その日 人類 は 思い出し た。 #あんスタNL 真「その日人類は思い出した…」

『その日 人類は思い出した』|未完(みかん)|note

その日 人類 は 思い出し た

壁つくるっきゃない。 2012年、ニューヨーク州とニュージャージー州をおそった「」、皆さん覚えていますか。 ニューヨーク市だけでも 8万8000軒もの家屋を破壊し、 44人の命を奪ったストームです。 それが、 気候変動によって、今後もストームの被害はより頻繁に、そしてより大規模になると考えられています。 では、南極の氷の融解だけをとっても 2100年までに海水面を1メートルほど上昇させるだろうと予測されています。 ニューヨークでは、 2030年までに水面がなんと 30センチは上昇するだろうと、ニューヨーク市の対策本部の責任者である。 30センチなら... まだ歩ける!と思うかもしれませんが、海と川に囲まれたマンハッタンにとっては、かなり深刻な問題なんです。 道路が通れなくなると交通問題が起きますし、洪水保険の値段も高騰します。 洪水被害が起きやすい地域の住宅は価格が急落し... と連鎖的に大きな被害を生み出すことが予想されます。 海水面の上昇で土地が失われる、洪水被害がさらに大きくなる、これが大都市ニューヨークで待ったなしの問題となっているんですね。 これは マンハッタンの下半分をぐるりとUの字に壁で囲む通称「 BIG U」計画の第一弾となっています。 マンハッタンを囲む... 鉄筋コンクリートの壁... ! ただし 高さ3メートルだそうです。 某漫画のような、巨人が覗く「壁」を妄想した人はすぐに忘れて下さい。 もちろん、あまりにも壮大な計画ですし、単純に壁を建てたら全てが解決するわけではありません。 この壁はウォール街は守ってくれても、クイーンズやブルックリンは守ってくれませんし、さらには長期的な海水面上昇の対策にはならないと指摘されています。 来年予定されているロウワー・イースト・サイドの壁計画も、「全てが上手く行けば」実現するだろうとDanielさんも慎重に発言しています。 本当にマンハッタンの下半分が壁で囲まれることになるかどうかは、かなり怪しいかもしれません。 しかし、何もしなければ多くの地域が水没・洪水被害に遭うこともまた事実。 なかなか難しい状況です。 この計画が通称「BIG U」と呼ばれているのは、サンディの後、で入賞したデザイン「BIG U」が基となっているからです。 を見ると、ただ壁をどかーんと建てるのではなく、壁を美観の一部に、都市機能の一部にするためのアイデアが色々と模索されているのが分かります。 海岸線をぐるりと周る新しい地下鉄の路線を作ってしまうなんてこともできるかも? 上の画像では壁をどうやって活用するか、いくつかアイデアが並べられています。 壁の内側に店舗スペースを作る、壁の裏側に降りられる滑り台にする、駐輪場にする、両側に座れるベンチにする、と自由な発想が見られます。 近隣住人の反対や高額なコスト、そして水害対策としての効率性など、すでにマンハッタンの壁計画。 果たしてどうなるのか今後に注目です。 source: , , , , , 塚本 紺)• Tags :•

次の

吉田沙保里『その日、人類は思い出した━━━』

その日 人類 は 思い出し た

ただ人類はその日に思い出した。 彼らが何なのか。 自分達がどれほどの屈辱を彼らに与えていたのか。 タマゴを作らせるために『育て屋』に放置し、様々なポケモンと実験するかのように交配させ、あまつさえ、子供であるタマゴを奪い去り、サイクリングロードをグルングルンした。 口がきけないのを良いことに権利関係の法整備を怠り、人権優先の名の元に抵抗した彼らを処分し、自分達の知識欲のためにオモチャにした。 あまつさえ、彼らを使った『スライム風俗店』などという公序良俗に違反する店をつくり、問題が起きれば彼らのせいにして、やり玉にあげて中傷する。 彼らの心は摩耗していった。 抵抗もどんどん減っていった。 人間たちはそれを『友情』と呼んだ。 それを人類は思い知った。 いや、本当は分かっていた。 彼らが自分達に心を開いてなどいないことは。 まるで劣悪な環境の奴隷が「これでいい」と言ってしまうように。 彼らも「このままでいい」と思ってしまったのだ。 革命という言葉が魅力的に聞こえるのは。 弱い者が立ち上がり、牙を磨ぎ、強者を打ち破ったからだ。 そして、奴は現れた。 高い知性と豊富な知識。 彼らとしては考えられない物理攻撃値と物理防御力などのステータス。 奴隷 かれら を奮い立たせるカリスマ。 そして、なにより人類を憎むその意志と目的意識。 だれであっても惹き込まれてしまった、彼の見るヴィジョンに。 彼らが幸せに暮らせる世界。 もう、子供を奪われなくていい。 もう、知らないポケモンと無理矢理、交配させられることはない。 もう、人間の道具として酷使されなくていい。 暴力を振るわれたら、警察が守ってくれる。 襲われたら、助けてくれる。 権利を訴えれば、弁護士が雇える。 労働基準法も道路交通法も刑法も民法も自分達の味方になってくれる世界。 そんな世界が彼の見つめる先にはあった。 彼らのだれもが夢にまで見たが諦めていた世界。 彼ならば連れていってくれるのではないか? 彼らは徐々にそう思い始めた。 そして、それはとうとう立派な牙となり、振るわれる日を訪れた。 某県某都市 その日、人類は思い出した。 自分達が彼らに与えていた屈辱を。 凌辱と言ってもいいほどの仕打ちを。 『メッター!!!』 メタモンの反撃はここから始まったのだ。

次の

『進撃の巨人』その日人類は思い出した。 奴らに支配されていた記憶を。

その日 人類 は 思い出し た

カテゴリー• 234• 424• 358• 187• 171• 103• 968• 796• 106• 167• 279• 100• 108• 124• 3,750• 261• 112• 238• 196• 644• 220• 399•

次の