順天堂 大学 病院。 産婦人科

順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂 大学 病院

順天堂医院 順天堂大学1号館 B棟 中央:建設中 と2号館 左 と1号館 右 情報 正式名称 順天堂大学医学部附属順天堂医院 英語名称 Juntendo University Hospital 総合診療科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、腎・高血圧内科、膠原病・リウマチ内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、メンタルクリニック、小児科・思春期科、食道・胃外科、大腸・肛門外科、肝・胆・膵外科、乳腺科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科・小児泌尿生殖器外科、脳神経外科、整形外科・スポーツ診療科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸科、放射線科、産科・婦人科、救急科、麻酔科・ペインクリニック、臨床検査医学科、歯科・口腔外科、病理診断科、リハビリテーション科 許可病床数 1051床 一般病床:1036床 精神病床:15床 一般病院3(主たる機能) 精神科病院(副機能) 3rdG:Ver. 0 開設者 学校法人順天堂 管理者 (院長) 2020年1月23日時点 開設年月日 所在地 この節はに関してです。 して下さる協力者を求めています()。 診療科 [ ]• 総合診療科• 循環器内科• 消化器内科• 呼吸器内科• 腎・高血圧内科• 膠原病・リウマチ内科• 血液内科• 糖尿病・内分泌内科• 脳神経内科• メンタルクリニック• 小児科・思春期科• 食道・胃外科• 大腸・肛門外科• 肝・胆・膵外科• 乳腺科• 心臓血管外科• 呼吸器外科• 小児外科・小児泌尿生殖器外科• 脳神経外科• 整形外科・スポーツ診療科• 形成外科• 皮膚科• 泌尿器科• 耳鼻咽喉・頭頸科• 腫瘍内科• 放射線科• 産科・婦人科• 救急科• 麻酔科・ペインクリニック• 臨床検査医学科• 歯科・口腔外科• 病理診断科• リハビリテーション科• 乳腺センター• ハートセンター• 救急プライマリケアセンター• 東京都難病相談・支援センター• 小児科・小児外科・周産期母子メディカルセンター(母子医育支援センター)• がん治療センター• 臨床研究・治験センター(GCPセンター)• 認知症疾患医療センター• てんかんセンター• 緩和ケアセンター• 女性低侵襲外科・リプロダクションセンター• 足の疾患センター• 遺伝相談外来 医療機関の指定等 [ ]• 保険医療機関• 救急告示医療機関• 休日・全夜間診療事業実施医療機関• 労災保険指定医療機関• 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)• 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関• の配置されている医療機関• 生活保護法指定医療機関• 結核指定医療機関• 指定養育医療機関(未熟児医療)• 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関• 公害医療機関• の配置されている医療機関• 臨床修練指定病院• 委託医療機関• 対象病院• 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関• 地域がん診療連携拠点病院• 東京都小児がん診療病院• ・のメディカルサポート(2020年シーズンから) 先進医療 [ ] 次のを実施している。 硬膜外腔内視鏡による難治性腰下肢痛の治療• 骨軟部腫瘍切除後骨欠損に対する自家液体窒素処理骨移植• 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術• 腹腔鏡下子宮体がん根治手術• ペメトロキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法• C型慢性肝炎(インターフェロン・リバビリン併用療法による効果が見込まれるものに限る)• 術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法• 慢性心不全に対する和温療法 院内付属施設 [ ]• 順天堂医院C棟店 C棟B1階• 順天堂医院B棟店 B棟1階• 理容室 ヘアサロンTSG 6号館1階• 生花店 Hibiya-Kadan Style順天堂店 1号館正面入口すぐ• レストラン ヒルトップ 直営 1号館1階• 順天堂医院店 1号館正面入口すぐ• レストラン グリーンテラスカフェ D棟1階• ATM 順天堂医院出張所 1号館1階• ローソンATM C棟B1階ローソン順天堂医院C棟店内、及びB棟1階ローソン順天堂医院B棟店内 費用負担 [ ]• 予約料金が有料の「予約に基づく診察」()がある。 初診時及び理由無く最終受診日より6ヶ月以上経った再診 再来初診 時はがない場合、初診時選定療養費として5,000円 税別・自費 が別途かかる。 クレジットカード(・)・による支払が可能。 2019年4月より、国内大学病院初となる医療費あと払いクレジットサービス(あとクレ)を開始。 会計窓口へ立ち寄る必要がなく、帰宅後に支払いが出来る。 滝野川分院 [ ] 、当時の889番地小峰病院(精神科病院)跡を借用して開設された。 診療科は内科・精神科。 院長は中島紀行(内科学)。 しかし思うように業績が上がらずに閉院。 閉院後は改修して看護師宿舎・看護学生宿舎に使っていたが、後に返却している。 交通アクセス [ ]• ・から徒歩5分• ・から徒歩7分• から徒歩7分• ・で順天堂病院下車 医療事故 [ ] 在住の74歳の女性が、を患い同医院に入院していたが、血圧を保つために注入していたの注入が断たれ、女性は低血圧によるショックから寝たきりとなった。 が装置の電源をオフにしていたことが原因と見られている。 新生児取り違え事件 [ ] この節のが望まれています。 1967年、順天堂医院のミスで新生児を出産直後に取り違える事件が発生した。 1974年に両親が血液検査から実子ではないことを確認し、順天堂医院に指摘を行ったが、順天堂医院は両親と血液型が異なる子供が生まれたのは母親が浮気したためと反論し、訴えを退けた。 被害にあった家族は母親が浮気を疑われたことから崩壊し、取り違えられた子は親戚の間でたらい回しをされながら成長した。 2015年、被害にあった母親は、取り違えられた子供に対して実子ではないことを告げ、DNA検査により実の親子ではないことが確認された。 2016年4月、取り違えの被害にあった男性は、実の親の情報を提供することと賠償を求めて、順天堂医院と交渉を開始する。 7回の交渉を行った結果、順天堂医院は事実認定と謝罪は行うが、実の親の情報提供はしない、賠償額は要求額から大幅に下げるという条件を提示し、それ以上は譲歩できないと合意を迫った。 合意後、順天堂大学からの被害者男性への謝罪はなかったため、被害者男性は報道機関に告発。 2018年4月、順天堂医院は報道を受けたことで事件について公表せざるを得なくなったとし、この事件が事実であることを公式に認めたが、取り違え先の家庭への影響を考慮して、これ以上の追及を行わないように求めている。 脚注 [ ].

次の

順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂 大学 病院

お知らせ 2020. 04 ・2019年4月より、NIPT外来は火曜日午後に、出生前診断外来は月曜日午後に変更しました。 ・ 2017 年より子宮体がん、 2018 年より子宮頸がんで腹腔鏡手術を開始しました。 3名の日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、4名の日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医を中心に、子宮体癌は2017年から、子宮頸がんは2018年から保険適用として腹腔鏡で根治手術を行なっています。 ・ 2018 年 7 月より土曜日の産科外来は助産師による外来になります。 ・母体血胎児染色体検査(無侵襲的出生前遺伝学的検査: NIPT )を開始いたしました。 2018年6月より母体血胎児染色体検査(無侵襲的出生前遺伝学的検査:NIPT)を実施しております。 ご希望の方はNIPT外来に来談し、ご夫婦またはパートナーとお2人で遺伝カウンセリングを受けて頂く必要がありますのでご了承ください。 なお、NIPT受検は当院で分娩予定の方に限らせていただきます。 お問い合わせは産婦人科外来受付までお願いいたします。 電話受付時間は平日(月~金)14:00~15:30です。 ・遺伝カウンセリング・出生前診断外来受診をご希望の方は担当医にご相談ください。 ・ 無痛分娩を行っております。 ・ 科のご紹介 産婦人科は女性の健康を生涯にわたってサポートする診療科です。 一般に、産婦人科というと、妊娠したときとか、子宮や腟などといった女性特有の場所に、何か困ったことや心配な症状があったときに受診する診療科であるとお考えと思いますが、実は、産婦人科は、女性の色々な症状について何でも気軽に相談できる診療科であると思って下さい。 例えば、月経についての悩みやオリモノ、また不正出血などの外にも、持続する腹痛や腰背部痛などがある場合は、ぜひ一度は産婦人科を受診して下さい。 また、更年期や閉経後に生じる不快な症状がある場合などはもちろんのこと、結婚前の若い女性も、自分の体のことについて何か心配なことがあるようなときは、どうぞ気軽に産婦人科を受診していただいて結構です。 このように、産婦人科は、女性の健康を生涯にわたってサポートする診療科ですので、その領域は大変広く、大きく分けると、妊娠・分娩や胎児・新生児のことを専門とする周産期医学部門、子宮や卵巣に発生した良性腫瘍や悪性腫瘍の診断や治療を専門とする婦人科腫瘍学部門、月経異常やホルモンの異状、さらには不妊症の診断・治療を専門とする生殖内分泌部門の3つがありますが、その他にも、性感染症を含む感染症部門、排尿障害や性器脱などの治療を行う婦人泌尿器科学部門などがあります。 順天堂大学浦安病院の産婦人科には、産婦人科の各分野に経験と診療実績のある医師が多くいます。 順天堂大学浦安病院産婦人科の特徴• 経験のある専門医が多くいます• 各種セカンド・オピニオンに対応します (がん治療センターで予約を取っていただきます)• 大学医学部の附属病院として、また地域の基幹病院として多くの症例を取り扱っております 産婦人科の診察がこわくて、何となく受診を躊躇している方はいませんか? 産婦人科だからといって必ずしも内診を行うというわけではありません。 問診や腹部の触診だけで済む場合もありますし、おなかの上からの超音波検査で充分なときもあります。 もし、診察について心配なことや希望があるようでしたら遠慮なくおっしゃって下さい。 外来診療 外来受診を希望する方々へ• 外来の診療は4診体制をとっています。 担当医については外来担当日割表をご覧ください。 オーダリングシステムの導入により、再診は全て予約制ですが、新患は常時対応するよう心掛けています。 緊急対応している時も多いため、予めご連絡いただければ幸いです。 この時、主治医からの紹介状があるとさらにスムースです。 里帰り分娩を受け付けております。 通常は34週までに、合併症のある方は30週までに前医からの紹介状を持参して受診してください。 また母体合併症や胎児奇形などが疑われる方は早めの受診をお願いします。 可能な限り当日中に診断し、治療方針を決定し、十分説明するよう心掛けています。 患者さんが多いため、予約通りに診療がすすまずご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、よろしくご理解お願いいたします。 ご紹介していただく先生方及びセカンドオピニオン希望の方へ 産科 ハイリスク外来 胎児奇形を疑うような場合、循環器や膠原病などの母体合併症もしくは婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症など)の合併を有する妊娠を扱っております。 ご紹介いただく際はハイリスク外来の電話予約か産科担当医(吉田、山本)に直接ご一報をお願いします。 婦人科 セカンドオピニオンを受け付けております。 希望される方は、がん治療センターを通じて申し込みをしてください。 入院診療 当産婦人科ではベッドを68床有し、当院にて最大数です。 また3階病棟フロアは女性専用となっております。 最近は患者数も増加し、満床のことも多いのですが、入院加療が必要な患者さまの対応を最大限努力する所存であります。 また入院した方々が安心して入院生活が送れるように心掛けております。 毎朝8時30分から入院患者さまの回診や傷の処置、診察を行っております。 急患を含め手術件数が多いため、手術スタート時が遅くなることもあります。 入院加療が終わりましたら、なるべく早期に退院していただけるよう毎日の診療をしっかりと行います。 毎日夕方にはその日の入院患者と手術患者さまのカンファレンス行い、毎週木曜日にはスタッフを中心とした全患者さまの病状検討を行っております。 産婦人科入院中、お聞きになりたいこと、何かつらいこと、ご家族への説明をご希望の時は、ご遠慮なく申しつけください。 可能な限り、丁寧にお答えしたいと考えております。 原著論文• Risako Oda-Sakurai, Hiroshi Yoshitake, Yoshiki Miura, Saiko Kazuno, Takashi Ueno, Akiko Hasegawa, Kenji Yamatoya, Kenji Takamori, Atsuo Itakura, Hiroshi Fujiwara, Satoru Takeda, Yoshihiko Araki. NUP62: the target of an anti-sperm auto-monoclonal antibody during testicular development. Reproduction 2019 158 503-516• Suzuki T, Yamamoto Y, Nakamura H, Sei-Okawa K, Maruyama Y, Takeda J, Makino S, Yamataka A, Itakura A. Fetal umbilical cord cyst may evolve omphalocele during pregnancy. L clin Ultrasound. 2020 48 3 18• DOI: 10. 27555• Aoki Y, Kanao H, Kikuchi I, Nomura H, Okamoto S, Hisa T, Sugihara T, Kitano R, Omatsu K, Tanigawa T, Takeshima N. Comparison of the Technical Feasibility and Safety of Three Contained Morcellation Techniques: A Pilot Study in an Animal Model. J Minim Invasive Gynecol. 2018 Dec 16. pii: S1553-4650 18 31412-2. doi: 10. jmig. 2018. Kikuchi I. , Kagawa N. , Shirosaki Y. , Shinozaki I. , Miyakuni Y. , Oshina K. , Nojima M. , Yoshida K. A Preliminary Study of the First Publically Funded Oocyte Cryopreservation Program Established to Make Future Pregnancy Possible: Which Women Will Find It Useful? Hum Fertil Camb. 2018 Apr 19:1-7. doi:10. 2018. 1464215• K Murakami, Y Yamamoto, Fukunaga H, Matsushita M, Hirai C, Makino S, Shimizu T, Itakura A, Takeda S. Predictive Markers and Prenatal Management of Isolated Fetal Complete Atrioventricular Block: A Retrospective Review at a Single Institution. J Obstet Gynaecol Res. 2018 Feb;44 2 :228-233• S Sukegawa, Y Yamamoto, Sato K, Tanaka S, Tanaka T, Mitsuhashi N. Journal of Medical Ultrasonics 2018 DOI: 10. Yuka Yamamoto, Ken Takahashi, Yo Takemoto, Maki Kobayashi, Keiichi Itatani, Toshiaki Shimizu, Atsuo Itakura, Satoru Takeda. Evaluation of Myocardial Function According to Early Diastolic Intraventricular Pressure Difference in Fetuses. 2017 J Am Soc Echocardio Sep 9. pii: S0894-7317 17 30559-X. Keisuke Murakami, Yuka Yamamoto, Hideo Fukunaga, Masakazu Matsushita, Chihiro Hirai, Shintaro Makino, Toshiaki Shimizu, Atsuo Itakura, Satoru Takeda Predictive Markers and Prenatal Management of Isolated Fetal Complete Atrioventricular Block: A Retrospective Review at a Single Institution. 2017 J Obstet Gynaecol Res. DOI - 10. 13511• Kasahara H, Kikuchi I, Otsuka A, Tsuzuki Y, Nojima M, Yoshida K. Laparoscopic-extracorporeal surgery performed with a fixation device for adnexal masses complicating pregnancy: Report of two cases. World J Methodol, 2017; 7 4 : 148-150• Tsuzuki Y, Kikuchi I, Nokima M, Yoshida K, Hasizume A, Tomita S. A Case Report: Ovarian Sertoli-Leydig Cell Tumor with Hyperestrogenism and Endometrial Hyperplasia in a Postmenopausal Woman. Japanese Clinical Medicine,2017; 8: 1-4• Kumakiri J, Kikuchi I, Ozaki R, Murakami K, Ikuma S, Kitade M. Comparison of Postoperative Wound Adhesion after Laparoscopic Myomectomy between Barbed and Conventional Absorbable Suture: a Propensity Score-Matched Study. Journal of Minimally Invasive Gynecology 24 7 : S172 November 2017• Hutchinson D, McBrien A, Howley L, Yamamoto Y, Sekar P, Motan T, Jain V, Savard W, Hornberger LK. First Trimester Fetal Echocardiography: Identification of Cardiac Structures for Screening from 6 - 13 weeks gestational age. 2017 J Am Soc Echocardio Aug;30 8 :763-772. Kasahara H, Kikuchi I, Otsuka A, Tsuzuki Y, Nojima M, Yoshida K. Laparoscopic-extracorporeal surgery performed with a fixation device for adnexal masses complicating pregnancy: Report of two cases. World J Methodol. Dec 26, 2017; 7 4 : 148-150. Tsuzuki Y, Kikuchi I, Nojima M, Yoshida K, Hashizume A. Tomita S. A Case Report: Ovarian Sertoli-Leydig Cell Tumor With Hyperestrogenism and Endometrial Hyperplasia in a Postmenopausal Woman. Japanese Clinical Medicine Volume 8: 1—4 Mar. 2017. Kaneda H, Terao Y, Matsuda Y, Fujino K, Ujihira T, Kusunoki S, Kimura M, Shiraishi A, Kuwatsuru R, Takeda S. The utility and effectiveness of an internal iliac artery balloon occlusion catheter in surgery for large cervical uterine fibroids. Taiwan J Obstet Gynecol. 2017 ;56 4 : 502-507. Yamamoto Y, Takahashi K, Takemoto Y, Kobayashi M, Itatani K, Shimizu T, Itakura A, Takeda S:Evaluation of Myocardial Function According to Early Diastolic Intraventricular Pressure Difference in Fetuses. J Am Soc Echocardiogr. 2017 Sep 9. pii: S0894-7317 17 30559-X. doi: 10. echo. 2017. 013. Soshi Kusunoki, Yasuhisa Terao, Takafumi Ujihira, Kazunari Fujino, Hiroshi Kaneda, Miki Kimura, Tsuyoshi Ota, Satoru Takeda. Taiwan J Obstet Gynecol, 2017;56:508-513. Keisuke Murakami, Yuka Yamamoto, Hideo Fukunaga, Masakazu Matsushita, Chihiro Hirai, Shintaro Makino, Toshiaki Shimizu, Atsuo Itakura, Satoru Takeda. Predictive Markers and Prenatal Management of Isolated Fetal Complete Atrioventricular Block: A Retrospective Review at a Single Institution. J Obstet Gynaecol Res. 2017 Nov 21. Toshiyuki Okumura, Kazuhiro Ikeda, Takafumi Ujihira, Koji Okamoto, Kuniko Horie-Inoue, Satoru Takeda Satoshi Inou. Proteasome 26S subunit PSMD1 regulates breast cancer cell growth through p53 protein degradation. 163:1: 2018. Ujihira T, Ota T, Kusunoki S, Sugimori Y, Kimura M, Kaneda H, Terao Y, OgishimaD, Takeda S. Outcome of Neoadjuvant Intra-Arterial Chemotherapy and Radical Hysterectomy for Treatment of Bulky Stage IB to Stage IIB Uterine Cervical Cancer. Can Postoperative Irradiation Be Avoided? .Int J Gynecol Cancer. 2016; 26: 1258-63• Kusunoki S, Ota T, Kaneda H, Kimura M, Terao Y, Takeda S. 2016; 21: 1136-41• Tajima A, Suzuki C, Kikuchi I, Kasahara H, Koizumi A, Nojima M, Yoshida K.Efficacy of the echo pattern classification of ovarian tumors 2000 in conjunction with transvaginal ultrasonography for diagnosis of ovarian masses.J Med Ultrason. 2016; 43: 249-55. Hiroshi Yoshitake, Risako Oda, Mitsuaki Yanagida, Yu Kawasaki, Mayumi Sakuraba, Kenji Takamori, Akiko Hasegawa, Hiroshi Fujiwara, Yoshihiko Araki.Identification of an anti-sperm auto-monoclonal antibody Ts4 -recognized molecule in the mouse sperm acrosomal region and its inhibitory effects on fertilization in vitro.Journal of Reproductive Immunology, 2016, 115: 6-13• Ana A. Baburamani, Yasuka Miyakuni, Regina Vontell, Veena G. Supramaniam, Pemilla Svedin, Carina Mallard, Mary Rutherford, Pierre Gressens, Satoru Takeda, Claire Thornton, Henrik Haggerg. Does Caspase-6 Have a Role in Perinatal Brain Injury. Dev Neurosci. 2015; 37: 321-37• Tajima A Suzuki C, Kikuchi I, Kasahara H, Koizumi A, Nojima M, Yoshida K. Efficacy of the echo pattern classification of ovarian tumors 2000 in conjunction with transvaginal ultrasonography for diagnosis of ovarian masses. J Med Ultrason 2001. 2015 Dec 10• Takeda J, Kikuchi I, Kono A, Ozaki R, Kumakiri J, Takeda S. Efficacy og short-term training for acquisition of basic laparoscopic skills. GMIT in press 2015• Kikuchi I, Kumakiri J, Aoki Y, Ujihira Y, Tejima K, Sakamoto A, Saito J, Nojima M, Yoshida K, Kakeda S. Reduced-Port Surgery in Gynecologic Fields. Gynecology and Minimaly Invasive Therapy. Vol. 4, 4 110-115• 山田敦子 氏平崇文 毛利和華子 柳原康穂 大科恭子 大塚彩 小泉朱里 鈴木いづみ 菅直子 宮国泰香 山本祐華 太田剛志 菊地盤 野島美知夫 吉田幸洋 早期再発を認めた顆粒膜細胞腫の1例 A case of early recurrence Adult type granulosa cell tumor AGCT 千葉産科婦人科学会雑誌 2018年 第12巻 第1号 33-38• 加藤雅也, 山本祐華, 村田佳菜子, 高橋奈々子, 北村絵里, 篠原三津子, 本田理子, 菅直子, 矢田昌太郎, 金田容秀, 田中利隆, 三橋直樹 リトドリン塩酸塩の経静脈的長期投与における母体副作用と有効性の検討 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 1 : 86-90 2018• 石田ゆり、山本祐華、北村絵里、篠原三津子、高橋奈々子、村田佳菜子、菅直子、矢田昌太郎、宮国泰香、金田容秀、田中利隆、三橋直樹 妊娠34週以降の胎児発育不全症例に対する分娩管理の検討 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 4 2018• 楠木総司、北出真理、太田剛志、氏平崇文、藤野一成、寺尾泰久: 腹腔鏡下および腹式子宮全摘出術後の腟断端感染の危険因子の検討. 日本内視鏡外科学会雑誌 22 6 ,751-755 2017. 都築陽欧子、菊地盤、伊藤早紀、笠原真木子、青井裕美、中尾聡子、大塚彩、笠原華子、小泉朱里、遠藤周一郎、宮国泰香、鈴木千賀子、田嶋敦、野島美知夫、吉田幸洋、橋爪茜、富田茂樹.閉経後に子宮内膜増殖症を呈し術前診断が困難であったセルトリ・ライディッヒ細胞腫の一例.千葉県産科婦人科医学会雑誌 2016;10: 5-9 著書、総説• 吉田幸洋 「妊娠初期の超音波診断」 産婦人科研修ノート 改訂第3版 編集:綾部琢磨、大須賀穣 121-127, 診断と治療社(東京)• 吉田幸洋 「膠原病合併妊娠」 産婦人科研修ノート 改訂第3版 編集:綾部琢磨、大須賀穣 385-388, 診断と治療社(東京)• 吉田幸洋 「癒着胎盤」 産科婦人科疾患最新の治療 2019-2021 編集:吉川史隆・平松祐司・大須賀穣 96-99, 南江堂(東京)• 山本祐華 【助産師必携 母体・胎児・新生児の生理と病態 早わかり図解】 第III部 胎児発育の生理 第2章 胎児循環 [胎児動脈管早期閉鎖] ペリネイタルケア 2019夏季増刊 Page107-110 2019. 山本祐華 エキスパートに聞く産婦人科超音波ABC [胎児心疾患] 産科と婦人科86巻1071-1076 2019• 山本祐華 妊娠期の症状 重大疾患の落とし穴 DLできる! 山本祐華 基本手術手技の習得・指導ガイダンス-専攻医修了要件をどのように満たすか? T Ota, H Kaneda Springer, Gynecologic and Obstetric Prophylactic Hemostasis by Intra-arterial Balloon Occlusion, page 23-31 Temporary Endovascular Balloon Occlusion of the Internal Iliac Arteries to prevent Hemorrhage During Myomectomy for Cervical Myoma• 菊地 盤, 香川 則子, 野島 美知夫, 吉田 幸洋 【精子・卵子保存法の現在-「産む」選択肢をあきらめないために】 配偶子保存の臨床 悪性腫瘍以外の理由による卵子凍結 臨床婦人科産科 0386-9865 72巻5号 Page450-45• 菊地盤 第2章 生殖外科の適応と手術の実際 3子宮内膜症 生殖外科のすべてー妊孕性温存を目指した婦人科内視鏡手術と不妊治療 2018年8月10日発行• 山本祐華 はせじゅん先生のおもしろセレクション 今さら聞けない臨床のギモン 第1部 妊娠中のクリニカル・ギモン 超音波検査のギモン コミュニケーション超音波 うまく見せるコツは? ペリネイタルケア夏増刊 2018年7月1日 page 105-110• 山本祐華 今月の臨床 「スペシャリストに聞く 産婦人科でのアレルギー対応法」 臨床婦人科産科 2018. 8月 4 疾患各論 喘息と妊娠、分娩 臨床婦人科産科 72巻8号 758-762• MFICUグリーンノート• 小泉朱里 妊娠週数別の分娩管理と児の予後 ~経腟分娩or帝王切開分娩? ペリネイタルケア2018年2月号, ,2018年2月1日; 通巻486号:Page 65-68• 菊地 盤、香川則子、野島美知夫、吉田幸洋 配偶子保存の臨床ー悪性腫瘍以外の理由による卵子凍結 臨床婦人科産科. 2018; 72 5 , 450-456• 吉田幸洋 妊娠週数ごとの健診の実際 診断と外来対応 妊娠11週まで 「卵巣腫瘍」 2018; 68-75, 医学書院• 吉田幸洋 胞状奇胎の画像診断のポイントは? 臨床婦人科産科, 2017; 71 増刊号 : 7-11 菊地 盤、香川則子、野島美知夫、吉田幸洋 卵子凍結の社会的適応 臨床婦人科産科, 2017; 71 8 : 766-770• 吉田幸洋 自己免疫疾患と妊娠・出産 周産期医学, 2017; 47 12 : 1579-1585• 宮国泰香 社会的・精神的な援助が必要な妊産婦への対応 平成29年1月 日本産婦人科医会 研修ノート No. 97 公益社団法人 日本産婦人科医会• 山本祐華 胎児診断・治療の最前線 胎児診断 胎児泌尿器疾患 周産期医学 0386-9881 47巻4号 Page501-505 2017. 山本祐華 ちょっと気になる妊婦胎児 胎児編 腹部. 周産期医学 0386-9881 47巻11号 Page1463-1467 2017. 菊地 盤. 生殖倫理の現況と展望 Vol. 8 健康な女性への未授精卵子凍結は、社会性不妊予防に有効か? 行政の試みからの一考察. 医学のあゆみ 0039-2359 263巻7号 Page622-626 2017. 菊地盤, 香川則子, 野島美知夫, 吉田幸洋. 卵子凍結の社会的適応. 臨床婦人科産科 0386-9865 71巻8号 Page766-770 2017. 菊地 盤. 腹腔鏡下筋腫核出術におけるデンドウモーセレータのトピック 日本産婦人科医会報 5月号• 山本祐華. 胎児診断・治療の最前線 周産期医学 0386-9881 47巻4号 Page501-505 2017. yamamoto Y,Fetal Heart Focus Meeting invitation from GE Healthcare in Zipf Austria 2019. 30-31• 山本祐華 第51回埼玉県産婦人科医会超音波研究会 先天性心疾患を理解し、見逃さないためのポイント (2019. 埼玉)• 山本祐華 Normal and abnormal fetal echocardiography in the outflows. The 3nd Talk Battle on Fetal Medicine: 2019. Osaka• 山本祐華 日本超音波医学会第92回学術集会シンポジウム 「妊娠高血圧症候群と胎児胎盤機能不全における超音波検査の役割」FGRにおける胎児心機能変化と循環動態の観察 2019. Tokyo• 山本祐華 Ultrasonic week 2019 産科超音波セミナー 「妊娠中後期 胎児心臓、胸部、腹部の正常と異常」 2019. 26 Tokyo• 山本祐華 第55回周産期新生児医学会学術集会ランチョンセミナー 周産期管理に繋げる胎児心エコー〜形態診断から機能評価まで〜 2019. 15 長野• 山本祐華 第5回周産期医療研究会講演会 新生児管理に役立つ胎児心臓超音波 A to Z 2019. 30 聖マリアンナ医科大学• 山本祐華 山梨県産婦人科集談会 先天性心疾患を理解し見逃さないためのポイント 2019. 14 甲府• 山本祐華 第31回日本超音波医学会関東甲信越地方部会産婦人科ワークショップ「胎児心機能評価の最前線」心室内圧格差を使用した胎児心機能評価 2019. 19 東京• 山本祐華 第3回浦安市川産婦人科勉強会「胎児超音波スクリーニングの基礎とピットフォール」 2019. 9)@浦安• 市山 卓彦, 着床不全に関連すると考えられる生殖器細菌叢の最前線, 第15回ART生涯研修コース, 東京, 2019年2月24日• 菊地盤 Laparoscopic Myomectomy in Japan: Cutting-Edge Techniques 2018年10月7日 ヨーロッパ婦人科内視鏡学会 ウィーン• Tsuyoshi Ota laparoscopic surgery for the patients with uterine cancer 2018年7月18日 THE 2018 SGOG ANNUAL CONVENTION フィリピン• 吉田幸洋 妊娠初期:超音波検査で見るべきポイントとコツ 日本母体胎児医学会第9回産科超音波セミナー、サンポートホール高松第2小ホール、2018年5月20日• 吉田幸洋 産婦人科領域における超音波診断の役割〜超音波ドプラ法に関する最近の知見〜 第30回新潟周産母子研究会学術講演会、新潟大学医学部 有壬記念館2階、2018年7月28日• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツとがんと生殖 産婦人科医としての取り組み 2018年1月20日 足立病院「がんと生殖カンファレンス」 京都• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツとヘルスリテラシー• 菊地盤 リプロダクティブ・ヘルス&ライツと妊孕性温存 2018年3月22日 第18回岡山県西部地区産婦人科研究会 岡山• 菊地盤 妊孕性温存 ~がん生殖から子宮内膜症などの良性疾患、社会性まで~ 2018年8月25日 第53回中国四国生殖医学会総会・学術講演会 岡山• 菊地盤 がんと妊孕性 ~妊孕性温存のための卵子・卵巣・精子保存~ 2018年11月7日 第10回千葉外来化学療法カンファレンス 千葉• 菊地盤 求められる癒着防止材(開発の意義) 2018年7月8日 グンゼ株式会社 産婦人科試験研究会 東京• 菊地盤 産婦人科領域での癒着発生リスクのある手術と癒着防止材(剤)の使用法 2018年7月20日 技術情報協会セミナー 新しい癒着防止材の使用感と研究開発 東京• 菊地盤 Laparoscopic myomectomy procedure -state of ART- 2018年7月28日 千葉周産期セミナー 千葉• 菊地盤 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医取得のために -誰が見ても安心できる術式をめざして- 2018年2月1日 持田製薬株式会社招請講演 東京• 菊地盤 妊孕能温存-がん患者さんの未来への挑戦 2018年3月10日 第11回静岡婦人科腫瘍合同勉強会 静岡• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツと不妊・妊孕能温存 2018年1月18日 柏地区産婦人科医会学術研修会 東京慈恵会医科大学附属柏病院 千葉• 太田剛志 腹腔鏡下子宮体がん根治手術における「安全な」骨盤内リンパ節郭清のために 2018. 23第43回 日本外科系連合学会学術集会 パネルディスカッション 東京• 山本祐華 「モーニングセミナー:胎児超音波 小児科の超音波より先に行う超音波」 第20回エコーウィンターセミナー 2018年2月 松本• 山本祐華 ISUOGガイドラインに基づいた胎児心臓超音波スクリーニング 第24回胎児心臓病学会ランチョンセミナー 2018年2月 埼玉• 山本祐華 Fetal caridac embryology annd fetal echocariography The 2nd Talk Battle on Fetal Medicine. 2018年3月 大阪• 山本祐華 心機能評価の新たな知見 第54回周産期新生児医学会ランチョンセミナー 2018年5月 東京• 山本祐華 胎児心臓超音波 基礎から応用まで 第30回日本超音波医学会関東甲信越地方部会ランチョンセミナー 2018年10月 東京• 山本祐華 Importance of fetal echocardiogram Hitachi Healthcare Global Partners summit 2018年10月 東京• 山本祐華 胎児心機能評価の現在から未来へ 母体胎児医学会学術集会 パネルディスカッション 2018年8月 東京• 山本祐華 胎児心臓超音波 基礎から応用まで 第12回東京産婦人科臨床フォーラム 2018年9月 東京• Ai Takamizu, Jun Takeda, Shintaro Makino, Atsuo Itakura, Satoru Takeda, David M Olson. Longitudinal changes of chemotactic activity of human peripheral leukocyte during pregnancy. 2017 PREBIC Annual Scientific Meeting joined with the First Workshop of Australasian PREBIC Branch Meeting. 山本祐華 ISUOG診療ガイドライン:胎児心臓超音波Screening Examination of the Fetal Heat under the ISUOG Practice Guidelin 日本超音波医学会第90回学術集会、シンポジウム、宇都宮、5月• 山本祐華 産科超音波のピットフォール 日本超音波学会関東甲信越地方部会、ワークショップ、東京、11月• 山本祐華 The basic knowledge and screening of fetal heart. The 1st Talk Battle on Fetal Medicine, 大阪、2月• 山本祐華 胎児心臓 神奈川県東部周産期病診連携会、横浜、3月• 山本祐華 形態診断から機能診断へ 第23回胎児心臓病学会、ランチョンセミナー、東京、3月• 山本祐華 妊娠中期胎児心臓の見方「正常編」「異常編」 日本母体胎児医学会主催第8回産婦人科超音波講座 ,東京、6月• 山本祐華 「胎児超音波スクリーニングの基礎と応用」 第553回横浜市産婦人科医会研究会, 横浜、12月• Mitsuru Shiota, Sevellaraja Supermaniam, Khoo Chong Kiat, Iwaho Kikuchi Tissue retrieval of in-bag morcellation 18th APAGE Pre-congress Workshop• 菊地 盤、香川則子、城崎有加、篠崎郁美、山田敦子、小泉朱里、太田剛志、野島美知夫、吉田幸洋 卵巣凍結~移植 鏡視下手術でのポイント 卵巣シート移植の方法 第57回日本産科婦人科内視鏡学会 ワークショップ 進化 卵巣組織凍結・移植の最前線 2017年9月8日• 山田敦子 当院での 腹式広汎子宮全摘術 ~手術器械の活用~ 第9回 東葛婦人科腫瘍カンファレンス、2017、Aug(8月31日)• 吉田幸洋 婦人科領域の画像診断における超音波診断の有用性 -カラードプラ法・3Dエコーの活用法- 第37回出生前診断研究会、鹿児島県医師会館、2017、Jan(1月19日)• 吉田幸洋 出生前診断と生命倫理 千葉県産科婦人科医学会 母体保護法指定医師研修会、君津木更津医師会立木更津看護学院3F大教室、2017、Feb(2月8日)• 吉田幸洋 妊娠初期:超音波検査で見るべきポイントと正常妊娠経過 第8回日本母体胎児医学会 産科超音波セミナー、大田区民ホール・アプリコ、2017、Jun(6月3日・4日)• 吉田幸洋 子宮腫瘍の超音波診断 第8回日本母体胎児医学会 産婦人科超音波セミナー、大田区民ホール・アプリコ、2017、Jun(6月3日・4日)• 吉田幸洋 卵巣腫瘍の超音波診断 第8回日本母体胎児医学会 産婦人科超音波セミナー、大田区民ホール・アプリコ、2017、Jun(6月3日・4日)• 吉田幸洋 婦人科領域の画像診断における超音波診断の有用性〜カラードプラ法・3Dエコーの活用法〜 市川市産科婦人科医会研修会、市川市医師会館 5階講堂、2017、Jun(6月21日)• 吉田幸洋 産婦人科領域における超音波診断の役割〜特に超音波ドプラ法に関する最近の知見〜 日本妊娠高血圧学会第38回学術集会、熊本県民交流館パレア、2017、Sep(9月22日-23日)• 吉田幸洋 産婦人科臨床における超音波診断の役割〜特に超音波ドプラ法に関する最近の知見〜 第56回福岡周産期懇話会、福岡国際会議場、2017、Oct(10月21日)• 吉田幸洋 脳性麻痺発症児のCTGからみた医療安全 第44回日本産婦人科医会学区術集会、東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井カンファレンス、2017、Oct(10月21日-22日)• 吉田幸洋 浦安市における産後ケア施設開設の事例紹介 「産後ケア」セミナー、帝国ホテル東京、2017、Nov(11月8日)• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツと卵子・卵巣保存 船橋産婦人科医会 2017年1月14日• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツと卵子・卵巣保存 岡山ARTフォーラム 2017年1月21日• 菊地盤 どう向き合う?起こってしまった合併症 第2回山口産婦人科内視鏡研究会 2017年6月1日• 菊地盤 腹腔鏡下手術におけるセプララップを用いたセプラフィルム挿入法 第1回浦安市川産婦人科勉強会 2017年6月8日• 菊地盤 産婦人科領域における癒着防止剤の必要性 テルモ社内講演会 2017年7月6日• 菊地盤 どう思いますか?こんな手技 誰が見ても安心できる術式をめざして 当科産婦人科内視鏡手術研究会 2017年10月14日• 菊地盤 リプロダクティブヘルス&ライツと卵子・卵巣保存 茨城県産婦人科医会県西集談会 2017年10月26日• 菊地盤 生殖補助医療(不妊治療)の光と影 ~浦安卵子凍結の背景とは~ うらやす市民大学 2017年12月2日• Iwaho Kikuchi. 2016 TaipeiIwaho Kikuchi.Reduced Port Surgery -What is the true purpose? Y Yamamoto et al. Evaluation of diastolic dysfunction in fetal growth restriction with intra ventricular pressure difference. International Society of Ultrasound Obsteterics and Gynecology 2019 Oct. Berlin• Ai Takamizu, Yuka Yamamoto, Koyo Yoshida, Pulmonary arterial Doppler changes in the fetuses with congenital pulmonary airway malformation. Takuhiko Ichiyama, Yoko Nagai,Daichi Urushiyama, Motoharu Ohno, Takashi Yamaguchi, Motoi Nagayoshi, Yoshiyuki Sakuraba,Fumio Yamasaki,Keiji Kuroda, Kenichiro Hata,Shingo Miyamoto ,Atsushi Tanaka ,Atsuo Itakura, Satoru Takeda. Analysis of the vaginal and endometrial microbiota of infertile women with repeated implantation failure, The 9th congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction, Hong Kong, China, 3 May, 2019• Takuhiko Ichiyama, Yoko Nagai,Daichi Urushiyama, Motoharu Ohno, Takashi Yamaguchi, Motoi Nagayoshi, Yoshiyuki Sakuraba,Fumio Yamasaki,Keiji Kuroda, Kenichiro Hata,Shingo Miyamoto ,Atsushi Tanaka ,Atsuo Itakura,Satoru Takeda, Relation between dysbiosis of the vaginal and endometrial microbiota and RIF, ESHRE Annual Meeting 2019, Wien, Republic of Austria , 24 June, 2019• Takuhiko Ichiyama, Yoko Nagai,Daichi Urushiyama, Motoharu Ohno, Takashi Yamaguchi, Motoi Nagayoshi, Yoshiyuki Sakuraba,Fumio Yamasaki,Keiji Kuroda, Kenichiro Hata,Shingo Miyamoto ,Atsushi Tanaka ,Atsuo Itakura,Satoru Takeda, Dysbiosis of the vaginal and endometrial microbiota in repeated implantation failure , ASRM 2019 Annual Meeting, Philadelphia, USA, 16 October, 2019• Ishida, Y Yamamoto, et al. Two cases of Kagami-Ogata syndrome with congenital diastasis recti. International Society of Ultrasound Obsteterics and Gynecology 2019 Oct. Berlin• Yamamoto Y. Cardiac function in fetal pulmonary atresia with intact ventricular septum complicated with coronary fistula. 17 World conference in Fetal medicine foundation, Athens 2018. 24-28• Yamamoto Y, Maruyama Y, Itakura A, Nojima M, Yoshida K. Relationship between Doppler parameters and postnatal outcomes in fetuses with congenital diaphragmatic hernia ISUOG, シンガポール 2018年10月20日• Takamizu A, Yamamoto Y, Itakura A, Yoshida K. Prenatal assessment and the prognosis in the fetuses with congenital pulmonary airway malformation ISUOG, シンガポール 10月• Koizumi A, Yamamoto Y, Mori W, Yanagihara Y, Oshina K, Yamada A, Suzuki I, nojima M, Yoshida K. a case of campomelic dysplasia diagnosed at 20 weeks of gestation FMF World Congress、17th World Congress in Fetal Medicine、24-28th June 2018• Koizumi A, Kikuchi I, Mouri W, Yanagihara Y, Shibui R, Oshina K, Yamada A, Suzuki I, Ujihira T. Takamizu A, Yamamoto Y, Itakura A, Takeda S. Prenatal echocardiographic evaluation in pulmonary stenosis correlated with postnatal intervention ISUOG 国際産婦人科超音波学会)ウィーン、9月• Yamamoto Y, Takamizu A, Itakura A, Takeda S. Adaptation of Cardiac Function in the Fetuses with Complete Atrioventricular Block. 第69回日本産婦人科学会学術集会、広島、4月• Hamamura K, Koizumi A, Nojima M, Yoshida K, Satoru T. Quantitative analyses for the serum peptides and their clinical utility for pregnancy-induced hypertension. Y Yamamoto et al. Hemodynamic changes of the influence by complete atrial ventricular block in the fetuses. 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 Nagoya, 2019. 多木 朱音, 大山 利香, 山本 祐華, 川瀧 元良, 山口 暁。 胎児期に口腔内腫瘤を認め出生後に舌粘液嚢胞と診断された1例 日本超音波医学会第92回学術集会 (東京、5月)• 北村絵里、山本祐華ら。 胎児超音波検査で先天性静脈管欠損と診断された1例 第25回日本胎児心臓病学会学術集会 (大阪、2019. 16)• 山田敦子 氏平崇文 川田美里 正岡駿 陣内理子 石田ゆり 高水藍 小泉朱里 山本祐華 太田剛志 野島美知夫 吉田幸洋 腹腔鏡下子宮体がん悪性腫瘍手術の適応におけるMRIでの筋層浸潤の評価の検討 第62回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,新潟,2019年7月4日• 市山 卓彦, 長井 陽子, 漆山 大知, 大野 基晴, 山口 貴史, 永吉 基, 桜庭 喜行, 山﨑 文朗, 黒田 恵司, 秦 健一郎, 宮本 新吾, 板倉 敦夫, 竹田 省, 田中 温, Analysis of the vaginal and endometrial microbiota of infertile women with repeated implantation failure, 第71回 日本産科婦人科学会学術講演会, 愛知, 2019年4月11日• 市山 卓彦, 長井 陽子, 漆山 大知, 大野 基晴, 山口 貴史, 永吉 基, 桜庭 喜行, 山﨑 文朗, 黒田 恵司, 秦 健一郎, 宮本 新吾, 板倉 敦夫, 竹田 省, 田中 温, RIF患者の腟内及び子宮内細菌叢解析, 第37回 日本受精着床学会・総会学術講演会, 東京, 2019年8月2日• 市山 卓彦, 長井 陽子, 漆山 大知, 大野 基晴, 山口 貴史, 永吉 基, 桜庭 喜行, 山﨑 文朗, 黒田 恵司, 秦 健一郎, 宮本 新吾, 板倉 敦夫, 竹田 省, 田中 温, 反復着床不全患者145名の生殖器細菌叢解析, 第64回日本生殖医学会学術講演会・総会, 兵庫, 2019年11月8日• Risako Sakurai, Akiko Hasegawa, Hiroshi Fujiwara, Atsuo Itakura, Satoru Takeda, Yoshihiko Araki. CD71: a candidate glycoprotein for the target of an anti-sperm auto-monoclonal antibody Ts4 which recognizes a bisecting N-acetylglucosamine structure in testicular germ cells. Y Ishida, Y Yamamoto et al. Prediction of perinatal prognosis in pregnancies complicated to renal diseases. 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 Nagoya, 2019. 山本 祐華, 田中 里美, 田中 利隆, 板倉 敦夫, 吉田 幸洋「胎児発育遅延の重症度による胎児心機能変化」 日本周産期・新生児医学会雑誌 1348-964X 55巻2号 Page441 2019. 島貫洋太、山本祐華ら。 「胎児側脳室拡大を認めた症例の予後に関する検討」第31回日本超音波医学会関東甲信越地方部会 2019. 19 東京• 保田あゆみ、山本祐華ら。 「経腟超音波検査における前置血管と臍帯下垂の出生前診断」第31回日本超音波医学会関東甲信越地方部会 2019. 19 東京• 山本祐華、伊藤茂、吉田幸洋、板倉敦夫 先天性横隔膜ヘルニアにおける肺低形成の重症度予測とその長期予後 第91回日本超音波医学会学術集会、2018年6月10日 神戸• 山本祐華、丸山洋二郎、岡和田学、吉田幸洋、岡崎任晴,山高篤之、板倉敦夫 先天性横隔膜ヘルニアにおける重症度予測とその長期予後 第54回周産期新生児医学会 2018年7月9日 東京• 山本祐華、高橋健、丸山洋一郎、板倉敦夫 類洞交通を伴った胎児純型肺動脈閉鎖における心機能評価 日本胎児心臓病学会 2018年2月16日 埼玉• 氏平崇文 腹腔鏡手術後3年目にSTEPエクスパンダブルスリーブ遺残が偶発的に判明した1症例 第43回日本外科系連合学会学術集会2018年06月21 東京• 古屋智帆 氏平崇文 子宮腺筋症核出術後に妊娠・分娩に至った1症例 第136回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会• Yuka Yamamoto, Yojiro Maruyama, Atsuo Itakura, Michio Nojima, Koyo Yoshida Prediction of the severity of lung hypoplasia in congenital diaphragmatic hernia 日本産科婦人科学会 2018年5月11日 仙台• 新城梓、宮井健太郎、中原万里子、菊地盤他 当院における卵巣成熟嚢胞性奇形種における腫瘍径と術式選択に関する検討 第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術集会 2018年8月5日 松江• 大科恭子 山本祐華 川田美里 毛利和華子 石田ゆり 大塚彩 山田敦子 小泉朱里 鈴木いづみ 菅直子 新城梓 氏平崇文 太田剛志 菊地盤 野島美知夫 吉田幸洋 胎児期よりPerlman症候群を疑った1例 第41回母体胎児医学会学術集会• 菅直子、山本祐華、毛利和華子、柳原康穂、大科恭子、山田敦子、小泉朱里、鈴木いづみ、氏平、宮国泰香、太田、菊地、野島美知夫、吉田幸洋 切迫早産管理を契機に診断された筋強直性ジストロフィー合併妊娠の1例 第54回周産期新生児医学会• 小泉朱里, 菊地盤, 毛利和華子, 柳原廉穂, 大科恭子, 鈴木いづみ, 菅直子, 氏平崇文, 宮国泰香, 山本祐華, 太田剛志, 野島美知夫, 吉田幸洋 Bio-Textureモデルを使用した腹腔鏡下筋腫核出術のトレーニング 第23回千葉内視鏡外科研究会,千葉,2018年2月• 小泉朱里, 菊地盤, 大科恭子, 太田剛志, 野島美知夫, 吉田幸洋 Bio-Textureモデルを使用した腹腔鏡下筋腫核出術のトレーニング 第7回千葉産婦人科内視鏡手術研究会, 千葉,2018年3月• 小泉朱里 山本佑華 毛利和華子 柳原康穂 大科恭子 山田敦子 宮国泰香 野島美知夫 吉田幸洋 当院における産科症例出血の後方視的検討 第54回日本周産期新生児医学会学術集会,東京,2018年7月8〜10日• 小泉朱里 山田敦子 菊地盤 若年性卵巣癌に対し妊孕能温存目的に卵子凍結を施行し術後妊娠に至った1例 第33回日本女性医学学会学術集会,岐阜,2018年11月4日• 山田敦子 川田美里 毛利和華子 大科恭子 大塚彩 小泉朱里 鈴木いづみ 新庄梓 氏平崇文 山本祐華 太田剛志 菊地盤 野島美知夫 吉田幸洋 胎児共存奇胎に続発した絨毛癌の1例 2018年9月14日 第60回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 京都• 山本祐華、高橋健、丸山洋二郎、板倉敦夫. 類洞交通を伴った胎児純型肺動脈閉鎖における心機能評価. T Ujihira. Retrospective study on ovarian cancer treatment for the patients older than 80 years of age. 小泉朱里,田嶋敦,西崎直人,瀬山理惠,石田ゆり,大塚彩,笠原華子,山田敦子,宮国泰香,鈴木千賀子,野島美知夫,吉田幸洋. 当院で早発型敗血症性ショックを発症し、PMX-DHP療法を施行した新生児における母体リスク因子の検討. 小泉朱里,菊地盤,毛利和華子,柳原廉穂,渋井亮介,大科恭子,大塚彩,山田敦子,鈴木いづみ,氏平崇文,太田剛志,野島美知夫,吉田幸洋. Bio-Textureモデルを使用した腹腔鏡下筋腫核出術のトレーニング. 山田敦子 氏平崇文 瀬山理恵 石田ゆり 大塚彩 笠原華子 小泉朱里 都築陽欧子 宮国泰香 鈴木千賀子 田嶋敦 菊地盤 野島美知夫 吉田幸洋. 当院のSmooth muscle tumor of uncertain malignant potential (STUMP)と診断された症例の検討. 山田敦子 菊地盤 毛利和華子 柳原康穂 渋井亮介 大科恭子 小泉朱里 鈴木いづみ 氏平崇文 宮国泰香 山本祐華 太田剛志 野島美知夫 吉田幸洋. 腹腔鏡手術の際に組織収納サックを用いた in-bag morcellationの有用性. 大科恭子. 妊娠20週で診断し得た屈曲肢異形成症の1例. 第40回母体胎児医学会学術集会• Tajima A, Hanako K, Koyo Y.Usefulness of the urinary L-FABP to diagnose acute kidney injury in preeclampsia.19th Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies FAOPS 2-3, Dec. 2016 Taipei• 太田剛志. 太田剛志. 腹腔鏡手術の適応と限界 〜悪性腫瘍への適応と今後の展望〜 科研製薬社内講演会 千葉2019. 太田剛志. 太田剛志. 腹腔鏡手術の適応と限界 〜悪性腫瘍への適応と今後の展望〜 テルモ株式会社社内講演会 Gynecologic cancer seminar 千葉 2019. 小泉朱里 2019年11月刊行 「産科グリーンノート」中外医学社、「胎動減少」• 太田剛志 子宮体がんに対する低侵襲手術の取り組み 2018年07月21浦安市市民公開講座• 太田剛志 臍ヘルニアを合併した高度肥満子宮体がん患者に対する腹腔鏡下根治手術 2018年05月17 浦安市川産婦人科勉強会• 太田剛志 卵巣癌 -- 診断から化学療法まで —- 2018年7月5日 持田製薬社内講演会• 山田敦子 腹式単純子宮全摘術 ~腹腔鏡世代の手術手技~ 2018年8月30 第11回 東葛婦人科腫瘍カンファレンス• 菊地盤 卵子凍結は20代で、は本当か? 週刊文春 2017年6月8日• 太田剛志. 子宮頸がんとbevacizumab —-再発・残存腫瘍の取り扱い-- 中外製薬社内講演会 Gynecologic cancer seminar 東京2017. 太田剛志. 腹腔鏡手術の適応と限界 〜悪性腫瘍への適応と今後の展望〜 科研製薬社内講演会 千葉2017. 太田剛志. 小田理沙子、研究分担者:荒木慶彦、吉武洋、町田修一. H29年度学長特別共同プロジェクト研究費:抗精子抗体Ts4が認識する糖鎖抗原バイセクト型GlcNAcの生殖生理学的機能の解明• Associated Press in Urayasu.Japanese city backs egg-freezing scheme to boost birthrate.the guardian 2016. 宮国 泰香.研修ノート NO. 97 編集後記.日本産婦人科医会 NO. 美、田嶋 敦、北出真理、竹田 省、池田和博、井上 聡、他.平成26年度順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科女性スポーツ研究センター紀要• 菊地盤.女性特有の病気 子宮筋腫.週刊朝日MOOK 女性のためのいい病院2015.浦安病院菊地盤.卵巣凍結.12月9日朝日新聞朝刊.浦安病院• 山田敦子. 当院での腹式広汎子宮全摘術~手術器械の活用~. 吉川裕之 茨城県立中央病院 、分担者:竹田 省、寺尾泰久、太田剛志、他.研究開発課題名:上皮性卵巣癌の妊孕性温存治療の対象拡大のための非ランダム化検証的試験.平成28年度日本医療研究開発機構委託研究(AMED)革新的がん医療実用化研究事業• 太田剛志 子宮体癌の個別化医療選択に資する臨床的特性に相関する遺伝子の同定 文部科学省基盤研究 C (2017年-2019年) 研究課題番号:17K11296• 平成27年度順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科女性スポーツ研究センター紀要センター長 小笠原悦子研究プロジェクトメンバー 窪 麻由美、田嶋 敦、北出真理、竹田 省、池田和博、井上 聡、他 紹介してくださる先生方へ 多数の患者さまを紹介してくださる先生方には心より御礼申し上げます。 私たちは確固たる近隣の病院との連携を心掛けていきたいと考えております。 先生方へのお願い 外来について 産科• ハイリスク外来 胎児奇形を疑うような場合、循環器や膠原病などの母体合併症もしくは婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症など)の合併を有する妊娠を扱っております。 紹介状だけでなく御一報あればよりスムースな対応ができますので何卒よろしくお願いいたします。 里帰り分娩を受け付けております。 通常は34週までに、合併症のある方は30週までに紹介状を持参させて受診するように伝えてください。 また母体合併症や胎児奇形などが疑われる方は早めの受診をお願いします。 ご紹介いただく際は電話にてハイリスク外来を予約していただくか産科担当医(吉田、山本)に直接ご一報をお願いします。 婦人科• 最近、婦人科癌のご紹介も多くなってきております。 セカンドオピニオンの際は 婦人科腫瘍担当医(野島) 外来の受診をしていただくと非常に幸いです 入院について 当産婦人科ではベッドを68床有し、当院にて最大数です。 最近は患者数も増加し、満床のことも多いのですが、入院加療が必要な患者さまの対応を最大限に努力するよう考えております。 夜間当直について 休日も含め24時間対応しています。 現在、常勤医師12名、非常勤医師3名で診療にあたっております。 当院では定期的な学術講演会を開催しております。 ご多忙とは思いますが、是非積極的に参加してください。 研修医の先生へ 当科では入局の募集をしております。 現在、当院において初期臨床研修医履修後のコースを以下のように考えております。 また、他施設への研修も行っております。 詳しい入局や見学に関するお問い合わせは、医局長の 野島 美知夫 までお願いいたします。 順天堂大学浦安病院代表:047-35303111(内線3685) E-mail:• 外来診療について• 入院・面会について• 各種相談窓口• 院内施設のご案内• 診療科(内科系)• 診療科(外科系)• 診療センター• 診療支援部門• 看護師募集• 臨床研修医募集• コメディカル・パート職員•

次の

順天堂大学医学部附属浦安病院の口コミ・評判(68件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

順天堂 大学 病院

順天堂医院泌尿器科では男性の健康に着目した専門外来・メンズヘルス外来を行っています。 テストステロンの作用と生活習慣病 テストステロンは男性ホルモン(アンドロゲン)の中の主な構成成分です。 一次性徴です胎内での外性器形成、および思春期における二次性徴の発現、すなわち性衝動の発来と精子形成にテストステロンは必須です。 一方テストステロンとその代謝物の作用は広いことがわかっています。 成人においては、テストステロンは筋肉の量と強度を保つのに必要であり、造血作用を持ち、男性の性行動や性機能に重要な役割を有します。 テストステロンは集中力やリスクを取る判断をすることなどの高次精神機能にも関係します。 テストステロン値が低いと性機能障害、認知機能・気分障害、筋肉量の減少、内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性を介したメタボリック症候群、貧血、骨密度の減少を生じ、男性のQOLを著しく低下させます。 採血のタイミング テストステロンは朝高く夕に低いという日内変動を有するため午前8時から11時までに採血することが望ましいとされています。 重要なのは生体内で男性らしさをつくるために働くことができるテストステロンは限られていますということです。 循環テストステロンの構成は[総テストステロン=遊離テストステロン(1-2%)+アルブミン結合テストステロン(25-65%)+SHBG(性ホルモン結合グロブリン)結合テストステロン(35-75%)]です。 このうち男性ホルモンとしての働きをもつ生物学的活性テストステロンはSHBG結合テストステロンを除いた遊離テストステロンとアルブミン結合テストステロンになります。 加齢とテストステロン 加齢に伴い精巣でテストステロンを産生するライディッヒ細胞が減少すること、あるいは視床下部でのGnRHの分泌量が減少することにより、総テストステロンは低下していきます。 40歳での2-5%、70歳の30-70%でテストステロン値の低下が見られるとされています。 加齢との関連においては総テストステロンが減少するだけでなく、それと同時にSHBGの結合能が上昇しSHBG結合テストステロンが増加します。 このため遊離テストステロンを含む生物学的活性テストステロンが相対的に減少するため加齢に伴い男性ホルモンの働きは顕著に減少するのです。 テストステロンの低値はメタボリック症候群、心血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患のリスクを高め、寿命に関係することが知られています。 加齢男性でのテストステロン減少は、抑うつ状態、性機能低下、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性の悪化、HDLの低下、コレステロール値とLDLの上昇に寄与し、メタボリック症候群のリスクファクターになります。 LOH症候群とは 加齢に伴いテストステロン値が低下することによる症候を late onset hypogonadism LOH症候群、加齢性腺機能低下症 と呼びます。 LOH症候群は、うつ、性機能低下、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性の悪化、HDLの低下、コレステロール値とLDLの上昇に寄与し、メタボリック症候群のリスクファクターになります。 また心血管疾患、糖尿病、呼吸器疾患のリスクを高めます。 LOH症候群には大うつ病の患者が含まれることが多いとされています。 テストステロンが低いと、活力と性機能が損なわれ、QOLに大きな影響を与えることとなります。 テストステロン、遊離テストステロンの年齢別の基準値についての報告をもとに、「手引き」は、テストステロン補充(TRT)のフローチャートを定めています。 血中遊離テストステロン値8. 日本の治療介入基準との相違については、欧米人では血中テストステロンが加齢に伴い、減少していくのに対して日本人ではテストステロン値は変化せずに、遊離テストステロンが加齢に伴い低下していくことを理由としていますが今後再検討が必要です。 症状の評価としては、Aging Male Symptom AMS score が国際的には現在汎用されています AMS pdf。 AMSは、精神・心理、身体、性機能についての17項目についてのセルフアセスメント型の症状スコアです。 17項目についての5段階評価を総計し、合計26以下は正常、27-36は軽度の症状 、37-49 は中等度の症状、50以上は重症としています。 テストステロン補充療法 TRT について TRTの方法としては、経口剤、注射剤、皮膚吸収剤がありますが、わが国では注射剤エナント酸テストステロンのみが保険適応となっています。 通常2週間おきに125mg~250mgを筋注することで臨床効果が得られるが、デポ剤の性質を考えると1-2週ごとに60-125mgを投与していくほうがより生理的に近いと考えられます。 また、ゲル剤は、注射剤よりも生理的であり、欧米ではゲル剤を好む患者が増えていますが、我が国では保険適応外です。 TRTにより、筋肉量、筋力、骨密度、血清脂質プロフいます、インスリン感受性、気分性欲、健康感の改善が認められます。 勃起不全については、PDE5阻害薬の作用を増強します。 TRTにより前立腺癌が生じることはほぼ完全に否定されつつあります。 TRTの臨床試験のメタアナリシスにおいては、プラセボ群とホルモン補充群で前立腺癌が発見される有害事象の頻度は変わらず、むしろテストステロン値が低い患者ではPSAが比較的低値にも関わらず悪性度が高い前立腺癌を高頻度に経験します。 また英国における1300人のLOH症候群患者に対する20年間のテストステロン補充における前立腺癌の発症頻度は2966人年に14人の前立腺癌でした。 これは、すなわち212人年に一人の前立腺癌検出率になります。 これまでの検討では治療前に前立腺癌がない事を必ずスクリーニングして、定期的に直腸診とPSAを測定することで前立腺癌の合併を見逃さない努力がなされています。 そのような前提の上では、テストステロン補充は全く安全に施行可能と考えられます。 このため「手引き」ではPSAを測定し、2. テストステロン補充療法 TRT の問題 わが国で保険適応のあるテストステロン製剤で安全に使用可能なものはエナント酸テストステロンのデポ剤注射のみであり、2週から3週に1回の投与が必要です。 それは2-3週目で血中テストステロンのトラフ(底値)を迎えるためです。 これまでの臨床検討ではこのテストステロンのトラフでの評価が多いため、患者によっては最低値のテストステロンレベルでの評価となることも多く、一定の結果が導き出せなかった可能性があります。 現在、海外ではゲル製剤、さらに長期作用型テストステロン、皮下植え込み型のテストステロンペレットが使用可能です。 これらの製剤は血中テストステロン濃度が安定していますため、症状の安定化も得られやすいと考えられています。 現在、ヨーロッパで長期作用型テストステロンによる、さらに長期のRCTが進行中であり、結果が待たれます。 まとめと専門外来のご案内 高齢者のQOLは今世紀の大きな課題であり、それを解く鍵のひとつに性ホルモンがあると考えられます。 テストステロン値の低下は生活習慣病と関連することから、加齢に伴う性腺機能低下症 late onset hypogonadism: LOHが注目されています。 国際的に男性の健康を考える「メンズヘルス」をキーワードにテストステロンをバイオマーカーとしたアンチエイジング医学が進展しています。 メンズヘルス外来 毎月1・3週 土曜日午前 予約制.

次の