香料 相場。 香典の相場、親戚(祖父母・叔父など)や会社、友人などの相場について

初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

香料 相場

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 香典とは? 香典とは、 お通夜や葬儀・葬式に参列する際に線香や抹香、花の代わりに霊前にお供えするお金のことです。 訃報を受け葬儀に参列する場合、通夜から参列するならば通夜のときに香典をお供えするのが一般的です。 通夜は亡くなられた当日の夕方に行われることもありますので、訃報を受けてから香典の準備をする時間を取ることが難しい場合もあります。 そんなときに慌てないためにも、あらかじめ香典の金額と相場を知っておけば、金額に悩むことはありません。 香典の金額と相場はいくら? 香典の金額は、亡くなった方と送る方の 間柄や 付き合いの深さ、 年齢、 立場によって変わります。 あくまでも目安ですが、一般的な相場をご紹介します。 自分の親への香典金額 自分の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 親への香典は金額以前に、包むか包まないかということも悩む点です。 例えば、葬儀費用を負担する場合は、香典を包む必要はありません。 また、自分が施主を務める場合も香典を包む必要はありません。 喪主以外、または 葬儀費用を負担しないのであれば 香典を包む必要があると思っておきましょう。 自分の祖父母への香典金額 自分の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 祖父母への香典は、自分がまだ両親に扶養されている立場ならば包まなくても良いとされています。 同居していた祖父母であっても、社会人であれば香典を準備しましょう。 独立し結婚をしているのならば、孫夫婦からという形で連名の香典を包む場合もあります。 祖父母へは現金の香典だけでなく、をすることもあります。 自分の兄弟姉妹への香典金額 自分の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 他の兄弟や姉妹が居る場合は、相談をして決めましょう。 配偶者の親への香典金額 配偶者の親への香典金額は、 50,000円~100,000円です。 同居の有無に関わらず、自分の親と同額を包みます。 配偶者の祖父母への香典金額 配偶者の祖父母への香典金額は、 10,000円~30,000円です。 自分の祖父母への香典金額と同額を包みます。 配偶者の兄弟姉妹への香典金額 配偶者の兄弟姉妹への香典金額は 30,000円~50,000円です。 自分の兄弟姉妹への香典金額と同額を包みます。 親戚のおじ・おばへの香典金額 親戚のおじやおばへの香典金額は、 10,000円~20,000円です。 生前に親しい間柄であった場合を除いては、 年齢に関係なく10,000円とする場合が多いようです。 近くない親戚への香典金額 従兄弟などの近くない親戚への香典金額は、 5,000円~10,000円です。 おじやおばと同様に、生前に親しい間柄であったかどうかで金額を決めましょう。 遠くに住む親戚の場合は、通夜や葬儀には参列できないこともあるでしょう。 そのときは、を打ち、香典をします。 または供花であれば離れた場所からでも斎場へ届けてもらうように手配ができます。 友人・知人への香典金額 友人や知人への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友ならば10,000円、そうでない場合は3,000円または5,000円が一般的です。 友人・知人の親への香典金額 友人や知人の親への香典金額は、 3,000円~10,000円です。 ごく親しい親友の親ならば10,000円、そうでない場合は 3,000円または 5,000円が一般的です。 友人や知人の親との面識の有無にもよります。 ご近所の方への香典金額 ご近所の方への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 地域や町内会などのしきたりで決まっていることもあるため確認しましょう。 上司や上司の家族への香典金額 上司への香典金額は、 5,000円~10,000円、上司の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 部下や部下の家族への香典金額 部下や部下の家族への香典金額は、 5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないということです。 同僚や同僚の家族への香典金額 同僚への香典金額は、 5,000円、同僚の家族への香典金額は、 3,000円~5,000円です。 会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めましょう。 個人で香典を包まずに連名にする場合もあります。 こちらも同様に気をつけなければならないのは、 上司よりも高い金額を包まないことです。 元上司への香典金額 元上司への香典金額は、 5,000円です。 気をつけなければならないのは、 現在の上司よりも高い金額を包まないことです。 個人で香典を包まずに連名にする場合もありますので、会社関係者の場合は、会社の人と話し合って決めたほうが良いでしょう。 香典の入れ方のマナー 香典には金額に加えて入れ方に関するマナーもあります。 細かい部分もありますが、大切なことなのでしっかりと確認をしておきましょう。 香典金額が多いのは失礼? 香典にはもともと故人を経済的に助けるという意味もありますが、香典の金額は多ければ多いほど良いというわけではありません。 香典の金額が多すぎるのは失礼にあたります。 これは、いずれ参列してくださった側に葬儀があったときに、遺族は同程度の金額を香典として返す必要があるからです。 香典に偶数の付く数字は避ける 結婚式などの慶事の祝儀と同様に、香典にも偶数の付く数字は避けるという考えがあります。 偶数は割り切れる数字のため、「 縁が切れる」や「 故人とこの世のつながりが切れてしまう」ということを連想させてしまうからです。 奇数の金額であって お札の枚数が偶数になることも避けましょう。 例えば、10,000円を10,000円札ではなく5,000円札2枚で準備することです。 また、奇数だとしても「 9」は「 苦」を連想させるため避けましょう。 香典の金額をどうしても20,000円にしたい場合は、「御霊前」と「御供」と言うように、2つの異なる表書きの香典を準備します。 それぞれの香典袋に10,000円ずつ入れることで、お札が2枚になることを防ぎます。 5,000円を包む場合、1,000円札が5枚ならば奇数なので何の問題も無いのですが、遺族が後から数えやすいように5,000円札1枚にまとめましょう。 このことは連名で香典を準備する際にも同じことが言えます。 連名の場合は、香典を集金することになるため、お札が複数枚になります。 お札が複数枚になることや違う種類の御札が混ざることも数えにくく遺族側の手間となってしまうため、 できる限りまとめて入れるようにします。 香典に新札はなるべく使わない 結婚式などの慶事では新札を使用することが常識ですが、通夜や葬儀などの仏事に持参する香典に使用するお札は 新札を使用するのは良くないこととされています。 新札を香典に使用すると、「 事前に用意をしていた」や「 訃報を予知していた」という印象を与えてしまうからです。 手元に新札しか無い場合は、あらかじめ折り目を付けてから使用します。 新札は良くありませんが、シワや折り目がたくさんついていたり、敗れていたりする ボロボロの傷んだお札も良くありません。 お札を入れる向き 不祝儀袋にお札を入れるときの向きは、一般的には お札の肖像画が印刷されている側を裏側にして、さらに 肖像画が下にくるようにします。 お札が複数枚になるときは、 お札の向きを揃えておくことがマナーです。 中袋・中包みの書き方 不祝儀袋には、 薄墨の筆や筆ペンを使用して表書きをすることがマナーです。 薄墨を使用するのは、 故人に対しての悲しみを表しています。 中袋や中包に金額や住所を記入する際には、筆や筆ペンではなく黒いペンでも構いません。 中袋や中包には、入れた金額を 漢数字で書きます。 数字は 大字 だいじ を使用します。 大字 だいじ とは、漢数字が書き換えられてしまわないように使われる漢字で、会計や登記、戸籍など改ざんされないように使用することが法律で定められています。 大字 だいじ は普段使用する漢数字ではないため、書き間違えしないようにしっかりと確認しながら書きましょう。 漢数字 大字 1 壱 3 参 5 伍 10 拾 千 阡 万 萬 中袋や中包には、金額の他にも住所と氏名を書きます。 中袋に住所と氏名欄が印刷されている場合は、その欄を利用しましょう。 即日の香典返しのことも考慮する 香典返しは即日に渡すことが一般的になりつつあります。 即日の香典返しには、香典の半分程度の額の物品が用意されていることが一般的です。 多くの場合は 5,000円の香典を想定し、 2,000円から3,000円の香典返しが準備されています。 それ以外にも、通夜振る舞いとしての食事や受付で渡す返礼品も準備されています。 これらのことからも分かるように、遺族側が準備する参列者への香典返しや返礼品、通夜振る舞いからすると、 香典の金額は3,000円以下では金額が十分ではないと言うことになります。 もし、香典の金額が少なかったことに後から気が付いたとしても、 決して追加で香典を送ることはしてはいけません。 この行為は不幸が重なるという考えからマナー違反です。 香典を3,000円にした場合は、香典返しを辞退するのがマナーです。 香典を連名で送るときに気をつけたいマナー 友人や会社関係者の場合、香典は個人ではなく連名で送るときも多々あります。 連名と一言で言っても、ただ氏名を連ねれば良いと言うことではありません。 ここからは連名で香典を送るときに気をつけたいマナーをご紹介します。 遺族は参列者の記名で故人との関係性を把握している 遺族は香典返しや挨拶状を準備するにあたり、 故人と 参列者との 関係性を把握する必要があります。 しかし、遺族が故人と参列者との関係性を全て把握しているわけではありません。 遺族は、 参列者が受付で芳名帳に記載した内容や香典に書かれた内容をすり合わせることで、 故人との関係性を把握します。 香典はできる限り連名ではなく個人で用意する 香典は連名や「〇〇一同」として送ることもできますが、 できる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 香典の表書きが連名で中袋に書かれている住所が代表者のみの場合、遺族は香典返しや挨拶状をどこに送れば良いのか悩んでしまいます。 遺族に配慮する意味でも、香典はできる限り連名ではなく個人で用意しましょう。 連名で送る場合の香典袋の書き方 やむを得ず連名で香典を送る場合、香典袋の表に書く 名前は 最大でも 3名までの連名とします。 名前は右側から目上の順です。 場合によっては五十音順で書くこともあります。 忘れてはいけないことは、連名にした全員の 住所と 氏名を書いた メモを香典袋に入れておくということです。 「〇〇一同」として香典を送る場合でも、個人の名前を別途記名 「〇〇一同」として香典を送る場合は、代表者の住所と氏名を中袋に書き、さらに全員分の氏名を書いたメモを香典袋に入れておきます。 「〇〇一同」で送る場合は、中袋に住所と氏名を書いた代表者の元に香典返しが届きます。 まとめ 突然の訃報を受けて、いろいろと慌てることも多いかもしれません。 初めてのことならば尚更でしょう。 仏事は昔からのしきたりなどもあり、マナーが難しいと思うことも多いと思います。 しかし、いざというときに恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと香典に関するマナーを身に付けて備えておきましょう。 関連記事 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

香料 相場

………「香典の金額・相場2」のページの内容……… 3.香典の相場はいくら?(香典料の金額のめやす) ・あなたとの関係(続柄)と香典金額一覧表 (祖父祖母,父,母, 孫, 孫夫婦,嫁の親,夫の親, 叔父叔母, 伯父伯母, 親戚, ご近所の人, 友人の親, 取引先, 社葬) ・両親のいずれかが亡くなった場合子どもは香典を出すの? ・祖父母のいずれかが亡くなった場合、孫は香典を出すの? 4. 兄弟・姉妹 30,000〜50,000 50,000 50,000 義兄・義弟 (義理の兄弟)、 義姉・義妹 (義理の姉妹) 30,000〜50,000 50,000 50,000 おじ・おば(伯父、叔父、伯母、叔母) 10,000 10,000〜20,000 10,000〜30,000 伯父伯母、叔父叔母の香典の金額…ふだんのお付き合いの深さによっては金額が増えます。 その他の親戚・親族・いとこ 3,000〜10,000 3,000〜20,000 3,000〜30,000 いとこの香典の金額…ふだんのお付き合いの深さによっては金額が増えます。 甥・姪(おい・めい) 10,000〜30,000 10,000〜50,000 10,000〜50,000 甥姪の香典の金額…ふだんのお付き合いの深さによっては金額が増えます。 友人・知人 5,000 5,000〜10,000 5,000〜10,000 友人の親 (友人の父・母) 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 友人とのおつき合いの深さや、友人の親との面識の有無などによって異なります。 なお、友人どうしで数人で数千円ずつ出し合ってキリの良い金額にすることもあります。 恩師、先生 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 卒業後の恩師とのおつき合いの深さや、学生時代にお世話になった度合いによって異なります。 なお、友人どうしで数人で数千円ずつ出し合ってキリの良い金額にすることもあります。 また、通夜・葬儀のあとの会食に出席する場合にはその分を考慮した金額を包みます。 金額は取引の程度によって変わりますが一般的には10,000円以上です。 弔電やお花を手配し、香典は贈らないこともあります。 しかし普段からのおつきあいによって変わります。 親しくおつきあいがある会社や、社長同士が長年にわたりおつきあいのある会社、大口の取引先の会社で行われる社葬の場合には、社長名で3〜10万円程度の香典を包むこともあります。 通常は、香典とは別に花を贈ることが多く、香典+花で3万円、5万円などとなります。 金額は取引の程度や相手の年齢によって変わりますが一般的には3,000円以上です。 弔電やお花を手配し、香典は贈らないこともあります。 では社会人になっている孫の場合は香典はどうするか…についてですが、祖父母(祖父や祖母)と同居している、していないに関わらず働いている孫の場合は香典を出すべきだと筆者は考えます。 他の孫たちとのバランスもありますので、例えば年齢が同世代の孫たちで同じ額ずつ出して「孫一同」という形で御香典を包んでもよいでしょう。 人数が少ない場合には連名の形で氏名を書きます。 既婚の孫、結婚しているお孫さんの場合には、「孫一同」という形ではなく、単独で御香典、または夫婦で香典を出すべきだと考えます。 さらに基本的には、祖父・祖母と同居している孫および同居していた孫は(お世話になったご縁の深さを考えると)香典の金額も多くなるようです。 通夜や葬儀の場合には夫婦でもひと家族と考えるため連名で(5,000円〜)1万円でもお世話になった程度に合わせればOKですが、そのあとの会食まで出席する場合には会食への出席人数(夫婦で出席するか否か)により(1万円〜)2万円がめやすとなります。 [夫婦で通夜や葬儀に参列する場合] これがもし披露宴に招待された場合には、料理代を考慮して二人分をキリの良い金額にしますが、通夜や葬儀の場合には夫婦でもひと家族と考えるため1万円でもOKです。 但し、故人とのおつきあいが深かった場合や、葬儀のあとの会食にも出席する場合には、相応の金額を包みます。 金額は20,000円〜となります。 「遠方のため葬儀に伺うことが叶いませんが、心よりご冥福をお祈り申し上げます」など、お悔やみ状文例 5.法事とお香典の金額(法事の香典相場) 参列者がお供えするのし袋の表書きに「御霊前」という表書きが使えるのは、仏教では、四十九日の法要までです。 筆者が祖母から教えられたのは、それ以降の50日めからは、故人は「霊」ではなく「仏様」になるため、御霊前ではなく「御仏前」になるとのことです。 事の真偽はともかく、忌明けの日を境に御霊前は使えなくなるので注意してください。 例えば一周忌、三回忌、七回忌…といった法事では、「御仏前」または「御佛前」という表書きを使います。 その他に法事の熨斗袋の表書きに使えるのは「御香料」「御供物料」などです。 一方、遺族が、初七日〜四十九日の法要にお寺にお包みするお礼の場合の表書きは「御布施」「御経料」「御法禮」「御回向料」「お布施」などですが、これは忌明け後も用いられます。 キリスト教式、神式の場合も含め法事については別ページで詳しくご紹介しています。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 また義理の父母、義理の兄弟姉妹でも金額は変わってきます。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 友人・知人 2,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 隣近所 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 仲人 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000.

次の

香典の相場、親戚(祖父母・叔父など)や会社、友人などの相場について

香料 相場

香典(お金の入れ方) 項目 説明 1. お札の向きを揃える お札を入れる場合、顔のある方が見えないように裏向きにするという説もありますが、気にしなくても良いという説もあります。 二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きだけは揃えて入れるようにしてください。 新札は用いない 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだいうことから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 お金を中袋に入れたら、外包みで包む 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。 手順は下記のとおりです。 (1)外包みを開きます。 内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。 このとき、背面が表にでている状態にします。 (2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。 最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。 水引きの中に元通りになるように入れて完成です。 また、孫のあなたがまだ若い場合、孫本人が単独で香典を包まずに、数千円ずつを出し合って「孫一同」としてキリの良い金額になるように数名でまとめて香典を包むこともあります。 友人たちや卒業生で香典をまとめる場合には、トータル金額に端数がないようにします。 通夜・葬儀の香典の金額の相場 つづき 会社との関係 亡くなった人 会社として出すお香典の相場 【その他】 取引先に対して会社として香典を出す場合 取引先の社長 30,000〜100,000 取引先との関係によって、金額はもっと多くなることもあります。 また、取引金額に応じて、規定を決めている会社もあります。 取引先の社員 5,000〜30,000 ・同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 ) ・マンションなどの集合住宅や社宅などでは、自治会などによって金額の取り決めがあることも。 できるだけ早く年配の人に相談してみましょう。 ・地方によっては隣近所とのおつき合いが希薄になっており、「全く近所づきあいがない」ということもあります。 自分だけが香典を出す・或いは自分だけが香典を出さないというのもおつきあい上バランスを欠くものです。 周りの人と相談して決めても良いでしょう。 ・夫婦で会葬する場合、特にご夫婦で葬儀のあとの精進おとしにも出席する場合には、個人での金額よりも多めの金額を包むようにします。 ・子どものお稽古事の先生や子どもの塾の講師の、本人もしくはその家族が死亡した場合、他の子どもさんの保護者と相談してお香典の金額を揃えるのも良いと思います。 ・金額は4、9がつく数字は四=死、九=苦を連想させるといって嫌われます。 また、結婚式のお祝いでは偶数は「2つに分かれる」といって避けることもありますが、弔事では偶数でも4以外なら大丈夫です。 連名でお金を包む場合に合計がなるべくキリのよい数字になるようにします。

次の