羊たちの沈黙 ネタバレ結末。 羊たちの沈黙 映画無料視聴情報!フル動画の字幕・吹き替え配信まとめ

映画『羊たちの沈黙』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

ネタバレって最後だけってことですか? 一応簡単なあらすじ&ネタバレいきます。 FBIの訓練生(もしくは新米)のクラリスは 猟奇殺人事件の捜査のため、現在収監されている 元医師の殺人鬼(レクター)と面会する。 レクターは的確にクラリスに助言をするが、その一方で 彼女に惹かれていた。 そしてレクターは彼女に1つ頼みごとをした。 「今の私の警備を緩くして、そしてもっと広い部屋に移してくれたら 重要なヒントを与えよう」 その願いを聞き入れたクラリスは重要なヒントを受けて捜査を再開する。 そしてその晩、レクターは看守の一瞬のすきを突いて脱獄する。 一方、クラリスは猟奇殺人犯の家にたどり着いていた。 一進一退の攻防が続いたが、なんとかクラリスは生き延びて 事件は解決した。 そして数年後。 ある日クラリスにレクターから電話があった。 レクターは自分が監獄にいたときに自分を苦しめた看守所長を狙う風なことを告げて電話を切った。 ・・・・全然簡単じゃなくなったね!ま、いいじゃん!.

次の

羊たちの沈黙の映画を紹介

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

の紹介:1990年アメリカ映画。 連続猟奇殺人犯を追うFBIの実習生と、猟奇殺人犯の囚人でありながら高い知性を持つ元精神科医の交流を描いた作品。 息詰まる展開は高く評価され、アカデミー賞で各種の賞を受賞した。 事件は解決に向かうのか?クラリスはトラウマを解消できるのか?レクターは自分の望みを叶えられることができるのか?ハラハラしっぱなしの名作中の名作です。 監督 :ジョナサン・デミ 出演: ジョディ・フォスター(クラリス・スターリング)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、スコット・グレン(クロフォード主任捜査官)、テッド・レヴィン(バッファロー・ビル)、アンソニー・ヒールド(チルトン医師)、ケイシー・レモンズ(マップ)、ダイアン・ベイカー(マーティン上院議員)、ブルック・スミス(キャサリン・マーティン)、フランキー・R・フェイソン(バーニー)、ロジャー・コーマン(FBI長官)ほか 目次• 羊たちの沈黙のネタバレあらすじ:起 アメリカ各地で若い女性ばかりを狙った連続殺人が発生しました。 いずれも死後に遺体の皮を剥がされ、川に捨てられる事件です。 殺人犯は『バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)』と呼ばれていましたが、手がかりが全く得られず、捜査は難航します。 FBIのクロフォード主任捜査官(スコット・グレン)は連続殺人犯の囚人たちにアンケートを取って、参考にしようと思いましたが、一人だけ協力を拒んだ者がいました。 それは元天才精神科医のハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)で、クロフォードはFBIの訓練生・クラリス(ジョディ・フォスター)を派遣して探ろうとします。 羊たちの沈黙のネタバレあらすじ:承 レクターはクラリスが礼儀正しく接するのを見て、気に入りました。 隣の房のミグズがクラリスに無礼なことをした詫びも兼ねて、捜査のヒントをクラリスに与えます。 レクターが借りた倉庫には、バッファロー・ビルの犯した殺人事件の証拠が残っていました。 その折、新たな犯行が起きました。 被害者は上院議員の娘・キャサリンです。 犯人は被害者を3日生かした後、殺していました。 新たな犠牲者を出すまいとあせるクラリスは、クロフォードの許可を得て刑務所移送の好条件を出してレクターの協力を得ようとします。 羊たちの沈黙のネタバレあらすじ:転 ところがレクターを収監している精神病院の院長・チルトン医師(アンソニー・ヒールド)がその企みに気づきました。 出世の足がかりにしたいチルトン医師はレクターに、クラリスたちの条件は嘘だと教え、代わりに自分が手配してやったと手柄を横取りします。 移送の手続きを取って上院議員にレクターを会わせ、犯人の名前を言わせますが、それは全くの偽名でした。 すぐに気づいたクラリスはレクターに会いにいきます。 レクターはクラリスの過去と交換条件でヒントを教えると言いました。 クラリスは幼い頃に父を亡くし、その後に身を寄せた親戚宅で子羊が屠殺される現場を見て、トラウマになっていました。 羊たちの沈黙の結末 クラリスのトラウマを聞いて満足したレクターは、犯人が性倒錯者であることと「切実な欲求が犯行の引き金になっている」と告げます。 その後、レクターは警備員3人を殺して脱獄しました。 クロフォード捜査官は精神病院で性倒錯者と診断された者のところへ突入しますが、空振りでした。 同じ頃、第1の犠牲者の周辺に犯人が潜んでいると考えたクラリスは、家を突き止めて犯人を射殺し、キャサリンを助けます。 クラリスの卒業式にレクターからお祝いの電話がかかってきました。 レクターは「これから古い友人と食事する」(暗にその友人・チルトン医師を殺害する)と告げて電話を切りました。 以上、映画 羊たちの沈黙のネタバレあらすじと結末でした。 ハンニバルシリーズのネタバレあらすじ(時系列順) 1.

次の

羊たちの沈黙のフル動画(字幕/吹き替え)を無料で|PandoraやDailymotionも確認|シネマテラス

羊たちの沈黙 ネタバレ結末

ネタバレって最後だけってことですか? 一応簡単なあらすじ&ネタバレいきます。 FBIの訓練生(もしくは新米)のクラリスは 猟奇殺人事件の捜査のため、現在収監されている 元医師の殺人鬼(レクター)と面会する。 レクターは的確にクラリスに助言をするが、その一方で 彼女に惹かれていた。 そしてレクターは彼女に1つ頼みごとをした。 「今の私の警備を緩くして、そしてもっと広い部屋に移してくれたら 重要なヒントを与えよう」 その願いを聞き入れたクラリスは重要なヒントを受けて捜査を再開する。 そしてその晩、レクターは看守の一瞬のすきを突いて脱獄する。 一方、クラリスは猟奇殺人犯の家にたどり着いていた。 一進一退の攻防が続いたが、なんとかクラリスは生き延びて 事件は解決した。 そして数年後。 ある日クラリスにレクターから電話があった。 レクターは自分が監獄にいたときに自分を苦しめた看守所長を狙う風なことを告げて電話を切った。 ・・・・全然簡単じゃなくなったね!ま、いいじゃん!.

次の