エステル 王女。 姉弟で似てきた!? スウェーデンのエステル王女たち、公式写真がお披露目

ヴィクトリア (スウェーデン皇太子)

エステル 王女

エステル王女は、次期スウェーデン女王のヴィクトリア皇太子とダニエル王子との長子で、王位継承権第2位の立場にある。 母のヴィクトリア皇太子同様、未来のスウェーデン女王として期待を集めるプリンセスだ。 両親と手をつないで歩くエステル王女が向かったのは、富裕層の子女が通う定番校、キャンパス・マニラだ。 首都ストックホルムの中央部、ユールゴールデン島に建つ同校は、国立公園を擁した自然豊かな環境の中にある。 初登校日のエステル王女は、胸元にプリーツの入ったライトブルーのブラウスに、真っ白なフレアスカートを合わせた上品な装い。 ブロンドヘアを後ろに束ねて新しいリュックを背負い、元気いっぱいの姿を見せていた。 教師や他の生徒たちと学校送迎用のトラム・バスに乗ったエステル王女は、ワクワク気分が溢れ出たような満面の笑顔。 赤と黄色でペイントされたおもちゃのようなトラムが、プリンセスと子供たちを乗せて緑の中を走るさまは、まるで童話の世界のようだ。 王女は快活な性格らしく、笑顔で他の子供たちの輪に入っていくところや、学校のスタッフにぐらぐらしている前歯を見せている場面なども写真に捉えられており、子供らしく素朴な面が微笑ましさを誘っている。 写真を見た一般のネットユーザーたちからは、ロイヤルファミリーと専属カメラマンとの信頼関係が感じられる撮影が大好評。 エステル王女の可愛らしさは言うまでもなく、「なんて美しい女の子!」「伸び伸びしていて本当に愛らしい」「いつも笑顔で、とっても幸せそう!」と絶賛の声が寄せられている。

次の

エステル (エステルイェートランド公)

エステル 王女

目次-読みたいページに移動できます-• エステルイェートランド公 将来の女王はスウェーデン国民のアイドル! エステル王女 wikiプロフィール 名前:エステル Prinsessan Estelle 続柄 :ヴィクトリア王太子第一女子(カール16世グスタフ孫) 称号 :エステルイェートランド公爵 全名 :Estelle Silvia Ewa Mary エステル・シルヴィア・エヴァ・メアリー 身位 :Prinsessa(王女) 敬称 :Hennes Kunglig Hoghet(殿下) 出生 :2012年2月23日(8歳) 父親 :ヴェステルイェートランド公爵ダニエル 母親 :ヴィクトリア エステル王女は現国王カール16世グスタフの孫で、スウェーデン王位継承順位は第2位、ヨーロッパの王室で将来の女王となることが決まっている女児となり、生まれた時から大きな使命を背負っています。 父親は ヴェステルイェートランド公爵ダニエル王子です。 結婚する前は、結婚前は、ストックホルムの中心部で3つのトレーニングジムを経営する実業家で 平民出身です。 母親は ヴィクトリア王太子です。 出会いはヴィクトリア王太子が拒食症で苦しんでいる時にダニエル氏のジムへ行った時で、このことが交際のきっかけとなりました。 当初、平民出身の実業家との結婚は国王夫妻や国民からも祝福されていませんでしたが、立ち振る舞いやファッション等のマナーを身に着ける教育を受け、婚約が認められました。 そして、二人は2010年6月19日に二人は結婚、ダニエル氏は 王子の称号が与えられました。 ダニエル王子はもともと腎臓に持病があり、結婚する前に父親から提供された腎臓を移植手術しています。 ダニエル氏が義父、カール16世グスタフ国王が即位した日と同じ誕生日を持つというのも何か運命的なものを感じますね。 2012年2月23日、 エステル王女が誕生し、2016年3月2日に第2子 オスカル王子が誕生しました。

次の

“美しすぎるスウェーデン王室”に新しい風! ロイヤルキッズ5人の脱・王族が決定

エステル 王女

結婚前は、の中心部で3つのを経営するとして活躍していた。 略歴 [ ] 妻のヴィクトリア皇太子と長女のエステル王女とともに(2013年) にで誕生、で育つ。 ちなみに、生まれた年月日は奇しくも義父である国王がした日と同じである。 学校を卒業した後は、にあるのに短期間服務した。 その後、ストックホルムにスポーツジムを開業した。 一方、後に妻となるヴィクトリア皇太子は、当時、にかかっており、その治療後、落ちた筋肉をつけるためにダニエルのスポーツジムに通っていた。 に、ダニエルがヴィクトリア皇太子の個人トレーナーを担当したことがきっかけで、交際に発展した。 当初、ヴィクトリアの父カール16世グスタフは、実業家として成功しているとはいえ、普通の体育大学を卒業しただけで、特に芳しい学歴も経歴も持っていない平民であるダニエルと、ヴィクトリアとの恋愛を認めず、も大半が反対していた。 カール16世グスタフは、夕食時にヴィクトリアからダニエルの事を聞かされたが、その時、カール16世は無言で席を立ち、以後、数か月もの間、ヴィクトリアと一言も会話もしないほど激怒したという。 その後、ヴィクトリアは、カール16世とダニエルとの食事をセッティングし、何とか交際は認められた。 一方で、カール16世はダニエルに、の一員に相応しい教養を身につけるよう要請した。 それを期に、ダニエルは王室の一員となるべく、立ち振る舞いやファッション等のマナー、3か国語、王室をはじめとする、公務に関する学習を7年間に亘って続けた。 この教師陣は一流どころが揃えられ、歴史の授業を担当したのは当時の外務大臣だったという。 そしてに皇太子とダニエルは、カール16世グスタフとから、に基づき、正式に婚約を認められた。 に先天的な疾患を抱えていたダニエルは、婚約発表の3か月後のに、病院で父親の腎臓を移植する手術を受け、王室からは手術は成功し、父子ともに術後の経過は良好との発表がなされた。 その際、王太子は公務でに滞在中だったため、手術に立ち会うことはできなかった。 現在は、王太子の夫として公務に務め、2009年3月に催された王太子の聖名祝日記念式典や、での公式晩餐会に出席したのを皮切りに、7月にはソリーデン宮殿でののとの昼食会に出席している。 結婚式は、国王夫妻の34回目の結婚記念日となるに、で執り行われた。 これに伴い、「()」の称号と皇太子が保有している公爵の爵位が譲位されたが、皇太子配ならびにとしての正式な称号は、現段階では未定のままとなっている。 、ヴィクトリア皇太子との間に第1子が誕生し 、に第2子が誕生したことで、2児(1男1女)の父になった。

次の