ブルーベリー ミスティ。 ブルーベリー品種比較一覧表

家庭菜園でのブルーベリー栽培。品種はどれを選ぶべき?

ブルーベリー ミスティ

商品の包装等に記載のある、発芽試験結果を満たした商品をお届けいたします。 発芽は播種後の条件により結果が異なるため、温度や水分などを品目ごとに適した条件下で管理してください。 種子・苗などについて、発芽後および植えつけ後の栽培条件や天候などによって結果が異なりますので、 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 また商品の性質上、結果不良につきましてはお買い上げ金額の範囲内とさせていただきます。 お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては、その責任を負いかねます 独自に加工されたものや、お届け後に有効期限を超えられたものにつきましては責任を負いかねます。 野菜などの収穫物については、品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり、 収穫物のサイズ、重量、味などは掲載表現と異なる場合がございます。 この商品は メール便不可です。 宅配便でのお届けとなります。 冬季は完全に落葉し、枯れ枝のような状態となります。 ブルーベリー苗木 2年生は同送料で 4本まで同梱ができます。 送料が追加となるお客様には、ご注文受付後、メールにて 個別に確認させていただきます。 ご注文内容が複雑になってしまい、送料の計算がよくわからない場合など、どうぞお気軽にお問い合わせください。 ブルーベリーの育て方 樹の大きさも高くならないので、果樹の中では栽培しやすく、オススメです。 また、ブルーベリーはツツジ科で根が浅いので、鉢やプランターでも簡単に栽培できます。 ブルーベリーは酸性の土地を好むため、アルカリ性の石灰は避けましょう。 逆に土壌がアルカリ性の場合はピートモスを混ぜて酸度調整をしましょう。 1本でもある程度結実しますが、自分の花粉で受粉する能力があまり高くありません。 (とくにラビットアイ系)。 そのため他の品種を混植するほうがよく果実がなります。 栽培されているものとして「ハイブッシュ」と「ラビットアイ」の2系統に分類されます。 北海道から鹿児島まで、ほぼ日本各地で栽培できますが、挿し木苗の場合栽培適地が絞られます。 ・寒地:ノーザンハイブッシュ系 ・暖地:サザンハイブッシュ系・ラビットアイ系 1. 土作り 日当たりがよい場所を好みますが、西日がつよくあたる場所は避けましょう。 土壌は酸性で水はけと通気性がよく、やや湿り気のある砂質のものが適します。 ピートモスは乾燥状態では土になじまないので、あらかじめ水を加えて練っておきます。 直径40〜50cm、深さ30〜40cmほどの穴を掘り、掘り上げた土に同乗のピートモスと3分の1量ほどの川砂を混ぜ合わせます。 土とピートモスを混ぜた土を埋め戻し、中央をやや盛り上げるようにしておきます。 ブルーベリー用に、あらかじめピートモスを配合し、酸度を調整した土もあります。 植えつけ 苗木は株元の土をくずさないようにして根鉢の周りと底の土だけを少し崩しておきましょう。 深植にならないように埋め戻した部分の中央に少しくぼみを作って苗を置き、周囲をピートモスで囲います。 周囲の土をかぶせるように植えつけて上から軽く押さえて用土を固めます。 植えつけたら株の周囲に溝を掘り、たっぷりと水を回しいれ、最後にワラなどで株元を覆います。 仕立て方・剪定 剪定せず自然樹形に任せても実はつきますが、樹に負担をかけず、より良い状態で育てるためには2月〜3月上旬に冬季剪定を行います。 新しい主軸枝を用意している場合は、生産力の弱くなった古い主軸枝を間引き剪定します。 樹冠内部に太陽光線が投射するのを妨げている、内向枝や込みあった枝は剪定します。 地際部から発生した細く弱いシュート(突発枝)は切除します。 強いシュートは将来の主軸枝の予備として残し育てます。 遠く離れたサッカー(ひこばえ、吸枝)は樹形を乱すので切除します。 枯れ枝。 遅く発生した秋芽の細く弱い枝は剪定します。 冬季に凍障害を受けた枝は剪定します。 地面に着くように下垂した枝は剪定します。 短い結果母枝(実が付く花芽を有する枝)細い結果母枝は剪定します。 間隔が狭く密生している結果母枝は間引きます。 施肥 3月と10月にを施しましょう。 摘蕾・摘果 2〜3年目から実がなり始めますが、そのころの幼木の枝先に多くならせると枝が伸びずに枯れてしまうことがあります。 3年目までは発芽前に花芽をすべて取り去り、実をつけないようにしましょう。 虫媒花ですので、ミツバチなどの虫が花粉を運びます。 プランター栽培などで、ミツバチが来ない場合は風に任せず、人工授粉を行う方が安心です。 蕾を軽くたたいて花粉を落とし、異なる品種に綿棒でつけます。 収穫 1つの花芽についた5〜7個の果実は数週間をかけて順次熟していきます。 2〜3回に分けて収穫を行いましょう。 収穫適期の実は手で触るとポロリと取れます。 ブルームが少なく皮の薄い品種は雨による裂果の恐れがあります。 雨避けをおすすめします。 ご注意ください〜当店の偽サイトについて〜 模倣サイトにお気をつけ下さい! ネット上でいくつか存在しております、農業屋. comの商品説明文や画像などを無断で使用しているサイトは、当社とは全く関係がございません。 農業屋. nogyoya. それ以外に、同名のショッピングサイトは存在しません。 当店にて銀行振込でご注文いただいた場合の振込先名義は「クラギカブシキガイシャ」です。 それ以外の指定はしておりません。 万が一注文してしまうと、当社指定とは異なる口座への振込依頼のメールが届く場合がありますが、くれぐれもお振込されないようお願いいたします。 指定されている振込先名義をご確認ください。 その場合は、受注確認メールにてご案内させていただきます。 何卒ご容赦ください。 お届け日の指定について お届け希望日は、ご注文から7日以降から承ります。 ただし、予約商品など、一部お届け日の指定ができない商品がございます。 その場合は、商品ページに注意事項として記載しております。 あらかじめご了承ください。

次の

サンシャインブルーの結実がもの凄いです!!(ブルーベリー)

ブルーベリー ミスティ

2017. 28追記 数えてみて驚きましたがホームセンターにあるブルーベリー苗だけで NH11品種、SH16品種、RE23品種と合計50品種もあるんですね!これでは迷うハズですね・・・。 (てかコメリのラインナップぱねぇっす・・・さすが農家の味方) 価格帯は1000円前後で売られている事が多いようです。 安いものは300円~からありました。 接木苗は2000円程度で販売されているようです。 どれを選べばいいの? 上記の表から、せらす果樹園がおすすめする初心者の方が最初に選ぶべき品種は以下の通りです。 家庭菜園、特に初心者の方やお勤めの方は、たくさん時間とれる方は少ないでしょうからある程度は放任栽培で育ってくれないと困るわけです。 以前の記事でも紹介しましたが、 ノーザンハイブッシュの栽培は手間がかかる上に、栽培自体が難しくおすすめできません。 ですので、「ポット栽培でも育てやすく、収穫までこぎつけやすい」事を念頭にせらす果樹園での実績も踏まえて、おすすめ品種を選びました。 (上記の表からあえてNHを育てるのであればエリザベス・パトリオット・デューク・ブリジッタあたりがおすすめ) そしてもう一つ重要なのは 開花時期です。 いくら丈夫に育って、 訪花昆虫が来ても開花時期が揃わなかったら意味がありません。 せっかくブルーベリーを育てるのであれば収穫したいですよね?ですので開花時期ができるだけ重なるような品種を選んでいます。 他に家庭菜園で問題になるのは 栽培スペースでしょうか。 栽培スタイルにもよりますが、高さ2m以上になります。 せらす果樹園の栽培では• ブライトウェル 2m前後• オニール 1. 8m前後• オースチン 1. 5m前後• シャープブルー 1. 2m前後 ぐらいの高さに育っています。 幅に関して言えば、ポット栽培するとしてもやはりラビットアイ系は大きくなります。 仕立て方で変わってきますが十分な栽培スペースが必要になります。 例えば、10号鉢でできるだけコンパクトに栽培するとしても、管理のしやすさを考えると最低でも株間1mは必要でしょう。 巨大な60cmポットなどで露地植えのように栽培するなら株間2mぐらい必要です。 (ようするに葉と葉が触れ合ったらダメです。 栽培管理ができなくなりますし害虫も発生しやすくなります) 栽培面積が多く取れない方は 自家受粉する品種がおすすめです。 上記の表で言えば、NHデューク・SHサンシャインブルーなどです。 これらの品種はそれなりに育てやすいですし、一本だけの栽培でも自家受粉するので訪花昆虫さえ来れば収穫を楽しめると思います。 (それ以外のハイブッシュ系品種でも、一部の品種を除いて5~7割は自家受粉するようです) また、これらの品種を選んだ理由は他にもあります。 それは 「標準品種」や「有名な品種」という事です。 昨今はインターネットの普及で色んな情報が簡単にたくさん得られるようになりました。 とはいえ、数百品種もあるブルーベリーを全て栽培して、厳密に比較してデータを掲載しているサイトは見たことがありません。 そういった状況ですので、色んな書籍やWebで情報が検索しやすい「標準品種」「有名な品種」というのは大きなメリットがあります。 比較対象が多いので自分の栽培状況が把握しやすいのです。 初心者の方はそういった品種に的を絞って、栽培技術が向上してから色んな品種を栽培してみる、と言ったステップアップをおすすめします。 標準品種や有名品種を紹介しておきます。 ブルーベリー御三家 ホームベル・ティフブルー・ウッダード 標準品種 ノーザンハイブッシュ:ブルークロップ サザンハイブッシュ:オニール ラビットアイ:ティフブルー ビッグセブン コビル・バークレー・ブルークロップ・ハーバート・アーリーブルー・ブルーレイ・コリンズ ただし、ここで紹介しているのは古い品種群になります (10年ぐらい前から言われている品種です)。 情報はたくさんあるものの「果実の大きさ、栽培のし易さ」などでは昨今のパテント品種などには敵わないかもしれません。 と、いうわけで個人的には・・・ 新・御三家 ブライトウェル・パウダーブルー・オースチン 新・標準品種 ノーザンハイブッシュ:スパルタン サザンハイブッシュ:オニール ラビットアイ:ブライトウェル 「どこでも入手できる・パテントがかかっていない・知名度が高い」ということで、こんな感じかなと思っています。 (スパルタンは栽培が難しいですがNHの醍醐味とも言える品種かなと思います) ここまで来て言うのも何ですが やはりブルーベリー苗は専門の苗業者からの通販がおすすめです。 今回色々なホームセンターを見て回りましたが、当然の事ながら 店ごとに苗の品質や管理にかなりの差があるのです。 今年度に入荷した苗ならダメージは少ないのですが長期間、日陰においてあったり、極度の乾燥状態にあったりと適切な管理がなされているとは思えない状態の苗もあります。 また、ホームセンターのラベルの品種表示もイマイチ信用できない感もあります (個人的には品種が分からなくなったブルーベリー苗は価値ナシと思っています)。 ですので信頼のおける苗業者から通販で購入する事をおすすめします。 私はもっぱら大関ナーセリーさんから購入していますが、届いた苗のサイズはほぼ同じで非常に管理しやすいです。 また大関ナーセリーさんのHPには、品種ごとの開花時期や収穫時期などのデータがきっちりカタログに記載されています。 単純に鵜呑みはできませんが参考や比較はしやすいと思います。 金額自体はたしかにホームセンターで購入するよりも高くつきますし送料もかかりますが、 苗の品質・情報などの価値を考えると決して高くないと思っています。 頼まれてもいませんし1円ももらっていません。 そして他のいくつかある苗業者さんに実際に注文し、届いた苗の状態・品種のラインナップ・カタログ情報などを比較した上で大関ナーセリーさんをおすすめしています。 とはいえ実際問題として、最初の購入先がホームセンターという事はよくあると思います。 ですので、 ホームセンターの苗は「当たり外れがあるという事」と「それを回避するための目利きが必要」ということを知っておいてください。 ホームセンターと違って大関ナーセリーさんなどの苗業者さんは、どの苗も同じ品質で送られてくるのが当たり前です。 しかしホームセンター (店頭)で苗を選ぶ場合、品質を選ぶのは「あなた」になります。 ですのでホームセンターで苗を選ぶ場合は• ラベルが古くないか• 花芽の状態はどうか• 根の状態はどうか という事をよく見て購入してくださいね。 参考記事: まとめ ここまでの話しをまとめてみます。 そして収穫の為に「開花時期」を合わせることが重要です。 そして「栽培スペース」もよく考えておいてください。 大関ナーセリーさんがおすすめです。 ホームセンターで購入する場合は当たり外れに注意すること。 最後に いかがでしたか? 今日は実際にみなさんが購入されるであろう、ホームセンターにおいてあるブルーベリー苗のラインナップや家庭菜園においてその中からどれを選ぶべきか、そしてその理由。 他にもそのリスクについて記事にしてみました。 みなさまが家庭菜園においてブルーベリーの品種を選ぶ一助になれば幸いです。 それでは今日はこの辺で。 22 加筆.

次の

ブルーベリー・ミスティー 大苗

ブルーベリー ミスティ

果樹栽培の入門種ブルーベリー。 花も実も紅葉も楽しめ、季節の移ろいの度に 表情を変えます。 さらに実が食べられるなんて! ブルーベリーはお庭の必樹品です。 実には「アントシアニン」が多く含まれます。 白い鈴のような可愛げのある花と新緑の爽やかな春。 実がゆっくり青色に色づく夏。 鮮明な赤色に葉を染める秋。 ひっそりと春をまつ冬。 サザンハイブッシュ系品種は温暖地に適した系統です。 地域によって異なりますが、この系統は早生性、常緑性、分枝性 が強いです。 比較的新品種が多い系統なので 楽しく栽培できます。 この系統の中でも常緑性はトップクラスです。 本種はとても花芽が多いので、剪定や摘花をおすすめします。 この品種において最も強調する点は、収穫量が非常に多い点で、 その量はこの系統の中でも1. 2を争うほどです。 学名 管理場所 日当たりを好みますが、夏の高温と乾燥を避けるような場所に植えて(鉢を置いて)ください。 西からの日差しをさえぎるようにします。 (木陰などが最適)。 ベランダ等で栽培する場合は夏の西日をさえぎるように工夫してください。 【鉢での栽培】 特に ベランダ栽培の場合は水やりに注意です!ベランダは夜間も温度がこもりやすく、乾燥しやすいので、梅雨から夏にかけては水やりを朝夕2回与えるようにしてください。 (夕方は鉢の土が渇き気味だったら与えます。 ) 落葉している冬はほとんど水は欲しがらなくなるので、土が乾きにくくなります。 そんな時期は水の与えすぎになりやすいので、土が乾いたら水を与え、根ぐされに注意してください。 【大きなおいしい実を収穫する方法】 太い力のある枝にはいい果実がつきます。 果実がなりすぎると栄養を分散するため、果実が大きくなりにくいです。 木の大きさに応じた果実の数に調整するとびっくりするような果実も収穫できます。

次の