学歴 コンプ と は。 学歴コンプを発症する理由は?

学歴コンプを発症する理由は?

学歴 コンプ と は

インターネット上ではよく「学歴コンプ」と略されています。 その名のとおり、自分の学歴に対して不満や劣等感を持っている状態のことを指す言葉です。 多くは自分の学歴が人と比べて低いことを過剰に気にして、卑屈になったり高学歴の人をひがんだりしてしまいます。 今の日本の社会ではやはり学歴を重視する場面も多くあり、学歴だけでその人自身の価値まで判断されるために、どんどんコンプレックスが膨れ上がってしまうのです。 またそこから、偏差値が低めの大学のことをまとめて「Fラン」と呼ぶようになりました。 大学を出ているとはいえ、「名前さえ書ければ入れる」などと揶揄されたり、大学名を言っても知名度が低すぎて毎回微妙な反応をされたりして、学歴コンプレックスが育っていきます。 高学歴と呼ばれる人たちは、コツコツ努力して難しい入試を突破してその肩書きを手に入れているわけですから、その努力をせずに入れる大学に進んだという部分でも、自分より学歴が上の人に対して引け目を感じてしまうのです。 たとえばハーバード大に行きたかった東大卒の人、東大を目指していたのに落ちて滑り止めの早稲田や慶應に入った人などにとって、一般的には一流大学を出たエリートと言われていても、自分の理想とする学歴が手に入らなかったことは人生の汚点ともいえるものなのです。 遊びや恋愛を我慢してまで目指していた大学に行けなかったとなると、その挫折感は簡単に拭うことのできない心の傷となるでしょう。 また、小中高と学年トップクラスの成績を取り続けてきたような人にとっては、自分より上の存在がいることがショックでたまらないこともあるようです。 高卒で就職した人は、大学を出てから新卒で入社した人よりも4年早く社会人として働き始めます。 4年も先輩であれば、当然仕事は同等どころかそれ以上にできるでしょう。 それなのに、高卒と大卒の給料や待遇には歴然とした差が……。 仕事の能力より学歴が重んじられていることがつらく感じられるのです。 また、義務教育である中学を卒業してからさまざまな事情で高校には進学しなかった中卒の人は、人に中卒だと言うだけで引かれたり怪訝な顔をされたり、はたまた同じ仕事をしていても自分だけ評価されなかったり、学歴なんて関係ない場面であるにもかかわらず「中卒」に対する偏見に邪魔をされてしまうことが、学歴コンプレックスの原因になります。 ふとしたことで同期の人たちより年上だとわかると、浪人や留年したことがバレて気まずい思いをしてしまうことになるため、親密な関係の人以外には年齢を隠して接しているという人も。 フリーターや主婦などは日常生活で学歴にこだわる必要がありませんし、技術や実力で勝負する職人などには学歴は不要だからでしょうか。 それからやはり年収700万円以上の人が続き、最も学歴コンプレックスを感じた人が多いのは意外にも年収500~700万円の層でした。 上場企業の平均年収くらいと言われるこの層はダントツで学歴コンプレックスを経験した割合が高く、就職や出世争いに学歴がついてまわるからこその結果といえるでしょう。 それが学歴にも及んで、相手が自分より高学歴だと卑屈になり、低学歴だと心の中で見下して優越感を抱くのです。 他人の優れたところばかりが目につき、それに比べて自分は……とネガティブに考えて劣等感を持ってしまい、学歴でもそれ以外でもコンプレックスを抱えている人が多いようです。 付き合ったり結婚したりするならなおさらで、そのため女性の学歴を必要以上に気にするのです。 それには男性が常に女性より上位に立ちたい、マウントを取りたいという心理が働いていると考えられます。 高学歴な女性にとっては、自分と同じかそれより上の学歴の男性となると条件が絞られてしまうために恋人選びが大変そうですが、女性側にも自分の方が学歴が上だと気が引ける「逆学歴コンプレックス」ともいえる複雑な心理があるようです。 そうではなくても、そうやって笑い話のように扱うことで傷つかないための予防線を張り、学歴をあまり気にしていないふりをして、同情されたり見下されたりしないように自己防衛しているのです。 もちろん学歴が原因というケースもないとは言い切れませんが、たいていは自分に原因があるはずです。 そのつらい事実を見ないふりでやり過ごすために、学歴に責任転嫁して自分を守っているのです。 「ガリ勉でつまらない」「学歴を鼻にかけていて性格が悪い」「〇〇大なのにこんなこともできないなんて」など、高学歴というひとつの価値をけなすことによって、低学歴の自分を肯定しようとしているのです。 周りから見ればそこそこの大学を出ていても、もっと上の大学でないと自分のプライドが許さないという人や、自分より高学歴の相手にナメられたくないと思っている人もいます。 プライドが高い人は、繊細で傷つきやすかったり、自分に自信がなかったりする場合も多く、学歴ひとつで自尊心をへし折られて立ち直れなくなってしまう……なんてことも。 真面目ゆえに受験勉強もコツコツしてきた人だからこそ、学歴にウエイトを置きすぎて、自分の学歴を過剰に気にかけてしまうようになるのかもしれません。 そのため学歴コンプレックスのある人は、学歴の話題になると黙り込んだり話を逸らしたり離席したり、とにかく学歴を聞かれないよう避け続けるのです。 また、中高の同窓会で給料の話になった時に高学歴の人の方が高収入だったり、同じ仕事なのに高卒より大卒の給料の方がよかったりと、給料の話は学歴コンプレックスに深く関わることが多いので、なかなか自分の給料については話したがりません。

次の

【就活】学歴コンプは一生ではない|今すぐ解消する記事

学歴 コンプ と は

学歴の使い道は特にない 学歴コンプに悩まされる方は、「 学歴は一生ついてくる」と重く考えているところがあります。 私も東大に落ちたクチですので、しばらくは夢に出るほど悩みました。 ESや履歴書の学歴欄には、本意ではなかった大学名を書かなければなりません。 「学歴ロンダリング」をしようとも、学部卒の学歴はその大学なのです。 しかしよく考えてみれば、 学歴はそれ以外の使い道が特にありません。 「学歴を自慢できない」というのはあるかもしれません。 ところが、「俺は東大だぜ~」と自慢している人がいたら、ムカつきますよね。 まさか「ムカつかせる側」になりたかったわけではないと思います。 そこで、客観的な視点で「学歴という肩書」を評価してみましょう。 「学問」の成果に過ぎない 「 学歴=頭の良さ」と 勘違いしてはいませんか? 確かに学歴の高い人には頭の良い人も多いです。 ですが、それは傾向の話であって勉強ができることと頭が良いことはイコールではありません。 これはデータとして証拠があります。 プレジデントオンラインのによれば、 年間1億円以上の役員報酬を得ている社長の 学歴は意外とバラバラです。 早慶出身者が目立つのは確かですが、逆に言えば東大や京大で埋められているわけではなく、 日大出身者も目立ちますし、MARCH関関同立クラスのランクインもあります。 それどころか 専門学校中退や 高卒の億プレーヤーもいます。 また東京商工リサーチのによれば、 大企業の社長は85%が大卒ですが、「 全社長」では 大卒は52%程度です。 そもそも日本の大学進学率が50%程度ですから、 学歴と社会的成功はあまり関係がないと言えます。 それもそのはず、 学歴は「学問」の成果に過ぎないからです。 あなたが学問の世界で生きていくつもりならともかくとして、 ビジネスの世界で生きていくには、 ビジネス上の実績を上げたほうがよっぽど名声になります。 過去の栄光に過ぎない 例えば「年収600万円」「課長をやっている」「起業した」などビジネスの実績は、 現在進行形で通用します。 年収はさらに増える見込みがあり、課長には部長という次のステップがあり、社長はもっと会社を大きくしていくわけです。 一方の 学歴は、過去の栄光です。 あなたの歴史上の出来事に過ぎず、 その後に携わる仕事とは特に連続性も関連性もありません。 学歴では「18歳当時の学問の成績」がわかりますが、どこまでいっても「18歳当時」の話です。 20代、30代にもなって高校時代の栄光を語るほどばかばかしいことはありません。 今はどうなの?というほうがよっぽど重要でしょう。 「今まさに大学生」な場合はこう考えるのは難しいかもしれません。 ですが、いずれ「学生時代」は終わります。 その後、「現在」を誇れるようにビジネスを勉強したほうがよっぽど建設的ではないでしょうか。 「学歴」ではモテないから安心してほしい ネット上では「 学歴があればモテたのに」という書き込みをチラホラ見ます。 しかし、 それは幻想です。 その証拠に私は大阪大学を出ていますが、合コンや同窓会の後、 女性から連絡が来たことは一度もありません。 悲しいことに。 「学歴」があると印象はいいかもしれません。 彼女やその親から褒められたことはあります。 ですが、それが恋愛のきっかけになったわけでもなければ、条件になったわけでもありません。 恋愛において 学歴はオプションに過ぎず、清潔感やニオイ、元気で明るい性格など、 人間としての在り方がメインなのです。 私も当初は「まあ阪大だしモテるだろう」と考えていましたが、全くそんなことはありませんでした。 学歴は就活に影響するのでは? 「 学歴は就活に影響するのでは?」と言われると、確かにそれは否定できません。 会社説明会の予約でも、学歴によって「満席」「空席あり」になるという話はよく見かけますし、 インターンシップやリクルーター面接でも、高学歴なほうが優先されがちです。 ですが、そんなことができるのは消費者向けのBtoC企業で、誰もが知っている企業くらいです。 勝手に学生が集まってくる有名企業というものはごく少数で、 大半の企業は 多額のお金を払って新卒採用に苦労しているのが現実です。 そうでなければ、リクナビもマイナビも会社として成立しないでしょう。 有名企業は高学歴でも難しい 「じゃあ有名企業は高学歴じゃないと入れないじゃないか!」 これは早計です。 有名企業は高学歴でもなかなか入れません。 有名企業は全部落ちた私が証拠です。 就活生は年間40万人いますが、その誰もが知っている会社にいったいどれだけの人数が押し掛けるでしょうか。 倍率は明かされていませんが、普通に考えて 40万人と勝負するのは無理がありますよね。 私の周りでも有名企業に行った人はそれほど多くはありません。 応募者が多すぎる上に、「単なる高学歴」ではなかなか輝いて見えない世界です。 結局「海外留学」をはじめとした国際的な活動に取り組んだとか、 学生のうちにビジネス経験をしているとか、トンデモ人物を除けば有名企業はなかなか難しいものです。 BtoB企業は「皆」を待っている そもそも「有名企業」というもの自体、 消費者の感覚に過ぎません。 こればっかりはビジネスに携わった経験がないとわからないのですが、 就職してから優良企業がたくさん見つかります。 というのも、日本企業は伝統的に 法人向けのBtoBビジネスに強いという特徴があり、 世界的に高いシェアを取っていたり、日経新聞やビジネス誌で頻出の「ビジネス界では超有名」な企業がたくさんあります。 シリコンウェハー加工機械の「ディスコ」という会社を聞いたことはあるでしょうか。 利益率も自己資本比率もやたら高く、給料も高く、ボーナスは年間11ヶ月分出るのに、 ホワイト企業というトンデモナイ会社です。 基盤の表面は緑色に塗られていますよね。 その緑色の絶縁体をつくっている会社です。 世界シェアはなんと50%超、同社抜きに基盤はつくれないのです。 消費者向けのビジネスではないからです。 どんなにすごい会社であっても、学生の知名度がない以上は 応募者が少ないという問題を抱えています。 そこでは「学歴で足切り」なんてしている余裕はありません。 つまり、高学歴でも全落ちする「消費者界の大物」ではなく「ビジネス界の大物」を狙えば、 学歴の差などないに等しいのです。 そんな「ビジネス界の大物」を見つけるのにピッタリな就活サービスを紹介します。 それは 「 」 です。 OfferBoxは「待ち」型の就活サイトで、SNSの要領でプロフィールを充実させていくと、 あなたに興味を持った企業の人事から「 スカウト」が送られてくる就活サービスです。 あなたと「性格が合っているかもしれない」と思った企業からスカウトが届き、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもあるのです。 自分で会社を探すよりよっぽどマッチした会社が現れる可能性が高く、効率的ですよね。 OfferBoxは「企業による一斉送信」ができない仕組みになっており、 本気のスカウトしか来ないのが特徴です。 これが人気を博し、就活生の3人に1人が利用する常識の就活サイトになっています。 一流企業やベンチャー企業はもちろん、BtoBの隠れ優良企業など6,500社以上が利用しています。 「 」 を使って、いろんな会社にあなたを知ってもらいましょう。 というのも、「大卒総合職」はそもそも 経営幹部候補であり、 課長や部長、果ては取締役まで昇進することが期待されている役割です。 最初から「ソルジャー」目的だったら、わざわざ給料の高い「総合職」で雇う必要はなく、 JR各社のように「プロフェッショナル職(大卒現業職)」で雇えばいいのです。 むしろ会社には「ソルジャー」を養う余裕がなく、早期退職制度やリストラを実施するくらいです。 いったん「総合職」として採用されたら、もはや学歴の差などないのです。 「高学歴信者」の方には苦痛な話かもしれませんが、会社には東大や東工大を卒業した「名ばかり管理職」がたくさんいます。 そして、「駅弁大学」や「無名私立大学」の取締役、果ては「高卒」の幹部すらいます。 出世するかどうかは「過去の栄光」ではなく、 そのビジネスにどれだけ自分事として熱中できるかにかかっています。 熱中できないものには身が入りませんよね。 それが何十年も積み重なると、大きな差になります。 そのころ、もはや「18歳の時の学問の成績」など一切通用しないのです。 どうせ就職すればその悩みはどこかへ消えてなくなります。 とはいっても、今直ちに悩みを捨てるのは難しいかもしれません。 そこで、 学歴コンプ特有のうざい行動を見直して、 聖人になりましょう。 学歴の自虐が多い よく卑屈になって「俺は〇〇大学だから…」が口癖になっている人が散見されます。 これは、同じ大学の人にとってはムカつきますし、他大学の人にとっても反応に困る行動です。 その大学は、自分にとっては実力以下の大学かもしれません。 ですが、その大学を目指して頑張ってきた人はどう思うでしょうか。 そして、他大学の人がそういうことを言っていたら、自分はなんと返答するでしょうか。 困りますよね。 「自虐ネタ」のつもりでも、学歴の話は相手を困らせることになるのです。 この対策として、 学歴の話題を封印しましょう。 私も記事作成上の必要がない限りは学歴の話はせず、 学生生活の話をします。 酒を飲んだり、カラオケに行ったり、深夜までゲームをしたり… これはどこの大学でも共通ですよね。 共通の話題を提供するのが、コミュ力の1つの在り方です。 高学歴を貶す 自分より高学歴な人に対してあら探しをして、嬉々として批判する人もいます。 これで相対的に自分の地位が高まったような気分に浸るというわけです。 しかし、先ほども述べたように学歴は「学問の成果」に過ぎません。 賢い人ほどそのことはよくわかっていて、「関係のないことで貶す」のは 痛々しい行為に見えます。 「ああ、こいつは学歴コンプなんだな…」とその後は 腫れ物に触るように気を遣われるでしょう。 そうなったらむしろプライドが傷つきますよね。 何があっても「学歴コンプ」と思われないようにしなければなりません。 そうなると、 学歴の話題は封印するしかありませんよね。 学歴を偏見で語る 「〇〇大学はガリ勉だ」というように、大学名に偏見を持っていて、 その偏見で人を判断する行為も 学歴コンプ丸出しです。 偏差値の高い大学には、成績表がオール5だったような人がたくさんいます。 つまり、 体育も芸術も家庭科もできるというようなタイプです。 彼らはエネルギーがありすぎて、なんでも全力で取り組んだ結果、偏差値が高くなったというわけです。 酒も遊びも学問もやります。 いったいどこにそんな時間があるのかというほど、なんでもやります。 逆に言えば、偏差値の低い大学であってもそんな「超人」がいると思います。 そう、 学歴と人格は関係がないのです。 そのことをわかっている人には、「大学名での偏見」は 視野が狭く見え、「子どもっぽい」と思われてしまいます。 やはり、 学歴の話題は封印するに越したことはありませんね。 学歴の代わりにビジネスを語ろう 「学歴は一生」とお悩みの方に伝えたいのが、 「 卒業してから学歴を語るほど虚無なことはない」ということです。 卒業してしまった以上、学歴を語っても「 昔話」にしかなりません。 そんなことより 今携わっているビジネスを楽しそうに語る方が、よっぽど輝いて見えますよね。 自分の仕事が社会にどんな価値をもたらしているか、自分のおかげで何が実現したか、 それがどんなに面白いか語りましょう。 過去にとらわれるより、「今」を生きるほうがよっぽど健全で、モテます。 私の経験でも、学歴を答えた時より「 仕事が面白すぎて眠れなくなって身体を壊した」話をしたほうがよっぽどウケます。 それくらい「今」を楽しんでいる人のほうが輝いて見えるのです。 そんな「面白い就職先」を見つけるのに私は遠回りしてしまいましたが、 皆さんには「新卒」の段階で見つけてほしいと思います。 そのコツが、 自己分析です。 自己分析をすることであなたの「ビジョン」を発掘し、「熱中できるビジネス」を探す指標とするのです。 そんなに難しいことではありません。 「 今、何を楽しいと思うか」を起点に探していけばよいのです。 次のページで自己分析をやってみましょう。 法人向けのビジネスは消費者向けの 20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。 ですが「 」なら、 知らなかった優良企業が 向こうからあなたを探し出してくれます。 プロフィールを充実させていくと マッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時には いきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。 すでに 2021卒・ 2022卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。 「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「 もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。 「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスがあります。 それが「 」です。 キャリアチケットは 内定率139%を誇り、 「あなたの性格」を プロ目線で分析し、 最短3日で「あなたに合った会社」の内定が獲得できてしまいます。 つまり、登録すれば 内定がほぼ確定というわけです。 就活生は完全無料でしかも厚労省が「優良事業者」と認定していて、年間 1万人も利用しています。 毎年卒業ギリギリまで募集しており、 21卒も2020年6月でもまだ間に合います。 志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1) あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。 自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。 そこで 先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。 「」では、歴代就活生の合格エントリーシートを 無料ダウンロードできます。 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで 3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう。 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事も すべて無料で読むことができます。 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。 志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2) 「」では 50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。 「 ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する 限定イベントも開催されます。 ワンキャリアは 月間60万人の就活生が利用しています。 また内定後もがもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。 先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

次の

【悲報】ワイ、学歴コンプを抱えて頭がおかしくなる

学歴 コンプ と は

学歴コンプで辛いです。 現在地方国立S大学理系3年です。 僕は高校受験の時に猛勉強の末偏差値10から15ほど上げて担任に絶対無理だと言われていた高校に進学しました。 大学受験の時は特に行きたい大学もなかったため、ずっとA判定だった地元の国立大学をほとんど無勉で前期で受け、合格しました。 入る前はコンプレックスはなかったのですが、いざ入学してみると周りは旧帝落ちの学歴コンプばかり、そして入学後に学歴の重要性を知り ちゃんと調べなかったのが悪いのですが 、極め付けは科研費が旧帝と地方国立で数倍の差があることを知り、旧帝大に進学していればハイレベルな研究が出来たのでは?と思うようになり、次第に学歴コンプが深まって行きました。 大学は自分よりも低ランクの高校出身の人ばかりで、S大行くなら高校受験こんなに頑張る必要なかったのではないか、 S大の偏差値を調べると50前後と非常に低い 入学してから知りました 、 センターの結果は千葉、広島あたりも狙えた S大は後期もA判でした のに、なんで受験しなかったのかと考えたり、 数学に関しては東大や医学部に行った奴らと並んで常に学年上位だったことや、高校受験の成功体験もあり、勉強していたら絶対に旧帝大に受かっていたという確信がある等、 考えれば考えるほど後悔が出てきます。 学歴コンプを克服するにはどうすればいいでしょうか? ロンダも候補にありますが、それでコンプが完治するとは思えないので、できれば精神面でのアドバイスをお願いします。 大学院で学歴ロンダリングというか十分な助成金が支給されるところに行きましょう。 元々、地方国立大というのは戦前の旧制高校の上級2年を一般教養課程にしてオマケで専門課程をくっつけたものです。 なので戦後しばらくは大学院の設置すら認められていませんでした。 もしあなたが単なるコンプレックスだけで、やる気も何にもないなら話は別ですがやる気があるなら大学院から旧帝大に進学したら良いです。 もちろん3年次編入試験さえ受かるならすぐにでも編入可能です。 ちなみに5Sといって 静岡大、滋賀大、信州大、埼玉大、新大 新潟大 は地方国立大の中でもまだマシな方なんですよ。 もうワンランク下になると旧帝大落ちの人すら来ません、田舎のなんちゃって優等生の溜まり場です。 ちなみに高校時代がそうだったからと言って大学受験でもやればできるはずだったなんて事はないです。 今やるかやらないか人生は常にその二択の上に成り立っています。 過ぎた時間は帰ってこないあなたに与えられた権利は残された時間をどう使うかを決め実行する権利のみです。

次の