モアレ 意味。 モアレって何?その原因は?|同人誌印刷 株式会社ホープツーワン

モアレをなくすには?

モアレ 意味

A ベストアンサー スレ主さんのやっていらっしゃる作業は印刷物の複写ということになりますが、印刷物は簡単にいうと2階調化されて色と階調がドットで表現されていることはご存じかと思います。 で、それを再び階調のある画像に変換するのですから、ボカさないと階調が復帰できないので、無理は承知の作業だと思いますが、どんな方法を用いようと画像の劣化は防ぎようがありません。 試してみれば分かりますが、ボカシガウスより確かにダスト&スクラッチのほうがボケがすくなくて済むのでこちらが非常手段としては定番処理でしょう。 それでも元画より大きくは使えないと思って下さい。 それより用途は何なんでしょうか。 印刷用原稿なら大量に使うというのはいかがなものでしょうか。 万ヤムを得ず、クラも了解済みなんでしょうかね。 それと、そのカタログはクラの発行物なんでしょうね。 要らぬ心配をしてしまいました。 Q お願いします。 対象物 雑誌 写真集 色紙 135フィルム撮影写真 135フィルムネガ ポラロイドカメラ撮影写真 インスタックスカメラ撮影写真 補足 紙、写真をデジタルデータ化してパソコンに取り込みます。 取り込んだ後はすべて処分予定です。 印刷物は解像度を上げすぎると画像が壊れるらしいですが、 周辺機器のスペックが上がった後世でも通用するような取り込み方をしたいので、 それぞれのベストな解像度を教えて欲しいです。 使用用途はデジタル保存で、パソコンの液晶ディスプレイで見るだけです。 印刷はしません。 液晶ディプレイも将来にはテレビのように 大型化するのは目に見えていますので、 粒子が壊れない?可能な範囲で解像度を上げて保存しておきたいです。 スキャナ EPSON GT-X970 SCANSNAP S1500 回答を宜しくお願いします。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 すでに回答されている方もいますので、補足になるでしょうけど、思い込みが激しすぎます。 特に、「2TBのHDDがあるので、4800dpiでもスキャンした方が宜しいのでしょうね。 」というあたりは悲しくなるほどです。 まず、スキャナの解像度と画素数の関係を知るべきですね。 関係があるようで関係がない部分も多いのですけど・・・・ 計算が楽なようにL判で話をします。 で、通常はビューワーソフトが適当にサイズを調整して画面に表示してくれるわけです。 関係あるようで関係ないというのはこういうことです。 5MBです。 3000dpiなら450MB程度になるというわけです。 JPEGにすれば1/20~1/30程度には圧縮されるでしょうがその分画質は落ちます。 仮に1/20としても、1TBのディスクにL判の写真が44000枚程度という計算になります。 それよりも、そのデーターを読み出してPCで扱うときはBMPに近い形式に戻すことが多く、そんなに大きなデーターではいとも簡単にフリーズしてしまうかも。 で、具体的な解像度ですけど、文書なら150~300dpi、写真でも300~600dpi、35mmネガフィルムでも1200~2400dpiあれば十分でしょう。 むやみに解像度を大きくしてもスキャなドライバのほうが警告したりすることは多いです。 「印刷物は解像度を上げすぎると画像が壊れるらしいですが、」これは、他の方も指摘されている通り、勘違いでしょうね。 ただ、印刷物も虫眼鏡で拡大すると、C、M、Yの小さい点で表現されています。 むやみに解像度を上げると、その点まで読んでしまうのですが、センサと印刷物の点の位置が合わないと、周期的に一部の点がかけてしまいおかしな縞模様が出ることがあります。 このことではないでしょうか? 対策は、解像度を下げるしかありません。 なお、こういった高解像度の話が出るのはいくつかの勘違いがあると思います。 一般的に、プリントする写真でキレイな画質というのは300~360dpiと言われています。 それ以上細かくしても人間の目では確認できないとか・・・・ 事実、昇華型プリンタはそのくらいの解像度です。 インクジェットプリンタの場合、紙の上で複数のインクを混合させるとインクの水分が過多になり、にじみなどの原因になるため、色ごとに接触しないように噴射しています。 プリントとスキャンでは若干事情は変わりますけど、思われているような高解像度は不要でしょう。 それと、どんなソフトで閲覧するか。 コレもポイントといえるでしょう。 一度、試してみるのがよいと思いますよ。 4800dpiの恐ろしさというのも分かるはずです。 プリンタの修理屋です。 すでに回答されている方もいますので、補足になるでしょうけど、思い込みが激しすぎます。 特に、「2TBのHDDがあるので、4800dpiでもスキャンした方が宜しいのでしょうね。 」というあたりは悲しくなるほどです。 まず、スキャナの解像度と画素数の関係を知るべきですね。 関係があるようで関係がない部分も多いのですけど・・・・ 計算が楽なようにL判で話をします。 A ベストアンサー 機種にもよりますが、手持ちの1200dpiのフラットベッドスキャナーでスキャンするとA4サイズ1枚あたり、約12分かかりました。 bmp形式で約400MB/枚 最高画質で写真集1冊スキャンするには、かなりな時間がかかると思いますので、実用的ではないと思います。 質問者さんの「写真集並」がどの程度かわからないのですが、1200dpiはきれいでした。 しかし、モニタで見るぐらいなら600dpiのPDFで充分かと思います。 なお、きれいにスキャンするためには、本を押しつけてとじ目を目立たないようにしないといけないので、写真集の商品価値が下がります。 あと、スキャナのガラスや写真集のゴミも取り除いておきましょう。 Q 2002年に買った キャノン PIXUS950i、を使っています。 先週あたりから突然、約1センチ幅縞模様がプリントした写真などの画面に出るようになりました。 縞模様は、色の濃淡出る場合や、赤がかかったり?というか、赤が抜けたり?といったほうがよいのかもしれませんが、ともかく そのような状態でショックです。 プリントアウトしているときに。 見ていると、「ガッ,ガッ」というように、まるで一歩一歩階段を上がるような感じで プリントしています。 滑らかに動いてはいません。 そのせいで、縞模様になっているようです。 クリーニングは一応 何回かしましたが直りません。 どなたか、お詳しい方 対処方法をご指導くださいませ。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 エンコーダーといって、ヘッドの位置を読み取るセンサー関係のトラブルも考えられます。 電源を切った状態で蓋を開けると、ヘッドを支えている直径1cmくらいのシャフトが横になってあるはずです。 その手前、少し上の辺りに幅5mmくらいのグレーのフィルムがありますので、それを懐中電灯などで照らしてみてください。 表面に白っぽい汚れがあれば、それが原因の可能性があります。 ティッシュでそのフィルムを挟み、汚れを拭き取ります。 推測が当たっていれば、ウソのように正常に戻るはずです。 無理に引っ張ると切れますので、注意してください。 なお、修理代はキヤノンの窓口であれば 9,450円です。 定額修理の対象商品ですので、どんな部品を交換してもこれ以上請求されることはありません。 Q FAX&無線LAN付きのプリンタで迷っています。 検討しているのはブラザーの「MyMio MFC-495CN」と、キヤノンの「MX350」です。 値段はキヤノンの方が少し安いのですが、カタログの数字を比較すると1枚あたりの印刷コストはブラザーの方が安くなっています。 デザインはキヤノンの方が好きなのですが、ブラザーの方は前面給紙カセットがあるのに対し、キヤノンはカセットがなく背面からの給紙なのが気にかかります。 ただ、ブラザーのプリンタっていまいちピンと来ないのですが、キヤノンと比べてやはり見劣りとかするのでしょうか。 といってもプロ級の印刷が必要なわけではなく、個人で使う写真や資料が普通にキレイに印刷できれば十分なのですが。 ブラザーとキヤノンを使っている方、プリンタに詳しい方のアドバイスをお願いします。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 キヤノン専門ですけど、カローラと軽自動車を比較するような話です。 その軽自動車は装備がいっぱい付いて重くなり、さらにターボが付いて燃費も悪い代物。 MX350はこんな軽自動車のようなものです。 比較対象としてはMX870が妥当です。 そうするとかなり価格に開きが出るはずですが、それは会社としての規模の違い(大きな会社は固定費が大きくなります)、看板のブランド力の違い等と考えられますが、それだけでは考えられない差もあるはずです。 それがつくりの差とサービス体制の差です。 ブラザーとキヤノンで一番の違いはサービス体制です。 キヤノンは社内、社外を含めて多くのサービスマンが存在しますので、サポートは迅速に行われるはずです。 ブラザーは基本的に自社でのサービスで、社外には部品も技術情報も出しません(この辺りはエプソンも一緒)。 メーカーの拠点に依頼するのでしたら、どこのメーカーでも差は無いのですけど、キヤノンの場合は購入した販売店に依頼すると、すぐに動いてくれる可能性が高いというわけです。 さらに、保証が切れた後は拠点からの出張費も入りますので、修理費が非常に高くなります。 通販や量販店で購入する場合は、どこのメーカーを買っても差は無いといえるでしょうね。 プリンタの修理屋です。 キヤノン専門ですけど、カローラと軽自動車を比較するような話です。 その軽自動車は装備がいっぱい付いて重くなり、さらにターボが付いて燃費も悪い代物。 MX350はこんな軽自動車のようなものです。 比較対象としてはMX870が妥当です。 そうするとかなり価格に開きが出るはずですが、それは会社としての規模の違い(大きな会社は固定費が大きくなります)、看板のブランド力の違い等と考えられますが、それだけでは考えられない差もあるはずです。 それがつくりの差とサー...

次の

モアレって何?その原因は?|同人誌印刷 株式会社ホープツーワン

モアレ 意味

偽色 普通のデジカメは、4つの画素を RGRG GBGB とRGBに振り分けています この状況で、 黒白黒白 白黒白黒 と白黒の細かいパターンを写すと、Gだけに信号が入って 緑一色としてうつります このように、実際の色と異なる色で写るのが偽色 (白黒の細かいパターンが灰色一色に写るのは(動作としては正常で)偽色じゃありません) モアレというのは、 細かくて規則正しい間隔のもの(テレビなんかのドット以外に、網戸の目、金網、衣類の細いストライプなどなど)を写したときに、(実際の絵柄より太い)大きな縞模様が出る現象 モアレも偽色も、デジカメの撮像素子で再現できる限界以上に細かい絵柄をうつしたときに起きる現象(エイリアス)です(RGBでモアレの位置がずれると、偽色になる) デジカメでは、これを防ぐために撮像素子の前に細かすぎる絵柄を通さないようにLPFという部品がつけられています (細かい絵柄を歪めるのではなくて、細かい絵柄を均一に塗りつぶすような働きをする) 大雑把に説明すると・・・ 偽色:実際とは異なる色で画素が表示されること。 例:白・黒が交互にならんだチェッカーボードをイメージしてください。 一つ一つの白、黒が撮像素子の一つ一つの画素に対応している場合、一般的なデジタルカメラはこれを白黒のチェッカーボードとして記録できず、灰色一色として記録してしまいます。 一般的なデジタルカメラは4画素混合で色を作るため、白と黒の情報を混ぜて中間色の灰色と判断するからです。 画素混合方式をやめない限り対策はありません。 画素混合をしないシグマ社の撮像素子FOVEON X3を使ったカメラは原理的に偽色が発生しません。 モアレ:自然界には存在しない規則的に並んだ模様などを撮影した時に、その部分が縞模様のように表示されること。 原因:規則的に並んだ模様と、撮像素子の画素の並びがお互いに干渉して縞模様のように表示されます。 対策:ほとんどのデジタルカメラはレンズから入ってくる光をローパスフィルターでわざとぼかして、規則的に並んだ模様をゆがめ、モアレを発生しにくくしています。 撮像素子の画素をランダムに配置できれば理屈の上ではモアレは発生しなくなります。 (フィルムカメラでモアレが発生しないのは、フィルム上に塗られた感光剤がランダムな状態のためです) ローパスフィルターはぼかす必要のない部分もぼかしてしまい、全体的に鮮明さに欠ける描写になります。 全体が不鮮明になるので気付きにくいですが、ローパスフィルターを使わないデジタルカメラの鮮明な画像と比べると一目瞭然です。 そのためカメラ内部で輪郭補正などを行い鮮明に見えるように加工していますが、失った鮮明さが戻るわけではありませんので、不自然な感じがする事も多いです。

次の

モアレを防ごう!

モアレ 意味

また、規則正しい模様を、などのにした場合も、画像の解像度と模様の周波数のずれが原因で同様の縞模様が発生するがこれもモアレと呼ぶ。 また印刷でもという点の集まりに画像を変換するので同様の現象が発生する。 (これらの詳細は下記参照) モアレそのものも周期を持ち、この周期は元になる模様の周期の組み合わせで決まる。 的にいうと、モアレとは二つの空間周波数の現象といえる。 様々な形態で発生するため、モアレにもいろいろなものがある。 モアレを望ましからぬものとして取り除く対象にする場合もあり、逆に発生したモアレを有用なものとして利用する分野もある。 概要 [ ] 図1のように2組の平行模様を斜めに重ねると交差部分が平行線の周期とは異なる縞模様になる。 これがモアレの代表的な例である。 モアレは平行線でなく、の目のような平面パターンでも発生する。 たとえば、升目のピッチが異なる二つのを重ねると発生する。 図2に縦横に並んだ模様(金属板に開いた丸穴)の重なりによるモアレの例を示す。 これは二次元空間周波数のうなりである。 この効果は分野や分野では特に注意を要するものである。 モアレの実例 [ ] モアレを利用した測定 [ ] モアレは迷惑な現象だけではなく、これを積極的に利用することもある。 高精度の位置決め用の位置センサの一種モアレスケールでは、わずかにピッチを変えた平行縞を重ねたときに発生するモアレが、二つの平行縞の相対変位よりも大きく移動することを利用し、変位を拡大して測定するものである。 また、立体の表面に二つの格子縞を投影したときに発生する干渉縞の形状(等高線)から物体の立体形状を得る方法を、モアレトポグラフィという。 の一環でモアレ撮影(検査)にモアレ写真法が使われる。 印刷 [ ] 印刷では、写真のようなを表現するために、を用いる。 すなわち色の濃さを規則正しく配置された点それぞれの大きさで表現する。 このため、印刷された写真をもとに原版を作成して再び印刷すると、網点のピッチの違いや、ピッチが同じでもわずかな傾きによってモアレが発生することがある。 またカラー印刷では、複数の色版の網点を重ねて印刷するため、周期的な色模様がみえる場合がある。 このため、各版はモアレが最も目立たないとされる角度に網点を傾けて印刷している。 単色では45度、では、モアレが目立つCMKの3色のうち1色を45度に置き、これに対して他の版をそれぞれ30度ずつ離しておくのが伝統的な角度である。 そしていずれか2色の中間にモアレがめだちにくいY版を置くようにする。 (例としてM版を15度、K版を45度、C版を75度、Y版を30度)。 モアレの出た写真は極めて見栄えが悪いため印刷においては注意して避けるべき点の一つである。 画像処理 [ ] 上の画像を不適切に縮小したことにより発生したモアレ。 による画像処理においても、画像はとよばれる縦横に周期的に配置した点に分解して表現することから、印刷と同様なモアレが発生する可能性がある。 画像処理の過程では、縦横画素数を整数分の1以外の大きさに縮小・変形した場合に発生しやすい。 において縮小が単なる間引き処理であると、ありもしない模様が発生 偽解像 する。 これはの一種である。 これを防ぐためには、縮小後の画素位置周辺の縮小前の複数画素からの距離と強度で重み付けするリサンプリング処理などが有効である。 レンズの解像度がこれより低い場合や光路で干渉によるボケ 小絞りボケなど が生じる場合は問題にならないが、一般的にこれを解決するアプローチとして、撮像素子の手前に 画素ピッチ程度にぼかすフィルタ を入れるのが普通である。 なおフィルムカメラでは、画素にあたる感光粒子が不規則に配列しているため、この問題は生じない。 網点印刷されたなどをで入力する場合にも、写真とスキャナのの差次第でモアレが発生する。 スキャナの光学的な分解能が高い場合には、網点のピッチ以上のでスキャンした後、グラフィックソフトウェアにおいて必要とする分解能まで落とす 間引きではなく補間する アプローチが有効である。 例えば縦3000pxでスキャンした画像を、縦1600pxの解像度のモニターで見るとモアレが発生するため、画像の解像度を縦1500~1600px程度まで落とすことでモアレを回避できる。 表示においては、処理する解像度と表示する解像度が異なる場合にも発生することがある。 グラフィックソフトウェアなどで縮小表示するときに、やはり表示分解能で補間する処理が必要であるが、高速表示のためにこれを省いているグラフィックソフトウェアも多い。 テレビ [ ] でもが上下方向に周期的にならぶため画像処理と同様な問題がある。 さらにアナログテレビ、特にカラー方式においては、輝度信号において細かな模様を伝送する高周波領域と、色差信号とが、クシ状に交互に重畳されているため、信号の干渉により色付きのモアレ状の画質劣化が発生する。 これはモアレ現象というよりカラー方式の信号処理の限界から来る現象で、クロスカラー妨害と呼ばれる。 アナログ方式のでは、記録時の時間軸のわずかな揺れ(ジッタ)によって色がわずかに変動し、これがモアレ状の画質劣化として感知されることがある。 繊維・衣服 [ ] 分野で、布・織物を構成する繊維の不規則性から波型模様が生ずることがあるが、これが「起源」の項でしめすモアレの語源である。 の動作不良や保存方法の問題などによって起こり、布製品の均一性を損なうため望ましくないものである。 しかしなどで意図的に美しい模様を発生させて用いる例もある。 漫画 [ ] 制作においては、異なる複数の規則的な模様のを重ねた際にモアレが生じる。 乱れとして避けられることが多いが、一方で演出として意図的に用いる制作者もいる。 医学 [ ] からの一環でモアレ撮影(検査)が行われている。 起源 [ ] モアレはヨーロッパにおいてによく用いられた モアレの元来の意味は(古くはであるが、やにも用いられる)にあらわれた波型の模様で、杢目模様(もくめ~)あるいは水模様という。 このパターンはふたつ、あるいはそれ以上の平行なを重ねることにより発生するものである。 モアレという語はもともと/での毛織物製の衣料を意味する。 に取り入れられた後、にも mouaire として登場する。 1660年には英語に再輸入されて moire あるいは moyre となった。 一方フランス語では mouaire が動詞 moirer(巻きずれや圧力で水模様を発生させる)に変化し、1823年には形容詞 moire を派生させた。 計算 [ ] 平行パターン [ ] 幾何学的方法 [ ] ふたつのパターンが重なっている図。 ふたつの、平行かつ等間隔なパターンを考える。 図の左端でふたつのパターンの線が重ね合わせられたとしたら、右にいくほどずれは増加していく。 ある数だけ右にいくと、パターンは「向かい合う」。 つまり、第二パターンの線は第一パターンの線の間に位置する。 これを遠くから眺めたとすると、線が重なり合っている部分は空白が広く見えるため淡く見え、線が向かい合っている部分は暗く見える。 この式から、次のことがわかる。 線間隔が大きいほど、淡部と暗部の距離は大きくなる。 つまり、淡部と暗部が大きく離れているということは、ふたつのパターンの間隔が近いということになる。 モアレの原理はに類似している。 干渉による方法 [ ] コントラスト Iが正弦関数で変化するような、透明なパターンをふたつ考える。 これより、明度はふたつの三角関数の合成であることがわかる。 正弦関数に係る部分は高周波成分であり、ふたつのパターンの空間的振動数の平均となっている。 余弦関数に係る部分は低周波成分で、ふたつのパターンの空間的振動数の差の半分となっている。 低周波成分は高周波成分の「」となっている。 この現象はに類似している。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の