杉田さん。 杉田智和

杉田隆史のメンタルトラベル

杉田さん

ご立派ぁ! ぶっ飛んでて草 何回言うんだww 締めはヤマジュン 「どうぞー」はアイス? フニャチンか? イキ杉田ホモ和 ビンビンビンビンビン 上原亜衣ほんま草 ご立派ァ! 草 SGTがファミリーに加 ビール! 15人分くらい作っちまったな、バロバロ、 やったぜ。 やったぜ。 所要時間:30分足らずで最高級のレンコンをゲットだァ! ほら見とけよ見とけよ〜いくゾ〜! ホラホラホラホラ どんどん行くぜ〜! 揚げたエビだぁ! いいゾ〜これ うんめぇなあ。 うんめぇなあ! 下じゃあ怒ったハチがみんなを刺しまくってる。 あーもうめちゃくちゃだよ。 縄ばしごはひとり用だから、俺もはしごをもらったはいいけど、これが ちっちゃスギィ! ビールは冷えてる〜? ほんとぉ? ああ。 サメもこいつを狙ってた。 そうだよ(便乗)。 なんだか知ってる? しらなーい。 牛のペ・スさ。 ペ・スはどこだ〜? 失礼して手づかみで。 なぜスープに牛のペ・スを? さてさて〜こいつだぁ。 これなんだと思う? そう! これが生の牛のペ・スだぁ。 ご立派ァ! 聞いてみればわかりますが、単なる「やったぜ」ではなく、「やったぜ。 」と間をおいて 句読点が入っている読み方をしているんですよね。 すばらしい再現度。 参考: 「ご立派ァ!」は淫夢語録ではなくこの動画で生まれた言葉ですが、もはや語録扱いされています。 (参考:) 金!暴力!せっかくだから赤い扉を選ぶぜ 続いては、ホラーゲーム「コープスパーティー」のイベントでの発言。 草 神田川JET GIRLS 草 せっk ん? 草 やめてください…アイ やめろォ! 建前 ナイスぅ! 本音 草 ミンゴスで草 投稿者兄貴名アルバム やめてください 制圧 ンァー! やめてください… BNKN ミンゴス や... 杉田 はい。 刻命裕也役の杉田智和です。 なにやってもいいんだよな? 会場 ざわざわ…… 今井 いいらしいよ〜 中村 あれだもんね、昼が終わったあとにさ、ちょっとおとなしすぎませんかって煽られたもんなぁ? 杉田 そのための…… 中村 だからもうめちゃめちゃにしてやるぜって。 杉田 そのための俺だから。 今井 ちょっと杉田さんに1メートル以上近づかないようにしてください! 杉田 金!暴力!せっかくだから赤い扉を選ぶぜ。 よろしくお願いします。 今井 あの〜。 やめてください。 そのための右手、あと、そのための拳……? 金!暴力!S・X! 参考: S・Xと言わないようにするために使われた「せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ」は、セガサターンのゲーム「デスクリムゾン」が元ネタですね。 (参考:).

次の

インスピ杉田さん作曲「のむらからの手紙」 西日本豪雨被災地の児童と応援歌

杉田さん

豪雨の時に助けてもらった感謝の思いを歌に乗せ、新型コロナで大切な人に会えなかったり、奮闘したりしている人々にエールを送る。 被災後、復興ソングを制作したことをきっかけに交流が生まれた両者。 20年の「豪雨2年」に合わせ、インスピが野村町地区で開催されるコンサートに出演する予定だったが、新型コロナで延期に。 そこで、オンライン授業を通してオリジナルの歌を作り、災害支援の恩返しとして全国へ届けることなった。 歌詞の基になったのは、今会うことができない大切な人に向けて児童たちが書いた手紙だ。 「合唱大会は中止 妹と一緒に歌えんし 副部長になったのに よいよ悲しかった」「野村の花火大会 見れんのは残念やね 小学校最後の1年がこんなんで 最悪やな たまらんわ」。 楽しみにしていたイベントが新型コロナで中止になってしまったことに対する児童たちの素直な思いがつづられている。 一方、歌詞の中には「パンのミミなんかの かたいものをかじると 怒りがおさまると思います」と子供らしいユニークなストレス解消法も。 「もはや災害やけん がんばらんといけんね 子どもは元気でいることが 大切だからね」と2年前と今を重ね、杉田さんが作ったメロディーに乗せて「応援するけん がんばってや」とエールを送る。 動画投稿サイト「ユーチューブ」から聞くことができる。 杉田さんは「子供たち自身の言葉から素晴らしい歌が生まれた。 ぜひ何度も聴いて、よかったら歌って楽しんでください」とコメントしている。

次の

声優・杉田智和さんのさりげない淫夢系語録まとめ

杉田さん

Q その後、福岡の親元を離れ、上京されたんですね。 A デビューするにはもう少し歌のレッスンも必要でしたし、高校を卒業するまでは当時の相澤秀禎社長のご自宅でお世話になりました。 堀越高等学校に進学したのですが、そこには既に芸能人として活躍している同級生や先輩がいて、田舎から上京してきた私にとってはとても刺激的でした。 Q 不安はありましたか? A そうですね。 上京して数ヶ月は慣れないことばかりで、週1回は実家に電話をかけていました。 当時は、携帯電話などありませんから、公衆電話で半泣きになって…(笑)。 その際、私のデビューを一番応援してくれていた祖母が「いつでも帰っておいで」と言ってくれて。 それが嬉しくて、祖母のためにもデビューしたい、祖母に喜んでもらいたい、という思いで頑張ってきました。 Q デビュー曲は「花吹雪」でした。 A 吉岡治先生作詞、市川昭介先生作曲の歌でデビューできたことはとても嬉しかったです。 Q 芸名の由来を教えてください。 桜田淳子さん、松田聖子さん、そして杉田愛子(笑)。 「桜」「松」「杉」。 男性の先輩には森田健作さんもいらっしゃいます。 Q 新人のころの失敗談などはありますか? A いろいろありますよ。 ステージ衣装の下に私服を着ていて、それがそのままテレビで放映されたり、スポットライトにあたって深々と頭を下げていたら、段差に気がつかなくてステージから客席側に落ちてしまったりとか(笑) Q サンミュージックを退社してからの活動を教えてください。 A 私は15年前にサンミュージックを退社しました。 辞めた理由としては、大きなヒット曲に恵まれなかったことなどいろいろありますが、やりきった感はありました。 両親も高齢でしたし、1999年に築上町に戻りました。 その後は、地元のコミュニティFMのパーソナリティを経て、近年はフリーで福岡を中心にブライダルやイベントのMCなどをしてきました。 Q 今年4月に自身の会社「air」を立ち上げられました。 A 福岡は素晴らしい人材が溢れています。 そんな人たちの夢を叶える手伝いができたらと思いました。 また退職後も人脈の繋がっていたサンミュージックがこれまでに福岡に拠点を持っていなかったこともあり、サンミュージック所属タレントの福岡での活動も支援させていただくことになりました。 「air」という社名は、日本語で「空気」「ラジオ」といった意味を持っています。 空気のように人にとって必要なもので、ラジオの電波のように広くみんなにつながっていくものになってほしい、という願いを込めました。

次の