:• アルバムを作成・削除• 不要な写真や動画を削除• アルバム内の写真を整理• HEICの写真を閲覧・JPEGに変換• iPhoneの動画を再生 CopyTrans Photoを使って写真をPCからiPhoneに転送する手順:• まず、CopyTrans Photoをインストールします。 プログラムを起動してiPhoneを接続します。 追加したい画像を右のパソコン側から左のiPhone側にドラッグアンドドロップします。 そしたら「変更を適用」を押します。 これだけ! CopyTrans Photoの機能についてもっと詳しく:• iCloudに写真をアップロードするには、右上にある雲アイコンをクリックし、写真を選択し、追加します。 デバイス上、iCloudフォトライブラリを有効にした場合、アップロードした写真はすぐにiPhoneの写真アプリに表示されます。 iCloudフォトライブラリを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で有効化できます。 iCloudに追加した写真を一括してダウンロード・削除するにはCopyTrans Cloudlyを利用してください。 LINEデスクトップ版からiPhoneに写真を転送 LINEデスクトップ版はパソコンからiPhoneに写真、動画や書類を転送したい場合、便利ですが、移した写真をデバイスに保存するには、いつかのステップが必要です。 まず、LINEデスクトップ版を起動します。 トークを選択して、クリップアイコンをクリックします。 写真を選択し、送信します。 その後、iPhone用LINEアプリを起動し、転送した写真をタップし、右下にある矢印アイコンをクリックします。 これで写真をiPhoneのカメラロールに保存できます。 Googleドライブから写真をインポート Googleアカウントをお持ちでしたら、Googleドライブで15GBのストレージを取得できます。 パソコンからGoogleドライブのフォルダまたはGoogleドライブのサイトに写真を追加し、iOSアプリからカメラロールに保存できます。 写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のメッセージが出ます。 「OK」をクリックします。 Googleフォトで写真や動画を転送 もうひとつの方法は、Googleドライバーの代わりにGoogleフォトを使うことです。 特徴は、iPhoneでGoogleフォトのアプリをインストールすることは可能です。 パソコンに保存されている写真をオンラインのGoogleフォトに移動し、どこでもいつでも楽に好きな写真を見ることは可能です。 簡単でで使用安い方法なので、とても役に立てると思います。 次は、Googleフォトを使って、写真をiPhoneに転送する方法を説明します。• パソコンでを開きます。 移動したい写真を選択し、追加します。 写真がGoogleフォトに転送されました。 iPhoneまたはiPadでGoogleフォトアプリをAppSotreからインストールし、開きます。 パソコンから転送した写真を簡単にアクセスできます!• デバイスに保存したい場合、「端末に保存」をタップします。 Dropbox経由で写真をiPhoneに移す Dropboxをパソコン上にインストールしたり、からアクセスしたりできますので、とても便利です。 ログインし、フォルダを作成し、パソコンから写真をアップロードします。 これらの写真は、iPhoneのDropboxアプリで見ることができます。 写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のオプションが出ます。 ここで「カメラロールに保存」をタップします。 iPhoneで使えるUSBメモリーを使用 インターネットに接続なしでPCとiPhoneの間でデータを交換できるUSBメモリを便利するのをお勧めします。 こちらの方法を従ったら、PCまたはiPhoneのインターネットに接続なしで写真を転送できます。 インタネットにせつぞくできないばあいもよくあるので、とても役に立てる方法だと思います。 PCのデータをiPhoneで頻繁に使用する場合は、Lightning用のUSBメモリの購入を検討することをお勧めします。 Lightning用のUSBメモリをご購入するには、こちらのサイトをお勧めします:• iPhoneに 写真をメールにて送信 メールサービス自体は多いですが、基本的にどれを使っても操作は似ています。 写真を選択し、メールに添付します。 「自分」にメールを送信または下書きに保存します。 iPhone用Gmailアプリ(保存したい写真をタップして、ダウンロードアイコンをクリック)からカメラロールに保存します。 写真を一つずつiPhoneに保存しなければなりません。 Gmailを使って25MBしか送れません。

次の