ベイト フィネス pe。 【ベイトフィネススプール】に最適なラインはPEラインという超いまさらな話

最強ベイトフィネスリール REVO ALC

ベイト フィネス pe

ベイトフィネスにおいてでPEラインは本当に最適なラインと言えるのか? 結論から言いますと、 向いてはいるものの、最適とは言い難い。 と僕は思っています。 スプールの重量は軽い方がレスポンスが良くなり、小さな力でも容易にスプールを回す事が出来ます。 それは小さな力、つまりエネルギーの小さい軽いルアーであるほど「スプールが軽い」という事の恩恵を受けやすくなり、メーカーもスプールの重量をどれだけでも軽くしたり糸巻き量を最低限にしてトータルウェイトを下げるなど、あらゆる工夫を凝らしている訳です。 ですから「ベイトフィネス専用リール」と言うリールも多く登場し、現在ではベイトフィネスと言うカテゴリーを完全に確立し、専用リールもそのポジションを確立していますよね。 で、そこまでスプール重量にこだわって少しでもスプール重量を下げたいと思えば、「PEラインはどうなの?」と言う意見も出てくると思います。 実際に僕もPEラインを使用し3~4グラムくらいのプラグをキャストしていて、PEラインによってスプールが軽量である事の恩恵を感じていていました。 そして「ベイトフィネスにはPEラインが最適かな」と言う様に思ってもいました。 実際にベイトフィネスに限らず、PEラインを巻いたリールをキャストするとスプールレスポンスの向上は誰もが体感出来るのではないかと思います。 が、同時にPEラインであることのデメリットも感じる様になってきて、最初にも書いた様に 「向いてはいるけど、最適ではない」と思う様になったんですね。 今回はその辺りの理由についてお伝えしたいと思います。 ベイトフィネスにおいてPEラインが最適ではない理由 ベイトフィネスにPEラインが向いている理由は良いですよね。 最も大きな理由の一つが冒頭でも書いた様に、 「ライン自体の比重が軽く、スプールの軽量化に貢献する」という事です。 もちろんそれだけではありませんが、それはまた後述します では向いていない理由とは、一言で言ってしまえば、 伸縮性が無い という事です。 ラインに伸縮性がない事によってもたらされる影響の一つに、 「ノリの悪さ、バラシやすさ」があります。 これが ベイトフィネスだと特に顕著に表れてしまう事があるのです。 ベイトフィネスだと顕著に表れてしまう理由は、ベイトフィネスは基本的に軽量ルアーのキャスト中心になりますから、近距離でのショートキャストがメインになると思います。 この「近距離でのPEライン」と言う事が気を付けなければならないポイントなのです。 伸縮性の少ないPEラインは遠距離でならまだ左右にも逃げ場はありますが、近距離では角度もなく逃げ場が少なくなり、これまでラインによって吸収されていた部分がよりダイレクトになってしまうのですね。 ですからバイトした瞬間にコチラがアタリを感じるのも早いけど、サカナが違和感を感じるのも早くなりショートバイトになりやすいですし、ショートバイトの際にラインの伸縮でカバーできていた部分が出来なくなります。 つまり、 「ノリが悪くなる」という事に繋がります。 また、一度サカナがノった後も、 元気いっぱいのサカナとの距離が近いので、伸縮性の少なさによってバラす原因にもなります。 遠くでサカナが掛かった場合はまだ左右にも逃げ場がありますから良いのですが、基本的にPEラインでのやり取りは、 サカナを寄せてきたときほどバラシやすく慎重にやり取りをする必要があります。 それでも遠くで掛かった場合は寄せてきたときにはある程度弱っていますからまだ良いのですが、最初から近距離で元気いっぱいのサカナを相手にするとなると、さらにもっと慎重なやり取りが必要になって来ます。 バラシやすさに関しては、もし自分が引っ張って貰うなら 「伸縮性の無いロープで引っ張って貰うか、伸縮性の有るゴム紐で引っ張手貰うか」をイメージして貰えれば分かりやすいんじゃないかと思います。 ラインが緩んでしまえばサカナをバラシやすくなるという事は誰もが知っている事だと思いますが、PEラインでの近距離戦では 「ラインが緩みテンションが抜ける」という事がが起きてしまいやすいのです。 ただ、ベイトフィネス用のロッドは基本的に柔らかいのでロッドで吸収してくれる部分もありますが、サカナが渋い時ほど「ノリの悪さ」が顕著に表れ、ノリが悪いから一度フックアップしてもバラシやすい、という事にも繋がってきます。 僕も経験があるのですが、連続で3バラシとかになるとちょっとヘコみ始め、5連続を超えてくると流石に心がキンクします^^; そう言う時はたいがい心にゆとりが無くなり、誘いもアワセも雑に慌てた様になり、負のスパイラルに陥ってしまう・・・ と言うのは僕だけではなく、あなたも経験したことがあるのでは?^^; もちろん、「俺はベイトフィネスでPE使っているけど問題ねーよ」と言う方も居るでしょう。 問題なく使えているのならいいとは思いますが、もしバラシやショートバイトが多発する様になったらモノフィラメントラインに変えてみるのもいいと思います。 ちなみにですけど、 ベイトフィネスにおいてナイロンラインは実は基本的にNGです。 ここまで伸縮性がどうこう言っておいて意外だとは思いますが、その理由はまた別記事で書きますね^^ 【要注意】PEラインは感度が良いけど、感度が良いという事は・・・ PEラインを使ったことがある方ならわかると思いますが、PEラインはめちゃくちゃ感度が良いです。 PEラインの伸びの無さ、感度の良さを味わうってしまうと、なかなかモノフィラメントラインには戻りにくくなってしまいます。 ですが、実はその 「感度の良さ」には注意が必要なのです。 感度が良い、という事は、「サカナからの感度もいい」という事です。 そのエリア内では弱肉強食の頂点の様な存在であっても、野生の中で生き抜くための防衛本能は僕らが想像している以上に敏感です。 実はサカナはエサ ルアー にラインがついていないと言うだけで、カンタンに喰ってくる事があります。 僕の体験談をお話すると、エサ釣りをしていてそれまで何も反応が無かったサカナが、エサをハリから外して水の中に投げ込んだら、すぐに喰い付いた事があります。 それまで何をやっても喰ってこなかった場所で、適当に投げ捨てた途端に喰ってきたのです。 僕は正直ショックを受けました。 流れやエサを通すコースを散々工夫して、何をやっても喰ってこなかったサカナが、目の前にポイっと投げ込んだエサにいとも簡単に喰い付いてきたのです。 ルアーフィッシングをやっていても、通すコース、ルアーを打ち込む位置、喰わせるポイント、アクション、誘い、あなたも考えに考えて様々な工夫を凝らしサカナを釣っていると思います。 それが、エサがハリから外れただけで簡単に喰ってくるって、「結局俺は何をやっているんだ?何をやっていたんだ?」と思ってしまうほどの衝撃でした。 PEラインは人間からの感度もいいけど、サカナからの感度もいい、これはPEラインを使う以上、頭の片隅にでも入れておいて損は無いと思います。 早合わせにも注意 あと、早合わせにも注意が必要です。 PEラインを使っていてショートバイト連発・・・、なんて時は 早合わせになっている事も多いです。 感度が良いので、伝わってくるアタリもいつもより早いですし、いつもより大きくアタリが感じられると思います。 ですから、ついついいつもより早合わせになっている事もあるという事ですね。 感度が良いのは良いけど、必要以上に情報を拾ってきてしまい、逆に判別が付きにくくなってしまう、という事ですね。 なんだかネットが当たり前の様に普及している現代社会に似ています。 笑 ベイトフィネスでPEラインは本当に最適か?【まとめ】 ベイトリールでPEラインと言うのは相性自体は悪くなく、キャストをしていても使い心地はとても良いと思います。 もちろん、もう少し喰いい込みの良いティップのロッドを使用する、いつもよりアワセのタイミングを遅らせるなど、道具やアングラーの力量でカバーできる部分もありますが、あまりにもバラシやショートバイトが連発するときは、思い切ってラインを変えてみるのも手段の一つだと思います。 まあ、ショートバイト連発と言うのはいつも取れないアタリを拾えているからとも言えなくもない事も確かですが、 「こちらからの感度が良いという事は、あちらからの感度もいい」と言うのもまた事実だと思います。 その辺りも考慮してラインを選ぶだけでも、あなたの釣りの幅は大きく広がると思います^^• 追伸 PEライン使用時には、リーダー、ちゃんとつけていますよね?•

次の

渓流ベイトフィネスのPEラインについて│渓流ベイトフィネス

ベイト フィネス pe

飛ぶ、強い、伸びない・・・メリット満載のPEライン。 これをベイトタックルで活かしたいと思うアングラーは少なくないはず。 しかしいざ実践してみると、トラブル多発で使い物にならない・・・ そんな挑戦と挫折の経験をシェアしてみたいと思います。 「ベイトPE」の誘惑 PEラインをベイトタックルで使う誘惑に駆られ始めたのは、5年位前の事だったように思います。 当時、ソルトにも手を出し始めた事で知った細糸PEのメリット。 キャストのアキュラシーを高めるために、スピニングの代わりにベイトで0. 8号を使ってみたのが最初でした。 (経験者はお分かりと思いますが、これは結局大失敗でしたが) PEラインの利点はいくつもありますが、私が最も魅力を感じているのは 「伸びにくい」という性質です。 ナイロンやフロロに比べれば「伸びない」と表現しても良いくらいの低伸度性は、 遠距離での釣りに大きな効果を発揮します。 例えばトップウォーターの釣りでペンシルベイトを大遠投すると、ナイロンでは 伸びが多くて動かしにくい事が多々あります。 また遠距離で魚が掛かった場合、伸びるラインでは フッキングパワーが上手く伝わりません。 原因は バックラッシュや 投げ切れなど様々でしたが、最大の理由は 「ラインの比重」でした。 PEラインはフロロやナイロンに比べて比重が軽く、どうしても ルアーの軌道が浮き気味になってしまいます。 このため 沈める釣りとの相性が悪く、フロッグなど一部の釣りでの特殊セッティングに留まる・・・と結論付けていました。 (ピュアフィッシングHPより) けれども最近になって、かなりフロロに迫るような 高比重のPEラインが登場。 この方向性で進歩が進めば、 ベイトPEの可能性が一気に開けるのではないか?と考えるようになってきたのです。 数えきれないほど挫折を重ねてきたベイトPEですが・・・そんな訳で再び情熱が沸いてきました。 という事で今回からシリーズで、これまで蓄積してきたベイトPEのノウハウ(失敗ともいうw)をシェアしてみたいと思います。 投げ切れとの戦い まずは琵琶湖でのトップウォーター&ジャークベイトゲームに、ベイトタックルにPE0. 8号を巻いて挑戦しました。 これはもう見事なくらい大失敗に終わったのですが、その原因は 「投げ切れ」。 キャスト直後にパチンと乾いた音を立てて、ルアーが遥か彼方まで飛んで行ったものです(泣)。 ベイトPEと言うと、まずは「バックラッシュが心配」という声を多く聞きます。 しかし私の実感としては、 むしろPEはバックラッシュしにくいのではないかと感じました。 そんなバカなと思われるかもしれませんが、 PEはしなやかなので、そういう事があってもおかしくないのではないかと思います。 硬いフロロより柔らかいナイロンの方がバックラッシュしにくいように、さらにしなやかなPEは バックラッシュ自体は起こしにくいと思うのです。 ではベイトPEでバックラッシュは問題ないのか?というとそれは真逆で、いったん バックラッシュを起こすと致命的になりやすいのがPEの特徴だと感じます。 バックラッシュするとラインが 急激にガツっと引っ掛かり、スプール回転が急停止。 すると伸びの少ないPEは簡単に切れてしまう・・・というのが、先程書いた投げ切れのメカニズムだと思います。 またバックラッシュを直す際、特に細糸PEでは 固く締まってなかなか直せなくなる点も厄介です。 私はキャストが上手くないので、1日釣りをしていると何度もバックラッシュをしてしまいます。 するとPEでは頻度は少なくても、結局いくつもルアーを投げ切れさせる事になってしまったのです。 投げ方の工夫 どうすればこの投げ切れを防ぐ事が出来るのか? 良く言われるのは、 「8割程度の力でふわっと投げる」事だと思います。 確かにこれだとバックラッシュが起きづらく、投げ切れは激減しました。 しかし飛距離は期待できず、 フロロのフルキャストに負けることもしばしば。 しかもついついビシッとフルスイングしてしまい、結局投げ切れさせてしまう事が多くありました。 私のキャストが下手なのが悪いのですが、投げ方の工夫だけでカバーするのには無理を感じたというのが正直なところです。 というわけで、ベイトPEで 投げ方を気にせずフルキャストするにはどうすればよいのか? はそのためのブレーキセッティングについて書いてみたいと思います。

次の

【ベイトフィネススプール】に最適なラインはPEラインという超いまさらな話

ベイト フィネス pe

話を戻しまして、ベイトフィネスとして使う場合のピッチングではブレーキは最小限で大丈夫ですね。 それについてはこの後説明します。 ベイトリールにPEラインを巻いてピッチングする時はとにかくロッドを軽く振ってみてください。 それで十分に飛距離が出る事を体験できるはずです。 ベイトフィネスにフロロカーボンは不向き 超主観的な意見ですが、自分はベイトフィネスにフロロカーボンは不向きだと感じてます。 フロロを愛用してる人からはお叱りを受けてしまいそうですが 汗。 自分はずっとフロロカーボンラインでベイトフィネスをやってたんですが、それだと結構鋭くスイングしないと弾道を低くできなかったんですよね。 使うロッドやリールのメーカ、機種やスプールの溝深さによって全然違うので、一概には言えないですけど。 自分の愛機はSHIMANO12アルデバランBFSとabu16REVO LTX-BF8なんですが、どちらもAvail製マイクロキャストスプールを入れてます。 聞くとやはり普段はフロロカーボンを使ってるらしいです。 自分のリールはフルカスタムされていて、3g程度のルアーでも快適にキャストできるのですが、その場合本当に軽い力でスイングしてるんですよね。 それまでPEラインを使った事がない人は特になんですが、どうしてもスイングが鋭い分バックラッシュしやすい感じです。 誤解の無いように言っておきますと、それは多分キャスト上手いはずです 笑。 お世辞でもなんでもなく、フロロカーボンの方が軽いルアーのキャストは難しいですから。 普段難しい方法でキャストしてるので、慣れるまで軽いPEラインは感覚がおかしくなるみたいです。 でも慣れるとメチャ軽いスイングで軽いルアーが飛ぶので楽なんですよね。 そしてフロロカーボンには戻れなくなります 笑。 自分の16REVO LTX-BF8を使ってもらった感想をイカヒメさんが書いてくれてますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。 スプールの立ち上がりが早くバックラッシュしにくいですが、慣性はあまり働かないので重いルアーをフロロカーボンやナイロンで投げるより飛距離は伸びない感じですね。 つまり軽いルアーの軽い力でピッチングしたりショートキャストしたりするのは快適ですが、適度に重量のあるルアーを遠くに投げるのは向いてないと言えるでしょう。 その理屈で言うと、とにかく軽い力で投げるのがベイトフィネスPEのコツであり、楽なところだと思ってください。 とは言っても飛距離が全然出ないという事では無く、フィネスアプローチにおいて必要十分な距離は出ますのでご安心を。 カケヅカ的まとめ ベイトフィネスPEラインのキャストは軽く投げるのがコツという話でした。 話をまとめますと、• キャストスイングは軽く• フロロからPEラインに変えるとフィーリングが激変する• ロングキャストはそこまでアレです(アレってなんだ…• どんなリールでも下糸をPEラインにするとキャストフィールが変わる• すべてのベイトリールはベイトフィネスによせるとキャストしやすい あくまでも自分の主観ですが、ベイトフィネスって言葉の意味が段々薄れてるように感じてまして。 カスタムパーツが充実してる時代なので、最新じゃなければほとんどのリールが味付けを変える事ができるんですよね。 ベイトフィネス専用機じゃなくてもベイトフィネスに寄せる事ができるので、PEラインを活用すればかなり軽いルアーを快適に使えるようになります。 カスタムしなくても下巻きをPEラインにするだけでベイトフィネスに寄せられるので、まだ使った事がない人はぜひお試しを。

次の