英単語翻訳。 ‎「英語 英単語ゲーム HAMARU」をApp Storeで

英語のPDFをポップアップ翻訳!「Weblio英和辞典プラグイン」

英単語翻訳

シリーズ150万DL超え、レビュー平均4. 8点の超高評価アプリ 「HAMARU」の英単語学習版が登場しました。 今度は英語の学習が気持ちよすぎて、楽しく続けられます。 TOEICの語彙力強化はもちろん、小学生から中学生〜大学生にもおすすめです。 作者自身の体験として、従来のカードをめくったり意味を選ぶだけの 単語帳の延長線にあるような、簡素なアプリでは満足できず 学習が続かなかったので、このアプリをつくりました。 わたしと同じように、これまでの英単語アプリでは満足できなかった方は、 きっと喜んでいただけると思っています。 足りないところもたくさんありますが、これからまだまだ使いやすくしていきます。 みなさんのレビューに励まされる事も多く、いつも開発へのモチベーションをいただいています。 また、レビュー数が節目を突破する毎に、新曲追加を予定しています。 ちょっとでもこのアプリを気に入っていただけたら、レビューを通じて応援よろしくお願いします! —- 以下は長いので、お暇なときに — 本当は読んでほしい長い説明 このゲームの狙いは、「ゲームで楽しむ」「学習する」という 相反すると思われている事の真の両立です。 「好きこそものの上手なれ」と言いますが、ゲームで学ぶことは 3つの点でとても理にかなっていると考えています。 1 楽しむ事によって、努力が苦ではなくなる ゲームで楽しむことにより、努力を努力と思わずに続けられます。 2 楽しむ事によって、脳をうまく活用することにつながる 脳は「楽しい」=「興味がある」=「大事なもの」と認識するので、 学んだことの定着力アップが期待できます。 3 楽しむ事によって、ドーパミンの効果が期待できる 楽しいと「快感」をもたらす脳内物質「ドーパミン」が分泌されます。 脳はその快感を再現しようと作用するので、学習の継続が期待できます。 作者は、「ゲームのもつ力は必ずみなさんの学習に役立てる事ができる」 と信じて、このゲームを作りました。 とても難しい試みですが、今後さらに「おもしろくて、ためになる」ゲームを 作ってゆきたいと思っています。 もしご賛同いただける方は、シェアやレビューを書いていただけるととても励みになります! 次回作の事業継続的にも、たまに広告や課金をクリックしていただけるととてもありがたいです。 有料版 : プレミアムサービスの内容 広告削除 試験モード無制限 全ステージ開放 単語速度変更無制限 画面の色変更無制限 ランキングモード無制限 復習モード無制限 1列モード無制限 その他随時機能が追加されております。 ご登録中のiTunesアカウントから課金されます。 登録状況の確認・自動更新の解除方法 1. 「設定」アプリを開く 2. 画面の上部に表示されている「Apple ID: <メールアドレス>」 を選択する 4. 表示されたポップアップの内の「Apple IDを表示」をタップする 5. 必要に応じてサインインする 6. 「登録」と書かれた項目の下の「管理」ボタンを選択する 注意)「iTunes ニュースとスペシャルオファー」という項目の下にも「管理」ボタンが表示されることがあります。 お間違えのないようにしてください。 現在登録している月額会員アプリが表示されます。 こちらから購読を解約することが可能です。 Appleの公式のドキュメントは以下のリンクから閲覧できます。 apple. ・アプリ内課金による定期購読は、1ヶ月ごとに更新されます。 ・購入後のお支払いは、iTunesアカウントに請求されます。 ・自動継続課金は期間の期限が切れる24時間以内に自動課金されます。 ・自動継続課金は期間の期限が切れる24時間以上前に自動課金をオフにしなければ、自動更新されます。 ・自動継続課金はお客様自身で管理することができ、購入後に、[設定]-[iTunes Store]-[Apple ID]-[Apple IDを表示]の順番で設定画面へ進み、自動継続をオフにすることが可能です。 ・現在ご利用中の有料会員のキャンセルは、契約期間が終わった後にキャンセル処理が行われます。 ・有料会員になる際は、キャンペーン等で提供された無料お試し期間が残っていたとしても、その無料期間は消滅致します。 strikingly. strikingly. そこそこ晴れてた日なので、久々の自転車が やけに楽しかったのを覚えています。 ちょっと日焼けもしました。 でも、翌日になったら、日焼けが ちょっとじゃ済まないレベルで、 首筋や腕が水ぶくれて痛かゆい。 氷やらで患部を冷しながらの仕事で、2日ほど大変でした。 いつもはビーチにでも行かなきゃこんなに焼けないので、びっくりしました。 どうやら6月は梅雨なのに、紫外線量が最も多いらしいですね。 久々の外出という事もあり、いつも以上に焼けてしまったのかも。 梅雨時の紫外線は危険。 みなさまもお気をつけ下さい。 (情報過多) 英語が中学生の頃から死ぬほど嫌いで英文科卒の母に一対一で教えてもらっても人並みになれず、何より英単語が単語帳を眺めても全く頭に入らない記号の集合にしか見えない馬鹿野郎でした。 しかしシンプルにめんどくさく続かず。 単語系のアプリも色々試しましたがもはや記憶に残っていないレベルで続かず。 今回再び受験勉強にあたり、まあ一応何かダウンロードしておくかとApp Storeを見ているとこちらのアプリを発見!レビューがめっちゃいい!!とダウンロード。 そしてびっくり。 簡単に1時間とか過ぎている…。 今のところ1日目で無課金ですので、クリアしないと次のステージに進めないのですが、逆に着実に暗記していけている感があります…。 こんなに単語のアプリでストレスなく楽しく集中が途切れずできるのは初めてなので驚いています。 本当にありがたい。 課金したいところですが課金のメリットがあまりなく、逆にインストール時に1ヶ月分支払うとかの方が課金されやすい気がしました。 分野的に毎年新たな学生ユーザーはいっぱい出てくるはずなのでそのシステムでも成り立ちそう。 気持ち的にはありがた過ぎて小銭くらいは投げ銭したいなあというところです。。。 (1ヶ月だけプレミアムやってみようかな。。。 ) デベロッパの回答 、 こちらこそ「ありがたみが深い」の一言です! このレビューをいただいた時、このアプリの方向性が間違ってなかったと確信を得ることができました。 本当に嬉しくて、うれしくて、何度も読み返しました。 このアプリは、本当に英語が苦手な人のために作りました。 なぜかといいますと、作者のわたし自身が本当に英語が苦手で嫌いだったからです。 だから英語が苦手な人の気持ちが痛いほどわかります。 世の中の英語教材や英語アプリは、英語エリートが作ったものが大半ですが、英語エリートでは決して作れないアプリを作ろうと日々改善しています。 1人でも多くのみなさんに、このアプリを通じて英語が好きになってもらえるよう、これからも取り組みたいと思います。 この病気はそれに加えて、いろいろな目の病気が現れたり、人によってノイズの見え方も違います。 自分は文章の隙間に蛍光色の様な形がぼんやりとした線が見えます。 それと現にレビューを書かせてもらっているこの真っ白な画面にノイズが走っており、自分の場合は白色は他の色に比べてノイズが酷く、見ているのが辛くて、白色をずっと見てると色が変わってきたり、目を細めなければ見てるのが辛いです。 このように字が過密してる文章はチカチカしていて目を細めてしまいます。 そして、全く文章が頭の中に入ってきません。 酷いのはテストの時です。 最初はまだ良いんだけど後半とかは息を切らしながら受けてます。 そんな中、自分の前に現れたのはこのアプリでした。 しかも背景と文字との色のハイライトの差が全然なくどちらも目に優しい色をしています。 それなのに、演出が豪華ですごいです!BGMの種類が豊富でグラフィックの設定シンプルでわかりやすくて良いおもいます。 自分はデフォルトの画面が1番あってましたが、合わない人でも他の色に変えれるので自分に合った色が見つかるとおもいます。 例え、飽きたとしても色とBGM変えるだけでも全然違うので試して見てはいかがでしょうか? 自分見たいなビジュアルスノウの方や目が疲れやすかったり、苦手な色があったりする方にもものすごくおすすめです! 長文になりましたが、このアプリは一度入れてみるべきだと思います! 追記です! レビューに返信を頂けて非常に嬉しいです! やはり、見やすさにこだわっているのですね〜とても、見易くてありがたいです笑 よければ、英検などの項目もつけて欲しいです。 これサクサクできるので、単語覚えるのはもちろん、英検前の確認には持って来いな気がします笑 これからも、見易くて、モチベが上がるようなものをどんどん開発してください!待ってます〜! デベロッパの回答 、 HAMARU作者です。 できるだけ皆さんの好みのスタイルで学んでいただけるように、とにかく設定のカスタマイズにこだわりました。 ご指摘いただいた「見やすさ」は一番こだわって、一番苦労した点でしたので、評価していただいた事に思わずガッツポーズしたくなるほど…です。 派手で豪華な演出が好きな方もいれば、白黒モノトーンのシンプルが好きな方まで、みんなに楽しんでいただきたいと思っています。 恥ずかしながら、ビジュアルスノウの事は知らなかったのですが、いただいたレビューがきっかけで知識を深めることができました。 寒さ本格的になっておりますゆえ、ご自愛くださいませ。 デベロッパの回答 、 HAMARU作者です。 熱いレビューをいただき感激です! 課金ももちろんありがたい事ではあるのですが、いただいた応援のお言葉の方がさらに嬉しく、開発のモチベーションになっております。 無料で使え過ぎてしまい、課金のしどころが薄い点は、まさにおっしゃるとおりでして、重々認識しております。 でも、課金のために無料範囲を狭めたり、単語制限することは絶対にしたくなくて、やせ我慢して続けております。 もちろん収益は必要なのですが、無料で使えていたものを突然有料にすることはポリシーに反する考えです。 単語数は、実は他のアプリと比べて少なすぎることもなく、5000単語以上を収録しております。 でもまだまだ増やしていきたい気持ちはありますので、頂いたご意見も検討中です! 互換性 iOS 9. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の

英語のPDFをポップアップ翻訳!「Weblio英和辞典プラグイン」

英単語翻訳

[an error occurred while processing this directive] 表内のテキストを多言語に翻訳 Google版Excelともいえる「 Googleスプレッドシート」を、ビジネスの実務で使う人が増えています。 Googleスプレッドシートを仕事で使うメリットとしては、「ネットに接続されていれば環境を問わず使える」「複数人での共有や共同作業がしやすい」などがよく知られています。 ただ、「 Excelにはない独自の関数がある」ことは、意外と知られていません。 そのような関数の1つが、ここで紹介する「 GOOGLETRANSLATE」(グーグルトランスレート)関数です。 翻訳をする関数なのですが、実力は以下の画面を見れば一目瞭然。 スプレッドシートに入力した日本語を、英語、フランス語、中国語...... などの多言語に、一気に翻訳して表示できます(もちろん逆も可能)。 例えば、Webサイトのコンテンツを多言語対応させるため、翻訳したテキストを用意するときに重宝しそうです。 スペルミスの心配がないのもありがたいですね。 GOOGLETRANSLATE関数の使い方は次の通りです。 関数式の入力はExcel関数と同様ですが、 Excelでは使えないのでご注意ください。 GOOGLETRANSLATE関数で日本語を英語にする まずはGOOGLETRANSLATE関数の構文を確認します。 GOOGLETRANSLATE ( テキスト, ソース言語, ターゲット言語) 1つめの引数[ テキスト]では、翻訳するテキストを指定します。 関数式に直接入力することもできますが、セル参照で指定したほうが便利です。 2つめの引数[ ソース言語]では、翻訳するテキストの言語を2文字の言語コード(下表)で指定します。 3つめの引数[ ターゲット言語]では、翻訳後の言語を言語コードで指定する形です。 言語コードは「"」(ダブルクォーテーション)で囲んで入力します。 主な言語コード 言語 言語コード アラビア語 ar 英語 en 韓国語 ko スペイン語 es 中国語 zh ドイツ語 de 日本語 ja ヒンドゥー語 hi フランス語 fr ロシア語 ru ここでは、スプレッドシートのA列に入力した日本語の単語を、英語に翻訳してB列に表示するサンプルで手順を解説していきます。 途中で表示される候補をクリックしてもOKです。 21つめの引数を指定する 「 」を入力し、1つめの引数[ テキスト]を指定します。 ここではセルA1とします。 32つめの引数を指定する 「,」を入力し、2つめの引数[ ソース言語]を指定します。 ここでは日本語なので「"ja"」と入力します。 43つめの引数を指定する さらに「,」を入力し、3つめの引数[ ターゲット言語]に「"en"」(英語)と入力します。 最後に「 」を入力して[Enter]キーを押します。 5日本語から英語に翻訳できた セルA1の「アカウント」が翻訳され、セルB1に「account」と表示されました。 6オートフィルを実行する GOOGLETRANSLATE関数をB列に一気に入力しましょう。 セルB1をアクティブにし、フィルハンドルをダブルクリックします。 セルB2以降のセルにもGOOGLETRANSLATE関数が入力され、翻訳後のテキストが表示されました。 その結果は...... 同様に、冒頭に画面を掲載した中国語や韓国語、さらにはロシア語、アラビア語などへの翻訳が可能です。 ここでは単語を例にしましたが、GOOGLETRANSLATE関数で文章を翻訳することも可能です。 しかし、長文の場合、翻訳専門のサービスである「 Google翻訳」とはかなり異なる結果となり、精度が劣る印象があります。 GOOGLETRANSLATE関数は単語や短文の翻訳に向いている、と考えて使うといいでしょう。 長文ではGoogle翻訳での結果と見比べてみて、精度を確認してみることをおすすめします。 これくらいの短文であれば、GOOGLETRANSLATE関数とGoogle翻訳では同じ結果になります。 関連リンク• close 閉じる.

次の

英語のPDFをポップアップ翻訳!「Weblio英和辞典プラグイン」

英単語翻訳

[an error occurred while processing this directive] 表内のテキストを多言語に翻訳 Google版Excelともいえる「 Googleスプレッドシート」を、ビジネスの実務で使う人が増えています。 Googleスプレッドシートを仕事で使うメリットとしては、「ネットに接続されていれば環境を問わず使える」「複数人での共有や共同作業がしやすい」などがよく知られています。 ただ、「 Excelにはない独自の関数がある」ことは、意外と知られていません。 そのような関数の1つが、ここで紹介する「 GOOGLETRANSLATE」(グーグルトランスレート)関数です。 翻訳をする関数なのですが、実力は以下の画面を見れば一目瞭然。 スプレッドシートに入力した日本語を、英語、フランス語、中国語...... などの多言語に、一気に翻訳して表示できます(もちろん逆も可能)。 例えば、Webサイトのコンテンツを多言語対応させるため、翻訳したテキストを用意するときに重宝しそうです。 スペルミスの心配がないのもありがたいですね。 GOOGLETRANSLATE関数の使い方は次の通りです。 関数式の入力はExcel関数と同様ですが、 Excelでは使えないのでご注意ください。 GOOGLETRANSLATE関数で日本語を英語にする まずはGOOGLETRANSLATE関数の構文を確認します。 GOOGLETRANSLATE ( テキスト, ソース言語, ターゲット言語) 1つめの引数[ テキスト]では、翻訳するテキストを指定します。 関数式に直接入力することもできますが、セル参照で指定したほうが便利です。 2つめの引数[ ソース言語]では、翻訳するテキストの言語を2文字の言語コード(下表)で指定します。 3つめの引数[ ターゲット言語]では、翻訳後の言語を言語コードで指定する形です。 言語コードは「"」(ダブルクォーテーション)で囲んで入力します。 主な言語コード 言語 言語コード アラビア語 ar 英語 en 韓国語 ko スペイン語 es 中国語 zh ドイツ語 de 日本語 ja ヒンドゥー語 hi フランス語 fr ロシア語 ru ここでは、スプレッドシートのA列に入力した日本語の単語を、英語に翻訳してB列に表示するサンプルで手順を解説していきます。 途中で表示される候補をクリックしてもOKです。 21つめの引数を指定する 「 」を入力し、1つめの引数[ テキスト]を指定します。 ここではセルA1とします。 32つめの引数を指定する 「,」を入力し、2つめの引数[ ソース言語]を指定します。 ここでは日本語なので「"ja"」と入力します。 43つめの引数を指定する さらに「,」を入力し、3つめの引数[ ターゲット言語]に「"en"」(英語)と入力します。 最後に「 」を入力して[Enter]キーを押します。 5日本語から英語に翻訳できた セルA1の「アカウント」が翻訳され、セルB1に「account」と表示されました。 6オートフィルを実行する GOOGLETRANSLATE関数をB列に一気に入力しましょう。 セルB1をアクティブにし、フィルハンドルをダブルクリックします。 セルB2以降のセルにもGOOGLETRANSLATE関数が入力され、翻訳後のテキストが表示されました。 その結果は...... 同様に、冒頭に画面を掲載した中国語や韓国語、さらにはロシア語、アラビア語などへの翻訳が可能です。 ここでは単語を例にしましたが、GOOGLETRANSLATE関数で文章を翻訳することも可能です。 しかし、長文の場合、翻訳専門のサービスである「 Google翻訳」とはかなり異なる結果となり、精度が劣る印象があります。 GOOGLETRANSLATE関数は単語や短文の翻訳に向いている、と考えて使うといいでしょう。 長文ではGoogle翻訳での結果と見比べてみて、精度を確認してみることをおすすめします。 これくらいの短文であれば、GOOGLETRANSLATE関数とGoogle翻訳では同じ結果になります。 関連リンク• close 閉じる.

次の