エリ ウド キプ チョゲ。 ケニアトレーニングキャンプ21日目 キプチョゲ遭遇

エリウド・キプチョゲ

エリ ウド キプ チョゲ

Eliud Kipchoge Will Return To The London Marathon; Looking To Maintain His Unbeaten Record With A Third Title 来年開催されるロンドンマラソンに、昨年優勝を果たしたエリウド・キプチョゲが再び出場することを発表しました。 既に、今年マラソン転向を表明したモハメド・ファラーも出場を表明しており、二つのビックネームが激突することになります。 「マラソン転向は時間がかかりますが、ファラーはきっと成功させるでしょう。 ともにレースを走ることがとても楽しみです。 きっと特別な雰囲気になることでしょう」 キプチョゲは現在33歳ですが、今年のBreaking 2をはじめ、ベルリンマラソンなどでも好記録を連発し、凄まじい高水準の安定感を誇っています。 「調子は良いと思います。 ベルリンマラソンでは天候に恵まれませんでしたが、それでもポテンシャルを十分に示せたと思っています。 」 「世界記録を手中に収める準備はできています。 これからのトレーニングと、当日のコンディションが完璧にそろうことが重要です」 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by n Marathon man Kipchoge eyes world record 今年のベルリンマラソンで、惜しくも世界記録更新を逃したエリウド・キプチョゲですが、彼の目は未だに世界記録更新に向けられています。 「新しい目標を立て続けることが重要なのです」 「今は、体調と経験のバランスが取れています。 自分自身に挑戦するためには、自信が不可欠なのです。 情熱と才能も」 現在、トレーニングは週200~230マイルを走っているというキプチョゲですが、そのハードトレーニングに加え、マラソンの成功のためにある考えを持っていると語ります。 「マラソンは厳しいものです。 しかし、レースの間あきらめずに挑戦し続け、幸せであり続けようとすることで、脳はその厳しさを受け入れるのです。 それが、最後の数キロで力を発揮するのです」 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by n July 26, 2017 Kipchoge will miss on the world championships as he chases his dream ケニアのエリウド・キプチョゲが、既に出場が決まっているベルリンマラソンに焦点を当てるため、世界選手権に出場しないことを発表しました。 「私はこのために非常に長い期間トレーニングを行ってきました。 私の夢は、未だに2時間以内でマラソンを制することです。 デニス・キメットの世界記録を打ち破るべく、最善を尽くすつもりです」 一方、彼は同時に世界選手権にケニア代表として出場予定のダニエル・ワンジル、ジョフリー・キルイ、ゲディオン・キプケーターについて、素晴らしい選手だと語ります。 「彼らは強い心、体、そしてマラソンの金メダルを獲得するために必要なものを持っています。 私は彼らを信じています。 チームワークで、メダルを独占する可能性もあると思います。 きっとメダルを持ち帰るであろうし、それを全力で願っています。 」 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by n July 08, 2017 Eliud Kipchoge targets World Record at 2017 BMW BERLIN-MARATHON ケニアのエリウド・キプチョゲが、2017年9月24日に開催予定のBMWベルリン・マラソンで世界記録樹立を目指すことが明らかとなりました。 キプチョゲは、2013年のマラソンデビュー以来、数々の成功を収めてきました。 タイムだけでなく、リオ五輪では金メダルを獲得するなど、名実ともに現在世界最高のマラソンランナーと言っても過言ではないでしょう。 また、今年の5月には、モンツァ・サーキットで、非公式ながら2時間25秒という驚異的なタイムで42. 195kmを走り切っています。 「モンツァにて、2時間を切る非常に近いところまで到達することができました。 今私は、ベルリンこそ、世界記録を樹立するのに最も適した場所であると思っています」 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by n November 21, 2016 Eliud Kipchoge Wins Airtel Delhi Half-Marathon in 59:44 昨日行われたデリー・ハーフマラソンにおいて、ケニアのエリウド・キプチョゲが、五輪後初レースとなる今大会で見事優勝を果たしたことが分かりました。 2位にはリオ五輪10000mで4位入賞を果たしたエチオピアのYigrem Demelash、3位にはケニアのオーガスティン・チョゲが入賞しています。 「非常に状態が良好でした。 また、私のコーチ(1992年五輪3000mSC銀メダリストであるパトリック・サンウ)の適切なガイダンスがあり、優勝を果たすことができました」 【Result】 Men 1. Eliud Kipchoge KEN 59:44 2. Yigrem Demelash ETH 59:48 3. Augustine Choge KEN 1:00:01 Women 1. Worknesh Degefa ETH 1:07:42 2. Ababel Yeshaneh ETH 1:07:52 3. Helah Kiprop KEN 1:08:11 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by n.

次の

ケニアトレーニングキャンプ21日目 キプチョゲ遭遇

エリ ウド キプ チョゲ

経歴 [ ] 1984年11月5日の地区カプシシイワにて生まれた。 高校卒業後にコーチに見出され、陸上競技を始めた。 キプチョゲはサングコーチに師事し続け、現在も休日に自宅で妻や子供たちと過ごす以外はケニアグローバルスポーツトレーニングキャンプで多くの選手達と共同生活を続けている。 クロスカントリー・トラック競技 [ ] 2003年3月、で優勝し、注目を集めるようになった。 2003年8月、のでのを100分の4秒差の大会新で下し優勝を飾った。 2006年12月、10kmロードでのの世界記録を破り、26分54秒の世界新記録を樹立した。 2008年、ので銀メダルを獲得した。 2010年5月、の5,000mで大会記録となる12分51秒21を記録した。 マラソン転向 [ ] 2012年よりマラソン競技に転向、初マラソンとなる2013年で大会新記録となる2時間5分30秒で優勝すると、同年9月のベルリンマラソンではと終盤まで優勝争いを展開。 結局当時の世界記録を出したキプサングに敗北し2位となったが、マラソン2度目にして2時間04分05秒、世界歴代4位 当時 と言う好タイムを叩き出した。 翌14年には・の2レースを制し、シリーズで初優勝レースを達成した。 2015年に初出場。 このレースでは、前述のキプサング、後述のキメットと言う前世界記録保持者と現世界記録保持者の対決に注目が集まっていたが、キプチョゲは淡々と先頭でレースを進め、終盤先頭から脱落したキメットに代わってキプサングとの一騎討ちを演じると、残り1キロを切った所でスパートし、キプサングを5秒差で振り切り初優勝を果たした。 同じ年2大会ぶりにベルリンマラソンに出走。 このレースでは序盤でインソールがシューズの外に飛び出すというトラブルに見舞われながらも2時間04分00秒と言う自己ベストを出して優勝し、話題になった。 以降もワールドマラソンメジャーズシリーズで連戦に連勝を重ね、2019年現在12戦11勝、10連勝と言う圧倒的な戦績を残している。 2016年のロンドンマラソンでは、の世界記録に8秒に迫る世界歴代2位(当時)のタイムを記録。 マラソン世界最速記録 非公認 [ ] 2017年5月6日、イタリアのにて行われた、スポーツ用品ナイキ企画の「」に、と共に参加。 キプチョゲは、当時の(2時間02分57秒)を上回る2時間00分25秒を記録し 、史上最速でマラソンを走った選手となった。 しかしこの企画は特別な環境下で実施されたものであったため、記録はが認めたものではなく、非公認記録である。 この企画はのドキュメンタリー番組として放送された。 公認世界最高記録 [ ] 2018年のにて従来の世界記録を1分強も縮める2時間01分39秒と言う驚異的な世界新記録を叩き出して2連覇を達成した。 これにより、初めて2時間1分台に突入した選手となった。 再びマラソン世界最速記録 非公認 、人類初のフルマラソン2時間切り [ ] 2019年10月12日、で行われたINEOS社主催の特別レース「」に出場し、1時間59分40秒というタイムをマークした。 今回のレースは国際陸連が非公認のため、世界記録には認定されなかったものの、これによって人類史上初めてフルマラソン2時間切りを達成した選手となった。 キプチョゲの非公認マラソン世界最高記録 [ ]• 1時間59分40秒: 5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール タイム 14:10 28:20 42:34 56:47 59:52 1:10:59 1:25:11 1:39:23 1:53:35 1:59:40 スプリット 14:10 14:10 14:14 14:13 14:12 14:12 14:12 14:12 6:05 キプチョゲのマラソン世界最高記録 [ ]• 2時間01分39秒: 5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール タイム 14:24 29:01 43:38 57:56 1:01:06 1:12:24 1:26:45 1:41:01 1:55:32 2:01:39 スプリット 14:24 14:37 14:37 14:18 14:28 14:21 14:16 14:31 06:07 主な実績 [ ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 2003 () 金 12:52. 79 大会記録 () 5000m 1位 13:23. 34 2004 () 5000m 銅 13:15. 10 IAAFワールドアスレチックファイナル (モナコ) 1位 7:38. 67 2005 () 5000m 4位 13:33. 04 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 3000m 2位 7:38. 95 2006 () 3000m 銅 7:42. 58 IAAFワールドアスレチックファイナル () 3000m 7位 7:41. 46 2007 () 5000m 銀 13:46. 00 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 3000m 6位 7:50. 93 5000m 5位 13:40. 49 2008 () 5000m 銀 13:02. 80 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 5000m 5位 13:24. 13 2009 (ドイツ) 5000m 5位 13:18. 95 IAAFワールドアスレチックファイナル (ギリシャ) 3000m 9位 8:07. 26 2011 () 5000m 7位 13:27. 27 マラソン成績 [ ] 年月 大会名 タイム 順位 備考 2013. 05 (、) 2:05:30 優勝 2013. 09 2:04:05 2位 世界歴代4位(当時) 2014. 04 2:05:00 優勝 2014. 10 2:04:11 優勝 2015. 04 2:04:42 優勝 2015. 09 ベルリンマラソン 2:04:00 優勝 世界歴代6位(当時) 2016. 04 ロンドンマラソン 2:03:05 優勝 世界歴代2位(当時) 2016. 08 2:08:44 優勝 2017. 09 ベルリンマラソン 2:03:32 優勝 2018. 04 ロンドンマラソン 2:04:17 優勝 2018. 09 ベルリンマラソン 2:01:39 優勝 世界記録 2019. 04 ロンドンマラソン 2:02:37 優勝 自己ベスト [ ] 種目 タイム 年月日 場所 備考 3:33. Runtrip. 2018年3月1日閲覧。 National Geographic. 2018年3月1日閲覧。 2003 World Championships,. 2003年9月1日. 2016年4月27日閲覧。 Ramsak, Bob 2010年5月14日. IAAF. 2016年4月27日閲覧。 2015年9月27日. 2018年3月1日閲覧。 nike. 2018年3月1日閲覧。 i bought. 2018年3月1日閲覧。 sportie. com. 2018年3月1日閲覧。 Cameron Poetzscher's Sports Blog. 2017年5月29日閲覧。 runtrip. 2018年3月1日閲覧。 2018年3月1日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2018年9月16日. 2018年9月16日閲覧。 時事通信 2019年10月12日. 2019年10月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - のプロフィール (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)•

次の

ロンドンマラソン、キプチョゲとファラーがNIKEの新厚底シューズで激突!

エリ ウド キプ チョゲ

経歴 [ ] 1984年11月5日の地区カプシシイワにて生まれた。 高校卒業後にコーチに見出され、陸上競技を始めた。 キプチョゲはサングコーチに師事し続け、現在も休日に自宅で妻や子供たちと過ごす以外はケニアグローバルスポーツトレーニングキャンプで多くの選手達と共同生活を続けている。 クロスカントリー・トラック競技 [ ] 2003年3月、で優勝し、注目を集めるようになった。 2003年8月、のでのを100分の4秒差の大会新で下し優勝を飾った。 2006年12月、10kmロードでのの世界記録を破り、26分54秒の世界新記録を樹立した。 2008年、ので銀メダルを獲得した。 2010年5月、の5,000mで大会記録となる12分51秒21を記録した。 マラソン転向 [ ] 2012年よりマラソン競技に転向、初マラソンとなる2013年で大会新記録となる2時間5分30秒で優勝すると、同年9月のベルリンマラソンではと終盤まで優勝争いを展開。 結局当時の世界記録を出したキプサングに敗北し2位となったが、マラソン2度目にして2時間04分05秒、世界歴代4位 当時 と言う好タイムを叩き出した。 翌14年には・の2レースを制し、シリーズで初優勝レースを達成した。 2015年に初出場。 このレースでは、前述のキプサング、後述のキメットと言う前世界記録保持者と現世界記録保持者の対決に注目が集まっていたが、キプチョゲは淡々と先頭でレースを進め、終盤先頭から脱落したキメットに代わってキプサングとの一騎討ちを演じると、残り1キロを切った所でスパートし、キプサングを5秒差で振り切り初優勝を果たした。 同じ年2大会ぶりにベルリンマラソンに出走。 このレースでは序盤でインソールがシューズの外に飛び出すというトラブルに見舞われながらも2時間04分00秒と言う自己ベストを出して優勝し、話題になった。 以降もワールドマラソンメジャーズシリーズで連戦に連勝を重ね、2019年現在12戦11勝、10連勝と言う圧倒的な戦績を残している。 2016年のロンドンマラソンでは、の世界記録に8秒に迫る世界歴代2位(当時)のタイムを記録。 マラソン世界最速記録 非公認 [ ] 2017年5月6日、イタリアのにて行われた、スポーツ用品ナイキ企画の「」に、と共に参加。 キプチョゲは、当時の(2時間02分57秒)を上回る2時間00分25秒を記録し 、史上最速でマラソンを走った選手となった。 しかしこの企画は特別な環境下で実施されたものであったため、記録はが認めたものではなく、非公認記録である。 この企画はのドキュメンタリー番組として放送された。 公認世界最高記録 [ ] 2018年のにて従来の世界記録を1分強も縮める2時間01分39秒と言う驚異的な世界新記録を叩き出して2連覇を達成した。 これにより、初めて2時間1分台に突入した選手となった。 再びマラソン世界最速記録 非公認 、人類初のフルマラソン2時間切り [ ] 2019年10月12日、で行われたINEOS社主催の特別レース「」に出場し、1時間59分40秒というタイムをマークした。 今回のレースは国際陸連が非公認のため、世界記録には認定されなかったものの、これによって人類史上初めてフルマラソン2時間切りを達成した選手となった。 キプチョゲの非公認マラソン世界最高記録 [ ]• 1時間59分40秒: 5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール タイム 14:10 28:20 42:34 56:47 59:52 1:10:59 1:25:11 1:39:23 1:53:35 1:59:40 スプリット 14:10 14:10 14:14 14:13 14:12 14:12 14:12 14:12 6:05 キプチョゲのマラソン世界最高記録 [ ]• 2時間01分39秒: 5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール タイム 14:24 29:01 43:38 57:56 1:01:06 1:12:24 1:26:45 1:41:01 1:55:32 2:01:39 スプリット 14:24 14:37 14:37 14:18 14:28 14:21 14:16 14:31 06:07 主な実績 [ ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 2003 () 金 12:52. 79 大会記録 () 5000m 1位 13:23. 34 2004 () 5000m 銅 13:15. 10 IAAFワールドアスレチックファイナル (モナコ) 1位 7:38. 67 2005 () 5000m 4位 13:33. 04 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 3000m 2位 7:38. 95 2006 () 3000m 銅 7:42. 58 IAAFワールドアスレチックファイナル () 3000m 7位 7:41. 46 2007 () 5000m 銀 13:46. 00 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 3000m 6位 7:50. 93 5000m 5位 13:40. 49 2008 () 5000m 銀 13:02. 80 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 5000m 5位 13:24. 13 2009 (ドイツ) 5000m 5位 13:18. 95 IAAFワールドアスレチックファイナル (ギリシャ) 3000m 9位 8:07. 26 2011 () 5000m 7位 13:27. 27 マラソン成績 [ ] 年月 大会名 タイム 順位 備考 2013. 05 (、) 2:05:30 優勝 2013. 09 2:04:05 2位 世界歴代4位(当時) 2014. 04 2:05:00 優勝 2014. 10 2:04:11 優勝 2015. 04 2:04:42 優勝 2015. 09 ベルリンマラソン 2:04:00 優勝 世界歴代6位(当時) 2016. 04 ロンドンマラソン 2:03:05 優勝 世界歴代2位(当時) 2016. 08 2:08:44 優勝 2017. 09 ベルリンマラソン 2:03:32 優勝 2018. 04 ロンドンマラソン 2:04:17 優勝 2018. 09 ベルリンマラソン 2:01:39 優勝 世界記録 2019. 04 ロンドンマラソン 2:02:37 優勝 自己ベスト [ ] 種目 タイム 年月日 場所 備考 3:33. Runtrip. 2018年3月1日閲覧。 National Geographic. 2018年3月1日閲覧。 2003 World Championships,. 2003年9月1日. 2016年4月27日閲覧。 Ramsak, Bob 2010年5月14日. IAAF. 2016年4月27日閲覧。 2015年9月27日. 2018年3月1日閲覧。 nike. 2018年3月1日閲覧。 i bought. 2018年3月1日閲覧。 sportie. com. 2018年3月1日閲覧。 Cameron Poetzscher's Sports Blog. 2017年5月29日閲覧。 runtrip. 2018年3月1日閲覧。 2018年3月1日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2018年9月16日. 2018年9月16日閲覧。 時事通信 2019年10月12日. 2019年10月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - のプロフィール (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)•

次の