エンニュート 育成 論。 ポケモンサンムーン/SMのエンニュート育成論!強い技やおすすめ特殊技、努力値は?

【ポケモン剣盾】エンニュートの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

エンニュート 育成 論

特性 効果 ふしょく どく、はがねタイプ相手でも、 どく・もうどく状態にできる。 隠 どんかん メロメロ・ちょうはつ・ ゆうわく状態にならない。 相手のいかくの効果も受けない。 特攻と素早さが高い、高速アタッカー向きの種族値をしています。 反面、耐久面の種族値が低めなため、低威力の技でも致命傷になる場合があります。 特性について• ふしょくは、 毒や鋼タイプも毒状態にできる特性です。 ドヒドイデや マタドガスなど、相手が毒状態になることを想定していないポケモンを毒にすることができるので、相手の戦略を崩すことができます。 どんかんは、相手の メロメロ・ ちょうはつ・ ゆうわくを無効化する特性です。 変化技を多用する際には候補に挙がりますが、 アンコールや かなしばりは防げません。 技名 命中 効果 かなしばり 基本技 100 相手が最後に使った技を 4ターンの間使えなくする。 いばる 基本技 85 相手を1~4ターンの間 こんらん状態にし、 相手の攻撃を2段階アップ。 音系の技は本体が受ける。 アンコール 基本技 100 3ターンの間、相手は最後に 使用した技しか使えない。 ダイマックスには無効。 まもる 技マシン25 — そのターン、相手の技を受けない。 連続で使うと失敗しやすい。 こらえる 技レコード26 — そのターンに「ひんし」状態に なる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 メロメロ 技マシン31 100 相手が自分と異なる性別のとき、 相手をメロメロ状態にする。 ダイマックス相手にはかなしばりが効かず、 まもるは貫通ダメージを受けるので注意が必要です。 また、相手の ちょうはつ・ ねむるや、特性 マジックガード・ マジックミラーには無力化されるので、戦う相手をよく選ぶ必要があります。 素早さ 実数値185で、 最速116族抜き。 攻撃面 攻撃技はありません。 耐久面 ようき珠ミミッキュの剣舞かげうちは、身代わり分の体力を残して耐えられます。

次の

サンムーンでひとまずレート1600達成+エンニュート育成論

エンニュート 育成 論

エンニュートの歴史 第七世代 タイプ判明当初はであることからその行く末を心配するプレイヤーも一定数存在していたが、に対してでを撒くことができる上にウエポンを抜群で入れることができることから高評価を与えるプレイヤーもそれなりに見かけられた。 SMリーグ初期の環境ではを活かしたサポーターとしてはがねが重用される環境でそこそこ使われた。 解禁前のSMリーグシーズン1シングルバトルで最終レート2222(1位)を記録したパーティにエンニュートが入っており、それによって注目された面もあった。 ただ、メガシンカが解禁されるにつれて基礎スペックで不安が生じ、マイナーポケモンに。 USUMではより速度と汎用性の高いアーゴヨンが同じの速攻型として登場しており、肩身の狭い思いをすることとなった。 PGLレーティングバトル統計データを見ると、SMリーグシングルバトルでは、、、という技構成が一般的であり、はがメインであったことが分かる。 持ち物はが一番手。 特性は言うまでも無く一択。 USUMリーグシングルバトルではかえんほうしゃの枠をに変えた型、みがわり、まもる、かなしばり、アンコールなどを活かしてターンを稼ぐどくどく耐久型がエンニュートの主流で、この場合は回復手段にくろいヘドロが使われる。 耐久型にする場合は優秀なを詰め込んだノーウエポン型も稀ではなく、例えば、、、といった型も組まれる。 ポケモンバンク解禁前の環境ではサザンドラとの相性補完を活かした「サザンニュート」が確認された。 ただ、エンニュートの耐久ではを持たせない限りサイクルを回すという形で相性補完を活かすことができないのが痛かった。 シナリオではのエースとして出番を貰っている。 WCS2019(GSダブル)世界大会シニアカテゴリベスト8に1体残っていた。 この世代初出の一般ポケモンで速攻型で十分な火力と速度を持つポケモンと言えば、とエンニュート(は既存組の別フォルム)程度しかおらず、如何にアローラ地方に実用的な俊足の一般ポケモンが碌に存在しないかが窺える結果となった。 第八世代 が登場せず、新規に強豪が存在しないことからフェアリー対策としての役割が薄れ、相対的には第七世代より弱体化。 どちらかというと補助技による立ち回りが売りのエンニュートにとって、フルアタック型かセミフルアタック型でなければシナジーを見つけづらいの登場も痛い。 一応を新たに獲得している。 大きな変更としてはめざめるパワーを失っている。 難易度は厳選を難しくするめざめるパワー自体が存在しなくなったという意味で下がったが、これにより役割破壊が不意自由になったため独特の一致技範囲と補助技による立ち回りに特化する必要に追われた。 のCPUとしても、攻撃性能は高いが打たれ弱くも持たない点から評価が可も不可もない程度。 一般的な育成論 、という初の複合タイプのポケモン。 高いとを有する、典型的な高速特殊アタッカー。 努力値も基本的には特攻と素早さに振るのがよい。 弱点に、、、といった、わざとしてはメジャーなタイプが多いのがネックか。 特にじめんは4倍なので要注意。 4分の1ダメージのタイプが、、と3つあるのも大きいため相手を極端に選ぶが、耐久が非常に低いので過信は禁物。 技は基本的には毒タイプならばまたは、炎タイプならばまたはを筆頭に、サブウエポンとしてはかは最低でも欲しい。 めざめるパワーはがベスト。 くさの場合でも弱点の4タイプのうち3つに対抗でき、またじめんの場合はなどを狙える。 あとは遺伝技のや、特攻を大きく上げるの採用もよい。 持ち物はの採用率が高い。 特性はの場合はを採用すれば、どく技の効かない、タイプにも刺さる。 自身のほのおタイプのわざではがねには弱点を突けるが、いずれの主力技を等倍以下での受け、または無効化されるヒードラン、あたりを狙えればなおよい。 隠れ特性のの場合はによる補助技封じを防げるため補助技を採用しても問題ない。 どく状態にする補助技が無い場合、こちらを採用するとよい。 勿論エンニュートへの有効打が2つ以上あるポケモンの場合はかなしばりを打っても別の技で対処してしまう上に、はやを貫通するため穴はあるが、最悪でも起点を作れるので悪くはない。

次の

【育成論】鬼火撒き風船エンニュート【シングル】

エンニュート 育成 論

ページ:• 投稿者:Miya• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:ポイゾ茄子• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:mreva• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:モソソクルッペ• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:gorutyanga•

次の