人気 の ない 駐 車場。 駐車場を芝生の庭にしてみませんか?スペースのない方におすすめ!

コンビニ駐車場での車放置に店主嘆き「警察には対応してもらえない」

人気 の ない 駐 車場

【はじめに】 駐車場は車を運転する人にとっては避けて通れない場所です。 どこに停めても大した違いはない、もしくは施設の入り口に近ければ近い方が良いと思うかも知れませんが、避けておいた方が良い場所があるので紹介します。 駐車場あるあるでもあります。 【鳥のフン】 駐車場に鳥が居てフンを落としてくる可能性があります。 鳥は軽量化のために腸が短く、長時間体内に餌を残さないので糞としてすぐに排出します。 その関係で糞は強い酸性を持っていて、塗料を痛めます。 フンがついたら早めに取り除きましょう。 鳥フン被害に遭いやすい場所を紹介します。 〈木の下〉 鳥が集まって来やすい木があります。 こういう木の下ではフンの被害に合います。 フンの他にも木の実がなっていて実が落ちてくる被害に合う可能性もあります。 葉や枝や樹液や虫が落ちてくる可能性もあります。 〈屋内屋根付き駐車場〉 屋内の駐車場で鳥の巣があってフンがたくさん落ちてたりする場所はヤバイです。 下を見るとフンが落ちているところは、鳥にとって居心地が良い場所なので避けた方が良いでしょう。 〈電線の下〉 電線にとまる鳥がいるので電線の下も同様です。 フンが落ちているところの近くは避けたほうが良いです。 【傷のある車の隣】 傷の付いている車の持ち主は運転が下手な可能性が高く、出て行く過程でぶつけられる可能性があります。 傷の位置である程度ドライバーの不得意な部分が見えてきます。 下記の博士のノートを参照ください。 また、車が傷ついていても直さない人柄なので、ぶつけても黙って逃げていきそうです。 【前向き駐車の車の隣】 前向きに駐車するとバックで出しながら方向転換するときに頭を振る形になり、横の車にぶつかりやすくなります。 また、ドアミラーの位置がちょうどドアを開いた時の角の位置とぴったりな事が多く、ぶつけやすくかつ乗り降りし辛いです。 バック駐車出来る場所で前から突っ込んで停める人は安全に対する配慮が欠ける傾向があるので、その隣はリスクが高いです。 【子供が乗ってそうな車の隣】 子育て世代が乗ってそうな車の隣は避けた方が良いです。 子供が無邪気に暴れて傷を付けるかもしれないし、ドアパンチをしてくるかもしれません。 3列シート車やスライドドアの車、ハイトワゴンタイプの軽自動車やコンパクトカーは子育て率が高いです。 特にスライドドアではない車(最近は少ないですが)の場合、ドアパンチを食らう可能性が高まります。 また、スライドドアの車であっても子供が助手席に乗っている場合はやはりドアパンチのリスクがあります。 【駐車場の出入り口付近】 車の出入り口は車が必ず通る場所なので、車が近くを通る回数が多く、それだけリスクが高まります。 入りにくい駐車場だと感じたら出入り口付近は避けたほうが懸命です。 【駐車場内の曲がり角の内側】 角はショートカット気味に曲がってくる車の内輪差でぶつけられやすいです。 あまりに狭いところは内側だけでなく外側もリスクがあります。 【人の通り道の付近】 人がたくさん通るとそれだけ、荷物などで傷つけられる可能性が高くなります。 横断歩道が書いてあったり、店舗等の出入り口からの直線にあたる部分はリスクが高いです。 【カート置き場の近く】 ショッピングセンターなんかはカートが駐車場に置けるようになっている場所があります。 カートの置き方が雑な場合、カートが転がって行って車にぶつかる可能性があります。 またカートがよく通る場所なのでリスクが高いです。 【輪留めが無い縦列駐車】 輪留めが無いとバック駐車する際の位置が確定しづらいので、バック駐車でぶつけられる可能性があります。 前後に車を止める場所は要注意です。 【大きな車の横】 大きな車はそもそも隣の車とのクリアランスが保たれないので、ちょっと多めにドアを開けただけでドアパンチをされる(するもある)可能性があります。 【クーペの隣】 クーペタイプの車はドアが長いので、ドアパンチをされるリスクが高いです。 しかし、このご時世にわざわざクーペを選ぶ人は車を大切にする人が多そうです。 クーペについては下記の博士のノートにまとめてますのでわからない人は見てみてください。 車のボディタイプ 【初心者マークのついた車の近く】 初心者は運転がまだ慣れていません。 駐車場で枠内に隣のとクリアランスを保った場所にキチッと入れることがまだ出来ないことがあります。 また、車の操作量に対しての挙動にも慣れていないので車を出すときにハンドルを切りすぎてぶつける可能性もあります。 【高齢者マークのついた車の近く】 高齢者は視野の狭さや四肢の動かしづらさ等、肉体的な理由で運転操作を誤る可能性があります。 また、風などでドアが思わず開いていってしまった時など、とっさに手をかけるような素早い動作が苦手なので、ドアパンチの危険性もあります。 【止め方が雑な車の近く】 初心者に限らず、運転が下手な人はいます。 下手さを隠すためなのかわざと複数にまたがって止める迷惑にも恥ずかしい人がいます。 駐めかたが雑な車は運転が下手なのでぶつける可能性が高いです。 横に限らず近くに止めるのは避けたほうがいいです。 【汚れた車の近く】 汚れた車は大切にされていないことが多いので、オーナーの性格が車が傷つく事に無頓着な傾向があります。 自分の車に無頓着ということは他人の車にも無頓着な可能性が高く、ドアパンチや服や荷物でこすってくるかもしれません。 【オススメスポット】 気をつけた方が良いところだけでは気が滅入るので、積極的に停めていきたいところも紹介します。 〈建物の入り口付近だが通り道でないところ〉 人の通る可能性が低いのでぶつけられにくいです。 〈駐車場のすみっこ〉 駐車場のすみっこは人や車が通る可能性が低いのでオススメです。 ただし通路や出入り口付近でないところに限ります。 〈綺麗な小さな車の隣〉 綺麗な車は大切に扱われている可能性が高く、それゆえ隣の車にも気を使っている可能性が高いです。 〈後ろが壁〉 後ろからぶつかられるリスクを無くせます。 ただし荷物の出し入れハッチバックを開けた際、壁にぶつかる可能性があります。 開けるときはクリアランスに注意してください。 〈横が壁〉 横からぶつかられるリスクを無くせます。 特に助手席側を壁にすると、仮にぶつけられたとしても異常を早期に発見できます。 運転席から反対方向にはなかなか目が届きませんから。 〈柱の横〉 柱があると隣のと車との距離が遠くなるのでリスクが下がります。 駐車場にある柱は乗り降りする際のドア位置に配慮された場所にあることが多いので、乗り降りも楽になりますが、ドアを開けた時の干渉には十分注意して駐車してください。 【まとめ】 「君子危うきに近寄らず」 全般的に、この教訓を思い出せば停めてはいけない場所は見えてきます。 ちょっとくらい歩いてもぶつけられて車が傷付くよりはマシです。 健康にも良いです。

次の

不人気な車ランキングTOP10|不人気だから格安で買えるおすすめ車を厳選

人気 の ない 駐 車場

駐車場の優先スペースとは 駐車場の優先スペースに関する詳細な決まりはありませんが、設置に関しては、 国土交通省が定めた「パーキング・パーミット制度」に関するガイドラインがあります。 普通の駐車場が幅2. 5mなのに対し、優先スペースの幅は3. 5mに設定されています。 また、駐車場から建物への移動を考えて、 建物の入り口付近などアクセスが便利なところに設置されていることがほとんどです。 駐車場の幅が広く設定されているのは、車椅子などは乗り降り時に必要なスペースが、 通常よりも多く必要なケースが想定されているためです。 優先駐車場にはわかりやすいように車椅子に乗った人をかたどった、 「障害者のための国際シンボルマーク」が提示されていることが多いです。 このマークは車椅子利用者のことをさすと勘違いされがちですが、 国際的に全ての障害者を対象とした世界共有のマークです。 駐車場の優先スペースの対象者とは 駐車場の優先スペースの対象者は法律などで明確に決まっているわけではありません。 スーパーや建物の所有者によって、それぞれ利用できる人を決めている状態です。 一般的には車椅子利用者や障害者など、車の乗り降りや歩行が困難な方の利用が想定されています。 ですが障害の種類や体調の悪さは外見で判断がつかない場合も多くあります。 そのために不正利用が行われたり、逆に優先スペースを利用したい人が、 利用するのをためらったりする場合があります。 これを防ぐために都道府県や自治体によっては「思いやり駐車場利用証」や、 「まごころ駐車場利用証」などの利用証を発券しています。 障害や病気を持っている方や、高齢者や妊婦など車の乗り降りや歩行が困難な方が、 自治体に申請すると利用証が発券されます。 優先スペースに駐車するときも利用証を提示していれば、 自治体に利用を認められたことがわかるため、優先駐車場を利用したい人が、 遠慮せずに利用することができます。 お住まいの自治体にそのような制度があるか確認してみてはいかがでしょうか。

次の

肉源 仙台 駐 車場

人気 の ない 駐 車場

不人気車ランキング【10位】アウディA3 アウディが不人気車というと意外と思うかもしれません。 ただし、ここでご紹介したいのは下位モデルです。 そして人気のない色という条件付です。 だいたい新車でアウディを選ぶ人はプレミアム感を求めています。 そうなるとアウディではA4以上が人気がありますし、A3でも上位グレードの方に人気が集まります。 下位グレードではアウディ独自のクワトロ()も搭載していないため、ベースとなっているゴルフとの差があまり感じられないイメージもあるのか、その存在感は示すことができず、中古市場での価値もやや低めでお得に購入することができると思います。 しかしアウディらしさは十分感じることができるでしょう。 アウディ A3の中古車情報はこちら! 最新「A3」中古車情報 不人気車ランキング【6位】オペルアストラ アストラ 6位にランクインしたのはドイツ車、オペルです。 アストラはゴルフと同じクラスの位置づけで販売されていましたが、残念ながら日本では人気が今一つで撤退してしまいました。 ただしこれは販売戦略が良くなかったことが原因です。 車そのものは実にドイツ車らしい質実剛健さがあります。 2007年に販売されたものが最後で、10年経過してしまったのでだいぶ市場でも少なくなってきましたが、探せばまだまだ狙えると思います。 最後の方の年式で走行距離も少なめの個体でしたらあと数年は乗ることができるでしょう。 その他、オペルはのザフィーラ、のベクトラ、コンパクトのヴィータ、メリーバといった車種も狙い目です。 不人気車ランキング【5位】シボレーソニック ソニック 先ほどのオペル、日本から撤退したのは親会社のGM(ゼネラルモーターズ)の判断でした。 世界的に見ればトヨタとフォルクスワーゲンと世界一を争っているほど大きな自動車メーカーですが、日本では伸び悩んでいます。 オペルを撤退させたことにより、日本での普通車の販売機会を大きく失ってしまいました。 そこでシボレーがその地位を担うことになったのですが、コルベットなどのいかにもアメリカ車らしいスポーツカーを別にすればやはりパッとしません。 車自体は決して悪いものではないのですが、これもやはりイメージの確立がうまくいかたなったためと思われます。 シボレー・ソニックは2016年4月まで販売されていたので、良い状態のものも見つかるでしょう。 シボレー ソニックの中古車情報はこちら 最新「シボレーソニック」中古車情報 不人気車ランキング【2位】スズキスプラッシュ ヨーロッパからの逆輸入車で、現地では先ほど紹介したオペルのブランドで販売されていました。 スズキでは同じクラスのスイフトがあるためにわざわざこのスプラッシュを頑張って販売する必要がなかったのかもしれません。 グレード等の展開も簡素なもので、新車で手に入る時期にも正直あまり販売に力をいれている様子は見られませんでした。 しかしながら、スプラッシュは足回りを中心に、欧州車らしい味付けがされており、安全性への配慮も日本の同クラスの車では見られない水準です。 現地で販売しているオペルの手がかなり入っており、特に高速道路ではこのクラスとは思えない安定した走りを体感できます。 2014年8月までの販売と、まだ良い状態のものも多く見つかります。 スズキ スプラッシュの中古車情報はこちら! 最新「スプラッシュ」中古車情報 スズキ・スプラッシュの詳しい解説はこちら 不人気車ランキング【1位】ダイハツソニカ ソニカ 最後は軽自動車です。 格安で購入して維持費もできるだけ安く済ませたいという場合には、やはり軽自動車ということになります。 しかし軽自動車は生活必需品としての側面も強く、人気が高いために中古車においては普通車に比べると高止まりする傾向にあります。 そんな中でソニカです。 内装の質感も良く、長距離の運転でも疲れないような工夫もあり、走りの面でも一定の評価を得ています。 それにもかかわらずあまり売れませんでした。 そういった性格の軽自動車の需要はあまり無かったのでしょうか。 販売期間も短く終了してしまいました。 ダイハツ ソニカの中古車情報はこちら! 最新「ソニカ」中古車情報.

次の