デコレーション ケーキ 作り方。 ケーキデコレーションの簡単アイディア&やり方!インスタ映えさせるテクまとめ

生チョコデコレーションケーキレシピ・クリームの作り方&塗り方のコツも!

デコレーション ケーキ 作り方

や記念日など、お祝い事に華を添えるデコレーションは特別なものです。 たくさんのフルーツがのったや心のこもったメッセージプレートは、見るだけでワクワクします。 しかし、フルーツがたくさん使われたをお店で買うと、思いのほか高くなってしまうこともしばしばです。 華やかなデコレーションを手軽に自宅で作れたらいいと思いませんか?ここでは、手作りに必要な道具や、デコレーションの作り方のポイントなどをご紹介します。 作りに必要な調理器具は? 手作りでスポンジから作る場合 ・はかり(デジタルがおすすめ) ・ハンドミキサー(泡立て器もあるとよい) ・ボウル(ステンレス製がおすすめ) ・粉ふるい ・ゴムベラ ・型 ・口金 ・しぼり袋 ・はけ ・パレットナイフ などが作りに必要です。 作りは、材料を目分量で量ってしまうと、硬くなったり膨らまなかったりする原因になります。 正確な計量ができる、デジタルのはかりがいいでしょう。 ボウルは熱伝導がよいステンレスがおすすめで、小さめのものより大きめのものを選ぶと作業がしやすくなります。 粉ふるいは裏ごしにも使えるので、ひとつあると便利な道具です。 小麦粉をふるうときは、目が細かいものを選びましょう。 ゴムベラは材料を混ぜたり、ボウルについた生地を無駄なく移したりするのに必要な道具です。 型の種類と選び方 型といっても、金属製、紙製、シリコン製など種類はさまざまです。 金属製の型は、熱伝導がよいためきれいに焼き上がります。 一度購入すると長く使えますが、素材によってはさびやすいので注意が必要です。 使い捨てとなる紙製の型は、100円ショップなどで手頃に購入できる点が魅力です。 ただし、柔らかいので生地が膨らんだ際に変形しやすく、キレイな角を作りたいときにはやや不向きです。 シリコン製の型は、熱伝導があまりよくないですが、焼き菓子だけでなくゼリーやムースなどにも使えて、電子レンジでの加熱もできます。 保管しやすいので、あまり使わない方にもおすすめです。 ハンドミキサーはマスト スポンジ作りにも、生クリームの泡立てにも、ハンドミキサーがあると便利です。 泡立て器では、量が多いと時間もかかり、上手く泡立てられないこともあります。 ハンドミキサーを使えば、簡単に素早く泡立てが可能です。 お菓子作りをする方は用意しておきましょう。 口金はいろいろな種類がある 生クリームを絞る際に必要なのが口金です。 生クリームによく付いてくるプラスチックの口金は星口金といいます。 華やかな印象に仕上げたいときにピッタリです。 その他、丸口金やバラ口金、両目口金などあります。 口金を変えるだけで、全く違った印象のデコレーションができるので、いろいろ試してみましょう。 あると便利な道具をご紹介 マストではないけれど、あると便利な道具をご紹介しましょう。 クーラーは、網状になっている台のことで、焼きあがったを冷ますためのものです。 お皿などに移して冷ましてもよいですが、お皿と接している底の部分が冷めにくくなります。 また、デコレーションに便利なのが回転台です。 の側面に生クリームを均等に塗るのは難しいです。 このとき回転台があると、を回しながら均一に生クリームが塗れるので、仕上がりが美しくなります。 デコレーションで気を付けるポイントは? スポンジがしっかり冷めてからデコレーション 焼きあがったスポンジが冷めきっていないうちにデコレーションを始めると、熱で生クリームが垂れてしまいます。 キレイに塗ることも難しく、仕上がりが悪くなってしまうため、必ず冷めてからデコレーションを始めましょう。 生クリームの作り方のコツ 生クリームの硬さも、デコレーションの仕上げを左右する大事な要素です。 柔らかすぎてもキレイに塗れませんが、硬すぎてもぼそぼそとした仕上がりになってしまいます。 スポンジに挟んだり、表面に塗ったりするときに使う生クリームの理想は、7分立てです。 泡立て器で生クリームが少し運べるくらいの硬さを目安にしましょう。 ゆるすぎると思うかもしれませんが、生クリームは衝撃を与えるほど硬くなっていきます。 何度も触っているうちに硬くなるので、7分立ての状態から始めましょう。 絞り出す際の硬さは8分立てがベストなので、角が立ち、形が残る程度の硬さを目安に追加で泡立てます。 仕上がりをイメージしておく デコレーションを始める前に、どんな仕上がりにしたいかイメージしましょう。 絵に描いておくのもよいですし、画像を参考にしてもよいでしょう。 基本的にデコレーションはやり直しができません。 どのような仕上がりにしたいか分からないまま始めてしまうと、キレイな仕上がりにならないこともあります。 生クリームの絞りは一度練習 生クリームを絞りだす前に、一度別の場所で絞ってみましょう。 力の入れ具合が分かってくると、キレイに絞れます。 途中でやり直しができないため、慣れないうちは練習をしてから絞り出すことをおすすめします。 親子でできる!おすすめのデコレーション イチゴでデコレーション 定番のイチゴを使ったデコレーションをご紹介しましょう。 ハート型のイチゴは簡単なのでおすすめです。 へたの部分にV字に切り込みを入れるだけで、かわいいハート型になります。 また、イチゴのお尻近くを横に切って丸型の生クリームを挟み、チョコペンで顔を書くとイチゴサンタの完成です。 のデコレーションにおすすめです。 イチゴに口のような切り込みを入れて、生クリームとチョコペンで目を描けば、かわいい顔のイチゴも作れます。 クッキーとチョコペンでデコレーション 市販のクッキーに文字やイラストを描けば、簡単にかわいいデコレーションパーツができます。 シンプルながらも、アレンジ方法はさまざまです。 包丁や火を使わないため、小さな子供でも安心して作業できます。 プチシューにデコレーション プチシューに、生クリームとチョコペンを使ってデコレーションするのもおすすめです。 丸い形を生かして顔を作ったり、キャラクターの顔を描いたりと、簡単にかわいいデコレーションパーツが作れます。 まとめ デコレーションの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?スポンジから作るのが難しい場合は、市販のものを買ってデコレーションするのもよいでしょう。 生クリームが上手く塗れなかったり、少し形が崩れたりしても、それはひとつの思い出になります。 ご紹介した作り方を参考にして、ぜひデコレーションにチャレンジしてみてください。

次の

ケーキデコレーションの簡単アイディア&やり方!インスタ映えさせるテクまとめ

デコレーション ケーキ 作り方

や記念日など、お祝い事に華を添えるデコレーションは特別なものです。 たくさんのフルーツがのったや心のこもったメッセージプレートは、見るだけでワクワクします。 しかし、フルーツがたくさん使われたをお店で買うと、思いのほか高くなってしまうこともしばしばです。 華やかなデコレーションを手軽に自宅で作れたらいいと思いませんか?ここでは、手作りに必要な道具や、デコレーションの作り方のポイントなどをご紹介します。 作りに必要な調理器具は? 手作りでスポンジから作る場合 ・はかり(デジタルがおすすめ) ・ハンドミキサー(泡立て器もあるとよい) ・ボウル(ステンレス製がおすすめ) ・粉ふるい ・ゴムベラ ・型 ・口金 ・しぼり袋 ・はけ ・パレットナイフ などが作りに必要です。 作りは、材料を目分量で量ってしまうと、硬くなったり膨らまなかったりする原因になります。 正確な計量ができる、デジタルのはかりがいいでしょう。 ボウルは熱伝導がよいステンレスがおすすめで、小さめのものより大きめのものを選ぶと作業がしやすくなります。 粉ふるいは裏ごしにも使えるので、ひとつあると便利な道具です。 小麦粉をふるうときは、目が細かいものを選びましょう。 ゴムベラは材料を混ぜたり、ボウルについた生地を無駄なく移したりするのに必要な道具です。 型の種類と選び方 型といっても、金属製、紙製、シリコン製など種類はさまざまです。 金属製の型は、熱伝導がよいためきれいに焼き上がります。 一度購入すると長く使えますが、素材によってはさびやすいので注意が必要です。 使い捨てとなる紙製の型は、100円ショップなどで手頃に購入できる点が魅力です。 ただし、柔らかいので生地が膨らんだ際に変形しやすく、キレイな角を作りたいときにはやや不向きです。 シリコン製の型は、熱伝導があまりよくないですが、焼き菓子だけでなくゼリーやムースなどにも使えて、電子レンジでの加熱もできます。 保管しやすいので、あまり使わない方にもおすすめです。 ハンドミキサーはマスト スポンジ作りにも、生クリームの泡立てにも、ハンドミキサーがあると便利です。 泡立て器では、量が多いと時間もかかり、上手く泡立てられないこともあります。 ハンドミキサーを使えば、簡単に素早く泡立てが可能です。 お菓子作りをする方は用意しておきましょう。 口金はいろいろな種類がある 生クリームを絞る際に必要なのが口金です。 生クリームによく付いてくるプラスチックの口金は星口金といいます。 華やかな印象に仕上げたいときにピッタリです。 その他、丸口金やバラ口金、両目口金などあります。 口金を変えるだけで、全く違った印象のデコレーションができるので、いろいろ試してみましょう。 あると便利な道具をご紹介 マストではないけれど、あると便利な道具をご紹介しましょう。 クーラーは、網状になっている台のことで、焼きあがったを冷ますためのものです。 お皿などに移して冷ましてもよいですが、お皿と接している底の部分が冷めにくくなります。 また、デコレーションに便利なのが回転台です。 の側面に生クリームを均等に塗るのは難しいです。 このとき回転台があると、を回しながら均一に生クリームが塗れるので、仕上がりが美しくなります。 デコレーションで気を付けるポイントは? スポンジがしっかり冷めてからデコレーション 焼きあがったスポンジが冷めきっていないうちにデコレーションを始めると、熱で生クリームが垂れてしまいます。 キレイに塗ることも難しく、仕上がりが悪くなってしまうため、必ず冷めてからデコレーションを始めましょう。 生クリームの作り方のコツ 生クリームの硬さも、デコレーションの仕上げを左右する大事な要素です。 柔らかすぎてもキレイに塗れませんが、硬すぎてもぼそぼそとした仕上がりになってしまいます。 スポンジに挟んだり、表面に塗ったりするときに使う生クリームの理想は、7分立てです。 泡立て器で生クリームが少し運べるくらいの硬さを目安にしましょう。 ゆるすぎると思うかもしれませんが、生クリームは衝撃を与えるほど硬くなっていきます。 何度も触っているうちに硬くなるので、7分立ての状態から始めましょう。 絞り出す際の硬さは8分立てがベストなので、角が立ち、形が残る程度の硬さを目安に追加で泡立てます。 仕上がりをイメージしておく デコレーションを始める前に、どんな仕上がりにしたいかイメージしましょう。 絵に描いておくのもよいですし、画像を参考にしてもよいでしょう。 基本的にデコレーションはやり直しができません。 どのような仕上がりにしたいか分からないまま始めてしまうと、キレイな仕上がりにならないこともあります。 生クリームの絞りは一度練習 生クリームを絞りだす前に、一度別の場所で絞ってみましょう。 力の入れ具合が分かってくると、キレイに絞れます。 途中でやり直しができないため、慣れないうちは練習をしてから絞り出すことをおすすめします。 親子でできる!おすすめのデコレーション イチゴでデコレーション 定番のイチゴを使ったデコレーションをご紹介しましょう。 ハート型のイチゴは簡単なのでおすすめです。 へたの部分にV字に切り込みを入れるだけで、かわいいハート型になります。 また、イチゴのお尻近くを横に切って丸型の生クリームを挟み、チョコペンで顔を書くとイチゴサンタの完成です。 のデコレーションにおすすめです。 イチゴに口のような切り込みを入れて、生クリームとチョコペンで目を描けば、かわいい顔のイチゴも作れます。 クッキーとチョコペンでデコレーション 市販のクッキーに文字やイラストを描けば、簡単にかわいいデコレーションパーツができます。 シンプルながらも、アレンジ方法はさまざまです。 包丁や火を使わないため、小さな子供でも安心して作業できます。 プチシューにデコレーション プチシューに、生クリームとチョコペンを使ってデコレーションするのもおすすめです。 丸い形を生かして顔を作ったり、キャラクターの顔を描いたりと、簡単にかわいいデコレーションパーツが作れます。 まとめ デコレーションの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?スポンジから作るのが難しい場合は、市販のものを買ってデコレーションするのもよいでしょう。 生クリームが上手く塗れなかったり、少し形が崩れたりしても、それはひとつの思い出になります。 ご紹介した作り方を参考にして、ぜひデコレーションにチャレンジしてみてください。

次の

バラ口金を使用したデコレーションケーキのコツ

デコレーション ケーキ 作り方

や記念日など、お祝い事に華を添えるデコレーションは特別なものです。 たくさんのフルーツがのったや心のこもったメッセージプレートは、見るだけでワクワクします。 しかし、フルーツがたくさん使われたをお店で買うと、思いのほか高くなってしまうこともしばしばです。 華やかなデコレーションを手軽に自宅で作れたらいいと思いませんか?ここでは、手作りに必要な道具や、デコレーションの作り方のポイントなどをご紹介します。 作りに必要な調理器具は? 手作りでスポンジから作る場合 ・はかり(デジタルがおすすめ) ・ハンドミキサー(泡立て器もあるとよい) ・ボウル(ステンレス製がおすすめ) ・粉ふるい ・ゴムベラ ・型 ・口金 ・しぼり袋 ・はけ ・パレットナイフ などが作りに必要です。 作りは、材料を目分量で量ってしまうと、硬くなったり膨らまなかったりする原因になります。 正確な計量ができる、デジタルのはかりがいいでしょう。 ボウルは熱伝導がよいステンレスがおすすめで、小さめのものより大きめのものを選ぶと作業がしやすくなります。 粉ふるいは裏ごしにも使えるので、ひとつあると便利な道具です。 小麦粉をふるうときは、目が細かいものを選びましょう。 ゴムベラは材料を混ぜたり、ボウルについた生地を無駄なく移したりするのに必要な道具です。 型の種類と選び方 型といっても、金属製、紙製、シリコン製など種類はさまざまです。 金属製の型は、熱伝導がよいためきれいに焼き上がります。 一度購入すると長く使えますが、素材によってはさびやすいので注意が必要です。 使い捨てとなる紙製の型は、100円ショップなどで手頃に購入できる点が魅力です。 ただし、柔らかいので生地が膨らんだ際に変形しやすく、キレイな角を作りたいときにはやや不向きです。 シリコン製の型は、熱伝導があまりよくないですが、焼き菓子だけでなくゼリーやムースなどにも使えて、電子レンジでの加熱もできます。 保管しやすいので、あまり使わない方にもおすすめです。 ハンドミキサーはマスト スポンジ作りにも、生クリームの泡立てにも、ハンドミキサーがあると便利です。 泡立て器では、量が多いと時間もかかり、上手く泡立てられないこともあります。 ハンドミキサーを使えば、簡単に素早く泡立てが可能です。 お菓子作りをする方は用意しておきましょう。 口金はいろいろな種類がある 生クリームを絞る際に必要なのが口金です。 生クリームによく付いてくるプラスチックの口金は星口金といいます。 華やかな印象に仕上げたいときにピッタリです。 その他、丸口金やバラ口金、両目口金などあります。 口金を変えるだけで、全く違った印象のデコレーションができるので、いろいろ試してみましょう。 あると便利な道具をご紹介 マストではないけれど、あると便利な道具をご紹介しましょう。 クーラーは、網状になっている台のことで、焼きあがったを冷ますためのものです。 お皿などに移して冷ましてもよいですが、お皿と接している底の部分が冷めにくくなります。 また、デコレーションに便利なのが回転台です。 の側面に生クリームを均等に塗るのは難しいです。 このとき回転台があると、を回しながら均一に生クリームが塗れるので、仕上がりが美しくなります。 デコレーションで気を付けるポイントは? スポンジがしっかり冷めてからデコレーション 焼きあがったスポンジが冷めきっていないうちにデコレーションを始めると、熱で生クリームが垂れてしまいます。 キレイに塗ることも難しく、仕上がりが悪くなってしまうため、必ず冷めてからデコレーションを始めましょう。 生クリームの作り方のコツ 生クリームの硬さも、デコレーションの仕上げを左右する大事な要素です。 柔らかすぎてもキレイに塗れませんが、硬すぎてもぼそぼそとした仕上がりになってしまいます。 スポンジに挟んだり、表面に塗ったりするときに使う生クリームの理想は、7分立てです。 泡立て器で生クリームが少し運べるくらいの硬さを目安にしましょう。 ゆるすぎると思うかもしれませんが、生クリームは衝撃を与えるほど硬くなっていきます。 何度も触っているうちに硬くなるので、7分立ての状態から始めましょう。 絞り出す際の硬さは8分立てがベストなので、角が立ち、形が残る程度の硬さを目安に追加で泡立てます。 仕上がりをイメージしておく デコレーションを始める前に、どんな仕上がりにしたいかイメージしましょう。 絵に描いておくのもよいですし、画像を参考にしてもよいでしょう。 基本的にデコレーションはやり直しができません。 どのような仕上がりにしたいか分からないまま始めてしまうと、キレイな仕上がりにならないこともあります。 生クリームの絞りは一度練習 生クリームを絞りだす前に、一度別の場所で絞ってみましょう。 力の入れ具合が分かってくると、キレイに絞れます。 途中でやり直しができないため、慣れないうちは練習をしてから絞り出すことをおすすめします。 親子でできる!おすすめのデコレーション イチゴでデコレーション 定番のイチゴを使ったデコレーションをご紹介しましょう。 ハート型のイチゴは簡単なのでおすすめです。 へたの部分にV字に切り込みを入れるだけで、かわいいハート型になります。 また、イチゴのお尻近くを横に切って丸型の生クリームを挟み、チョコペンで顔を書くとイチゴサンタの完成です。 のデコレーションにおすすめです。 イチゴに口のような切り込みを入れて、生クリームとチョコペンで目を描けば、かわいい顔のイチゴも作れます。 クッキーとチョコペンでデコレーション 市販のクッキーに文字やイラストを描けば、簡単にかわいいデコレーションパーツができます。 シンプルながらも、アレンジ方法はさまざまです。 包丁や火を使わないため、小さな子供でも安心して作業できます。 プチシューにデコレーション プチシューに、生クリームとチョコペンを使ってデコレーションするのもおすすめです。 丸い形を生かして顔を作ったり、キャラクターの顔を描いたりと、簡単にかわいいデコレーションパーツが作れます。 まとめ デコレーションの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか?スポンジから作るのが難しい場合は、市販のものを買ってデコレーションするのもよいでしょう。 生クリームが上手く塗れなかったり、少し形が崩れたりしても、それはひとつの思い出になります。 ご紹介した作り方を参考にして、ぜひデコレーションにチャレンジしてみてください。

次の