グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方。 【最新版】Googleアドセンス広告の貼り方(ワードプレス編)|Enazeal Engineer BLOG

アドセンスの自動広告の初期設定の方法とブログ(ワードプレス、はてなブログ)への貼り方

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

よく「アドセンス」とか「アドセンス広告」と呼ばれる。 で、この広告は、グーグルアドセンスのサイトに登録(申請)して、承認された人だけが貼れる広告である。 日本では、2003年の12月頃から開始された。 サイトやブログにアドセンス広告のコード(パソコンが読み込む文字)を貼ることで、表示される仕組みである。 あと貼れる広告は、3つまでとされている(最近では、この上限は撤廃された)。 サイト内容に合った広告を配信してくれる(動的広告) 広告には大きく分けると、商品などを紹介する記事にだけ貼る広告(商品紹介)と、一旦設置してその後何も手を加えない広告(動的広告)がある。 Googleアドセンスは、後者の「動的広告」と言われている。 動的広告とは何ぞ! 動的広告とは、サイトやブログに一度貼り付けるだけで、あとは自動でいろんな広告を表示してくれる広告である。 Googleの「コンテンツマッチ広告」が有名である(Googleアドセンスのこと)。 ちなみに、Googleの広告ではないのだが、ランキング情報などを表示する広告もある。 アドセンス広告の報酬は入札制 アドセンス広告は、企業や個人などの広告主から広告費をもらい運用されている。 私たちに支払われる報酬は、そこから絞り出される。 アドセンス広告のワンクリック当たりの単価は、入札形式で決められている。 「広告オークション」とも言う。 広告主(買いたい人)が多いほど、広告の単価が上がる仕組みになっているのである。 なので、基本的にはアドセンス広告は大きい方が、ワンクリック当たりの単価が上がりやすくなる(目立つので)。 ただし、単純に大きい広告を貼ればいいというものでもなく、その広告に関連するコンテンツや広告位置なども単価上昇に関係しているから、少し複雑なのである。 アドセンス広告はとにかくPVさえ集められればお金を稼ぐことができる広告 アドセンス広告というのは、基本的に何の「戦略的工作」を行わなくてもいいのである。 要するに何も考えなくてもいいので、とにかくPVを集める記事を書いてくれればいい、という便利な広告である。 ちなみに、「アドセンス広告」はアフィリエイトなどの商品紹介サイト(ブログ)との併用も可である。 一般的に多くの人は、この手法をとる。 アドセンス広告が初心者向きと言われる理由 正直、アフィリエイトなどの物を売る商売は、ある程度購買意欲のあるキーワードで上位表示されなければ大きな報酬を得ることができない。 例えば、 「ダイエット」「FX」などのキーワードで上位表示されれば、月100万円以上は稼げる、と言われている。 だがしかし、アドセンス広告であればそんなのは関係ない。 何でもいいのでとにかく検索エンジンから、アクセス(PV)を集めればいいのである。 要するに、お金(購買意欲の高い)に直結するようなキーワードでなくてもいいのである。 「漢字」「何かの意味」「英語」「名前」「動物」「ライフハック」「気になること」何でもござるなのである。 以上の理由から、アドセンス広告は「 初心者向き」と言われている。 アドセンスとPVの関係 Googleアドセンスは、PVと大きな関わりがある。 「PV」とは、「ページビュー」のことである。 「ユーザー」=「UU」が人の数だとすると、このページビューはその人が移動した「足跡」のようなものである。 要するに、自分のサイトページが表示されるたびに1PVずつ増えていくのである。 でこのアドセンス広告は、PV数によってある程度「稼げる額」というのがわかるようになっている。 一般的には、1万PVあると、だいたい2,000円~4,000円稼げると言われている(この場合、広告が3つの状況)。 つまり、単純に 1日1万PV以上のアクセスを集めれば、 月10万円以上 の収入を安定的に得ることが可能なのである。 ちなみに、 100PVでアドセンス広告は1回クリックされるとも言われている。 Googleアドセンスの登録方法 実際に、アドセンス広告をサイトやブログに設置したい場合には、Googleアドセンスへの登録(申請)を行う必要がある。 登録の流れとしては、下記のようになる。 サイトやブログを持っていない方は、(下記)のページに進んで下さい。 ここでは、「PINコード」の入力を画面上で行う。 それにより、グーグル側は「住所」や「人物確認」を行えるのである。 そして、銀行口座の登録を行うと同時に「テストデポジット」を行う。 テストデポジットとは、グーグルがお金を振り込み、その額を自分で確認しパソコン上に金額を打ち込む作業である。 以上が、Googleアドセンスの登録(申請)の流れになる。 でこの審査、基本的には通常のサイト(ブログ)を運営している場合には通るようになっている。 私が申請して登録されたサイトを紹介する。 こちらからどうぞ(下記) このサイトは、今現在30記事のページ数がある(最近読み返してみたら、恥ずかしくなった為、投稿記事を非公開にした)。 「主婦の副業」をテーマにしたサイトである(今は放置している)。 ただ、Googleアドセンスへの申請時には、5~7記事程度しかなかったので、このくらいの記事数であっても普通にアドセンスの審査に通るようだ。 Googleアドセンス広告の種類には、 まず、「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」の2種類がある。 そして、最近使用できるようになった「関連コンテンツ」で合計3種類の広告がある。 ただし、「関連コンテンツ」に関しては、 ある程度のPVがあるサイトで、Googleアドセンスチームからの許可が与えられたサイトに限られるため、実際に使用できるのは「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」になる。 *関連コンテンツに関しては、アドセンスで収入を得られるようになれば、アドセンスの管理画面に通知がくるので、その時は使用してみるのもいいかもしれない。 テキスト広告とディスプレイ広告 「テキスト広告」は、文字の広告になる(上記)。 「ディスプレイ広告」は、画像などの広告になる(上記)。 そして、基本的にこの二つの広告は両方とも使用することで、収益が上がりやすいとされている。 なので、アドセンスの広告を貼る際には「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告タイプを選択することをおすすめする。 ちなみにこの広告は、それぞれサイズを選ぶことができる(下記に表示しているのは推薦された広告サイズである)。 レスポンシブは、広告サイズを自動で調整することが可能なので、「パソコン、スマホ、タブレット」などの広告サイズに、自動的に合わせてくれるからである。 以上で、広告の種類についての説明は完了である。 下記では、実際にアドセンス広告をサイト(ブログ)に貼る方法を紹介する。 * Googleアドセンスの注意事項 Googleアドセンスは、誰でも簡単に収益を得られる反面、「利用規約」や「プログラムポリシー」なるものが、かなり厳しい。 そしてこれらの行為を行うとグーグル神から、違反行為を行ったと見られてしまう。 最悪、 「広告停止」や「アカウントの剥奪」など、グーグル神からかなり重い制裁を加えられてしまうのである。 ちなみに、Googleアドセンスのアカウントは、 原則一人一つまでしか取得することができないから、こうした制裁は命取りとなる(ただし、個人事業主としてビジネス用口座を持っている人は、ビジネスアカウントを作成することもできないことはない)。 下記のページでは、Googleアドセンスの規約について紹介する。 アドセンス狩りとは また、アドセンス広告を用いたアドセンス狩りなるものもある。 以前「オヤジ狩り」が流行っていたが、それとは少し違うようだ。 コピペ、ダメゼッタイ! そんな恐ろしいアドセンス狩りの対策としては、「許可サイトの申請」を行うことが唯一の対処法である(不正クリックを防ぐための方法や手段は、現状ではないのである)。 許可サイトの申請方法は、下記のページで紹介する。 Googleアドセンスの稼ぎ方 Googleアドセンスの稼ぎ方としては、基本的に「一にアクセス、二にアクセス、三四がなくて、五にアクセス」といったようにアクセス数が全てなのである。 そうすると、Googleアドセンスで最も稼ぎやすいのは 「特化ブログ」や「特化サイト」になる。 特化サイト(ブログ)については、次のページで詳しく紹介する。 あと、アドセンスで収益を多く上げるには、広告位置も大事なポイントであるからして、 下記のページでは、「アドセンスの稼げる広告位置」「私のアドセンス実績」「稼げない理由」などを紹介する。 次のページは、の巻.

次の

Cocoon:コクーン(無料ワードプレステーマ)にグーグルアドセンス自動広告を設定する方法

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

アドセンス審査の合格までの流れ アドセンス審査の流れを簡単にまとめました。 ブログの準備 2. アドセンスに申請(提示されたコードをブログに貼る) 4. アドセンス審査中(ブログは1日1記事更新していく) 5. 合格メールが届く(申請から3~10日後) という流れになります。 初めてのことなので不安もあるかと思いますが、ひとつずつ丁寧にこなしていきましょう。 アドセンス審査用のブログの準備の仕方はこちら! アドセンス審査の申請方法 まずは、グーグルアドセンスのサイトにアクセスします。 グーグルアドセンスのサイトにある「 お申し込みはこちら」をクリックします。 グーグルのアカウントでのログインを求められます。 アカウントが複数ある人は、審査用ブログと紐付けをしたいアカウントを選んでログインしてください。 グーグルアカウントの登録がまだの方はしておきましょう。 Google Adsenseのお申し込みのフォームになるので必要事項を入力します。 お客様のウェブサイト:これから 申請するサイトのURLを入力します。 Adsenseがさらに便利に:メールを受け取るか、受け取らないかどちらかにチェックを入れます。 国または地域を選択:お住まいの地域を選択します。 利用規約:内容を確認したらチェックを入れます。 全部入力が済んだら「 アカウントを作成」をクリック。 グーグルアドセンスのホームへ移動してきます。 今後使用する支払い先の住所などを入力する画面になります。 入力ができたら「 送信」をクリック。 確認のコードの送信先にする携帯電話番号をを入力します。 ショートメールか電話か、確認コードの受取方法を選んでチェックを入れます。 Googleから確認コードが送られてきます。 入力後、「送信」をクリック。 「次へ進む」をクリック 8. 「サイトをAdsenseにリンク」という画面が登場します。 ブログにコードの貼り付けが終わったら再びアドセンスのサイトへ戻ります。 「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れて「完了」をクリック。 「お客様のサイトを審査しています」というメッセージが登場。 これでアドセンス審査の申請は完了です! お疲れさまでした^^ 合格メールは 3日~10日ほどで届くとされています。 3日~とありますが、早いと半日で合格メールが届くこともあります。 なのでメールはマメにチェックしてみてくださいね。 合格のメールが届く日まで、 1日1記事ずつブログを更新していきましょう。 ちなみにこんな形の 合格メールが届きます。 そしてグーグルアドセンスの管理画面ではこんな画面になっています。 合格おめでとうございます^^ これでアドセンスブログのスタートラインに立てましたね! アドセンス審査の申請用コードの貼り付け方 「8. 」の申請する手順にあったコードの貼り付け方を紹介します。 アドセンスのサイトには 「コピーして貼り付けるだけの簡単な手順です。 」 とありますが、ブログを始めたばかりの人にとっては難問ですよね。 落ち着いてやればできる作業なので、難しく考えなくても大丈夫です。 それでは、アドセンス審査用のコードの貼り付けをしていきます。 ワードプレスの中の「 外観」を選択します。 その中に「 テーマの編集」とあるのでクリックします。 「テーマの編集」画面の右側に「 header. php」という場所があるので探してください。 「テーマヘッダー」とカタカナで書かれた場所にあります。 「header. php」クリックすると、こんな画面が登場します。 この中の という場所の すぐ下に、Adsenseのサイトでコピーしたコードを貼り付けます。 ) の下へコードの貼り付けが完了したら「 ファイルを更新」をクリック。 これで 審査用ブログの設定は完了です。 アドセンス管理画面へ戻って、手順「9. 」から申請の続きをしてください。 「テーマの編集」などで ブログを構成しているコードを編集するときは、 必ずバックアップをとってください。 メモ帳にコードをコピーするなど、もしもの時の為に元に戻せる対策をとっておきましょう。 まとめ アドセンス審査の申請、お疲れ様でした^^ しっかりとブログを準備してきたはずなので、自信を持って待っていましょう! 合格メールがくるまでは、1日1記事ペースで記事を更新していってくださいね。 合格したら今以上にアドセンスブログにしっかりと取り組みましょう! アドセンス審査の合格がゴールではありません! 月収10万円目指してコツコツと記事を書いていきましょうね。 次は広告を記事内へ設置していきましょう。 参考:.

次の

アドセンス広告の貼り方とおすすめの掲載位置!(ワードプレス)|DUAL LIFE -場所に縛られず生きる方法-

グーグルアドセンス ワードプレス 貼り方

岩田です、 この記事ではワードプレスに グーグルアドセンスの貼り方を紹介します。 貼り方は色々あるのですが、 ここでは初心者の方が一番簡単で 且つ便利な方法を紹介します。 質問の多い、ブログ記事内への アドセンス広告の設置方法もお伝えするので 記事中に設置したい方は参考にしてください。 その前に「記事中」に貼るメリットを 先に述べておこうと思います。 アドセンスを記事中に設置するメリット まず、 「絶対に読者の目に触れる」 という点が大きいです。 よく、サイドバー サイト横 やヘッダー サイト上 に 貼り付けているサイトが多いのですが 確かにサイトによってそこがいいのかもしれません。 しかし、多くの方がサイトを訪れる際には 検索エンジンでのキーワード検索によって あなたのサイトへ訪れます。 何かのショップであったり気に入って ブックマークされない限りは一番はじめに サイトへ着陸する場所は記事だということです。 そして、検索した問題、謎について 解決する記事を読んでいくわけです。 ということは、その記事の中にアドセンスが 設置されていれば、必然的に見ることになります。 もちろん、サイドバーなどを否定しているわけでは ありませんので誤解はしないでほしいのですが サイドバーとかですと視界には入っているけど 脳が意図して認識しなかったり 視線を移動させない可能性があります。 ですので、 記事内にアドセンスを設置することによって 半強制的に広告を読ませることができます。 広告はクリックされてお金になるので まずは見てもらうこと、読んでもらえる配置が おすすめなのです。 それが、記事中なのでプラグインを使った 記事中に設置する貼り方も教えていきます。 ワードプレスでアドセンスの貼り方は? 貼り方はいくつか存在します。 ワードプレステーマによる設定• テーマ編集で直接貼り付ける• プラグインを利用する• ウィッジェットのテキスト編集 etc という方法があります。 テーマの場合であれば 「ここに貼り付けてください」 のような感じで元々広告用に作られた スペースなどが存在しているものも多いです。 テーマ編集では直接広告を貼り付けることが できるので常に同じ場所に表示したい場合などは この貼り方の方がいい場合もあります。 ここでは簡単なプラグインで設置する貼り方を 紹介していくので参考にしてください。 まずは プラグインを導入する 必要になるプラグインは以下の2つです。 2つのプラグインを文章で説明するのは 読むのが疲れると思いますので 各プラグインに動画を用意しています。 そちらを参考にして同じように進めて行けば プラグインを使用してワードプレスの ブログ記事中にアドセンス広告を設置できます。 Step1:AdSense Managerを導入 アドセンスマネージャーの導入方法と 使い方について動画で説明していますので 動画を見ながら同じように進めてください。 2016年7月6日 at 21:47 岩田様 初めまして 兵頭春美 と申します。 iwata-blog. jpを拝見させて頂いています。 今回やっと アドセンス2次審査完了いたしました。 広告の貼り付けが分からないので検索しておりましたら、岩田さんのブログに出会い 勉強させていただいております。 AdSense Managerも導入いたしました。 で、次 アドセンスコードはどのコードを貼れば良いのでしょうか? 2次審査完了通知メール以後(28日)まだアドセンスを開いていない状態です。 ほんとに初心者な者ですので、つまらない質問ですみません。 他にも沢山書きたいのですが・・。 よろしくお願い致します。 2016年7月7日 at 15:38 岩田様 ご回答有り難うございます。 とても詳しく、親切にお教え頂き感激しております。 アドセンスの広告コードの取得方法は分かります。 2次審査で取得した広告ユニット、(分かりやすい名前など記入しました) とは別に、新しく広告ユニットを作成した上で広告コードを取得するのでしょうか? それとも、新しく広告ユニットは作成しなくても良いのでしょうか。 まず、そこが分からないので悩んでいます。 それとは別に、アドセンス1次審査申し込みの時から有料ブログで審査を受け、 2次審査もやっと(1次審査3回目で)承認された状態です。 最初慣れるまでは、有料ブログより無料ブログで慣れて行く方が 良いのでしょうか。 沢山お聞きして申し訳ありません。 私のブログも見ていただいて有り難うございます。 テーマのテンプレート選びも悩みましたが、 「あのようなブログで良いのか」等 まだまだ不安が一杯です。 E-mailでのやり取りはされていないのでしょうか? こちらに書けない事も少しあります。 よろしければE-mailをいただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 2016年7月14日 at 20:40 ワードプレスの公式サイトから無料のプランで ブログを作成したということですね。 「プラグインがない!?」 ということで、もしかしたらと思い、 ワードプレスの公式サイトから 無料で作成してみました。 すると、プラグインの項目はありませんでした。 本来なら、独自ドメインを取得して、 ワードプレスは運営するため、 カスタマイズが可能となっています。 wordpress. comでは ワードプレス公式の配下にあるため そういったカスタマイズはできないのではないかと 作成してみて思いました。 ブログを見させていただきましたが、 ひとつのことに特化しているため、 ファンがいれば、収益があがると思います。 なので、安いドメイン、サーバーでもいいので、 アドセンスを利用したいのであれば、 取得する必要があるかと思います! こちらを参考にしてください。 1: 2: 3: 4: 5: 6:• 2016年8月7日 at 16:51 お返事遅くなり、申し訳ありません。 ご回答、ありがとうございます。 かなり参考になります。 それで導入を検討するにあたって、収益の分岐点基準のようなものは解るものでしょうか? 現在のWordPressページはAnalyticsが使えないので、IPやPVが解りませんが、「表示数」というもののみ出ます。 PVのようなものと考えています。 広告のスタイルにもよると思うのですが、この表示数がどのくらいあれば少ない額でも入金が出るものでしょうか? 収益を上げるのは目的でありませんが、1円も入らないのでは、導入する意味がないので。 いかがでしょうか? 現在の表示数は都合で、公開ができません。

次の