艦これ 護衛空母。 瑞鳳改二乙

護衛艦「いずも」の“空母化”?改修とF

艦これ 護衛空母

こんばんは、真太郎です。 会からの代わりに国から原稿料が入ったのでこの金でネジを買ってこようと思います。 今回は軽空母の簡単な評価をしていこうと思います。 当然ですが僕の偏見が混じりますのでその点だけ注意してください。 偏見とはいえ、一応普段からイベントを限界まで軽空母を編成して攻略したりはしていますので、普通の人よりは軽空母に対する理解は深いと思います。 また キャラとしての評価を一切排した性能のみの評価です。 かなり厳しいことを書いていきますので、あらかじめご了承ください。 評価基準について 評価基準については、 ・低速艦はそれだけで大幅低評価 ・搭載数は大きいほど、またバランスがいいほど高評価 ・3スロ軽空母はそれだけで低評価 ・燃費は基本的に考慮しない 評価点は僕の感覚です 注意事項 ・一部近代化改修が終わっていない艦娘が登場するが、基本的に対空以外はMAX状態、MAXでない艦はステータス併記 ・可能な限り非ケッコン艦のスクショを使用するが、ケッコン艦しか持っていない艦の場合は非ケッコン耐久を併記 1. よっぽどの特効倍率が出ない限りイベントでは使わない。 火力が低く、スロットが少なく、回避も低いためこの艦が最適解となることはほぼない。 長所:高速、2スロ目が軽空母中最大 短所:3,4スロ目が貧弱 主な使い方:連合旗艦 総評:3. ただし下のスロットが非常に小さく、を積めないのが足を引っ張る。 に2スロットしか割けないため熟練クリティカルが弱くなり、また制空値も低くなる 3. 搭載数9は開幕火力こそないものの、ツ級さえいなければ全滅することはあまりない。 鳳翔に対する優位点は4スロなこと、火力がほんの少し高いこと。 祥鳳 未婚耐久:45 長所:高速 短所:それ以外 主な使い方:高速軽空母が必要なイベント序盤海域で札対策のための起用 総評:2. 使い方もとあまり変わらないが、こちらには高速のアドバンテージがある。 だいたいになる。 改二乙と比較するとまるい性能。 夜戦はこちらが有利。 こちらもたいていになる。 こちらの方が尖った性能をしているので、改二よりもハマるケースは多い。 ただし対潜火力はあまり高くない。 ただし大きいと言っても所詮18。 隼鷹 max対空:74 長所:ほぼ全て 短所:低速 最適解となる海域:低速可で軽空母が使える海域 総評: 4. 夜戦は軽空母最強。 飛鷹よりも更に上三スロットが大きいため熟練クリティカルも狙いやすい。 ただし低速のため、 始めたばかりでどの軽空母から育てるか考えている段階なら隼鷹に育成リソースを割くべきではない。 瑞鳳複数編成ができないため数合わせとして使いがち。 勿論数合わせにしては普通に強い。 スロットが小さすぎるためそこが懸念点。 第一スロットも小さいので熟練度がはがされやすい。 一応スロットの小ささと燃費の良さを生かして熟練度つけをさせることはできる。 また、改時点で改二にできることのほとんどが可能なため 正直カタパルトの価値はない。 神鷹 特徴:大鷹と同じ 長所:大鷹と同じ 短所:大鷹と同じ、大鷹よりも更に1スロ熟練クリティカルの恩恵を受けづらい 最適解となる海域:軽空母が編成できる対潜海域 総評:2. やはりカタパルトの価値はない。 なお大鷹と異なり最大搭載数が18のため、熟練度つけには向いていない。 鈴谷・熊野航改二 鈴谷未婚耐久:61 熊野未婚耐久:62 特徴:攻撃型軽空母 長所:ステータスが非常に高い 短所:スロット数が小さい 最適解となる海域:搭載数12が枯らされない海域 総評:3. 敵の撃墜が少ない海域では無双するが、対空の強い敵にはなすすべがない。 弱い者いじめ。 弱くはないのだが、イベントで使う機会はあまりないので図を使うのは後回しでいい。 Gambier Bay 特徴: 長所:一応 短所:それ以外 主な使い道:1-1での艦載機熟練度つけ要員 総評:1. 軽空母の育成手段については別の記事を書くつもりです。 終わりに ここまでお読みいただきありがとうございました。 ここはこうだろう、という点などありましたらコメント、もしくはまでお願いします。 それでは。 一応副砲を2本以上積むと連撃可能 : 瑞鳳でも同じことはできるが、他にも仕事があるため札対策で温存したい瑞鳳に比べ、基本的に大鷹型はこういう海域に特化しているので使いやすい : 尤も軽空母でやる必要はない : 詳しい説明は省くが、第一スロットは熟練度クリティカルシステムに他のスロットより強い影響を持つ : 詳しい説明は省くが、17機以下のスロットは制空権確保の際制空争いで撃墜されることがない。 ただし対空砲火を受けて落ちることはあるが、1-1の敵は対空砲火の撃墜数が0である : 水上潜水混在編成の時、 水上艦を優先して攻撃する。

次の

護衛艦「いずも」の“空母化”?改修とF

艦これ 護衛空母

元々は高速給油艦として計画され、次に潜水母艦、最終的に軽空母として完成しました。 最大値はLv99の時の最大値を指します。 彗星は彗星で悪くないんだけれど、整備大変なのよー、整備が。 天山はー…って、あれ?んっ。 提督?格納庫まさぐるの止めてくれない?んぅっ。 一応豆は炒っておきました。 やっぱり春はウキウキしちゃいます。 梅雨の季節ですね。 …雨の鎮守府も、静かでいいですね。 私も、クリスマスっぽい玉子焼き、焼いてみたの。 瑞鳳も、行ってきます。 瑞鳳も……帰ります。 ……ありがとう。 ケッコン後母港 反転 提督? あの…私、卵焼きいっぱい焼いたんだけど…食べりゅ? わっ、ほんと? えへへ…よかった。 編成 はい、瑞鳳もご一緒します。 勿論! 編成(決戦) 機動部隊本隊所属、瑞鳳、参ります! 出撃 三航戦旗艦瑞鳳!抜錨しちゃいます! はい、瑞鳳もご一緒します。 少し長湯してもいいかなぁ?…ねぇ? 建造完了 新しい艦娘が来たみたい。 正規空母かな? 戦績表示 戦績とかいつ見るの? 今でっ……いや、別に、いつでも、いいけど。 轟沈 反転 総員…退艦…また…沈むのね… …祥鳳?また…会えるかな… 時報 日付が変わったよ、提督。 現在時刻、マルヒトマルマル 時刻はマルフタマルマル。 眠くない? 提督、マルサンマルマルになりました 時刻は…マルヨンマルマルよ。 朝じゃないのぉ 現在時刻…マルゴーマルマル…。 とうとう朝になっちゃった マルロクマルマル。 おもいっきり朝よ? マルナナマルマルです。 提督、朝ご飯作って? 時刻は、マルハチマルマルです。 現在時刻、マルキューマルマルよ。 一応直掩機飛ばしとく? ヒトマルマルマルです。 さあ、お仕事お仕事 ヒトヒトマルマル。 午後の部です!ヒトサンマルマルよ 時刻は、ヒトヨンマルマルになりました ヒトゴーマルマルよ。 ヒトハチマルマルよ ヒトマルマ・・・あー、つまり、7時よ。 日が暮れたわね フタマルマルマル。 お腹空かない? 現在時刻、フタヒトマルマルよ。 半舷上陸で呑みに行っちゃう? 提督、フタフタマルマルです。 今日も疲れたねぇ。 え?疲れてないのぉ? 現在時刻、フタサンマルマル。 ふぁぁぁ…早く寝て、早く起きようよ… 放置時 近海の索敵や、輸送船団の護衛も、大事よねぇ……って、提督ぅ、仕事、しようよぉ ゲームにおいて• 同イベント開始から数時間後、新たな改二実装があった。 その改二が瑞鳳であること、コンバートであること、およびその名前が瑞鳳改二乙であることは実装直前にされた。 改二からのコンバートに必要なものは弾薬180、鋼材80、高速建造材20、開発資材5。 改二乙から改二への逆コンバートにも同量の資材が必要な代わりに、バーナーや開発資材が潤沢なら、気軽に再コンバートも可能。 設計図やカタパルトも不要で5-4でよくドロップし、育成も同様なので、近代化改修の素材を加味して判断されたし。 両方持つという選択肢も十分ある。 火力・装甲・対空・対潜は改二乙の方が上だが、搭載数や回避は大きく下がっている。 改二乙は素で 射程長である初の航空母艦。 駆逐や巡洋艦と比較すると高い攻撃力を持たせやすいため、連合艦隊・第2艦隊への編成や何かしらの任務で編成に制限のある場合などで、 以下の例のように軽空母を真っ先に行動させたい場合に等を使用せずにスロット4つを自由に構成できる点が強みと言える。 先制して高いダメージを出して敵水上艦を叩き、敵の攻撃機会削減を狙う。 潜水艦が1隻混ざるような敵編成で他の駆逐軽巡あるいは水上爆撃機を搭載した航空巡洋艦等に砲撃を行わせるため、対潜に特化させて早めの潜水艦撃破を狙う。 逆に射程を下げる方法はないため、軽空母の射程を延長した場合に起こる以下の問題がついて回る。 行動順が最下位でないため砲撃戦開始前に中大破した場合に相手が先に行動する恐れが高まる。 瑞鳳改二乙に優先して攻撃させたいわけではない場合、正規・装甲空母や射程長の戦艦と編成すると攻撃順に割り込まれる。 (や等である程度改善が行えるがこういった装備をすること自体が本末転倒であることも)• 上記の潜水艦が1隻混ざるような敵編成で対潜装備をしていない場合や単縦陣を選択している場合等、潜水艦を倒せる見込みがない攻撃で早い攻撃機会を消費してしまう。 さらに 護衛空母となり、輸送連合第一艦隊に編入できるほか、 を行えるようになった 連合艦隊時には第2艦隊の場合に限る。 また現状唯一の 高速護衛空母である。 発動条件には3種類ある。 詳しくはを参照。 また、対潜先制を運用できるやのページも参考になるだろう。 何方か整理して下さい・・・• 艦攻に3スロット割けば複縦陣でカ級elite、単横陣でカ級flagship潜水艦の先制のみでの撃沈が見込め、砲撃戦で同じ敵を狙えば単横陣でソ級flagshipの撃沈も可能。 複縦陣で水上艦に混ざった潜水艦を攻撃する場合、砲撃戦フェイズまで込みでの撃沈を考えるのは上記の通りデメリットもある為注意。 必要対潜値 必須装備 備考 50 ・ソナー かつ ・対潜値 7以上の 艦攻 ・ ・ のいずれか 対潜値7以上の艦攻はを参照 のみ装備可 中大破または艦載機全滅であっても発動する?(要検証) 65 ・対潜値 7以上の 艦攻 ・ ・ のいずれか 中大破または艦載機全滅であっても発動する 100 ・ソナー かつ ・対潜値 1以上の 艦攻 ・ 艦爆 のいずれか 細部は要検証• 以上の特徴を併せ持つため、実際の運用においては、、、(または)のフルセットを最も活かすことが出来る軽空母となっている。 Lv99でちょうど合計対潜値が65に達するため、 先制対潜と強力な を両立できるのが唯一無二の強み。 特に連合艦隊水上部隊の第二艦隊に配置することで、道中で先制対潜をこなしつつ、対連合艦隊では不足しがちな制空値を補い、とどめに夜戦で強烈なダメージを叩き出すといった運用が可能。 敵の連合艦隊がボスマスのみの場合道中で艦載機が減らないのもうれしい。 夜間作戦航空要員+熟練甲板員を装備させても射程は変わらないが、逆に言えばデメリットを気にせず搭載できるということでもある。 当然ながらそこまでに至るまでのレベリング並びに装備をそろえる過程には多大な労力がかかる。 上級提督のみに許された運用だが、見事全ての準備を完了した者に対してには、まさしく器用万能な働きをしてくれるだろう。 同じく護衛空母の大鷹改二と比較すると、主に速力高速、搭載数で優勢。 ソナーと爆雷は積めず(零式のみ例外)夜戦攻撃不可のデメリットもあるが、対潜実効ダメージ以外ではこちらが大きく上回る。 また、試製甲板カタパルトを五航戦姉妹の改二甲やサラトガ等に温存できるので、十分揃うまでは大鷹改と瑞鳳改二乙での並行運用もなくはない。 この場合、初期状態に近い姿の高速護衛空母運用か、迷彩を纏う精鋭軽空母として使い分けたいかで運用を決めても良いだろう。 及びは、エンガノ岬沖海戦時の迷彩塗装がモチーフとなっていた。 だが、この改二乙では未改造時の紅白の衣装に戻ることとなった。 これに伴い、迷彩のと比べ回避は大きく下がっている。 これは・と同じ。 に続く「改二乙」だが、防空特化という訳では無い。 あちらとは違い単純に「2種類目の改二」の意味だろう と同じニュアンス。 史実の瑞鳳は、マリアナ沖海戦後の1944年7月、横須賀から呉へと回航するのにあわせて、同じく横須賀から小笠原方面へと向かう第3729船団の対潜護衛を行った事がある。 第3729船団はマリアナ諸島陥落後に東京~マリアナ間の中間地点に位置する硫黄島への兵員増強輸送を担った一連の輸送船団のひとつであり、同船団の護衛として、乙直接護衛部隊所属の駆逐艦、らが参加していた。 瑞鳳は護衛の、、、とともに7月29日に横須賀を出撃、輸送船団の後方50海里(約93km)の位置から直掩機を飛ばす形で対潜護衛を行った。 8月1日に輸送船団が父島に到着したのをもって瑞鳳の対潜護衛任務は解かれ、予定通り3日には呉に帰投している。 この時、瑞鳳が用いた航空機は自前の653空所属機ではなく、同任務に併せて受け入れていたであった。 対潜掃討のエキスパートである931空の協力もあってか、往路においては敵潜水艦の発した電波の傍受こそあったものの輸送船団への攻撃は皆無だったという。 同船団(復路は第4804船団と改名)は8月4日の父島出航直後からのアメリカ第58任務部隊のスカベンジャー作戦に伴う大規模空襲および軽巡・駆逐艦混成部隊による追撃によって全輸送船および松を喪失する事となるが、資料によってはこの任務部隊の空襲は瑞鳳をターゲットとしてものだったとされている。 ただし、瑞鳳自身は前述の通りこの時点で既に呉にいたのだが。 最新の15件を表示しています。 ソナーと対潜7の機体で先制できるけど、対潜7の機体は対空砲回避が無い(熟練度上がりにくい流星一航戦以外は雷装も低い)。 その場合は対潜へりつんで村田友永江草の方がイイっぽい -- 2020-01-08 水 15:02:24• 対潜先制爆雷攻撃の条件について、対潜値7以上の艦攻にが入っていないのは恐らく古い記述でメンテナンスする人がいないからだと思うのですが、メンテフリーにするため注釈ではなくへのリンクに変えても良いでしょうか? -- 2020-02-13 木 06:26:11• 反対意見がないため変更しました -- 2020-02-14 金 14:48:32• ぐっじょぶ -- 2020-02-14 金 16:10:47• 開幕火力はスロットの搭載数に依存するから改二乙は改二よりも弱くなるという認識でおk? その代わり長射程と高火力と場面によっては対潜という使い分けという感じ? -- 2020-02-21 金 04:06:56• 開幕に関しては最大威力は弱くなる傾向ですが、3スロ目が15スロと改二よりもやや多いので、上位3スロ全てを艦攻艦爆とする場合は少し安定感があります。 素で長射程な分、彗星江草のような対空回避付きの艦爆をそのまま使えるので便利ですね。 -- 2020-02-21 金 07:23:07• 非常に高性能な艦娘だけど、ときどき大事な局面で足を引っ張ってイラッとさせられる。 まぁ、強すぎるから、裏で何らかのバランス調整がされてるんだろうな。 -- 2020-04-29 水 14:59:49• それでもバランスはとれてないんだよなぁ(改造にカタパルトを要求した軽空母を横に並べながら) -- 2020-04-29 水 15:40:44• バランスとるなら、その二人を強くした方がいいと思うなぁ。 -- 2020-04-29 水 15:48:21• ただの運の偏りでは? -- 2020-04-30 木 00:36:36• あざとい。 だが、それがいい。 -- 2020-05-11 月 09:49:43• 今更ながら7周年台詞聞いて脳が蕩けた -- 2020-05-14 木 12:23:49• ケッコンや海防艦投入で対潜値65を満たせるのなら。 -- 2020-05-24 日 02:44:58• あれ、九六艦攻改って九 七 艦攻改のことか。 ちょっと想像してた構成 九六艦戦改と思った と違った。 TBM-3Dは使うの? -- 2020-05-24 日 02:54:16• 第四スロットには何を載せればいいんだ? 2機ってすぐ全滅じゃん。 いっそ電探でも積むほうがましなのか -- 2020-05-26 火 07:10:46• 電探でもいいし艦偵でもいい。 艦戦載せて制空補助 海域によっては本体 にできる。 哨戒機や回転翼機、零式ソナーとかの対潜装備もある。 夜戦要員載せて夜戦参加してもいい。 選択肢はいっぱいあるよ。 -- 2020-05-26 火 08:02:13• 艦攻艦爆は簡単に全滅するけど、艦戦なら制空喪失しない限り減らんよ。 艦戦は対空砲火受けないから。 何載せたら良いかは1枝の言う通り -- 2020-05-26 火 09:28:50• 基本的に殆どの空母がもつ1桁スロットに艦攻艦爆は載せないのが定石。 それは2機も6機も同じ。 -- 2020-05-26 火 17:39:44• うちは6機もあるならデイリーウィークリーとかでは普通に艦攻艦爆も積むなあ。 通常海域だと基本的にツが居ない場所とか制空が十分確保出来る海域なら6機スロットで全滅する様な事はほぼ無いしうちがデイリーウィークリーでまわる4-2、4-4、3-3、2-1~2-5みたいな場所だと全滅する事は皆無だから瑞鶴でクリティカル補正狙いのジェットx2、村田、江草みたいな積み方も良くやってる ウィークリーだと5-2任務だけ不可能。 攻撃機完全封印して艦戦や彩雲のみ積もうと思うスロット数は自分だと3機スロット以下からかな?6~8機くらいのスロットなら基本は艦戦だけど場所によっては攻撃機使うね。 -- 2020-05-27 水 03:47:16• うちも2-1,2-5,3-3,4-4辺りは6~7機スロに射撃回避系の艦攻艦爆水爆乗せてやってるけど全滅したことない。 瑞鶴にジェットジェット村田江草とかうちの2-5瑞鶴まんまだわw そういう海域の攻爆封印の基準が3機ってのも全くもって同感。 海域の制空値やツの有無にあわせて積み方替えるようになるとやっぱ最終的にその辺がラインになるよね -- 2020-05-28 木 03:00:10• ヴァクセン岩井「うぉぉぉぉぉ!!!! 」 -- 2020-05-26 火 18:52:41• 基本的には緑色の艦載機 艦戦 と黄色の艦載機 艦偵 ならどんなに少ないスロットに積んでもまず全滅する事は無い、と覚えておけばいいよ ただしまず無いと思うが制空権喪失状況を連発すると運が悪いと消し飛ぶ -- 2020-05-27 水 03:51:41• 自分はたまに書き込もうとするとすぐ途中送信しちゃうので、今なんとなくここのコメント欄を見て、上の枝の人たちを変に尊敬してしまった -- 2020-05-31 日 02:04:19• メモ帳とかで書いた文章貼り付けるようにすれば途中送信は回避できるよ。 -- 2020-05-31 日 06:10:26• ほぁーなるほど・・・! あたま良! -- 2020-05-31 日 15:54:00• 1回メモとかに文章起こししておくと投稿前にもう一度じっくり見直して「はたして自分は話の流れ的におかしな事言ってないだろうか?」って確認出来たりするから実は結構便利だったりするよね -- 2020-05-31 日 17:50:01• でも枝付ミスは防げないからそこは注意な。 -- 2020-05-31 日 17:53:32• 編集で消したり直せばいいよ。 上記のをクリックして、上欄の編集をクリック。 そして誤ったコメントを削除or訂正。 この程度の編集は勝手にやっても構わないでしょ。 -- 2020-06-01 月 15:31:18• 削除基準は「自分のコメントの誤字脱字 意味合いが変わらない 程度の編集」だから、自分の書き込みでも無断削除はアウトじゃね。 ツリーミス修正や誤字訂正は間違いなくセーフだけど -- 2020-06-01 月 19:35:24• 誤連投も削除でいいと思うけどなー木が流れないし -- 2020-06-02 火 18:33:28• 誤連投は「意味合いが変わらない」の範疇で問題なしでは? 1つだけの書き込みを誤字とかを理由に削除(無かったことにする)のがNGであって -- 2020-06-02 火 22:17:45• 17時の時報を聞いたら、自分ずほとケッコンしてたのかと錯覚したわ -- 2020-07-02 木 17:01:39• 20梅雨イベE4で更に株を上げるとかマジぱない -- 2020-07-03 金 23:42:46• づほ可愛いよづほ。 もう一々可愛い -- 2020-07-04 土 19:28:30• E-4は先に動いてなんぼなので乙の長はありがたい -- 2020-07-05 日 22:33:51• 今回ほどづほを二隻持ちしていてよかったと思ったことは無い -- 2020-07-15 水 23:08:58.

次の

[艦これ]マンスリー交戦型遠征ミ船団護衛(二号船団)のクリア編成例

艦これ 護衛空母

「いずも」型改修:「自公合意」と「防衛大綱骨子案」「中期防骨子案」 護衛艦「いずも」改修問題について協議した与党・防衛大綱ワーキングチーム 11日 F-35Bステルス戦闘機を離発艦できるようにすると、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」は、「空母」や「攻撃型空母」になるのか。 策定中の「防衛計画の大綱」の焦点のひとつ、海上自衛隊の護衛艦「いずも」の改修問題について、与党の自民、公明両党は、12月11日、ようやく合意した。 具体的な内容は下記の通りだ。 過去、極めて大きな破壊力を有する爆弾を積めるなど、大きな攻撃力を持つ多数の対地攻撃力を主力とし、 2. 援護戦闘機や警戒管制機などを搭載して、これらの全航空機を含めてそれらが全体となって一つのシステムとして機能するような大型の艦艇は、憲法上許されない性能上もっぱら相手国の国土の破滅的破壊のためのみに行われる「攻撃型空母」となりうるとされている。 改修後の「いずも」型護衛艦については、運用可能な航空機などを勘案すれば、到底こうした艦艇には当たらないのは明白であり、現在の国際情勢や科学技術などに鑑みれば、憲法上保有を禁じられるものではない。 ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」 以上の通り、改修後の「いずも」型が、いわゆる「攻撃型空母」にはあたらないという趣旨の覚書を交わした。 そして「平成31年度以降に係る防衛大綱の骨子(案)」には以下の事柄が書き込まれた。 STOVL機を含む戦闘機体系構築等により、太平洋側を始め空の対処能力を強化。 戦闘機の運用の柔軟性の向上のため、必要な場合に現有の艦艇からの、STOVL機の運用を可能とするよう、必要な措置。 さらに、同日まとめられた「中期防衛力整備計画(平成31年度~35年度)骨子(案)」には、「必要な場合にSTOVL機の運用が可能となるよう検討の上、海上自衛隊の多機能のヘリコプター搭載護衛艦(「いずも」型)の改修を実施」と明記された。 F-35Bステルス戦闘機のリフトファン STOVL機とは、短距離離陸/発艦+垂直着陸/着艦が出来る航空機のことである。 F-35Bステルス戦闘機は、機体のほぼまん中にある巨大なリフトファンで、下向きに強い風を送り、さらに、ジェットエンジンの噴射口を下に向けることで、垂直に着陸/着艦、短距離離陸/発艦が出来るSTOVL機の典型だ。 海自「いずも」型と米海軍強襲揚陸艦「WASP」 米海軍の強襲揚陸艦「WASP」 「いずも」は、平らな甲板を持つが、もともと、対潜水艦作戦用のヘリコプターを載せて運用する護衛艦である。 米海兵隊のF-35Bステルス戦闘機を運用している米海軍の強襲揚陸艦「WASP」の飛行甲板の長さは257mで、「いずも」型の平らな飛行甲板の全長248mは、WASPに少し足りない程度。 さらに、飛行甲板の下にある飛行機の格納甲板やエレベーターも、F-35Bの大きさ、重量に基本的に問題のない性能を持っている。 「いずも」型改修のカギは、飛行甲板の耐熱処理 ただ、F-35B戦闘機は着艦の際に、ジェット・エンジンの噴射口が、真下に向くため、熱い排気が甲板に叩きつけられる。 甲板が熱に耐えられる必要があるのだ。 改修の必要があるのは、まずこの点だろう。 次に、F-35Bを着艦させる際の誘導をどうするのか。 発艦する前のF-35Bに、ミサイルや爆弾をどのように搭載するのか。 そして、F-35B戦闘機をどのように発艦させるのか等、課題は山積みとなる。 「WASP」から発艦するF-35B また、今回、F-35Bは「必要な場合に現有の艦艇からのSTOVL機の運用を可能とする」と大綱案に明記されているので、F-35Bの運用は基本、地上の基地からであり、必要な場合にのみ、改修された「いずも」に搭載されることがわかる。 つまり、「いずも」型を改修しても、「空母」ではなく「ヘリコプター搭載護衛艦」であることには変わらない、というのである。 艦載戦闘機の目、早期警戒機 改修した「いずも」に搭載できるF-35B戦闘機の機数は、最大で12機から14機程度とされる。 F-35B戦闘機自体、強力なセンサーの塊とされ、開発時には、その赤外線センサーは、1000km先から発射、飛行するロケットが捕捉できたとされる。 つまり、F-35Bに搭載されたセンサーで、1000km先の弾道ミサイルの追尾が出来る可能性があるのだ。 E-2D早期警戒機 とは言え、「いずも」の場合、戦闘機の空の目となる空飛ぶレーダーサイト=早期警戒機の搭載は、甲板の長さから、現有機のE-2ホークアイでは、ほぼ不可能であるため、「改修された『いずも』型+F-35B戦闘機」の実力は、制限的にしか発揮できないのではないだろうか。 米海兵隊F-35B運用の米海軍艦は、西太平洋では1隻のみ 「WASP」の甲板上:F-35B しかし、「いずも」の改修は、周辺国や同盟国には、注目を集めるだろう。 それは、米海軍が、現在、西太平洋、インド洋で、F-35B戦闘機を運用できる軍艦は、唯1隻、佐世保を母港とする強襲揚陸艦WASPしかないことにある。 F-35Bを搭載したWASPが、作戦行動中に、故障や敵の攻撃等で「航行できない」、「フネが傾く」等の事態になったら、F-35Bは、行き場を失うことになりかねない。 WASPに搭載しているヘリコプターなら、着艦できる同盟国の軍艦であっても、F-35B戦闘機は、着艦の際、高温度の熱を甲板に叩きつけるので、飛行甲板を耐熱処理していなければ、受け入れるのは、極めて困難だろうからだ。 WASPは、2019年中にも次の揚陸艦に交代するとも伝えられているが、F-35Bを搭載し、西太平洋で睨みを利かせる米海軍の軍艦は、当面、1隻しかない状況が続くことになりそうだ。 豪海軍、米F-35Bに甲板を貸す? 豪海軍キャンベラ級揚陸艦「アデレード」 こうした点を睨んだためか、オーストラリア海軍のキャンベラ級強襲揚陸艦2隻は、F-35B戦闘機の発艦に適した、飛行甲板の前の部分が反り返った「スキージャンプ甲板」を持っている。 WASPの作戦行動中に、変事があれば、米海兵隊のF-35B戦闘機を受け入れられるというわけだ。 これは、オーストラリアから近い、南シナ海や、インド洋では、役にたつ考え方かもしれない。 ヘリコプター搭載護衛艦「かが」 しかし、東シナ海や日本海、それに、フィリピン海は、オーストラリアより、日本の方が近い。 その日本で、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」と「かが」をF-35Bの離発艦可能に改修することになれば、物理的には、米海兵隊のF-35B戦闘機も受け入れることは可能になるだろう。 日本の安全保障上も、「日米」または「日米豪」による抑止の強化と、周辺国には見えるかもしれない。 「F-35B」STOVL戦闘機を地上から運用する意義 また、改修された「いずも」に搭載されていない「F-35B」戦闘機が、存在することになっても、日本の安全保障上は重要だ。 前述のとおり、F-35Bは、250m前後の滑走路があれば、離発着の運用が可能な戦闘機だ。 物理的には、戦時、災害時に、航空自衛隊の基地の滑走路の使用できる部分が短くなっても、航空自衛隊の基地ではない短い滑走路の飛行場でも、運用できることになるだろう。 これは、日本の戦闘機部隊の運用の柔軟性という意味でも重要なことになるだろう。 これもまた、日本の安全保障という観点からは重要なことになるかもしれない。 (執筆:フジテレビ解説委員 能勢伸之).

次の