トロッコ 問題 と は。 「トロッコ問題」山口県岩国市の小中学校が授業で扱い保護者に謝罪〜何が問題!?

トロッコ問題って知ってる?最も正解に近い答えは「何もしないこと」だ!

トロッコ 問題 と は

のコーナー「」とは異なります。 トロッコ問題(トロッコもんだい、: trolley problem)あるいは トロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という形で功利主義と義務論の対立を扱った上の問題・課題。 がに提起し、 () 、 ()、 ()などが考察を行った。 人間は一体どのように・的なを解決するかについて知りたい場合は、この問題は有用な手がかりとなると考えられており、、では重要な論題として扱われている。 また(によるが実現しつつある現在)自動運転車(公共交通の自動運転車両も含む)のAIは衝突が避けられない状況にも遭遇するであろうし、そうなれば何らかの判断もしなければなくなるわけだが、このトロッコ問題は、そうした自動運転車のAIを設計する際に、どのような判断基準を持つように我々は設計すべきなのか、ということの(かなり現実的、実際的な)議論も提起している、との研究者は言う。 なお、以下で登場する「トロッコ」はを指しており、と混同しないように注意されたい。 そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。 1 この時たまたまA氏は線路ののすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。 また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。 あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。 つまり単純化すれば「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。 に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。 しかしに従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。 派生問題 [ ] では次のような派生問題ではどうだろうか。 A氏はやはり a の状態にあるが、 1 ではなく次の 2 の状況に置かれている。 2 A氏は線路の上にある橋に立っており、A氏の横にC氏がいる。 C氏はかなり体重があり、もし彼を線路上につき落として障害物にすればトロッコは確実に止まり5人は助かる。 だがそうするとC氏がトロッコに轢かれて死ぬのも確実である。 C氏は状況に気づいておらず自らは何も行動しないが、A氏に対し警戒もしていないので突き落とすのに失敗するおそれは無い。 C氏をつき落とすべきか? 前述の問題と同様、A氏にはつき落とすかつき落とさないかの選択肢以外は無いものとする。 C氏ほど体重の無いA氏が自ら飛び降りてもトロッコを止められず、またその事実をA氏は理解している。 功利主義に基づけば、トロッコを分岐させることも、一人を突き落として脱線させることも一人を積極的に死に追いやり五人を助けるという点で等しい。 しかし多くの人が、1番目の質問では一人を犠牲にすることは 許されると答えるのに対し、2番目の質問では一人を犠牲にすることは 許されないと答える。 この二つの質問で異なる点は、最初の質問では行為者の行動自体は「分岐の切り替え」に過ぎず、一人の死は(たとえ結果を承知の上でも)その意図の直接の結果ではなく副次的な出来事(つまり巻き添え)と考えることが可能であるのに対し、次の質問でははっきりと「狙ってC氏をトロッコに激突させる」という行動をとっており、行為者の直接の意図と行動によって死ぬということである。 ループした路線 [ ] 1 、 2 以外にも以下の問題を考える事ができる。 3 1 の場合と同様、A氏はトロッコを別路線に引き込む事ができるが、 1 とは違いこの別路線は5人の手前で再び本線に合流している。 今度の問題ではこの別路線には前述のC氏がおり、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはC氏にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。 ただしその結果としてC氏は確実に死ぬ。 トロッコを別路線に引き込むべきか? 4 A氏はトロッコを別路線に引き込む事ができるが、この別路線は5人の手前で再び本線に合流している ここまでは 3 と同じ。 別路線には大きな鉄の塊がある為、トロッコを別路線に引き込めば、トロッコはその鉄の塊にぶつかって止まるので、5人は確実に助かる。 しかし鉄の塊の手前には前述のB氏がいて、B氏は確実に死ぬ。 トロッコを別路線に引き込むべきか? 3番目の問題は、最初の質問と同じようにA氏の行動は分岐の切り替えのみで、他者を直接自分の手で死に追いやるわけではない。 しかし2番目の質問と同じようにトロッコが止まるのはC氏に激突するからこそであり、その死は副産物(巻き添え)ではなく行為者の意図の結果である。 4番目の問題は3番目とあまり変化が無いようでいて、実は鉄の塊が線路を塞いでいる以上その先で路線が再び合流していようと意味は無く、本質的には 1 と完全に同じ状況を表現を変えて再度出題にしているに過ぎない(トロッコが止まるのはB氏に激突するからではなく、あくまでその後の鉄の塊との激突によってである)。 どの質問にも一貫して合理的な判断を下すのなら、同じ回答が導きだせる。 つまり一人を犠牲にして5人を助けるか、5人を犠牲にして一人を助けるかのどちらかである。 またはに従って判断するなら(誰かの命を他の目的のために利用すべきではないと考えるなら)すくなくとも 2 と 3 には反対しているはずである。 もし判断が一貫しないのであればそれは何故だろうか。 何故ある場合は誰かを犠牲にすることが許されて、他の場合には許されないと感じるのかを、合理的に説明できるだろうか。 少なくともこれらのようなジレンマを一貫して合理的に解決できる倫理学の指針はない。 倫理学以外の分析 [ ] 生物学者の分析 倫理学者ではないが、はネット上でこれに類する30以上の質問を行い、何故そのような判断を行ったかの理由を聞いた。 回答した500人の内3割ほどしか自分の判断を正当化できなかった(質問と他の質問との違いを正しく認識し、それが自分の判断の基礎となっていることを示せた場合に「正当化に成功した」と判断された)。 この傾向には教育の程度、宗教的背景、民族などの影響がほとんど無かった。 意図的な行動の結果の害には責任を問われ、ただ単にその結果が予見されたに過ぎないときには責任を問われないことをと呼ぶ。 1と4を許されると回答している人の割合が大きいのは、直観的に人がダブルエフェクトを考慮している事で説明できるかも知れない。 ハウザーの主張は、人の道徳的判断は理性と理論よりも、直観と感情の影響を受けていると言うことである。 そしてどのような要因が非道徳的と判断されるのかを次の三つにまとめた。 行動の原理:行動による害(例えば誰かが死ぬような出来事)は行動しなかったことによる危害よりも、非道徳的だと判断される• 意図の原理:意図を持ってとった行動は、意図を持たずにとった行動よりも非道徳的だと判断される• 接触の原理:肉体的な接触を伴う危害は、肉体的な接触のない危害よりも非道徳的だと判断される 神経学者の分析 者ジョシュア・グリーンによれば、特に二番目の質問では他の質問と異なるの部位が反応する。 人を直接死に追いやるとき、強く否定的な反応を示すようである。 タイム誌の分析 米誌の記事 [ ]によれば調査対象の実に85パーセントが5人を救うためでも1人を突き落とさないとした、とのことである [ ]。 類似したジレンマ [ ] トロッコ問題と類似した以下のようなを考える事ができる。 こうしたジレンマは、功利主義か義務論かと言う議論ではトロッコ問題と大きな違いがない。 しかし人の道徳判断にどのようなパラメータが関与しているのかを明らかにしようとしている道徳心理学と神経倫理学では重要な違いである。 あなたはボートで5人の溺れた人を助けに向かっている。 しかし途中で溺れている一人の人を発見した。 その人を助けていれば5人はその間に溺れ死んでしまう。 その人を助けて5人を諦めるべきか?• 病院に5人の患者がいて、それぞれが異なる臓器の移植を必要としている。 そこに臓器はいずれも健康な患者が現れた。 彼を殺して臓器を移植すれば5人を助けることができる。 彼を殺して内臓を取り出すべきか?() また、自動運転車の実現可能性が高まってることもあり、自動運転車とトロッコ問題を絡めた研究が行われている。 脚注 [ ]• Lim, Hazel Si Min; Taeihagh, Araz 2019. Sustainability 11 20 : 5791. et al. Science 2001 Vol. 293. 5537, pp. 2105 - 2108• Cushman, F. , Young, L. Psychological Science. 17 12 :1082-1089. 2006. Hauser, M. D et. 22 1 :1-21. 2007. Fiery Cushman et al. AIG総研. 2019年10月13日閲覧。 参考文献 [ ]• Philippa Foot, The Problem of Abortion and the Doctrine of the Double Effect in Virtues and Vices Oxford: Basil Blackwell, 1978. This is the essay that introduced the original trolley problem. Shelly Kagan, The Limits of Morality Oxford: Oxford University Press, 1989. Francis Myrna Kamm, Harming Some to Save Others, 57 Philosophical Studies 227-60 1989. Judith Jarvis Thomson, Killing, Letting Die, and the Trolley Problem, 59 The Monist 204-17 1976. Judith Jarvis Thomson, The Trolley Problem, 94 Yale Law Journal 1395-1415 1985. Peter Unger, Living High and Letting Die Oxford: Oxford University Press, 1996. Joshua D. 3: The Neuroscience of Morality, W. Sinnott-Armstrong, Ed. , Cambridge, MA: MIT Press 関連文献 [ ] 日本語のオープンアクセス文献• 川合伸幸「」『認知科学』第14巻第3号、、2007年9月、 455-461頁、 :。 ・北村智・「」 2017年 社会情報学会 SSI 学会大会 関連項目 [ ]• - 人を殺さねば生きられない時、人を殺してよいか?• - くじに当たった人を殺し、その人の臓器を移植して他の複数人を助けるのは良い行いか?• 、、の対策 法学• 、、、 経済学• - ある選択をする代わりに放棄される選択肢によって得られるはずの利益のうち、最大のもの。 における概念。 関連学問• 、学 外部リンク [ ]• - (2005年秋期) の講義シリーズの初回。 トロッコ問題についての学生への問いかけから講義がスタートする。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

トロッコ問題とは?トロッコ問題の目的や意図!

トロッコ 問題 と は

平野晋氏(右)、岡嶋裕史氏(左) Photo by Naoko Hinoki 「トロッコ問題」が現実になるとき 平野 「トロッコ問題」をご存じの方も多いでしょう。 暴走するトロッコの先に5人が動けない状況でいる。 それを避けようとして転轍機(ポイント)を右方向へ切り替えると、その先にいる1人を轢くことになる。 ポイントの前に立つあなたならどうするか、という問題です。 岡嶋 「ある人に危害を及ぼさないためには、他の人に危害が加わらざるをえない場合、他の人を犠牲にするのは許されるか?」というジレンマを扱った、哲学的な思考実験ですね。 平野 そうです。 1960年代にイギリスの哲学者によって提起されて、以降、アメリカの哲学者や法哲学者の間で議論がなされてきました。 ところが最近、若手の倫理哲学者たちがこう言いだしたんです。 「トロッコ問題はもはや思考実験ではなく、現実的に解決方法を決めなければいけない問題だ」と。 現実に選択しなければならない? Photo by Getty Images なぜなら、「完全自動運転車がトロッコと似たような状況に陥ったときに、どちらを選択するのか」を、プログラマーや設計者が決めなければならなくなったからです。 岡嶋 完全自動運転車が現実のものになりつつある今、単なる思考実験だったトロッコ問題が、現実の問題として起ちあがってきたわけですね。 平野 そうなんです。 仮想事例として、トロッコ問題の派生物である「橋問題」を挙げてみましょう。 対向1車線ずつの橋があるとします。 すると、向こうから子供が30人乗ったスクールバスが来て、なんらかの理由でこちら側の車線に飛び出してきました。 このとき、こちら側を走っている自動運転車が取りうる選択肢は2つです。 1つは、そのまま直進し、スクールバスに突っ込んで30人の子どもが死んでしまうこと。 もう1つは、自動運転車が曲がって橋から落ちること。 後者を選択すると、30人の子どもの命が助かるかわりに、その車に乗っていた人は死んでしまいます。 自動運転車の設計者はどちらの行動をさせるべきか、というのが「橋問題」です。 岡嶋 他にも、「バイク問題」というのがありますね。 自動運転車が走っていたら、後続車に追突された。 すぐ前を2台のバイクが走っていて、ブレーキは間に合わない。 このとき、バイクAの運転手はヘルメットをかぶっている。 一方で、バイクBの運転手はヘルメットをかぶっていない。 どちらに突っ込むべきか、という。 平野 この場合、被害を最小限にするためには、ヘルメットを被っているバイクAに突っ込むのが正解です。 しかしこれでは、道路交通法を守ってヘルメットを被ったAが追突されて、損をしてしまいます。 それは不公正ではないのか、というのが「バイク問題」です。 これと同じ構図で、バイクAの代わりにメルセデスベンツ、バイクBの代わりにジープ・チェロキーが走っていた、とするものもあります。 この場合、損害賠償請求額がより安いのはチェロキーなので、できればこちらにぶつかりたいところです。 しかしそうすると「ベンツに乗っている金持ちを優遇するのか」という批判が生まれる。 科学知識に、人間の知恵が追いつかない 岡嶋 こうした問題を解決するためには、まずこのような状況にならないように、工学技術的に最善の努力をすることが当然必要になりますね。 平野 ええ。 しかし、工学技術的にどうしても回避できなかった場合はどうなるでしょう?.

次の

【あなたは切り替える?】トロッコが暴走→線路を切り替えれば4人助かるけど1人死ぬ【トロッコ問題】

トロッコ 問題 と は

1.トロッコ問題の答え トロッコ問題の回答には、以下のようなものがあります。 レバーを操作して、多くの命か少数の命を救うこと• レバーを操作しないこと(中立になること)• レバーを中立に設定して、トロッコを脱線させる(除外) トロッコ問題の答えは1つであり、レバーを操作しないことです。 レバーを操作して多くの命と少数の命のどちらも犠牲にしてはいけません。 重要なことは、自分が違法行為をしないこと、かつ、どちらの犠牲者に対しても責任を負わないことです。 もちろん、レバーを操作しなくても犠牲になりつつある人に対して、大声で呼びかけるなどできる限りのことをする義務はあります。 トロッコ問題の答えには、レバーを中立に設定してトロッコを脱線させるというものもありますが、この答えは除外します。 トロッコ問題は他人やその命を選択する状況で、自分がどのように関わるかを考えるものだからです。 犠牲者が出ない方法があるなら、それが正解です。 2.トロッコ問題の答えの理由 トロッコ問題の答えはレバーを操作しないことですが、この理由は以下のものです。 レバーを操作するのは違法行為 私たちは社会に生きる社会人ですから、どのような行為も法の範囲で行う必要があり、違法行為をしてはいけません。 レバーを操作するのは法の範囲を超えた違法行為であり、犠牲にした人に対する殺人や過失致死になる犯罪です。 レバーを操作するのは命の選択をすることでもあります。 これは医師や裁判官などの正当な権限を与えられた人だけがするべきであり、権限がない一般人がしてはいけません。 もちろん、医師や裁判官の権限は職務に限って許されるものです。 医師や裁判官が一般人としてトロッコに関わった場合には、レバーを操作する権限はありません。 損害賠償責任 自分がレバーを操作した場合には、犯罪者としての不名誉だけでなく、犠牲者に対する損害賠償責任を負うことになり、自分の人生に大きな悪影響がでてしまいます。 他人を助けることは大事ですが、自分を犠牲にしてはいけません。 3.トロッコ問題と法律 トロッコ問題に関係がある法律には以下のようなものがありますが、これらだけに限りません。 殺人や過失致死 自分がトロッコを起動したりレバーを操作した場合に限って、これらの罪に問われる可能性があります。 レバーを操作しなければ、これらの罪に問われません。 正当防衛 トロッコ問題では正当防衛が成立しません。 正当防衛は他人からの攻撃に対して、自分や他人を守る場合に成立します。 トロッコは他人からの攻撃ではないので、正当防衛が成立することはありません。 緊急避難 緊急避難は他人の物(トロッコ)による危険から自分や他人を守るためのものです。 レバーを操作することで誰かを犠牲にしても、緊急避難によって免責される可能性はあります。 しかし、緊急避難が適用されるかは微妙です。 緊急避難が適用されなければ、犠牲者に対して責任を負うことになります。 レバーを操作しないなら責任を負いません。 レバーを操作しないことが違法行為になると思うかもしれませんが、これは違法ではありません。 自分がその場に偶然に居合わせただけでは、他人を助ける義務が発生しないので、どちらのグループに対しても責任がないからです。 犠牲になりつつある人たちに大声で呼びかけたりすれば、自分は責任を果たしたということができます。 救護義務違反 レバーを操作しないで他人を助けないことは、救護義務違反に該当すると思うかもしれません。 しかし、救護義務違反は発生した交通事故に関するものであり、起きようとしている事故には適用されません。 また、救護義務違反は交通事故を起こした人に適用されるものですから、レバーを操作しない人には関係がありません。 反対に、レバーを操作した人が交通事故の責任を問われる可能性はあります。 保護責任者遺棄や保護責任者遺棄致死、遺棄罪 保護責任者遺棄や保護責任者遺棄致死、遺棄罪は成立しません。 これらの罪が成立する人は他人を助ける義務がある人に限られるからです。 自分がトロッコの管理者なら義務がありますが、たまたま居合わせた第三者である場合には義務がありません。 トロッコの犠牲者になりつつある人に老人や身体障害の人がいても、たまたま居合わせた第三者がこの人たちを保護する義務はありません。 4.トロッコ問題には意味がある トロッコ問題は架空の事故に関することですから、意味がないと考える人もいます。 しかし、トロッコ問題には自分の人生に直結する意味があります。 トロッコ問題は自分が誰かを犠牲にする必要があるときに、どのように行動するかを問いかけるものです。 トロッコ問題を考えておくと、いざというときの行動の準備ができます。 私がトロッコ問題で得た人生訓は、自分の人生を犠牲にしてまで他人を助けないことです。 これは私だけでなく、家族を守ることにもつながります。 この考え方は冷たいかもしれませんが、生きていくには必要なことです。 私は実際にトロッコを操作することはないでしょうが、誰を助ける・助けないかを決めることはあります。 例えば、以下のようなケースは誰でも経験します。 両親の介護と、自分の子供や配偶者への責任で板挟みになる• 会社の業務と家族サービス このように考えると、トロッコ問題は自分の人生に関係することです。 5.おわりに この記事では、レバーを操作しないことを正解として紹介しましたが、これは社会人としての責任に基づくものです。 いろんな考えがあるでしょうから、参考にしてみてください。 レバーを操作しないことは、犠牲者に対して無責任と思うかもしれません。 しかし、社会人の責任には優先順位があり、社会への責任や法律を守ることが最優先です。 他人を助けることは素晴らしいことですが、違法な方法で助けてはいけません。 トロッコ問題の他の答えには、犠牲者の数に基づくもの、経済的な損失の大小に基づくものなどがあります。 しかし、私はこれらの考え方に反対です。 人間の生命を数として比較することはできませんし、経済合理性を求めるべきでないと考えるからです。 道徳や経済合理性の観点からトロッコ問題を考えるとき、答えを出すことはできなくなります。 しかし、法律を守る社会人としては、トロッコ問題の答えは1つです。 免責事項 私は法律の専門家ではないので、この記事で紹介した答えは私の個人的な見解に基づくものです。 この記事は机上の空論としてのトロッコ問題に関するものであり、現実に起きたいかなる事故や事件に関するものでもありません。 また、 この記事は違法行為を推奨するものではありません。

次の