携帯料金 平均 au。 携帯代の平均額はどのくらい?自分と比較してみよう。

通信費 平均|家族3人 4人 夫婦の携帯代 家計のスマホ料金 内訳

携帯料金 平均 au

もくじ:• 携帯代・スマホ代が高い - 考えれらる理由 「毎月のスマホの請求が高いような気がする」という方のために、携帯代・スマホ代を高くしている主な理由を探ってみましょう。 どの理由に該当するかは現在契約しているスマホのプランによって異なります。 契約内容が分かる明細が手元にあると便利です。 購入した端末(スマホ・タブレット)の分割支払い分ではないか? スマホ代の節約のために月額料金が高い理由を探ります。 端末の分割料金が毎月のスマホ代を高くしているのかもしれません。 プランの契約の際に、キャリア(、、)から端末(スマホ・タブレット)も購入していませんか? このような端末の購入代金は、一括ではなく、分割で支払っている場合がほとんどです。 毎月の請求額が多いのは、端末購入分割の料金の分で増えているからもしれません。 分割払いの額はつい忘れがちですし、支払いの期間が長いといつまでも払っているような気がしてしまうものですね。 今一度毎月どのくらい支払っているかチェックしてみてください。 該当する場合 - スマホ代を安くする対策 端末の代金ですので当然支払い終わるまで払う必要があります。 またで契約している場合は、途中で解約することで解約金がかかることがありますし、解約した場合は残りの端末代を一度に払う必要がでてきます。 よく確認しましょう。 プラン変更し、契約のを下げることで、いまより月額料金を下げれる可能性があります。 仮にSIMカードを2枚入れることができるスマホ(ダブルSIMスマホ)ならば、2枚目のSIM契約としてとデータ専用SIMだけを契約するという方法もあります。 不要なオプション契約をつけていないか? キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では様々な有料オプションを提供しています。 契約者にとって必要不可欠なオプションならば問題ありませんが、もしかしたら内容をよく理解せずになんとなくで契約してしまったオプションが請求に含まれているかもしれません。 有料オプションには、「留守番電話」や「キャッチホン」機能などいろいろあります。 他にもメロディーコール(ドコモ)や待ちうた(au)なども。 有料オプションについてはスマホの請求書に記載がありますから確認してみましょう。 それぞれ月額料金は僅かですが、 オプションを複数契約していると金額がかさんで毎月のスマホ代を高くしてしまっているのかもしれません。 該当する場合 - スマホ代を安くする対策 必要がない有料オプションを契約しているならば解約をします。 無料通話分を超えて通話していませんか?または不要なかけ放題プランではありませんか? スマホ代を安く使いたい。 一つずつ確認していきましょう。 スマホの通話プランには、「時間無制限で電話がかけ放題」の場合と「一定時間までかけ放題」の場合があります。 一定の通話時間まで無料のプランを契約している場合、その通話時間を超えて通話をすると、当然追加で料金がかかります。 長く通話してしまうと結構料金がかさみます。 この通話料分が原因で毎月のスマホ代が高くなっている可能性も考えられます。 逆に「(携帯発信の通話がし放題、かけ放題)」を契約している人は、普段の通話スタイルを振り返り、本当に継続すべきか検討してみると良いでしょう。 最近は音声通話はほとんどしない、あってもLINE通話がほとんど、また携帯通話はするけれども、毎回数分程度という人も増えています。 完全かけ放題のプランは不要かもしれません。 この点を見直すと、毎月支払っているスマホ代を安くすることができる可能性があります。 該当する場合 - スマホ代を安くする対策 大手キャリアのかけ放題のプランと料金一覧を参考に、自分の通話スタイルを考えて、プラン変更を検討しましょう。 以下の通話プランの一覧を見ると、例えばドコモの「かけ放題オプション」から「5分通話オプション」にすると月額料金が1,000円も下がることが分かります。 3大キャリアの通話プラン - 料金と内容(税抜) プラン名 料金 内容 ドコモ かけ放題オプション 1,700円• 国内通話が24時間かけ放題 5分通話オプション 700円• 1回5以内の国内通話がかけ放題• 5分以降は20円/30秒 au 通話定額 1,700円• 国内通話が24時間かけ放題 通話定額ライト 700円• 1回5以内の国内通話がかけ放題• 5分以降は20円/30秒 ソフト バンク 定額オプション 通話基本プラン:1,500円(2年自動更新) +300円• 国内通話が24時間かけ放題 準定額オプション 通話基本プラン:1,500円(2年自動更新) +500円• 1回5以内の国内通話がかけ放題• 5分以降は20円/30秒 契約しているデータ容量が大きすぎませんか? データ容量が増えると、料金もあがるしくみになっています。 スマホの方は、データ通信も契約しているはずです。 データ通信料は、容量が増えるほど高くなる設定となっています。 家で契約しているなどのインターネットではデータ容量(GB)の上限がなく使い放題で毎月の料金が一定ですが、スマホやタブレットはそれと違って、選ぶ通信量によって料金が異なります。 今契約しているを確認してみましょう。 大きすぎるデータ容量を契約していることが毎月のスマホ代を高くしている原因かもしれません。 該当する場合 - スマホ代を安くする対策 大手キャリアのデータ容量別の料金を一覧にしました。 ご覧のように、データ容量が上がると月額料金も高くなることが分かります。 大手キャリア - データ通信料一覧 ドコモ ギガライト au 新auピタットプラン ソフトバンク ミニモンスター - 1GB 2,980円 - 1GB 2,980円 - 1GB 2,780円 - - - 2GB - 2GB 4,780円 - 3GB 3,980円 - 3GB - - 3GB 6,280円 - - - 4GB 4,480円 - 4GB 6,280円 - 5GB 5,980円 - - - 5GB 7,280円 - - - 7GB 5,980円 - - ソフトバンクの料金にはウェブ使用料(300円)を含んでいます。 特別な割引は反映されていません。 どの理由にも該当しない場合 - 毎月のスマホ代を下げる方法はなにかある? 契約先(キャリア)を変えるとスマホ代は安くなるのか 上記にご紹介したどの理由にも当てはまらない場合は、基本的にご自身の必要にあった無駄のないプランを契約していると考えられます。 それでもさらにスマホ代(もしくは代)を安くしたいという方は、 大手キャリアよりも全体的に料金を下げてサービスを提供している格安SIMへの切り替えを検討する必要があります。 3大キャリア間で契約を変更しても、ドコモ、au、ソフトバンクの料金は横並びですので、毎月のスマホ代を下げることはできません。 3大キャリアの家族割りなどを適用するよりも、た方がコストダウンとしては確実です。 格安SIMにするとスマホ代は本当に安くなるの? 格安SIMでは、データ通信料がキャリアよりもかなり安く設定されています。 どのくらい料金が異なるのか実際に比べてみましょう。 ここでは、3つのキャリア回線に対応しているを例にあげます。 3回線に対応していますから、お使いのスマホがSIMフリーでなくても、SIM解除し、同じ回線のプランを選ぶことでnuroモバイルを利用することが可能です。 ドコモ・ギガライトと格安SIM(nuroモバイル)の比較 どの容量を選んでも、nuroモバイルの方が安いことが分かります。 ここでは、nuroモバイルの音声通話つきプランと比較していますが、データ通信専用プランの場合、さらに料金が安く設定されています。 ドコモとnuroモバイルの料金比較 ドコモ ギガライト nuroモバイル(ドコモ回線) 音声通話つきプラン 1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,400円 2GB なし 3GB 3,980円 Mプラン(7GB) 2,200円 4GB なし 5GB 5,980円 6GB なし 7GB なし 13GB なし Lプラン(13GB) 3,400円 auの新auピタットプランと格安SIM(nuroモバイル)の比較 どの容量で選んでも、nuroモバイルの方がauより安いことが分かります。 nuroモバイルでは13GBも選べて、さらにauの7GBの料金よりも低価格設定です。 auとnuroモバイルの料金比較 au 新auピッタトプラン nuroモバイル(au回線) 音声通話つきプラン - 1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,480円 - 2GB なし - 3GB なし Mプラン(7GB) 2,800円 - 4GB 4,480円 - 5GB なし - 6GB なし - 7GB 5,980円 - 13GB なし Lプラン(13GB) 3,680円 ソフトバンクモバイルのミニモンスターと格安SIM(nuroモバイル)の比較 ソフトバンクモバイルも、どの容量で比べてみても、nuroモバイルの方が安いことが表から確認することができますね。 ソフトバンクとnuroモバイルの料金比較 ソフトバンク ミニモンスター nuroモバイル(ソフトバンク回線) 音声通話つきプラン - 1GB 2,980円 Sプラン(2GB) 1,680円 - 2GB 4,780円 - 3GB 6,280円 Mプラン(7GB) 2,800円 - 4GB 6,280円 - 5GB 7,280円 - 6GB なし - 7GB なし - 13GB なし Lプラン(13GB) 3,680円 いずれの場合も、nuroモバイルの方が料金が安いことが分かりました。 ここでは、格安SIMの代表として3つのすべてのキャリアに対応しているnuroモバイルを選びましたが、他のどの格安SIM会社でもデータ通信の料金が安く設定されています。 格安SIMには時間無制限のかけ放題プランはないので注意格安SIMでは、「10分まで何回でも通話し放題」のようなオプションがありますが、携帯通話が完全にかけ放題のプランを提供しているところがほとんどありません。 携帯通話が重要な方はキャリアでの契約を続けた方が良いでしょう。

次の

ドコモの携帯代は月額いくら?新料金プランで平均を算出してみた

携帯料金 平均 au

現在スマホをお使いの方は、NTTドコモ、au、ソフトバンクいずれかと契約していることが多いでしょう。 そんなみなさんが少なからず感じていることは、 「私のスマホの料金、高くない・・・?」「月々の携帯料金、安くならないの?」ということではないでしょうか? 「そんなに使った覚えがないのに・・・月々1万円!?」 「高いと思っているのに結局なにもせず、気づけば何ヶ月もそのまま・・・」 毎月のスマホ・携帯代はバカになりません。 出来ることなら安く済ませたいですよね。 目次:• スマホ・携帯の月額料金の平均は? スマホの料金が高いと悩んでいませんか?スマホ・携帯料金の平均は? スマホ・携帯の月額料金を安くする方法を紹介する前に、毎月のスマホ・携帯料金の平均っていくらくらいなんでしょう? 平均金額を把握しその金額より抑えることができたら、1つの節約の目安になりそうです。 大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の月額料金の平均はおおよそ6,000円~8,000円が多いと言われています。 それでは「ドコモ・au・ソフトバンク」それぞれの毎月の平均金額を算出してみましょう。 ドコモ・au・ソフトバンクの料金と平均金額 各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホ・携帯料金の平均ですが、ここでは毎月5~7GB程度のデータ通信量のプランと5分かけ放題の通話オプションをつけて算出してみます。 【ドコモの場合】 ドコモの場合は段階制の料金プラン「ギガライト」~5GBまでなら4,980円。 ~7GBまでなら5,980円で利用できます。 さらに「5分通話無料オプション」をつけると700円プラスに。 スマホ・携帯の月額を安くする方法は? 自分の契約内容を確認してみよう そもそも、スマホ・携帯の料金はなぜ高いのでしょうか? まずは現在のスマホの契約内容を確認してみましょう。 スマホ・携帯料金は主に、 通話代、料金プラン、オプション料金、端末代金、で構成されていることがわかります。 つまり、 いずれかの料金を見直すことでスマホ・携帯の料金を安くすることができます。 筆者も以前は月々10,000円近くかかっていたスマホの料金が今では約1,700円とかなり安くすることができました。 みなさんもオプション等、余計にかかっている、なんてことありませんか? ここではポイントごとに、それぞれの節約方法を見ていきましょう! これで「何ヶ月もプランの見直しを放置……」とはおさらばです。 契約状況はWebサイト以外にも、各サポートセンターに問い合わせて確認することも可能です。 キャリアのかけ放題プランを使うもよし、それ以外の方法で安くするのもよしなので、早速具体的な例を見ていきましょう。 通話が多い人はこのオプションに加入したほうが確実に通話代がお得になります。 ドコモやau、ソフトバンクで契約内容の変更をするには、以下の2つの方法があります。 例えば「 LINE」や「 Skype」などが多くの人に利用されています。 特に最近では「スマホの主な利用目的がLINE」という人も増えているので、LINE上で通話を行なうのが現実的でしょう。 ただし、データ通信を利用して通話するというIP電話の性質上、通話が不安定になる可能性があるという点には注意してください。 LINEの利用が多い人は、LINEが提供している格安SIM「LINEモバイル」がおすすめです。 どのプランを選んでもLINEを利用したデータ通信量はかからずデータフリーで使うことができるからです。 使った分だけの段階性プランや、使い放題のプラン、データ容量が決まっている定額プラン。 いろいろなプランがありますが、大事なポイントは自分が「データ通信をどれだけ使っているものなのか」を把握しておくことです。 ここさえ理解しておけば、自分が利用するデータ通信量・サービスに合わせてプランを選ぶようにしましょう。 現在の契約を確認する際に、「毎月どれだけデータ通信をしているのか」を合わせて確認しておくのがベストです。 使いすぎて制限がかかり、通信速度が遅くなってから通信量のことを気にする方がほとんどなのではないでしょうか。 反対に、めったに通信制限にかからない人は「実はデータ通信料が余っている」場合に気付きにくいのではないでしょうか。 そんなとき、適切な料金プランにすること、つまり自身の適切なデータ通信量を把握することが大切です。 スマホの契約内容を確認するときに、1ヵ月で使用したデータ通信量も同時に確認することができます。 実際に使用していた容量を参考にして、適切な料金プランを選択すると無駄がなくなります。 その他には、 Wi-Fiを有効活用するのもデータ通信の節約になります。 自宅にフレッツ光などの光回線を引いている、あるいはWiMAXやソフトバンクなどのWiFiルーターを持っているようでしたら、スマホに活用しない手はありません。 Wi-Fiでネット利用する場合は通信量がカウントされないからです。 月々のスマホの料金・プランは通信量によって大きく変わります。 アプリのダウンロードや動画の視聴の際は積極的にWiFiルーターを活用すれば、データ使用量を抑えることができるので安価なプランでも間に合うようになります。 スマホの契約プランを見直して節約へ結びつけましょう。 また、アプリの更新や動画のキャッシュを取得するなど、事前に通信量が多くなることがわかっている場合は、コンビニのWiFiスポットを利用するのも効果的。 格安SIMとは、ドコモやauといった携帯キャリアが持つ回線設備を借りて提供される通信サービスのこと。 大手プロバイダのOCNやBIGLOBEなどが提供しており、設備を保有するコストがかからないぶん通信費が安くなるため、月々のスマホ代を安くすることができます。 さまざまなプランが用意されていますが、ほとんどが月々2,000円~3,000円程度で利用することができるものばかりです。 料金が安いからといって品質が悪いということもなく、使用する回線は大手携帯キャリアと同じなので同等のエリアで利用することができます。 どれくらい月額が見直せるのか、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアと格安SIMサービスの料金を簡単に比較してみます。 ちなみに、ドコモ・au・ソフトバンクの毎月のスマホ代(携帯)の平均金額が、大体6,000円~8,000円前後になるので 月々1,300円ほど節約できちゃいます。 毎月データ無制限でスマホが利用できる方法で、今よりお得になるかもしれません。 もちろん、今使っているスマのホプランによって違いますので、毎月の利用料金をチェックしてみてください。 データ無制限で使えるモバイルWi-Fiルーターの中では、 THE WiFiがオススメです。 BIGLOBEモバイルの「BIGLOBEでんわ選べる通話オプション」は、月額600円で「通話パック60」「通話パック90」、月額830円で「3分かけ放題」「10分かけ放題」の中から選ぶことができます。 通話パックは、国内通話1,620円分 最大90分 、国内通話1,080円分 最大60分 、かけ放題は3分、10分までの通話が何度でもかけ放題という内容です。 自分の使い方にあった中から選ぶことができるのが魅力です。 家族間は最大60パーセントの割引に(引用元:) IIJの展開している「 みおふぉんダイアル」と「 ファミリー通話割引」を組み合わせると、家族間で最大60パーセントの通話料削減ができます。 「5分かけ放題」なら月額850円で、5分以内の国内通話が何度でも無料(引用元:) 楽天が運営する「楽天モバイル」では「 10分かけ放題オプション」を提供。 電話アプリ「楽天でんわ」を用いることで10分以内の国内通話が何度でも無料となります。 IP電話とは違い、通常の音声通話とほぼ同等の音質で話すことができます。 こちらは 月額850円(税抜)。 楽天モバイルのプラン「スーパーホーダイ」には、この「楽天でんわ10分かけ放題」は含まれています。 契約時の割引はさまざまなオプションへの加入が条件になっていることがほとんど。 機種変更や新規契約の際は、まず最初にオプションの確認をしたほうがいいと言っても過言ではありません。 ネットの契約変更画面で解約できるものもあります。 月末などはサポートセンターが混雑するので要注意。 月をまたぐと再び1ヶ月分の料金が発生してしまうため、解約したい場合は早めに手を打っておきましょう。 余計なオプションは無駄な出費になりますので、気づいたらすぐに対応するようにしましょう。 Apple Music、SpotifyやHulu、Netfulixなど人気ですよね。 定額で音楽聴き放題、映画見放題といった魅力的なエンタメサービスですが、「最近あんまり見てない」「違うサービスにしたけど契約がまだ残ってる」など、 放置していませんか? 月額1,000円程度のものが多いですが、あんまり見ていない人は思い切って解約しましょう。 サービスを複数使っている人は、どれか削るなど見直してみましょう。 「なぜスマホ・携帯代が高いのか?」と疑問に感じたとき、ゲーム内の課金のことを見過ごしているパターンもあると思います。 一度、見直してみてはいかがでしょうか。 煩わしそうに見えるかもしれませんが、一括でも分割でも端末代を抑えることができれば年間でかかるスマホ・携帯代のランニングコスト削減につなげることができます。 ドコモであれば、arrows Be3、LG style2といった30,000円台で購入できるモデルです。 他にも、Xperia Ace、Google Pixel 3aといったモデルもコストパフォーマンスが高いです。 いずれも、フラッグシップモデルよりも価格を抑えたモデル。 スペックやカメラ性能にそこまでのこだわりがないのであれば、低価格モデルといった選択肢も視野にいれてみましょう。 という人も多いと思います。 そこでおすすめなのが「新古品」。 「新古品」というのは、販売店などで、展示や検証、撮影などのために開封はされたけれど、実際にはほぼ使われていないもの。 新品同様でも封を切った時点で「新品」から「新古品」になるんです。 新古品はなかなか数が少ないですが、こちらのサイトのように「iPhone 8」や「iPhone XR」の新古品をお買い得に販売しているサイトもあります。 なかなか新品を安く購入できないiPhoneが安く買えるのはお得ですね。 SIMフリースマホとは、通信会社に縛られることなく通信回線を自由に選択できるスマホのこと。 特に格安SIMの利用には最適で、スマホ代を大幅に節約することも可能です。 本体の性能はミドルレンジ~ローエンド(中~低)が主流ですが、通話やメールはもちろん、LINEやTwitter、インターネットのブラウジングには問題ない性能です。 また、最近では大手携帯キャリアのハイエンドモデルと遜色の無い高性能なスマホまで登場しています。 一番の魅力は、やはり本体価格です。 3万前後の価格帯のラインナップが多いので、9~10万円近くするキャリアのスマホと比べるとその差は歴然。 1~2万円程度で購入できる安価なスマホもあるので、最低限利用できれば良いという価格重視の方にもピッタリです。 また、LINEモバイル、UQモバイル、mineo、BIGLOBEモバイルといったMVNOで 格安SIMとセットになっている格安スマホもおすすめです。 端末代も安くでき、毎月の料金プランも見直すことが出来ます。 公式サイトはこちら 新たな選択肢「楽天モバイル」 2020年4月8日からサービスを開始した楽天モバイル 2020年4月8日より、本格的なMNOサービスを開始した「楽天モバイル」。 ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアよりも、月額料金が安くできます。 ここでは、スマホ・携帯の料金を見直したい人へ楽天モバイルの特徴を簡単にまとめてみます。 0」1つしかありません。 楽天回線のエリア内であれば データ通信は無制限で利用することができます。 データ通信は使い切っても、1Mbps以上の速度で上限なしで利用することも可能。 さらに、通話アプリの「Rakuten Link」を連携して使えば通話もかけ放題になります。 ただし、 iOSでは対応していないためiPhoneでは現状使うことができません。 楽天モバイルで、注意しておきたいところは、「エリア」「対応端末」です。 エリア 下記の端末が対応端末となっています。 その他は動作保証外とっています。 以上の注意点をよく確認して、自身の生活圏内でも問題なく利用できるのであれば楽天モバイルに乗り換えるのもおすすめです。 また、データ無制限 or 通話かけ放題の楽天モバイルを2回線目として、メインの回線のプランを見直すことで節約も可能です。 今後注目のキャリアですね。 ぜひチェックしてみてください。 キャンペーン情報.

次の

携帯代の平均額はどのくらい?自分と比較してみよう。

携帯料金 平均 au

月々の料金比較 ドコモ・au・ソフトバンク Last update 2019-06-09 23:35 2019年6月1月より、ドコモの料金プランが一新され、端末代とプランで完全に分離されました。 さらに2019年5月14日、auも新しいパケットプランを発表。 3社とも端末代の割引を廃止しました。 これにより、iPhoneなどスマホを定価で購入しなければならず、実質値上げとも言われていますが実際はどうなのでしょう? Sponsored Link 目次• 大容量プランの比較 2019年までどのキャリアもそれほど違いがありませんでしたが、一気に特色が出るようになってきました。 特にパケットを使いまくる人は使用目的によってキャリアを選ばないと2年間でだいぶ差が出てくることになります。 各社料金も使える量も違いがあります。 ドコモの場合 ドコモは最も料金が安い反面、制限が30GBと最も低いです。 が、30GBを超えた場合の制限速度が「1Mbps」と比較的速度が速いです auとSoftbankは0. 128Mbps)。 そのため、制限を受けてもYouTubeなど動画を視聴してもそれほどストレスにならない可能性があります。 ただし、制限中は最大で1Mbpsということなので、注意が必要です。 パケットの制限を受けたときの様子 auとソフトバンクのように0. 128Mbpsの制限だと以下のように遅くなります。 au auは、8,980円と最も料金が高いのですが、唯一無制限となっています。 アマゾンプライムビデオやネットフィリックスなどの動画を頻繁に利用する場合やパソコンなどに繋いでテザリング 無料 する場合は、もっともおすすめできるプランです。 ソフトバンク ソフトバンクの最大の特徴は、SNSに使うパケットはカウントされない点です。 SNSにはYouTubeやLINEも含まれているため、YouTubeを見まくる場合は、ほぼ無制限に使えるといっても過言ではありません。 また、アマゾンプライムビデオやネットフィリックスなどを利用する場合でも、50GBまで制限がかからないのでauの「auデータMAXプラン」より1,500円ほど安いのは魅力。 まとめ そこそこ使うが安く済ませたい場合は、ドコモになります。 30GBなのでYouTubeやアマゾンプライムビデオで毎日30分~1時間ほど観ても、ぎりぎり30GBに達しない可能性の方が高いです。 自宅のインターネット回線として使用したい場合は、auがおすすめです。 自宅のインターネットを解約して「auデータMAXプラン」1本にしてテザリングでパソコンやゲーム機を接続すれば、トータルの1か月の費用が安く抑えられる可能性があります。 30GBでは心もとないが、安く済ませたい場合はソフトバンクになります。 また、YouTubeがメインの人もソフトバンクになるでしょう。 従量制プランの比較 あまり使わない人も各キャリアで差が出るようになりました。 こちらのプランは、使った量で料金が変わる「従量制」の比較です。 そのため 使わない場合 1GB未満 は、とことん料金を下げることが出来ます。 ソフトバンクはドコモ・auに比べ1,000円も高いです。 その代わり、ドコモやauが7GBを超えると速度が0. 128Mbps(動画はほぼ見られない)まで低下してしまいますが、ソフトバンクは50GBまで低下せずまた料金も8,480円で押さえられます。 ドコモやauは、制限を受けた場合にデータ量をチャージできますが、1GB当たり1,000円と高額になります。 そのため、制限を頻繁に受ける可能性がある場合はソフトバンクの方が安くなる可能性があります。 まとめ 私はWi-Fiがメインで屋外ではほとんどスマホを使わないので、毎月1GB未満で収まっています。 この従量定額制の料金は音声通話プランも込みの料金なので、これ以外にはiPhoneなどの端末分割代金しかかかりません。 そのため、端末分割を支払い終えると2,980~3,980円の維持費だけで納めることが出来ます。 ただし、5GBを超える使用の場合は、大容量プランでもそれほど変わらない料金なので、大容量プランへ変更する方がオトクです。 プランが豊富なau 3社の中で最も特徴があるのがauで、「大容量プラン」と「従来制プラン」以外にも豊富にプランが用意されています。 そこそこ使うけれど安く済ませたい場合は、auのこうしたプランを利用するとお得。 auフラットプラン7プラス 7GBまでの使用と、SNS使い放題で、5,480円になります。 従量定額制の7GBまでの料金と同じですが、こちらはあまり使わない月でも5,480円がかかります。 また、SNS使い放題ですが、「インスタグラム」「ツイッター」「フェイスブック」「+メッセージ」に限定されていて、YouTubeやLINEは含まれていないので注意が必要。 なのでたいていは従量定額制の「新auピタットプラン」か以下の「auフラットプラン20」の方がお得です。 auフラットプラン20 そこそこ使うけれど安く済ませたい場合は、この「auフラットプラン20 6,000円 」がおすすめ。 動画関係をそこまで見ない場合は、たいてい20GBに収まるでしょう。 音声通話のプランも含めて6,000円なので、上の「auフラットプラン7プラス」や「新auピタットプラン」で制限を受けることが多い人は、こちらのプランの方がお得です。 値上げ!?2016年との比較 興味深いデータがあります。 こちらはです。 2016年当時は最も安いプランでも月々6,500円かかりました。 しかも使えるパケットは2GBまで。 菅官房長官が4割程度下げる余地があるとの発言がありましたが、1GB未満に収められる人にとっては4割どころか半額以下に抑えることが出来るように。 今ではauの「auフラットプラン20」では6,000円しかかかりません。 4分の1以下です。 iPhoneの分割代金の比較 2019年からドコモも分離プランを採用し、iPhoneなどのスマホの割引が無くなりました。 が、不思議なことに同じiPhoneでもドコモ・au・ソフトバンクで定価が違います。 続いてはドコモ・au・ソフトバンクでiPhoneを48回払い ドコモは36回 で購入した場合の1か月の分割代金の比較です。 同じiPhoneでも、ソフトバンクが最も安く、ドコモが最も高い金額になりました。 基本料と端末分割代金の合計 パケット使い放題の場合 ドコモ・au・ソフトバンクのパケットが使い放題 ドコモは30GB、ソフトバンクは50GBまで のプランを選択した場合、iPhoneの分割代金との合計です。 ドコモとソフトバンクではほとんど差がなくなりました。 なので50GBまで使用でき、YouTubeなどSNSに制限がないソフトバンクの方がお得になります。 auは無制限に使えるものの、最も高い金額になってしまいました。 1GB未満で押さえる場合 もし、Wi-Fiがメインでほとんどパケットを使わない場合は、逆にauが最も安くなる結果に。 またソフトバンクが最も高くなってしまいました。 私のようにあまり屋外で通信しない場合は、auが最もお得になります。 注意!2年で買い替えしないと損をする!? 2018~2019年に登場した各社のプランでは、 iPhoneの端末代の割引がなくなり、その分基本プランの料金が安くなりました。 が、iPhoneは10万円以上する価格なので、そのまま全額支払うと圧倒的に損をします。 そのため、 端末分割代金は48回払い ドコモは36回 にし、 2年目を超えたときに買い替えて、古い機種を下取りに出してください。 これで端末代の残りのローン 25~48回分 が消滅するので、半額で購入したのと同じことになります。 ただし、この契約だと他社への乗り換えがしにくくなる 残りのローンが消滅されないため)ので注意が必要です。 格安SIM 最後に5、もしくは10分間の音声通話が無料の格安SIMの料金の比較を紹介したいと思います。 かけ放題+最低パケットの場合 Wi-Fiで使い、パケットの使用を最低限に抑えたい場合 最後に格安SIMでパケット使用量が少なく、通話料無料があるプランを比較してみました。 楽天モバイルは、パケット使用量をオーバーしても速度制限が1Mbps auやソフトバンクは0. 128Mbps とゆるく、無料通話時間が10分と長いので料金的にも安くおすすめ。 料金 かけ放題 パケット 楽天モバイル スーパーホーダイ 1,480円 10分 2GB FREETEL 使った分だけ 1,985円 5分 0. 1GB b-mobile おかわりSIM 1,904円 3分 1GB DTI 音声プラン1GB 2,138円 5分 1GB イオンモバイル 音声500MBプラン 2,138円 10分 0. 5GB BIGLOVE 音声通話スタートプラン 2,162円 3分 1GB FREETEL 定額プラン1GB 2,201円 5分 1GB DMM mobile 通話SIMプラン1GB 2,278円 5分 1GB mineo auプラン 2,332円 5分 0. 5GB ただし、格安SIMの場合はiPhoneはApple Storeで購入しないと使えません。 iPhoneをApple Storeで購入する場合 格安SIMで最新のiPhoneを使う場合、Apple StoreでiPhoneを購入する必要があります。 価格はこんな感じ。 Apple Storeでの購入は、24回払い 手数料0円 が可能です。 こちらは各iPhoneを24回払いにした場合。 楽天モバイルとの組み合わせ iPhoneはApple Storeで購入 24回払い し、楽天モバイルの「スーパーホーダイプラン プランS」を選択した場合の1か月の料金です。 こうしてみるとドコモ・au・ソフトバンクの従量制プランで1GB未満に抑えることが出来れば、格安SIMと変わらない料金になりますね。 関連ページ• 今海外に在住しているのですが近く、帰国予定です。 今海外で、ダブルSIMカードでタブレットで通話とネットをしています。 日本でスマホを新しく契約するのにはどこが一番お徳なんでしょうか? ネット制限なしで電話はある程度制限があってもかまいません。 利用はネットが重点的です。 よく読んでみたのですがいまひとつ日本のシステムが分からず、どこの会社にどのようなプランで契約すれば良いのか。 もし何かアドバイスがいただけるのであれば、よろしくお願いいたします。 今はどこと契約しても、ほぼ変わらないですね。 ただ、auとSoftbankは、他社への通話が有料だけれど、パケットを7GBまで使用できる、旧プランが選択できるので、auやSoftbankにかける機会が多ければ、旧プランの方が断然お得です。 通話が多いのであれば、どのキャリア、よりかは使用するパケット量に応じて、プランを選択した方がいいと思います。 サイトの間違いという事で契約できませんでした。 あくまでもサイト上でのシミュレーション(見積もり)で実際の支払料金ではありませんので気をつけましょう。 私もWeb上で予約したので、実際に契約できるか確認したいと思います。 機会を見て追加していきたいと思います。 いま夫婦でドコモを契約しております。 機種変更しようと検討しているのですが 現在カケホーダイライトプラン シェアパック5で契約しております。 MNPで多少安くなりますが、家族同士の無料通話を考えると、そう違いがないと思います。 で、その方法を詳しく解説しましたが、わからなければ当サイトのからお知らせください。 6台で29,880円になります。 1年間のみ 」もあるのでもっと安くなる可能性も。 ドコモなどでは、5GBのパケットプランでカケホーダイだと1台8,000円になります。 6台で48,000円。 ただ、シェアパックを利用すると「ウルトラシェアパック30GB」を1台だけ契約し、他の人は「シェアオプション 500円 」を利用すると、6台で34,000円となり、あまり差がなくなります。 もっと詳しく知りたい場合は、で相談していただければ、分かる範囲でお答えしますよ。 海外に在住していて帰国の度に使えるように日本の携帯を持っているのですが…海外にいる間は日本の携帯は全く使わず、年に2回程の帰国の時にだけ使用する程度です。 私はLINEのSIMで、月々673円 税込み。 電話ができない。 パケットは1GBまで で済んでいます。 LINE MobileだとLINEで使うパケットはカウントされないので、お得ですよ。 で書いています。 をご覧ください。 iPhone8 64G 通信量は20ギガ 通話はあまりしません。 この条件で1番安いのはどこでしょうか?ちなみに学割も行けます。 WiFiとセットでも良いです。 ざっと伺った条件で計算してみました。 注意点として、学割は全てのキャリアで最初の1年間のみ、という点です。 参考にしていただければ。 拝見させて頂きました! 現在ymobileでiPhone5s使っています。 そろそろ2年経つのと端末バッテリーが寿命なので買い替え検討中で、iPhoneXもしくはiPhone8に替えたいと思っています。 電話はあまりしないのと、家にWi-Fi ソフトバンクAir あるので5Gあれば平気かと思います。 が、 Softbank Airに加入なら、「おうち割 光セット」が適用されて、毎月1,000円割引になるかと思います。 実際の料金は、ショップでお尋ねください。 または、Appleのオンラインショップで、iPhoneを購入し、格安SIMを契約する方法もあります。 これだと、iPhone 8 64GBで85104円 税込み。 24で割ると3500円ほど。 これにLINEモバイル5GBプラン 音声つき 2,220円で契約すると、5800円ほどになります。 設定方法などはを参考にしするか、でお問い合わせください。 今iPhoneかXperiaのコンパクトを買おうか悩んでいて... そしてドコモかソフトバンクかも迷っています。 私は結構LINEをよく使い、LINE電話もしょっちゅうしております。 今度高3になるので学割は効くと思いますが、ドコモが最大何ギガかは分かりませんが、もしソフトバンクにしたら50ギガ データ通信 にするつもりです。 なるべく安く、データ通信の多いのにしたいのですがどれにしたらいいのでしょうか。 回答よろしくお願いします。 あとiPhoneかXperiaコンパクトだとどっちがよろしいのでしょうか。 家族内通話であれば、24時間通話料が無料ですし まぁ、LINE通話で代用できますが・・・ 、家族割も可能かもしれません。 また、iPhoneかXperiaかは、どちらが自分の好みか、で選んで構わないと思います。 参考にのページを紹介します。 ドコモでパケット20GBのプランで計算すると、Xperia Compactの場合学割を効かせると1ヶ月、8127円になります。 iPhone 8 64GBだと、7965円ですね。 ソフトバンクのiPhone 8 64GBだと、「スマホデビュー割」が効いて、7520円になります。 が、ソフトバンクのこの金額は、48回払 4年間 なので、2年払いだとドコモとそう変わりなくなると思います。 古いiPhone 6sでいいのであれば、Y! 参考になれば。 dタブが月7000円なので、iPhoneXの月額を5000円前後で抑えたいと思っています。 可能でしょうか?また、可能であれば最も安い契約プランを教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。 どちらかというと、iPhoneを購入してからdタブを検討されたほうが良かったかも・・・。 私ならdタブの代わりにAmazonのFire HD 8980円 とiPhone Xを購入して20GBのプランに加入。 Fire HDはiPhoneのパケットをテザリングして使うでしょう。 月々の料金は、iPhone X 64GBだとすると20GBのプランで11475円のみです。 dタブが2年経過するまでは、安いiPhone 8かiPhone 7を購入したほうがいいかもしれません。 どうしてもiPhoneXがいいというのであれば、最低料金プランは「データSパック2GB」だと、8775円になります。 dタブを購入したお店で相談してみてはいかがでしょう。 今は3年半前に購入したiPhone6をSoftBankで使用しています 来年の4月に2年縛りが解約されます 5GBで5分以内通話無料の契約をしています。 違約金については、新しい携帯会社が違約金にかかるぶんを割り引いてくれる場合があるので、ショップの人に相談してください。 オンラインだとそういった割引ができない可能性があります どうしても安くしたい!というのであれば、値下げされたiPhone7をチョイスするのもありです。 あるいはYmobileという選択肢もありますよ。 自動更新の時期になり、機種変更と料金プランの見直しを考えています。 キャリアはソフトバンクで、iPhone8 64GBを機種変更の予定です。 料金プランは現在スマ放題でデータ定額2GBのプランにしていますが、電話をあまり使わない、ネットもWi-Fi であまりデータ容量がいかず1GBも使ってないです。 今月はまだ1. 95GBあります。 なるべく安くしたいのですが、ソフトバンクの料金プランは何がおすすめでしょうか?あとWi-Fi のルータが一階にあるのですが、二階だと電波が弱く、Wi-Fi が切れたりします。 二階でもWi-Fi が使えるようになれる方法ってどうすれば良いでしょうか。 3GBほど)、2年目が経過と、ほぼ同じ条件です。 で、私はソフトバンクの分離プラン 48回払い で、ですが。。。 ただ、Pixel3は玄人向けですね。 安いですけれど。 で、上の表にも書きましたが、「シンプルプラン 通話料がかかる 」+「ベーシックパック1GBまで」を組み合わせると、4,514円。 これに48回払いの端末代 iPhone XRだと合計5,438円ほど)が加わります。 今までは、端末代と合わせて最低でも8,500円ぐらいしてたので、今回の新しいプランは使わない人には、すごくお得なプランになっています。 また、私は2階にWi-Fiルーターを設置しているのですが、階段を下りたぐらいまでしか届かない 一番高いルーターを選んだのに!)ので、中継器を設置しています。 詳しくはのページを参考にしてください。 もっと詳しく知りたければ、からどうぞ。 私もそのために買い替えました。 私の場合は2年以上経過していましたが リアル店舗で相談しないとわからないですね~。 たぶん出来るとは思いますが、端末の残りの代金の割引がなくなるかもしれません。 別にソフトバンクをかばう気はありませんが、唯一YouTubeやLINEなどの動画のパケットはカウントされませんから、実質、50GBプランならほぼ使い放題並だと思います。 今 2018年12月 は、docomoとauが新たに値下げを検討しているので、もう少し様子を見たほうがいいかも。 当ページでも紹介しましたが、は、今の所、auのほうが若干安いようです。 ブログを興味深く拝見させていただきました。 私はソフトバンクユーザーなのですが、今月、更新時期になります。 iPhone6からXRに機種変更もしたいのですが、出来れば機種代金も含めて7000円程で抑えたいと思っております。 月3~4GBの使用料で音楽やYouTubeは殆ど使用しません。 通話はそこそこ利用します。 私の場合ですと、格安携帯会社も含めて、どこの携帯会社がお勧めでしょうか。 自分で調べてみたのですが、なかなか理解できず…。 お手数お掛け致しますが、ご教示よろしくお願い致します。 7,000円に抑えるには48回払いでauかSoftbankが最も安くなるので、この場合はauのiPhoneXRが候補に挙がってくるかもしれません。 両方を足しても7,000円以下で抑えることが出来るかと思います。 また、とても分かりやすいご説明ありがとうございました。 先ほどのメールに記載しなかったのですが、家族4人でソフトバンク契約をしており、私以外は通信量、7GB使用しています。 契約内容はパケットし放題プランに加入しており、月で4万弱です。 もう少し携帯代金を抑えたいのですが、家族全員で乗り換えも検討した場合、auが最適になりますでしょうか。 度々の質問、申し訳ございませんが、ご回答よろしくお願い致します。 ただし、通話し放題などをつけると若干少し増えますが。 auのお店で聞いてみてください。 それと、端末の分割代金を支払っている最中に、他社に移動すると残金がどうなるか、も聞いた方がよいかも。 カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の