おんぶ 紐 おすすめ。 おんぶ紐兼用抱っこ紐…私のお勧めベスト3!

昔ながらのおんぶ紐が知育に良いって本当?おすすめ5選!

おんぶ 紐 おすすめ

施設保育士として、被虐待児や発達障害児を含む0〜18歳の幅広い年齢の子どもと多く関わる。 またその保護者へ、育児相談だけではない実践的な養育支援を含む生活基盤確立のためのあらゆる支援を行い、後に社会福祉士を取得。 全国転勤族で、帯同に伴う転職で企業主導型保育園や小規模保育園での勤務経験もあり。 保育士人材紹介会社のコラムを執筆担当中。 また転勤族の妻向けのブログを運営し、育児情報を中心に赴任地の様子を発信している。 三児の母。 おんぶ紐や抱っこ紐、ウエストポーチなど、さまざまなタイプが発売されているベビーキャリー。 さまざまなメーカーから、たくさんの商品が販売されています。 本記事では、保育士・武田優希さんと編集部が選んだベビーキャリーのおすすめ商品11選と、ベビーキャリーの選び方を紹介します。 抱っこ紐はもちろん、おんぶ紐やウエストポーチタイプのヒップシートにも注目です。 新生児から使えるタイプや、4歳ごろまで使える商品も紹介しています! ハイハイなどで動きまわる赤ちゃんを抱っこするときに役立つのが、「ウエストポーチ」タイプです。 ウエストに着用するだけで使えるので、抱っこの要求に素早く対応できます。 赤ちゃんが大きくなってくると、長い間抱っこをするのはママもパパも負担になってしまいますよね。 そんなときに、このウエストポーチタイプのベビーキャリーを使用すると、 ふつうに抱っこするよりも抱っこの負担がかなり軽減されます。 ポーチ部分に赤ちゃんを座らせるだけなので、 動き回って疲れた赤ちゃんの抱っこもかんたん。 抱っこしている間は赤ちゃんを両手で支えなければいけませんが、紐がないので肩への負担を軽減できます。 ちょっとしたお散歩のときにも便利です。 商品名 エルゴベビー『ADAPT(アダプト) クールエア』 ケラッタ『ベビースリング 6WAY』 ラッキー工業『ポルバン』 エルゴベビー『OMNI360(オムニ スリーシックスティ) クールエア』 ベビービョルン『ベビーキャリア ONE KAI』 Aprica(アップリカ)『コランハグ ライト』 キューズベリー『抱っこ紐』 Aprica(アップリカ)『スムーヴ TS インファント カーシート』 napnap(ナップナップ)『ベビーキャリーBASIC』 タックマミー『抱っこひも 綿100%』 OPPER『昔ながらのおんぶひも』 商品情報 特徴 付属品なしで20kgまで対応 6種類の抱き方に対応したベビースリング すぐに使えるウエストポーチタイプ 多機能な4WAY仕様 フルメッシュで夏でも快適 持ち運びかんたんな多機能タイプ 素早く使える前開きファスナータイプ 1台5役のトラベルシステム リュック感覚で手軽に使える 幅広い紐で肩や背中もしっかりフィット 携帯に便利な軽量タイプ タイプ 抱っこ紐 スリング ウエストポーチ 抱っこ紐 抱っこ紐 抱っこ紐 抱っこ紐 トラベルシステム おんぶ紐 だっこ紐 おんぶ紐 対象年齢 新生児~4歳ごろ 新生児~2歳ごろ 7カ月ごろ~3歳ごろ 新生児から4歳ごろ(体重20㎏・身長50. 8㎝まで) 新生児~3歳ごろ 新生児~3歳ごろ 抱っこ:首すわり~13kg、おんぶ:腰座り後~15kg 新生児~12カ月 だっこ:4カ月~2歳ごろ、おんぶ:4カ月~4歳ごろ 3カ月ごろ(首座り後)~2歳ごろ だっこ式:4カ月~1歳ごろ、おんぶ:4カ月から2歳6カ月 使用パターン 3WAY 6WAY 3WAY 4WAY 4WAY 5WAY 2WAY 5WAY 2WAY 1WAY 2WAY 商品リンク 夏の紫外線や冬の寒さ、雨から赤ちゃんを守り、抱っこひもでのお出かけをより快適にしてくれる、抱っこひも用ケープ。 抱っこひもだけでなく、ベビーカーのフットマフ(足元を冷えから守る防寒グッズ)としても使えるというのが、最近のトレンドです。 抱っこひも用のケープを手作りする人もいますが、抱っこひものフィット感を重視するなら、専用品に勝るものなし。 UV対策用のケープを探している方には、マルチに使えるガーゼ素材が人気です。 抱っこひも用ケープを選ぶときは、素材や着脱方法など、いくつかのおさえておきたいポイントがあります。 そこでお出かけ用ベビーグッズに詳しい遠藤まさ子さんに、抱っこひも用ケープの選び方について取材しました。

次の

人気のおんぶ紐ランキングTOP7|装着が簡単な使いやすいおんぶ紐は?

おんぶ 紐 おすすめ

出典: おんぶ紐とは、赤ちゃんをおんぶするときに使う紐のことです。 抱っこを嫌がる赤ちゃんの中にも、おんぶならご機嫌という赤ちゃんもいるようです。 またおんぶ紐は昔ながらのアイテムなので、様々な世代の方が使い方を知っています。 そのため、おじいちゃんやおばあちゃんに孫の世話を頼むことが多い方にもぴったりです。 おんぶ紐を使うメリット おんぶ紐は抱っこ紐に比べてコンパクトに畳めるものが多いので、バックに入れて持ち運びやすいというメリットがあります。 おんぶすることで抱っこのときよりも赤ちゃんの視界が広くなり、大人と同じ目線で景色を見ることができるので知育にも繋がると言われています。 また、おんぶ紐を使えば大人の視界を遮ることもなくなります。 そのため料理や洗濯などの家事もおんぶをしながらこなすことができます。 おんぶ紐を使用できるのはいつから? おんぶ紐を使うのは赤ちゃんの首がすわってからにしましょう。 よって使用することができるのは生後4〜6ヶ月頃からです。 なぜなら、おんぶ紐は抱っこ紐とは違い首を固定する部分がないものが多く不安定だからです。 また背中の赤ちゃんの様子を背負っている大人が確認できないためです。 赤ちゃんの首が座ったかどうか不安な場合は、おんぶ紐を使っても大丈夫か小児科の先生に聞いてみると確実です。 いつまで使えるの? ではおんぶ紐を使っておんぶするのは、何歳ごろまで大丈夫なのでしょうか。 はっきりとやめる時期が決まっているわけではありません。 子どもがひとり歩きできるようになった、おんぶを嫌がるようになった、体重増加で背負うのがつらくなった、などおんぶをやめる理由は家族によって様々です。 そのようなサインが出てきたら、おんぶ卒業を考えましょう。 出典: 昔ながらのタイプのおんぶ紐です。 名前の通り一本の布でできており、使わないときはコンパクトに収納することができます。 サイズを選ばないので子どもが大きくなっても使うことができます。 一本紐を使えば足下が見えるので、子供をおんぶして階段を降りることもできます。 また抱っこ紐や背当て部分があるおんぶ紐より、洗濯機で洗いやすいという点もメリットです。 おんぶ専用紐を選ぶポイント 装着しやすさをチェック 赤ちゃんはじっとしていないことが多いため、おんぶ紐を素早く装着できるかという点は重要です。 ベビー用品店の中には、人形を使って装着方法を教えてくれるお店もあります。 通販サイトの中には動画などで装着方法を見ることができるサイトもあるので、自分が装着しやすい仕組みになっているかどうか確認してから購入しましょう。 またレンタルできるおんぶ紐もあるので、赤ちゃんに合ったおんぶ紐を見つけたい場合は、一度レンタルで試してから購入してみるのも良いでしょう。 安定感も考慮して おんぶをするときに赤ちゃんのお尻や体をしっかり支えることのできる安定感も、おんぶ紐を選ぶ上で重要なポイントです。 昔ながらの一本紐タイプはコンパクトに収納できますが、結び方によっては赤ちゃんのお尻部分が不安定になってしまう場合もあります。 ちゃんとつけられるか不安という方は、お尻部分がしっかり固定できる背当て部分があるタイプだと安心でしょう。 また、一本紐タイプの紐部分にバスタオルをかけてお尻を安定させる方法もあるようです。 コンパクトに収納しよう 赤ちゃんを連れて外出するときは、おむつや着替えなどをバックに入れるため荷物がいっぱいになってしまいます。 これ以上荷物を増やしたくない、という方はおんぶ紐の収納のしやすさをチェックしてみてください。 丸めて収納ができるものなどはかさばらずに小さくなるため、持ち運びしやすいといった特徴があります。 おんぶ紐のおすすめ3選.

次の

先輩ママに人気のおんぶ紐おすすめ9選!専用タイプも抱っこ兼用タイプも

おんぶ 紐 おすすめ

おんぶ紐も抱っこ紐も、同じようにお子様を支えるためのツールにほかなりませんが、 実際はお子様に与える影響が大きく異なるのが現実です。 抱っこ紐の場合、母親は前を向いて歩きますが、お子様は後ろを見ている状態で親子がお互いに向き合っている状態になります。 そうなると、母親は広い視界を持って歩いていくことができますが、お子様は母親のお腹や胸しか見ることができません。 つまり、 お子様の方は狭い視界でしかものを認識できず、外の世界を知らないまま育ってしまいます。 そのためあまり抱っこ紐を使われたり抱っこでお子様を外へ連れて行くということはおすすめできません。 一方、おんぶ紐はお子様と母親が同じ進行方向を見ているため、どちらも同じ視界を共有することができます。 つまり、 お子様も実際の街並みの姿を目で認識することができ、外の世界を視覚で認識できる状態になります。 こういった点からおんぶ紐はお子様にとって別の意味でもおすすめできるものだということがわかります。 身体的負担 おすすめの多機能おんぶ紐 多機能おんぶの中でもいくつかものおすすめ商品はありますが、今回は4点を厳選してご紹介していきます。 どれも使いやすく使用幅も広いものばかりですのでぜひ説明を見て気に入りそうなものがあればページから購入してみてください。 基本的にどれもおすすめですが、お子様の年齢や体重に合ったものを選ぶことが重要ですのでおすすめの中からぜひ検討してみてください。 適応年齢 適応体重 素材 使い方の種類 Buddy Buddy 保育士さんが使っているおんぶひも 4~24ヶ月 13kg未満 ポリエステル・綿 2WAY リルベビ おんぶ紐 0~5歳 3. 18~20. 4kg メッシュ おんぶ専 Peacoco 4wayおんぶ紐 3~36ヶ月 30kg未満 メッシュ・コットン 4WAY Jerry baby 3in1多機能おんぶ紐 0~36ヶ月 36kg未満 純綿 2WAY 【頭の揺れを左右から優しく守る】Buddy Buddy 保育士さんが使っているおんぶひも まずはこちらの商品です。 Amazonリンクから詳細の説明も見ることができますが、ここで簡単におすすめのポイントをピックアップしてご紹介します。 この商品のおすすめは、 落下防止用のベルトが付いていること、開放感も感じられますのでお子様も安心して眠ることができる点です。 このように安全性と機能性を併せ持っていることで誰でも気軽に利用することができますのでぜひ幼いお子様のために下記リンクから購入を検討してみてください。 おすすめのメッシュおんぶ紐 次には メッシュが基本素材にされているおすすめ商品のご紹介です。 こちらもいくつかある中から厳選してご紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。 適応年齢 適応体重 素材 使い方の種類 Perkisboby 4WAYメッシュおんぶ紐 3~48ヶ月 25kg未満 綿・ポリエステル 4WAY ベビービョルン ベビーキャリア ONE KAI Air 0~36ヶ月 3. 5~15kg ポリエステル・綿 2WAY Peacoco 5wayおんぶ紐 0~48ヶ月 30kg未満 コットン 2WAY MengyBaor 軽量抱っこひも 3Dエアーメッシュ 3~36ヶ月 20kg未満 ポリウレタン 2WAY 【便利な男女兼用デザイン】Perkisboby 4WAYメッシュおんぶ紐 まずはこちらのメッシュ製品からご紹介していきます。 男女どちらもこのアイテムを利用できますので 対象の幅も広がり、安全性などに関しても文句なしのおすすめ商品なのでぜひ興味のある方は一度ページから見てみてください。 歩いて移動していてもしっかりと安定して揺れることが少ないのでとても使いやすく便利です。 おすすめの布製おんぶ紐 おすすめの布製おんぶ紐に関してはとても軽量で値段も他の二種に比較すると低コストで入手できるものが多いです。 さらに頑丈で切れにくいのでしっかりと体を支えてくれ、この類の商品に関してもおすすめのものも多く存在しています。 今回はそんな布製のおんぶ紐のおすすめのアイテムをいくつか厳選してご紹介していきます。 適応年齢 適応体重 素材 使い方の種類 クォーターリポート ベビーキャリー 4~24ヶ月 13kg未満 綿・ポリエステル 2WAY 昔ながらのおんぶ紐 一本紐 2歳以上 なし 綿 おんぶ専 西松屋 ひも結び式抱っこひも 0~36ヶ月 抱っこ:11. 3kg未満おんぶ:13kg未満 綿 2WAY 【腰の負担が軽くなる】クォーターリポート ベビーキャリー まずはこちらからご紹介します。 この商品のおすすめポイントは何よりもその 安全性の優秀さにあります。 商品安全協会の厳しい検査にも合格していますのでどなたでも安心してお使いいただけます。 お子様の安全性だけではなく、お母さんやお父さんなどの支える側の安全性に対しても徹底していますので使用にも差し支えありません。 【赤ちゃんの肌に優しい】昔ながらのおんぶ紐 一本紐 昔ながらのおんぶ紐は思った以上に頑丈で様々な用途に使うことができます。 お子様だけではなく少し大きいお子様にも問題なく使えますのでこれを使うことでより長期間の物持ちが期待されます。 また、純正の布製なのでお子様の肌にも優しく、敏感肌のお子様や肌が弱いお子様にも使うことができます。 ぜひ一度下記リンクから一度商品の詳細をチェックしてみてください。

次の