ナス d ヒマラヤ。 テレ朝POST » ナスD、“ヒマラヤ最奥の聖地”に命がけの潜入!「ディレクター人生の集大成として…」

ナスD 打倒NHKでヒマラヤ取材|BIGLOBEニュース

ナス d ヒマラヤ

第126回は、14日に放送されたテレ朝系バラエティ特番『ナスDの大冒険TV 特別編 1人ぼっちの無人島0円生活 2時間SP』をピックアップする。 今年4月にスタートした新番組の特番だが、テレ朝の友寄隆英ディレクターが「ナスD」となった『陸海空 地球征服するなんて』のスタートからすでに3年あまりが経過。 今回の放送内容は未知数だが、『クレイジージャーニー』 TBS系)が見られなくなった今、貴重な僻地ロケ番組だけに、ABEMAとの連動も見られる通常放送と併せて掘り下げていきたい。 壮大な景色と現地住人の映像をバックに、「ヒマラヤに住む幻の部族を命がけで取材。 ディレクター目線で知られざる文化や、そこに住む人々の姿をレポートする男、通称ナスD・会社員。 今回はそんなサバイバル好きの会社員がたった1人で無人島生活に挑んだドキュメント。 こちらも無人島大好きなよゐこの2人と一緒に見ていきます」というナレーションでスケールの大きさを感じさせた。 ただ、このタイミングで「過去に放送された映像に、よゐこの解説や多少の未公開シーンを加えた再編集番組だな」と気づいた人は多かったのではないか。 このところ新撮なのか再編集なのか、はっきりと視聴者に伝えず、始まってみなければ分からない番組が少なくないのは残念だ。 実際、ナスDの無人島0円生活は、まったく色あせないすご味を感じさせるものだけに、正直に伝えてしまったほうが良かったのではないか。 ナスDの第一声は、「すごく頑張るから見てくれるんじゃないですか。 1人で5人ぐらいやってやっとテレビに出る資格があるかないか。 命がけで死ぬギリギリじゃないと見せる理由がない。 そりゃそうでしょ、スタッフなんで」だった。 単にムチャをしているのではなく、知識と経験をベースに行動し、視聴者目線を第一に考えている様子が伝わってくる。 無人島0円生活が始まると、ナスDは川の水を煮沸消毒して飲み水を確保し、ノコギリ・ナタ・麻縄のみで家を作り、わずか4分55秒で火を起こし、素潜りすると1分53秒で1匹目を獲り、30秒でさばいてしまった。 さらに、巨大タコを素手で獲り、頭や足にかぶりついて食べ、吸盤が口の中にはりついて悶絶。 その後、塩、テーブル、屋根、壁、カマドなどを次々に作り上げていった。 加えて、「ポイントは雨、風、波。 A・K・Nで『アカン』って覚えておいてください」「ウェットスーツを脱いだ瞬間が一番危険で低体温症になりやすい」などの情報提供を忘れないのがナスDの強み。 安易にマネして事故を起こされないためのリスクヘッジが効いている。 また、今回のナレーションで「素潜り漁のために風呂で息止めの練習をし、少しずつタイムを伸ばして自信をつけた」ことが明らかになった。 ナスD は破天荒さばかりクローズアップされがちだが、陰の努力を惜しまず責任感を忘れないタイプの稀有なテレビマンであり、だからこそスタッフとキャストの両者を同時にこなせるのだろう。 」「ハーイ! 」とハイテンションぶりを見せる。 結局、50時間の予定を延長し、73時間滞在して、無人島ロケは終了……と思いきや、ABEMAに15分42秒の特別編をアップするという。 しかも、それはロケ直後の休暇を利用した完全プライベートの映像であり、スタッフに支払う延長料金22万2000円はナスDの自腹。 ナスDは「鮫島で釣ったサメだけを食べる休日」を撮りたかったのだが、体力的に限界のスタッフが撮影できず、サメも釣れずに終了した。 しかし、これは失敗ではなく、現在の視聴者が好むリアルなドキュメンタリー要素と言えるし、無料放送のABEMAにつなぐ試みは、番組の付加価値そのものであり、ファンサービスにほかならない。 ナスDは目の前の労力よりもサービス精神が上回る人なのだろう。 エンディングでは、よゐこが「次回の無人島0円生活で対決したい相手」にEXITを指名し、ナスDは「同行ディレクターゼロで完全に1人でやる」ことを公表。 よゐこはさらなる笑いを誘い、ナスDはハードルを上げて、視聴者に楽しみを感じさせて終了した。 ただ、無人島0円生活は特別企画に過ぎず、メインはレギュラー放送している『ナスDの大冒険TV』。 ナスDは、日本人が踏み入れていない僻地に向かい、事実、現在放送中の「ネパールの奥地・天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間」では、無人島が霞んでしまうほどのすさまじい映像を見せている。 「超本気紀行ドキュメント番組」と自負する通り、常に命がけの制作姿勢は、深夜帯やABEMAの放送・配信だけではもったいないくらいだ。 もっとも、ナスDは放送時間帯なんて気にしていないのかもしれないが、もっと多くの人々に訴求できるコンテンツであることは間違いない。 いまだ「ディレクターの冠番組は異例中の異例」「あの人は変わっているから」なんて特別視する声もあるが、そうした杓子定規的な見方では、プロアマ問わず量産され続けているネットコンテンツとの争いを勝ち抜いていけないだろう。 はからずもコロナ禍で出演者数が制限され、ガヤ芸人やコメンテーターなどの出番が減り、むしろ視聴者はそれを支持するなど、テレビタレントが厳しい状況に追い込まれはじめている。 視聴者はテレビマンが頼りがちな美形や分かりやすいキャラクターではなく、ましてや肩書や事務所の名前でもなく、ただ「本物」を求めているのではないか。 タレント、アスリート、文化人、スタッフ、一般人、外国人、LGBTなどの間に境界線を引かず、「誰が今の視聴者にウケるのか」を見極める目を持ち、思い切って起用する。 『陸海空』のスタートから3年が過ぎた今、ますますアグレッシブなナスDの姿を見るたびに、テレビマンたちの柔軟性が問われているような気がしてならない。 内村光良とさまぁ~ずがMCを務めるトークバラエティ特番。 2018年8月、2019年3月、2020年1月に続く4回目で、これまではすべて時間帯が異なる不定期放送だったが、今回は高視聴率の『行列のできる法律相談所』『おしゃれイズム』を休んで放送されるだけにプレッシャーは大きい。 コンセプトは、「ゲストは芸人のみ」「トークは初出しのみ」の2点。 コロナ禍でタレントの存在意義に厳しい目が向けられる中、最大の武器となるトークでどう魅了していくのか。 試金石のような番組になるかもしれない。 著者:木村隆志 きむら たかし コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。 雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。 取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。 1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。 著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。 予めご了承ください。 連載一覧 第127回 第126回 第125回 第124回 第123回.

次の

破天荒ディレクター“ナスD”、厳冬期のヒマラヤで「打倒NHKスペシャル」

ナス d ヒマラヤ

富士山を超える高度4,000メートルに位置し、冬季はマイナス40度まで下がることもあるという、地球上でも屈指の極寒の地。 今回はそのドルポ地方のなかでも最奥にある集落・ティンギュー村を目指して旅をする。 ティンギューに行きつくためには、標高5,000メートル以上の3つの大きな峠を徒歩で越えなければならない。 厳冬期の最奥の集落を取材するため、総勢20名のスタッフが命をかけて雪山を進む。 そして、たどり着いた先には、何世紀もの間、変わらない暮らしを送る部族がいた。 『ニュースステーション』の取材ディレクターとして、世界の集落や高山に潜入リポートを敢行。 大谷氏は『ニュースステーション』の取材でドルポを訪れたことがあり、今回はナスDをガイドする重要な役割も担当する。 動物好きだった子ども時代から、その3つの大自然に触れることを夢見てきたという、友寄ディレクター。 ところが、2018年秋、ヒマラヤ・ドルポに初めて到達したときは、「大地は全面、茶色。 正直、まったく面白くなくてこの土地で特番なんか撮れるのかなと思ったんです」と明かす。 「今回は風景と現場の音、ナレーション、音楽で魅せていきたいと思っています。 ヒマラヤはめちゃくちゃ絶景が広がっているので、150日の間に映像的にはNスぺを超えたのでは!? と思う瞬間がたくさんあるんです」。 破天荒キャラで知られる男が真摯にヒマラヤに向き合った本作は、衝撃のインパクトをもたらしたこれまでのバラエティーとはひと味もふた味も違う、骨太のドキュメンタリーに。 決してムダな時間にはさせないのでぜひ2時間半、おつきあい願いたいです」と、力強くアピールした。 』を担当していたとき、僕はチーフディレクターとしてチヤホヤされていたんですよね(笑)。 でも『黄金伝説。 』が終了したらまわりから人もいなくなって行き場も失って…。 ずっとVTRを作ってきた人間なのでデスクワークなんかできるわけもなく、どうすべきなのか悩んでいたんです。 それを察してくれた上司が『お前は何がしたいの?』って声をかけてくれ、『子どもの頃からアマゾン、ヒマラヤ、アフリカに行って動物を撮るのが夢だった』と話したんです。 そしたら、『まずアマゾンに行ってこい! その代わり、出演もしてみろ』と言われたんです。 僕は自分が賢くないことをわかっているので、ロケの前にはその土地について猛勉強してノート2冊分ぐらい調べ上げるのですが、上司はそれをよく知っていて、『いちばん詳しいお前がリポートすればいい』と…。 冬は氷と雪に阻まれて危険すぎてドルポに踏み入ることができないので、厳冬期の取材は世界初です。 大谷さんは2年ほど前に紹介されたのですが、すぐに意気投合して2人で飲みに行くようになって、この企画が実現しました。 73歳の大谷さんは僕よりもだいぶ大人なので温かく見守ってくれる感じ。 そしてまた大谷さん自身もディレクターなので、何を撮影しようか話し合いながら進むことができました。 そもそも大谷さんはK2西陵を世界初登頂した、スゴイ登山家。 そして僕もそうなのですが、大谷さんも日本よりも向こうのほうが過ごしやすいんです。 正直、まったく面白くなくて、この土地で特番なんか撮れるのかなと思いました。 でもそれは思い違いでした。 その茶色の大地が冬は白銀に覆われ、春になると人々が水を引いて大麦の種を植え、真っ黒になるんです。 それが夏になると全面、緑になり、やがて実って金色に…。 ヒマラヤはめちゃくちゃ絶景が広がっているので、150日の間に映像的にはNHKさんを超えたのでは!? と思える瞬間がたくさんあるんです。 僕はテレビでいちばん大事なのは奥行きだと思っているんです。 今はYouTubeも技術的にすごいと思いますが、奥行きがない。 テレビの強みは深さ、高さが見せられること。 視聴者のみなさんにはぜひヒマラヤの奥行きを感じていただきたいです。 そして僕らはリアルなものを真っ正直に撮り続けるしかない。 今や部族だって裸じゃない。 普通の服を着ていたり、靴も履いていたりする。 でもこれがリアルなんです。 100%、本物。 でもその裏切りを超えるものを作らなければならないと思うので、今は日夜、編集に没頭していますし、僕のこれまでを超えたものがこの番組にはあります。 正直、ディレクター人生の集大成としてすべてを出していますし、恥ずかしくないものを作っているつもりです。 僕はひたすら普通の人間で、いまだにテレビ出演に値する人間だとは思っていませんし、芸人さんにはやっぱりかなわない。 だから死ぬほど努力して誰もやっていないことに挑戦する。 そんな普通の人間でも、命がけで頑張ったら視聴者もちょっとは見てくれる。 それを芸人さんたちが見たとき、『オレらはプロなんだからもっと頑張ろう』と思ってさらに努力してくれるんじゃないか。 当時の『ニュースステーション』の取材だったが、ヒマラヤの奥深くの辺境の地に住む人々に圧倒された。 それ以来、何度もドルポに足を運んだが、厳しい自然に守られたそこは地球上に残された桃源郷のような気がしてならない。 そのドルポをあのナスDくんが取材した。 5千メートルの峠を何度も越え、厳冬の村へも分け入り長期間にわたり撮影を敢行した。 初めて訪れたドルポで彼が独自の感性で、何を感じ、どう心を打たれたか?とても興味深い。

次の

『ナスDの大冒険TV 特別編』“破天荒”を支える陰の努力と責任感

ナス d ヒマラヤ

詳細情報 テレビ朝日の社員、友寄隆英... 通称・ナスDが ほとんどの日本人が行ったことのないような 世界の僻地に、命がけで向かい、 知られざる文化、そこに住む人々の暮らしを ディレクター目線でレポートする、 超本気紀行ドキュメント番組。 世界一美しい神秘の湖・ポクスンド湖を後に、再び歩き始めた撮影隊。 まず目指すのは標高5000メートルを超える峠「バガラ」。 また今回、旅を共にする元テレビ朝日ディレクター・大谷さんは 実はK2西稜ルートで世界初登頂に成功した、世界的にも有名な登山家。 当時の貴重な映像とエピソードも必見です! それでは「ヒマラヤ初の峠越えに向けて、再出発! お楽しみ頂けたら幸いです。 【ナスDの大冒険YouTube版】でも動画を配信中! こちらも是非。 2018年10月から足掛け2年に渡る密着取材の記録をご覧ください。

次の