金沢 お茶漬け。 【狂気】世界一ヤバイお茶漬け屋さんに行ってきた! ヤバイけど激ウマ!@石川県金沢市「志な野」(2019年8月収録)【ヤッホー】【野島慎一郎】

金沢で飲んだら「ヤッホー茶漬け」で〆ご飯!22時半から営業のお茶漬屋

金沢 お茶漬け

大阪・千日前通に店を構えたのが平成2年。 その後も地元のお客様に御贔屓にしていただきながら成長して参りました。 そんな大阪の夢鉄砲が、北陸に初上陸! うまいふぐとうまい酒。 そして、心安らぐサービスをご用意して皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 ぷりぷりのふぐを網で焼く。 シオ味、にんにく味、タレ味… 今まで食べたことのない食感が楽しめます。 夢鉄砲の焼ふぐの味を求め、遠方から足を運んで下さる お客さまもいる当店大人気メニューです。 生け簀より水揚げされたばかりの新鮮なふぐ。 食通をもうならせる自慢のポン酢でお召し上がり下さい。 当店オリジナルの下味をつけ、身はホロッと柔らかく、外はカリッと揚げてあります。 唐揚なのにあっさり食べられますが、充分な満足感です。 ボリューム満点のぷりぷりのふぐ上身をあっさりとしたおろしポン酢であえた逸品です。 シャキシャキの白菜に包んでご賞味ください。 一度味わったらやみつきになります。 お肌の潤いを保つコラーゲンがたっぷり。 白菜に包んでどうぞ。 こだわりの日本酒、 生ビール、ワイン、そして焼酎と地酒。 当店が自信を持ってふぐと合うお酒をご用意しております。 是非、ふぐと一緒にお楽しみください。 もちろんソフトドリンクもご用意しております。

次の

赤玉一品料理ランキングBEST3|金澤おでん赤玉本店|赤玉株式会社|石川県金沢市片町|居酒屋

金沢 お茶漬け

— 2016 12月 10 4:11午前 PST 居酒屋をはしごする人たち、カラオケに行く人たち、BARに行く人たち、チャンネーにちょっかい出しすぎて出禁になる人たち、この街では皆目的は違えど同じ場所を共有する同士たちといえるのではないかと思う。 それぞれ目的や思惑はさまざまなれど、最後に行くつく場所はほぼ同じだからだ。 そう、 飲んだ後には欠かせない〆をどうするか、これは非常に大きな問題だ。 志な野という店名より、むしろ「ヤッホーのお店」として非常に有名。 このお店ではお店の人はもちろんのこと、お客さんですら「ヤッホー」としか声を発してはいけないという暗黙のルールが存在するのだ。 華やかで賑やかしい表通りとはうってかわり、裏道に入るとほんのりアングラ感が漂ってこれもまたワクワクする。 — 2016 1月 6 5:54午前 PST 夫婦で営まれているこじんまりとしたお店で、カウンターに7人も座ればもう満席になってしまう。 店に入ると、椅子の後ろを通るのもやっとの狭さ。 椅子に座るか座らないかのタイミングでもうお茶漬けの具が出てくるので、モタモタしていると最初のヤッホーすら言わせてもらえない。 志な野は初心者にそう甘くはないのだ。 この店のお茶漬けは一応、のり茶漬550円、梅干茶漬600円、紅葉子茶漬660円、さけ茶漬け660円、志な野茶漬け760円の5種類があるが、何も言わなければ「志な野茶漬」が出て来ることになる。 しかし「ヤッホー」と言ってもちゃんと志な野茶漬けが出て来るあたり、間違うことがなく初心者にもやさしい。 志な野茶漬けとはいわゆる「全部のせ」的なメニューで、いつでもすぐ出せるよう常に数セット準備されている。 この店では志な野茶漬けだけを食べるのもまた暗黙の了解だ。 この後すぐにご飯と出汁が出てくる。 ここで「あれ?ご飯少なくね?」と思ったそこの貴方、志な野は間違ってもそんなあこぎなお店ではない。 志な野のご飯と出汁は、おかわり自由 具は最初の皿だけだが、ご飯と出汁は好きなだけ何杯でも食べられるのである。 急須は超熱いので、やけどに気をつけよう 好きな具を好きなように配置し、自由にいただくのが志な野流。 ご飯がなくなれば茶碗を差し出し「ヤッホー」と言えばご飯をよそってくれる。 シャイな富山人には少々気恥ずかしいが、皆それしか言わないので徐々に気にならなくなってくる。 具の配置やバランスを考えるのがまた楽しい 壁には無名人たちの色紙が並ぶ 出汁がうますぎる 「お茶漬け」だけどお茶ではない。 そして出汁というより、これはもはやお吸い物である。 魚介の上品な香りとうま味がたまらない上に、ご飯が硬めなのでしっかりと歯ごたえも楽しめて具がなくてもおいしい。 てか汁だけ飲んでもうまい。 後から出てきた香の物。 さっぱりとして歯ごたえもよく、このまま食べてよし、お茶漬けで食べても良しの攻守最強の存在だ。 ヤッ! 我々は「ヤッホー」あるいは「ヤホー」と声を発しているのに、店のおばちゃんは 「ヤッ!」としか言わない。 店に入ったと行きも、注文を受けるときも、おかわりを提供するときも 「ヤッ!」のみ。 以前はちゃんと「やっほー!」と言っていたはずなのだが、これはいったいどういうことなのだろうかと普通は疑問に思うことだろう。 うん、ぼくにはわかる。 「ヤッホー」を長年言い続けた結果、 すべてのムダを排し、絶対なる高みへ到達した証ではないかとぼくは考える。 コンパクトに洗練された「ヤッ!」は我々素人がそう易易とマネていい類のものではない。 けっして「面倒だから」という理由でないのは明白だ。 志な野は人気店 志な野は人気店。 次々と客がやってくる。 「4人なんですけど座れますか?」 おばちゃんは2秒、3秒と間を置き、 「待ってもらえれば・・・」と面倒くさそうに答える。 もし初めてでこんな対応をされれば「なんて対応の悪いお店だろう」と不快に思ってしまうかもしれないが、それは誤解だ。 うん、ぼくにはわかる。 「ヤッ!」意外のことばを喋らされることは、お店の人にとって美意識に反することなのだ。 だからといって、ここは「ヤッ!」だけでも伝わらない。 「ヤッ!」だけを言っていたいのに、それ意外のことばを発しなくてはいけない理不尽さや苛立ちがこのような態度に表れるのではないかとぼくは考える。 ちなみに長年通っている連れの証言によると、現在いい感じに隠れキャラ化してるおじちゃんのヤッホーが 「ヤッッッ!!!!」 「ヤッッッ!!!!」 と、まるで悪霊も退散しそうな勢いのヤホー力を発揮していたという。 今回はご尊顔をチラ見するくらいしか出来なくて残念である。 まとめ これらのものは一見素朴であるが、これほど日本人の心に染みわたる食べものはそうそうないと思う。 贅沢なひとときを過ごした気分になること間違いなしだ。 この日は3回ヤッホーしたので計4杯食べた。 「ちょ、食べすぎじゃね?」と思ったそこの貴方、まだまだ甘いよ。 28杯食べた人がいる。 ヤッホーは地球を救う、といいね。 志な野 しなの 住所:石川県金沢市片町1-10-10 電話:076-222-0323 営業時間:22:30~翌2:00 定休日:日曜日・月曜日.

次の

ヤッホー茶漬けを体験せずして金沢の片町の夜はない。

金沢 お茶漬け

この記事の目次• 本当の金沢市民が観光客向けのグルメではなく、本当に金沢市民感覚でグルメだと思う厳選のお店を集めました。 本当に間違いのないお店だけを集めてあります。 鉄板のお店ばかりです。 先にお断りを。 完全に独断と偏見でご紹介。 でも厳選!もちろん金沢では高級なお店もあります。 高級店は知っているけど高すぎていけないなどというのも市民感覚としてあったりします。 観光に来たのだから是非とも行ってみて欲しい!とも思います。 ちなみに予算はお酒込みで5000円まで 一部高い店あり という庶民感覚で採点しています。 何度も申し上げておりますが、 広告費やワイロは一切お店から頂いておりません!! まじステマではないのです!そして客が増えて地元民がいけなくて困っています!自分の首すらしめているのです。。 それではご紹介いたします。 いつ行っても失敗したことはありませんし、ちょうどいい価格です。 まず、お刺身の盛り合わせである「おけ」を頼みましょう。 「小おけ」「中おけ」など人数に合わせて注文しましょう。 本店と焼き魚いたる、香林坊いたるの3店舗です。 観光で行くなら本店以外行くのは邪道です。 しかしながら本店は混みすぎて入れない。。 予約しても入れない時は冗談抜きでイライラします。 そんな時は空いているであろう時間帯を狙って飛び込みで足を運びます。 待てば入れるのですが感覚値として17:30、19:30、21:00とお店の回転するようなタイミングを狙っていくようにしています。 ただ、私自身いたるが有名になってこれ以上お客様を増やしたくない。 店が更に混んで私が行けなくなります。 それは困るというわけで。 本マガジンでもガッツリ紹介しました! 池田町バルバール 3000円〜 和食ではないイタリアンで金沢を楽しみたいときはここかな。 何を食べても美味しいのですが生ハムめっちゃ美味しいです。 ビール飲んでもよし、ソーセージ食べてもよし、ピザ食べてもよし。 失敗したことがありません。 今もやってるかな?能登日本海倶楽部直送生ビールはフルーティーで美味しい。 ほんとに多くの金沢市民のはここを知ってます。 飲んだあとのしめのお茶漬けを食べに行く店です。 なぜこの店が名店か。 答えは簡単です。 真顔で「やっほ」しか言わないという変なお店なのです。 やっほ茶漬けのご飯のおかわりは自由ですが、お茶漬けの具は一度しか出てきませんのでご注意を。 ごはんお代わりの場合は大きな声で「やっほ」と言うだけ。 マニアックなことを言うとやっほ!ではなく「やほー!!」です。 昔はおやっさんが元気がないお客に対して「やほー!」と本気声で叫んでました。 ほんとに変わってる 大好きの意。 ご主人の体調?だいじょうぶかな?とか心配になったこともありましたが、今は元気に営業しています 2014年5月現在。 営業は22時くらいからです。 昼、夕方に行ってもやってませんのでご注意を。 とと桜 4000円〜 いたる本店は混んでいる。 和食が食べたい。 どうしよう。 そういう時はだいたいこの とと桜 と次に紹介するシンセンへ行くと良いかもしれません。 とと桜はいたるには劣りますが金沢の一般的な和食を味わえます。 お刺身などもしっかりと食べさせてくれます。 寿司 Dining SHINSEn シンセン 6000円〜 いたる本店が混んでいる時に私は来ます。 高級なイメージがあってちょっと入店に戸惑いますが、そこまで高くないので安心です。 旬のお魚をしっかりと食べることができます。 志村けんが金沢へ公演に来た時はこのお店へ来るという話を耳にしました。 といっても美味しいかどうかはあなたの判断で。 金沢グルメ 金沢駅周辺 とっくりや 3000円〜 金沢駅から歩いて15分位かかりますが、こんな素晴らしいお魚が食べられる店があるなら15分なんて大した距離ではありません。 駅前東横インから5分程度の距離です。 何がすごいか。 刺し身の盛り合わせです。 山盛りの刺し身をジェンガのように掘って掘ってお刺身を食べます。 初めて行った時には度肝を抜かれました。 刺盛りだけで何もかもが幸せでいっぱいになります。 早めにお店へ行っても結構混んでいることがあるので予約して行くのもいいかもしれません。 金沢市民の多くが何故か知っていて驚きます。 結構マイナーな場所にあるのにね。 本マガジンでは別途特集記事を組んでいます。 白山茶屋 3000円〜 金沢駅から地下をくぐり抜けて雨にも濡れずこの白山茶山で行くことが出来ます。 何故かこのお店、とにかく混んでいて入れません。 その理由は簡単。 何を食べても美味しいのです。 おでん、おさしみ、にくじゃが、牛すじ。 333 ささみ 3000円〜 未だかつてこんなに美味しい鳥があっただろうか。。 奇跡のような焼き加減で出てくる鳥料理の数々。 いつ行っても満席の人気店になってしまいました。 何度行ってもこの鶏ももとささみは美味しすぎてこれだけでもう十分になるくらいです。 毎日食べられます。 結構まじで。 金沢グルメ 武蔵が辻周辺 近江町 おうみちょう 市場は観光客がとにかくたくさん集まる場所です。 でも、なかなか金沢市民は観光地という認識もあってあまり足を運ぶことはない気がします。 友人にお魚買っていこう。 なんかそういう場合に足を運んだりはします。 その、近江町市場の中にある食堂、近江町食堂は数ある近江町市場内の飲食店の中で一番近江町らしい感じでリーズナブルで金沢らしく食事ができる唯一の場所ではないかと思っています。 観光客向けというよりも雰囲気が地元向け。 定食も充実してます。 昼ランチに夕食に。 豪華な海鮮丼もたくさんありますが、観光客向けではないグルメはこちらで。 バンビ 3000円〜 近江町市場の市姫神社口ちかくにあるカフェ&ダイニングバーのバンビ。 近江町の魚だらけの市場周辺で和食以外を食べたい。 そういう場合にすごくいいお店です。 お値段にしても雰囲気にしてもとてもいい場所です。 ランチも11:30〜15:00までやっているので近江町市場辺りでランチをという場合は是非とも利用してみてはいかがでしょうか。 おしゃれなお店から高級そうなお店も多々。 個人的には入りにくい! ちょう吉は観光地ひがしやまにあるすごく入りやすい焼き鳥のお店です。 焼き鳥のお店だけど普通にご飯とお味噌汁が美味しい。 おでんも美味しいのです。 灯篭流しの時などはとても混んでいるのですが、普通に観光に行った際など一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 ロベール・デュマ 10,000円〜 ひがし茶屋の一本裏通りに入ったところにあるひっそりと佇むフレンチのお店。 教えたくないという人もいるのかもしれませんが、まぁ仕方あるまい。 お昼のランチは結構お得に食べられます。 ディナーはもう最高すぎて言葉がありません。 本マガジン的にも教えたくないお店の一つ。 混むので行かないでください。 ワインと鉄板 金澤東山 かいどう 10,000円〜 こちらも正直教えたくないお店の一つに間違いはないのですが仕方あるまい。 最高のワインと鉄板焼きを味わえる最高のお店。 東山のメイン通りの一本裏手にあります。 マスターの雰囲気から出てくるコース料理まで何もかもが最高です。 まじで教えたくないので行かないでください。 地元人がいけなくなるとまじ困るんです。 なべ太郎 5000円〜 金沢の茶屋街といわれる19世紀に整備された歓楽街が3つ残っている。 ひがし、にし、かずえ 主計。 その歴史情緒あふれるところにあるのがこの鍋太郎。 一見さんお断りだろうなぁという雰囲気のお店です。 意外とというかなんというか、予約していけば普通に入れます。 お値段も5000円程度の鍋太郎。 夏の間は鍋ではなく会席料理が出てきます。 金沢郊外 三四味屋 3000円〜 三四味屋 さしみや 金沢市内からバスで、タクシーを使わないと行けない場所にあります。 金沢中央卸売市場の入口近くにあります。 三四味屋のお刺身の量は半端無く多く、一人前で三人前くらい出てきます。 荒々しい感じのお刺身、漁師!ッて感じのお刺身です。 質より量!お刺身をたくさん食べたい人のための鉄板のお店です。 意外と地元人も知らないことが多いのではないかと思います。 玉響 5000円〜 ハイカラな金沢をテーマにした犀川沿いのお店です。 若いスタッフがすべてを仕切っていて次世代の金沢を担う新しい金沢の料亭の形を味わうには最高のお店かと思います。 7000円のコースもあります。 金沢の繁華街片町から歩くにはちょっと遠いのですが、バス、タクシーで行くのも良いかと思います。 いつもと違うお店へという場合は是非こちらへ。 たまゆらの夏さんは「帆夏」としてこちらで営業中。 金沢グルメ 高級グルメ・金沢市民は知っていて高くていけない 小松弥助 10000円〜 森田さんという生き字引のようなとんでもないすし職人がお寿司を握ってくれます。 ことしで84歳だったと思います。 彼の人生と寿司との縁の深さに驚かされ、その周りの人々の優しさにも感動したりします。 イチローなどの有名人も訪れているみたいです。 東京で数寄屋橋へ行くのなら、金沢では間違いなく小松弥助だと言えるのではないでしょうか。 高すぎて一般市民はなかなか行けませんが。 2万円握りしめて!金沢のグルメを是非満喫してください。 高いー! 金沢グルメ 最後に 金沢には多くのお店があります。 もちろん、その人の好みなどによってお店の好き好きが分かれるので一概には言えません。 ただ、一度行って二度はない。 私の感性ですが、そういうお店はここでピックアップはしていません。 味はもちろん、お店の雰囲気、そして何より価格も味のうちです。 高級店を除き、価格帯は5000円 お酒込み までという感覚でお店を選んでいます。 また、金沢で最も美味しい時期というのは蟹解禁の11月からと言われています。 ブリも11月くらいから取れるようになり、冬牡蠣も登場します。 夏はお祭り。 カレーを始めとして金沢には面白いB級グルメも多々あります。 今度はB級グルメを厳選してご紹介いたします。 是非時期を狙って金沢のグルメを楽しみに来てください。 あわせて読みたい•

次の