いつも あそぶ 本体。 アカウント情報|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

【Switch】パソコンやスマートフォンから「いつもあそぶ本体」を解除する方法は?

いつも あそぶ 本体

合わせて本体バージョン6. 00以降は、ユーザーとニンテンドーアカウント連携の解除ができなくなるとのこと。 これは裏返せば、「Switch本体とダウンロードソフトとの厳密な紐づけ」が緩くなったことを意味します。 さて、従来はダウンロードソフト等を購入したSwitch以外の本体にダウンロードする場合は、まず元の本体、つまり「ダウンロードできる本体」からニンテンドーアカウントを削除。 購入情報の紐づけを解除し、新たな本体を改めて「ダウンロードできる本体」に登録し直す必要がありました。 Xbox LiveやPSN、Steamのように「複数の本体にダウンロード」は、簡単にできなかったわけです。 バージョン6. 00移行の新システムのもとでは、購入情報がSwitch本体ではなくユーザー=ニンテンドアカウントに紐付けられるため、そのユーザーが複数の本体に連携することで、別のSwitchでもダウンロード可能となったわけです。 細かな手順については、をご参照ください。 ここで「いつもあそぶ本体」とそうでない本体との違いは、後者で遊ぶ場合はインターネットに接続しておく必要があるということ。 起動時にインターネットに接続していても、その後接続せずにプレイし続けていると、一定時間経過後にプレイが強制中断されます。 また、同じニンテンドーアカウントを連携させたユーザーは、同時に複数の本体でダウンロードソフトをプレイできません。 さらにダウンロードソフトが保存された本体であっても、購入と紐付けられたニンテンドーアカウントを持つユーザー以外は、ソフトが起動できないとのこと。 要するに「1本のソフトで2人が(別のソフトとして)同時プレイ」や「ゲームの無限増殖は不可」というルールです。 こうした点から今回のポリシーは、あくまで「友達や家族などのSwitchで一時的にソフトを遊ぶ」的な運用を想定していると思われます。 しかし、データ引っ越しに関しては、これだけでもかなりシンプルになります。 同じユーザーがもう一台Switchを買ってダウンロードした上で、「いつも遊ぶ本体」に切り替えれば、事実上の「引っ越し」と呼べる状態になるため。 Nintendo Switch Onlineのセーブデータお預かり機能と合わせて、本体の買い替えがスムーズとなりそうです。 ただし注意点は、本体を譲渡・廃棄する前に「いつもあそぶ本体」の登録を解除しておく必要があるということ(インターネットに繋がった状態で「本体の初期化」を行っても同じ効果があります)。 もし解除し忘れて本体を廃棄したり、ないしは盗難に遭った場合は、任天堂への連絡などで少し手間がかかるかもしれません。 なお、本体バージョン6. 00のその他の変更点は以下のとおりです。 Nintendo Switch Online の正式サービス開始に対応• 「セーブデータお預かり」に対応• 「アルバム」に保存されている画面写真をSNSに最大4枚まで同時に投稿可能に(動画は一度にひとつだけ)• ユーザーに設定できるアイコンを追加(『進め!キノピオ隊長』より6種類)• 「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限• 「設定」でUSBキーボードのキー配列を指定可能に• ユーザーに連携しているニンテンドーアカウントを変更不可に• 任天堂ライセンス商品のコントローラーの動作を改善.

次の

【Switch】「いつもあそぶ本体」の登録・確認・変更方法は?

いつも あそぶ 本体

『Nintendo Switch Lite』をどう使い分けるか 携帯特化の『Nintendo Switch Lite』が発表されましたが、2台目として購入したときにソフトやセーブデータの共有はどうなるのかとコメントが多くでています。 結論から言うと、出来ます。 ダウンロードソフトの共有 ダウンロードしたソフトは「いつもあそぶ本体」を設定することで、2台目以降のSwitchにも切り替えて遊ぶことができます。 ただ2台目は ネットにつながっている時のみ遊べるという条件がありますので、持ち歩く可能性の高い『Lite』を「いつもあそぶ本体」に、従来機を「サブ」にする必要がありそうです。 ただ家族のアカウントがメイン機にある場合は「いつもあそべる本体」を『Lite』にしてしまうと厄介ではあります。 セーブデータの共有 セーブデータに関しても引っ越しという形で移動することができます。 Nintendo Switch Online(有料サービス)の「セーブデータお預かり」機能をつかえば、ネットを介して、ほかの本体が預けたセーブデータをダウンロードすることもできます。 ただメイン機とサブ機でセーブデータをダウンロードしてプレイするのは手間がかかります。 私も家族用「いつもあそぶ本体」自分用サブがありますが、だんだん面倒になってほぼいれかえていません。 だんだんと、このソフトは『Lite』でプレイとかなってくるんじゃないでしょうか。 今後は「2台でデータ共有できるように開発をしている」との話もあるようなので、『Lite』の発売にあわせて任天堂さんが何か手をうってくれるといいのですが・・。

次の

Switchのいつも遊ぶ本体に登録できなくて困ってます。

いつも あそぶ 本体

コンテンツ• 「いつもあそぶ本体」の設定方法 使っているNintendo Switchが1台のときは、その本体が「いつもあそぶ本体」であり、特別な設定は必要ありません。 はじめてニンテンドーeショップを起動した時に、自動的に「いつもあそぶ本体」として登録されます。 「いつもあそぶ本体」に登録できる台数 1つのニンテンドーアカウントを複数のNintendo Switch本体に登録することができます。 このうち「いつもあそぶ本体」として登録できるのは1台のみ。 複数の本体を同時に「いつもあそぶ本体」にすることはできません。 「いつもあそぶ本体」かどうか確認する 複数のNintendo Switch本体を利用しているときは、そのうちの1台が「いつもあそぶ本体」として登録されています。 どの本体が登録されているかを確認するにはSwitchのHOMEメニューから「ニンテンドーeショップ」>確認したいユーザーで起動>eショップが起動したら、右上のユーザーアイコンを選択>「いつもあそぶ本体」の項目を確認します。 「いつもあそぶ本体」を変更する 優先的に遊ぶNintendo Switchを「いつもあそぶ本体」にしたい場合、まず今「いつもあそぶ本体」に登録されている本体の登録を解除します。 その後、優先的に遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」として登録します。 「いつもあそぶ本体」として登録されているSwitchのHOMEメニューからニンテンドーeショップを起動• 変更したいユーザーを選択して起動し、画面右上のユーザーアイコンを選択• 続いて、優先的に遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」として登録します。 「いつもあそぶ本体」に登録したいSwitchのHOMEメニューからニンテンドーeショップを起動• 手順2と同じニンテンドーアカウントを連携しているユーザーを選択• eショップが起動したら、この本体が「いつもあそぶ本体」として登録されます。 登録されたかどうかを確認するには、画面右上のユーザーアイコンを選択。 別の本体にも同じニンテンドーアカウントを連携しているユーザーがいる場合、そのユーザーに限り、購入したソフトを遊ぶことができます。 例えば「お父さん」「お母さん」「子ども」といった家族でSwitchを利用している場合。 財布をまとめようと「お父さん」のアカウントで、ダウンロードソフトをすべて購入している本体があるとします。 いつもあそぶ本体を変更したら 2台目のSwitchを購入し「お父さん」のアカウントを新しい本体へ登録。 「いつもあそぶ本体」も2台目のSwitchへ移動しました。 これまでのSwitch本体は「いつもあそぶ本体」ではなくなります。 そのため、「お父さん」のアカウントで購入していたソフトを、他ユーザーが遊ぶことはできなくなります。 このとき「お父さん」に限り、以前のSwitchでも、インターネットに接続している間は、購入したソフトを遊ぶことができます。 いつもあそぶ本体を変更しない 2台目のSwitchを購入し「お父さん」のアカウントを新しい本体へ登録。 しかし「いつもあそぶ本体」は、前から使っているSwitchのまま移動しません。 2台目のSwitchは「いつもあそぶ本体」ではないので、購入したダウンロードソフトを遊ぶにはインターネットに接続している必要があります。 またインターネットに繋いでいても、遊べるのは「お父さん」のみとなります。

次の