仁王 2 手斧 ビルド。 仁王2: 有用な陰陽術・陰陽ビルドのまとめ

【仁王2】手斧のステ振りとおすすめスキル

仁王 2 手斧 ビルド

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の

【仁王2】漆黒斧装備(毒ビルド)が完成!高火力&高防御なのでおすすめ

仁王 2 手斧 ビルド

斧ビルド 防御特化 の特徴・立ち回り ボス戦を回避なしでゴリ押しできる 斧ビルド 防御特化 は、「攻撃動作中の被ダメージ軽減」を最大まで積むビルドです。 ボス戦で敵の攻撃を回避せずに、ゴリ押しできるので、ミッション周回が楽なビルドとなっています。 頑強をAにする 攻撃動作中に攻撃を受けると、怯んで攻撃が止まる可能性があります。 重装鎧を装備して頑強はAにしましょう。 「漏活符」でHPを回復 「漏活符」の効果中は、敵にダメージを与えるとHPを回復できます。 回復なしではさすがに耐えきれないので、「漏活符」で回復しながら攻撃しましょう。 攻撃すれば回復するので、ガードと回避せずに、攻撃へ全ての気力を回します。 武器は「斧」以外でも運用できる 重装鎧で装備を固めるため、「剛」のステータスを99まで上げます。 そのため、メイン武器は「斧」とがおすすめです。 ただし、武器改造でステータス影響を調整すれば、他武器でも運用可能です。 「かに玉(八尺瓊勾玉)」には、「揃え効果の必要装備数」を減らす効果があります。 揃え効果で「勇猛無骨の3揃え」と「楯無の5揃え」を発動するために、「かに玉」が必須となります。 武器と防具(揃え効果) メイン武器 斧(何でもいい) サブ武器 瓶割りの二丁斧 頭 防具 鬼柴田の鎧 兜 胴 防具 楯無 胴 籠手 防具 楯無 籠手 膝甲 防具 楯無 膝甲 脛当 防具 楯無 脛当 鬼柴田の鎧(勇猛無骨)の3揃えを発動する 「勇猛無骨」の揃え効果は、サブ武器「瓶割りの二丁斧」と「鬼柴田の鎧 1種」で発動させます。 「楯無」装備は「頑強A」にするためにも必須となっています。 必ず装備しておきましょう。 斧ビルド 防御特化 のおすすめスキル 武器スキルはパッシブ系がおすすめ どの武器を使用する場合でも、通常攻撃連打での攻撃が基本となります。 武器スキルは「ダメージ軽減」「ダメージ増加」のパッシブ系を中心に習得しましょう。 陰陽スキル 戦闘開始時に「漏活符」「遅鈍符」「克金符」を使用して、バフ・デバフを付与しましょう。 スキル 効果 符術・遅鈍符 敵のあらゆる動作が鈍くなる。 符術・克金符 克金符を支度できる。 使用すると敵の防御力が減少する。 符術・漏活符 敵がダメージを受けるたびに精気が放出されるようになる。 精気はダメージを与えた者に吸収され、体力を回復させる。 斧ビルド 防御特化 のステ振り ステ 数値 解説 体 30 最大HPが増えるので便利 心 20 攻撃し続ける分の気力を振る 勇 10 装備・特殊効果で必要な分を振る 剛 99 最重要ステータス。 装備のためにカンストしておく 武 10 装備・特殊効果で必要な分を振る 技 10 装備・特殊効果で必要な分を振る 忍 10 装備・特殊効果で必要な分を振る 呪 30 陰陽術のバフ・デバフを使うので術容量を最大にしておく 攻略メニュー• 初心者向け攻略• キャラ育成・武器強化• ハクスラ要素• おすすめビルド• ストーリー攻略• 覚醒篇• 飛翔篇• 暗影篇• 旭光篇• 薄明篇• 夢路篇• 残照篇• サブミッション• おすすめスキル• データベース• 小ネタ・お役立ち情報• キャラクター•

次の

【仁王2】最強装備 二刀十文字ビルド!超攻撃力特化型!「30秒で読めます」

仁王 2 手斧 ビルド

バフ系 陰陽術の主力が集まっています。 攻撃力を上げる手段が前作より制限された関係から、防御系等の方が優秀な状況になっています。 奪霊符 攻撃を当てた敵がアムリタを出すようになる変則的なバフです。 これ単独だと大きな影響力を持たないものの、組み合わせる対象しだいでHPが回復したり、攻撃力が上がったりします。 特に有用なのは下の二つです。 天眼孔雀 守護霊• アムリタ吸収で体力回復 胴防具OP 天眼孔雀はアムリタ吸収時に構えごとに異なったバフ効果を与えます。 上段で攻撃力増化、中段で防御力増化、下段で気力回復速度増化です。 どれも効果幅が強くて、陰陽術の修羅符、金剛符を上回ります。 特に上段の影響力が高くて、ボス戦などではまず掛けておきたいです。 また胴部分の防具にのみ付けられる特殊効果「アムリタ吸収で体力回復」を使えば、アムリタ1つ辺りで30前後のHP回復が掛かります。 殴るたびに複数のアムリタが出現する関係から、十分に防御を固めた状態だと滅茶苦茶タフになります。 他に有用なOPも少ないので、胴部分の防具に打ち直しで付けておくと重宝します。 総じて奪霊符単体では大きな効果は得られませんが、組み合わせる先が優秀なので、便利な総合陰陽術になっています。 長期戦になりがち、HPが少なめな1週目の方が効果的なのですが、2週目以降でも十分に使えます。 陰陽術の中でも効果時間が長い方で、術力を伸ばすと更に効果時間が伸びるのも長所の一つです。 呪30でも1分30秒くらいは持続します。 結界符 気力回復速度が大幅に増加し、常世に触れた際に自動解除します。 陰陽術としては効果時間が少々短いのが欠点ですが、デバフ系と比べれば倍くらいの持続性はあります。 呪30のときで40秒くらいで、呪ステが伸びることで効果時間が伸びます。 開幕のラッシュ攻撃や、常闇へのカウンターになるので、多少はストックしておきたいです。 呪ステによって効果時間が変動する呪符で、効果自体は固定になります。 効果時間は呪30で1分10秒くらいです。 低ステータスの1週目で使っても、それなりの効果が見込めるという点で優れています。 また同じバフ系の護身符、デバフ系の封力符とのシナジーも見込めます。 護身符 受ける物理ダメージを一定量無効化します。 無効化できるダメージ量は呪ステに依存しますが、およそ1000以上は無効化できます。 効果時間もカウントする必要がないくらいに長い。 これでダメージを無効化した場合でも、完勝の称号は取れます。 単体でも強いのですが、金剛符や封力符によってダメージを減らすことで、より持続性を高めることができます。 初動でごり押しする場合に便利です。 効果時間は1分10秒くらいです。 なお宝箱や、アムリタから出現するアイテムは変化しません。 デバフ系 戦闘前に使えないのと、奥義「陽の刹那」なしでは隙の大きさの割に、効果時間が短いのが欠点です。 耐性を持っている敵も多いので、今作では今一つな印象がぬぐい切れません。 反面、持続時間が相当に短くて30秒くらいしかありません。 相手の動きを見ながら保険を掛けるような使い方には向かないので、もう殴り合いに持ち込むことが前提になると思います。 封力符を掛けて被ダメを軽減したら、ごり押しで敵のHPを削り、効果が切れるまでに引いてHPを回復するという流れが理想的です。 金剛符や、護身符を併用するとより安心です。 属性攻撃 忍者の幻術と違って、爆発力に掛けるのが欠点です。 ボス相手への削りよりも、属性ビルド時の補助攻撃などに徹するのが無難です。 火、雷、水の敵への与ダメージ増化を組み合わせ、相手ごとに使い分けるのが良いでしょう。 奥義「陽の刹那」を使うことで、発動を速めることができるなどの利点を生かせれば良いのですが……。 陰陽・奥義 陽の刹那 陰陽術の使用が高速化するので、デバフ系、属性攻撃が効果的になります。 バフ系の陰陽術はそもそも効果時間が長いのと、陰の長久による効果時間延長によって、更に持続が長くなるので、 活用するならデバフ、属性攻撃を多用する必要がありますが、それへの特化が難しいのも陽の刹那に対する評価を下げています。 説明書きにはないので、バグなのか仕様なのか不明ですが、これには 陰陽術以外も含みます。 例えば忍術アイテムの「剛力丹」等でも効果時間が伸びるので、地味に色んな要素に対して影響力を持っています。 ボスとの戦いではもちろん、道中でも効果的な奥義になっています。 陰陽ビルド 陰陽術による効果時間、効果幅は陰陽術・術力によって強化されます。 呪、勇のステータスを伸ばすことで術力が増えるので、特化するなら呪99+勇高になると思います。 反面、伸びしろがなくて、特化型としての運用はやっぱり難しいです。 属性ビルドを併用していくことになるとは思います。 最悪、バフ系の持続が長いことだけも価値はあるのですが、見合った価値と言えるかは怪しい……。

次の