シャトレーゼ アイス ドロップ。 セブンにまたまたシャトレーゼアイス華やかなフルーツドロップだよ。

シャトレーゼアイス20選!大人気おすすめメニューのカロリー・値段は?味もコスパも最強!

シャトレーゼ アイス ドロップ

チョコバッキー 5. 0 バニラ・チョコ 各・税込64円(同一6本セット302円) コスパ・味ともに最強アイスはやっぱりチョコバッキー。 2018年に発売されて20000万本以上売れた大ヒットアイスです。 似たようなアイスはたくさんありますがチョコバッキーはチョコレートの筋が太い。 チョコがランダムに混じっているのでたまにとんでもない塊にぶち当たったりします。 まさにバキバキ食感。 バニラも捨てがたいけど満足度が高いのはチョコのほうです。 できれば3本ずつのミックス6本セットを作って欲しいっす。 0 税込70円(6本セット367円) 一時期販売されていたチョコバッキーのミント味。 評判が良かったのかまた復活しています。 普通のチョコミントに比べてチョコの割合が多いので全体は甘め。 でもミントはかなり強めで口の中が冷え冷えになります。 70円でこのクール感は大満足。 決して万人受けする味ではないのでミント苦手な人は手を出さないほうがいいです。 0 税込86円(6本セット432円) エスプレッソのビターな味が特徴的な大人のチョコバッキー。 他のチョコバッキーと比べると甘さ控えめミルク感強めです。 コーヒー風味のクセの強さと価格が少し高い点がマイナスポイント。 簡単に言っちゃうと、アポロチョコのような味がします。 リアル果汁入りなので後味に爽やかな酸味が残るのが特徴です。 チョコやバニラより甘さ弱めで、ミントやエスプレッソほどクセがない。 バランスよくて食べやすいバッキーです。 0 税込75円(6本セット367円) 210kcal(1本) バッキーとは別タイプのチョコバーアイスです。 ノーマルバッキーには負けますがこれでも十分コスパいいです。 外のチョコはパリパリ、粒のクランチが混じっているので飽きのこない歯ざわり。 中のクッキーはさっくりでいろいろな食感が楽しめます。 チョコが甘いぶんアイスは普通のバニラでさっぱりテイストになっています。 涼しい時期のアイスって感じですね。 デザート氷クリーム仕立て 4. 5 ストロベリー チョコミント 山梨県産白桃 ヨーグルト風味 税込129円(4個セットで432円) クリームの中に氷粒を混ぜ込んだ不思議食感のアイスです。 アイスクリームよりさっぱり、かき氷より満足度が高い。 氷もクリームも食べたいわがままさんにオススメです。 私のイチオシはヨーグルト風味が絶品の白桃味。 あとチョコミントもバッキーミントよりはマイルドで食べやすいです。 味は満点なんですが量が少ないのがちょっとマイナス点。 0 メロン・マンゴー・白桃・スイカ・ライチ 各・税込75円(6本セット367円) 本物の果汁を使うだけでなく、もっちり食感まで出してリアル果肉に近づけたアイスです。 果汁100%じゃないの、と思うくらい超ジューシー。 初めて食べた時にはウマさに驚いて二度見しました。 氷系ではイチオシ。 それなりに美味しいけどメロンのほうが良かったです。 つぶつぶ果実バー 3. 5 瀬戸内レモン・温州みかん・ふじりんご・キウイ 税込237円(6本入り) 85kcal(1本) いろいろなフルーツ味のアイスバーです。 形としては果実食感バーの下位グレードってことになりますが、なかなかみずみずしくて安っぽさは感じません。 カチカチ氷ではなくネットリ柔らかい歯ごたえなので果実感もしっかりありますよ。 それぞれ果肉の粒が本当に入っているのが特徴です。 キウイだと種の粒感がリアリティを増しています。 1本40円なのでコスパもいいですよね。 白州名水かき氷バー 練乳いちご 2. 5 白州名水かき氷バー 練乳いちご6本入り 税込237円(6本入り) 86kcal(1本) いちごかき氷を練乳アイスで包んだバーです。 外は柔らかい練乳ラクトアイス、中はガリガリ粒が残るイチゴ味です。 食べ味はガリガリ君に似ています。 全体的にはやや甘めです。 どうしてもガリガリ君と比べてしまうのでこの評価。 食感が楽しいパリパリチョコ バニラ 4. 0 税込151円(4本セット540円) コーン版チョコバッキーのようなアイスです。 ミルフィーユのような多層の歯ざわりはバッキーとはまた違う快感。 ベースのバニラが濃厚なので食べごたえは十分。 真夏よりはちょっと涼しくなった頃に食べたいアイスです。 0 税込129円(4本セット432円) 243kcal ホワイトチョコで作ったアイスにいちごソースを混ぜたコーンタイプの商品。 悪くないんですが、ホワイトチョコアイスはミルク感が少ないので イチゴとの相性が今ひとつでした。 コーンの裏側に隠しチョココーティングあり。 こういう細かい工夫は好きです。 北海道バターソフト 3. 0 税込151円(4本セット540円) 242kcal コクの強いミルクアイスにバター風味を加えたコーンアイスです。 タマゴ風味も強くてとにかく濃いアイス。 ソフトと名前がついているけどアイスそのものは結構硬めです。 アイス以外に特徴がないんですよね。 バターアイス一色なので後半やや飽きが来るかも。 コーンも他のに比べてクリスピー感が弱めでした。 王道に見えて意外に好き嫌いが分かれそうなアイスです。 京都宇治抹茶ソフト 4. 0 税込151円(4本セット540円) 230kcal 甘さ控えめの抹茶アイスコーンです。 抹茶のグルタミン酸を感じ取れるくらい濃厚なビターテイスト。 苦すぎないのがいいですね。 ひときわ目を引くのが竹炭を混ぜ込んだゴマ風味のコーンです。 こちらも濃厚で、ゴマ風味というよりゴマそのものみたいな味がします。 このゴマ味が抹茶アイスと相性バツグン。 黒と緑の見た目も抹茶と茶器みたいでいいと思います。 ベルギーショコラのガトーショコラバー 3. 5 税込75円(6本セット367円) 138kcal ケーキをそのままアイスにしたようなショコラバーです。 ベースの味は甘さを抑えたビターチョコで大人の味といえます。 外側のチョコアイスは粒チョコ入りで特徴的な舌触りになっています。 中心はねっちりとした食感でガトーショコラのような濃厚さが楽しめます。 ただそのぶん、チョコアイスのパリパリ感やクリーミーさは薄くなっています。 美味しいけど冬用のアイスという気がしました。 4種のチーズのベイクドチーズケーキバー 4. 0 税込75円(6本セット367円) 147kcal ガトーショコラと同時発売されたチーズケーキのアイスバーです。 4種類チーズの区別はつきませんが、チーズ味強めなのははっきりわかります。 ホームランバーを硬くしたようなアイスらしい食感です。 ケーキっぽさはつぶつぶで入っているバタークッキーで表現しています。 チーズケーキの土台ですね。 単純にチーズアイスとしてクオリティが高いです。 八ヶ岳契約牧場しぼりたて牛乳アイス 3. 5 税込129円(4個セット432円) 162kcal 安定剤・乳化剤・着色料の入っていないアイスクリームです。 卵も入っていないからモロに牛乳の味。 甘さはしっかりあるのに油っぽさはないのでサッパリしています。 生まれて1分後には食べられそうなほど優しい味がします。 0 税込75円(6本セット367円) 114kcal しぼりたて牛乳にはバータイプもあります。 カップと同じ安定剤・乳化剤・着色料なしなのはもちろん、バーのほうは香料も使っていません。 そのせいってことも無いでしょうが、バーのほうが甘さが少なくてあっさりしています。 ホームランバーを上品にしたようなミルク味。 カップよりこっちの方が人気ありそうですね。 安いし。 口どけが良すぎてすぐ溶けるので持ち帰り注意です。 シャトレーゼPREMIUM マダガスカルバニラ 3. 0 税込151円(4個セット540円) 180kcal プレミアムの名の通り、シャトレーゼでは高価なシリーズアイス。 150円と聞くとそうでもないですが、カップがとにかく小さいです。 80mlなのでハーゲンダッツのミニカップ(110ml)より少ないです。 乳化剤なしなのでスプーンを入れると硬いですが、口にするとさらりと溶けます。 乳脂肪と卵の濃さを感じる濃厚な味でバニラの香りも強め。 これぞバニラというような王道アイスです。 美味しいけどボリューム不足とちょっとクドいのがマイナスポイント。 無添加 ミルクカップ 3. 0 6個セットで税込302円 76kcal シャトレーゼのアイスはもともと添加物少なめなものが多いです(なので溶けやすくアイスなのに賞味期限あり)。 そんな中でも完全無添加にこだわったアイスがこれ。 乳化剤・安定剤・香料・着色料を何も使わずに作ったアイスです。 1個約50円ですがサイズはハーゲンダッツのミニカップより小さいです。 味はミルク飴をそのままアイスにしたような感じです。 卵も入っていないので本当に素朴というか優しい味。 そこそこ甘いけど口どけがいいので後味はサッパリしています。 劇的な美味しさはないけど小さな子にも安心してあげられるのがいいですね。 タピオカ風ゼリー入り紅茶ラテバー 4. 0 税込75円(6本セット367円) 106kcal ちょっと高いイメージのあるタピオカミルクティーがコスパのいいアイスバーで登場。 一応タピオカ風のゼリーですがくにゅくにゅした弾力は十分楽しめます。 あと、甘さ控えめの紅茶アイスが純粋にウマいです。 チーズ入りでラクトアイスとは思えないほど豊かなコクがありますよ。 5 税込75円(6本セット367円) 103kcal タピオカバーと並んで売られていたのがこの杏仁豆腐アイス。 タピオカのほうがメチャ売れていましたがこっちも味は決して悪くありません。 杏仁の香りは強めですがベースはミルクアイスなので口当たりはまろやか。 パイン・黄桃の粒の他に細かいナタデココ入りで、コリコリとした食感が味わえます。 コスパはいいけどもう少しナタデココを増やして欲しいです。 ラムレーズンバー 3. 5 税込75円(6本セット367円) 209kcal シャトレーゼに多くある手頃なミニバーのひとつ。 かなり濃い味のラムレーズンが入っています。 アルコールがふわっと香るので大人向きです。 薄いホワイトチョコのコーティングがぱりぱりで食感もグッド。 レーズンとチョコが甘いので、バランスを取ってアイスはかなり淡白にされています。 ややシャーベット気味のあっさりバニラです。 ベルギー産クーベルチュール使用ショコラバー 4. 0 税込75円(6本セット367円) 278kcal クーベルチュールを使ったチョコレートアイスです。 一見なんの変哲もないアイスに見えますがかなり本格的なビターチョコ。 中のアイスがクーベルチュール入りでねっとりほろ苦い大人の味になっています。 コーティングは普通のチョコのはずですがこちらもかなりビター。 パキッと硬い食感が心地いいです。 口どけがいいのでアイスとの馴染み具合もいい。 ミルクチョコは甘ったるくて苦手。 カカオ70%くらいのチョコが一番好き。 という人にオススメです。 カロリーめちゃ高いけど。 ピュルテ マダガスカルバニラ 4. 0 税込86円(4本セット302円) 177kcal シャトレーゼのバーアイスでは高級な部類に入るピュルテシリーズ。 ピュルテってのはフランス語で「純粋」とか「清廉」という意味だそうです。 こってりコクのあるバニラをスイートチョコで包んだ贅沢アイスです。 よくあるチョコアイスに見えますが、チョコレートの口どけがスゴイ。 口に入れると同化するようにミルク感たっぷりのバニラに馴染んでいきます。 アイスに厚みがあるのでバニラのスッキリとした香りもはっきりわかります。 どちらかと言うとチョコよりバニラが主役のアイスです。 残念ながらチョコのパリパリ感はまったく無し。 プレミアムバー ハイカカオ 3. 5 税込151円(4本セット540円) 268kcal ピュルテの上位グレードに当たるのがこのプレミアムバーです。 ピュルテと比べて1. 5倍くらいのサイズですが値段もかなり高め。 カカオとミルクの2種類があります。 周りのチョコは「うおっ、苦い」と声が出るくらいの超ビター。 高カカオのチョコらしく食感はパリパリです。 中のアイスもクリーミーですが甘さはかなり少なめ。 ビターチョコと合わさると、砂糖の少ないカフェオレのような味になります。 完全に大人向けのアイスです。 美味しいけどコスパを考えるとピュルテのほうがバランスがいいかな。 和菓子アイス 玉露と抹茶 3. 5 税込75円(6本セット367円) 85kcal 和テイストでまとめた和菓子アイスシリーズの抹茶味。 外側は抹茶そのもののほろ苦い氷アイス。 中は抹茶ミルクのようなクリーミーなアイスです。 玉露というだけあってかなり渋めで上品な味。 クリーム入りなのにカロリーも低めで、甘いのが苦手な人にオススメ。 完全な大人向けで、小さな子だとこの味は物足りないかも。 和菓子アイス 十勝あずき 3. 0 税込75円(6本セット367円) 163kcal 小豆が大量に入ったシンプルな和風アイスです。 砂糖と小豆のみのスッキリした甘さが特徴。 意外にカロリーはあるんですね。 カッチカチな某有名あずきバーと比べると少し噛みやすくなっています。 原材料を見るとでん粉があるのでコレのおかげっぽいですね。 決して柔らかくはないけど歯を持っていかれそうな硬さはありません。 こんがり板チョコモナカ バニラ 3. 5 税込86円(6個セット432円) 228kcal 個別に買えるモナカとしてはもっともコスパのいいアイスがこれ。 ひとことで言っちゃうとシャトレーゼ版のチョコモナカジャンボです。 チョコモナカジャンボと比較するとサイズは70%くらい。 値段を考えると妥当な大きさだと思います。 板チョコは端に寄せてあります。 チョコモナカジャンボは中心に厚い板チョコがあるので、パリパリ感では劣りますね。 そのかわり、アイスの味はこちらのほうが上。 やたらとミルキーな美味しいバニラが使われています。 チョコモナカジャンボはチョコの味ですが、この板チョコモナカはあくまでアイスが主役という印象です。 ベルギーショコラ モナカ 3. 5 税込86円(6個セット432円) 223kcal こっちはよりチョコレートにこだわったモナカです。 サイズは板チョコモナカと同じですが、モナカ生地までカカオが練り込んであってよりビターな仕上がりになっています。 周りのチョコが薄いのでパリパリ感を期待すると肩透かしを食います。 ただチョコチップが入っているので硬い粒感がありますね。 アイスがクーベルチュール入りなので全体のチョコ感はかなり強め。 甘さを抑えた大人向けチョコモナカです。 クオリティを考えるとコスパはかなりいいです。 DESSERTモナカ ストロベリーショート 4. 5 税込151円(4個セット540円) 248kcal ショートケーキを模した多層のモナカアイスです。 こういうアイスってたいてい期待はずれが多いんですが、これは本当にケーキっぽかったです。 しかも物珍しさだけでなくちゃんとモナカアイスとして美味しい。 他のモナカとの価格差を考えても高評価をつけたくなるクオリティでした。 0 6個セット302円 132kcal コスパのいいアイスモナカです。 バラ買いはできませんが1個あたり約50円。 モナ王やバニラモナカジャンボだと多すぎ、でも半分だと物足りない……くらいの人にちょうどいいです。 アイスはあっさりバニラとコーヒーのダブル。 正直、そこまで飛び抜けた美味しさはありませんが、手軽な価格とほどよいサイズ感が魅力でよく食べています。 同価格でバニラだけのモナカも売っていますが、コーヒーの香りがあるこっちのほうが飽きがこなくて私は好きです。 アイスキャンディーソーダ 3. 5 税込140円(6本入り) 51kcal(1本) ラムネを飲んだような爽快感が売りのソーダキャンディー。 硬そうに見えますが意外にエアリーでさっくり噛めます。 1本24円弱という圧倒的なコスパの良さも含めてこの評価。 箱売りのガリガリ君より安いです。 味はガリガリ君ソーダより少し甘め。 箱のガリガリ君(梨)とのサイズ比較するとこんな感じ。 厚さはガリガリ君のほうが上なので大きさはほぼ同じです。 わずかにシャトレーゼソーダのほうが大きいくらい。 低カロリーでガンガン食べられるのもイイ。 チョコバナナバー 6本入 3. 0 税込237円(6本入り) 142kcal(1本) 1本40円を切るコスパのいいバナナアイスです。 何十年も前から売っています。 バナナなんて入ってないだろ、と思いきや5%だけ果汁・果肉入り。 昔はもっと長細かった記憶があります。 チョコレートはパリパリ。 ねっとりした香りの強いラクトアイスがバナナっぽくてなかなか美味しいです。 古きよき昭和時代のアイスと言う感じ。 メロンだまシャーベット 2. 5 税込237円(5個入り) 100kcal(1個) メロン型のカップに入ったシャーベット状のアイスです。 無果汁で味はメロンソーダみたいな感じ。 でもこのチープな味がいいんすよ。 飛び抜けて美味しいわけじゃないけど、ときどき無性に食べたくなるアイスです。 やたら食べづらい狭い入り口とか昔のまま。 懐かしい。 昔はもう一回り大きかったような気もしますが…。 ピーチだまシャーベット 2. 5 税込237円(5個入り) 109kcal(1個) ピーチ味もあります。 カップがお尻のようになっているところなんか芸が細かいです。 味はピーチ味のほうがややマイルド。 こっちはさり気なく果汁入りなのです。 0 税込129円(4個セット432円) 79kcal(1個) 低糖質・低カロリーのバニラアイスです。 さっぱり後味ですが普通にアイスとして美味しいです。 ダイエット無関係で食べていいレベル。 5 クッキー&クランチバーバニラ 4 果実食感バー 5 つぶつぶ果実バー 3. 5 白州名水かき氷バー 練乳いちご 2. 5 デザート氷クリーム仕立て 4. 5 食感が楽しいパリパリチョコ バニラ 4 TI CSコーン ホワイトチョコベリー 3 北海道バターソフト 3 京都宇治抹茶ソフト 4 ベルギーショコラのガトーショコラバー 3. 5 4種のチーズのベイクドチーズケーキバー 4 八ヶ岳契約牧場しぼりたて牛乳アイス 3. 5 八ヶ岳契約牧場しぼりたて牛乳バー 4 シャトレーゼPREMIUM マダガスカルバニラ 3 無添加 ミルクカップ 3 タピオカ風ゼリー入り紅茶ラテバー 4 ナタデココ入り 杏仁豆腐バー 3. 5 ラムレーズンバー 3. 5 ベルギー産クーベルチュール使用ショコラバー 4 ピュルテ マダガスカルバニラ 4 プレミアムバー ハイカカオ 3. 5 チョコバナナバー 6本入 3 和菓子アイス 玉露と抹茶 3. 5 和菓子アイス 十勝あずき 3 こんがり板チョコモナカ バニラ 3. 5 ベルギーショコラ モナカ 3. 5 DESSERTモナカ ストロベリーショート 4. 5 アイスモナカバニラ&コーヒー 3 アイスキャンディーソーダ 3. 5 メロンだまシャーベット 2. 5 ピーチだまシャーベット 2. どれ食べてもだいたい満足。 あえて推しを挙げるなら• チョコバッキー• 果実食感バー• デザート氷• タピオカバー• DESSERTモナカ あたりになりそうです。

次の

セブンにまたまたシャトレーゼアイス華やかなフルーツドロップだよ。

シャトレーゼ アイス ドロップ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 もうひと踏ん張りの外出自粛ですが、春先とは違って、関東では気温も30度近くまで上昇する日が増えてきました。 なので食料品も麺類やアイスが必要になってきています。 ここでは、とにかく食費節約で美味しいスイーツを楽しみたい方におススメのセブンイレブン限定・数量限定「シャトレーゼマルチフルーツドロップ」をご紹介します。 なんとなく、懐かしいオーラが出ているアイスです。 メロンソーダ……果汁5% グレープ……果汁11% オレンジ……果汁14% パイン……果汁14% 8本は個包装ではなく、そのまま入っています。 食べる本数だけ取り出し、残ったアイスは袋に入れたまま再び冷凍室に戻せます。 子どもたちには見慣れないふにゃふにゃ棒に興味津々。 子どもたちが早く食べないと、アイスが溶けて棒から落ちそうでヒヤヒヤします(アイスだけに)……。 大人から見ると、物足りないサイズで1本約25円感はありますが、子どもは量よりも1個という満足感があるようで、一度で複数本食べたいとは意外と言わなかった! 8本も入っているので、またのお楽しみにもなるし、おやつやお風呂上がりのデザートにすると数日持つのでコスパ良すぎのセブンイレブンスイーツでした。 それでも1本56円なので、おやつにはちょうどいいサイズ感とコスパです。 お近くのセブンイレブンにあれば、お手に取ってみてはいかがでしょうか。 事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

次の

セブンイレブンとシャトレーゼがコラボしたら絶対強いって!駄菓子級「アイス」はバカ売れ当確級

シャトレーゼ アイス ドロップ

【 本記事のターゲット 】• シャトレーゼで販売しているアイスを購入&持ち帰りたい• 店と家が少し離れている、ドライアイスなどの提供有無&料金などの設定を知りたい 今回はシャトレーゼで販売しているアイルなどを持ち帰る際に利用するドライアイスに関して、サービスで提供してもらえるのか、ある程度多くなると有料になるのかどうか?といった点をご紹介します。 シャトレーゼってケーキというイメージが強いですが、もちろん通常のお菓子関連も販売していますし、アイスなども販売しています。 シャトレーゼのアイスを購入して家に持ち帰って食べたい。 気になるのが持ち帰り時のドライアイスの有無。 店から家までの距離が離れていたり時間がかかるという場合は気になるポイントかと思いますので、今回mog家の近場にあったシャトレーゼのドライアイス提供有無&料金設定を調査してきました。 シャトレーゼのアイスを持ち帰りたいと考えられている人は、本記事を参考にしてみて下さいね。 シャトレーゼのドライアイスは有料提供。 15分・30分の料金設定 シャトレーゼには多数のアイス商品が販売、ケーキは無料で保冷剤提供 シャトレーゼは全国(四国や一部地域を除く)に展開しているケーキ・スイーツ・お菓子などを販売しているお店になります。 さて、そんな感じでシャトレーゼは基本ケーキ中心に購入利用していたのですが... 先日店内を少しゆっくりみる機会があり、お菓子などのコーナーを見ながらどんなものが販売しているか見回っていた所... お、シャトレーゼってアイスも販売しているのか... 隣にも美味しそうなチョコ系のクッキーやらバニラアイスやら... 家に帰るまでに溶けてしまっては意味がない&悲しい状態になりますよね。 そこで、シャトレーゼの公式HPを確認して見たところ、下記記述がありましたので抜粋してご紹介。 ドライアイスの取り扱いについて A. 有料になりますが、ドライアイスをお付けしております。 ドライアイスは直接触れるとやけどをする恐れがありますのでご注意下さい。 まれに、炭酸ガスがケーキに残り、舌をピリピリ刺激する事がありますので、ドライアイスを取り除き、商品を冷蔵庫などに30分位、置いてからお召し上がり下さい。 ただし、炭酸ガスそのものは無害ですので、安心してお召し上がり頂けます。 上記の通り、シャトレーゼではアイス持ち帰り時にドライアイスを希望する場合は有料で販売しているという事になります。 mog個人的には、家から保冷バッグと保冷剤を持ってくるのがベストなのかなぁとも思ったり。 とはいえ、店で購入時にそのままドライアイス 等をつけて欲しいという方もいらっしゃるかと。 という事で、現地でどのくらの値段でドライアイスが販売されているのかを調査してみる事に。 公式HP色々調べたんですが、値段乗ってないんですよね... TIPS:ちなみに、ケーキ持ち帰り時には多少の保冷剤が無料で付属しますので、近距離でケーキを家まで持ち帰る場合は特に心配しなくても大丈夫です。 有料でドライアイス&保冷バッグが現地販売されている ではアイス持ち帰り時に有料販売されているドライアイスの料金などを、実際に現地店舗で調査してきました。 地域によって変動はあるかも知れませんが... ちなみに調べたのは東京都江戸川区にあるシャトレーゼになります(住んでいる場所がバレる... 苦笑)。 時期は2019年10月上旬です。 まず、先ほど写真で掲載したアイスコーナーに下記のような案内札が設置されていました。 保冷バッグを現地で調達する場合は、上記で購入手配する事が可能です。 では続いてドライアイスに関してですが、同じように下記案内札がアイスコーナーに設置されていました。 上記の通り、その隣にさらにドライアイスに関して注意書きの案内札がありました。 最近ドライアイスの値段が上がったみたいで、下記料金設定となっていました。 ドライアイス15分:35円(税別)• ドライアイス30分:70円(税別) 15分と30分の2種類のドライアイスが有料販売されていました。 現地でドライアイスが必要という方は、こちらの値段で調達する事が可能です。 まぁ個人的にはやはり家から保冷バッグと保冷剤を持ってきた方が良いかなぁと... 値段かかりますしね。 その分他のアイスを購入して持ち帰った方が良いかと。 最後に 今回はシャトレーゼで販売しているアイス商品を持ち帰る際に、現地店舗でドライアイスなどの保冷剤が提供されているのかどうか?という部分をご紹介しました。 店舗や地域によってはもしかしたら値段は違うかも知れませんが... シャトレーゼでアイスを持ち帰りたいという方は本記事を参考にしていただければ幸いです。

次の