教え 英語。 英語の教え方のヒント(小学生へ)

【重要】幼児英語の教え方は教えないこと【教えたら台無し】

教え 英語

「教えてください」の意味 「教えてください」の意味は「教えてほしい」 「教えてください」は、「 教えてほしい」という意味で使用される言葉です。 相手に何かを教えて欲しいという場面で使用する敬語表現です。 「教えてください」は、「教える」+ 尊敬語「ください」で、すでに敬語 「教えてください」は、 「欲しい」の敬語表現である「くれ」の尊敬語である「ください」という表現を使用したもので、すでに敬語表現となっていいます。 つまり、依頼をするとき「教えてください」という意味で使する丁寧な表現であるということがわかります。 「教えてください」の「ください」は補助動詞なのでひらがな表記 「教えてください」の「ください」は、平仮名で「ください」と表記する場合と、「下さい」と漢字で表記する場合があります。 簡単に説明すると、 「ください」・・・ お願いごとをする場合に相手に敬意を示す補助動詞 「下さい」・・・ 「くれ」という請求の意を敬意を示して表現する動詞 となります。 「教えてください」の場合、相手に依頼をするときに相手に対して敬意をしめる意味合いで使用されているため、「補助動詞」で使用しているということになります。 したがって、 「教えてください」の「ください」は平仮名が正しい表記です。 「教えてください」は丁寧さに欠けるので社外宛メールはもちろん社内でも使用を避けるべし 「教えてください」は、 ・日程を教えてください ・住所を教えてください ・パスワードを教えてください ・連絡先を教えてください ・分かりましたら教えてください などビジネスシーンでは様々な言い回しで「教えてください」と使う場面があるかと思いますが、実は「教えてください」は丁寧さに欠ける敬語表現で、社内であっても使用は避けるべきです。 理由としては、「ください」がという表現が、「くれ」という命令形の尊敬語であるということがあげられます。 元々「くれ」という命令をするニュアンスがある言葉であるということから、お願いをする表現としては少々きつい印象になってしまうのです。 特に目上の人や社外の人に「教えてほしい」と依頼をする場合は、より丁寧な表現でお願いをすることを心がけましょう。 「教えてください」のより丁寧な敬語表現 「お教えください」と、尊敬を表す接頭語「お」を付ける 相手にお願いをするときに使用する丁寧な表現としては、尊敬語を使用するという方法があげられます。 「教えてください」を、尊敬を表す表現にすると「お教えください」となります。 「教える」に、 尊敬を表す接頭語の「お」をつけて、「ください」という丁寧語をつけて使用すると、相手に対して尊敬を表すことができるので、より丁寧な表現になります。 例文 ・ご希望のプランがございましたらお教えください。 ・会議までに何かすべきことがあればお教えください。 ・何か他に利用できる交通手段があればお教えください。 「お教えくださいませ」と、「ませ」を付けると柔らかい印象に 「お教えください」を「 お教えくださいませ」に言い換えるとさらに柔らかい印象の言い回しになります。 「〜ませ」には 深い意味はなく、表現を柔らかくするためにつけている言葉です。 「お(ご)〜くださいませ」という表現は、「お気をつけくださいませ」「ご覧くださいませ」など、様々な場面で表現を丁寧にし、さらに柔らかくするために使用されます。 「〜ませ」は、女性的な印象があるとも言われていますが、男性が使ってはいけないということではありません。 例文 ・ランプが点灯したら終了になりますのでお近くのスタッフにお教えくださいませ。 ・何かアレルギーがございましたら、お教えくださいませ。 ・現時点で、到着時間が不明な場合は前日までにお教えくださいませ。 「教えていただけますか」だと謙譲語になる 相手に依頼やお願いをする場面では、謙譲語を使用しても相手に敬意をしめす丁寧な表現になります。 「教えてください」を謙譲語で表現すると「 教えていただけますか」となります。 「〜していただく」は、「〜してもらう」の謙譲語で、自分の行動をへりくだって表現することにより、相手に対して敬意を示す表現です。 その他にも、謙譲語を使用した表現には ・教えていただくようお願いたします ・教えていただくことは可能でしょうか といった言い回しがあります。 「願います」は、「 〜してほしいです」と教えてくれることを願う表現で、「お教え願えませんか」は「 〜をお願いできませんか?」と謙虚にお願いをしている表現です。 例文 ・請求書の作成方法をお教え願います。 ・不具合がござましたらお教え願います。 「教えていただけませんでしょうか」は社内の人に 「教えていただけませんでしょうか」は、「〜いただけません」という否定のニュアンスのある表現を使用することにより、 「〜してもらえますか?」と相手に答えを委ねるお願いの仕方になります。 例えば、「電話番号を教えていただけますか」というような使い方をした場合、丁寧語の「ます」を使用した肯定的なニュアンスのある表現で、「教えてください」とお願いをしているのと同じになります。 一方の「電話番号を教えていただけませんでしょうか」は、相手に教えるかどうかの判断を委ねている表現になります。 反応の時間を考えると、社外の人には肯定的な表現でお願いをしたほうがスムーズに進みますので、「教えていただけませんでしょうか」は上司など、社内の人に使用するのに向いています。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というようなアドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 ・何かお気づきの点があればご教示ください。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示ください。 ・お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示ください。 ・今後の売上向上に向けて改善点があればご教示ください。 ご教授ください 「ご教授」は、「 ごきょうじゅ」と読みます。 「教授」の意味は、「 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用」です。 「教授」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」をつけ、「ご教授」とすることで目上の人に「教えてほしい」とお願いをする場面で使用することができます。 「ご教授」は、「教え授ける」という漢字からできている通り、「指し示す」という意味の「教える」ではなく、「専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例文 ・是非ともこの分野での専門的な知識を学びたいと思っておりますので、ご教授ください。 ・データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授ください。 ・先週はお休みをいただき申しわけございませんでした。 来週からまた引き続きご教授ください。 ご指導ご鞭撻 ご指導ご鞭撻は「 ごしどうごべんたつ」と読みます。 「ご指導ご鞭撻」の意味は、 目上の相手からの自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現になります。 「ご指導」も「ご鞭撻」のどちらも、「ご指導お願い申し上げます」や「ご鞭撻の程、よろしくお願いします」のように、単独でも用いられていますが「ご指導ご鞭撻」と合わせて用いられることが多くなっています。 ちなみに名詞の「指導」「鞭撻」にそれぞれ尊敬語の接頭辞である「ご」がついたものです。 また、それぞれの意味は以下の通りです。 「指導」 ある目的に向かって教え導くこと 「鞭撻」 1.鞭(ムチ)で打つこと 2.怠らないよう強く励ますこと になります。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・何かと至らぬ二人ではございますが、今後とも今までと変わらずご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 ・本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 「教えてください」のその他の言い換え表現 「お知らせください」 「お知らせください」は、 「知らせ」という言葉に接頭語の「お」と「ください」という丁寧語をつけた表現です。 「知らせ」は、「知らせること」で、 何かを伝えるときや、報告をする・連絡をするといった場面で使用される言葉です。 「お知らせください」で、「連絡をください」「教えてください」というニュアンスで使用されます。 例文 ・何かお気づきの点がございましたらお知らせください。 ・詳細が決まり次第、お知らせくださいますよう、お願い申し上げます。 ・不具合がございましたらお知らせいただきますと幸いに存じます。 「お聞かせください」 「お聞かせください」は、 「聞く」に接頭語の「お」と、丁寧語の「ます」をつけた丁寧な敬語表現です。 「お聞かせください」は、「教えてほしい」というようなニュアンスで、何かを訪ねる場面で使用する表現です。 上述しているように、「ください」には命令のニュアンスがあるため、きつく感じられやすい表現です。 目上の人や社外の人に尋ねたい場合は、より丁寧な表現を使用するほうが無難です。 ・よろしければ使用してみた感想をお聞かせください。 ・解約に至った理由をお聞かせくださいませんか。 「教えてください」の英語表現 「知らせる」の英語は「inform 人 of」「let 人 know」「tell 人」など 「教えてください」で使う英語には、 ・inform 人 of 事 ・let 人 know ・tell 人 about 事 などがあります。 「 keep 人 updated」と表現すると「常に知らせる、常時報告する」というニュアンスになります。 「 report to 人」で「人に報告する」という意味になります。 「A reports to B」で「AはBの直属の部下だ」という意味になります。 「teach」は「(学問など)を教える」、「advise」は「助言する、忠告する」 「教える」の英語だと、まず最初に思いつくのが「teach」だと思うのですが、「teach」は「(学科・クラスなど)を教える」という意味なので、少しニュアンスが違います。 「advise」も「助言する、忠告する」という意味で、「tell」などとは違います。

次の

英語が苦手な中学生向けの教え方【※元英語嫌いの私が解説します】

教え 英語

感謝の気持ちは Thank you for ~で伝わる 英語でお礼を伝える、日本語の「ありがとう」に対応するフレーズは、基本的に Thank you. が定番といえます。 感謝の対象を明示する場合には Thank you for ~. の形で表現できます。 Thank you for ~. のフレーズはほとんど場面を選ばずに幅広く使えます。 柔軟に使いこなせるようになりましょう。 説明してくれたことに感謝する表現 Thank you for your explanations. 説明してくれてありがとう 懇切に説明してもらい、自分でもよく理解できた場面では、 Thank you for your explanations. のようなお礼が最適でしょう。 語幹の綴りと発音が微妙に違っているので少し注意しましょう。 Thank you for all the details. 色々と教えてくれてありがとう Thank you for all the details. は、細部をひっくるめてお礼の対象とする言い回しで、日本語の「色々と教えてくれてありがとう」に対応するニュアンスの表現です。 Thank you の対象は漠然としていますが、それだけに「相手が教えてくれた情報すべて」を感謝できる言い方です。 Thank you for the advice. 助言してくれてありがとう Thank you for the advice は、具体的で有益な助言(advice)をもらったときに使える表現です。 こうした方がいいよ、というような指南をもらった際にはぴったりの表現です。 情報をくれたことに感謝する表現 Thank you for the notice. 教えてくれてありがとう notice は「お知らせ」や「注意」といった意味合いの語です。 気が回らなかった部分、意識できなかった部分への指摘や注意をもらった場合の「教えてくれてありがとう」の意味合いで使えます。 Thank you for the heads up. 先に知らせてくれてありがとう heads up (heads-up)は、「これから起ころうとしていることについて警告する・注意を促す」といった意味で用いられる慣用表現です。 英語について教わる、という脈絡では使用機会はなかなかないかも知れませんが、行動を共にすると使い出は意外とあります。 たとえば「この先は通行止めだよ」とか「今日は休講だってさ」のような情報を得たら、heads up をありがとう、と伝えてみてはいかがでしょうか。 Thank you for letting me know. 知らせてくれてありがとう letting me know は「(人に)知らせる」という使役表現で、知った内容・情報の種類にかかわらず幅広く使える言い方です。 重要な情報にも、ちょっとした与太話にも使えます。 使役動詞を駆使した表現は、同種の「情報をありがとう」を伝える表現の中でもフォーマルなニュアンスが出せる言い方です。 ビジネスシーンなどでもよい感じで使えます。 Thank you for the information. 情報をくれてありがとう 「 情報をありがとう」と伝える表現なら information を使った言い方も挙げられるところですが、information は少し使い所に注意がいるかも知れません。 では、information を「 facts about a situation, person, event, etc. 」 (状況、人物、出来事についての事実)と定義しています。 つまり、事実や知識というニュアンスの色濃い語です。 冗談交じりのうわさ話や世間話を聞いて Thank you for the information. と返すと、ウワサを真実と鵜呑みにしたような印象を与えてしまうかもしれません。 Thank you for telling me about ~. ~について教えてくれてありがとう 感謝の対象を今ひとつ information とも advice とも表現しかねる場合、いっそ具体的に「何について」の部分を明示する方法もアリでしょう。 Thank you for ~ 以外の言い方で感謝を伝える 感謝の気持ちを伝える際には、ほぼどんな場面でも Thank you for ~ の言い方で無難に表現できます。 とはいえ、もっと違った言い方で感謝を伝えることも可能です。 英語は、言葉数や語彙力を惜しみなく使うことで丁寧なニュアンスが表現できます。 とりわけフォーマルな場面や改まって感謝を伝える場面では、thank 以外の言い方を使ってみてもよいでしょう。 フォーマルさが出せる定番の表現 I appreciate ~ ~してくれたことに感謝いたします appreciate は感謝を示す 他動詞です。 I appreciate your advice. のように、感謝の対象は目的語の位置に置かれます。 つまり前置詞 for は不要です。 appreciate の感謝の気持ちを強調して述べる場合は、appreciate を greatly(大いに)や really(とても)といった副詞を添えましょう。 I greatly appreciate your useful advice. とても役に立つ助言にとても感謝しております I am grateful for ~ ~をありがたく思っています grateful は「感謝している」という心情を表現する 形容詞です。 I am always grateful for your advice. ご助言はありがたいといつも思っています お礼の焦点・着眼点を工夫する言い方 「助言に対する感謝」という観点ではなく、もっと他の部分に着目して、半ば間接的に感謝の気持ちを表現する言い方もあります。 It was very kind of you to ~ ご親切に~していただいてどうも it is very kind of you は「あなたはとても親切ですね」というような意味合いの表現です。 これも感謝を伝える定型的表現として用いられます。 もちろん文字通り「親切ですね」という意味でも使えます。 「教えてくれてありがとう」という趣旨で述べる場合は、過去の出来事について述べるため、it was と過去時制にします。 It was very kind of you to inform me about it. 教えてくださりありがとうございました Your explanation really helped. あなたの説明はとてもためになりました 「説明してもらってよかった」「ためになった」という趣旨の言葉も、感謝の気持ちを十分に表現できます。 Thank you. をはじめとする直接的な感謝のフレーズと併用して、感謝の気持ちを篤く伝えることもできます。 You pointed it out clearly. (あなたの指摘はとても分かりやすい)というように述べると、相手を賞賛しつつ感謝の意を表せます。 恥を捨てて教わり、教わったらお礼を述べる 英会話を上達させるには実践的な練習が不可欠です。 でも最初のうちは、実践に挑む気になれるだけの英語力も自信もそうそうないものです。 英会話学習は、そんな「服屋に行く服がない」的ジレンマに陥りがちです。 英会話学習の第一歩は「 へたな恥じらいを捨てる」ことから始めましょう。 表現を間違ったり、言葉に詰まったり、言われたことを理解できなかったりしても、今の実力では仕方のないこと。 次はもっと上手くできる。 そう割り切りましょう。 実践的会話は知らない英語知識を相手に直接できる絶好の機会です。 疑問符(「?」)が浮かんだらすかさず質問しましょう。 そして、教えて貰った際に「ありがとう」とお礼を述べる表現も覚える必要があります。 会話中で、教えてもらったことに対するお礼の表現を学んでいきましょう。

次の

language exchangeを使って、日本語を教えながら英語を学ぼう

教え 英語

LEARN 英語での敬語表現!「教えてください」など依頼する場合の英語表現を紹介します。 人に何か頼み事をするとき、言い方には気をつけたいものです。 特にビジネスの世界では、業務に関する依頼はよくあることで、言い方一つで相手が受ける印象が変わったり、ビジネスの成功や失敗にも関わってくることがあります。 何かお願いをするときに丁寧な言葉遣いができればお互いに気持ちよく働くことができますし、目上の人に質問をするときにも使えます。 今回は、ビジネスシーンなど敬語を使う場面で何かを依頼したり、質問をするときに使える英語表現を紹介していきます。 英語には敬語があるの? より丁寧な依頼フレーズ より丁寧にお願い事をしたい場合は、以下のような表現を使うこともできます。 "Would you mind if 〜?"は、「〜していただけますか?」という依頼の表現です。 先方にとって迷惑にならないかを確認しながらお願いする表現です。 遠回しに聞こえますが、英語では話し言葉でも書き言葉でも使われることが多いフレーズの一つです。 Would you mind if I ask you to dispatch the prototype to us by tomorrow? 明日までに弊社宛に試作品を発送していただけますか? "I was wondering if 〜?"は、直訳すると「〜かどうかなと思っていたのですが」という意味になります。 お願い事をしていいかどうか迷っていたという意味を含めることで丁寧さを表現します。 I was wondering if you could reschedule the meeting? 会議のスケジュールを変更していただけないかと思っているのですが。 関連記事: 「教えてください」の英語表現 "inform" 伝える、教える "inform"は、"tell"(教える)や"let someone know"「(人に)知らせる」に比べるとよりフォーマルに聞こえる表現です。 情報などを「伝える」というニュアンスで、仕事に必要なお知らせや連絡事項などを教えてほしいときに使うことができます。 I was wondering if you could inform us of any changes at least three days in advance. 最低3日前までには変更をお知らせいただけたらと存じます。 Please inform us as soon as possible should any change arise. 変更があれば、できるだけ速やかにご連絡をお願いいたします。 依頼、お願いをする英単語"ask" "ask"を使ったフレーズ 「質問」に該当する"question"は、"ask"(聞く)という動詞とセットで使われることが一般的です。 この "ask"を使って丁寧に依頼をしてみましょう。 Can I ask you a question? 一つ質問してもよろしいでしょうか。 Do you mind if I delegate this project to you? この仕事をあなたにお任せしてもいいですか? Could I ask you to attend this workshop with me, please? このワークショップに一緒に参加していただけませんか。 I was wondering if you could help me prepare for my presentation. プレゼンの準備を手伝っていただけたらと思っているのですが。 要望など"ask"より丁寧な英単語"request" "request"を使ったフレーズ 依頼事項が取引に関わる重大な要望であるため、 "ask"よりさらに丁寧な表現を使ってお願いしたい場合は、"request"を使うのがオススメです。 We would like to request the pleasure of your presence at the ceremony. セレモニーへのご臨席をお願い申し上げます。 We would like to request that you provide us with the latest information on the project. そのプロジェクトの最新情報を提供いただけるようお願い申し上げます。 顧客とのやりとりや、契約などに関する依頼事項に多く使われる表現ですが、日常生活の中でも使うこともあります。 I would like to request a full refund of my purchase. 購入した商品の全額返金を希望します。 仕事場で上司などに承認依頼をするときにも、下記のように使うこともできます。 I would like to request your approval. 承認をよろしくお願いいたします。 関連記事: アドバイスなどを求める英単語"seek" "seek"を使ったフレーズ 相手の意見やアドバイスなどを求めるときは、"seek"(探す)を使います。 もちろん、承認や依頼をする場合にも使えるとても丁寧な表現です。 I would like to seek your advice on this matter. 本件についてアドバイスをいただきたいのですがよろしいでしょうか。 I was wondering if I could seek your permission to give the green light to the project. プロジェクトのゴーサインをいただきたいのですが。 知的な作業・作品などを依頼するときの英単語"commission" "commission"を使ったフレーズ 最後に、 技術者や芸術家など専門家に対して知見や技術などを使った知的な作業・作品などを依頼するときに使う"commission"についてご説明します。 "commission"とは"commit"(委託する・積極的に関わる)という意味の言葉に由来しています。 つまり、専門家に仕事を依頼すると引き換えに満足のいく成果物が期待できる場合に使われます。 日常会話ではほとんど使うことはありませんが、専門的な仕事を取り扱うビジネスシーンでは業務委託をしたり発注するときに非常に有効な表現です。 We have decided to commission the web designer to renew our website. ウェブデザイナーに会社のホームページのリニューアルを依頼することにしました。 We would like to commission you to improve our e-mail system. 私たちのメールシステムの改善を担っていただきたいのですがよろしいでしょうか。 場面に応じた頼み方を覚えよう 英語には敬語表現があること、丁寧に頼みごとをする表現がさまざまあることを、例文を挙げながらご紹介してきました。 プライベートにおいてもビジネスにおいても、人にお願いごとをすることは少なからず誰にでもあります。 依頼をされる側に気持ちよく受け入れてもらえるように、いつでも丁寧な表現を使うことを心がけましょう。 この記事をシェアする•

次の