コロナ 終息 めど。 新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ 終息 めど

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の

新型コロナウイルス収束のめど全く立たず…。│一体いつまで続くのだろうか

コロナ 終息 めど

SMBC日興証券は6日、新型コロナウイルス感染が7月まで収束せず、東京五輪・パラリンピックが開催中止に追い込まれた場合、 約7.8兆円の経済損失が発生するとの試算を公表した。 国内総生産(GDP)を1.4%程度押し下げ、日本経済は大打撃を被るという。 SMBC日興は、 新型ウイルスの世界的な感染拡大が7月まで長期に及ぶ場合は五輪開催中止の可能性が高いとみている。 五輪に絡む損失では、宣伝や輸送といった大会運営費に加え、訪日客を含む飲食・グッズ購入など観戦関連支出で計6700億円とはじいた。 新型肺炎の感染拡大が収まらず、国内消費のほかサプライチェーン(部品供給網)の依存度が高い中国を取引先とする輸出入減少などの影響と合わせると、損失総額は7.8兆円程度に上ると見込んだ。 引用:headlines. yahoo. jp 新型コロナウイルスの感染被害が7月まで収束しなければ、 最悪の事態では東京五輪が中止になってしまう可能性があるようです。 また、日本経済に大打撃を与えるその額は 7、8兆円と巨額の損失総額になるようです。 本当に、このまま新型コロナウイルスの感染拡大が収束することなく、東京五輪にまで影響を及ぼしてしまうのでしょうか。 ウイルス対策の重点期間を最初に打ち出したのは、政府対策本部の下に設置された専門家会議。 2月24日に公表した見解で、「これからの1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる」と危機感を訴えた。 この日が起点なら、2週間後は3月9日となる。 ところが首相は2月29日の記者会見で「これから1~2週間が瀬戸際」と表明。 野党各党首に協力を求めた3月4日も、ほぼ同じ表現を重ねた。 「瀬戸際」はいつまで続くのか。 加藤勝信厚生労働相は5日の参院予算委員会でこの点を問われ、「1~2週間というのは『当面』という意味だ」と釈明。 菅義偉官房長官は記者会見で「新しいウイルスなので、政府の立場で言うのは控えたい」と言葉を濁した。 引用:www. jiji. com 2月24日の時点で「あと2週間で収束できるかの瀬戸際」と言うことですが、この記事を書いている3月14日現在も新型コロナウイルスの感染拡大は高まっていくばかりです。 収束できるかの瀬戸際と言うまでも、これから拡大していく可能性もあると言うことですね・・ 新型コロナウイルスの関連記事は下記サイトからも紹介しているので、ぜひご覧ください! First off I want to say awesome blog! I was interested to find out how you center yourself and clear your head before writing. I have had a hard time clearing my mind in getting my thoughts out there. I do enjoy writing but it just seems like the first 10 to 15 minutes are wasted just trying to figure out how to begin. Any recommendations or tips? Thanks! Good day! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it hard to set up your own blog? Do you have any ideas or suggestions? Appreciate it Simply want to say your article is as astounding. The clarity to your put up is just excellent and i can assume you are knowledgeable on this subject. Well along with your permission allow me to grasp your feed to stay updated with coming near near post. Thanks one million and please keep up the rewarding work. You have some really great posts and I think I would be a good asset. Please send me an e-mail if interested. Thank you!

次の

新型コロナウイルス収束のめど全く立たず…。│一体いつまで続くのだろうか

コロナ 終息 めど

新型ウイルス肺炎が世界に拡大、日本国内でも警戒(写真:長田洋平/アフロ) 連載300回をすでに大きく超えているこのコラム。 執筆を打診された際には正直、迷いがあった。 毎週書き続けるうちにネタ切れに陥るのではないか。 景気・物価の動向だけをコメントする内容に絞るなら、早い段階で行き詰まるに違いない。 そうした筆者の心中の迷いを見透かしたかのように、話を持ってきた当時の担当者は「困ったら何を書いてもいいんです。 散歩していて見かけたちょっとしたエピソードとか、旅行ネタでもOKです」と、背中を押してきた。 それが決定打になって、執筆を今日まで続けている次第である。 今回は、日常生活の中で筆者が最近見聞きしたことを中心に書いてみたい。 金融市場を「リスクオフ」に追いやるコロナウイルス グローバル経済を揺さぶっている新型コロナウイルス。 クルーズ船における検査で陰性と判定されて下船した人がその後に発病し、改めて検査をしたら陽性だったというショッキングな事例が出てくるなど、2月が終わってもこの問題は終息するめどが立っていない。 そんな中、もう25年ほど通い続けているヘアサロンで散髪をした。 長いお付き合いになったので、ざっくばらんにさまざまな話をする。 流れの中で話題が新型肺炎になった。 今回の新型肺炎は、韓国で感染者が急増したほか、中東のイラン、南欧のイタリアやその周辺へと感染が拡大し、地域的な広がりが鮮明になり、金融市場を「リスクオフ」へ追いやっている。 もっとも、「気温が高くなり湿度も上がる夏になれば終息するはずだ」というのが、世の中では(おそらくは希望的観測もかなり込めつつ)一般的な見方になっているように思う。 新型肺炎の流行が中国など世界経済にもたらす影響は夏場には沈静するというシナリオを、さまざまな調査機関が中心に据えている背後には、そうした見方があるのだろう。 日本経済新聞の2月22日土曜日夕刊に「親子スクール」というページがあり、次のようにコンパクトに、そのように考えられる前提が解説されていた。 「かぜやインフルエンザなど、鼻やのどにウイルスが感染する病気は『呼吸器感染症』といって、冬に流行しやすい特徴があるよ。 冬は空気が乾燥しやすく、くしゃみなどで細かいしぶきにくっついたウイルスがより遠くまで運ばれやすくなる。 しかも、乾燥によって鼻やのどの粘液が少なくなっていて、ウイルスを体外に押し流す効果が薄れている。 寒さで免疫の力が弱ってしまうことも、病気の流行につながる」 「現在世界的に流行が続いている新型コロナウイルスも、呼吸器感染症の一種だ」 ところが、である。 このヘアサロンの長年の常連であるお医者さんが来店した際に、気になる話をしていたという。 2019年の夏にインフルエンザが日本で季節外れに流行したエピソードへの注意喚起である。 九州や沖縄といった気温が高い地方でも流行して、学級閉鎖などにつながった。 新型肺炎についても、夏場になっても流行が続いてしまうリスクには注意が必要だというのである。

次の