吉岡秀隆。 吉岡秀隆の現在は?再婚の噂が?相手は?内田有紀との離婚の原因は?

吉岡秀隆さんの演技力と性格が凄いらしい!性格が離婚原因か!?|エントピ[Entertainment Topics]

吉岡秀隆

経歴 5歳でに所属し間もなくテレビ時代劇『』でデビュー。 当時、 吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。 に「」人気を受けて制作されたアルバム『ユミちゃんの引越し・山口さんちのツトム君 みなみらんぼうのこどものうた』(パパ役が、ママ役がで、ツトム君役が吉岡)の中で彼が「山口さんちのツトム君」を歌っている(この曲はから発売される童謡集にときどき収録される)。 、監督の『』で主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演。 公開の『』の武志役のオーディションにて監督に見出され、翌公開の『』シリーズ第27作『』から第50作まで寅次郎の甥・諏訪満男役でレギュラー出演し 、こちらも代表作となる(主演のが病気で派手な演技ができなくなった『』以降は登場シーンが増え、事実上の主役となった)。 よりまで、『』に黒板純役でレギュラー出演し、黒板螢役のと名子役と云われ、代表作になった。 、『』に主演して高視聴率を獲得。 監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。 作品にも多く起用されている。 に主演した、映画『』では同名の劇中歌を作詞作曲。 47万枚を売り上げるヒットとなり、オリコンでも最高7位を記録した。 体の線が細く繊細な演技が持ち味で、若い頃は、思い悩む等身大の青年役を多く演じた。 私生活 『北の国から2002遺言』で共演したのと結婚。 がプロデュース『北の国から』の舞台・での挙式が話題になった。 内田有紀と離婚。 内田との間に子どもはいなかった。 人物 学歴としてはを経て、中退。 人前で喋るのは苦手であるとして、TVのバラエティ番組やトーク番組にはめったに出演しないが、たまに出演するラジオ番組では、監督との思い出話からバイクでの失敗談、アニメが好きでロケ先にまでDVDを持って行った話まで、比較的プライベートな話題も語っている。 交友関係• の数少ない友人の1人であり、「オレのことを兄と思ってくれていいよ」と本人から言われるほどの仲だった。 飲んでケンカして朝方のゴミ捨て場によく尾崎を捨てていたという。 今でも尾崎にもらったネックレスをプライベートでは常につけている。 『男はつらいよ』での共演者たちを慕っている。 とは今でもつきあいが深く、特技のマッサージをよく頼まれるという。 また、『』で最優秀主演男優賞を獲った際の受賞コメントで、「撮影現場に行きたくないなと思うとき、必ず僕の胸に笑顔で現われてくれる天国にいる渥美清さんにお礼を言いたいです。 」とに感謝の言葉を述べている。 『ラストソング』撮影の際、監督のから、「ギターを練習しろ」と言われ練習していると、今度は「だったら曲を作れ」と言われ戸惑いながらも作った曲が、他の候補曲を退け主題歌、劇中歌として使われた。 杉田は、「吉岡の歌がせつなくて心に響くいい歌なのを知っていたので、彼に作詞・作曲もしてもらいました」と語っている(「」2005年 11月下旬号より)。 『』で養護学校の生徒を演じる際、中学時代の恩師に頼み三日間実際に養護学校に転入した。 『』に出演した際には、『北の国から』のイメージが強いことから原作で雪山のシーンだった部分を、映画では海辺に変更されている。 監督曰く、雪山に吉岡がいると黒板純になってしまうからということらしいが、吉岡本人は「海辺ではになってしまうと思う」と語っている。 『』では、孫役の4人の中でただ一人鍵盤楽器を習ったことのない吉岡がオルガン演奏する役になったが、必死の練習の甲斐あって吹き替えなしでシューベルトの「野薔薇」を歌いながら弾くという場面を演じた。 また『』でも、監督の佐々部清の意向を受け、吹き替えなしのピアノ演奏シーンであった。 「月光」の第一楽章の半分以上を(楽譜を読むことを放棄して)丸暗記して演奏した。 『学校II』の撮影後、既に制作が決まっていた秋からの『男はつらいよ 寅次郎花遍路』の撮影に呼ばれると思っていたが旅行先のオーストラリアでの訃報を聞く。 急遽帰国し、1996年8月13日に開かれた「とのお別れの会」に出席した。 『』の劇中で『男はつらいよ』の映画を見るシーンで渥美清を思い出し感極まり何度も泣いてしまいなかなかOKが出なかった。 6月29日、『北の国から』ほかで共演したが心不全で死去。 8月6日に営まれた『お別れの会』に、らと参列し、田中が参列者を代表して祭壇に向けて「お礼の言葉」を述べる際には、介添え役を務めている。 第30回日本アカデミー賞、最優秀主演男優賞プレゼンター時、「日本映画のますますの発展と、そして、いつまでもいつまでも日本映画が人の心を照らし続ける光でありますように心よりお祈りいたします。 」と日本映画への想いを述べている。 出演 テレビドラマ• 第217話「邪魔者を殺せ! 」(1975年11月15日) - けいいちろう 役• 第377話「罪なき必死の逃亡者」(1979年2月3日)• (1976年7月 - 10月、)• 第43話「春の大川端」• 「絆」(1980年7月 - 8月、)• (フジテレビジョン) - 黒板純 役• 北の国から(1981年 - 1982年)• 北の国から'83 冬(1983年)• 北の国から'84 夏(1984年)• 北の国から'87 初恋(1987年)• 北の国から'89 帰郷(1989年)• 北の国から'92 巣立ち(1992年)• 北の国から'95 秘密(1995年)• 北の国から'98 時代(1998年)• 北の国から 記憶(2002年、総集編)• 北の国から2002 遺言(2002年)• くもりのちハーレー(1988年5月15日、TBS、) - 田島亮 役• (1990年4月3日、、) - 日下守 役• 1970 ぼくたちの青春(1991年6月21日、フジテレビ) - 西脇誠 役• 年末時代劇スペシャル「」(1991年12月13日、フジテレビ) - 赤穂浪士 矢頭右衛門七 役• 旅立つ人と(1999年10月29日、フジテレビ、金曜エンタテイメント) - 松井照雄 役• フジテレビ開局40周年記念番組「」(1999年、フジテレビ) - 小林繁夫 役• (2000年8月 - 9月、、BSドラマアベニュー) - 大柴総太 役• (フジテレビ) - 主演・五島健助 役• コトー診療所 (2003年7月 - 9月) - 第1シリーズ• コトー診療所 特別編(2004年1月) - 2夜連続放送 第1シリーズの総集編に新しく撮り下ろしたストーリーを加えた作品• コトー診療所 2004(2004年11月) - 2夜連続放送• コトー診療所 2006(2006年10月 - 12月) - 第2シリーズ• 心の砕ける音〜運命の女〜(2005年、、連続ドラマW) - 永井耕介 役• 死亡推定時刻(2006年9月9日、フジテレビ、土曜プレミアム) - 主演 川井倫明 役• (2008年、日本テレビ)第7話 - 青木 役• 開局50周年記念番組「」(2夜連続放送)(2009年2月7日・8日、テレビ朝日) - 安城民雄 役• シリーズ激動の昭和 「」(2009年8月10日、TBS) - 主演・西邑仁平 役• (2010年4月3日・10日、NHK) - 主演・ 役• (2011年2月26日、テレビ朝日) - 中江(判事) 役• (2011年3月 - 4月、WOWOW、連続ドラマW) - 主演 大野達郎 役• NHK放送開始60年記念ドラマ「」(2013年1月 - 2月、NHK、土曜ドラマスペシャル) - 柿沼雄二 役• シリーズ(テレビドラマ (TBS、月曜ゴールデン) - 主演 百瀬太郎 役• 猫弁猫弁〜死体の身代金〜(2012年4月23日)• 猫弁と透明人間(2013年4月22日)• (2014年5月 - 6月、WOWOW、連続ドラマW) - 主演 織田俊哉 役• フジテレビ開局55周年記念番組「」(2014年7月 - 9月、フジテレビ) - 新城正臣 役• (2015年1月 - 3月、TBS) - 橋本義明 役• (NHK) - 日出男 役• 富士ファミリー(2016年1月2日)• 富士ファミリー2017(2017年1月3日)• (2016年5月5日 - 6月16日、フジテレビ) - 三田凪太郎 役• 2017年1月18日、 - 主演・西園寺マモル 役• (2018年7月28日、NHK BSプレミアム) - 主演・ 役• 第4話(2018年11月3日、WOWOW、連続ドラマW) - 萩原敦志 役• (2019年10月12日、NHK BSプレミアム) - 主演・金田一耕助 役• 福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ 「」(2020年3月15日、) - 藤谷拓稔 役 映画• (1977年) - 寺田辰弥(少年時代) 役• (1980年) - 風見武志 役• (1981 - 97年,2019年) - 諏訪満男 役• (1981年)• (1981年)• (1982年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1985年)• (1986年)• (1987年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1989年)• (1990年)• (1991年)• (1992年)• (1993年)• (1994年)• (1995年)• (1997年)• (2019年)• (1986年) - 満男 役• (1988年) - 田野誠 役• (1991年) - 縦男 役• リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち(1991年) - コック長 役• (1993年) - 高山の息子 役• (1994年) - 稲葉一矢 役• (1994年) - 主演 北川俊太郎 役• 学校II(1996年) - 緒方高志 役• 学校III(1998年) - 山本 役• - 平山亮 役• 虹をつかむ男(1996年)• 虹をつかむ男 南国奮斗篇(1997年)• (1999年) - 杉浦秀男 役• (2000年) - 榊原権之丞 役• (2000年) - 坂本祐介(20年後) 役• (2001年) - 上杉晋 役• (2002年) - 房之助 役• (2002年) - 中村医師 役• (2004年) - 藤林圭吾 役• (2004年) - 島田左門 役• またの日の知華(2005年) - 純一 役• (2005年) - 主演 如月敬輔 役• - 主演 茶川竜之介 役• (2005年)• (2007年)• (2012年)• (2006年) - 先生(19年後のルート)役• (2006年) - 花沢 役• (2010年) - 森田森吾 役• (2012年) - 森内安夫 役• (2014年) - 板倉正治 役• (2015年) - 槿 役• 前編・後編(2016年5月7日、6月11日) - 幸田一樹 役• (2016年12月10日)- 東雲忠司 役• (2017年5月6日) - 山形光男 役• (2020年冬公開予定) - 上崎岳大 役 劇場アニメ• (2004年) - 主人公 藤沢浩紀 役• (2011年) - シッダールタ 役• (2014年) - シッダールタ 役 ショートムービー• BUMP OF CHICKEN 「グッドラック」(2012年1月18日) ドキュメンタリー 以下、特記のない限りナレーター• 北の国から あれから15年(1996年、フジテレビ、蛍役 中島朋子と対談)• 新日本探訪シリーズ時を越え 3 帰郷19歳の夏〜雲仙普賢岳〜(1999年8月15日、)• にんげんドキュメント 負けたらあかん 〜定時制・西宮西高校ボクシング部〜(2000年8月3日、NHK総合テレビ)• (2004年、NHKエンタープライズ)• シルクロード浪漫 〜渇いた3000Kmの果てに(2004年1月11日、、本人が旅人として出演)• (アスワン・エンタテインメント)• 白い犬のジェイク しあわせって なあに? (2005年)• 白い犬のジェイク ジェイク空へ! (2006年)• (2005年、)• (2006年 - 2007年、NHK教育テレビ)• 地球エコ2008 水の星(2008年1月1日、NHK総合)• あたたかい雪(2008年3月29日、東海テレビ)• キレイのタネ(2008年10月9日 - 2010年3月27日、フジテレビ)• 若き日の黒澤明(2009年3月22日、)• 民教協スペシャル「少年たちは戦場へ送られた」(2010年2月11日、) - 語り• 母の絵日記(2010年5月9日、東海テレビ)• ひとりぼっちのニホンカワウソ(2013年12月14日、NHK総合)• 季節の海"RAUSU"(2014年5月18日、北海道放送制作、TBS系列13局)• 日本のVFXを変えた男 ヒットメーカー 山崎貴の挑戦(2016年12月29日、NHK BS プレミアム、山崎貴と対談) ラジオドラマ• みどりの夏~きっとあなたに(1989年11月23日、) CM• (1991年 - 1993年)• 「夢」篇• 「宝物」篇• 「手紙」篇• 「ときめき」篇• 「海辺」篇• 「カウンター」篇• 「花火」篇• 「列車」篇• (1996年 - 1997年)• 「つながってること」男篇• 「つながってること2」男篇• 「伝えたい気持ち」篇• 「とっておき果実のお酒 シリーズ」(1996年 - 2001年)• 「台湾 ライチの里」篇• 「北海道産の夕張メロン酒」篇• 「栃木産の女峰いちご酒」篇• 「紀州産の南高梅酒」篇• 「大分産の温州みかん酒」篇• 「フロリダ産のグレープフルーツ酒」篇• 「山形産の洋なし酒」篇• 「熊本とよのか苺の里」篇• 「山形産のさくらんぼ酒」「熊本産のすいか酒」篇• 「青森産の青りんご酒」篇• 「カリフォルニア・ネーブルオレンジの旅」篇• 「福島豊水梨の里」篇• 「カナダ・カシスの国」篇• 「女峰苺酒 春 2商品」篇• 「アシカ2品」篇• 鏡月グリーン• 「月とソラクサン」篇(2004年)• (2007年 - )• 「いい町を感じた」篇(2007年4月6日 - )• 「引越した 」篇 (2007年4月15日 - )• 「やっと飲めた」篇 (2007年5月1日 - )• 「手伝った」篇(2007年7月1日 - )• 「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ 」• 「駅員編」(2011年4月 - )• (ナレーション 2012年 - )• 「パス」篇• 「フェイント」篇• 「見えない花束」篇• エコロジーライフ宣伝キャンペーン(ナレーション 2004年2月29日 - 2008年)• 「アクオスと猫」篇• 「サンビスタと猫」篇• 「なべピカさらピカと猫」篇• 「消え~ると猫」篇• 「サンビスタとカモメ」篇• 「なべピカをプレゼント」篇• 「サンビスタと夢」篇• 「アクオス 亀山工場」篇• 「アクオス 大画面でも省エネ」篇• 「エコロジークラス宣言」篇• 「省エネ家電」篇• 「太陽光発電」篇• 「太陽ってすごい」篇• (ナレーション 2005年 - 2007年)• 「あたりまえを、もっと、ずっと」• 「全國一律」篇(2005年12月12日 - )• 「上京」篇(2005年12月12日 - )• 「保守」篇(2006年1月1日 - )• 「雨の日」篇(2006年2月1日 - )• 「光で、安心を、もっと。 「子供の安心」篇(2006年3月 - )• 「実習生ユイの想い」篇(2006年3月25日 - )• 「災害対策」篇(2006年9月8日 - )• 「家政科学生ユイの想い」篇(2006年9月8日 - )• 「光は、あなたへ。 「光は、いつもそばに。 「娘の一人暮らし」篇(2007年2月23日 - )• 「一人暮らしのユイ」篇(2007年2月23日 - )• 「みんなの光生活」篇(2007年2月23日 - )• 「誰かの陽だまりになろう。 」篇(2007年6月1日 - 2008年5月)• 株式会社• 「昆布つゆ」(2007年 - )• 「ぶりで こんぶツーユー」篇(2007年10月18日 - 12月)• 「かぼちゃで こんぶツーユー」篇(2007年12月)• 「冷たい麻生さん」篇(2008年5月21日 - 2008年7月10日)• 「鍋奉行 麻生さん」篇(2008年10月17日 - )• 「かぼちゃ会議」篇(2008年12月中旬 - )• 「ブログ」篇(2009年5月15日 - 7月)• 「はなれられない」篇(2009年10月7日 - )• 「お品書き」篇(2010年6月7日 - )• Microsoft x ALWAYS 三丁目の夕日'64(2012年 - )• 「日本のどこかで」(2012年7月 - )• 「故郷の島」篇• 「妻の思い」篇• 「実家の仕事」篇• 「完成」篇• 「耐震住宅100%」(ナレーション 2014年10月1日 - )• 「農業 loves you」(ナレーション 2016年 - )• 「ミニトマト」篇• 「ゆず」篇• 「エゴマ」篇• 「べにふうき」篇• 「きゅうりタウン」篇• 「トマトの一生」篇• 「ティザー篇」(ナレーション 2016年 - )• 「リシェルプラット」• 「キッチンで暮らしましょう。 第3回助演男優賞(1990年)『』• 優秀助演男優賞(1991年)『男はつらいよ ぼくの伯父さん』『』• 第51回男優助演賞(1996年)『II』• 優秀助演男優賞(1997年)『学校II』• 第38回最優秀主演男優賞(2003年)『 第1期』• 優秀助演男優賞(2005年)『』• 最優秀主演男優賞(2006年)『』• 最優秀主演男優賞(2008年)『』 脚注• ORICON NEWS. 2018年7月23日. 2018年11月17日閲覧。 2012年8月7日. の2012年8月11日時点におけるアーカイブ。 2014年7月16日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月10日. 2015年12月10日閲覧。 ORICON STYLE 2016年4月29日. 2016年4月29日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年5月11日. 2018年5月11日閲覧。 NHK 2019年2月6日. 2019年2月6日閲覧。 テレビドガッチ 株式会社プレゼントキャスト. 2020年2月18日. 2020年2月19日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月26日. 2015年3月26日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年11月28日. 2015年11月28日閲覧。 シネマカフェ 2016年3月18日. 2016年4月30日閲覧。 映画ナタリー. 2018年9月4日. 2018年9月4日閲覧。 blueprint. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 cinemacafe. net. イード 2020年3月28日. 2020年4月18日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年6月30日閲覧。 マイコミジャーナル. 2013年8月19日閲覧。 関連項目• 外部リンク ウィキニュースに関連記事があります。

次の

「吉岡秀隆」に関するQ&A

吉岡秀隆

写真:woman. excite. jp 1970年8月12日に埼玉県蕨市で生まれた吉岡秀隆は、現在は俳優やアーティストとして幅広く活躍中です。 弱冠5歳の時に劇団デビューを果たしており、そのすぐ後にはテレビ出演を果たしています。 テレビ出演を果たし後には一気にブレイクし、人気歌謡曲『山口さんちのツトム君』のアルバムに参加するなど、吉岡秀隆の存在感は急速に大きくなって行きました。 まさにトントン拍子と言えますが、彼の勢いは留まることを知らず、気がつけばスクリーンやテレビに映っているという状況が続きます。 脇役での出演も多くて社会現象を引き起こすような存在ではありませんが、気づけば伝説的名作に数多く出演し続けるという、類まれな経歴の持ち主です。 まさに実力派俳優と言うことが出来るでしょう。 point 415 1 写真:blog. point 79 so-net. point 86 ne. point 89 jp 吉岡秀隆は5歳で劇団デビューして以降、今で言う天才子役としてのポジションにありました。 この子役時代から超有名作品にも良く起用されています。 恐怖ミステリー映画の金字塔『八つ墓村』に出演したのは、吉岡秀隆がわずか七歳の時です。 故渥美清氏も出演している作品ですから、後の『男はつらいよ』でも再び共演を果たしていると言うことになります。 同シリーズは1981年から1997年まで続いているので、吉岡秀隆は30歳手前まで同作と共に成長してきたと言えるでしょう。 間違いなく彼にとって大きな意味を持つ作品のはずです。 他には『北の国から』や『学校』シリーズにも出演を果たしています。 point 373 1 写真:entertainmentstation. point 97 jp 芸能界は人の出入りが激しいですから、子役の生き残りも難しい一面があります。 成長とともに出演機会が途絶えるケースがほとんどで、長く続いていても人気の長寿ドラマが生命線となっていたりするケースもありますが、吉岡秀隆は子役から大人の俳優に上手に進化を遂げました。 脇役としてですが多数の名作に出演しています。 20代の頃の出演作品を見てみると、第2回日本推理サスペンス大賞を受賞したドラマ『魔術はささやく』や、浅田次郎原作でブームとなった『鉄道員』などに脇役ながら出演しています。 出ていたことに気づかなかった方も多いかもしれませんが、こういった場面でも実力を示してきた吉岡秀隆は、後の超名作で主演を果たすこととなります。 point 404 1.

次の

内田有紀が結婚して分かった吉岡秀隆の性格!福山雅治との関係は?

吉岡秀隆

経歴 5歳でに所属し間もなくテレビ時代劇『』でデビュー。 当時、 吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。 に「」人気を受けて制作されたアルバム『ユミちゃんの引越し・山口さんちのツトム君 みなみらんぼうのこどものうた』(パパ役が、ママ役がで、ツトム君役が吉岡)の中で彼が「山口さんちのツトム君」を歌っている(この曲はから発売される童謡集にときどき収録される)。 、監督の『』で主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演。 公開の『』の武志役のオーディションにて監督に見出され、翌公開の『』シリーズ第27作『』から第50作まで寅次郎の甥・諏訪満男役でレギュラー出演し 、こちらも代表作となる(主演のが病気で派手な演技ができなくなった『』以降は登場シーンが増え、事実上の主役となった)。 よりまで、『』に黒板純役でレギュラー出演し、黒板螢役のと名子役と云われ、代表作になった。 、『』に主演して高視聴率を獲得。 監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。 作品にも多く起用されている。 に主演した、映画『』では同名の劇中歌を作詞作曲。 47万枚を売り上げるヒットとなり、オリコンでも最高7位を記録した。 体の線が細く繊細な演技が持ち味で、若い頃は、思い悩む等身大の青年役を多く演じた。 私生活 『北の国から2002遺言』で共演したのと結婚。 がプロデュース『北の国から』の舞台・での挙式が話題になった。 内田有紀と離婚。 内田との間に子どもはいなかった。 人物 学歴としてはを経て、中退。 人前で喋るのは苦手であるとして、TVのバラエティ番組やトーク番組にはめったに出演しないが、たまに出演するラジオ番組では、監督との思い出話からバイクでの失敗談、アニメが好きでロケ先にまでDVDを持って行った話まで、比較的プライベートな話題も語っている。 交友関係• の数少ない友人の1人であり、「オレのことを兄と思ってくれていいよ」と本人から言われるほどの仲だった。 飲んでケンカして朝方のゴミ捨て場によく尾崎を捨てていたという。 今でも尾崎にもらったネックレスをプライベートでは常につけている。 『男はつらいよ』での共演者たちを慕っている。 とは今でもつきあいが深く、特技のマッサージをよく頼まれるという。 また、『』で最優秀主演男優賞を獲った際の受賞コメントで、「撮影現場に行きたくないなと思うとき、必ず僕の胸に笑顔で現われてくれる天国にいる渥美清さんにお礼を言いたいです。 」とに感謝の言葉を述べている。 『ラストソング』撮影の際、監督のから、「ギターを練習しろ」と言われ練習していると、今度は「だったら曲を作れ」と言われ戸惑いながらも作った曲が、他の候補曲を退け主題歌、劇中歌として使われた。 杉田は、「吉岡の歌がせつなくて心に響くいい歌なのを知っていたので、彼に作詞・作曲もしてもらいました」と語っている(「」2005年 11月下旬号より)。 『』で養護学校の生徒を演じる際、中学時代の恩師に頼み三日間実際に養護学校に転入した。 『』に出演した際には、『北の国から』のイメージが強いことから原作で雪山のシーンだった部分を、映画では海辺に変更されている。 監督曰く、雪山に吉岡がいると黒板純になってしまうからということらしいが、吉岡本人は「海辺ではになってしまうと思う」と語っている。 『』では、孫役の4人の中でただ一人鍵盤楽器を習ったことのない吉岡がオルガン演奏する役になったが、必死の練習の甲斐あって吹き替えなしでシューベルトの「野薔薇」を歌いながら弾くという場面を演じた。 また『』でも、監督の佐々部清の意向を受け、吹き替えなしのピアノ演奏シーンであった。 「月光」の第一楽章の半分以上を(楽譜を読むことを放棄して)丸暗記して演奏した。 『学校II』の撮影後、既に制作が決まっていた秋からの『男はつらいよ 寅次郎花遍路』の撮影に呼ばれると思っていたが旅行先のオーストラリアでの訃報を聞く。 急遽帰国し、1996年8月13日に開かれた「とのお別れの会」に出席した。 『』の劇中で『男はつらいよ』の映画を見るシーンで渥美清を思い出し感極まり何度も泣いてしまいなかなかOKが出なかった。 6月29日、『北の国から』ほかで共演したが心不全で死去。 8月6日に営まれた『お別れの会』に、らと参列し、田中が参列者を代表して祭壇に向けて「お礼の言葉」を述べる際には、介添え役を務めている。 第30回日本アカデミー賞、最優秀主演男優賞プレゼンター時、「日本映画のますますの発展と、そして、いつまでもいつまでも日本映画が人の心を照らし続ける光でありますように心よりお祈りいたします。 」と日本映画への想いを述べている。 出演 テレビドラマ• 第217話「邪魔者を殺せ! 」(1975年11月15日) - けいいちろう 役• 第377話「罪なき必死の逃亡者」(1979年2月3日)• (1976年7月 - 10月、)• 第43話「春の大川端」• 「絆」(1980年7月 - 8月、)• (フジテレビジョン) - 黒板純 役• 北の国から(1981年 - 1982年)• 北の国から'83 冬(1983年)• 北の国から'84 夏(1984年)• 北の国から'87 初恋(1987年)• 北の国から'89 帰郷(1989年)• 北の国から'92 巣立ち(1992年)• 北の国から'95 秘密(1995年)• 北の国から'98 時代(1998年)• 北の国から 記憶(2002年、総集編)• 北の国から2002 遺言(2002年)• くもりのちハーレー(1988年5月15日、TBS、) - 田島亮 役• (1990年4月3日、、) - 日下守 役• 1970 ぼくたちの青春(1991年6月21日、フジテレビ) - 西脇誠 役• 年末時代劇スペシャル「」(1991年12月13日、フジテレビ) - 赤穂浪士 矢頭右衛門七 役• 旅立つ人と(1999年10月29日、フジテレビ、金曜エンタテイメント) - 松井照雄 役• フジテレビ開局40周年記念番組「」(1999年、フジテレビ) - 小林繁夫 役• (2000年8月 - 9月、、BSドラマアベニュー) - 大柴総太 役• (フジテレビ) - 主演・五島健助 役• コトー診療所 (2003年7月 - 9月) - 第1シリーズ• コトー診療所 特別編(2004年1月) - 2夜連続放送 第1シリーズの総集編に新しく撮り下ろしたストーリーを加えた作品• コトー診療所 2004(2004年11月) - 2夜連続放送• コトー診療所 2006(2006年10月 - 12月) - 第2シリーズ• 心の砕ける音〜運命の女〜(2005年、、連続ドラマW) - 永井耕介 役• 死亡推定時刻(2006年9月9日、フジテレビ、土曜プレミアム) - 主演 川井倫明 役• (2008年、日本テレビ)第7話 - 青木 役• 開局50周年記念番組「」(2夜連続放送)(2009年2月7日・8日、テレビ朝日) - 安城民雄 役• シリーズ激動の昭和 「」(2009年8月10日、TBS) - 主演・西邑仁平 役• (2010年4月3日・10日、NHK) - 主演・ 役• (2011年2月26日、テレビ朝日) - 中江(判事) 役• (2011年3月 - 4月、WOWOW、連続ドラマW) - 主演 大野達郎 役• NHK放送開始60年記念ドラマ「」(2013年1月 - 2月、NHK、土曜ドラマスペシャル) - 柿沼雄二 役• シリーズ(テレビドラマ (TBS、月曜ゴールデン) - 主演 百瀬太郎 役• 猫弁猫弁〜死体の身代金〜(2012年4月23日)• 猫弁と透明人間(2013年4月22日)• (2014年5月 - 6月、WOWOW、連続ドラマW) - 主演 織田俊哉 役• フジテレビ開局55周年記念番組「」(2014年7月 - 9月、フジテレビ) - 新城正臣 役• (2015年1月 - 3月、TBS) - 橋本義明 役• (NHK) - 日出男 役• 富士ファミリー(2016年1月2日)• 富士ファミリー2017(2017年1月3日)• (2016年5月5日 - 6月16日、フジテレビ) - 三田凪太郎 役• 2017年1月18日、 - 主演・西園寺マモル 役• (2018年7月28日、NHK BSプレミアム) - 主演・ 役• 第4話(2018年11月3日、WOWOW、連続ドラマW) - 萩原敦志 役• (2019年10月12日、NHK BSプレミアム) - 主演・金田一耕助 役• 福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ 「」(2020年3月15日、) - 藤谷拓稔 役 映画• (1977年) - 寺田辰弥(少年時代) 役• (1980年) - 風見武志 役• (1981 - 97年,2019年) - 諏訪満男 役• (1981年)• (1981年)• (1982年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1985年)• (1986年)• (1987年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1989年)• (1990年)• (1991年)• (1992年)• (1993年)• (1994年)• (1995年)• (1997年)• (2019年)• (1986年) - 満男 役• (1988年) - 田野誠 役• (1991年) - 縦男 役• リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち(1991年) - コック長 役• (1993年) - 高山の息子 役• (1994年) - 稲葉一矢 役• (1994年) - 主演 北川俊太郎 役• 学校II(1996年) - 緒方高志 役• 学校III(1998年) - 山本 役• - 平山亮 役• 虹をつかむ男(1996年)• 虹をつかむ男 南国奮斗篇(1997年)• (1999年) - 杉浦秀男 役• (2000年) - 榊原権之丞 役• (2000年) - 坂本祐介(20年後) 役• (2001年) - 上杉晋 役• (2002年) - 房之助 役• (2002年) - 中村医師 役• (2004年) - 藤林圭吾 役• (2004年) - 島田左門 役• またの日の知華(2005年) - 純一 役• (2005年) - 主演 如月敬輔 役• - 主演 茶川竜之介 役• (2005年)• (2007年)• (2012年)• (2006年) - 先生(19年後のルート)役• (2006年) - 花沢 役• (2010年) - 森田森吾 役• (2012年) - 森内安夫 役• (2014年) - 板倉正治 役• (2015年) - 槿 役• 前編・後編(2016年5月7日、6月11日) - 幸田一樹 役• (2016年12月10日)- 東雲忠司 役• (2017年5月6日) - 山形光男 役• (2020年冬公開予定) - 上崎岳大 役 劇場アニメ• (2004年) - 主人公 藤沢浩紀 役• (2011年) - シッダールタ 役• (2014年) - シッダールタ 役 ショートムービー• BUMP OF CHICKEN 「グッドラック」(2012年1月18日) ドキュメンタリー 以下、特記のない限りナレーター• 北の国から あれから15年(1996年、フジテレビ、蛍役 中島朋子と対談)• 新日本探訪シリーズ時を越え 3 帰郷19歳の夏〜雲仙普賢岳〜(1999年8月15日、)• にんげんドキュメント 負けたらあかん 〜定時制・西宮西高校ボクシング部〜(2000年8月3日、NHK総合テレビ)• (2004年、NHKエンタープライズ)• シルクロード浪漫 〜渇いた3000Kmの果てに(2004年1月11日、、本人が旅人として出演)• (アスワン・エンタテインメント)• 白い犬のジェイク しあわせって なあに? (2005年)• 白い犬のジェイク ジェイク空へ! (2006年)• (2005年、)• (2006年 - 2007年、NHK教育テレビ)• 地球エコ2008 水の星(2008年1月1日、NHK総合)• あたたかい雪(2008年3月29日、東海テレビ)• キレイのタネ(2008年10月9日 - 2010年3月27日、フジテレビ)• 若き日の黒澤明(2009年3月22日、)• 民教協スペシャル「少年たちは戦場へ送られた」(2010年2月11日、) - 語り• 母の絵日記(2010年5月9日、東海テレビ)• ひとりぼっちのニホンカワウソ(2013年12月14日、NHK総合)• 季節の海"RAUSU"(2014年5月18日、北海道放送制作、TBS系列13局)• 日本のVFXを変えた男 ヒットメーカー 山崎貴の挑戦(2016年12月29日、NHK BS プレミアム、山崎貴と対談) ラジオドラマ• みどりの夏~きっとあなたに(1989年11月23日、) CM• (1991年 - 1993年)• 「夢」篇• 「宝物」篇• 「手紙」篇• 「ときめき」篇• 「海辺」篇• 「カウンター」篇• 「花火」篇• 「列車」篇• (1996年 - 1997年)• 「つながってること」男篇• 「つながってること2」男篇• 「伝えたい気持ち」篇• 「とっておき果実のお酒 シリーズ」(1996年 - 2001年)• 「台湾 ライチの里」篇• 「北海道産の夕張メロン酒」篇• 「栃木産の女峰いちご酒」篇• 「紀州産の南高梅酒」篇• 「大分産の温州みかん酒」篇• 「フロリダ産のグレープフルーツ酒」篇• 「山形産の洋なし酒」篇• 「熊本とよのか苺の里」篇• 「山形産のさくらんぼ酒」「熊本産のすいか酒」篇• 「青森産の青りんご酒」篇• 「カリフォルニア・ネーブルオレンジの旅」篇• 「福島豊水梨の里」篇• 「カナダ・カシスの国」篇• 「女峰苺酒 春 2商品」篇• 「アシカ2品」篇• 鏡月グリーン• 「月とソラクサン」篇(2004年)• (2007年 - )• 「いい町を感じた」篇(2007年4月6日 - )• 「引越した 」篇 (2007年4月15日 - )• 「やっと飲めた」篇 (2007年5月1日 - )• 「手伝った」篇(2007年7月1日 - )• 「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ 」• 「駅員編」(2011年4月 - )• (ナレーション 2012年 - )• 「パス」篇• 「フェイント」篇• 「見えない花束」篇• エコロジーライフ宣伝キャンペーン(ナレーション 2004年2月29日 - 2008年)• 「アクオスと猫」篇• 「サンビスタと猫」篇• 「なべピカさらピカと猫」篇• 「消え~ると猫」篇• 「サンビスタとカモメ」篇• 「なべピカをプレゼント」篇• 「サンビスタと夢」篇• 「アクオス 亀山工場」篇• 「アクオス 大画面でも省エネ」篇• 「エコロジークラス宣言」篇• 「省エネ家電」篇• 「太陽光発電」篇• 「太陽ってすごい」篇• (ナレーション 2005年 - 2007年)• 「あたりまえを、もっと、ずっと」• 「全國一律」篇(2005年12月12日 - )• 「上京」篇(2005年12月12日 - )• 「保守」篇(2006年1月1日 - )• 「雨の日」篇(2006年2月1日 - )• 「光で、安心を、もっと。 「子供の安心」篇(2006年3月 - )• 「実習生ユイの想い」篇(2006年3月25日 - )• 「災害対策」篇(2006年9月8日 - )• 「家政科学生ユイの想い」篇(2006年9月8日 - )• 「光は、あなたへ。 「光は、いつもそばに。 「娘の一人暮らし」篇(2007年2月23日 - )• 「一人暮らしのユイ」篇(2007年2月23日 - )• 「みんなの光生活」篇(2007年2月23日 - )• 「誰かの陽だまりになろう。 」篇(2007年6月1日 - 2008年5月)• 株式会社• 「昆布つゆ」(2007年 - )• 「ぶりで こんぶツーユー」篇(2007年10月18日 - 12月)• 「かぼちゃで こんぶツーユー」篇(2007年12月)• 「冷たい麻生さん」篇(2008年5月21日 - 2008年7月10日)• 「鍋奉行 麻生さん」篇(2008年10月17日 - )• 「かぼちゃ会議」篇(2008年12月中旬 - )• 「ブログ」篇(2009年5月15日 - 7月)• 「はなれられない」篇(2009年10月7日 - )• 「お品書き」篇(2010年6月7日 - )• Microsoft x ALWAYS 三丁目の夕日'64(2012年 - )• 「日本のどこかで」(2012年7月 - )• 「故郷の島」篇• 「妻の思い」篇• 「実家の仕事」篇• 「完成」篇• 「耐震住宅100%」(ナレーション 2014年10月1日 - )• 「農業 loves you」(ナレーション 2016年 - )• 「ミニトマト」篇• 「ゆず」篇• 「エゴマ」篇• 「べにふうき」篇• 「きゅうりタウン」篇• 「トマトの一生」篇• 「ティザー篇」(ナレーション 2016年 - )• 「リシェルプラット」• 「キッチンで暮らしましょう。 第3回助演男優賞(1990年)『』• 優秀助演男優賞(1991年)『男はつらいよ ぼくの伯父さん』『』• 第51回男優助演賞(1996年)『II』• 優秀助演男優賞(1997年)『学校II』• 第38回最優秀主演男優賞(2003年)『 第1期』• 優秀助演男優賞(2005年)『』• 最優秀主演男優賞(2006年)『』• 最優秀主演男優賞(2008年)『』 脚注• ORICON NEWS. 2018年7月23日. 2018年11月17日閲覧。 2012年8月7日. の2012年8月11日時点におけるアーカイブ。 2014年7月16日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月10日. 2015年12月10日閲覧。 ORICON STYLE 2016年4月29日. 2016年4月29日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年5月11日. 2018年5月11日閲覧。 NHK 2019年2月6日. 2019年2月6日閲覧。 テレビドガッチ 株式会社プレゼントキャスト. 2020年2月18日. 2020年2月19日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月26日. 2015年3月26日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年11月28日. 2015年11月28日閲覧。 シネマカフェ 2016年3月18日. 2016年4月30日閲覧。 映画ナタリー. 2018年9月4日. 2018年9月4日閲覧。 blueprint. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 cinemacafe. net. イード 2020年3月28日. 2020年4月18日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年6月30日閲覧。 マイコミジャーナル. 2013年8月19日閲覧。 関連項目• 外部リンク ウィキニュースに関連記事があります。

次の