ほったらかしキャンプ場 予約取れない。 【山梨県 ほったらかしキャンプ場】甲府盆地を拝める温泉とキャンプ場は壮大だった!

今最も予約がとれないキャンプ場 ほったらかしキャンプ場

ほったらかしキャンプ場 予約取れない

ほったらかしキャンプ場予約 まず、ほったらかしキャンプ場へ行くには、予約をしなければなりません。 が、ここが難関なのです。 人気すぎて土日は予約が取れない!季節問わずに一年中です! 予約開始の日時にPCまたはスマホでスタンバイしておく必要があります。 また、予約フォームの入力方法がちょっとだけクセがあるので、アクセスが集中していてなかなか動かない時に、少しでも迷ってしまうと希望のサイトが取れないということもありうるので、混雑していない何でもない時に一度直前まで入力してみるのもいいかもしれません。 13時にチェックインを済ませ、薪も購入します。 薪は専用のケースに入っていました。 しっかりと乾燥していて、いい薪です。 それでは一番奥のハナレサイトへ向かいます。 管理棟からサイトへ向かう間もずっと富士山が見えていました。 天気が良ければどのサイトからも富士山は見えますね! ハナレサイトは富士山が真正面!!少し高い所になるので、その下に広がる甲府盆地も一望できます。 絶景です。 ノルディスクのウトガルド一つでいっぱいでした。 前に椅子を並べて焚き火をするスペースがある程度で、ややギリギリでした。 ハナレサイトは二段になっていて、そのさらに下の段にフリーサイトがある感じでした。 上の方は見晴らしが良い感じですが、下の方は富士山や景色が近い感じ。 ハナレサイトの手前にある区画サイトは富士山をダイナミックに感じたい方におすすめです。 そのままほったらかし温泉まで歩いていってみます。 温玉揚げをおやつに食べました。 黄昏時、盆地の街がキラキラしていながら富士山もまだ薄っすら見えていてとても綺麗でした。 テントの入り口を開けて夜景を見ながら夕食です。 テントにおこもりしながらも夜景が見えて最高でした。 この日は久々のキャンプだったからか、早めにおネムに。 嫁は22時頃には就寝。 案の定、3時頃に目が覚めてしまいました。 トイレへ行こうと外へ出ると、雲が無くなり、満点の星空が広がっていました。 とっても綺麗で、一人で眺めていたのですが、氷点下まで下がった外気温に長居はできず、、、。 またぬくぬくの寝袋へ戻りました。 ほったらかし温泉でご来光 出典: 朝はご来光を見に温泉へ。 ご来光を見たい場合は「あっちの湯」です。 日の出の時間の1時間前にオープンするのですが、休日ということもあり、オープン前には長蛇の列! 体を洗って露天風呂へ向かうとすでにお風呂はすし詰め状態。 裸の人々がギュウギュウになっててなかなかシュールな光景でした。 笑 そんな中に混ざって日の出を待ちます。 寒い時期は肩を出していればいいですが、夏はのぼせちゃいそうですね。 着替えも大混雑。 休日だったからかもしれませんが、人が多すぎて結構疲れました、、、。 ご来光は一回見れたから、もう満足かな。 笑 次はご来光が良く見えるサイトを予約して、そこでゆっくり見たいと思います。 お風呂を出てからは気まぐれ屋で卵かけご飯を購入。 とっても美味しいですが、ここも長蛇の列なのでお早めに! サイトへ戻って1時間くらいゆっくりしたらもう撤収の時間。

次の

ほったらかしキャンプ場は常に予約いっぱい!予約のコツとは?

ほったらかしキャンプ場 予約取れない

こんにちは。 2児の母で、毎週出撃しているキャンパー、サリー()です。 9月中旬の金土と、山梨県にあるほったらかしキャンプ場に行ってきました。 人気の絶景キャンプ場で、なかなか予約が取れませんが、金曜の雨予報ということで直前でも予約が取れました。 もうね、ここほんといい。 こんなに景色良くて、場内の雰囲気もいいキャンプ場なかなかないです。 しかも絶景温泉も併設されているし。 人気納得のレポをどうぞ。 金曜、小学校終わりにキャンプに出撃 その週、ダンナさんの休みは金曜と土曜。 小学校が終わる15時に出発して、どこかキャンプに行きたい!しかもせっかく金曜なら、普段予約が取れないような人気のキャンプ場。 で、神奈川県から2時間圏内のほったらかしキャンプ場に決定。 金曜ということで、2日前に電話をしたところ無事に「ハナレサイト」を予約できました。 ちなみにキャンプ場横のほったらかし温泉には一度訪れたことがあります。 当日は午前中にスーパーで買い出しも済ませ、準備万端。 長男の帰宅後、すぐにキャンプ場に向けて出発~!渋滞もなく、中央道もスムーズ。 勝沼ICで降りて、しばらくすると、おやこの景色。。。 笛吹川フルーツ公園を抜けて、さらに山道を登っていきます。 雨予報だけあって、霧も出てきた。。。 ギリギリ17時に到着。 今回は中に入らなかったけど、この中「焚き火場ー(焚き火バー)」だそう。 生ビールやワインもいただけるそう。 今度時間があったら、ぜひ行きたいわ~。 では、ここでさくっとほったらかしキャンプ場の基本情報を。 スポンサーリンク ほったらかしキャンプ場の基本情報 2018年10月現在の情報です。 変更等あるかもしれませんので、詳細はをご確認ください。 いくつか種類があります。 キャンプ場入口から近く、温泉へも行きやすい。 景色もいいです。 炊事場トイレも近いです。 フリーサイト 空いていればお隣を気にせず広々と張れます。 この日は1組のみでした。 最大3組までの予約制う。 区画サイトの一段下です。 ここから見える景色も区画サイトとさほど変わりません。 ハナレサイト用の炊事場、トイレも近くにあるので問題なし。 温泉に行く時、ちょっとだけ遠くなるくらいです。 我が家は今回このサイトにしました。 ダイノジサイト 2組が張れるグルキャン用サイト。 シンク付き。 区画サイトより一段高いところにあるため、眺望抜群。 小屋付きサイト 冷暖房トイレシャワーなどが整った小屋と、テントやタープが張れるスペース付きのサイト。 テントを持っていない家族とも気軽にキャンプが楽しめそう。 誰もいなかったので、ドアから中を覗いたら、めっちゃきれいですてきでした~。 スポンサーリンク 設営するよ~ さて、キャンプレポに戻りまして。 指定されたサイトに向かいます。 今回はハナレサイトの4番です。 こんなレンガを砕いたかわいい道を通っていきます。 ハナレサイトの一番手前に、大学生8人の男女のパリピグループが。。。 音楽もかけてて、なぜか上半身裸の男性も。 おおう、、、こういうグループに遭遇するの初です。 これは夜、騒音ありそう!サイト離れててよかった~。 と思ったものの、昼間でパワーを使い果たしたのか、またはものすごくちゃんとしたキャンパーだったのか、静かでした。 はい、こちらが今日のサイトです。 サイト広めです。 車とコールマンのツールームテントを張っても、全然余裕があります。 雨が来る前に降っていたようですが、地面にみずたまりなどはほとんどありません。 水はけがいいのかな。 靴がどろどろになることもなかったです。 別途使用料を払えば、電源も使えます。 冬でも安心。 それにしても絶景!山々と雲海が見えます。 雲が切れると、盆地の街も見えます。 これは。。。 この絶景キャンプはなかなかないぞぉーーー! スポンサーリンク さっさと夕食準備 さて、すでに17時をまわっているので、急いで設営です。 ダンナさんに設営を丸投げし(いつもだけど)、私はキッチン周りのグッズをさっさと設置。 今回は雨予報だったので、オープンタープよりもツールームテントがいいよねと。 最近雨キャンプが多いから出番の多いコールマンのツールームテント。 広々タープで開放感がある感じもいいけど、こういう風にリビングがまとまってる感じも落ち着くのよね~。 関連記事:コールマン、ラウンドスクリーンツールームハウスのレビュー カルディで買った「わさびイカ天&バタピー」がなかなかおいしかったです。 つまみですな。 スポンサーリンク ほったらかしキャンプ場の夜景&焚き火 雲の動きが早くて、霧も出ていたからあまり夜景は期待してなかったんだけど、、、 わーお、きらきらの夜景が見えた!!カメラ性能が悪くて伝わらないけど、、、これはぜひ写真ではなく、ご自身の目でご覧くださいませ。 ということにする。 さて、子供達はもう寝る時間だよ~。 エアベッドが快適すぎて、もうエアベッドのないキャンプは無理な体になってしまった。。。 関連記事:エアベッドでグランピング気分! そして、夜景を見ながらの焚き火。 さいこーですわ。 と思ったら、薪がしけっていて、なかなか火が点かない!着火剤をひたすら投入して燃やすも、あきらめる。 こんなこともあります。 金曜午後からの出発でバタバタだったけど、到着と同時に夕食準備をしたこと、食材の下ごしらえをしっかりしたことで、短時間でも楽しいキャンプに。 しかもこの絶景だし。 これなら、これからも金曜キャンプできるね~とダンナさんと話しながら夜はふけました。 そんなこんなで、就寝。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の

ソレイユの丘キャンプ場を予約するコツは◯◯機能を使う!【予約殺到!】

ほったらかしキャンプ場 予約取れない

可愛い小屋が並んでいるところがセンターハウスです。 こんな専用のケースに入っていてよく乾燥しています。 センターハウスの反対側を見ると、アートな工夫が。 本当は山の上を自転車が走っているようにもう少し後ろから撮ると良かったのかな? サイト サイトは5種類あります。 (さらに小屋つきサイトも2種類) 全て地面は土になっています。 <区画サイト1〜5> 写真では伝わりにくいですが、富士山が正面にダイナミックに見えます。 <フリーサイト> 一番低い位置なので、富士山や景色が近く感じます。 <ダイノジサイト> 他のサイトよりもやや広めのサイトです。 ほったらかしキャンプ場HP <ほったらかしサイト> ペット可の広めのサイトです。 ほったらかしキャンプ場HP <ハナレサイト> 他のサイトからやや離れた位置にあるので、比較的静かです。 今回私たちはハナレサイト9を利用しました。 ハナレサイトは二段に分かれています。 <小屋つきサイト> 普通のサイズのサイトに小屋がついていてとても広いです。 私たちが行ったときには、赤ちゃんがいるファミリーが利用していました。 景色もバッチリです! サニタリー ハナレサイト付近はシンクのみあります。 お湯は出ないので冬はゴム手袋を持参するといいですね。 生ゴミ三角コーナーも置いてあります。 シンクとは別で水場もあるので焚き火台やペグなども洗えます。 こちらは区画サイト1〜5やフリーサイト付近の炊事棟です。 トイレ こちらはハナレサイト付近のトイレ。 とても綺麗でした。 こちらは区画サイト1〜5付近のトイレです。 ほったらかしキャンプ場 特徴 ほったらかしキャンプ場の特徴をまとめました。 富士山、盆地が一望できる 各サイトで違いはありますが、基本的にどのサイトからでも富士山と盆地を一望できます。 天気に恵まれれば本当に絶景。 この景色をテントの中から見られるのは贅沢です。 ほったらかし温泉がすぐそばに! ほったらかし温泉HP 富士山とご来光、夜景が見られることで有名なほったらかし温泉。 元々はこの温泉が有名な観光地で、数年前にキャンプ場ができました。 温泉に入りながらのこの絶景は素敵ですよね。 徒歩で行けてしまう距離です。 食事のお店もあるので、気軽にここで食事をすませてしまってもいいですね! 温玉揚げという名物もとても美味しいですよ! ただ、キャンプ日記にも書きましたが、土日のご来光の時間は激混みなので、せっかくプライベート空間のキャンプサイトがあるのなら、サイトから見ることをおすすめします。 笑 次は夜景の時間帯や、帰りがけに寄るといいかなあ〜と個人的には思いました! まだまだ開拓中! 真ん中奥に小さくショベルカーが見えるでしょうか? 区画サイト6〜8付近の奥の方にさらにサイトを広げようとしているのか、工事している光景が見られました。 予約が取りづらい あまりにも人気すぎるので土日や連休の予約は、3ヶ月前の予約開始と同時に申込しなければほぼ予約は取れません!泣 連休などはイレギュラーがありますが、基本は「3ヶ月前の月の1日 9:00から」予約開始です。 サイト数も増えて徐々に予約も取りやすくなるといいのですね。 ゴミは持ち帰り ゴミは全て持ち帰りになりますので、ゴミ袋は持参しましょう。 ほったらかしキャンプ場 周辺情報 スーパーマーケット ベイシア山梨店 【電話】0553-21-7788 【時間】9:00〜20:00 温泉 ほったらかし温泉 【電話】0553-23-1556 【時間】年中無休 日の出の1時間前にオープンします。 そんな日はテントの破損や怪我の予防のためにも、しっかりとしたペグでの固定が必須です! 最後まで読んでいただきありがとうございます! この記事がイイね!っと思ったらポチッとお願いします。

次の