劇場 版 おっさん ず ラブ love or dead。 『劇場版おっさんずラブ』、完全ノーカットで地上波初放送 連ドラ再放送も決定(クランクイン!)

劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD 感想まとめ【概要】|あんにん|note

劇場 版 おっさん ず ラブ love or dead

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のDVD、ブルーレイが間もなく発売になる。 昨年の夏、私はこの作品を観るために、連日のように映画館へと足を運んだ。 その結果、鑑賞回数は約40回となった。 2018年に深夜ドラマとして放送され、その年の流行語にまで選ばれた「おっさんずラブ」の、ファン待望の続編、そして映画化。 この映画について、例えば2018年のドラマが数々の賞を受賞したように、映画として何か賞を取るような作品かと聞かれれば即座に「NO」と答えるし、万人にオススメできるかと言われるとそれも少し悩んでしまう。 それでも、私はこの作品における俳優陣のリアルな感情の動きに心を動かされ、言葉にはならない感情を揺れを少しでも理解したくて、何回も何回も同じ映画を見続けたのだ。 そこから感じたことや考察したことを残しておきたいと、鑑賞後にはツイッターに、140字に収まらない時にはふせったーへと息をするように投稿を続けた。 その感想は映画のあらゆるシーンに及んだ。 せっかくならば、それらをシーンの順に並び替えて整理しておきたい。 今後、DVDやブルーレイを見返したときに、映画館では自分が何を感じていたのかを振り返るようにしたい。 そうした思いに駆られたことから、本noteを作成することにした。 これ以降の記事は、主に劇場版おっさんずラブの感想を、シーンごとに、冒頭から順番に振り返っていくものである。 各記事の冒頭にある「S1」などの記載は、本作品のシナリオのシーン番号を表すものとなっている。 基本的には頭から順番に振り返っていくことを予定しているが、まれに前後する可能性があることはあらかじめ断っておきたい。 昨年夏に、一人の熱狂的なファン(オタク)がとある映画から感じたことが、誰かの何かお役に立てれば、これほど嬉しいことは無い。

次の

こんなラベルを作ってみました♪劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD

劇場 版 おっさん ず ラブ love or dead

あー、映画だから盛ったんだろうなー。 ドラマを観ていない人にはおもしろかったんだろうな。 爆発とか、誘拐とか、いらなかったかなー。 どこかに、ドラマの『ラブ』の続きの人間模様、絡みが出てくるんだよね?と、期待したが、 なんだか、男同士の友情というか、そんな感じになっていたような気が、、、。 花火大会の、別れのシーンとか、 春田の『俺と仕事とどっちが大事なの?』的なちっちゃい焼きもちも、いらなかったかなー。 無理矢理別れのシーン作ったという感が否めなかった。 他の派手なシーンに時間を割くぐらいなら、もっと、牧と春田の心のやり取りとか、絡みとか、増やしてもよかったかな。 なんて、まどろっこしい表現をまとめると、 映画だから盛らなきゃ!の、盛る部分は、 派手な演出や場面設定ではなく、 ドラマの『その後感』だったかな。。。 ネタバレ! クリックして本文を読む やっと観ました。 劇場版『おっさんずラブ』。 ドラマはすべて観ました。 映画だけでも、ストーリーはわかりますが、ドラマを見ていた方が、登場人物のつながりなどがよくわかると思います。 「あ、そうか、大塚寧々は部長の元奥さんだったんだ」とか、「あれ? 春たんて、部長と挙式を上げたのでは?いやいや、途中で抜け出して、牧のもとへ走って行ったんだ」などと思い出しました。 (ドラマを見ていない人は・・・「2分でわかる〜おっさんずラブ」がyoutubeに上がってます。 (特にジャスティスこと志尊淳) TVドラマは何話もあるので、ドラマを何本も見るんだったら、映画を優先したい!と思う自分なのですが(ドラマといえども、ながら見はせずに隅から隅までみたい方なので)、「おっさんずラブ」は、流行っているので「どんなんかなー」と思って1話だけと思って、見てみたら、結構、ハマってしまいました。 男同士の恋愛とか、あまり違和感なく、普通に入っていけるところがいいのかなという感じです。 どことなく頼りなくて、すごく優柔不断な、はるたん、母性本能をくすぐる、放っておけない感じ。 はるたんに心を持っていかれた女子も多いのでは・・・? <備忘録> 年の瀬 恋愛ドラマ「第3夜 おっさんずラブ」(単発ドラマ) 2016年12月放映 「おっさんずラブ」(シーズン1・ドラマ) 2018年4月〜放映 「おっさんずラブ in the sky」(シーズン2・ドラマ) 2019年11月〜放映 ジャスティス(志尊淳)があの人と結ばれるとは。 笑 ドラマをようやく観た後感想眺めてたら、劇場版の感想が両極端で、いいのか悪いのか分からず気になって仕方がなかった。 満を持して鑑賞。 やったー 笑ったし楽しめたけど、脚本と監督のドラマではいいスパイスになってた、やりたいことが多すぎて整理出来てない感プラス、お約束ネタを使うことで具体性を投げっぱなしにする所が、映画としてワンパッケージで出されたことで悪目立ちしちゃったのかな、という印象。 映画のパロディとか沢山散りばめられてたけど、果たして必要かなぁ?とか、どうせ色々盛り込むなら「そういうことじゃねえぞ」と、捻じ伏せるくらいのもっと計算されたバカさが欲しかったかも。 このシリーズの肝は、役者さんたちの掛け合いの妙にあるんではないかな、と改めて思いました。 ドラマ鑑賞時には田中さんの人気の理由が分かったし、林さんの演技の繊細さに気づかせてくれたし、今回も、志尊さんの声がよく通る感じとか、ゆいピーの悪人づらは非常に画面映えするなあとか、金子さん演技に奥行きでてきたなーとか、大塚寧々さんはやっぱり美人だ!とか、演じる方たちの色んないい発見をくれるきがします。 現場の温かい雰囲気が伝わるし、なによりその温かい雰囲気を作り出しているのは、田中さん演じる春田というキャラクターなのかな、とも。 吉田さんのキャラが流石にセクハラパワハラなのでは?という疑問は根底にあり続けるものの、次回シリーズがあるなら、気になる役者さんがでてたら見てみたいな、と思います。 最初に ほんとにすみません。 見てもないのに感想とか。 テレビでドラマ版を録画していた。 最後までHDDに入ってたけど 最後までは見なかった。 全然 私の興味とは違ってた。 吉田鋼太郎と田中圭のラブラブとか 全然 見たくないし興味なかったし 胸キュン? 無理。 なぜ レビュー書こうと思ったかと言うと 「おっさんずラブ」と 「きのう何食べた」の比較がネット上に上がっていたから。 男同士のラブもの って事で 比較対照されたんだと思うが 全然 テイスト 違いますよ。 きのう何食べた の方は 偶然 前のドラマ予約 フルーツ宅配便かな の続きで入ってたから つい見たらもう劇ハマりした。 面白いか面白くないか その評価の分かれ目は 個人によるもの。 誰も批判する対象ではない。 ついでに言うと 「あなたの番です」 も駄目だった。 全然 面白くなかった。 録画されてたけど 途中でやめた。 もちろん第2シーズンは見てない。 田中圭は昨年ノリに乗ってたが 好きだったのは 「恋はヘタでも生きてます」 あれでブレイクを掴んだんじゃないかと 私は勝手に思ってるが それ以降は私的には低評価。 世間とズレる。 ズレると言えば 世間的大人気で 私が駄目だったのが 「家政婦のミタ」 あれもダメだったなあ。 見たっちゃ見たけど 面白かったとは思わなかった。 大仰すぎだった。 というドラマの感想を書きたかっただけである。 ネタバレ! クリックして本文を読む ドラマ版を観ていて映画になると知って楽しみにしていた作品。 映画の感想としては、とりあえずツッコミどころが多い。 え、なんでそうなった?!とか、シーンとシーンが繋がってないな??とか、映像や脚本の荒さが気になる場面も多かった。 それでも最後は良かった〜!!と思えたのは田中圭さんと林遣都さんの演技があったから。 特に春田と牧の不安や不満がぶつかり合う夏祭りのシーン。 ここの二人の演技は本当にすばらしかった。 屋台での幸せそうな二人からの落差が大きくて、より一層際立ってた。 ファンの中でも賛否両論あるようだけど、ドラマ版の二人を見てきて、この二人にENDがついたことは単純に良かったと感じたし、お幸せに!フォーエバーラブ!と思えました。

次の

おっさんたちの五角関係♥「好きだ」と叫んで何が悪い! 泣けて笑える『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

劇場 版 おっさん ず ラブ love or dead

関連ニュース 2020年7月22日 07:00 芥川賞作家の綿矢りさによる小説「私をくいとめて」の実写映画化が決定。 今冬公開の本作で、『星屑の町』 20 ののんと「おっさんずラブ」の林遣都が初共演することがわ… 2020年1月13日 07:00 ヤマシタトモコのミステリーホラーコミック「さんかく窓の外側は夜」が、岡田将生と志尊淳のW主演で実写映画化されることが決定、今年2020年に公開される。 ワタナ… 2019年9月7日 22:10 社会現象を巻き起こした人気テレビドラマの劇場版『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の応援上映会「サタデーナイト『劇場版おっさんずラブ』応援 …• 2019年9月4日 20:20• 2019年8月29日 17:30• 2019年8月27日 13:30• 2019年8月24日 15:00• 2019年8月23日 19:39• 2019年8月22日 21:00• 2019年8月22日 17:30• 2019年8月13日 21:36• 2019年8月13日 19:03• 2019年7月19日 16:00• 2019年7月9日 22:06• 2019年5月27日 05:00• 2019年4月22日 05:00.

次の