コロナ 呼吸 器。 新型コロナで人工呼吸器論争「高山病によく似たウイルス性疾患のよう」(木村正人)

重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の市場2020年の分析と2030年までの展望

コロナ 呼吸 器

全貌が分からぬ恐ろしい病気 「このウイルスが引き起こす病気について私は全てを理解しているとは言えないというこ とを率直に認めたい。 出現してからまだそれ程間がないということもあるのだろうが、10 万人に迫らんとする死者と100 万人を遥かに超える患者を出してもなお全貌が分からないとは恐ろしい病気である。 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長 ファウチ所長はまた「ワクチンが悪い結果を引き起こす恐れだってある。 ワクチンが効くか効かないか、効くとしていつまで持続するのか良くわからない。 The big unknown is efficacy, will it be present or absence and how durable will it be? それほど感染力が強いからで、仮に一旦制御できたとしても、地球上の何処からかいつかまた戻ってくる。 And as I've said publicly many times, that is just not going to happen because it's such a highly transmissible virus, and even if we get better control over the months it is likely that there will be virus somewhere in this -- on this planet that will eventually get back to us. アメリカでもそして日本でも現在の流行は一旦収まる方向に向かい始めているように見える。 しかし、言うまでもないことだが、油断は禁物と肝に銘じなければならない。 主にヒトの呼吸器系を攻撃すると見られていたこの新型コロナウイルスが、時にサイトカイン・ストームと呼ばれる免疫機能の暴走を引き起こし、心疾患や脳障害等でヒトを死に至らしめる恐れがあるなど「」と 5日掲載の拙稿に書いた。 この稿は、その続編とも言うべきものである。 ウイルスのターゲットは全身の血管? 確かに、この新型ウイルスが最初に感染するのは主にヒトの鼻や口・喉の粘膜からで、それがまず呼吸器系を侵し始めるのは間違いないようである。 しかし、最近では、このウイル スのメイン・ターゲットは実は呼吸器系ではなく、呼吸器系も含む全身の血管ではないかと いう見方が強まっているらしい。 ウイルス学が専門の増田道明教授(獨協医科大学)に再びご登場いただいた。 獨協医科大学の増田道明教授 増田教授; 「新型コロナウイルスで亡くなった患者さんの病理解剖は、感染を恐れて行われないことが多い。 重症化のメカニズムが良く分からないのはその為でもある。 しかし、最近になってようやく、病理解剖に関する論文が報告されるようになってきた。 その内容から示唆されるのは、血液中に移行したこのウイルスが血管の内壁の細胞(内皮細胞)に感染し、すると内皮細胞が傷ついて炎症が起こる可能性だ。 その結果、そこで血が固まったり(血栓症)、その血の塊が流れて行って他の臓器の血管が詰まってしまったり(塞栓症)すると思われる。 例えば、エコノミークラス症候群は、じっと座っていると脚の血流が滞って血栓ができ、それが流れて行って肺の塞栓症が起こる病気で急に呼吸困難が起こる。 新型コロナの場合も、肺炎による呼吸困難だけでなく、肺塞栓症のせいで突然呼吸困難が起こる可能性があるようだ。 脳の血管が詰まれば脳梗塞、心臓なら心筋梗塞、腎臓なら腎不全というように、 この病気・COVID-19 で見られるいろいろな症状や合併症はウイルス感染によって血栓症 や塞栓症が起こることで説明できるかもしれない。 」 となると、従来から重症化のメカニズムと言われていたサイトカイン・ストームとの関係 はどうなるのだろう。 増田教授; 「サイトカインが過剰産生されると、それによって血管内皮細胞が傷つけられ、 血栓ができやすくなることは従来から知られている。 従って、ウイルスだけでなく、サイト カイン・ストームも血管炎や血栓・塞栓症を引き起こしている可能性がある。 逆に、血管が傷つくことがサイトカイン・ストームの引き金になっている可能性もあり、卵と鶏のような関係かもしれない。 その結果、いろいろな臓器で血栓症や塞栓症が起こって血液が行き渡らなくなり多臓器不全に陥るため、最悪の場合、死に至るということが考えられる。 」 高齢者は動脈硬化があったり、肥満の人は血中の脂質が多かったりで、血栓ができやすいという。 糖尿病患者なども既に血管にダメージを受けている人が多いらしい。 こうしたリスク・基礎疾患のある人が比較的重症化しやすいのはやはりこのウイルスが血管を標的にするからだと考えると説明がつくのかもしれない。 一方で子供や若者に感染しても無症状や軽症が多いのは血管が綺麗で血栓ができにくいからとも考えられるという。 「飽食の時代に対するウイルスからの警鐘」 年齢と共に、体のあちこちにガタがくるのは避けられないのだが、血栓ができやすい体質だったり、血栓ができてしまったりしたら、もう打つ手は無いのだろうか。 増田教授; 「体のどこかで血栓ができると D ダイマーという物質の数値が上ってくるのが 血液検査でわかる。 そういうケースでは、血液が固まるのを抑える薬や、できてしまった血栓を溶かす薬などを使って、血管を詰まりにくくすることは可能である。 実際、新型コロナ ウイルス感染症の重症患者にもこういった薬が使われ、奏効している例はあるようだ。 」 「だから、理想を言えば、普段から食生活に配慮したり、運動を心がけたりして、高脂血症や肥満を防ぐことが望まれる。 それがこの病気の重症化予防に繋がる可能性もある。 70 年代に比べると現在の世界の肥満率は3倍になっていると聞く。 もしかすると、この病気・ COVID-19 は飽食の時代に対するウイルスからの警鐘と言えるかもしれない。 」 新型コロナウイルス 死亡率と肥満率の関係 ちなみにアメリカの成人の肥満率は 30%以上、ヨーロッパも20%を超えていると言われる。 対して日本は4%台。 欧米に比べ日本の死者が圧倒的に少ないのは、この肥満率も関係すると見る向きは少なくない。 もしも肥満防止がこの病気の重症化の予防になるなら、病院に行かなくとも比較的簡単 にトライできるのは有難いと考えるべきなのだろう。 また、感染して入院したり、ホテルや自宅で隔離・療養になった場合などには、エコノミ ークラス症候群の予防で言われるように適切な水分補給も役に立つのかもしれない。 更に、開発が進むワクチンが効くか効かぬか不明とのファウチ所長の懸念について、増田教授は「エイズウイルス(HIV)やC型肝炎ウイルスは感染して抗体ができてもウイルスを 排除できない。 そしてどちらもワクチンの実用化に成功していない。 ファウチ所長は HIV の研究に長年携わっており、ワクチン開発の難しさを知っているのだろう。 」という。 そして「『ワクチンが悪い結果を引き起こす恐れ』というのは、デング熱ワクチンのことを言っているのかもしれない。 一度実用化されたのだが、接種後にデングウイルスに感染すると重症化してデング出血熱になってしまう人が出てしまった。 ワクチンでわざわざ作っ た抗体が却って悪さをする抗体依存性感染増強という現象が疑われた。 新型コロナウイル スのワクチンについても、効果だけでなく副作用や安全性を十分検証しながら開発してい くことが肝要だ。 」という。 第二波への備え 副作用について言えば、ワクチンだけではなく治療薬に関しても分からないことが多く、 楽観を戒めるべきというが、文字数の関係でこの稿では詳細は割愛する。 最近になって世界では既存薬の転用や新しい簡易検査キットが承認され始めている。 こうした現代の科学技術がこの病気の重症化の予防に威力を発揮すれば、いずれやって来ると言われる第二波による直接被害を最小限に食い止めることが期待できる。 そうなれば 経済被害の一層の深刻化も避けられる。 その時までに、このウイルスとそれが引き起こす病気の全貌が明らかになり、政府と関係業界が具体的で効果的な対応策を一致協力してまとめ実行に移していることを願いたい。 そうでなければ、ファウチ所長が警告するように「より多くの感染とより多くの死という有害な結果をもたらす。 」恐れが出てくるからである。

次の

メルセデスF1が作り上げた人工呼吸器が凄すぎる!! 通常2年を「100時間」で完成

コロナ 呼吸 器

タグ 5G 禁煙 牛乳 玄米 甲状腺 男性ホルモン 発がん性物質 目 神経伝達物質 窒素 炎症 第三次世界大戦 精神科医 糖化 糖尿病 糖新生 糖質制限ダイエット 細胞 細菌 炭水化物 炊飯器 肝臓 放射能対策 心筋梗塞 抗ガン剤 抗体 抗生物質 拝金主義 放射線治療 放射能 断酒 炊き方 早期発見早期手遅れ 有名人 東洋医学 梅毒 油 活性酸素 減塩信仰 災害 耐性菌 肥満 常在菌 酸化 赤血球 輸血 逆分化作用 過剰摂取 遺伝子組み換え食品 酢 酵素 野菜 認知症 電子レンジ 食事 食事療法 食品 食品添加物 食物繊維 骨 骨粗しょう症 豚コレラ 解毒 肩こり 膵臓 胃 脚気 脱灰 脳波 脳科学 腎臓 腰痛 腸内細菌 自己免疫疾患 視力 自律神経 自然治癒力 芸能人 菜食 葉緑素 血液 血清肝炎 血糖値 御用医者 安楽死 EM クエン酸 オステオカルシン オメガ3 オメガ9 オワコン カロテノイド ガン ガン治療 クエン酸サイクル ウイルス自然発生説 ケトン体 コレラ コロナ コロナウイルス サプリ ステマ ステロイド ストレス エイズ インフルエンザ スペイン風邪 まとめ GI値 HIV がん がん治療 すい臓 てへぺろ まだ厚労省にカモられてるの アシドーシス インフル アビガン アマニ油 アラキドン酸 アルカリ アルカリホスファターゼ アルカリ性 アルコール アンチエイジング スペインかぜ タピオカ 好転反応 全体食 人工呼吸器 体調不良 便秘 健康被害 偽医療 元素転換 免疫力アップ 再パンデミック 不飽和脂肪酸 加工食品 医療ポルノ 医療自爆 千島学説 呼吸 国民皆保険 塩分 大企業 乳酸 ワクチン ダイエット ファスティング デトックス トランス脂肪酸 ビタミン ビタミンB6 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンD ピロリ菌 ヘモグロビン レンチン ホルモン マグネシウム マラリア ミネラル メトヘモグロビン メンタル ヤブ医者 リウマチ 髪 目次• 人工呼吸器 人工呼吸器(じんこうこきゅうき、英: mechanical ventilator)は、人工呼吸を自動的に行うための医療機器である。 一般的には治療器具として認知されているが、 人工呼吸器は病気を治療するものではなく、むしろ人体にとっては負担になる。 病気を治すものでないのなら、なぜコロナ対策になるのでしょうか? そこそこ元気な患者に人工呼吸器を取り付けて死なせる医師もいます。 人工呼吸器はすごーく儲かるので患者だましてでも必死に使いたがります。 往診までして人工呼吸器で食えそうな高齢患者を探す悪党もいます。 高齢患者なら殺しても「年のせい」でごまかせますから。 コロナで悪化したのか、人工呼吸器で悪化したのか冷静に考えるべきでしょう。 医療がないと生けない状態と言っているようですが、コロナに関係なく人工呼吸器にそのリスクは常にあります。 半数が改善したとよろこんでいるようですが、残りの半数はどうしたのでしょうか。 改善率50%なら丁半博打です。 科学的治療が聞いてあきれます。 エビデンスなんて自分で作ったアンケートですから信用なりません。 原因無視と治療行為で免疫力低下 病院内で急に悪化したのなら、それは治療失敗です。 わざわざ入院して何もしなかったわけがありませんよね。 病気のせいではありません。 どんな病でも共通です。 免疫力低下の原因を専門家が作り出すからみるみるうちに悪くなります。 専門家はコロナ騒ぎの前から患者をみるみる悪くさせてきました。 別に驚くべきことではありません。 ただコロナウイルスでその無力さが可視化されただけ。 重症化の原因が、コロナのせいなのか治療行為のせいなのか、はっきりさせるべきでしょう。 死の結果を引き起こす原因は一つとは限りません。 複数の原因が組み合わさって死ぬことはあります。 がんが取れている患者に、お金が欲しさに抗がん剤を打ち急にがんだらけになって死んだのを専門家は自分の行いを隠して「急に病気が悪化したんだ」と言い張る生き物。 コロナで具合が悪くなり治療行為で免疫力が低下して死亡 「急にコロナが悪化したんだ」 というのも不思議ではありません。 現代医学は治療行為による免疫力低下を引き起こしてばかりいます。 まともな治療法を提示できないのに、検査すれば助かると思っているのは 「医者にお金を積んだら助けてもらえる」 と思い込んでいる甘い人の言うことです。 早期発見早期死亡なら何もしない方がマシです。 専門家にいくら勉強させたところで、次は来年の毒物ワクチンよる再パンデミックが目に見えています。 何が原因でその原因をどう取り除くのか、という当たり前の考え方を持たないから右往左往するのです。 人工呼吸器でコロナウイルスをどうしたいのでしょうか。 謎です。 カネと死人を生み出すのがうまい現代医学の末路です。 酸素 濃度の高い酸素を吸っていると体が悪くなります。 人間は酸素を吸って二酸化炭素をはいている、と学習しますが、本当なのでしょうか。 化学式でいうとこれです。 酸素(O2)を吸って二酸化炭素(CO2)を出していることにすると、炭素ばかりを失うことになります。 これでは呼吸すればするほど炭素(C)がなくなります。 呼吸で炭素を失うだけでは得るものがなく呼吸をするメリットがありません。 そのわりに呼吸しなければ死にます。 皿を目当てに寿司屋に入る人はいません。 寿司をのせる皿は後で店に返します。 O2は吸ってCを加えて出し収支はプラマイゼロです。 人は、酸素を取り入れることを目的しているわけではなく、何かのエネルギーを取り入れているのです。 酸素は一時的に赤血球に栄養分を吸着させるために必要になるだけものですが、増えすぎると酸化が進み病気の原因となります。 酸素を媒介して赤血球に病原菌が取りついてしまうのです。 人間は酸素をエネルギーとして取り入れている、との従来からの間違いにより、治療と称してむりやり酸素を入れようとする医師が後を絶ちません。 人工的に作った濃度の高い酸素を吸い続けると人間の体が急激に酸化します。 アシドーシスを引き起こし、体中が急激に固まり、早く死ぬことになります。 人工呼吸器などは愚の骨頂です。 コロナ対策どころではありません。 医者が患者の首をしめているようなもの、拷問です。 肺が悪くなった年寄りが医師に相談して、人工呼吸器詐欺でみるみる悪くなっていくのは、このメカニズムで説明できます。 酸素吸いすぎでアシドーシス進行 酸素は赤血球に栄養分などなどのものを吸着させるための媒介物に過ぎず、高濃度の酸素など吸わないほうが身のためというものです。 血液の弱アルカリ性が保たれていれば、赤血球の酸化還元反応がバランスよく働きます。 それが血液の分化作用と逆分化作用の仕組みです。 血液の逆分化作用はウイルス排出には重要な役割を果たします。 酸素を吸えば吸うほど血液が酸性化していくのは当然のこと。 血液の逆分化作用が働かず、病気が進んでしまうのです。 このことがわからない専門家にコロナ治療の対策を頼んでみても「急激に体が悪くなり死亡」というのも目に見えています。 人工的に作った空気と自然の作った空気は全く違います。 自然の空気には電子が含まれています。 この電子のことをマイナスイオンと呼んでいる人もいて、オカルト扱いされているふしがあります。 「換気を良くしましょう」 自分で言ってるこの意味を専門家が理解できないのです。 病院に入院して治療を開始したら急に肺が真っ白になってしまったのは、電子を含まない質の悪い空気でアシドーシスを引き起こしたものと考えられます。 しかも肺のCTスキャンで被曝からの二重アシドーシス。 被曝による免疫力低下を知らないのです。 治療薬で血液汚し、徹底した衛生管理で悪玉菌の発生しやすい状況下、寝たきりで血流低下に塩抜き食。 すべてアシドーシスからの免疫力低下です。 治す気ゼロです。 検査したがる人は医師に向いていません。 わかりやすい写真と数値に振り回されて、最後にカネの計算を始め死体の山を築きます。 患者無視した検査など医療関係者の自己満足にすぎません。 本気でコロナ対策に取り組みたいなら自然豊かで空気のきれいな場所で、アルカリ性食品を食べながらゆったりと過ごすことです。 SARSの時にも、窓を全開にして運転していた人はたいした症状がなく、車の後ろの密閉空間で隔離されて運ばれた人が重症化した、という話すらあります。 都会のど真ん中の病院で治療しても、自然が少なく空気に電子が少ないので、感染が広まりやすく治療も失敗しやすいでしょう。 放射能対策でも全く同じことがいえます。 都会はもうダメでしょう。 世界中のどの病院に行っても、専門家が血液のpHにおける知識がなく理解できない以上、コロナ改善の期待はできないでしょう。 胎児が呼吸をしなくても済むわけ お腹の中にいる胎児は酸素を吸っていません。 それなのにどうして窒息死しないのでしょうか。 それは母親からの電子を吸い取っているからです。 つまり人間に最も必要なものは電子であり、酸素ではないのです。 出産後の女性が病気になるわけ 出産をした後に急激に容姿が劣化したり、病気になる女性がいます。 妊娠・出産をきっかけに糖尿病になる人もいます。 よく考えてみるとこれらは、すべてアシドーシスが原因です。 糖尿病はアシドーシスの代表例です。 体内の電子が胎児に吸い取られてしまったので、血液が酸化し、体が悪くなってしまったのです。 リウマチなどの症状もアシドーシスが原因です。 妊婦はすっぱいものを食べるといい、といわれます。 すっぱいものはアルカリ性食品で、電子が補給できます。 妊婦でなくてもコロナと放射能対策として、積極的に食べたほうがいいのです。 人が本当にほしいものは酸素ではなく電子なのです。 酸素は毒 現代医学は、人は酸素を吸って二酸化炭素をはいているという、大間違いを犯しているために人工呼吸器でのコロナ対策は無残に失敗するでしょう。 人工的に作り出した酸素を吸わせたところで、アシドーシスが進行し、さらに体調悪化・早期死亡を招きます。 人工的に作った空気には電子が含まれていません。 吸わせるのだったら自然の作ったきれいな空気を吸わせることです。 人工的に作った空気には電子が含まれていません。 コロナウイルスによる肺炎の対症療法として高濃度酸素を吸わせてアシドーシスが進み、早期にあの世行きです。 「人工呼吸器で窒息死」はコロナに始まったものではありません。 人工呼吸器は悪徳医師の定番商品だったのですが、こんなに注目される時代が来るとは……世も末です。 信用なくなる コロナ治療失敗も、表向きには病死と隠蔽されているだけですでに多いのかもしれません。 治療に失敗している専門家も自分が何をやってるかわかっていないのでしょうが…… よかれと思って治療する人は、治療に失敗しても病気のせい、現代医学が追いつかないせい、などと反省しないので被害が止まりません。 コロナ&偽医療のコラボレーションで人口を大幅に減少させることに成功した現代医学。 数年後その信用は失墜しているでしょう。

次の

コロナウイルス対策に期待された最新人工呼吸器の残念な結果

コロナ 呼吸 器

重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症市場レポートは、疾患の詳細な概要と、歴史的および予測された疫学の詳細な理解を提供します。 2017年 から 2030年までの調査期間中、現在および予測される市場収益、販売傾向、薬物摂取量を提供することにより、既存の治療パターン、潜在的な今後の薬物を強調し、市場機会のベストを特定し ます。 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の製品プロファイルと分析 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症レポートのこの部分には、上市されている医薬品とフェーズIIIおよび後期フェーズIIパイプライン医薬品の詳細な分析が含まれています。 それは、安全性と有効性の結果、および作用機序、経路、発売日と指定を含むいくつかのパラメーターで薬物を評価する主要な相互競争を提供します。 このセクションでは、市場インテリジェンスと、最新の出来事、契約とコラボレーション、承認、特許の詳細、その他の主要なブレークスルーの追跡についても説明します。 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の市場レポートのサンプルコピーを入手— 対象市場 米国 EU5(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス) 日本 調査期間:2017-2030 治療法による重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の市場シェア このセクションでは、最近発売された、または 2017年 から 2030年までの研究期間中に発売される可能性のある薬剤の摂取率に焦点を当てています。 分析は、薬による市場の取り込みをカバーしています。 治療による患者の取り込みと各薬剤の販売。 この情報は、最も急速に摂取されている薬物と、新薬の最大使用の背後にある理由を理解するのにも役立ちます。 それは市場シェアとサイズに基づいて薬の比較を提供します。 この分析は、市場の取り込みに重要な要因を調査し、財務上および規制上の決定を行うのに役立ちます。 パイプライン開発活動 レポートでは、コラボレーション、買収と合併、ライセンス、特許の詳細、および重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の新たな治療法に関するその他の情報について詳しく説明しています。 重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の償還シナリオ 償還に積極的に取り組むことは、製品開発の後期段階と製品発売後の両方に良い影響を与える可能性があります。 レポートでは、経済的に魅力的な兆候と市場機会を特定するために償還を考慮します。 有限のリソースを扱う場合、償還の障壁が最も少ない市場を選択する能力は、重要なビジネスおよび価格戦略になる可能性があります。 KOL-ビュー 現在の市場動向に追いつくために、私たちはデータのギャップを埋め、二次的な研究を検証するために、一次調査を通じて重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染領域で働くKOLとSMEの意見を取り入れています。 彼らの意見は、現在および新たな治療法の治療パターンまたは重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の市場動向を理解および検証するのに役立ちます。 これにより、市場の全体的なシナリオと満たされていないニーズを特定することにより、今後の新しい治療の可能性についてクライアントをサポートします。 利用可能な 割引 ( 最大30%の特別 オファー -コードMIR 30を使用): レポートのハイライト -今後数年間で、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の市場は、病気に対する意識の高まりと世界中での医療費の増加により変化するでしょう。 市場規模を拡大し、製薬会社がより多くの市場に参入できるようにします -企業と学者は課題を評価し、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染の研究開発に影響を与える可能性のある機会を模索しています。 新興治療法の発売は、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染市場に大きな影響を与える -疾患の病因のより良い理解は、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症の新規治療法の開発にも貢献します -開発のさまざまな段階(フェーズIIIおよびフェーズII)にわたるパイプライン資産の詳細な分析、さまざまな新たな傾向、および詳細な臨床プロファイル、主要なクロス競争、製品開発活動に伴う発売日を含むパイプライン製品の比較分析研究開発活動の全体的なシナリオを特定することにより、治療ポートフォリオに関する意思決定プロセスでクライアントをサポートする 市場の推進要因と障壁 主な利点 -このレポートは、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染市場を形作り、推進する傾向を理解することにより、ビジネス戦略の開発に役立ちます -重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症市場の最良の機会を特定することにより、販売とマーケティングの取り組みを整理する -重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス感染症市場における将来の市場競争を理解する。 完全なレポートを閲覧する 私たちに関しては: MarketInsightsReportsは、 ヘルスケア、情報通信技術(ICT)などの業界業種のシンジケート市場調査を提供し、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業など MarketInsightsReportsは グローバルと中国と地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場提供します統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項を含むビュー。

次の