おむつ かぶれ 市販 薬。 赤ちゃんのおむつかぶれに使える市販薬は?薬の選び方のポイントも解説

【あせも・おむつかぶれ市販薬】「亜鉛華軟膏」の選び方・使い方

おむつ かぶれ 市販 薬

おむつかぶれは乳児湿疹の中でも頻回に起こす肌トラブルです。 赤ちゃんにとってもおしりがヒリヒリと痛むため、早く治してあげたい!けれど、できるだけステロイドなどの強い薬は使いたくないですよね。 そこで今回は、 ワセリンを使ったおむつかぶれ対策の方法をまとめました。 ワセリンは誤った塗り方をすると、おむつかぶれが悪化してしまうので注意が必要ですよ。 — 目次 —• 赤ちゃんのおむつかぶれとは? おむつかぶれ(おしりかぶれ)は別名「おむつ皮膚炎」と言われており、おむつが当たっている箇所の皮膚が炎症を起こす症状です。 おしり全体や太もも、股の付け根など、 おむつやギャザーに触れる部分が赤くなり、ブツブツと湿疹ができたり、皮膚がただれていたら、おむつかぶれになっている可能性があります。 アトピー性皮膚炎や皮膚カンジダ症とは違い、 おむつが当たる部分だけに症状が出るのが特徴です。 おむつかぶれは痛みやかゆみを伴うので、おしりふきで拭いたとき、お風呂でお湯をかけたときなど、赤ちゃんが泣き出してしまうことがあります。 おむつかぶれの原因を知ろう おむつかぶれになる原因はひとつではありません。 いろいろな要素が重なって起こりますが、主な原因として、次のような事項が考えられます。 赤ちゃんの肌質、体調、おむつの種類、気候などによっても異なります。 1.おしっこ おしっこをしたまま長時間おむつ替えをしないと、おしっこの刺激でおむつかぶれになってしまいます。 2 .うんち うんちは大腸菌などの細菌がいるため、肌に与えるダメージが大きくなります。 赤ちゃんのうんちは水っぽく回数が多いので、おむつの中の環境が悪化してしまいがちです。 汗、蒸れ 赤ちゃんは新陳代謝がよくてとても汗っかき。 特に夏場はおむつの中がすぐに蒸れがちに。 蒸れてふやけた皮膚は刺激に弱く、おしっこやうんちの刺激をより受けてしまいます。 4.摩擦、擦れ おむつ替えの際、おしりふきでゴシゴシ拭いていませんか?薄くてデリケートな肌を強くこすると、ダメージを受けて炎症を起こします。 おむつかぶれにワセリンは効果的? おむつかぶれのケアにワセリンを使っている人は多くいます。 そもそもワセリンとは、石油を精製したミネラルオイル(鉱物油)を指します。 ワセリンの特徴は、ローションやクリーム等の保湿剤と異なり、内部に浸透せずに皮膚表面に留まってくれる点。 皮膚表面に皮脂膜をつくり覆うことで、水分の蒸発を防ぎ、おむつかぶれの外的刺激から肌を保護してくれます。 こうしたワセリンの働きがおむつかぶれの予防や改善に効果があるといわれています。 純度の高い白色ワセリンがおすすめ ワセリンの原料が石油と聞くと、安全性が心配になる人が多いかもしれません。 確かにワセリンの中でも、精度が低いものだと不純物が含まれていたり、酸化防腐剤が入っている商品は、赤ちゃんの肌に合わずに炎症を起こす可能性があります。 その一方、白色ワセリンは、 純度が高く不純物を取り除いているため、おむつかぶれにも安心して使えます。 特にベビー用として売られているワセリンはおすすめです。 おむつかぶれのワセリンの正しい塗り方は? 1.おしりをキレイに洗う ワセリンを塗るときは、まずはおしりを清潔に洗うことが必須です。 うんちやおしっこで汚れた肌にワセリンを塗ると、かえって症状が悪化。 肌荒れを引き起こしてしまいます。 おむつかぶれが起こっているときは、できるだけ市販のおしりふきは使わずに、 おむつ替えの都度、沐浴やシャワーのぬるま湯で洗い流すことをおすすめします。 おしりふきの刺激で悪化することがあります。 2.水分を拭き取る おしりをきれいにしたら、 やわらかいタオルや乾いたベビーコットンでやさしく水分を拭き取ります。 気温が暖かく時間に余裕がある日は、おしりをしばらく外気にさらし、乾燥させると治りが早いです。 3.ワセリンを患部に薄く塗る すりこむように塗るのではなくペタペタと乗せるイメージで。 塗り方が厚いと、ワセリンの熱がこもって逆効果になります。 ワセリンを塗りすぎたときは、軽くティッシュオフします。 気温の低いときはワセリンが固くなっていることがあるので、まずはママ・パパの手で温めてから使うと塗りやすいですよ。 ワセリンはおむつかぶれの薬ではない ワセリンはあくまでも保湿剤です。 抗炎症作用もなく、薬としての効能はありません。 軽度のおむつかぶれであれば効果がありますが、 重症なおむつかぶれを治すことはできません。 悪化しているおむつかぶれに対しては、ワセリンを塗り続けるよりも、病院で適切な薬を処方してもらう方が早期治療が見込めます。 また、おむつかぶれによく似た症状に、菌の感染が原因の皮膚カンジダ症があります。 治療には病院で抗真菌剤を処方してもらう必要があります。 ワセリンでは治療できないため、皮膚カンジダ症が疑われる場合は、早めに病院を受診しましょう。 おむつかぶれケアにおすすめのワセリン5選! ここでは、赤ちゃんのおむつかぶれケアにおすすめのワセリンを紹介します。 市販の人気アイテムもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。 1.第3類医薬品 日本薬局方 白色ワセリン 出典:www. rakuten. 素肌はもちろん、唇や足、ヒジ、かかとなど全身に使えます。 また皮膚炎、アトビー肌にも効果的。 チューブ型のパッケージもオシャレなデザインに一新され、外出時も持ち歩きたいアイテム。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 ワセリンで保護しておむつかぶれを防ごう ワセリンは、浸透力がないため肌質を変えることはできませんが、人が本来持つ自然の治癒力を助けてくれます。 おむつ替えの際にはワセリンを活用しておむつかぶれを対策しましょう。 また、こまめにおむつを取り替えるだけでも、おむつかぶれは随分と防ぐことができるので、毎日の赤ちゃんのお世話の中で意識してみてくださいね。

次の

赤ちゃんの肌トラブルの常備薬!|ムヒベビーシリーズブランドサイト|池田模範堂

おむつ かぶれ 市販 薬

高齢者のオムツかぶれ対策 パッドタイプ 尿漏れ感や排尿感がなくてもトイレに立った時に必ずパッドを変えることが大切です。 摂取する水分が少なく尿の濃度が高くなっていると肌に残って炎症の原因になることがあるため、おしりふきやウォシュレットなどで清潔に保つことでかぶれ・痒みなどの炎症を予防することができます。 パンツタイプ 排泄があった時はできるだけ早く新しいものに交換し、肌についた排泄物をきれいにふき取るか、洗浄するようにします。 赤くなっている部分や、かぶれを起こしている場合は洗浄した後に軟膏などで肌を保護します。 かぶれの場所で見る原因• ギャザー部や足の付け根などは締め付けが強すぎないものを選び、おむつを装着する際は上に着る衣服も緩めのものにします。• 排尿部 男性、女性によって異なりますが、男性の場合はパッドやおむつが尿を吸収できるように適切にあてがわれているかを確認する必要があります。 女性の場合は寝た姿勢の場合尿がおしりの上の方にまでつたってくることが多いため、パッドなどを腰の方までセットしておくことによって尿を確実に吸い取れるようにしておきます。• 肛門周り 高齢者自身が自分でトイレに立てる場合はトイレで排便した後に、おしりふきやウォシュレットなどで清潔に洗い流すことが出来れば最も効果的です。 寝たきりの場合などは大まかな汚れをふき取ったあと、お尻の下から背面に吸水用のタオルなどを敷き、霧吹きなどに入れた水やお湯をふきつけて汚れをふきとるようにします。 おむつかぶれ対策に使える商品 アズノール 介護施設や病院で使用されているステロイド剤を含んでいない軟膏です。 一般での市販はなく医師の診断を受けて処方してもらう必要がありますが、医療機関で使用されていることから安心して使用することができます。 保湿成分のヒアルロン酸を配合しているため肌の保護、保湿にも効果があります。 そんな人にオススメなのがこの消臭袋です。 高い消臭作用があり、おむつを入れて密封すればニオイの漏れは全くありません。 90枚入りと大容量なので頻繁におむつを処理したい人も安心して使用できるコスパの高さです。 箱の上部からワンタッチで取り出せるようになっているのでトイレに常備しておけばおむつ交換の際のニオイの心配がなくなります。

次の

おむつかぶれにワセリンが効く?市販薬は?治し方とママたちの対処法|Go !Go!012KIDS

おむつ かぶれ 市販 薬

おむつかぶれに効く薬はどんなものがある? おむつかぶれを予防したり、できたおむつかぶれを治したりするための薬にはどんなものがあるのでしょう。 大きく分けると、• 保湿するための塗り薬• 非ステロイドの塗り薬• ステロイドの塗り薬 の3種類があります。 それぞれ、どんなときに使うか、どんな役割があるかをお話ししたいと思います。 保湿するための塗り薬 デリケートで、油分も少ない赤ちゃんのお肌。 おむつをかえるたびにおしりを拭くので、うるおいはどんどん失われていきます。 保湿する働きのある塗り薬で肌をバリアすることでおむつかぶれを予防したり、できたおむつかぶれが広がらなくなります。 非ステロイドの塗り薬 炎症をしずめる薬で、軽いおむつかぶれが出ているときに使います。 肌に刺激を感じる、などの副作用が出ることがありますので、赤ちゃんの様子を見ながら使ってください。 ステロイドの塗り薬 非ステロイドの塗り薬で改善しない場合は、治す力の強いステロイドを使います。 効きめが強いので一気に治すことができますが、使い方には注意が必要です。 まず、炎症の強い部分に少しだけ塗り、炎症のないところにはつけないようにしましょう。 改善してきても、急に使用をやめるのはあまり良くありません。 また、長期間使い続けることも良くありません。 ステロイドが怖いと言われているのは、成分がこわいのではありません。 正しい使い方をしなかったときに、リバウンドして逆に症状が悪化したりすることが怖いのです。 ステロイドを使って改善してきたら、少しずつ弱い薬に変えていって、いずれはステロイドをやめていくことが大切です。 その辺は判断が難しいので、ステロイドは医師の指示に従って使うことをおすすめします。 スポンサーリンク 薬を選ぶときの注意点 では、ドラッグストアで薬を選ぶときは、どこに気をつけて選ぶといいのでしょうか。 ここでは、ステロイドが入っていない薬を選ぶときのポイントについてお話ししたいと思います。 必ず赤ちゃん用のものを。 大人用の塗り薬を代用するのは良くありません。 たとえば、大人の湿疹と赤ちゃんのおむつかぶれは、原因も対処も違いますので、おむつかぶれのときはやはり、おむつかぶれを治すための薬を選ぶ必要があります。 おむつかぶれの薬に必要な成分は、• お肌の保湿、保護• かゆみどめ• 炎症をおさえる です。 自分の手が届かないおむつのなかが激しくかゆいのは、赤ちゃんにとって苦痛です。 お肌を保護して、 おむつかぶれを治すと同時にかゆみをとることも必要になります。 おすすめの市販薬は? では、おすすめの市販薬をご紹介します。 多くのママが選んでいるこの薬。 安心のサトちゃんマークで、私もこの薬を買いました。 天然のナタネ油とサラシミツロウに、かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤と治りを助けるビタミンや酸化亜鉛、さらに殺菌剤を配合した薬です。 この薬はジュクジュクした部分と乾燥している部分の両方に使えます。 魚油由来のビタミンが肌の角質層の回復を助け、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を活発にします。 かゆみを抑える成分を配合し、かゆみによる皮膚の炎症をしずめてくれます。 メントール配合なので、刺激に弱い赤ちゃんには注意が必要です。 まとめ 私は娘を布おむつで育てました。 布おむつはかぶれると言われましたが、娘は逆に紙おむつをしたときにかぶれました。 外出から帰って少し赤くなって、布おむつをはかせると治って、の繰り返しでしたが、やはり赤いお尻は痛々しいです。 できてしまったおむつかぶれは、薬を上手に使って治してあげましょう。

次の