アルキメデス の 大戦 感想。 負け戦に全力映画『アルキメデスの大戦』感想文

映画アルキメデスの大戦の海軍省と横浜港のロケ地、アラスジやキャスト、感想について!

アルキメデス の 大戦 感想

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。 太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。 戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。 海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。 「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。 数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。 業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。 東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。 なぜその失敗から逃れることができないのか。 それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。 その程度しか知らなかったからでしょうか。 他の出演者のアクの強さ・いい仕事っぷりがナイスだし。 数字の話がメインと思わせつつ、終盤「話の裏の真実」が切れ味鋭い。 ・ストーリー展開も核の登場人物もシンプル。 要は「そんな巨大戦艦を作るのに、その見積もりの安さは何故よ?」。 現代人にもよくある話なので、わかりやすい。 ・主人公の「真実を知りたい」熱意・真剣さが、周囲の人を動かす様もいい。 「数字は嘘をつかない」って、なるほどね。 車窓と人物の違和感を感じてしまうところあり。 久々に邦画で「見てよかった!」と思えた1作でした。 WOWOWにて視聴。 予告やTVCMなどで何となくの知識程度で。 非常に良い映画でした。 DVDなどで持つほどではないが、 TVで流れてたら観たいな、と思います。 テーマは「数字は嘘つかない、嘘をつくのは人間」かな。 菅田将暉さんの演技をちゃんと観たのは初めてだがら難しそうな役をテンポ良く演じていて良かった。 田中少尉との掛け合いも軽妙、「国のために」という目的は同じで手法考え方が違っていただけなので、理解するのも早かったのかな、と思う。 嶋田少将や大角大臣のような政治屋は現代にもいそうだなと思わせられ、一国の政の重大な決議があのような会議で為されていたら…と恐ろしくもなる。 針小棒大な誹謗中傷や妨害工作など、駆け引きとしては必要なのかもしれないが、「国のため」に何が必要で何をせねばならないかを判断していただきたいところ。 そういう意味では数字は嘘をつかないし、エビデンスが求められるのも当然。 良きにせよ悪きにせよ、判断するための材料を公平に集めなくてはならない。 たとえそれらにより冷静に判断されたとしても、ラスト付近の平山造船中将や山本少将の言のように、誤った 後から見ると 報告に進んでいくことを止められないのであれば、如何に早く終わらせる、リスクを少なくするかを考えていく。 この映画の中で櫂少佐が果たす役割は、どれだけもがいても大きな「時代」という うねりの一部分に過ぎない。 最後の涙の意味も深いものになっていく。 過ちをおかさないための数字なのに、人の感情は止められないのか。 戦争反対というよりも現代日本への提言のように感じた。 以下、印象的なセリフ うろ覚え 「君は測りたいと思わないのか…変わってるな」 「日本人は負けを 負け方を 知らない民族、だから…」 「私には大和が日本そのものに見える」 ネタバレ! クリックして本文を読む 菅田くん好きなのでそれだけかなぁ…と 閉塞的な世の中で言いたい事を言える狂人の様な天才しかも言ってる事は筋が通ってるから主人公のキャラクターが魅力的ここは凄くわかる。 ただ数字で大きな力に立ち向かう展開は面白いと思うけど、やたらと何もかも都合よく動くしこれがコメディなら受け入れられるのだけど戦争物となるといまいち入っていけない。 戦艦じゃなくて下町ロケット的な企業の造船の話だったらこういう気持ちにもならなかったかな…だって時代の空気が現代劇だもん。 それに戦争を止めなくては!と戦争批判漂わせつつ時のトップの人達をカッコ良く描いているの不思議すぎて…何となくなんか凄い力で何とかなっちゃって皆んなハッピーって勢いとノリで勝てちゃうよって思わせちゃうのが不味いでしょ!って映画の中でも言ってんのに映画自体がそれとやってる事同じて。 数字の力とか戦艦のカッコよさとかには充分惹かれるけれど、結果もやもやしたのでイマイチ。 戦前の日本。 時代にそぐわない大和の建造を阻止するべく、数学の天才が奔走する物語。 冒頭の海戦シーンは迫力がありましたが、それだけ・・・というのが感想。 BSのレビューを見て、「戦艦の費用対効果の低さ」、「空母や潜水艦の効果の高さ」等について、丁々発止の攻防を行うものだと思っていました。 新しい戦術や、効果的な戦い方等の話が出てくるのだと思いこんでいました。 映画の中にも、主砲の命中率の話をするシーンがありましたが、そんな話が積みあがれば見応えを感じることが出来たと思います。 しかし、この映画では見積を「積み上げる」、或は「想定する」ことのみを行っていて、残念ながら面白みを感じることが出来ませんでした。 ネタバレ! クリックして本文を読む WOWOWプライムで鑑賞。 原作は未読です。 さぁ、どうする? 出来ることを考え、あらゆる手を使って情報を収集。 妨害にも屈せず、あと一歩のところまで来たところで、敵の差し金により会議開催が急に繰り上がって絶体絶命! 果たして起死回生なるか…? ハラハラ・ドキドキでした。 でも結局、大和って建造されるから、櫂少佐は負けてしまうってこと? こんなに頑張ったのに、全て徒労に終わってしまうということ? 結末をいったいどこへ持って行くのかなぁ、と気になりながら観ていると…なるほど、そう来たかと膝を打ちました。 でも当時のことを考えると、そんな考えで大和をつくった、なんて言われてもフィクションとは言え納得出来ませんでした…。 面白い着想ではありましたけど 笑.

次の

アルキメデスの大戦 感想・レビュー|映画の時間

アルキメデス の 大戦 感想

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。 太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。 戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。 海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。 「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。 数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。 業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。 東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。 なぜその失敗から逃れることができないのか。 それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。 その程度しか知らなかったからでしょうか。 他の出演者のアクの強さ・いい仕事っぷりがナイスだし。 数字の話がメインと思わせつつ、終盤「話の裏の真実」が切れ味鋭い。 ・ストーリー展開も核の登場人物もシンプル。 要は「そんな巨大戦艦を作るのに、その見積もりの安さは何故よ?」。 現代人にもよくある話なので、わかりやすい。 ・主人公の「真実を知りたい」熱意・真剣さが、周囲の人を動かす様もいい。 「数字は嘘をつかない」って、なるほどね。 車窓と人物の違和感を感じてしまうところあり。 久々に邦画で「見てよかった!」と思えた1作でした。 WOWOWにて視聴。 予告やTVCMなどで何となくの知識程度で。 非常に良い映画でした。 DVDなどで持つほどではないが、 TVで流れてたら観たいな、と思います。 テーマは「数字は嘘つかない、嘘をつくのは人間」かな。 菅田将暉さんの演技をちゃんと観たのは初めてだがら難しそうな役をテンポ良く演じていて良かった。 田中少尉との掛け合いも軽妙、「国のために」という目的は同じで手法考え方が違っていただけなので、理解するのも早かったのかな、と思う。 嶋田少将や大角大臣のような政治屋は現代にもいそうだなと思わせられ、一国の政の重大な決議があのような会議で為されていたら…と恐ろしくもなる。 針小棒大な誹謗中傷や妨害工作など、駆け引きとしては必要なのかもしれないが、「国のため」に何が必要で何をせねばならないかを判断していただきたいところ。 そういう意味では数字は嘘をつかないし、エビデンスが求められるのも当然。 良きにせよ悪きにせよ、判断するための材料を公平に集めなくてはならない。 たとえそれらにより冷静に判断されたとしても、ラスト付近の平山造船中将や山本少将の言のように、誤った 後から見ると 報告に進んでいくことを止められないのであれば、如何に早く終わらせる、リスクを少なくするかを考えていく。 この映画の中で櫂少佐が果たす役割は、どれだけもがいても大きな「時代」という うねりの一部分に過ぎない。 最後の涙の意味も深いものになっていく。 過ちをおかさないための数字なのに、人の感情は止められないのか。 戦争反対というよりも現代日本への提言のように感じた。 以下、印象的なセリフ うろ覚え 「君は測りたいと思わないのか…変わってるな」 「日本人は負けを 負け方を 知らない民族、だから…」 「私には大和が日本そのものに見える」 ネタバレ! クリックして本文を読む 菅田くん好きなのでそれだけかなぁ…と 閉塞的な世の中で言いたい事を言える狂人の様な天才しかも言ってる事は筋が通ってるから主人公のキャラクターが魅力的ここは凄くわかる。 ただ数字で大きな力に立ち向かう展開は面白いと思うけど、やたらと何もかも都合よく動くしこれがコメディなら受け入れられるのだけど戦争物となるといまいち入っていけない。 戦艦じゃなくて下町ロケット的な企業の造船の話だったらこういう気持ちにもならなかったかな…だって時代の空気が現代劇だもん。 それに戦争を止めなくては!と戦争批判漂わせつつ時のトップの人達をカッコ良く描いているの不思議すぎて…何となくなんか凄い力で何とかなっちゃって皆んなハッピーって勢いとノリで勝てちゃうよって思わせちゃうのが不味いでしょ!って映画の中でも言ってんのに映画自体がそれとやってる事同じて。 数字の力とか戦艦のカッコよさとかには充分惹かれるけれど、結果もやもやしたのでイマイチ。 戦前の日本。 時代にそぐわない大和の建造を阻止するべく、数学の天才が奔走する物語。 冒頭の海戦シーンは迫力がありましたが、それだけ・・・というのが感想。 BSのレビューを見て、「戦艦の費用対効果の低さ」、「空母や潜水艦の効果の高さ」等について、丁々発止の攻防を行うものだと思っていました。 新しい戦術や、効果的な戦い方等の話が出てくるのだと思いこんでいました。 映画の中にも、主砲の命中率の話をするシーンがありましたが、そんな話が積みあがれば見応えを感じることが出来たと思います。 しかし、この映画では見積を「積み上げる」、或は「想定する」ことのみを行っていて、残念ながら面白みを感じることが出来ませんでした。 ネタバレ! クリックして本文を読む WOWOWプライムで鑑賞。 原作は未読です。 さぁ、どうする? 出来ることを考え、あらゆる手を使って情報を収集。 妨害にも屈せず、あと一歩のところまで来たところで、敵の差し金により会議開催が急に繰り上がって絶体絶命! 果たして起死回生なるか…? ハラハラ・ドキドキでした。 でも結局、大和って建造されるから、櫂少佐は負けてしまうってこと? こんなに頑張ったのに、全て徒労に終わってしまうということ? 結末をいったいどこへ持って行くのかなぁ、と気になりながら観ていると…なるほど、そう来たかと膝を打ちました。 でも当時のことを考えると、そんな考えで大和をつくった、なんて言われてもフィクションとは言え納得出来ませんでした…。 面白い着想ではありましたけど 笑.

次の

映画「アルキメデスの大戦」感想・レビュー(史実も踏まえてアルキメデスの大戦の魅力を探ってみた)

アルキメデス の 大戦 感想

はい、なんだか久しぶりの菅田将暉主演映画です。 そんな彼と山崎貴監督がタッグを組んだ作品。 山崎監督といえば、オリンピックの開会式を演出されるということで、なんて豪華な映画なんですか!! もう、とりあえず最高な映画なのは間違いないんじゃないですか!!!! 見に行かなくても分かるでしょこれ!!! 現代日本映画の珠玉が集まって、しかも戦艦大和を描いて、、、もう1000億点でしょうが!!!! ・・・だからもう、私はこの映画を見ないことにしました!!! 鑑賞は、皆さんに任せます!!!! もう見るまでもないでしょ!! だってこんな豪華スタッフ・キャストがいて、大々的に宣伝されて、これほど注目の高い映画はないですよ!!! だから、見る意味ないでしょ!? もう最高だって言ってるじゃないですか!!!! ここまで最高な映画を僕は知りませんよ、見てないけど! きっと第二次世界大戦のリアルなシーンが描かれて、人間ドラマも深くて、最後にあっと驚く作品になるんでしょ!?、見てないけど! 日本アカデミー賞に特別賞とかいう形で受賞するんでしょ!?、見てないけど! とにかく俺が言いたいのは、既に最高だって分かってるようなこんな映画は見たくねぇ!!! 本当に見たくねぇんだよ!!!! でもしょうがないから、アクセス欲しいから、しょうがないから見るかな。。 いや、もう傑作ってのは分かってるんですけど・・・見てないけど。 あらすじ ・戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。 日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。 山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。 山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。 数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。 菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。 この面白さは測れなかった はい、未だに興奮してるMachinakaです。 何が大和の闇を数字で暴くだぁ? 大和は夢だろロマンだろ!? 数字なんていらないんだよ!!! 数字とかどうでもいいからドンパチやってくれよ!! って思ってたんですけど、そんな私の予測を良い意味で裏切ってくれた映画でした。 数学と謎解きがメインの話ということで、冒頭の大和崩壊シーン以外は本当にアクションがない。 ナレーションも多いし俳優の心の声も出しちゃう。 邦画の悪い癖が詰まってる作品とも言えなくもない。 でも、そんなのどうでもいいんだよ!! って思わせてくれる素晴らしい映画でした。 この映画の素晴らしいところは大きく分けて二つあると思っていて・・ 一つ目が大和出生の秘密と大和の価値について、改めて考えるきっかけになったこと 二つ目が数学が人生の役に立つことを教えてくれる映画であったこと にあると思っています。 詳細は、下記に記します。 大和出生の秘密と大和の価値 今作のストーリーの肝は「大和を作るべきなのかどうか」にあると思うんですけど、これを様々な角度から考えさせてくれる映画でしたね。 大和は大日本帝国の象徴、ロシアに勝った日本は負け知らず。 大和を持って世界に日本の大きさを知らしめよう!! と息巻く海軍保守派の思想から、大和は生まれたんですよね。 これに対して菅田くんは大和の秘密を暴こうとする。 これは予告編のプロットですね。 でも、今作は単に大和の闇を暴く映画じゃないんですよね。 半沢直樹みたいだって言う人もいるかもしれないけど、この映画は勧善懲悪じゃないんだよ!! ちゃんと大和を設計した人にも日本を想う気持ちがあったんだよ!! これは保守派を擁護してるとか、そんなんじゃなくて、ちゃんと人間を描いてるって証拠なんだよ!! 単に大和を作らなければ日本は良い方向に向かうのか、というとそうでもなくて。 大和を作る理由が、ちゃんと人間を通して描いてくれるんですよね。 まぁ、史実はどうか分かりませんよ? これは漫画を元にしたフィクションですからね。 最初は山本五十六の思想に共感して「大和なんて作っちゃダメだよ!!」「空母作れ!空母を!!」と思っていたけども、ラストのドンデン返しで俺の価値観も大きく揺さぶられてしまった。 本当にガツンときました。 大和を作ったほうが良いのか、悪いのか。 どうすれば戦争の被害を回避できるのか? 単に「戦争ダメ!」なんて正論じゃどうにもできない昭和初期の中で、考えに考え抜いた海軍の思想に、驚いてしまいました。 僕はずっと、「大和を作ったのは大誤算」だと思っていたのですが、戦争を早く終わらせるためには必要だったのかもしれません。 そう思わせてくれました。 数学が人生の役に立つことを教えてくれる あとは何より、数学を武器に戦う菅田を通して、 数学が人生の役に立つって教えてくれることが今作の最大の美徳だと思うんですよ!! 中学校・高校の頃、yとかxとか意味わかんないアルファベッドを並べる数学に疑問を感じた人も多いのではないですか? 「数学ってなんで勉強するんだろ」 「数学ってなんの役に立つんだろ」 って感じてる人ばかりだと思います。 私はというと、大学は理系に進み、仕事でもバリバリ数学を使ってるんですよ。 だから、数学って何のために勉強するかって聞かれると「飯が食えるから」「専門性が高くなって収入が増えるから」としか言いようがない。 あくまで数学は「生きる手段」としか答えようがなかったんです。 でも、そんなの数学苦手な人には響かない。 算数だけでいいじゃん、四則演算だけでいいじゃん。 数学できなくても社長になってる人とかいるじゃんって言われると、言い返せない自分がいました。 数学には何の意味があるんだろう? と考え続けていました。 もし自分に子供がいたら、どうやって数学を勉強させればいいだろうって。 でも今作は、そんな現金主義の私を良い意味でぶちのめしてくれました。 今作の菅田将暉くんは、数学を何のために使いましたか? 大和の闇を暴くため? 金を稼ぐため? 自分の名誉のため? 違うでしょ? 日本を守るために、世界を変えるために数学を使ったんですよ!! 数学には、世界を変える力があるって証明して見せたんですよ!! これは理系の私にとっては、本当に胸が救われる気持ちでした。 嬉しい、本当に嬉しい。 数学にロマンを感じられる素晴らしい映画でした。 これが、今作をゲキ押しするきっかけになったのかもしれませんね。。 半沢要素は確かにあるw ここで閑話休題 確かに前評判通り、半沢直樹っぽいシーンはたくさんありました。 ・巨大権力の闇を内部から探っていく ・勧善懲悪なキャラクター造形 ・表情豊かな激しい演技合戦 ・大阪に鶴瓶がいる などなど、確かに半沢的要素がありました。。 多分、映画を見ていた人ならわかるはずですよね? オフビートな演出をよくぞ実践してくれた! あと、これも評価しなくてはいけません! 今回は本当に上手く笑いを作れていましたね!! 非常にオフビートな笑いの入れ方で、本当に嬉しかったですよ! 山崎貴監督が、ここまでオフビートを取り入れてくれるとは思ってもみませんでした! 今回はギャグシーンがある時、何もBGMを流さないんですよね。 基本的には無音で、俳優も出来るだけ真顔で演技してるんですよ。 これこそオフビートですよね! あと、何より柄本佑さんのすまし顔感が本当にサイコーで! 菅田くんとのバディ感を上手く出せていたと思います。 一番笑ったのは、戦艦に無理やり乗り込もうとしたシーンですかね。 菅田くんが「早く乗ろう!」と言いながらも「そんなの無理に決まってるじゃないですか、そんな簡単に・・・」 と喋っている途中でシーンがガラッと変わり、次には船に乗っているシーンが映るww もうここで声を上げて笑ってしまいましたね。 山崎監督の作品でここまで笑うとは、これも予想がつきませんでした。 本当に計算式が合ってるのか、確かめてみた結果… さて、ここで本題。 菅田よ、適当に数式書いてるんじゃないだろうなぁ?と。 だから私、手計算で確かめようとしました。 そもそも、今回の数式は鉄筋の総量と人件費との関係から導き出したもの。 しかもグラフの形状は、正規分布のような形をしている。 だから、こんな簡単な式なわけがない。 絶対に下記のような式になるはずだと思ってたんです。 ちなみに、「exp... 」とは経験値ではなく、自然定数eの.... 乗という意味です。 実は私、劇中にメモを取っていて、数式を写そうとしたんですよねw でも、全部書くことができず断念。。 よくよく考えたら、予告に数式があったというねw C 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 この予告映像を何度もなんども一時停止して、数式をデジタル化しました。 式の全容がこちらです。 菅田将暉くんの「測らないと気が済まない」ってセリフよろしく、私も「確かめないと気が済まない」ってなったわけです。 つまり、鉄筋の総量xを掛けてあげれば、 見積総額にするためには、鉄筋の総量xをかけてあげれば良い。 以上の計算を、実際にExcelに計算式を代入して、計算してみましたよ。 エクセルに入れてみて、単位が10万円なので、、、最後に10倍してと、、 ・・・ ・・・ 合ってた!!!!! 予告編の数式から入力した式で計算したら、、 合ってた!!!!! この数式は、間違ってなかった!!! ということはですよ? 菅田くん、数式を全部間違いなく書けているってことですよ!? ・・・ おい、菅田よ!!!!! 凄すぎるぞ!!!!! でも、ちょっとは休め!! 菅田くんの記憶力も素晴らしいんですけど、この数式を見事に調整した数学監修のチームも本当に素晴らしくて。 だってこの数式をみてくださいよ!? 定数項を除いて、 x-1344 がすべての項で使われてるんですよ!? おいおいおいおい!!! こんな奇跡ってあるかよ!?!?! 一体どうやって計算したんだよ!? これ、簡単な式になってるけども、実は緻密に修正して修正して、綺麗な式に直したんでしょうねぇ、、 正直、これを見ても凄さがわかる人は少ないのに。 本当に、素晴らしい式でした。 君も天才数学者になれる!? 見積もり金額計算シミュレーション! 菅田将暉くんの「測らずにはいられない!」精神が私にも移りまして、、 「俺も計算してみてぇ!」って気持ちがガッツリ入ってきちゃったんですよ。 欲を言えば、 「俺も早く計算してぇ!」って思っちゃったんですよ。 ということで、戦艦の見積を自動計算するツールを作成しました!!! 是非ともみなさん、下記のフォームに「数字のみ」を入力し、「測る」ボタンを押してください。 そうすれば、自動で計算してくれるはずです。 間違っても皆さん、数字以外は入力しないでくださいね? こんな顔してます。 普通の人とは「違った映画の見方」をすることで、「ここだけの」映画批評を記事にしています。 どんな映画にも必ず良い点はあり、積極的にフィーチャします。 それが正しい「映画の見方」だと思うからです。 ・記事タイトルに自分の着眼点を書いています。 ・映画の分析のために、独自に画像を作成しています。 ここが他の映画評論サイトとは違うポイントです。 出典さえ明記してくれれば転載OKです。 com アットを に変えてください.

次の