虚構推理 ネタバレ 最新。 「虚構推理」のつまらない中にある面白い部分・・・ネタバレ 感想 まとめ │ サクまとアニメ

【虚構推理:35話】最新話ネタバレ|新章は琴子&六花ペアで事件解決に挑む!?|漫画キャッスル

虚構推理 ネタバレ 最新

本巻の見所は、九郎の秘密についてです。 11歳の時に人魚の肉を喰らい不死となった九郎は、自分の身体を囮に戦います。 格闘経験のない彼は鉄骨を振り回す相手にやられてしまいますが、不死の力を使って即座に復活。 そして彼のなかに宿るもうひとつの怪異・くだんの力を使うのです。 これも、肉を喰らったことによって身についたものでした。 くだんの力は未来を予言する能力です。 ただ予言といっても、決められた未来が見えるのではありません。 起こりうる可能性のある近い未来が見え、その選択肢の中から選ぶことができるという能力なのです。 ユニークな能力であり、今後のポイントともなるものなので、注目していきたい設定です。 人魚の不死と、くだんの未来視。 2つの能力を駆使して戦う九郎。 このバトルの行方はどうなるのでしょうか。 本巻の見所は、七瀬かりん事件の真相と次の犠牲者が出てしまう展開です。 鋼人七瀬の元の人間である七瀬かりんの死亡の原因ですが、岩永は警察でも見つけられなかった真相を、岩永だからできるある方法で解明します。 それは死亡現場を見ていた、第三者の幽霊からの証言。 工事現場で事故死した自縛霊は、鉄骨が不運にも鉄骨がかりんに倒れこんできた瞬間を目撃していました。 その証言から事故であるという真相に結びつき、鋼人七瀬を倒すための虚構の推理を作り上げることになるのです。 また、これまで人に危害を加えつつも殺人を犯していなかった鋼人七瀬ですが、本巻のラストではついに人を殺してしまいます。 それによってさらに力をつけてしまう彼女をどうやって倒すのか。 いよいよ、戦いが本格化していきます。 『虚構推理』4巻の見所をネタバレ紹介! 本巻の見所は、解決法の提示です。 六花はくだんの能力を使い、鋼人七瀬の噂が盛り上がる未来を選択し続けました。 その結果、ただの事故死だったかりんについての根も葉もない噂が怪物として具現化したのでした。 まさに、人々の妄想・噂が作り出してしまった怪物というわけなのです。 こうしたなかで、事態はタイミングを逃すと大量虐殺さえ起きてしまうという段階にまできていました。 岩永たちはそれを防ぐため、大人数が納得する、偽の噂の真相や嘘の犯人をでっち上げることを思いつきます。 事件に関する解答をいくつも用意し、鋼人七瀬の噂は嘘だと人々に納得させることが重要だと考えた岩永は、4つの解決策を用意して、鋼人七瀬の退治に向かうのです。 彼らはどんな方法で、この事態を乗り切るのでしょうか。 ますます加速する展開から目が離せません。 『虚構推理』5巻の見所をネタバレ紹介! そこで一行は、かりんの悲運を語った物語を仕立て上げました。 彼女は自殺したかのように見えるものの、それは父親が彼女をはめた罠であったというもの。 彼女は死後の世界でその真相を知り、怒りに駆られ、事件の真相を知ってもらいたいがために亡霊となって現れた、という案です。 オカルトなとんでもない暴論ですが、嘘の塊である鋼人七瀬を倒すための嘘として、また一般大衆が興味を持つ話題として有効と思われる解決策の1つでした。 これは六花により跳ね除けられますが、さらなる案を提示する事で、彼女を追い詰めていきます。 その案とは一体どのようなものなのでしょうか? ミステリーの謎解きを聞いているような、はたまた怪談を聞いているような、不思議な内容となっています。 読みごたえのある、第5巻です。 『虚構推理』6巻の見所をネタバレ紹介! 鋼人七瀬編も、ついに解決編に突入。 この巻では前巻の内容に続く3案、4案を用いることで、鋼人七瀬を退治することに成功します。 かりんの姉・初実は、マスコミに妹の悪評を流していました。 そこから程なくして、妹は不審死を遂げます。 その事実を利用したのが、第3者がかりんの亡霊を装っているという案。 しかし、この案は六花によって棄却されてしまうのです。 そして、第4案。 ここで、かなり思い切った案を提案します。 それは、鋼人七瀬はかりん本人である、というものでした。 現場で見つかった死体は別人のもので、彼女は未だ死んでおらず、鋼人七瀬まとめサイトを作って亡霊を作り出した、という内容です。 ここで重要なのは、鋼人七瀬は嘘の存在であり、なおかつ、かりんが寺田刑事を殺した犯人である、という事。 これにより、一般大衆に鋼人七瀬という怪物は存在しないという話を広め、倒す事に成功したのでした。 1巻から続いた鋼人七瀬事件は終わり、7巻以降は短編集となります。 「喫茶店のカレー」「大蛇の夜も眠れぬ悩み事」「うなぎ屋の会話の真実」、の3本のうち、「大蛇の夜も眠れぬ悩み事」のエピソードを簡単にご紹介します。 水神様でもある大蛇は、最近夜も眠れぬほどの悩みを抱えており、それを岩永に解決してほしいと依頼してきました。 その悩み事は、大蛇の棲む沼に捨てられた他殺死体について。 事件としては死亡した男性についても、殺害した女性の名前も、動機もわかっており、ほぼ解決している状況。 しかし大蛇は、女性の「うまく見つけてくれるといいのだけれど」という意味深な独り言を聞いていました。 山奥に死体を遺棄しにきたにも関わらず、見つけてほしいと願う女性の不安定な行動の意図を知りたいというのでした。 岩永の高校時代が描かれる「岩永琴子は高校生だった」はもちろん面白いのですが、9巻の見所は、何と言っても、「ギロチン三四郎」というエピソードではないでしょうか。 世間では「ギロチン殺人事件」が話題になっていました。 それは骨董品や芸術品を収集している宮井川という男が義理の弟を口論のはずみで殺してしまい、そのあとに「本当に人間の首を切り落とせるのか試してみたかった」という理由で首を切断したと自供しているものでした。 しかしそこには真の犯人がいたのです。 そしてその物語を解き明かすと、似た価値観や感性を持つ友人たちの関係性が見えてきます。 恐ろしい事件であるにも関わらず、心が動かされる不思議なエピソード。 解決策も岩永らしく、心がすっとなる結末です。

次の

【虚構推理】ネタバレあり!殴れないし倒せない!?本物の怪物『鋼人七瀬』の謎に迫る!

虚構推理 ネタバレ 最新

本巻の見所は、九郎の秘密についてです。 11歳の時に人魚の肉を喰らい不死となった九郎は、自分の身体を囮に戦います。 格闘経験のない彼は鉄骨を振り回す相手にやられてしまいますが、不死の力を使って即座に復活。 そして彼のなかに宿るもうひとつの怪異・くだんの力を使うのです。 これも、肉を喰らったことによって身についたものでした。 くだんの力は未来を予言する能力です。 ただ予言といっても、決められた未来が見えるのではありません。 起こりうる可能性のある近い未来が見え、その選択肢の中から選ぶことができるという能力なのです。 ユニークな能力であり、今後のポイントともなるものなので、注目していきたい設定です。 人魚の不死と、くだんの未来視。 2つの能力を駆使して戦う九郎。 このバトルの行方はどうなるのでしょうか。 本巻の見所は、七瀬かりん事件の真相と次の犠牲者が出てしまう展開です。 鋼人七瀬の元の人間である七瀬かりんの死亡の原因ですが、岩永は警察でも見つけられなかった真相を、岩永だからできるある方法で解明します。 それは死亡現場を見ていた、第三者の幽霊からの証言。 工事現場で事故死した自縛霊は、鉄骨が不運にも鉄骨がかりんに倒れこんできた瞬間を目撃していました。 その証言から事故であるという真相に結びつき、鋼人七瀬を倒すための虚構の推理を作り上げることになるのです。 また、これまで人に危害を加えつつも殺人を犯していなかった鋼人七瀬ですが、本巻のラストではついに人を殺してしまいます。 それによってさらに力をつけてしまう彼女をどうやって倒すのか。 いよいよ、戦いが本格化していきます。 『虚構推理』4巻の見所をネタバレ紹介! 本巻の見所は、解決法の提示です。 六花はくだんの能力を使い、鋼人七瀬の噂が盛り上がる未来を選択し続けました。 その結果、ただの事故死だったかりんについての根も葉もない噂が怪物として具現化したのでした。 まさに、人々の妄想・噂が作り出してしまった怪物というわけなのです。 こうしたなかで、事態はタイミングを逃すと大量虐殺さえ起きてしまうという段階にまできていました。 岩永たちはそれを防ぐため、大人数が納得する、偽の噂の真相や嘘の犯人をでっち上げることを思いつきます。 事件に関する解答をいくつも用意し、鋼人七瀬の噂は嘘だと人々に納得させることが重要だと考えた岩永は、4つの解決策を用意して、鋼人七瀬の退治に向かうのです。 彼らはどんな方法で、この事態を乗り切るのでしょうか。 ますます加速する展開から目が離せません。 『虚構推理』5巻の見所をネタバレ紹介! そこで一行は、かりんの悲運を語った物語を仕立て上げました。 彼女は自殺したかのように見えるものの、それは父親が彼女をはめた罠であったというもの。 彼女は死後の世界でその真相を知り、怒りに駆られ、事件の真相を知ってもらいたいがために亡霊となって現れた、という案です。 オカルトなとんでもない暴論ですが、嘘の塊である鋼人七瀬を倒すための嘘として、また一般大衆が興味を持つ話題として有効と思われる解決策の1つでした。 これは六花により跳ね除けられますが、さらなる案を提示する事で、彼女を追い詰めていきます。 その案とは一体どのようなものなのでしょうか? ミステリーの謎解きを聞いているような、はたまた怪談を聞いているような、不思議な内容となっています。 読みごたえのある、第5巻です。 『虚構推理』6巻の見所をネタバレ紹介! 鋼人七瀬編も、ついに解決編に突入。 この巻では前巻の内容に続く3案、4案を用いることで、鋼人七瀬を退治することに成功します。 かりんの姉・初実は、マスコミに妹の悪評を流していました。 そこから程なくして、妹は不審死を遂げます。 その事実を利用したのが、第3者がかりんの亡霊を装っているという案。 しかし、この案は六花によって棄却されてしまうのです。 そして、第4案。 ここで、かなり思い切った案を提案します。 それは、鋼人七瀬はかりん本人である、というものでした。 現場で見つかった死体は別人のもので、彼女は未だ死んでおらず、鋼人七瀬まとめサイトを作って亡霊を作り出した、という内容です。 ここで重要なのは、鋼人七瀬は嘘の存在であり、なおかつ、かりんが寺田刑事を殺した犯人である、という事。 これにより、一般大衆に鋼人七瀬という怪物は存在しないという話を広め、倒す事に成功したのでした。 1巻から続いた鋼人七瀬事件は終わり、7巻以降は短編集となります。 「喫茶店のカレー」「大蛇の夜も眠れぬ悩み事」「うなぎ屋の会話の真実」、の3本のうち、「大蛇の夜も眠れぬ悩み事」のエピソードを簡単にご紹介します。 水神様でもある大蛇は、最近夜も眠れぬほどの悩みを抱えており、それを岩永に解決してほしいと依頼してきました。 その悩み事は、大蛇の棲む沼に捨てられた他殺死体について。 事件としては死亡した男性についても、殺害した女性の名前も、動機もわかっており、ほぼ解決している状況。 しかし大蛇は、女性の「うまく見つけてくれるといいのだけれど」という意味深な独り言を聞いていました。 山奥に死体を遺棄しにきたにも関わらず、見つけてほしいと願う女性の不安定な行動の意図を知りたいというのでした。 岩永の高校時代が描かれる「岩永琴子は高校生だった」はもちろん面白いのですが、9巻の見所は、何と言っても、「ギロチン三四郎」というエピソードではないでしょうか。 世間では「ギロチン殺人事件」が話題になっていました。 それは骨董品や芸術品を収集している宮井川という男が義理の弟を口論のはずみで殺してしまい、そのあとに「本当に人間の首を切り落とせるのか試してみたかった」という理由で首を切断したと自供しているものでした。 しかしそこには真の犯人がいたのです。 そしてその物語を解き明かすと、似た価値観や感性を持つ友人たちの関係性が見えてきます。 恐ろしい事件であるにも関わらず、心が動かされる不思議なエピソード。 解決策も岩永らしく、心がすっとなる結末です。

次の

虚構推理2話のネタバレあらすじはコチラ!FODなら全話見れるよ

虚構推理 ネタバレ 最新

ネタバレなしの感想 妖怪たちの調停役として知恵の神となった岩永琴子が人に害意を振るう怪異「鋼人七瀬」を倒す物語です。 こう書くと良くある伝奇小説にも思えますが、『虚構推理』は怪異を倒す手段が特異であります。 虚構から生まれ真実の存在となった「鋼人七瀬」、真実となった虚構を理を伴た別の虚構を用いて打倒すというところが本当に面白かった。 真実となった虚構の存在を倒すための虚構の推理。 その虚構の推理を土台とした人を惹きつける別の虚構の物語。 その物語を受け入れ真実となった虚構を捨てる多数の名もなき人々の自覚のない悪意。 真実と虚構が目まぐるしく入れ替わり二転三転する事態とその成り行きは、とても興味深く読んでいてページをめくる手が早まりました。 虚構の推理を複数用意した理由と最後に出した虚構の推理が受け入れられていく流れは、伏せた札を一気に解放しての大逆転であり大いにカタルシスを味わうことが出来ました。 虚構対虚構の対決の舞台をネット上としたところも、虚構を受け入れ新たな怪異を生み出す舞台として機能していたと感じます。 ネット上の反応が素直に思えたり、物証もないのに流れが傾きすぎじゃと若干違和感を覚えるかもしれません。 ですが、読んでいる時にはそんな些細なことなど気にさせないなど吹き飛ばす物語の勢いと面白さがあります。 物語を読み終えればタイトルとなっている『虚構推理』に納得すること間違いなしです。 妖怪や怪異を活かしたミステリー作品として大変楽しく読ませていただきましたよ。 ミステリー部分も面白いし大好きなのですが、主要キャラクターの2人も大好きになりました。 主人公であり探偵役が、妖怪たちの調停役として知恵の神となった岩永琴子です。 西洋人形のような外見で一眼一足の美少女なのですが本当にあけすけに語るところがギャップとなって面白いです。 「九郎先輩のバナナを食べさせていただければ」とか、「破瓜の痛みの方が」とか、どんなビッチキャラなのかと。 でも、明け透けな発言がキャラクターとしての下品さにつながっていないのですよね。 問題解決時、論理的な虚構を構築していく様は流石は知恵の神と感じせますし、 怪異と向き合った時の泰然とした姿にただ人を超越したものを感じさせるからかもしれません。 そんな探偵役の岩永琴子の相棒であり、恋人であるのが桜川九郎です。 琴子の好意を迷惑がり、彼女に無碍な言葉を返すところ良いキャラクターしています。 岩永琴子という一癖も二癖もある人物の恋人やパートナーになるのなら、桜川九郎位の反応が正しいと思わされます。 邪険にされても気にせず好意を伝えたり、邪険にされたらされた分だけ反撃する岩永琴子の姿が面白いですからね。 それに、琴子にみせる言動は厳しいものがありながらも、その根底には琴子を想う気持ちが感じられます。 本当、琴子と九郎のやりとりはずっと見ていたいくらいですよ。 ミステリー部分が面白く、探偵と助手の関係も魅力的であるとか、大勝利間違いなしの作品です。 本当に久々に面白いミステリーが読めたので多くの人にも読んで貰いたいです。 私も来年一月からのアニメも観ますし、コミック版の虚構推理も読みます。 でも、アニメ化に伴いカバーデザインが変わってしまっていることだけは認められない。 書籍を売るためにもアニメ版のデザインに寄せないといけないのは理解できます。 でも、変更前のデザインが至高だっただけに変えないでほしかった。 ネタバレありの感想 ここから下は『』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 鋼人七瀬事件の黒幕について 「鋼人七瀬」という摂理に反して誕生した怪異を消滅させるということが当初からの琴子の目的です。 作品中盤において「鋼人七瀬」よる殺人が発生しますが、もともと人間に対して被害があるから来たというわけではありません。 あくまで妖怪たちの依頼があり「鋼人七瀬」が摂理に反して誕生したから対応に来たというのが琴子の根幹にあります。 今回の怪異「鋼人七瀬」は、桜川六花が意図して作り上げた摂理に反した存在であるから琴子が対処しましたが これが自然の摂理によって誕生した怪異であったら、たとえ被害が今回の事件より大きくても琴子が対処することはなかった気がします。 琴子は人間ではありますが、人間の範疇には収まらない独自のルールや摂理を持っているのでしょう。 今回の事件の黒幕であり、「鋼人七瀬」を意図して生み出した桜川六花。 桜川六花は九朗と同じく「人魚」と「件」を食し身に取り込んだことで不死の予言を行える存在であり、人間の範疇外となった生物です。 その不自然な状態を解消し手人間に戻ることが目的であり、そこに至るための手段が自身にとって都合のいい神や怪異を生み出すことです。 彼女は自身の目的を達成するために今後も自然の摂理に反し、自らが望む怪異や神を生み出そうとするでしょう。 当然、自然の摂理を重んじる琴子とぶつかることが必至でしょうし、桜川六花との決着が作品全体のラストになるのかもしれないです。 ただ、彼女の目的を妨害するということは必然的に九朗先輩も普通の人間に戻れないままということなんですよね。 その状態を九朗先輩は本当に受け入れているのかというのも気になります。 逆に琴子のほうは九朗先輩が普通の人間に戻っても好意が変わらないのかも気になります。 琴子と九朗の関係について 琴子と九朗の関係性は面白いですね。 琴子が九朗に一目ぼれしてからずっと琴子の恋心が揺るがず、九朗を落とす機会を狙い続けているとかすごいし、 そんな琴子の想いに応えたとは思えぬような九朗の態度も興味深かったです。 琴子が九朗と出会ったのが15歳の時、九朗が紗季と別れたと知り接触したのが17歳の時、「鋼人七瀬」事件が19歳の時です。 琴子が17歳の時から19歳になるまでの期間がとても気になるんですよね。 あんなにも琴子の気持ちを訝しげかつ迷惑がっていた九朗をどうやって琴子が落としたのかなとか、 なんだかんだお付き合いしてからは琴子が破瓜の痛みを知るくらいの関係にどう発展していったのかなとか凄い気になりますよ。 「鋼人七瀬」事件時の琴子と九朗の関係を見ると、琴子へ辛辣な言葉を返したりはしますが九朗がとても琴子を大切にしている描写がありますからね。 琴子は九朗のことを朴念仁とか愛が足りないとこき下ろしていますが、九朗の愛情は大きいです。 そもそも琴子の前から黙って姿を消したのも、琴子のメールに返事を出さなかったのも、琴子を危険な目に合わせないようにするためですからね。 九朗の方は言葉ではそっけないですが、その分行動や琴子に見えないところであらわにする琴子への愛情が大きくてエモいですよ。 逆に琴子の方は言葉やモノローグでは九朗への愛情や好意のアピールが大きい割に、九朗を大事にしている描写が少ない気がしますね。 まあ、九朗さんが「人魚」の肉を取り込み不死の存在であるからという点もありますし、信頼しているからこそという部分もあるんでしょう。 九朗のツンデレな言動、それにやられっぱなしにならずに言葉や行動でやり返す琴子の関係が見ていてとても楽しかったです。 だからこそ今の関係に至るようになった経緯を凄いみたいんですよね。 『』『』でも17歳から19歳に至るまでは描かれていないみたいです。 アニメ化に伴って虚構推理の新作が出て欲しいですし、その際には18歳の頃の琴子と九朗の姿が見たいです。 虚構対虚構のレスバトル 虚構より生じて真実の存在となった怪異「鋼人七瀬」、その真実を虚構に戻すために虚構の推理を真実と認識させた虚構バトル。 そのバトルの舞台はまとめサイトの掲示板でのレスバトル。 読んでいるときは琴子が提示した虚構推理と、その推理の矛盾点をつつき論破する流れが面白く感じました。 でも、この長文レスバトルを漫画やアニメでどう表現しているのか気になりました。 ラストバトルの一番盛り上がるところが掲示板でのレスバトルだし、琴子の虚構推理が論破されると九朗先輩が劣勢になるし、 どんな風に漫画として絵に落とし込んだのだろうなと不思議に感じましたよ。

次の