立教大学。 立教大学 経営学部

立教大学

立教大学

立教大学は、東京都に本部を置く私立大学です。 通称は「立大」。 1874年に宣教師であるウィリアムズ主教によって創立された立教学校を前身とし、1907年に立教大学と称しました。 新しい何かを創造するべく、制限から開放された環境の中で本質に迫ることのできる「自由の学府」として、学生の視野を広げるカリキュラムが組まれています。 「池袋キャンパス」「新座キャンパス」の2つのキャンパスで10学部を設け、幅広い知識を学べる大学です。 「知性」「感性」「身体」という3つのバランスがとれた人材を育てる、キリスト教の考え方を根幹にした理念のもと学ぶことができます。 全学共通カリキュラムで、教養レベルのアップも可能です。 小中高等学校などの一貫校や系属校もあります。 国語 【センター】 とにかく漢文で稼ぐ。 2日くらいの対策で満点を取れた。 【2次・個別】 立教大の国語は複雑だが、漢字問題でそこそこ稼げる。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 語彙力を増やしておくべき。 英語を訳さずにスラスラ読めるようになる。 長文問題で満点を取れるようになった。 【2次・個別】英語 英語の立教とはいうものの、よく読めば解ける問題が多かった。 長文慣れしてないと厳しいかもしれない。 利用した参考書 forest 社会 【センター】世界史B、現代社会 世界史はひっかけ問題が多いので、暗記をバッチリにした状態で焦らず問題文をよく読むこと。 【2次・個別】世界史 立教大の世界史は簡単でセンター試験よりも楽に感じた。 利用した参考書 世界史B資料集 受験の振り返り、反省 国語 【センター】 現代文は何が来るか分からなかったので、古文と漢文に重点を置きました。 ひたすら単語を覚え、問題を解きました。 【2次・個別】 立教大学の古文では源氏物語が出てくることが多いので源氏物語の流れを掴んでいました。 正直、あまり意味はなかったですが。 漢字は得点源なので、気分を変える時などで勉強しました。 利用した参考書 古文には古文単語帳 漢文には漢文問題集です 外国語 【センター】英語、英語リスニング 単語を覚える際には発音をチェックしつつ、長文をひたすらに解きました。 長文を途中で諦めないようにすることが大事だとと思います。 リスニングは冬から毎日15分程度リスニング問題を解くことで45点が取れたので、繰り返すことが大事だと思います。 【2次・個別】英語 立教大学は英語が重視だと思います。 長文の量がかなり多いので、慣れておく必要があります。 分らない単語はどうしても出てくるので長文の流れを掴んで文章を読めるように問題集などを買って対策しました。 利用した参考書 英単語帳 長文には長文問題集 リスニングにはリスニング問題集を使いました 社会 【センター】日本史B おすすめは、教科書を1日20ページ程度音読し、ノートの該当部分を音読することです。 時間は案外かかってしまいますが、その分しっかり覚えられます。 その際に写真を覚えることも大事です。 時間があれば参考書を読んで新たな方面から知識を得ることが有効だと思います。 今はネットで検索すると偉人をネタにした歌やバラエティ番組がありますので、休憩がてらに見ると為になるし良いと思います。 【2次・個別】日本史 そこまで難しい問題は出てこないので、センター対策と同じです。 結局暗記科目なので、流れを良く覚えていればどんなことにも対応できます。 利用した参考書 日本史には日本史センター対策をセンターが終わっても使っていました。 近現代の文化の大衆小説家などは教科書に詳しく乗っていなかったので国語の文学史問題集を買って対策しました。 受験の振り返り、反省 【受験生活を振り返って】 長期休みは本当に嫌になって泣いたりしましたが、今はあの時勉強していてよかったなと思います。 進学校だったのでクラスの人と少し疑心暗鬼にもなっていましたが、推薦組や就職組に愚痴を聞いてもらったり、専門学校を受験する子と真剣に話し合ったことですとれは減ったと思います。 話すことは大事だと思いました。 担任の先生にも泣きついたりメールを送ったりして慰めてもらいました。 その度にみんな励ましてくれるので頑張ろうという気分になります。 受験はテストを受ける人との戦いではなく個人との戦いだと思います。 頑張ってください! 【2次・個別試験を振り返って】 英語では数ページに渡る長文に嫌気がさし、諦めようかと思いましたがなんとか文を追っていき、粘って問題を解いたことが今に繋がっていると思います。 立教大学は単語云々というより長文にあきらめずに食いつけるかが重要になってくると思うので長文対応をしっかりした方が良いと思います。 テストでは最後の1分まで諦めないことが大事だと思います。 受験データ.

次の

立教大学

立教大学

立教大学 日本 日本の地図を表示 大学設置 創立 学校種別 設置者 本部所在地 3-34-1 : キャンパス (東京都豊島区) () 学部 文学部 理学部 観光学部 コミュニティ福祉学部 現代心理学部 研究科 文学研究科 理学研究科 観光学研究科 コミュニティ福祉学研究科 現代心理学研究科 キリスト教学研究科 ビジネスデザイン研究科 21世紀社会デザイン研究科 異文化コミュニケーション研究科 人工知能科学研究科 ウェブサイト 立教大学(りっきょうだいがく、: Rikkyo University/Saint Paul's University)は、3-34-1に本部を置くのである。 に設置された。 は 立大(りつだい)。 1925年頃の立教大学正門 立教大学は系の(ミッションスクール)である。 元々はのが設立したとを教育するである立教学校が母体。 設立当初の英語名称はSt. Paul's School。 、によるとなり、、、予科を設置。 キリスト教系大学としてはに次いで2番目に認可された。 前にはSt. Paul's Collegeと変更。 現在は正式な英称をRikkyo Universityとしているが、Saint Paul's UniversityまたはSt. Paul's Universityとも呼ばれる。 立教大学は、、、、立教大学、で構成される(、日本最古の大学野球の対校戦)の一校である。 「St. Paul's」は、立教大学のが聖であることに由来する(米国聖公会系の学校には全て「守護聖人」が存在している)。 建学の精神 [ ] 校歌に謳われるように、立教学院は自らを「自由の学府」と呼び 、建学の精神を端的に表す言葉として各所で使用している。 は「 PRO DEO ET PATRIA(神と国とのために)」。 教育および研究 [ ] 立教大学におけるキリスト教学とは他のキリスト教系大学にあるような養成を目的としたではなく、純粋に学問としてキリスト教を研究するである。 したがって信仰の有無は問われない。 からキリスト教芸術やキリスト教のまでキリスト教のうち広範な領域をカバーしている。 沿革 [ ] 略歴 [ ] (起源の会派)の宣教師で、のに住み、英語塾「聖テモテ学校」を運営していた主教が、(明治7年)に上京し、聖書との教育を目的として・のに設立した私塾「立教学校」に始まる。 その後、により築地校舎の焼失に遭うも(7年)、校地を現在の池袋に移し、現在に至る。 それ故、で洗礼を受けた信徒たちは、立教大学において学びたいと動機づけられ、実際に彼らが立大生になることが少なくない。 年表 [ ] 年号 沿革 (7年) 東京・築地の外国人居留地付近に立教学校設立。 初代校長はの。 (明治16年) 立教大学校 St. Paul's College 設立。 式のカレッジであった。 (明治20年) 廃校となった大阪英和学舎を併合。 (明治21年) 立教大学校、、、の4校で同盟文学会結成。 (明治23年) 立教大学校を立教学校と改称。 (明治27年) 「立教学校教育の趣旨」を発表。 (明治29年) 立教学校を廃し、立教専修学校と立教尋常中学校を設置。 (明治30年) のが日本人初の4代目校長として就任。 (明治32年) 立教尋常中学校を立教中学校と改称。 (明治34年) 立教専修学校閉校。 (明治40年) によるを設立し、立教大学と改称。 文科、商科、を設置。 が初代学長就任。 (明治41年) 立教大学英語会成立。 (4年) 大学学友会結成。 (大正7年) へ移転。 (大正8年) 「立教大学設立の趣意書を発表」。 池袋校舎落成式を挙行、来賓として出席。 (大正9年) 文科を文学部、商科を商学部とし、を2年制とする。 (大正10年) 財団法人聖公会教育財団設立。 、四大学野球連盟に加盟。 (大正11年) によるへ昇格。 文学部(英文学科、哲学科、宗教学科)、商学部、を発足。 (大正12年) により築地校地が壊滅。 (大正13年) 商学部に経済学科を設置。 (大正14年) 総理を総長と改称、米国聖公会派遣宣教師が初代総長に就任。 文学部に史学科を設置。 東長崎グラウンド開設(現在のの場所)。 (大正15年) 校歌『栄光の立教』制定。 (2年) により聖アンデレ同胞会を結成。 (昭和3年) を3年制とする。 (昭和6年) 財団法人立教学院成立。 商学部を経済学部に改称。 野球部が六大学リーグ戦で初優勝。 (昭和7年) 立教学院クリスチャン・アーミーを結成。 (昭和11年) チャペル事件により学長辞任。 御真影を奉戴。 (昭和12年) 予科新校舎(現4号館)竣工。 (昭和14年) アメリカ研究所開設。 (昭和15年) 学位規則認可。 (昭和16年) 立教大学報国団結成。 外国人教員本国送還。 (昭和18年) 文学部、閉鎖。 経済学部経済学科を国家経済科、商学科を経営経済科と改称。 (昭和19年) 立教理科専門学校設置。 (昭和20年) 理科専門学校を工業理科専門学校に改組。 の覚書『侵害の件』により2代目総長のほか11名が追放される。 (昭和21年) 文学部復活(キリスト教学科・英米文学科)。 女子学生4名が初めて入学。 (昭和22年) 文学部社会学科設置。 (昭和23年) 工業理科専門学校を改組、を設置(数学科・物理学科・化学科)。 (昭和24年) として認可・発足。 文学部、経済学部、理学部。 (昭和25年) 立教工業理科専門学校を廃止。 (昭和26年) 旧制立教大学閉学。 (昭和27年) 博物館講座を開設。 (昭和28年) 大学院に科新設 (昭和29年) タッカー・ホール落成。 (昭和31年) 文学部日本文学科を開設 とにまたがる土地を東京都から借り受け、総合グラウンド「セントポール・グリーンハイツ」竣工 (現在の)。 (昭和32年) 立教大学原子力研究所設立()。 米国聖公会の寄付によりが贈られ、1961年より稼働。 2001年に運転停止。 (昭和33年) 名誉博士規程を制定。 文学部社会学科が社会学部に昇格。 新座校地をより譲り受ける。 アジア地域研究施設を開設 野球部が六大学リーグ戦で4連覇を達成。 (昭和34年) 総長公選制を採用。 を設置。 5号館・6号館開館。 (昭和37年) 文学部心理教育学科を心理学科・教育学科に分割。 キリスト教教育研究所を設置。 (昭和38年) 文学部ドイツ文学科、フランス文学科設置。 (昭和39年) 社会学部産業関係学科設置。 ラテン=アメリカ研究所を開設。 (昭和39年) 新座グラウンド開設。 (昭和42年) 社会学部観光学科設置。 (昭和44年) 埼玉県富士見町に学院総合グラウンド完成。 (昭和45年) 総合グラウンド「セントポール・グリーンハイツ」の土地を東京都に返還。 (昭和47年) 大学計算センターを設置。 (昭和49年) 創立100周年記念式典を挙行。 (昭和63年) 法学部国際・比較法学科設置。 (2年 武蔵野新座キャンパス開設。 (平成8年) 法学部政治学科設置。 (平成10年) 観光学部・コミュニティ福祉学部設置。 (平成14年) 経済学部会計ファイナンス学科、社会学部現代文化学科、理学部生命理学科設置。 大学院独立研究科発足。 (平成16年) 設置。 (平成18年) 経営学部、現代心理学部設置。 経済学部経済政策学科、社会学部メディア社会学科、文学部文学科、観光学部交流文化学科、コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科設置。 文学部日本文学科、英米文学科、フランス文学科、ドイツ文学科、心理学科、経済学部経営学科、社会学部産業関係学科募集停止。 武蔵野新座キャンパスを新座キャンパスへ改称。 (平成19年) 法学部の国際・比較法学科を国際ビジネス法学科に名称変更。 (平成20年) 異文化コミュニケーション学部(異文化コミュニケーション学科)設置。 コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科設置。 (平成21年) 文学研究科組織神学専攻募集停止、キリスト教学研究科設置。 (平成28年) 社会学部に「国際社会コース」、異文化コミュニケーション学部に「Dual Language Pathway」を設置。 (平成29年) にと共同で「陸前高田グローバルキャンパス」開設(立教大学陸前高田サテライトを含む。 を教訓とした防災教育などを実施)。 (平成30年) 法科大学院の学生募集を停止。 初代総長のライフスナイダー以来初の外国籍総長就任。 2年 人工知能科学研究科を設置(日本初のに特化した大学院)。 基礎データ [ ] 杉浦貞二郎 校歌『栄光の立教』 作詞:諸星寅一、補作詞:、作曲:。 大正10年()にに加盟したのをきっかけに作られた。 作詞は当時の学長事務取扱・杉浦貞二郎が、立教中学校教諭の諸星寅一に依頼。 出来上がった歌詞の各節末尾に杉浦学長の発案で「自由の学府」の文句を付け加え完成した。 それに(現:)教授の島崎赤太郎が曲をつけ、大正15年()、校歌「栄光の立教」が誕生した。 その年の卒業式で初めて公に歌われた。 のとしてもできる。 第一応援歌『行け!立教健児』 作詞:小藤武門、作曲:。 昭和21年()、太平洋戦争で中断していた東京六大学野球連盟が華々しく復活した。 「新しい時代には、新しい応援歌を」と当時の団長・小藤武門が古今聖歌集の300番を基に作詞をした。 第二応援歌『St. Paul's will shine tonight』 昭和2年()、米国でを中心に結成された野球チーム「the Fresno Athletic Club」が来日し、本学バスケットボール部とバスケットボールの親善試合を行った。 試合後、フレズノ側が自チームの応援歌「セント・フレズノ ウィル シャイン…」を「リッキョー ウィル シャイン…」と歌い、勝った立教を祝福した。 この歌はバスケ部歌となり、やがて大学の応援歌となった。 授業開始・終了時のチャイムとしても使われている。 詳細は「」を参照。 第三応援歌『若き眉』 第四応援歌『栄光立教』 第五応援歌『勝ちて歌わん』 第六応援歌『輝く栄光』 学生歌『紫の旗』 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ] 池袋キャンパス14号館• (池袋キャンパス) 大学創立時からの流れを汲むの学科数は学内で最も多かったが、2006年度改編に伴いキリスト教・文・史・教育の4学科となり、新たに専修が加わった。 また、比較文芸・思想コースが設置されていたが、2008年度をもって廃止し、文芸創作部門、思想・哲学部門、文化・文明批評部門が「文芸思想専修」となった。 このコースは正式な学科ではないが、このコースを履修する学生には独自科目を配置。 入学した学科に所属しながら、コース独自の科目を履修し、卒業時には「卒業研究」として創作作品や芸術研究、共同制作の映像作品などを提出した。 キリスト教学科• 文学科• 日本文学専修• 英米文学専修 英米文学科が改組する英米文学専修はの研究では「草分け的存在」を自負しており、指導教員・蔵書とも充実している。 ではをはじめ、文学、研究が盛ん。 分野では、英語が中心。 ドイツ文学専修 ドイツ文学専修は文学というより、「学」という形で、圏文化を広く研究している。 フランス文学専修• 史学科• 日本史学専修• 世界史学専修• 超域文化学専修• 教育学科• 教育学専攻• 初等教育専攻 - のが取得できる• 3年次に各専攻に分かれる• (池袋キャンパス) 「」を参照• 法学科• 国際ビジネス法学科• 政治学科• (新座キャンパス) 前身の観光学科の初代学科長は。 度に日本初の独立した観光専門の学部となる。 観光学科• 交流文化学科• (新座キャンパス)• 福祉学科• コミュニティ政策学科• スポーツウエルネス学科• (新座キャンパス) 度に心理学科から独立した。 心理学科• グローバルリベラルアーツプログラム(池袋キャンパス) 2017年より開設。 原則、英語で授業が行われる科目の履修だけで学位の取得が可能となっている。 2年次の秋学期から始まる留学までは、GLAP生全員が寮で生活する。 その上で、2年次の秋学期から3年次の春学期までの1年間、全員が海外の協定校に留学する。 帰国後は「Humanities」「Citizenship」「Business」という3分野から専門領域を選択し、4年次には「Final Year Seminar」を履修しつつ、卒業論文を執筆する。 「創成支援」採択を受けて開設された。 研究科 [ ] 池袋キャンパス11号館(法科大学院、独立研究科、グッドデザイン賞受賞)• キリスト教学研究科(博士前期課程・後期課程)• キリスト教学専攻• 前期課程のコース• キリスト教学研究コース• ウィリアムズコース - キリスト教に関わる現場で2年以上の実務経験を有する者が対象。 聖公会牧師養成校()であるとの単位互換制度がある。 ビジネスデザイン研究科(博士前期課程・後期課程)• 文学研究科(博士前期課程・後期課程)• 日本文学専攻• 英米文学専攻• ドイツ文学専攻• フランス文学専攻• 史学専攻• 超域文化学専攻 2010年4月に地理学専攻から名称変更。 人文地理学、文化人類学、考古学、民俗学、地域研究を融合した研究、教育を実施。 教育学専攻• 比較文明学専攻 「現代文明学領域」「文明工学領域」「言語多文化学領域」「文明表象学領域」という4つの研究領域(科目群)を設置。 経済学研究科(博士前期課程・後期課程) 「」を参照• 経営学専攻(博士前期課程・後期課程)• 前期課程のコース• アカデミック・コース - 研究者養成のためのコース• プロフェッショナル・コース - 高度職業人養成のためのコース• 専門分野• マネジメント分野• マーケティング分野• アカウンティング&ファイナンス分野• 国際経営学専攻(博士前期課程) 全科目が英語で開講• 理学研究科(博士前期課程・後期課程)• 物理学専攻 理論物理学研究室、原子核・放射線物理学研究室、宇宙・地球系物理学研究室がある。 化学専攻• 数学専攻• 生命理学専攻 教員は「分子生物学」「生物化学」「分子細胞生物学」の3領域に分かれている。 社会学研究科(博士前期課程・後期課程) 「」を参照• 法学政治学専攻 2006年に、比較法専攻、民刑事法専攻、政治学専攻を法学政治学専攻に改編。 法学・政治学の垣根を越えた科目履修による、基礎的研究能力の育成と高度の専門知識の修得を教育目標としている。 観光学研究科(博士前期課程・後期課程)• 観光学専攻 「観光行動・観光文化研究」「観光地域・観光地計画研究」「観光産業・観光事業経営研究」の3分野がある。 コミュニティ福祉学研究科(博士前期課程・後期課程)• コミュニティ福祉学専攻 「社会福祉学系」「コミュニティ政策学系」「スポーツウエルネス学系」「福祉人間学系」の4分野からなるを展開。 現代心理学研究科(博士前期課程・後期課程)• 心理学専攻• 臨床心理学専攻• 映像身体学専攻 研究領域は「基盤研究系」(理論研究)、「制作・表現系」(実践研究)、「プロデュース系」(芸術制作の運営研究)の3部門からなる。 ビジネスデザイン研究科(博士前期課程・後期課程)• ビジネスデザイン専攻 社会人のためのビジネススクール型大学院で、就業経験が2年以上あることが応募要件となっている。 21世紀社会デザイン研究科(博士前期課程・後期課程)• 比較組織ネットワーク学専攻 研究領域には「コミュニティデザイン学」「危機管理学」「社会組織理論」がある。 異文化コミュニケーション研究科• 異文化コミュニケーション専攻(博士前期課程・後期課程) 「異文化コミュニケーション」「環境コミュニケーション」「言語コミュニケーション」「通訳翻訳コミュニケーション」の4分野を複合的に研究。 言語科学専攻(博士前期課程) 2012年4月に開設。 「言語科学」と「言語教育」の2領域を設置。 法務研究科() ライフスナイダー館• 総合研究センター• アメリカ研究所 立教大学における最初の研究所として1939年に設立。 キリスト教教育研究所• 研究所• 社会福祉研究所• 観光研究所• アジア地域研究所 CAAS• 英語教育研究所• 教会音楽研究所• 日本学研究所• ウエルネス研究所• ビジネスロー研究所• グローバル都市研究所• 研究所• 社会デザイン研究科附属機関• 社会デザイン研究所• コミュニティ福祉学部附属機関• コミュニティ福祉研究所• 経営学部附属機関• リーダーシップ研究所• 経済学部附属機関• 経済研究所• 法務研究科附属機関• 法曹実務研究所• 理学研究科附属機関• 先端科学計測研究センター• 未来分子研究センター• 生命理学研究センター• 数理物理学研究センター• 現代心理学部附属機関• 心理芸術人文学研究所• 心理教育相談所• 原子力研究所(神奈川県横須賀市長坂2-5-1) 1957年に設立。 米国聖公会から寄贈された原子炉は1961年に初臨界に達したが、2001年に稼働を停止。 現在は廃止措置中。 フォーラム• 立教学院史資料センター• ビジネスクリエイター創出センター• 平和・コミュニティ研究機構• 記念大衆文化研究センター• 共生社会研究センター 「住民図書館」から寄贈された・関連資料等を所蔵、一般公開している。 共生社会教育研究センターと連携。 社会情報教育研究センター• 観光ADRセンター• 全学共通カリキュラム運営センター• 全学共通カリキュラム運営センター• 英語教育研究室• ドイツ語教育研究室• フランス語教育研究室• スペイン語教育研究室• 中国語教育研究室• 諸言語教育研究室• 総合教育科目構想・運営チーム• 人文学系サポートグループ• 自然・情報科学系サポートグループ• 社会科学系サポートグループ• スポーツ人間科学系サポートグループ• ランゲージセンター• 英語ディスカッション教育センター• 日本語教育センター• 学校・社会教育講座• 教職課程• 学芸員課程• 司書課程• 社会教育主事課程• 総長室• 教務部• 学生部• キャリアセンター• 新座キャンパス事務部• 保健室• 国際センター• メディアセンター• ボランティアセンター• 入学センター• リサーチ・イニシアティブセンター• 大学教育開発・支援センター• 人権・ハラスメント対策センター• グローバル教育センター• 立教セカンドステージ大学 50歳以上を対象とした生涯学習機関で、修業年限は1年。 カリキュラムは「エイジング社会の教養科目群」「コミュニティデザインとビジネス科目群」「セカンドステージ設計科目群」「ゼミナール・修了論文」で構成されている。 文部科学省認可の大学ではないが、修了者は105条の規定に基づく「履修証明書」が交付される。 池袋キャンパス図書館新館• 礼拝堂• 立教学院諸聖徒礼拝堂(池袋キャンパス)• 立教学院聖パウロ礼拝堂(新座キャンパス)• 図書館• 池袋図書館 2012年、本館、池袋メディアライブラリー、人文科学系図書館、社会科学系図書館、自然科学系図書館が統合して誕生。 新座図書館• 新座保存書庫• 旧江戸川乱歩邸• 立教大学出版会 教育 [ ] 1997年から始まった全学共通カリキュラムは一般教養科目の新しい展開方法として導入された仕組みであり、このカリキュラムに含まれている「立教科目」と呼ばれる科目群は「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されている。 (現代GP)• バイリンガル・ビジネスパーソンの育成~多層イマージョン教育プログラム~(2004年採択)• 理数教育連携を通じたCBLSプログラム~豊島区との理数教育連携による専門教育プログラム「Community-Based Learning in Science Education」~(2005年採択)• 国際ビジネスにおける知財活用人材の養成(2006年採択)• (特色GP)• 学生相談を核とした全学的学生支援の展開(2006年採択)• 派遣型高度人材育成協同プラン• CSR Corporate Social Responsibility インターンシップ・プログラム(2005年採択)• ビジネスデザイン研究科による派遣型ビジネスクリエーター養成プログラム(2006年採択)• 法科大学院等形成支援プログラム• 原訴訟資料オンライン共有システムの構築(2004年採択)• 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ• 持続可能な未来へのリサーチワークショップ(異文化コミュニケーション学構築をめざして)(2005年採択)• 観光学研究科によるツーリズム・イノベーターの戦略的育成(2007年採択) 学生生活 [ ] 学園祭 [ ] 立教大学の学園祭は池袋キャンパスではSt. Paul's Festival SPF 、新座キャンパスではIVY Festaと呼ばれ、毎年秋に両キャンパスで開催される。 特にSt. Paul's Festivalはに加盟している。 スポーツ [ ]• はに所属している。 多くの卒業生がへ進んでいる。 また、創生期ので3回優勝している。 ユニフォームの校名の表記は「RIKKIO」となっている。 ローマ字表記と異なるが、IとKが左右対称になるようにデザインされたロゴである。 部 St. Paul's Rushers は関東学生アメリカンフットボール連盟1部Bブロックに所属。 立教大学の体育会では数少ない学生最高峰リーグで戦っているクラブである。 日本のアメリカンフットボールの歴史は、立教大学教授であったの尽力により1934年12月8日に実施された日本発の公式戦、立教大学対明治大学との対戦から幕を開けた。 以来、立教ラッシャーズは、日本最古のアメリカンフットボールチームとして学生日本一を争う甲子園ボウルに6回出場、内優勝4回という輝かしい成績を残している伝統のある強豪クラブである。 また、ポール・ラッシュは「日本の父」と呼ばれ、(日本選手権)の最優秀選手には、氏の名を冠したポール・ラッシュ杯が授与される。 ラッシャーズの愛称もラッシュに因んでいる。 は1923年創部で、に所属。 で戦っている。 ラグビー草創期からの伝統を持ち、長く低迷していたが近年になって復調の兆しを見せ、2014年度にBグループからAグループに昇格する。 サッカー部、1923年創部。 2008年11月現在、東京都大学サッカー連盟1部に所属。 は1921年創部。 で優勝6回、で7回優勝した古豪であるが、長い低迷が続いていた。 近年は低迷から脱出し、現在では関東大学バスケットボールリーグ2部に所属している。 は1919年創部。 1964年のにて、立教大学から初のを輩出した。 1980年~1990年代前半、部員不足に陥り、他の部から「助っ人」も多く出場していた。 その様子は、映画「」(1992年 脚本・監督 周防正行)のモデルになり、第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品になった。 2018年には、学生相撲の男子相撲部にて、初の女性主将が誕生し、話題になった。 この年、インカレ団体戦Bクラス(2部リーグ)にて、40年ぶりにベスト8に進出した。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ] 立教大学の同窓会として「 立教大学校友会」が設置されている。 大学関係者一覧 [ ] 池袋キャンパス礼拝堂(チャペル、東京都選定歴史的建造物) 池袋キャンパス(3-34-1)• 学部(文学部、経済学部、理学部、社会学部、法学部、経営学部、異文化コミュニケーション学部) 大学院(文学研究科、経済学研究科、理学研究科、社会学研究科、法学研究科、経営学研究科、ビジネスデザイン研究科、21世紀社会デザイン研究科、異文化コミュニケーション研究科、法務研究科(法科大学院)) 西口より徒歩約7分。 池袋駅西口の商店街では立教大学のスクールカラーである紫のペナントが使用されている。 池袋キャンパスはを絡ませた赤レンガの概観が特徴で、「本館」(別名モリス館)と「第一食堂」「2号館」「3号館」「図書館旧館」および「立教学院諸聖徒礼拝堂()」はである。 また、「図書館本館」は・の設計である。 独特の雰囲気から、やドラマのによく利用される。 立教大学は系であるため、キリスト教を信仰している立大生たちは、池袋に近いなどにおいて、積極的に教会活動を行っている。 無論、立大は積極的に学生たちの教会活動を支援している。 新座キャンパスの画像を募集しています。 お持ちの方はぜひご協力ください。 新座キャンパス(1-2-26)• 学部(観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部) 大学院(観光学研究科、コミュニティ福祉学研究科、現代心理学研究科)• 南口より徒歩15分、4分、または「立教前」下車。 南口より徒歩20分、スクールバス6分、西武バス「立教前」下車。 2006年に新座キャンパス全体が建築・環境デザイン部門を受賞している。 陸前高田サテライト(陸前高田グローバルキャンパス)• との共同開設。 田町サテライトキャンパス(東京)• 田町サテライトキャンパスは、が「知の集積拠点」として至近に構えた東京()内に置かれ、ビジネスデザイン研究科シードマネージメントコースの拠点となっていたが、2007年度末で閉鎖した。 対外関係 [ ] 池袋キャンパスのあると「豊島区と立教大学による教育連携の協定」を締結、共同で「としま教育文化工房21」を設立するなど、豊島区と連携した様々な活動が行われている。 他大学との協定 [ ]• (五大学間単位互換制度)• 2005年に発足させた情報機関協定。 他の加盟校は、五十音順に慶應義塾大学、中央大学、法政大学、明治大学、早稲田大学。 2008年に発足させたに関する日本で初の私立大学連携協定。 発足当初からの連携校は、、慶應義塾大学・中央大学・、法政大学、明治大学、、早稲田大学。 図書館閲覧協定締結校• 姉妹校 [ ] は同一人物によって設立されたことから基本的な信条を同じにしている。 立教女学院高等学校からは、毎年6割近くの生徒が推薦入学で立教大学へ進学している。 - 立教大学へ80名(学年の半数程度)の枠がある。 - 立教大学へ20名(学年の半数程度)の推薦入学枠がある。 関係校 [ ] 立教大学はキリスト教の一派であるに所属している。 聖十字福祉専門学校• 系列校 [ ] では、設置している教育機関を全て同格に扱っており、大学を頂点とする附属校としていない。 そのため、本節にてまとめている。 附属学校 [ ] では、設置している教育機関を全て同格に扱っており、大学を頂点とするは設置していないためでまとめている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 専門科目群として、言語研究関連科目群、通訳翻訳研究関連科目群、コミュニケーション研究関連科目群、グローバル・スタディーズ研究関連科目群がある。 また、2012年度以降の入学生に対しては、選択科目の領域専門科目として、複合地域文化領域、異文化コミュニケーション領域、言語教育領域がある。 学科選択科目は「公共サービスと生活」「競争と規制」「グローバル化と地域」「政策関連科目」に分かれている。 学科選択科目は「アカウンティング」「ファイナンス」「マネジメント」がある。 選択科目の一つで、2年次から始まるコンセントレーション科目は、マーケティング領域、マネジメント領域、アカウンティング&ファイナンス領域、コミュニケーション領域に分かれている。 代数系研究室、解析系研究室、幾何系研究室、計算数学系研究室がある。 理論物理学研究室、原子核・放射線物理学研究室、宇宙地球系物理学研究室がある。 教員は「反応解析化学グループ」「構造解析化学グループ」「物性解析化学グループ」に分かれている。 分子生物学系の研究室、生物化学系の研究室、分子細胞生物学系の研究室がある。 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「理論と方法」「自己と関係」「生活と人生」「公共性と政策」「構造と変動」の5領域に分かれている。 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「価値とライフスタイル」「環境とエコロジー」、「グローバル化とエスニシティ」「都市とコミュニティ」の4領域に分かれている。 「社会学部共通・社会学科科目」や「学科展開・自由科目」は「情報社会」「マス・コミュニケーション」「メディア・コミュニケーション」の3領域と、「メディア実習科目群」に分かれている。 専門科目は、 1 理論・制度・サービスの理解、 2 援助の方法や技術の理解、 3 実習・演習等による理解という3つの柱に基づき配置。 専門科目は「コミュニティ政策学」領域、「コミュニティ形成学」領域、「コミュニティ人間学」領域の3つの教育研究領域を柱に配置。 専門科目は「健康運動」領域、「スポーツパフォーマンス」領域の2つの教育研究領域を柱に配置。 出典 [ ]• 『立教学院百年史』(、)306-307頁• 『立教学院百年史』 187-188頁• 『立教学院百年史』 202-206頁• 『立教学院百年史』 289-292頁• 『東京朝日新聞』1919年6月1日• 立教大学校友会• コトバンク• 『立教学院百年史』 347-348頁• 『日本キリスト教歴史大事典』 教文館、1988年、1498頁• 『立教学院百年史』 356-357頁• 『立教学院百年史』 364頁• 鈴木勇一郎「」『立教学院史研究』(2018年 15巻)p. 31-59, :, 立教大学。 『立教学院百年史』 416-417頁• (『立教学院百二十五年史』 資料編第1巻、31頁)• 1967年に学芸員課程と改称(『立教学院百年史』 483頁)• 立教大学• 鈴木 勇一郎「」『立教学院史研究』11巻、2014年• 『立教学院百年史』 425頁• 『立教学院百年史』 437頁• 『立教学院百年史』 483頁• 朝日新聞社 : p. 朝刊 37. 2017年5月27日• 「立教大 陸全高田で防災研修/東日本大震災の教訓基に/と連携 全国自治体職員向け」『』2017年3月8日(科学技術・大学面)• (2020年5月24日閲覧)• 2018年5月29日閲覧。 2018年4月10日閲覧。 2019年4月3日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• (2020年5月24日閲覧)• 2016年入学生用の「大学案内」「異文化コミュニケーション学部案内」による• 履修要項による• ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

立教大学 経営学部

立教大学

BBL 2020年07月10日 EAP2(English for Academic Purposes 2)は、国際経営学科2年次生の自動登録科目であり、経営学科生も履修することができるBBL(バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラ... BBL 2020年07月01日 Business Project は3・4 年次生を対象としたBBL(バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム)の中でも最もレベルの高い選択科目です。 協力企業から与えられるビジネス課題に学生たちが英... 専門科目 2020年06月22日 春学期「Global Internship(長期実践インターンシップ)」の授業がいよいよ6月から始まりました。 経営学科長の高岡先生、兼任講師の伊藤先生、竹本先生の3名が担当し、講義とゲスト・スピーカー... BBL 2020年05月12日 4月22日のプレゼンテーション大会をもって、2019年度の冬期Overseas EAP(短期留学プログラム)が幕を閉じました。 2月に実施された3週間のプログラムには、1年次... 専門科目 2020年04月30日 2019年度秋学期Global Internship 長期実践ベーシック 科目を履修し、2020年春休み期間中にインターンをした履修生のレポートが届きました。 今回は、「いっしょに税理士法人... 専門科目 2020年04月30日 2019年度秋学期Global Internship 長期実践ベーシック 科目を履修し、2020年春休み期間中にインターンをした履修生のレポートが届きました。 今回は、「株式会社温泉道場(お... 専門科目 2020年04月13日 2020年4月9日に『朝日新聞eduA(web版)』に経営学部の取り組みが掲載されました。 コロナウイルス禍の影響により、立教大学では4月30日より授業を始めると決定しました。 BLP 2020年04月01日 新入生の皆さま先週25日に新入生向けオリエンサイトで掲示されている通り、4月4日・5日に実施予定だった2020年度経営学部ウェルカムキャンプは延期となりました。 延期先の日程については別途お... BLP 2020年03月15日 BLPの授業参観についてご案内いたします。 BLP 2019年12月03日 2019年6月1日 土 、2年生向けの授業であるBL2でポスターセッション 中間発表 が行われました。 BLPでは提携企業から提示された課題に対する提案をグループで考えることを通してリーダー... BLP 2019年11月10日 立教大学経営学部は、2020年1月11日 土 に立教大学池袋キャンパスにて授業体験型オープンキャンパス、「立教経営1day Passport」を開催します。 「立教経営についてわかる!体... BBL 2020年07月10日 EAP2(English for Academic Purposes 2)は、国際経営学科2年次生の自動登録科目であり、経営学科生も履修することができるBBL(バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラ... BBL 2020年07月01日 Business Project は3・4 年次生を対象としたBBL(バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム)の中でも最もレベルの高い選択科目です。 協力企業から与えられるビジネス課題に学生たちが英... BBL 2020年05月12日 4月22日のプレゼンテーション大会をもって、2019年度の冬期Overseas EAP(短期留学プログラム)が幕を閉じました。 2月に実施された3週間のプログラムには、1年次... BBL 2020年03月18日 国際経営学科バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラムのニューズレター 『BBL NEWS』第13巻第2号が発行されました! BBL正規科目である「Overseas EAP」の実施報告の他、海外の様々... BBL 2020年01月27日 2019年12月21日のEAP1の授業において、経営学部国際経営学科の1年次生は2名の先輩 -- 瓦林真季(かわらばやし・まき)さんと海鋒寛氣(かいほこ・ひろき)さん -- からのアドバイスを伺いまし... 専門科目 2020年06月22日 春学期「Global Internship(長期実践インターンシップ)」の授業がいよいよ6月から始まりました。 経営学科長の高岡先生、兼任講師の伊藤先生、竹本先生の3名が担当し、講義とゲスト・スピーカー... 専門科目 2020年04月30日 2019年度秋学期Global Internship 長期実践ベーシック 科目を履修し、2020年春休み期間中にインターンをした履修生のレポートが届きました。 今回は、「いっしょに税理士法人... 専門科目 2020年04月30日 2019年度秋学期Global Internship 長期実践ベーシック 科目を履修し、2020年春休み期間中にインターンをした履修生のレポートが届きました。 今回は、「株式会社温泉道場(お... 海外スタディ 2020年01月31日 2020年度経営学部学部間交換留学の最終選考結果をお知らせします。 こちらのファイルまたは経営学部掲示板をご確認ください。 オリエンテーションは 【2月3日 月 12:30-13:15 D5... 海外スタディ 2020年01月17日 2020年度経営学部 学部間交換留学の書類選考結果および面接日程をお知らせします。 指定された日時に都合がつかない方は下記のメールアドレスまでご連絡ください。 coboutgoing rikkyo. 海外スタディ 2019年07月15日 春休み【海外6週間インターン】の募集を終了しました。 2020年度海外プログラムは休止です。 2021年以降は未定。 <募集期... 海外スタディ 2019年07月12日 海外で実施される以下のプログラムについては、2020年度は休止となり、2021年度以降の開催については未定です。 この点を踏まえて、今後の履修計画を立てるようにしてください。 海外スタディ 2019年02月01日 2019年年度経営学部学部間交換留学の最終選考結果をお知らせします。 こちらのファイルまたは経営学部掲示板をご確認ください。 オリエンテーションは 【2月4日 月 12:30-1... 授業外活動 2019年12月16日 高大連携プロジェクトより高校生を対象としたイベントのお知らせです。 授業外活動 2019年01月24日 2018年10月から12月にかけて、カシオ計算機株式会社様の社員の方々と、立教大学の4年次生4名(内3名が経営学部生)が、「未来の教室」を予測し、今後、電子辞書はどのように変化をとげるべきかを考えてき... 授業外活動 2018年11月19日 国際経営学科4年次生(5年一貫プログラムのMIBコースにも所属)の神原祐太郎(かんばら・ゆうたろう)さんが、2018年2月~5月に交換留学していた香港理工大学(The Hong Kong Polyte... 授業外活動 2018年11月14日 ごみのない海の実現を目指し、今年の3月から経営学部の学生が中心となって運営しているNPO法人UMINARIとその事業の一つが、UNEP(国連環境計画)のホームページで紹介さ... 2020年07月10日 在学生向け 2020年06月03日 在学生向け 2020年06月02日 受験生向け 2020年05月19日 在学生向け 2020年05月08日 受験生向け 2020年04月28日 在学生向け 2020年04月27日 在学生向け 2020年04月23日 在学生向け 2020年04月08日 新入生向け 2020年04月03日 在学生向け 新入生向け 2020年04月03日 在学生向け 新入生向け 2020年04月01日 新入生向け 欧州の大学認証機関EFMDのメンバーです。 立教大学経営学部の授業や行事の動画です。 パソコン・携帯電話・インターネットなどICT利用者への支援サービスです。

次の