日本 気象 協会 10 日間 予報。 [B!] 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も!(日直予報士 2020年06月25日)

[B!] 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も!(日直予報士 2020年06月25日)

日本 気象 協会 10 日間 予報

オールタックル世界記録に認定された4.64キロのタチウオ。 全長186センチで、係留柱に立った和代さんより大きい=鹿屋市(米澤徹さん提供) 鹿児島市桜ケ丘4丁目の会社役員米澤和代さん(56)が、鹿屋市高須沖で4.64キロのタチウオを釣り上げ、国際ゲームフィッシュ協会(IGFA、米国)の世界記録に認定された。 昨年11月に手巻きリールで釣り、仕掛けに関係なく最大重量を競うオールタックル部門に申請していた。 夫の徹さん(58)は同じ日、釣り糸の強度で分けるラインクラス部門の日本記録を上げており、「次は夫婦で世界記録を」と意気込んでいる。 釣りが共通の趣味の2人が、記録に挑戦するようになったのは3年前。 鹿屋市の遊漁船「あき丸」で、夫婦して全長150センチを超えるタチウオを釣り上げ、乗り合わせたプロから記録申請を勧められた。 それぞれラインクラス別の日本記録となり、魅力にはまった。 2人は「道具や釣り方のルールの中で、記録に向けて知恵を絞るのが楽しい。 毎回、大会に出ているような気持ち」と語る。 今回の記録達成は昨年11月6日未明。 前日夜から「あき丸」で出港し、サバの切り身をえさに水深50メートルを探るものの、なかなか当たりがない。 日付が変わるころ、徹さんに大きな手応えがあった。 全長180センチ、重さ3.52キロを釣り上げ、船上は「日本記録更新だ」とわいた。 その15分後。 納竿間際の和代さんの「最後の一投」に、ガツンと大きな衝撃があった。 何度も引き込まれそうになりながら15分ほど格闘、全長186センチの銀の魚体が姿を現した。 「最後は運。 無欲が功を奏したのかも」と和代さん。 徹さんは「15分の天下だった」と苦笑して振り返る。 日本ゲームフィッシュ協会を通して昨年12月、IGFAに申請。 新型コロナウイルスの影響で釣行を自粛していた4月下旬、認定証が届いた。 「船長や同乗の仲間のおかげ。 すぐ近くに、大きな魚が息づく豊かな自然があることにも感謝したい」と2人。 さらなる記録更新に、意欲を燃やしている。

次の

22日 九州から東北で30℃ 南西諸島、伊豆諸島で大雨(日直予報士 2020年06月22日)

日本 気象 協会 10 日間 予報

きょう22日月曜日は、北から高気圧に覆われますが、梅雨前線が奄美や沖縄付近から日本の南に停滞する見込みです。 その前線上を進む低気圧が、夜にかけて関東近海まで移動するでしょう。 沖縄は、八重山地方と宮古島地方では晴れますが、本島地方や大東島地方、鹿児島県奄美地方では、午後にかけて雨の降る所が多く、雷が鳴ることや雨脚の強まる所がありそうです。 これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、土砂災害の発生するおそれがありますから警戒してください。 河川の増水や氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に、ご注意下さい。 あすの朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、沖縄本島地方で150ミリ、奄美地方で80ミリの見込みです。 九州から四国と中国地方では晴れて、日中は強い日差しが照りつけるでしょう。 近畿から東海、北陸は雲が多く、午後を中心に所々で雨が降る見込みです。 東海地方では、午後から雷を伴う所がありそうです。 関東周辺は一日を通して雨の所が多いでしょう。 千葉県や茨城県と伊豆諸島では雷を伴う所があり、伊豆諸島では激しく降ることもある見込みです。 ご注意下さい。 伊豆諸島で、あすの朝6時までに予想される雨量は、多い所で、120ミリです。 伊豆諸島では、警報級の大雨になる可能性もあります。 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。 落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも、ご注意ください。 東北から北海道は、山形県から秋田県、青森県にかけて晴れますが、ほかは曇り空の所が多いでしょう。 所々で雨が降る見込みです。 きょうの気温 東北日本海側から九州、沖縄で真夏日 きょう22日の最高気温は、沖縄と九州から近畿、北陸、東北日本海側にかけて、きのうと同じか高くなる見込みです。 マスクの着用中に息苦しさを感じたら、周囲2メートル以内に他の方がいないことを確認しながら外すことも熱中症対策のひとつです。 東海から関東は、きのうと同じか低い所が多いでしょう。 長袖やジャケットが、ちょうどよいくらいです。

次の

週間天気予報よりも長い「10日間天気予報」

日本 気象 協会 10 日間 予報

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も! 日直予報士 2020年06月25日 - 日本気象協会 tenki. jpはてなブックマーク - 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も! 日直予報士 2020年06月25日 - 日本気象協会 tenki. jp プレビュー 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も! 日直予報士 2020年06月25日 - 日本気象協会 tenki. jpはてなブックマーク - 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も! 日直予報士 2020年06月25日 - 日本気象協会 tenki. jp 梅雨入りから二週間の関東甲信 既に平年超過の雨量も! 日直予報士 2020年06月25日 - 日本気象協会 tenki. jp 今月日 木 にしてちょうど二週間が経った。 先ずは、ここまで 午後5時... 続きを表示 今月日 木 にしてちょうど二週間が経った。 先ずは、ここまで 午後5時まで の雨のを都県す。 してきょう 25日 までの15日間に心では1以上の雨をした日数は日。 率にすると. 667でした。 そのほかのので調べてみると各県は. 600~. 667。 一方で、やでは4割台でした。 先週末に3カで球音が鳴り響いた界。 のでこのなら高ですが、雨の降りさでは「のほうに分があった」とで見て取れ。 心では、一カ月の総雨量が167. 7なのに対し、した日きょう ~25日午後5時 までの二週間で. 0の雨量をした。 そのほかの地点で見ると、は既に 174. 7 を超える224の雨が降ってい。 雨天率が5.

次の