ベラ トリック スレ ストレンジ。 『ハリポタ』特別メイキング映像公開!ハーマイオニーがすごく無理をして悪女ベラトリックスを演じる舞台裏

血も涙もない!ベラトリックス・レストレンジが怖すぎる9つの理由【ハリー・ポッター】

ベラ トリック スレ ストレンジ

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 郊外の出身。 父親のレイモンド・ボナム=カーターは銀行、母親のエレーナ(旧姓カジェホン)は。 兄が2人いる。 大叔父はの、曾祖父は開戦時の。 母方からとの血を引いている。 で学んだ後、に合格していたが、女優としてのキャリアを考え入学をやめている。 キャリア [ ] 1983年にでデビュー。 1985年公開の『』、翌年公開の『』で国際的に注目を集める。 作品の出演が多いことから「 コルセット・クィーン」や「 イングリッシュ・ローズ」という愛称を付けられたが、本人は、そのような堅苦しい時代のイメージで語られることを嫌っているという。 1997年公開『』で主演女優賞を受賞、にもノミネートされた。 2005年にコンペティション部門に出品された『女たちとの会話』(劇場公開題『』)にて最優秀主演女優賞を受賞した。 2007年公開の『』から、当初予定されていたに代わって役を演じた。 また、同年公開の『』などで にされた。 2010年公開の『』ではの王妃を演じ、を受賞し、さらににもノミネートされた。 2012年、よりの第三位にあたるを受賞した。 私生活 [ ] 過去に映画『』で共演した映画監督と交際していた時期もあった。 映画監督と(正式な結婚はしていないが)で暮らし、2003年10月4日に長男(ビリー・レイ・バートン)を、2007年12月15日長女(ネル・バートン)を出産。 バートンと交際し始めてから、(衣装劇・時代劇)への出演が激減し、バートン作品の常連となる。 バートン作品では特殊メイクが多いため「またティムはをあなたにさせるの! 」と実母が憤慨すると言うが、本人はバートンの才能を尊敬しており、意に介さない。 2014年に破局を発表。 が得意で、全編フランス語の映画(『恋人たちのポートレート』)に出演したこともある。 Spivet クレア博士 2015 Cinderella フェアリー・ゴッドマザー Suffragette イーディス・エリン 2016 Alice Through the Looking Glass 赤の女王 2017 55 Steps エレノア・リース 2018 Ocean's Eight ローズ・ワイル 2019-2020 The Crown テレビドラマシリーズ 2019 The Dark Crystal: Age of Resistance オルモードラ Netflix人形劇シリーズの声 2020 Enola Holmes ユードリア・ホームズ テレビ番組 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1987 Miami Vice テレサ・リオン 2エピソード Screen Two Jo Marriner 1エピソード 1991 Jackanory Reader 5エピソード 2019-2020 The Crown プリンセス・マーガレット 18エピソード 日本語吹き替え [ ] 専属ではないものの、が担当していることが多い。 脚注 [ ] []• その後、は2009年の 、2010年 及び2011年 で、の母でありの妹にあたるナルシッサ・マルフォイを演じている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の

ハリー・ポッターと呪いの子が超素敵な正統続編だった話

ベラ トリック スレ ストレンジ

「間違いなく純血の血筋」とされる「」の名家レストレンジ家に生まれる。 妻は同じく名家ブラック家出身の。 ホグワーツ時代に交友を結んで、後に死喰い人になった友人• (旧姓ブラック)• ネビルの両親を拷問して廃人にする ヴォルデモートがハリーの両親を殺害して消息を絶った後、その行方を捜索。 弟、ベラトリックス、とともに、闇祓いのの両親に拷問して廃人にする。 裁判では、ヴォルデモートへの忠義と復活を宣言 裁判では、ヴォルデモートへの忠義と復活を高らかに宣言して、アズカバンに収監される。 収監と投獄を繰り返す 【1回目】• 収監:ネビルの両親拷問後• 脱獄:約14年後の1996年に脱獄。 吸魂鬼がヴォルデモート陣営になったため 【2回目】• 収監:魔法省神秘部の戦いに参戦後、ヴォルデモートとベラトリックスだけ逃げたという描写があるので、ロドルファスはに拘束されて再収監された模様(5巻)• 脱獄:魔法省がヴォルデモート陣営の手に落ちた際に、再び脱獄したと思われる(7巻) バトル歴• 魔法省神秘部の戦い:ロン、ルーナ、ジニーをベラトリックスとともに追い詰めた• 7人のポッター作戦:ロドルファスはベラトリックスや他死喰い人とともに、トンクスとハリーに扮したロンを追いかける。 しかし、トンクスから攻撃されてロドルファスは怪我をし、その際2人に逃げられた。 ホグワーツ最後の戦い:ロドルファスの動向や、その後収監されたかは不明。 デルフィーニに闇の魔術を教える ロドルファスの妻ベラトリックスはヴォルデモートとの娘デルフィーニを出産していた。 二人はホグワーツの戦いで死亡。 ロドルファスはデルフィーニに闇の魔術を教えた。 個人データ 名前 ロドルファス・レストレンジ Rodolphus Lestrange 出身 英国の名家 「聖28一族」レストレンジ家出身 属種 人間 魔法使い 純血 性別 男性 婚姻 死別 職歴 不明 アズカバンに約14年間+約1年… 外見 背が高く、痩せていて、濃い髪色。 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 書籍 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 書籍 ダンブルドアに捕らえられてアズカバンに収監される。 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝 書籍 第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子 書籍・舞台 ヴォルデモートと妻ベラトリックスの子供、デルフィーニに魔術を教えていた描写があるが、ロドルファス・レストレンジ本人は登場しない。

次の

『ハリポタ』特別メイキング映像公開!ハーマイオニーがすごく無理をして悪女ベラトリックスを演じる舞台裏

ベラ トリック スレ ストレンジ

サラ・ベラトリックス・ゴーント 本作の主人公 父親:ヴォルデモート卿 母親:ベラトリックス・レストレンジ 11才の女の子で、ハリー達と同じ学年。 容姿は、雪のように白い肌で、母親と同じく厚ぼったいまぶたで、ヴォルデモートと同じく赤目であり、長い黒髪である。 ヴォルデモートの血とブラック家の血によるお陰か、ヴィーラに匹敵するような美少女である。 性格は、基本的には穏やかでおとなしいが、戦闘の時などはベラトリックスの血によるものなのか、少々戦闘狂の一面が見えたりする。 また、他人を信用することに対して抵抗がある。 ずっと自分の世話をしてくれた、屋敷しもべ妖精のフィアに対しては、今のところ唯一信頼しており、大切に思っている。 ヴォルデモート卿とその最強の副官であるベラトリックスの娘であるため、ホグワーツには行けないし、魔法省や闇払いにいつ殺されるか分からないという不安から、生き残っていくために誰よりも強くなろうと思って、今までの時間を魔法の勉強に費やしてきた。 ヴォルデモートの頭脳もちゃっかりと継いじゃったようで、とてつもなく頭が良い。 また、魔法力も両親譲りなようで非常に高く、特に闇の魔術や開心術に対しての適性はずば抜けている。 この11年間、ヴォルデモートがサラのためだけに作ったお城の中とその庭だけで過ごしてきた。 ホグワーツに行けると分かった時は、嬉しさのあまりに魔法力が暴走してしまい、リビングを吹き飛ばしてしまった。 たまに、お城にやってくるルシウスとナルシッサの二人には、ほんの少しだけ心を開いている。 ドラコとは幼なじみである。 それでも、三人にともどんなにお願いしても、自分に対して敬語を使うのを止めてくれないので、最近は少し自分と三人との間に距離を感じてしまっている。 ハリーと初めて会ったときに抱いた、今まで感じたことのない気持ちに戸惑い、この気持ちがなんであるのか理解しようとしている。 フィア 屋敷しもべ妖精。 オリキャラ。 ヴォルデモートがハリーに倒され、ベラトリックスが投獄されてから、一人でサラの事を守り育ててきた。 サラに対しては、ヴォルデモートやベラトリックスからは受けたことのない、優しい扱いを受けており、彼女の成長を誰よりも喜んでいる。 サラから命令という形で寝床がある部屋が、台所の近くにある地下牢から、空も見える部屋へと変えられた。 ハリー 原作主人公。 ホグワーツ特急で初めてサラに会ったときに一目惚れした。 彼女の出生の秘密は今はまだ知らないが、それでも彼女が何かを隠しているのを感じ取っている。 ドラコ サラの秘密を知っている一人。 幼い頃から、彼女に対して恋愛感情を抱いているが、ルシウスから彼女を狙うのは危ないから(ご主人様が復活したら消されてしまうから)止めなさいと言われている。 ヴォルデモート卿 サラの父親。 ただの親バカで、サラの事大好き。 サラが産まれたときは、死喰い人全員を召喚しパーティーを行った。 それ以来、死喰い人達にはサラ様に手をだそうものなら、誰であれ即座に消されるであろうと、言われることとなる。 ベラトリックス・レストレンジ サラの母親。 ヴォルデモートの事が好きすぎて、子供まで授けてもらった人。 アズカバンではヴォルデモートとサラの事に対して、持ちうる全ての力を使って閉心術を自分にかけて、二人との思い出を吸魂鬼に吸いとられないように頑張っている人。

次の