引越し 単身 見積もり 一括。 再開後クロネコヤマト単身パックの引越しが危険な理由!料金と口コミ評判

単身引越しはどこが一番安い?|無料でわかるカンタン見積もり

引越し 単身 見積もり 一括

ここの見積もりはあくまでシステムで出された概算で、連絡後に単身パックプランの提案がされる場合が多いです。 最低3社に連絡を取って正確な見積もりの比較をすることで最安値のプラン料金が分かります。 また、注目したいプランが 「らくらく家財宅急便」。 こちらはヤマトの単身パックサービスにはない宅急便ならでは利点があります。 当ページはクロネコヤマトの単身パックとらくらく家財宅急便の料金相場や詳細、口コミ評判などをまとめています。 単身引越しをするうえで、強い味方となるクロネコヤマト。 各プランを上手く利用して、出来る限り引越し料金を節約したいところですね。 その他一括見積もりサービス たくさん比較したいなら「引越し侍」• 他の人の荷物と混載輸送することで無駄なスペースなく運ぶことができるというものです。 いわゆる「他の配送作業のついでに運んでくれる」というサービスです。 そのため輸送コストもかからず、安くスピーディな配送がウリだそう。 これより更に少ない場合、例えばタンスだけ、テレビだけ、洗濯機だけ、などの場合はらくらく家財宅急便が適用になりますが、正直このジャストサービスは単身引越しにおいてそんなに使うシーンは少ない気はします。 プラン詳細は2019年9月の再開以前の情報であり、現在のプラン内容と異なる場合がございます ヤマトの引越しは当日、即日など最短で対応可能か? 急な引越しやどうしても当日引越ししたい場合でも即日対応はしてもらえますが、これは荷物量と移動距離、あと依頼した時間によって左右されます。 ただし単身パックの場合は基本的にボックス混載便対応になるため、即日対応は可能でも当日に引越し先に荷物が届くのは無理です。 荷物量が少なければ、多少頑張って宅急便扱いにすれば当日集荷は確実に対応してもらえるためこれも一つの方法。 これはヤマトに限らずどこの引越し業者でも同様ですが、とにかく荷物量、移動距離、そして当日対応できるだけのキャパが業者にあるかどうかが一番のキーポイント。 即日引越しを可能にするにはまず数を当たる 当日に全ての引越しを完了させるためには、まずヤマトに限らず対応可能な業者がいるのかどうかを把握しなければなりません。 あとは事前に連絡していた場合と比較してどうしても料金は上がる可能性が高くなるのがデメリット。 即日引越しを可能にさせるためには、できるだけ沢山の業者から見積もりを取ることが一番重要でより可能性を上げるための方法です。 クロネコヤマトの引越しサービスを利用した人の口コミ評判 実際に引越しをヤマトにお願いした人たちの口コミを集めましたので、引越し業者検討の参考にしてください。 決めた理由 料金が安かったから 相談した時の対応が良かったから• かかった費用 5万円以上 子供が小さかったので、おまかせを頼みましたが、丁寧だし、接客態度もしっかりしていて良かったです。 テキパキとして、礼儀正しく、行きはおまかせでしたが、寝ている子供にも気をつかってくれて、ホコリもあまりたてないように荷造りしてくれました。 ただ、今まで、8回引っ越しをしましたが、場所によっては、ダラダラして、仕事も遅くクロネコも落ちたなと思った回もありました。 その土地の引越センターによって差があるなというのはあると思います。 サカイ引越センターは、段取りが悪く、安いだけで、時間ばかりたって、全然だめでした。 日通も一度だけ利用しましたが、時間に遅れてきて、船の時間に間に合わず、最低でした。 その点、どれも無難にクロネコはクリアしてくれるし、値引きもあって良かったです。 投稿日時:2019年01月09日 17:00• 決めた理由 料金が安かったから• かかった費用 3~5万円 単身だったので、他社の引っ越し業者より安かったです。 時間もきっちりしていて、引っ越しも早くできました。 家族での引っ越しはサカイ引越センターが、安くて良かったです。 クロネコヤマトは、今回は単身だったので、利用しませんでしたが、家族で引っ越しの時は、家財算出表を出してもらいました。 さすがクロネコヤマト。 対応・作業の質を評価する声が多かったです。 ただ、なかには繁忙期の遅れで予定が狂ってしまったという声もありますが、それでも 希望日・低価格帯での引越しができていることに驚き。 料金良し・作業良し・対応良しのクロネコヤマトの引越しサービス。 料金はいくらでも安くできる引越し業界ですが、作業や対応の質まで評判の良い業者はとても貴重な存在。 関連記事 その他ヤマトの当日の作業や接客対応についての口コミ評判は次の記事でまとめています。 ヤマト単身引越しパックはこんなところがデメリット 口コミ評判を調べてみたところ、悪い感想はほぼありませんでした。 水漏れによる被害があった場合もちゃんと補償されていたりするので、事故トラブルによるクレームや苦情もあまり無いようです。 荷物が少なければかなり安い料金で引っ越しできるので、単身者にはありがたいサービスですが、デメリットとして他社のように ダンボールが無料ではなく有償なので、梱包資材がない場合は購入する必要があります。 また荷物量が単身サービスで収まりきらない場合は2ボックス以上になりますが、その場合は 他業者の単身パックを使ったほうが安くなる可能性があるため、いずれにしても一括見積もりサービスを使っておくほうがより確実。 また、エアコン取り付けや取り外しなどの電気工事依頼もやや高めになっているようです。 ただし、不要品買取サービスがあるので大きめの荷物で買い取りしてもらえるものがあればその分処分費用が浮いたり、引越し代も浮いたりするので有効活用できますね。 クロネコヤマトの単身パックの注意点 実際のところ、日通にせよヤマトにせよ単身パックは安値の見積もりが出ます。 ただし、1BOX分に収まらなかった荷物についてはもう1BOX追加、もしくは後述する「 家財便」やお馴染みの「 宅急便」と組み合わせての引越しとなります。 そのため、荷物量が1BOXにジャストフィットしないと 「えっ、こんな高いの?」という見積もり値段が出る場合があってびっくりします。 もうそうなってくると結局、他社の2tトラック1台の通常プランと変わらないなんてことも。 自分の荷物量に対しもっとも最適なプラン、かつ安値の見積もりで引越しするには 最低3社以上で相見積もりを取りましょう。 そして、相見積もりのコツは 事業形態が異なる業者をチョイスすること。 ヤマトや日通、福通などは「 運送兼引越し業者」に該当し、サカイ、アート、アリさんなどは「 引越し専門業者」となります。 両者の輸送手段には大きな違いがあるため、見積もりにも差が出ます。 となれば比較する意味も大アリ。 引越し専門業者の中での最安値は一括見積もりサービスでカンタンに分かるため、 運送兼引越し業者であるヤマトや日通の単身パック料金と比べてどちらが安いのかチェックしておきましょう。 こんな分かりづらくフワっとした引越し料金の見積もりを正しく取って、損をしないためにも 複数社の見積もり比較は欠かせないと感じます。 引越しサービスとの大きな違いは運ぶ荷物量。 引越しプランでは「ベッド、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ダンボール数箱」と複数の荷物をトラックに積んでまとめて運ぶのが一般的ですね。 一方でらくらく家財宅急便は「ベッド」「冷蔵庫と洗濯機」のような家具だけ送る、 大型荷物向けの宅急便サービスといった印象。 つまり、あれもこれも運びたい引越しではなく「これだけ運びたい!」という引越しなら比較的安価になります。 新居への配送以外にも 引越しで新居に個別配送するだけではなく、たとえば知人に家具や家電を譲るために利用したり、オークションなどで売買したりする場合など用途は様々。 これらを梱包・搬出サービス付きで行ってくれるため、不用品処分の配送手段としての利用も可能です。 らくらく家財宅急便は引越しで大型家具1、2点だけ送りたい人向き 引越しで運ぶ荷物は人によって様々。 たとえば、実家を出て初めての1人暮らしで「冷蔵庫や洗濯機は新居でレンタルするけど、お気に入りのベッドだけは持っていきたい」といったケースなら、らくらく家財宅急便はピッタリです。 これを引越し業者の 「単身プラン」で送ろうと思うと チャーターするトラック1台分の料金をとられるため、引越し料金は荷物量に対し割高に。 「単身パック」の場合、そもそも ベッドやソファーといった大型家具は入らないため運ぶことができません。 逆に引越しプランに向いている人は、大型家具数点以外にもダンボールなどの小荷物がある人です。 それがなぜかというのは、「らくらく家財宅急便のデメリットの章」で詳しくまとめています。 宅急便サービス向きの人・引越しサービス向きの人• 家具ごとに最適な梱包方法っていちいち違うし、搬入・搬出にはトラブルのリスクが付きもの。 荷物だけじゃなく 搬入経路の壁の傷や、 分解時の小さなパーツの紛失…。 大型家具を安全に運ぶためには引越し業者の 「作業の質」がとっても重要です。 また、万が一の補償に関しては 「対応の質」。 ただ、ヤマトにはらくらく家財宅急便で運ぶことができないものでも輸送できます。 たとえば150kgを超える荷物、特殊作業が必要なグランドピアノなどの楽器、車やバイクなどの車両、ペットを運びたい場合は、クロネコヤマトが提携している業者を手配しての輸送となります。 こういった依頼は提携業者の手配、荷物の状態の確認や搬入経路の下見などをしなくてはいけないため、 早め早めの予約が必要となる点に注意しましょう。 らくらく家財宅急便を引越しに使った人の口コミ評判 良い口コミ 満足でした• 引越し料金 15,000円• 引越し時期 6月上旬• もともと同棲していたのでほとんどの荷物は運び込んであり、あとは私の実家からタンスと小さな本棚を運びたいだけでした。 引越し業者を使うほどではないけれど、自分で軽トラックを借りて運ぶのも大変なので調べて見つけたのが 「らくらく家財宅急便」です。 荷物の梱包は引越し業者のようにしっかりしていて、荷入れ先の設置まで丁寧な作業でした。 宅配便の大手で引越しも手がけている業者ので、とても安心できると思いました。 運びたい荷物が、2、3点くらいで少ないけれど自分で運ぶのは難しい…という場合に特におすすめです。 投稿日時:2019年05月14日 13:58 やや不満でした• 引越し料金 21,600円• 引越し時期 2月下旬• また、配達は2名での行って頂いたが、片方の方が設置したものを、それはしなくていいから元に戻してと客の前で話をしていたため。 らくらく家財宅急便はこんなところがデメリット 大型家具数点だけ運ぶ引越しであれば、これ以上ないってくらい便利ならくらく家財宅急便。 ただ、あれこれと何点も家具の配送をお願いしてしまうと、料金は高くつきます。 らくらく家財宅急便の料金の決まり方には 引越しプランのような「まとめてお得」といった特徴が無いからです。 たとえば、机と椅子は別々の配送となるし、エアコンの室内機と室外機も別々。 それぞれに オプション料金があればそれも別々に発生します。 こうなってくると結局割高ですよね。 新居に送る荷物が「ベッド、机と椅子、電子レンジ…あとダンボール数箱」のようなときは、 まとめて運んでくれる引越し業者の相見積もりをとった方が圧倒的に安くなります。 引越し業者なら値下げ交渉も 宅急便サービスは料金設定がほぼほぼ決まっていて料金が動くことがありません。 安くするためにはダメ押しの値下げ交渉も欠かせないポイント。 相見積もりをとって各引越し業者が出した見積もりをもとに、交渉を持ちかけてみるとトントン拍子で安くなっていく引越し料金に感動します。 また、宅急便サービスであるらくらく家財宅急便は引越しにも利用することができます。 「ベッドやタンスなどの大型家具を1、2点だけ新居に持っていきたい」という引越しであれば、らくらく家財宅配便の方が安く済みやすいです。 どちらのサービスも良心的な価格であることに間違いはないのですが、まずは日通など他社の単身パック料金と比較してみましょう。 荷物量で料金が一律に見えがちなヤマト単身パックですが、距離や時期などで高くなったり安くなったりするのも事実。 その時その時の相場を知るなら、一括見積もりサービスの利用が一番手間なく確実といえます。

次の

引越し一括見積もりは【要注意!】業者探しのコツとメリット&デメリット|100円引越しセンター

引越し 単身 見積もり 一括

普通、友達に頼んだりして極力お金をかけないように考えますよね。 しかし、考えてみてください。 友達だって都合がありますし、ドタキャンだって可能性がゼロではありません。 学生さんだって忙しいんですから。 また、うまい具合にこちらの希望日時に空いていたとしても、今度は運ぶ車を用意しなくてはいけません。 レンタカーで軽トラックや軽バンが空いていればいいですが、それでも半日で5,6千円はかかります。 友達だってタダではありません。 食事や日当ぐらい出してあげないといけないでしょう。 そんなの要らないという人もいますが、もうすぐ社会人になる人はそれぐらいの礼儀は心得ておく必要があります。 さらに、引越しのプロではないので、大事なものを運ぶ途中でぶつけたり、落としたりして壊れてしまうかもしれません。 自分のものなら自分があきらめさえすればいいのですが、部屋の壁をこわしたり、車をぶつけたりしては大変です。 引越し業者なら保険にも入っていますから安心ですが、損害賠償のリスクもあるということです。 安く引っ越そうとここまでやって、それでも友達に借りを作ってしまいます(笑) 自力で引っ越すにはそれ相応の覚悟が必要です。 本当に荷物が少ない場合は一番簡単かもしれません。 宅急便の料金は基本的に次の3点で決まります。 距離(どこからどこまで)• 大きさ(ダンボール箱の「高さ+幅+奥行」が何センチ)• 重さ(何キログラム) 120サイズといわれる高さ+幅+長さ=120cm以下で15kg以下であれば、同地区への運搬で約1500円弱です。 (クロネコヤマトの場合) 120サイズはA3サイズ雑誌・書類が入りますが、このサイズからのダンボールは全て書籍のみの梱包にしてしまうと重くて持てません。 Yシャツを2枚並べての箱入れは可能です。 もし、家具(棚やベッド)、大型家電(テレビ、冷蔵庫)、自転車、ゴルフクラブなど、またパソコンのような精密機器は、やはり料金もそこそこしますので要検討です。 引越し業者で引っ越す方法 やはり、総合的に考えて引越し業者にお任せするのが一番いい方法ではないでしょうか? 赤帽のような個人で軽貨物運送業者から大手の引越し業者まで、引越しプランもさまざまあります。 最近は一人暮らしの学生にもうれしい単身パックという引越しプランもあって、安いところだと1万円台からあります。 これは多くの単身者(単身赴任のサラリーマンや学生)の引越しに利用されています。 単身パックを扱っている業者は サカイ引越センター(せつやくコース)、 日通(単身パックS・L)、 アリさんマークの引越社(ミニ引越しプラン) クロネコヤマト(単身引越しサービス)、 アート引越センター(学割パック)などがあります。 単身パックとは 単身パックとなぜ安いのでしょうか? それは一人暮らし用の荷物をパッケージ化して運搬するようにしているのです。 ほとんどの業者が 専用のボックス(カゴ台車)に入ることが条件で、それ以上の荷物になると普通の引越しパックに代わります。 ですから荷物が少ないというのが大前提です。 基本的にベッドを運ぶというプランにはなっていません。 単身パックで頼んだとしても、運ぶ荷物が多すぎてカゴに収まり切れないと別料金がかかったりする場合もあります。 単身パックだからといって安心しないで、きちんと見積もりを取ってもらうことが大切です。 また、平日割や早期割引、学割、レディース割など様々な割引も業者によって用意されていますので、上手に利用しましょう。 一番安く引越しするには それでは、どうすれば一番安く引越しすることができるのでしょうか? それは次の2点が重要です。 荷物を減らすこと• 引越し見積もりを比較すること 不要な物は引っ越し前に処分しよう 初めての一人暮らしであればもっていく荷物はそう多くないのでだいじょうぶでしょうが、一人暮らしを長く続けていると、捨てるのが面倒なためについついものをため込んでしまいがちです。 例えば、暇つぶしのために買ったDVDやゲーム、読まなくなった漫画や雑誌、着なくなった洋服、割れた食器、使わなくなったフライパンや鍋など・・・。 こんな時だからこそ、思い切って 処分(断捨離)してしましょう。 そうすることで荷物が減らせて、 引っ越し代金を安くすることにつながります。 不用品は売ってしまおう 一番いいのは引越しが決まる前から徐々に不用品を リサイクルショップやオークションサイトで売却することです。 しかし、引っ越し作業が本格的になってからは、時間もないので 各自治体の廃品回収を利用します。 自治体の廃品回収であれば、平均価格として1つの製品にたいして300円〜600円程度で処分することが可能ですので、自力で運搬できる範囲の不用品は廃品回収で処分してしまいましょう。 もしも自治体の廃品回収が引越し日に間に合わない場合は、 不用品回収業者を利用するのがオススメです。 持ち込みをしたときの値段と回収に来てもらったときの値段が異なりますので、引越しが本格化する前に不用品回収業者に料金がいくらになるのか調べておくことも大事です。 また最終的な方法として引っ越し業者に任せるということもできるのですが、引っ越し業者の場合不用品処理が出来る製品とできない製品がありますから、こちらも不用品処理をしてくれるかどうか引越し業者に確認しておきましょう。 複数の引越し業者から見積もりを取って比較しよう 不用品の処分が終わったら、引越し業者から見積もりを取ります。 複数の見積もりを取ることで、引越しの相場もわかり、交渉に生かせるようになります。 例えば、「A社は5万円だったけど、B社はもっと安くならないの?」といった話ができます。 ただ、何度も値引き交渉をするのはやめておきましょう。 相手も人間ですし、金額もそんなに高いわけではないので「気に入らなければ他社でどうぞ。 」となります。 複数の見積もりというのはぼったくられないための保険だと思ってください。 参考までに引越しの料金というのは次の3点でほぼ決まります。 運ぶ距離• トラックの大きさ• スタッフの人数 しかし、引越し日を指定せず、午後とか、繁忙期、日祝日を除けばさらに安くなったりします。 引越し一括見積がおすすめ.

次の

単身引越し業者人気ランキング(満足度順)|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し 単身 見積もり 一括

普通、友達に頼んだりして極力お金をかけないように考えますよね。 しかし、考えてみてください。 友達だって都合がありますし、ドタキャンだって可能性がゼロではありません。 学生さんだって忙しいんですから。 また、うまい具合にこちらの希望日時に空いていたとしても、今度は運ぶ車を用意しなくてはいけません。 レンタカーで軽トラックや軽バンが空いていればいいですが、それでも半日で5,6千円はかかります。 友達だってタダではありません。 食事や日当ぐらい出してあげないといけないでしょう。 そんなの要らないという人もいますが、もうすぐ社会人になる人はそれぐらいの礼儀は心得ておく必要があります。 さらに、引越しのプロではないので、大事なものを運ぶ途中でぶつけたり、落としたりして壊れてしまうかもしれません。 自分のものなら自分があきらめさえすればいいのですが、部屋の壁をこわしたり、車をぶつけたりしては大変です。 引越し業者なら保険にも入っていますから安心ですが、損害賠償のリスクもあるということです。 安く引っ越そうとここまでやって、それでも友達に借りを作ってしまいます(笑) 自力で引っ越すにはそれ相応の覚悟が必要です。 本当に荷物が少ない場合は一番簡単かもしれません。 宅急便の料金は基本的に次の3点で決まります。 距離(どこからどこまで)• 大きさ(ダンボール箱の「高さ+幅+奥行」が何センチ)• 重さ(何キログラム) 120サイズといわれる高さ+幅+長さ=120cm以下で15kg以下であれば、同地区への運搬で約1500円弱です。 (クロネコヤマトの場合) 120サイズはA3サイズ雑誌・書類が入りますが、このサイズからのダンボールは全て書籍のみの梱包にしてしまうと重くて持てません。 Yシャツを2枚並べての箱入れは可能です。 もし、家具(棚やベッド)、大型家電(テレビ、冷蔵庫)、自転車、ゴルフクラブなど、またパソコンのような精密機器は、やはり料金もそこそこしますので要検討です。 引越し業者で引っ越す方法 やはり、総合的に考えて引越し業者にお任せするのが一番いい方法ではないでしょうか? 赤帽のような個人で軽貨物運送業者から大手の引越し業者まで、引越しプランもさまざまあります。 最近は一人暮らしの学生にもうれしい単身パックという引越しプランもあって、安いところだと1万円台からあります。 これは多くの単身者(単身赴任のサラリーマンや学生)の引越しに利用されています。 単身パックを扱っている業者は サカイ引越センター(せつやくコース)、 日通(単身パックS・L)、 アリさんマークの引越社(ミニ引越しプラン) クロネコヤマト(単身引越しサービス)、 アート引越センター(学割パック)などがあります。 単身パックとは 単身パックとなぜ安いのでしょうか? それは一人暮らし用の荷物をパッケージ化して運搬するようにしているのです。 ほとんどの業者が 専用のボックス(カゴ台車)に入ることが条件で、それ以上の荷物になると普通の引越しパックに代わります。 ですから荷物が少ないというのが大前提です。 基本的にベッドを運ぶというプランにはなっていません。 単身パックで頼んだとしても、運ぶ荷物が多すぎてカゴに収まり切れないと別料金がかかったりする場合もあります。 単身パックだからといって安心しないで、きちんと見積もりを取ってもらうことが大切です。 また、平日割や早期割引、学割、レディース割など様々な割引も業者によって用意されていますので、上手に利用しましょう。 一番安く引越しするには それでは、どうすれば一番安く引越しすることができるのでしょうか? それは次の2点が重要です。 荷物を減らすこと• 引越し見積もりを比較すること 不要な物は引っ越し前に処分しよう 初めての一人暮らしであればもっていく荷物はそう多くないのでだいじょうぶでしょうが、一人暮らしを長く続けていると、捨てるのが面倒なためについついものをため込んでしまいがちです。 例えば、暇つぶしのために買ったDVDやゲーム、読まなくなった漫画や雑誌、着なくなった洋服、割れた食器、使わなくなったフライパンや鍋など・・・。 こんな時だからこそ、思い切って 処分(断捨離)してしましょう。 そうすることで荷物が減らせて、 引っ越し代金を安くすることにつながります。 不用品は売ってしまおう 一番いいのは引越しが決まる前から徐々に不用品を リサイクルショップやオークションサイトで売却することです。 しかし、引っ越し作業が本格的になってからは、時間もないので 各自治体の廃品回収を利用します。 自治体の廃品回収であれば、平均価格として1つの製品にたいして300円〜600円程度で処分することが可能ですので、自力で運搬できる範囲の不用品は廃品回収で処分してしまいましょう。 もしも自治体の廃品回収が引越し日に間に合わない場合は、 不用品回収業者を利用するのがオススメです。 持ち込みをしたときの値段と回収に来てもらったときの値段が異なりますので、引越しが本格化する前に不用品回収業者に料金がいくらになるのか調べておくことも大事です。 また最終的な方法として引っ越し業者に任せるということもできるのですが、引っ越し業者の場合不用品処理が出来る製品とできない製品がありますから、こちらも不用品処理をしてくれるかどうか引越し業者に確認しておきましょう。 複数の引越し業者から見積もりを取って比較しよう 不用品の処分が終わったら、引越し業者から見積もりを取ります。 複数の見積もりを取ることで、引越しの相場もわかり、交渉に生かせるようになります。 例えば、「A社は5万円だったけど、B社はもっと安くならないの?」といった話ができます。 ただ、何度も値引き交渉をするのはやめておきましょう。 相手も人間ですし、金額もそんなに高いわけではないので「気に入らなければ他社でどうぞ。 」となります。 複数の見積もりというのはぼったくられないための保険だと思ってください。 参考までに引越しの料金というのは次の3点でほぼ決まります。 運ぶ距離• トラックの大きさ• スタッフの人数 しかし、引越し日を指定せず、午後とか、繁忙期、日祝日を除けばさらに安くなったりします。 引越し一括見積がおすすめ.

次の