食中毒 対処法。 食中毒|厚生労働省

食中毒の対処と食べ物|やってはいけない対処の仕方

食中毒 対処法

食中毒の基礎知識 食中毒とは何か 食中毒の定義 食中毒とは口を通して、 何らかの有害なもの 細菌・ウイルスなど が体内に入ったことが原因で起こる下痢や嘔吐や発熱などの病状をまとめた呼び名です。 主な 有害なものには細菌やウイルスがあげられます。 食中毒と食あたりの違い 食中毒は医学用語で、食あたりは一般用語のため厳密な違いはありませんが、あえて分けるとすれば下記のようになります。 ・ 食中毒と表現されるもの 主に特定の細菌やウイルスのような強い毒素が原因で起こります。 複数人で同じ食品(原因菌・ウイルスが付着したもの)を食べた場合、ほとんどの人が発症します。 ・ 食あたりと表現されるもの 主に通常では感染しないような弱い菌、雑菌が原因で起こります。 一般的に無菌の食べ物はありません。 少し風邪を引いて抵抗力が弱っていたり胃腸が荒れていたりする場合などに、弱い菌に感染し発症してしまうのが食あたりとも言えます。 複数人で同じ食品(弱い菌や雑菌が付着したもの)を食べた場合、抵抗力が弱った人だけが発症します。 食中毒が流行する季節 夏から秋までは、温度・湿度が高いため細菌が繁殖しやすく食中毒が流行する季節です。 冬は、ノロウイルスのような乾燥に強いウイルスが流行する傾向にあります。 食中毒の対処法 食中毒になったら ・ 正しい対処の仕方 水分を補給する 嘔吐や下痢になったら必ず水分を補給しましょう。 少なくとも身体から外に出た量を補給しないと、脱水症状になる恐れがあります。 水を飲む際は、ゆっくり少しずつでかまいません。 下痢止めは飲まない 嘔吐や下痢は身体に侵入した有害なものを排除しようとする反応です。 下痢止めはその働きを妨げることになるので、飲まないようにしましょう。 ・ 子どもを観察する際の注意点 脱水症状に注意 子どもは身体の大きさに対する水分の割合が成人に比べて多いのが特徴です。 そのため 下痢や嘔吐が続くと脱水症状になりやすく、年齢によっては自分から喉の渇きを伝えることができないため注意深く観察していく必要があります。 以下の状態は脱水症状になりかけている疑いがあります。 見逃さないようにしましょう。 口腔粘膜がかわいている• 目がかわいて、涙がでていない• ぐったりしている 医療機関を受診する目安 ・ 水分の補給ができない 水を飲んでも嘔吐により吐き出されてしまう場合があります。 水分を補給できないままでいると脱水症状になってしまいますので、急いで医療機関を受診しましょう。 ・ 嘔吐や下痢が10回以上続く 目安として嘔吐や下痢が1日10回を超えた場合は医療機関を受診しましょう。 嘔吐・下痢はあって水分摂取ができなければ回数は関係ないので、あくまでも目安として水分摂取ができないようであれば、それも受診しましょう。 ・ 腹痛が続く 嘔吐や下痢がおさまったとしても、腹痛が続く場合は医療機関を受診しましょう。 ・ 高熱がある 嘔吐や下痢に加えて、高熱があると、さらに脱水症状になりやすくなります。 医療機関を受診しましょう。 2、3日間の献立を思い出しておく。 食中毒で医療機関を受診する場合、2,3日間の献立を思い出しておきましょう。 診察時に医師から必ず確認されますので、事前にまとめておくと安心です。 主な食中毒と予防法 食中毒は、 細菌やウイルスの種類によって症状が異なります。 注意が必要な食品と一緒に食中毒を予防するポイントを抑えましょう。 ブドウ球菌 注意が必要な食品 素手で調理した食品(お弁当、おにぎり、サンドイッチ) 概要 ブドウ球菌は、人間の皮膚に常に存在している細菌です。 細菌は手などから食品へ付着し増殖します。 潜伏期間 30分~6時間 症状 嘔吐・下痢・腹痛が主症状です。 1日1回~数回で終わることがほとんどです。 予防のポイント• 手を消毒する 手洗い後に、アルコールで手の消毒もしましょう。• 素手で調理した食品の残り物は、再加熱しても食べない ブドウ球菌は熱に強く、加熱しても死滅しません。 疑わしいものは食べずに破棄しましょう。 腸炎ビブリオ 注意が必要な食品 加熱されていない魚介類(さしみ、しらすなど) 概要 腸炎ビブリオは海中に常に存在する細菌です。 この食中毒は夏~秋にかけて多発します。 下痢は1日数回~10回以上続きます。 症状が続く期間 発病から12時間ほどで回復に向かいます。 予防のポイント• 調理時によく加熱する• 予防のポイント• 調理時によく加熱する• 生肉は食べない• 鶏卵は分別して保管する サルモネラ菌が鶏卵の表面に付着している場合があります。 冷蔵庫内では、鶏卵を他の食べ物と接触させないように保管しましょう。 カンピロバクター 注意が必要な食品 生肉(鶏、牛、豚) 概要 カンピロバクターは、動物が常に保持している細菌でサルモネラ菌と似た特徴があります。 症状が続く期間 不明 予防のポイント• 生肉は食べない• 手を消毒する 手洗い後に、アルコールで手の消毒もしましょう。 冷蔵、冷凍された作りおきの料理に付着していた場合、再度加熱した時に増殖します。 予防のポイント• 調理時によく加熱する 調理時に十分加熱していれば、菌を死滅させることができます。• 素手で調理した食品の残り物は、再加熱しても食べない 疑わしいものは食べずに破棄しましょう。 ボツリヌス菌 注意が必要な食品 加工された保存食品(ソーセージ、真空パック食品、瓶詰め食品) 概要 ボツリヌス菌は熱の通っていない保存食にいる細菌です。 熱に弱く、加熱さえすれば防ぐことができます。 潜伏期間 5時間~72時間 症状が続く期間 不明 症状 呼吸困難、ものが2重に見える、うまく話すことができなくないなどの神経症状が起こります。 予防のポイント• 調理時によく加熱する 調理時に十分加熱していれば、菌を死滅させることができます。 病原性大腸菌(O-157) 注意が必要な食品 肉・生乳・野菜・井戸水など原因となる食品は多種に渡ります。 概要 病原性大腸菌(O-157)は人や動物の腸管内にいる細菌です。 幼児やお年寄りが病原性大腸菌(O-157)の食中毒になると脳症などが併発し、死に至る恐れがあります。 潜伏期間 4時間~72時間 症状が続く期間 不明 症状 時に時に血便がでる場合もあります。 予防のポイント• 調理時によく加熱する 調理時に十分加熱していれば、菌を死滅させることができます。• 水質検査の実施を確かめる 利用している水の水質検査が実施されているか確かめましょう。 ノロウイルス 注意が必要な食品 加熱されていない貝類(生カキ) 概要 ノロウイルスは貝類が保持しているウイルスです。 近年では、便や嘔吐物で排出されたウイルスによる2次感染が増加中です。 冬を中心に流行します。 潜伏期間 12時間~48時間 症状が続く期間 不明 症状 予防のポイント• 貝類を生で食べない• 手を消毒する 手洗い後に、塩素系洗剤で手の消毒もしましょう。

次の

食中毒にかかったときの対処法 水をたくさん飲み細菌を拭き取る

食中毒 対処法

食中毒を予防して安全にじゃがいもを食べるためには、いくつかの注意点があります。 まずは、 小さく未熟なじゃがいもは、できるだけ避ける、ということです。 未熟な物は、完熟した物よりもソラニンが増えやすいからです。 さらに小さいがゆえに、皮ごと食べてしまうことが多いのも、未熟なじゃがいもが危険だといわれる理由の一つです。 もう一つ気を付けるべきことは、調理の際には芽を必ず根元から取り除くということです。 そのため、きっちり取り除くことが大切なのです。 また、 皮を薄く剥いても中身が緑っぽい場合には、緑色に変色した部分はすべて取り除くようにしましょう。 このような方法でポテトグリコアルカロイドの多い部分を取り除けば、苦いと感じることもなく、安心してじゃがいもを食べることができます。 じゃがいもが苦いと感じる原因、ポテトグリコアルカロイドは、日に当たることで増えてしまいます。 つまり、 食中毒を引き起こすような場合、元々のじゃがいもに問題があるのではなく、保管方法に問題があるのです。 しかし、長期保管しているわけではないはずの新じゃがであっても、苦味やえぐみ、しびれを感じることがあります。 その場合は、新じゃがを購入してきてからの自宅での保管方法に問題がなかったか、見直してみましょう。 新じゃがに限らず、じゃがいもは1個ずつ新聞紙で包み、湿度の低い風通しの良い場所で保管すると良い、といわれています。 また、冷蔵庫で保管する場合には、りんごと一緒に保存すると、ソラニンの多い芽が伸びてくるのを抑える効果があります。

次の

食中毒にかかったときの対処法 水をたくさん飲み細菌を拭き取る

食中毒 対処法

私たちの食生活でなじみのあるジャガイモですが、芽や緑色に変色した皮には毒素が含まれています。 特に家庭菜園などで収穫したもを食べるときには注意が必要です 私たちの食生活でも、なじみのあるジャガイモ。 南米アンデス原産のナス科の植物で、16世紀に入ってからスペイン人によってヨーロッパに広まったと言われています。 当時は芽の出たジャガイモを食べて体調不良を起こす人たちが出たことから、「悪魔の植物」と言われたそうです。 日本には、関ヶ原の合戦のあった1600年頃に、オランダから鑑賞用の植物として入ってきたのを機に、国内で栽培されるようになりました。 では、ジャガイモに含まれる何が食中毒症状を起こすのでしょうか? 具体的には、ソラニン、チャコニンと呼ばれるアルカロイド配糖体と呼ばれる毒素に注意が必要です。 毒素が多く含まれている部分をしっかり取り除けば、安心して食べることができます。 5mgのソラニンやチャコニンが含まれています。 そのうち3~8割が皮の周辺です。 緑色になった部分には100gあたり100mg以上のソラニンやチャコニンが含まれていると言われています。 神奈川県衛生研究所によると、アンデスレッド、男爵、キタアカリを室温・暗所にて3ヶ月保存した場合のソラニン、チャコニンの量は、それぞれの部位1kgあたりで見ると以下の通りです。 どの品種でも皮に比べて可食部分の含有量は非常に少なく、芽はとても危険なことがわかると思います。 室内・暗所にて3ヶ月保存したジャガイモ中のチャコニン含有率 ジャガイモによる食中毒症状 ソラニン、チャコニンなどの毒素は、体内にある「アセチルコリンエステラーゼ」という酵素を阻害する働きがあります。 アセチルコリンエステラーゼとは、体内の神経情報伝達で働いている「アセチルコリン」を分解する酵素です。 これにより、毒素を持っていたジャガイモを食べてしまった場合、数時間で以下のような様々な症状が起こります。 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛• 脱力感• めまい• 呼吸困難 このような症状は一般的な成人の場合、毒素を25mg摂取した際に発現するといわれています。 上記の表に照らし合わせると、加食部分だけならばここまでの毒素量にはなりにくそうですが、芽や皮の部分を気にせずに食べてしまうと食中毒リスクが高くなることがわかると思います。 なお、致死量は400mgです。 (ウサギによる経口試験では、一定の期間に半数が死亡する量は、体重1kgあたりに450mgです)。 ジャガイモによる食中毒症状への対処法 ソラニンなどの食中毒に、解毒薬はありません。 大量に食べると食中毒症状が出てしまいますが、多くは便から排出されます。 食べてから4時間以内であれば、胃の内容物を除く胃洗浄や毒素を吸着する吸着剤の服用、または下剤の使用にて毒素の吸収を抑えることができます。 毎年発生している学校でのジャガイモ食中毒 ジャガイモは理科の実験や食育と呼ばれる学校授業の中でも、栽培されることがあります。 厚生労働省の発表によると、ソラニンやチャコニンを原因とする食中毒は毎年発生しているようです。 家庭菜園などで栽培して収穫するときのジャガイモに注意が必要です そのため、特に注意が必要なのは、家庭菜園や学校で栽培したジャガイモを食べるとき、ということになります。 これらのジャガイモを収穫して食べる場合は、以下のことに注意しましょう。 未成熟で小さいジャガイモは避ける• 収穫後、新鮮なうちに食べる• できるだけ長期に保存しない• 保存するときには暗くて温度の低い所で保管し、日光に当てない• 芽や皮はしっかりと取り除く• 皮が緑色になっている場合は皮を厚めに剥くか食べない• 調理方法はできれば茹でる、または油で揚げる。 また、ソラニンには水溶性のため、水につけたり茹でたりすると少し溶出します。

次の