大変 ありがとう ご ざいました。 大変ありがとうございました、という言葉は変?

目上に使える敬語?「誠にありがとうございます」の使い方と類語

大変 ありがとう ご ざいました

【大変】を辞書で調べると 1 重大な事件。 大変事。 一大事。 また、そのさま。 また、そのさま。 【ありがとうございます】に付加する言葉としてはおかしいと思われます。 【まことに】がふさわしい言葉でしょう。 ちなみに、【まことに】を辞書で引くと まちがいなくある事態であるさま。 じつに。 本当に。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー No. 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 yahoo. これに「ご」をつける場合、 ・相手が「依頼」する時は 「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。 理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。 ashir. php? livedoor. html [ですが、自分からの依頼や質問などは、 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、 謙譲の「ご(お)」は不要です。 goo. html 回答No. 3 [ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。 ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。 (余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。 ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、 謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。 重要なのは「立てている」事です。 例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ) これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は 専ら「ご依頼申し上げる」と使います。 「ご依頼する」は使いません。 (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。 chiebukuro. yahoo. ] Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま... chiebukuro. yahoo. ただし、その一方しか使われない語もあります。 例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」 とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。 ] ---------------------------------------------- 上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。 bunka. pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 yahoo. cgi? 4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。 なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。 次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、 これは「敬語の指針」 20ページ------------------------------------------ [【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】 謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で, 両方の性質を併せ持つ敬語として「お ご ……いたす」がある。 「駅で先生をお待ちいたします。 」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。 」と同じ 内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。 これは,「お待 ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I) と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる] 28ページ------------------------------------------ [【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の [上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お ご ……いたす」がある。 ]] -------------------------------------------------- にある「お ご ~いたす」の形です。 ここにあるように「お ご ~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 さぁどう解釈するかです。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ただし下記のような方もいます。 chiebukuro. yahoo. ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた... chiebukuro. yahoo. ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。 本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。 ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」...

次の

ヤフオクで落札者から評価をもらってからの返信評価 (50文字以内)

大変 ありがとう ご ざいました

普段から使用する「大変ありがとうございます」の意味は、「本当にありがとうございます」という意味です。 普通に「ありがとうございます」と言う場合と比べて、気持ちをこめて「ありがとうございます」を伝えたい時に使用します。 また、使い方としては、どのような状況で使用するかが大切です。 例えば、電話で会話をしている時や相手が来訪された時に「大変ありがとうございます」と使用します。 実際に使用する時は「大変ありがとうございます」だけではなく、他の言葉も一緒に言う事でより上手な表現となります。 具体的には、「わざわざ遠いところに来訪していただき、大変ありがとうございます」となります。 どのような場面で「大変ありがとうございます」を使うか 「大変ありがとうございます」の正しい使い方としては、なぜ相手に自分の感謝の気持ちを伝えたいのかがポイントとなります。 その気持ちも伝えるのに必要であると感じれば「大変ありがとうございます」という言葉は、有効でしょう。 逆にあまり必要でない場面で「大変ありがとうございます」と言っても意味がないです。 場合によっては、相手になぜこの人は「ありがとうございます」と言っているのかと思われてしまいます。 せっかくの会話なので、お互い気持ちよく話しを終えることができれば、なお良いです。 そうするためにも、どの場面で「大変ありがとうございます」を使用するか決めておくのも良いでしょう。 「大変ありがとうございます」を使うタイミング.

次の

定番でシンプルな退職祝いメッセージ文例

大変 ありがとう ご ざいました

お世話になりました 例• 昨日は、お世話さまでした。 昨日は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。 昨晩はご多忙中のところ、貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、私どものためにお時間をさいて頂き、ありがとうございました。 昨日は遠いところ、ご足労いただきましてありがとうございました。 昨日は大変貴重な機会をいただき、ありがとうございました。 昨日は素晴らしい場を設けてくださり、ありがとうございます。 昨日は、貴重なご助言をいただきまして、ありがとうございました。 娘がお世話になりました。 大変ありがとうございました• 昨日は、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。 ありがとうございました。 おもてなしのお礼 飲食や接待などで取引先や上司にご馳走になった時のお礼の言い方。 昨晩は、おもてなしをいただきまして、ありがとうございました。 お代までお支払いただきまして誠に恐縮です。 昨日はごちそうになりまして、ありがとうございました。 御社の皆様と有意義な時間が過ごせたこと、本当に嬉しく思います。 昨晩は、心のこもったおもてなしをいただきまして、誠にありがとうございました。 色々なお話しをさせていただき、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。 昨晩はお誘いいただいた上に、ごちそうになり、ありがとうございました。 美味しい食事とともに貴重なお話を聞かせていただき、たいへん有意義な一夜でした。 昨晩はごちそうになり、ありがとうございました。 昨晩は散財(さんざい)をおかけしました。 とても有意義なお話を聞かせていただきました。 昨日は会食にお招きいただき、ありがとうございました。 昨日はお忙しいなか、会食にお誘いくださり、ありがとうございました。 昨日はお招きいただき、ありがとうございました。 おかげで楽しく素敵な時間を過ごせました。 昨日は美味しい食事をご馳走していただき、本当にありがとうございます。 またお供させてください。 昨晩は食事会にお招きいただき誠にありがとうございました。 昨日は、ごちそうになり、ありがとうございました。 昨夜は、とても楽しませていただきました。 ごちそうになりました。 昨夜は散財(さんざい)をおかけしました。 昨夜はご一緒させていただき、ありがとうございました。 おもてなしの感想 おもてなしのお礼とともに、有意義な時間を過ごせた喜びを相手に伝えましょう。 普段お聞きすることのないようなお話を伺うことができ、大変勉強になりました。 普段は、お聞きすることのないお話も伺うことができ、とても勉強になりました。 仕事やプライベートの相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました。 楽しい話題ばかりで、つい飲み過ぎてしまいました。 様々なお話をお聞かせ頂き、貴重なお時間を過ごせて、大変勉強になりました。 来店、来訪、参加のお礼 お客様にこちらまで来ていただいたことへのお礼の一言。 昨日はご多忙中のところ、打ち合わせのために弊社へお越しくださり、ありがとうございました。 昨日はお忙しい中、弊社(当店)を訪問してくださり、ありがとうございます。 昨日も当店にご来店頂き誠にありがとうございました。 初の開催で慣れない部分もありましたが、ご参加くださいまして感謝しております。 協力・対応へのお礼 上司・先輩・同僚・先生・お客様などにお世話になった時のお礼の言葉。 お心遣いに心から感謝いたします。 ありがとうございました。 昨日は適切なご対応をしていただき、感謝しております。 御社スタッフの昨日の敏速な対応に、大変感謝しております。 このたびは弊社のイベントにご協力いただき、心より感謝申し上げます。 開催のお礼 誕生会、送別会、お祝い会、忘年会などでお世話になった人や幹事へのお礼。 昨日は誕生会を開いてくださり、ありがとうございました。 昨日は忘年会を開いてくださり、誠にありがとうございました。 結婚式の二次会の幹事を務めて頂き、ありがとうございました。 昨日はとても楽しい時間をありがとうございました。 昨日は盛大な送別会を開いていただき、本当にありがとうございました。 贈り物のお礼 プレゼントを受け取った時のお礼と感想。 とても気に入りました。 昨日はお心のこもったプレゼントを頂きましてありがとうございます。 助言・指導のお礼 例• 昨日はいろいろと仕事の相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました• 昨日は普段お聞きすることのないようなお話も伺うことができ、大変勉強になりました。 昨日は心のこもったアドバイスをくださり、本当にありがとうございました。 昨日は長時間にわたる面談をしていただき、ありがとうございました。 ご多忙の中、ご指導いただき、本当にありがとうございました。 昨晩はお忙しい中、無理なご相談にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。 昨日は激励のお言葉をいただき、ありがとうございました。 ありがたいお言葉、肝に命じておきます。

次の