ステンドラ 併用禁忌。 ステンドラ通販|ED治療薬

ステンドラの処方と服用方法│新宿駅徒歩1分のフィットクリニック

ステンドラ 併用禁忌

初診料、再診料は無料。 治療費はお薬代のみです。 予約は不要ですぐに院内処方できます。 1錠から処方いたします。 医師を含めスタッフは全て男性です。 アバナフィルの料金はください アバナフィルとは? アバナフィルは新しいのED治療成分の一つで、グローバルに流通・販売・処方される国際的なED治療薬としては第4のED治療薬です。 アバナフィルはバイアグラに続けと、日本で研究開発がはじまったED治療成分で、2001年まで日本の大手製薬会社、田辺三菱製薬で研究開発が進められてきたED治療薬です。 詳細は不明ですが、2001年に田辺三菱製薬が日本やアジアの一部の地域を除いた全世界におけるアバナフィルの研究、開発、製造、販売に関する権利をアメリカ・カルフォルニア州に本社をもつ中堅製薬企業ヴィヴィス社(Vivis)に譲渡しています。 2001年以降はヴィヴィス社(Vivis)が治験などの研究開発を主導し、2012年にFDA(アメリカ食品医薬品局)にED治療薬として認可され、アメリカにおける第4のED治療薬として販売、処方が開始されました。 症状に応じて薬の強さを使い分けられるようになっている点は従来のED治療薬と同じです。 (当院では100mg製剤を希望される患者さまに処方しています。 (渋谷三丁目クリニックでは厚生労働省地方厚生局の個別の輸入許可を得て、希望する患者にアバナフィルを処方しています アバナフィルの料金はください アバナフィルの特徴 アバナフィルは日本発祥のED治療薬と上述しましたが、従来のED治療薬と比較してなにが違うのでしょうか?効き目や副作用が同じであればバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)といった日本国内で従来使用されてきたED治療薬で十分ですね。 アバナフィルを従来のED治療薬と比較して 一番の特徴は即効性です。 添付文書上は、空腹での服用の場合15分程度で聞き始め30分程度で効果がピークに達するという、いままでED治療薬では考えられないような即効性が臨床データとして報告されています。 参考までにED治療薬の効果比較表を以下に掲載します。 欠点があるとすれば副作用がやや出やすいこと(レビトラと同程度)、併用禁忌薬や禁忌合併症がレビトラと同程度に多いことがあげられると思います。 以下にアバナフィルの副作用や禁忌について掲載します。 ステンドラ服用による一般的な副作用• 顔のほてり、のぼせ、目の充血、頭痛、鼻づまり(鼻水)、筋肉痛(腰背部痛) これらの副作用は発現頻度や程度の差はあるものの、どのED治療薬にもみられる一般的な副作用です。 生命や健康に影響を及ぼす重大な副作用ではありません。 その他のにごく稀に起きる重篤な合併症 持続勃起症、失明、難聴、などが知られています。 (ほかのED治療薬も同様の副作用が報告されています) アバナフィル(ステンドラ)服用禁忌合併症一覧ステンドラを処方できない方 禁忌一覧 : 以下の項目に一つでも該当される方は、ステンドラ錠の服用はできません。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を使用中の患者• 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者• 亜硝酸アミルや亜硝酸ブチルを主成分としたサプリメントを使用中の患者• 先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等) 又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者• 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者• 重度の肝障害のある患者• 血液透析が必要な腎障害• 低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は 治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧> 100mmHg)• 不安定狭心症のある患者• 抗HIV薬(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビル,サキナビルメシル酸塩, ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,ダルナビル)を使用中の患者• ケトコナゾール,イトラコナゾールを服用中の患者• クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシンを使用中の患者• 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる] アバナフィル(ステンドラ)服用禁忌合併症一覧ジェネリックバイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、 これらは服用した方の9割に付随する副作用でございますので、 効果の発現の合図と考えていただくとよいでしょう。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や光に過敏になり色が変化して見えたり等もございますが、作用している 4~6時間で症状はおさまるようであればあまり気にしなくても結構です。 過去には、心臓突然死や腹上死との関連が指摘されていたこともございましたが、 現在では、関連は少ないと考えられております。 プライバシー厳守!スタッフは全員男性です ステンドラ、ジェネリックステンドラ(アバナフィル製剤)の処方は、非常にデリケートな問題です。 渋谷三丁目クリニックではプライバシー保護にも十分に配慮しております。 渋谷三丁目クリニックのドクター・事務スタッフは、すべて男性です。 また、院内処方を採用しており、無用な他者との接触を回避することができます。 当クリニックは渋谷駅から徒歩1分の立地にあるビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はなく、エレベーターで待合室に直接入れます。 詳しくはを御参考下さい。 また、当クリニックから患者様宛に郵便物などは一切送付いたしませんのでご安心ください。 ED治療はインターネットを用いたも可能です。 通院しにくい方も安心です。

次の

第四のED治療薬ステンドラ!管理人がステンドラを使ってみた結果

ステンドラ 併用禁忌

ステンドラを使った結果 ステンドラを購入した理由は、既存のED治療薬に飽きてきたことでした。 何か新しい刺激を欲して、私がよく使う通販サイトお薬なびで商品を見ていたら、 ステンドラという興味深い商品が販売されているのを見つけました。 そして、意を決して購入してみることに。 使った感想としては一言でいうと、 使い勝手良すぎ!!でした。 なぜかというと、15分と最速に近いレベルで効果が出る上に、食事の影響をほぼ完全に受けないからです。 万能に近いED治療薬で、これまでの ED治療薬の集大成という感じの薬でした。 ですが、一つだけデメリットがあるとすれば、 持続時間が3~6時間と短い点ですね。 この点はシアリスで補完できるかと思います。 ここからは余談ですが、私の趣味はお恥ずかしながらパパ活です(プロフィールにも書いています)。 パパ活というのは、必ずみんなお金を払えばセックスさせてくれる女の子ばかりではありません。 「このパパならいいや」と思われなければセックスできないということです。 そのため、パパ活でラブホテルまで行けた女の子とのセックスに失敗はしたくないものなんです。 実は、そんなタイミングにステンドラは 男の最高のアイテムになります。 なぜなら、ラブホテルに行く前というのは、大体食事と飲酒をした後だからです。 つまり、食事の影響も受けない、 速攻で効くステンドラはそんなときに最適というわけです。 大事なセックスに失敗したくないなら、ステンドラを常備しておくことをオススメします。 ステンドラの口コミ バッファローさん 食後と食前両方試しました。 食前はバイアグラ並みに勃起力すごいけど副作用がきつくてソレどころじゃなかったです。 で、食後に飲むとちょっと効きが緩やかな感じ。 胃に物が入ってるから副作用のつらさも半減してこっちの方が自分には合ってるかな。 それと、100mg一回に飲んだら気分悪くなったから錠剤は最初半分にして試した方がいいかも。 ステンドラはどんなクスリ? ステンドラはどんなクスリかといわれると、私的に一言でいうと ED治療薬の集大成という感じです。 なぜかというと、バイアグラの 力強い勃起も継承し、レビトラの 即効性も継承し、シアリスの 食事の影響をほとんど受けない性質も継承しているためです。 唯一ないのがシアリスの長時間作用くらいで、ED治療薬はステンドラとシアリスの使い分けでいいんじゃないかと思うほどです。 ステンドラってなに? ステンドラとは、Menarini Groupが販売を行うED治療薬です。 成分はアバナフィルといい、元々は 日本の田辺三菱製薬が開発しました。 海外読みだとスペドラと読みます。 近年、その効果の高さから 世界中で利用者が爆発的に増加しているED治療薬です。 ステンドラの効果 ステンドラの効果は、 勃起の原因となる酵素を阻害することで、陰茎に 勃起に必要な分の血液を流すことです。 こういった薬のことを、「PDE5阻害剤」と呼びます。 他のED治療薬と異なる点は、 成分の吸収が非常に速いことです。 最大血中濃度に30分~45分で達します。 それを裏付ける証明として、 3分の2の人が15分以内に効き目を感じるという研究データもあるほどです。 ステンドラの副作用 ステンドラは、ED治療薬のなかでも副作用が少ないとされています。 あのシアリスよりも軽減されているともいわれています。 ですが、ステンドラにも副作用が起きる可能性はあります。 以下に、主な副作用とごくまれな副作用をあげます。 ごくまれな副作用• NAION• もし効果が切れても症状が続く場合、重篤化しているおそれがあるため、直ちに病院で医師の診察を受けて下さい。 ステンドラの飲み方 ステンドラは、 性行為の30分前くらいに服用するのがベストです。 効果が効きはじめる時間には個人差があるため、効果が表れるのが遅い人は適宜時間を調節して服用して下さい。 服用上限は 1日1錠までです。 なるべく空腹時に服用することで、素早く効果を得ることができます。 次に服用するまで間隔を24時間以上あけるようにして下さい。 また、1度の服用の 最大用量は200mgです。 ピルカッターで200mgの錠剤を半分に割り、100mgにして服用することも可能です。 ステンドラを飲むときの注意 ステンドラを飲むときの注意点を以下にあげます。 飲むときの注意点• 過剰摂取は絶対NG• グレープフルーツ• 興奮剤ではない たまにある勘違いで、 決められた用量を2倍にして服用することで、効果も2倍になるではないかと期待する人がいます。 結論としては、用量を2倍にしたとしても効果が2倍になることはありません。 逆に 副作用の発生リスクが高まるため、過剰摂取は絶対NGです。 意外ですが、 グレープフルーツと薬剤は相性が悪いです。 なぜかというと、グレープフルーツには 薬の効果を強める作用があるからです。 ステンドラもその例外ではなく、効果を強めてしまいます。 効果が強まるならいいのでは?と一瞬考えてしまいますが、効果が強まるということは 副作用も強まることを意味します。 そのため、グレープフルーツとステンドラは併用はNGになります。 ステンドラはあくまで 勃起をサポートする薬です。 大人のおもちゃを売っている店で、店頭に並んでいるような 興奮剤ではありません。 AVを見る、前戯を行うなどしなければステンドラを服用したとしても、勝手に勃起することはないため、安心して下さい。 食事とアルコールの影響 ステンドラは食事の影響を最も受けにくいとされるED治療薬ですが、完璧に受けないわけではありません。 服用前に 脂質の多い食事などを大量に摂取すると、さすがに影響を受ける可能性があります。 なるべく、 空腹時に服用することで、ステンドラ本来の効果を発揮してくれます。 つまり、多少の食事程度ならそこまで神経質になる必要はないということです。 また、アルコールも同様です。 泥酔状態になるほどでなければ影響は少ないため、服用前の少量のアルコール摂取は問題ありません。 ステンドラと一緒に飲めない薬と注意が必要な薬 ステンドラの併用禁忌薬・注意薬は以下になります。 併用注意薬• CYP3A4阻害薬・誘導薬 (ダルナビル、サキナビル、リトナビル)• ステンドラを飲めない人 ステンドラは飲めない人は以下になります。 低血圧の方• 治療を行っていない高血圧の方• 心血管系障害がある方• 重度の肝機能障害のある方• 重度の腎機能障害のある方• 血液細胞に問題のある方(白血病、多発性骨髄腫など)• 過去6カ月以内に心臓手術を受けた方• 脳梗塞、脳出血、心筋梗塞に6か月以内に罹患した方 通販で購入できるステンドラジェネリック ステンドラにジェネリック薬が存在します。 以下でオススメの商品を紹介していきます。 ドラスマ 効きます! 中折れ知らずさん 最近、疲れてくると勃起維持が難しくなってきたこの頃でしたが1時間前に飲んでから最後の射精までしっかりしてます。 パートナーも安心してます。 ありがとうございました。 また、買います! コスパも良いです。 anshin-tuhan. また、購入するなら通販のジェネリック薬がお得で、ドラスマやアバナが個人的にオススメです。 私自身、どちらも使ったことがありますが、先発薬ステンドラと全く効果に違いはなかったので安心して下さい。

次の

ステンドラ|シアリスよりも抜群の利便性!

ステンドラ 併用禁忌

ピックアップ• オススメ商品• カテゴリー• ED治療薬• AGA治療薬• 女性薄毛治療治療薬• シャンプー・トリートメント• STD(性感染症)治療薬• 早漏防止薬• ナイトライフ• メンタル・脳(機能)• 肌ケア・トラブル• アンチエイジング• 多汗症・ワキガ• ホワイトニング• ダイエット・筋肉増強• 禁煙治療• その他• 関連コラム• ステンドラの目次• 日本国内においては未承認のため販売されていませんが、日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関「FDA」で承認された薬です。 ステンドラは当初、日本で開発が進められていたものでした。 有効成分アバナフィルの開発研究を進めていた日本の田辺三菱製薬社が、 2001年に製造・販売権をアメリカのVivusse社に譲渡し、FDAで承認されたという経緯があります。 EDの直接原因である酵素PDE5の働きを阻止してスムーズな勃起を促すというメカニズムは従来のED治療薬と同じですが、数あるED治療薬の中で最も即効性があり、と並びつつも効果が持続するバランスの取れたED治療薬です。 早ければ服用後15分ほどで効果が現れたというデータもあります。 ED治療薬は服用のタイミングを計算するのが面倒ということで敬遠していた方にもお薦めの薬と言えます。 ステンドラは精力剤ではない ステンドラは、有効成分アバナフィルの働きでペニスの血管を拡張し、陰茎組織への血流量を増加することによって勃起不全を解消するED治療薬です。 視覚や聴覚、触覚を通して与えられる性的刺激があって初めて勃起のメカニズムが働き、アバナフィルが効果を発揮します。 この薬自体に性的欲求を高めて勃起を促す、いわゆるのような働きはないので、その点には注意する必要があります。 その他のED治療薬との違い ステンドラが登場する2012年より前、ED治療薬といえば、、の3大ED治療薬と韓国で製造されたザイデナでした。 これらとステンドラとの間には違いがあります。 ステンドラの作用のメカニズムは、その他のED治療薬と同じく 勃起を妨げる酵素PDE-5を阻害し、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解させずに、十分な血液量を陰茎内部に運ぶことで勃起を保つまでは同じです。 しかし一方で、その効果が現れるまでの時間がこれまでのED治療薬に比べ格段に早いという大きな違いがあります。 ステンドラは服用後15分というより早い時間で効果を現します。 またその効果がピークに達するのは服用後3~6時間とバランス性に優れています。 力強さがバイアグラ、即効性はレビトラ並みの効果があることから、新しいED治療薬として今注目を集めています。 ステンドラジェネリックとは 2012年にアメリカのFDAによって承認されて販売がスタートして以降、欧米を中心に新たなED治療薬として注目されているステンドラですが、2019年現在、日本では承認されておらず、ED専門クリニックなどの医療機関でさえ処方してもらうことはできません。 一方、世界的にはすでに高い評価を受けているステンドラは、特に効果が現れるまでの時間が短いこと、副作用が他のED治療薬に比べて少ないことで多くの支持を集めています。 現在国内の医療機関でED治療薬の処方と言えば上項にも並べた3大ED治療薬のみですが、良い所取りをしたステンドラ、またそのジェネリック医薬品は通販サイトを利用しなければ購入することができない、日本では特別なED治療薬なのです。 ジェネリック(後発医薬品)とは ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。 含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。 また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合も多く、先発薬で補いきれなかった不足点を改良して販売されているものも多く存在します。 ジェネリック医薬品と聞くと、多くの人がまだ知識不足のため嫌がる人も多いのが現状ですが、ジェネリック医薬品を販売するにあたって承認審査があります。 この承認審査では先発薬の成分と比較して 成分・品質・効き目・安全性など厳しい試験に合格したものだけが販売されるため、安心して服用することが可能です。 ステンドラとの違いは? ステンドラとそのジェネリック医薬品との大きな違いは、味や形状そして価格にあります。 有効成分は上記でお話ししたようにいずれも同じアバナフィルとなっているため効果は全く同等の物となります。 ジェネリック医薬品は別名、後発医薬品とも呼ばれ、成分の変更は認められませんが味や形状の変更は問題ないとされているため、大きさを小型化したり、味が付いて服用しやすいものも登場しています。 また、先発薬を製造するように開発費や臨床試験の費用をかけることがないため、その分価格を抑えることで安値販売されるのも違いの1つです。 ステンドラジェネリックがオススメな人 ステンドラやそのジェネリック医薬品の最大の特徴はレビトラにも負けない即効性とバイアグラと同等の力強さを兼ね備えている点になります。 しかし同時にED治療薬を服用することはできず、どちらか一方のメリットを取るしかありませんでした。 ステンドラは双方の良いところを兼ね備えていることから、どちらを選択するか迷っている人にはおススメな商品です。 また、先発薬であるステンドラでさえ日本国内では承認を受けていないため入手することができず、医療機関を使ってED治療薬を入手している人は、保険適用外となり、高額の医療費がかかっています。 経済的負担を減らす意味でもステンドラのジェネリック医薬品は非常にお得です。 副作用の点でも他のED治療薬と比較して、少ないとされています。 過去に違うED治療薬で副作用が生じてしまった方でも、ステンドラやステンドラジェネリックであれば副作用の悩みも軽減できるでしょう。 その点でもお薦めできる商品となっております。 海外のステンドラジェネリック ・ドラスマ インドのLecmaz(レクメズ社が製造販売している製品です。 丸く白い錠剤が特徴で、日本人が監修に入っていることから安心面でも高い商品です。 ネットのくすり屋さんでは1錠500円(最安値)~購入可能です。 ステンドラジェネリックを通販で購入するメリット 先発薬であるステンドラ自体が日本で未承認のため販売されておりません。 そのため、ステンドラジェネリックも当然ですが日本では処方されることがないため、通販サイトを利用する以外は入手不可能となります。 バイアグラとレビトラを兼ね備えた力を持つステンドラを入手できるだけでもメリットが大きいかと思います。 また、従来のED治療薬を国内の正規ルートで入手する場合、 診察費用、検査費用、薬代、場合によっては交通費などすべてが実費扱いとなりますが、通販サイトではそういった費用を必要とせず、スマホ1台で注文可能な面でも魅力の1つです。 どこでも 手軽に注文することができ、誰かと顔を合わせてしまいプライバシーが損なわれる必要がない、日本国内では購入できないステンドラの購入、これこそが通販サイト最大のメリットでしょう。 ステンドラの偽物に注意 ステンドラは第4のED治療薬として世界的に人気を集めています。 その人気に乗じて、通販サイトの中には偽物を取り扱っている悪徳サイトが見られます。 ステンドラと称して中身が違うものを販売していたり、支払いを済ませても一向に届かず、問い合わせようとするとそのサイトはもう消えていたりと、非常に悪質な行為が行われていることもあるようです。 市民が信用しているクリニックでさえも 一部悪質な医療機関では販売しているなど、国内未承認の医薬品は店頭に並んだりクリニックで処方されることは絶対にありません。 偽造品のステンドラを服用してしまうと、思わぬ副作用、健康被害を受けることになるため、絶対に購入や服用は避けることが大切です。 有効成分アバナフィルとは EDの直接的原因は、 PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が活性化することで、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまい、勃起状態が持続できない状態となっています。 性的興奮度が高まると、男性は脳から性器へとサインを出し、結果的にcGMPの量が増え、血液が性器内部の海綿体へと流れ込むことで勃起します。 アバナフィルには、勃起の妨げになるPDE-5の働きを阻害する働きがあり、勃起に必要なcGMPの濃度を高め、十分な血液量が性器に行き渡ることでEDが解消されます。 また、性的興奮が静まると勃起状態を維持しているcGMPへPDE-5が働きかけて、ペニスを静めますが、アバナフィルの効果が持続している時は、PDE-5へ働きかけているため、ペニスが静まりにくく、勃起状態を維持することができます。 また、アバナフィルには、胃腸で溶けやすい性質があり、その分だけほかのED治療薬の有効成分よりも最高血中濃度に至るのが早いという特徴があります。 アバナフィルの臨床試験結果 アバナフィルがEDに対して効果を認められたのは、臨床試験でしっかりと効果を立証できたためです。 EDに悩む男性を対象にアバナフィルを服用してもらい、割合を出したところ、臨床試験前では膣内成功率が46%、射精まで性行為を続けられたのは、わずか13%程度でした。 臨床試験ではアバナフィル100mgを服用し、性行為を行ってもらったところ 膣内成功率が46%から73%、射精まで性行為を続けられたのは13%から57%まで上昇しています。 同時にアバナフィルの用量50mgも検証され、挿入成功率64%、性行為が射精までできた割合57%と、どちらの用量でも大幅にEDが解消されたことから、アバナフィルの効果が立証されています。 ステンドラの服用方法 ステンドラの基本的な服用方法は、性行為の30分前、空腹時に成分量50mgを服用することが推奨されています。 1回で服用できる上限は200mgまでで、次に服用するまでには24時間以上の間隔を空ける必要があります。 小柄な日本人にとっては50mg程度がちょうど良いとされていますが、日本人でも大柄な体型の男性は50mgでも効果を得られない可能性もあるため、低用量から初めて、自身に合った用量を決めてください。 効果をより得るために、成分量を増加することは危険であるだけでなく意味がありません。 初めてステンドラを服用する方は50mgから服用し、効果を感じづらい場合は成分量を増やし、ご自身にあった適切な量を理解することが大切です。 用量や服用方法を守らなければ確かな効果を得られず、重篤な副作用が生じる恐れもあるので十分注意が必要です。 さらにステンドラの効果を最大限に安全に引き出すためには、正しい服用方法と気を付けるべきことを把握する必要があります。 食事との関係 ステンドラは、他のED治療薬と比較し、食事の影響を受けにくいと言われてはいますが、やはりまったく受けないというわけではなく、効果が十分に得られない場合もあります。 空腹時に服用するか、あるいは食後、消化がある程度進んでから服用するのが正しい方法です。 ステンドラは、服用後早ければ15分ほどで効果を発揮し始めます。 どうしても食事が避けられない場合は食後2時間後に服用することでどんな食べ物でも消化され、効果が存分に発揮されます。 アルコールとの関係 ステンドラ服用にあたって、食事やアルコールの影響を受けにくいとされています。 医薬品の中には、服用の前後には絶対にアルコールを口にしてはならないと決められているものもありますが、ステンドラの場合はあまり気にする必要はありません。 少量であれば、アルコールは心の緊張を解きほぐして性的な刺激や快感をより高める働きがあり、EDの症状をやわらげる効果があります。 ただし、口にするアルコールの量が多すぎる場合は身体機能が全体的に下がるために感覚が鈍り、ステンドラジェネリックを服用しても性行為に支障をきたす場合やアバナフィルによって血管が拡張していることから アルコールが回り過ぎて急性アルコール中毒を引き起こす場合もあります。 飲み過ぎないことが大切ですので適量に収めてください。 グレープフルーツとの関係 グレープフルーツをはじめとした一部の柑橘類には、フラノクマリンという成分が含まれており、体内にある代謝酵素の働きを阻害します。 フラノクマリンの働きによって、薬の成分の分解が遅くなり、過剰に体内に吸収されてしまうといった現象が引き起こります。 過剰摂取となってしまうと副作用が強く出る場合もあるため、フラノクマリンが含まれる柑橘系は併用しないようにしてください。 クレープフルーツジュースにもフラノクマリンが含まれているため、注意が必要です。 レモン、ミカン、オレンジ、ゆずなどの一般的に多く食される柑橘類にはフラノクマリンは含まれておりませんが、八朔、甘夏、ライム、ざくろなどにはフラノクマリンが含まれています。 ステンドラの副作用 医薬品には全て副作用というものが存在します。 それはステンドラのジェネリック医薬品も例外ではありません。 薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。 一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。 服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。 起こりやすい副作用 ・顔のほてり ・鼻づまり ・頭痛 ・動機 ・目の充血 ・血圧低下 これらの副作用はステンドラの臨床試験にて多く確認されたものです。 いずれもアバナフィルによる血管拡張作用によって引き起こされているもので、軽度なものになります。 血管が拡張し、血流が良くなっていることで顔のほてりや動悸、目の充血などが起こります。 鼻づまりは鼻腔の毛細血管が圧迫されることで引き起こし、頭痛に関してはこめかみ付近の神経を圧迫することで引き起こしています。 どれも一時的な症状であり、アバナフィルの持続時間である6時間を経過すれば、解消されていきます。 深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。 重篤な副作用 ステンドラジェネリックの副作用で本当にごく稀に確認される重篤な副作用が存在します。 ・非動脈炎性前部虚血性神経症 ・プリアピズム 上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。 これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。 軽い副作用は効果のあらわれ? 初めてステンドラやそのジェネリック医薬品を服用した方であれば、どのタイミングで効いているのか分からない場合も多いでしょう。 目安としては、軽度の副作用が生じたタイミングであれば、既にアバナフィルが身体に馴染んている証拠だと捉えて問題ありません。 アバナフィルには血管を拡張する作用があるため、顔のほてりや充血などが現れます。 つまり性器周辺にも十分な血液が行き届くサインでもあるため、目安とすることができます。 ステンドラの併用禁忌薬・注意薬 医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。 併用禁忌薬はステンドラと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。 ステンドラを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。 併用注意薬はステンドラと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。 薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。 併用禁忌薬 ・硝酸剤及びNO供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど) 併用することで降圧作用を強めてしまう恐れがあります。 ・アミオダロン塩酸塩 併用することでQTc延長作用が強めてしまう恐れがあります。 ・CYP3A4阻害薬 (抗生剤、抗HIV薬、ケトコナゾールなど) 血中濃度の上昇により、血中半減期が減少する恐れがあります。 狭心症や心不全などに用いられる硝酸剤と併用すると、降圧作用が重複し、著しい血圧低下を招く恐れがあるため、併用は禁止されています。 その他の医薬品も同様に、低血圧を引き起こす可能性があるため、併用してはいけません。 併用注意薬 ・グレープフルーツ 成分の分解が遅れることで必要以上に吸収し、副作用を招く恐れがあります。 ・CYP3A4阻害薬・誘導薬 ・降圧剤 併用することで一時的に血圧が下がりすぎると、めまい、たちくらみを起こす恐れがあります。 ステンドラを服用してはいけない方 ・重度の肝機能障害のある方 ・重度の腎機能障害のある方 ・低血圧、医師の診断がされていない高血圧の方 ・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方 ステンドラ、またはそのジェネリック医薬品を服用して過敏症になったことのある方は服用しないでください。 再度服用すると、過敏症が強く表れる恐れがあります。 アバナフィルを服用した状態での性行為は脳や心臓、血管に負担がかかるため、血圧に異常がある方や、心血管系の持病がある方も服用しないでください。 同様の理由から、半年以内に脳や心臓の疾患を患った方も同様です。 アバナフィルは、肝臓で代謝を受け、その後腎臓で排泄されるため、腎機能、肝機能の障害がある方は、アバナフィルが血中に留まってしまい、高い血中濃度となる恐れがあるため服用できません。 ステンドラの豆知識 日本国内においては未承認のため販売されていないステンドラですが、世界的には多く利用されています。 保存する場合には、直接日光や高温多湿を避け、室温で保存します。 ED治療薬の中では比較的新しいED治療薬であるため、まだまだ種類が少ないのが現状です。 しかし、その効果はこれまでにない、即効性と力強さを兼ね備えつつも、副作用の少ないアジア人に人気のED治療薬となっています。 ステンドラの開発史 ステンドラは現在、アメリカに本社を構えるVivus社で製造・販売が行われています。 しかし、ステンドラの主成分であるアバナフィル、 実は日本の製薬会社で開発が進められていたものであるという経緯があります。 もともとは、アスパラドリンクなどの製品を世に送り出している田辺三菱製薬社が、即効性があり副作用の少ない、アジア人の体にもほどよくなじむED治療薬として開発を進めていたものでした。 そんなアバナフィルは2001年、Vivus社に製造販売権が譲渡され、2012年にアメリカでの承認を受け、ステンドラとして販売がスタートしたのです。 アジア人の体質にあったED治療薬 ステンドラは日本で開発が進められていたこともあり、アジア人になじみやすいED治療薬といわれています。 開発途中から、アジア人向けのED治療薬が開発されるということで注目を集めていました。 従来のED治療薬だと、アジア人は海外男性と比較し、小柄ですので服用量に気をつけなければ副作用が出やすいというのがネックでした。 しかしステンドラは日本で開発がスタートしたということもあって、より気軽にアジア人が服用できるED治療薬として注目されているのです。 ステンドラは女性にも効果がある? ステンドラの有効成分であるアバナフィルには血管を拡張させ、血流を増やす働きがあります。 女性には陰茎海綿体や尿道海綿体といった組織がないため、勃起という現象は起こりえませんが、血流の増加によって女性器周辺の血流が良くなることでより敏感になり、快感を得やすいようになる可能性はあります。 女性が服用することで、副作用であるめまいや頭痛といった症状を引き起こすだけで思ったような効果が出ない可能性もあるため、そのような効果を得たい場合には女性用バイアグラ、媚薬などの使用をお薦めしています。 ステンドラジェネリックに関するよくある質問 Q. ステンドラジェネリックを通販で購入するのは違法ですか? A. 結論からいえば、違法ではありません。 個人で服用するために通販を利用して医薬品を海外から輸入することは認められています。 ただし、あくまでも個人使用に限って認められているという点には留意すべきでしょう。 たとえば個人で輸入したにも関わらず、それを他人に譲渡・転売する行為は禁止されています。 ちなみに、薬事法で使用が禁止されている医薬品を輸入することはできません。 ステンドラジェネリックの本物と偽物を見分けるにはどうすればいいですか? A. ステンドラやそのジェネリック医薬品は日本で承認されていないので、実際に医師の保証がある本物を目にする機会はなかなかありません。 そのため見分けるのは困難ですが、方法がないわけではありません。 たとえばインターネット上にアップされている商品画像と品物を比較して形状やサイズを見比べるという方法があります。 ステンドラジェネリックはいつ国内で処方されるのでしょうか? A. ステンドラやそのジェネリック医薬品は、もともと有効成分であるアバナフィルの開発が日本で進められていたにも関わらず、現在は日本国内での販売の認可が下りていません。 いつ認可が下りるのか、処方されるようになるのかということも現在のところ明らかになっていません。 とはいえ通販による個人輸入は盛んです。 クリニックに足を運び、医師と顔を合わせて診察を受ける必要もなく、気軽に手に入れることができます。 成分量が多いステンドラのジェネリック医薬品はどうやって服用すればいいですか? A. ステンドラのジェネリック医薬品は1錠あたりの成分量が50~200mgとさまざまですが、日本で定められているED治療薬の基本的な用法用量は50mg錠を1日1錠です。 多すぎる場合はより成分量を減らし、少なすぎる場合は成分量を増やします。 お手もとのステンドラジェネリックが100mg、200mgのものである場合は、錠剤を固定して鋭い刃で割ることができるピルカッターを使用するのがお薦めです。 2分割、4分割することで服用する量を調整できるでしょう。 ステンドラは、服用してから最短15分というレビトラを超える即効性、また副作用が生じる可能性が低いというシアリスのような安定性を備えています。 これまでに世に出たED治療薬の、まさにいいとこ取りです。 そんな優れた薬が生まれた背景には、そもそも有効成分アバナフィルの開発が日本の田辺三菱製薬でスタートした当初、即効性が高く、誰もが安心して服用できる副作用の少ないED治療薬を目指していたことがあると言えます。 2001年、アメリカのVivus社に製造・販売権が譲渡されたあともそのスピリットが生き続け、今に至っているのです。 関連ページ その他のED治療薬• ・ 世界初のED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、力強い勃起力が特徴です。 ・ 世界で3番目に開発されたED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、持続する時間が長く、副作用も少ないのが特徴です。 ・ 世界で2番目に開発されたED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、即効性に優れており、服用後早い段階で効果を発揮します。 ・ ED治療薬の中でも新しい治療薬です。 他のED治療薬と比較して、即効性に優れつつ、比較的身体の小さいアジア人向けに製造されています。 参考サイト ・.

次の