ホンダ フィット 新型。 新型ホンダ・フィット ホーム(1.3Lガソリン車)試乗インプレ:e:HEVとの加速性能と静粛性の差は歴然。だが圧倒的なコストパフォーマンスの高さが光る|ハッチバック|MotorFan[モーターファン]

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ 2020年2月14日発売

ホンダ フィット 新型

ひとクラス上がった印象すら抱く、新型『フィット』。 大胆なデザイン変更を行ったフィットの新世代感は、もう街中や販売店の店先で認識されていることだろう。 そのなかでも注目のモデル、SUVルックの「クロスター」が今回の主役だ。 フィットならではのパッケージングや運転のしやすさは健在だし、ユニークな存在感はそれ以上に魅力が感じられるからだ。 FFモデルはベース車に対し全高で+30mm、地上高は+25mmの160mm、4WDは+5mmの155mmだ。 個性を際立だせたデザイン加飾により、全長はベースに対し+95mm、そして全幅が+30mm(1725mm)となるため、クロスターは3ナンバーモデル。 しかし、ボディ寸法には日本の駐車場事情への配慮がうかがえるし、それでもクロスターの個性はしっかりと感じられるのがいい。 一方でロードクリアランスがもっと欲しい、本格的な4WD仕様が欲しかった、という方には少々物足りないかもしれない。 デザイン面で注目なのは、SUVルックな印象を強める、前後のバンパーやサイドシルガーニッシュ、ホイールアーチプロテクターなどのブラックの専用樹脂パーツ。 さらに専用デザインの16インチアルミホイールが装着される。 ちなみに他モデルはグリルレスだが、クロスターにはグリルがある。 新型フィットには5タイプのモデルが用意されているが、そのなかでもクロスターは最もアクティブでどこにでも連れ出したくなるような自由なムードが強い。 格段に向上した視界の良さと目が丸くなるほどの広さ 新型フィットの魅力は、紹介しきれないほどたくさんあるが、特筆ポイントは2つ。 一つは、大胆な発想の転換により、フロントウインドウの視界がこれまでよりも格段に向上したこと。 新旧を比べれば一目瞭然だが、フロントウインドウを支える左右のピラー(柱)が従来の半分以下の太さになり、従来の視野角が69度なのに対し新型は90度に拡大している。 死角が軽減され、例えば交差点やコーナーでの対向車や歩行者なども発見しやすい。 ちなみに運転席から見て手前(二番目)のピラーが衝突安全性やボディ補強の役割を主に担うことで、万一衝突した場合と、視覚的な安全性を共に向上させることができたのだ。 もう一つは「広い!」と思わず声を出してしまったほどの室内の広さ。 フィットとしては、相変わらずのセールスポイントでもある。 が、わかっていても目が丸くなる。 さらにシートアレンジ次第で、収納力は拡大可能。 インテリアの清潔感とシンプルな雰囲気も魅力だ。 走りはドッシリとした安定感とフラットさが印象的 続いて動力性能。 新型フィットでは、1. 3リットルのガソリンエンジンと1. 5リットル+2モーターのハイブリッド「e:HEV」が選べるが、今回はe:HEVに試乗。 フィットとしては、初めてモーター駆動を主動力とするシステムを採用しているのだ。 だいたいの場合、EVのように走る。 出足から静かにかつスムーズに走りだし、加速時の瞬発力や力強さ、そしてモーター駆動を操るアクセルペダルとのリニアな連携も申し分ない。 一方で高速走行時は燃費効率に優れたエンジンが主力となる。 乗り心地は、ドッシリとした安定感とフラットさが印象的。 コーナリングでごくわずかなロール感があるが、ボディの骨格がしっかりとしているおかげで、しなやかなハンドリングと相まってバランスが良く扱いやすい。 e:HEVの頼もしく扱いやすい動力と運転のしやすさも新型の大きな進化であり、クロスターでもそれは同様なのだ。 また「これまでならこのクラスとしてはあり得ない」と開発者が言う、設計から見直されたシートもぜひ注目してほしい。 クロスターには撥水加工がほどこされたシートを採用しており、利便性も高い。 新型フィットの魅力や質の向上を、全身で感じることができるはずだ。 独自の視点は『人とクルマと生活』。 ドライビングインストラクターとしての経験も10年以上。 現在は雑誌、ラジオ、TV、シンポジウムのパネリストやトークショーなど、活動の場は多岐にわたる。 《飯田裕子》.

次の

ホンダ 新型 フィットと現行フィット スペック徹底比較

ホンダ フィット 新型

うーん、ライバルに比べてちょっと高めですかね? <新型フィット4の車両価格> グレード エンジン ミッション 駆動方式 車両価格 税込 BASIC 1. 3Lガソリン CVT FF 1,557,600円 HOME 1,718,200円 NESS 1,877,700円 CROSSTAR 1,938,200円 LUXE 1,977,800円 BASIC 1. 3Lガソリン CVT 4WD 1,755,600円 HOME 1,916,200円 NESS 2,075,700円 CROSSTAR 2,136,200円 LUXE 2,186,800円 BASIC 1. 5Lハイブリッド CVT FF 1,997,600円 HOME 2,068,000円 NESS 2,227,500円 CROSSTAR 2,288,000円 LUXE 2,327,600円 BASIC 1. 新型フィット4のベースモデルは1,557,600円となっています。 新型フィットのトランスミッションはCVTのほか、6MTの設定が用意される予定で、CVTの車両価格とは異なります。 前モデルと比較すると、ベースモデルの車両価格は 約30,000円高くなりましたが、ホンダセンシング装着車の1. 3Lガソリンエンジン車で約120,000円安くなっていることから、安全装備が装着された新型フィット4は手に入れやすい車両価格になっているといえるのです。 【フロントマスク】• 全体イメージ 旧型は昆虫的なデザインで好き嫌いがはっきり分かれた。 新型はフィット従来のカワイイ系、 犬型デザインで万人受けしそう。 フロントマスク かなり大胆に変更。 新型はグリル部分にプラスチックが少なくなりシンプルなデザイン。 サイドライン(矢印部分) 旧型の強く深いプレスラインを廃止し、新型は浅めですっきりした印象。 リアビュー メッキモールがなくなりシンプルに。 リアコンビネーションランプは縦型から横型に変更。 プレスラインも薄くなり全体にスッキリしたデザイン。 新型フィット4のエクステリアは新デザインが採用され、5つのグレードによって個性が演出されています。 フィットの外観は5タイプ• BASICは、どこか和やかなフロントマスク、および流れるようなフォルムデザインが特徴で、親しみを感じやすい。 HOMEは、全体のカラーや素材をそろえており、室内にいても質感の高さを感じることができます。 LUXEは、専用の16インチアルミホイールを装着し、プラチナ調クロームメッキが採用され、上質感をアピール。 NESSは、気持ちが高まるカラーコーディネートをしており、軽快なファッションが人気を高める。 CROSSTARは、3ナンバーサイズとなっており、専用の大口径ホイールを装着しているほか、アウトドアでも違和感なく使うことができるデザインをしています。 前モデルのフィットは力強いデザインが特徴でしたが、新型フィット4では従来の路線に戻り、女性にも好まれるポップねデザインが採用されているのです。 ちなみに、新型フィット4のボディサイズは以下のようになっています。 <新型フィットのボディサイズ> 全長 3,995mm 全幅 1,695mm 全高 1,540mm ホイールベース 2,530mm 最低地上高 135mm 車両重量 1,070kg CROSSTARは上記の全高より30mm高くなり、最低地上高についてもCROSSTARは160mmとなりますので、アウトドアにも使用できるデザインといえるでしょう。 また車両重量は、ハイブリッド車は1,080kgです。 新型フィット4のボディサイズは5ナンバーサイズで運転しやすいサイズとなっています。 また運転席からの視界も広くなりましたので、より使い勝手が向上しています。 フィットのインテリア 【参考】旧型フィットのインテリア 新型フィット4のインテリアは、5つのグレードのエクステリアに合わせて専用のカラーが設定されています。 NESSやCROSSTARのようにアウトドアでも活用できるグレードには、汚れに強い撥水シート表皮が施され、質感が高いLUXEでは本革シートを採用。 フロントピラーは、衝突時にボディへ荷重が流れる構造が採用され、衝突安全性能を向上させるとともに、ワイドな視界を実現しました。 インテリアパネルは、シンプルな水平・直線基調のデザインとなっており、フロントワイパーもフロントガラス下に収納されていますので開けた視界のもとで運転することができます。 カラーディスプレイが搭載されたメーターには、さまざまな情報が分かりやすく表示されるようになっています。 カラーディスプレイが搭載されたメーターは見やすい 新型フィット4の乗り心地は評価が高いのですが、その理由の1つとして上級セダンに搭載されても不思議ではないボディスタビライジングシートを採用。 このシートは体をしっかり支えてくれるため、長時間のドライブでも疲れません。 リアシートは従来通りのシートアレンジが可能で、快適な座り心地を実現。 その他、カバンを手の届く範囲におくことができるテーブルコンソールや、手足が触れやすいところにはソフトパットが施されているなど、乗っている方への配慮がなされているのです。 スポーツモデルのフィットモデューロXには、専用本革ステアリングホイール、コンビシート、フロアカーペットマットが装備されています。 新型フィット4の室内は、以下の大きさになっています。 <新型フィットの室内サイズ> 室内長 1,935mm 室内幅 1,450mm 室内高 1,280mm 新型フィット4は、コンパクトカーながらも広めでゆったり過ごせる室内空間を実現しています。 新型フィットの対抗ライバル車種は? 新型フィットの対抗車種として挙げられるのは、トヨタ・新型ヤリス、日産・ノートe-POWER、スズキ・スイフトでしょう。 まずそれぞれの車両価格を比較してみましょう。 <新型フィットの対抗車種の車両価格比較> 車種 車両価格 フィット 1,557,600~2,536,600円 アクア(ハイブリッド専用) 1,818,300~2,198,900円 ヤリス 1,395,000~2,493,000円 ノートe-POWER 1,447,600~2,689,500円 スイフト 1,375,000~2,053,700円 ノートe-POWERやスイフトも対抗車種ですが、トヨタが2020年の2月に新型ヤリスを発売したので、新たに新型フィットのライバルが増えることになります。 車両価格帯は、新型フィットのスタート価格が対抗車種より高くなっており最高価格も比較的高くなっています。 では次にスペックについて比較していきましょう。 1m 5. 2m 4. 8m 車両重量 1,070kg 940~1,180kg 1,190~1,310kg 960kg 燃費性能 20. 4~29. 2~36. 4~37. 室内サイズについては、現行ノートe-POWERより室内長やホイールベースが小さいですが、前席・後席どちらに乗っても窮屈さを感じることなくドライブすることが可能です。 また室内幅や室内高は対抗車種より広いことから、圧迫さを感じることはありません。 車両重量は、1,000kg以上となっており、ヤリスやスイフトのように1,000kgより軽い車のほうが自動車重量税は安くなります。 ただ都市部によくみられる重量制限がある機械式駐車場でも、難なく駐車することが可能です。 燃費性能は、ノートe-POWERが37. 現行スイフトの燃費についてもJC08モードのものとなります。 それに対して新型フィット、ヤリスの燃費はWLTCモード総合での値です。 WLTCモード総合のほうが実燃費に近い値になりますので、ノートe-POWERの実燃費の値は37. ヤリスほど燃費は伸びませんが、それに次ぐ燃費の良さを実現しているのは新型フィットなのです。 フィットのパワーユニット 新型フィットのパワーユニットは以下のようになっています。 <新型フィットのパワーユニット> ガソリン車 ハイブリッド車 パワー トレイン 直列3気筒1. 3Lエンジン 直列4気筒1. 2kgm 新型フィットには、新しく2モーター式ハイブリッド「e:HEV」を搭載。 新型フィットハイブリッドでは、インサイトに採用された2モーター式に変更したのです。 2モーター式のe:HEVは、1モーター式より高い環境性能が実現されているほか、発電用と走行用のモーターを使い分け、3つの走行モードで走りを感じることができます。 フィットの走り 新型フィットは運転席からの視界が非常に広く、十分に安全を確認しながら運転することができます。 新型フィットのフロントサスペンションはしっかり動いてくれるものが採用されていますので、乗り心地は抜群です。 新型フィットにはボディスタビライジングシートが採用されており、程よい方さが座り心地がよく、安定性があることを感じさせます。 コーナリングもハンドルを切る度に快感を覚えさせ、不快さを感じることなく走行することが可能です。 ハイブリッド車も滑らかに発進するだけでなく、加速するとエンジンの回転数が上がるため音は若干大きくなりますが、高速走行でもふらつくことがありませんので、安心して運転することができるでしょう。 新型フィット4の試乗評価は高く、運転するあなたを楽しませてくれるのです。 フィットのカラーラインナップ 新型フィット4のボディカラーは、モノトーンカラーが10種類用意されています。 CROSSTARは専用カラーの設定があり、計8種類のボディカラーが用意されています。 2トーンカラーについては、HOME、NESS、CROSSTAR別にそれぞれ設定があります。 このように新型フィット4にはさまざまなボディカラーの設定がありますので、自分好みのボディカラーを選ぶのも良し、将来新型フィット4を少しでも高く売却することを考えるのであれば、ホワイト系やシルバー系のボディカラーを選択して、高いリセールバリューをねらうのもいいでしょう。 フィットの燃費性能 新型フィット4の燃費性能は以下のようになっています。 <新型フィット4の燃費性能> エンジン 駆動式 WLTCモード総合 JC08モード 1. 燃費性能は、WLTC総合モードとJC08モードが発表されていますが、より実燃費に近いのはWLTC総合モードの値です。 ガソリン車、ハイブリッド車ともに、燃費性能が悪い車ではないといえるでしょう。 それについては後述の対抗車種と比較していただくことでご理解いただけると思います。 ホンダ新型フィットの評価・口コミを辛口チェック!まとめ 新型フィット4の車両価格帯は150万円~250万円と広くなっています。 新型フィット4のハイブリッドでは、インサイトに採用された2モーター式が搭載されるなど、前モデルより大きく進化。 設定されている5つのグレードによって、エクステリア・インテリアの特徴が異なりますので、自分に合った新型フィット4を探すだけでも楽しくなります。 ボディカラーも豊富に用意されていますので、あなたの好きなボディカラーを選んでください。 新型フィットには国内に多くのライバル車があり、それらの車種と比較しても、新型フィットは対抗車種に負けない性能を有していることを知っていただけたと思います。 ホンダフィットの商談に行く前に… 人気の新型フィットを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

【販売絶好調!!】首位を狙う新型フィットが背負うホンダの浮沈と不安要素

ホンダ フィット 新型

2020年2月発売決定! 新型フィットからスポーツグレード「RS」が廃止。 シビックの系譜を引く名グレードはなぜ消滅? 復活の可能性はあるか!? ホンダの人気コンパクト、フィットが間もなくモデルチェンジで通算4代目となる新型に刷新。 同月に発売されるトヨタの新型ヤリスとともに2020年の大物新車として注目が集まっている。 そんな新型フィットだが、実は現行モデルに設定されている「RS」が廃止されることが明らかになっている。 「RS」は1974年に初代シビックに初めて設定されたスポーツグレード。 当初、新型フィットに搭載が見込まれていた1Lターボエンジンが搭載されなかった理由とともに、RSが廃止された理由と今後の可能性を追った! 文:遠藤徹 写真:HONDA、編集部 競合ヤリスは「GR」設定! 新型フィットに「RS」ない理由は? 2020年2月発売の新型フィット。 4グレード構成で「RS」はラインナップされないことが明らかとなっている スポーツモデルは走りを重視してクルマを購入したい若い層中心のユーザーにとっては楽しみだし、メーカーや販売店は量販戦略モデルにとってイメージリーダーモデルにもなるからきわめて大切な存在であることは間違いない。 今回の新型フィットに存在していない理由は、 「従来モデルに比べて大幅なコンセプト変更を行っている。 幅広いユーザーに浸透させるために、特徴づけたグレード構成としている。 まずこれまでと大きく路線変更していることをアピールすることが第1と考えてこれまでの延長線上にあったRSを除いたラインアップ構成にしたのではないか」(首都圏ホンダカーズ営業担当者) と分析する。 ということは、現行新ラインアップを浸透させ、これが一段落した時点で次のステップとしてどうするか考えるということであろう。 トヨタはスポーツ色の強いカスタマーズモデルとして、「GRスポーツ」を各モデルに展開している。 フィットのライバル車である「ヤリス」もしかりである。 ヤリスは、新型フィットとほぼ同じ時期の2月10日に発売するが、GRスポーツは半年後の8月頃に投入する予定である。 「RS」追加設定の可能性 有力な搭載エンジンは? 現行型フィットRS。 5Lエンジンを搭載し、エアロパーツなどの外観だけでなく足回りも専用セッティングを施したスポーティグレード 「フィット RS」も同じような考え方で追加設定する可能性がある。 今回の新型フィットは大幅な路線変更であるから、浸透するまで相当の時間がかかると予想できる。 1年後の一部改良、あるいは2年後のマイナーチェンジあたりになると予想される。 搭載するパワーユニットはどうなるか。 現行モデルでは1. 5LガソリンNAエンジンで6MTとCVTのラインアップとなっている。 次期型はさらなるポテンシャルアップが期待できる。 5LのNAでは物足りないはずだ。 標準モデルの1. 5ハイブリッドが、従来の1モーター2クラッチから2モーターに変更になることで、ひとつのモーターがアシストによってトルクアップに使えるぶん、走りのポテンシャルアップが図られる。 そうなると1. 5L・NAガソリンではスポーツバージョンとしての走りの実現に不満が残る。 これをカバーし新世代フィット RSを構築するにはターボによる武装が必要になるはずである。 3か1. 5Lのターボエンジンを積むことで仕立てる可能性がある。 5Lはすでにヴェゼルやステップワゴンに搭載しているので、これをアレンジすればコスト的に助かるという考え方も成り立つだろう。 噂の1Lターボエンジン搭載はあるか? 2013年の「ホンダミーティング」で公開された1Lターボエンジン搭載のシビック試作車。 後に欧州では市販されており、最高出力126ps、最大トルク200Nmというスペック 一方、噂された1リッターターボはどうだろうか。 50%のパワーアップとダウンサイジングによる低燃費、税制での節約が可能というメリットがある。 従来の1. 3&1. 5L・NAをカバーできる狙いがある。 こちらも開発しているのはほぼ確実と思われる(編注:1Lターボエンジンは欧州シビックで実用化済)。 現行ラインナップに加わらなかったのは先行して搭載する1. 3L・NAエンジンのマーケット評価を見定めてからといった戦略を考慮しているためと思われる。 5L・NAを新型で除いたのは近い将来、1Lターボを追加するのでオープンポイントにしておく必要があったともいえる。 こちらが投入されるとすればいつになるか。 3年後の2023年にはビッグマイナーチェンジの時期になるので、これにタイミングを合わせるのが有力といえる。 フルモデルチェンジしてから6年経過しないと次期型にバトンタッチできないので、その間に商品ラインアップを絶えず強化したいため、さまざまなテコ入れが必要になっている。 RSや1Lターボエンジンの設定はその一環としての戦略といえる。 ワインディングでも走りが楽しめるフィットRS。 トランスミッションもCVTだけでなく6MTを選ぶこともできた 【証言1:首都圏ホンダカーズ営業関係者】 新型フィットは投入時期が3ヵ月も延期されたが、モデルそのものは好評で3ヵ月待ちの状況となっている。 RSの設定はないのかといった問い合わせは今のところほとんどない。 5ハイブリッドが、かなり高性能に振っているのでユーザーへの満足度は高いに違いない。 ただ、RSでマニュアル車を希望するユーザーは今回設定していないので、不満が残るかもしれない。 こちらについてはいずれ発売になるはずだからもうしばらく待って欲しいと説明するようにしている。 【証言2:首都圏ホンダカーズ営業担当者】 1Lターボエンジンは比較的有力な噂だったので、てっきりラインナップに加わると予想していた。 ラインアップに加わらなかったのは、まず初採用の1. 5ハイブリッドの2モーターを目玉として先行させたかったからだろう。 同時に1Lターボ車を発売してしまうとホンダとしては初採用になり、こちらの方が注目されて1. 5ハイブリッドの2モーターの影が薄くなってしまうと考えたからだろう。 いずれにしろ2~3年後には別バージョン車として投入されることを期待している。 専用色のサンセットオレンジが、かつてのシビックを思わせるフィット RS。 リアのバッジがその証。 象徴グレードとして復活を期待したい.

次の