ドコモ 光 通信 障害。 ドコモ光でネットに繋がらない原因と解決方法について

フレッツ光の通信障害の原因は?チェックするポイント4つ

ドコモ 光 通信 障害

光回線で起こりやすい通信障害とは? ドコモ光に限らず、光回線を利用している際に通信障害に見舞われることはあるものです。 光回線で起こる通信障害にはいろいろなものがありますが、おもな原因としては 台風や地震、雷などの自然災害があります。 また、光ファイバーはケーブル回線によって引き込まれているものなので、途中でケーブル回線に障害があると通信をすることができません。 ケーブル回線だけではなく、 ルーターなどの通信機器の不具合による通信障害もあります。 ケーブル回線や通信機器に不具合が無くても、工事やメンテナンスがあると通信が途切れる可能性が生じます。 さらにケーブルや通信機器などに異常が無く、工事やメンテナンスも行われていない場合、考えられるのは 料金の未納です。 このように、通信障害の原因として考えられるものは多種多様ですが、発生する原因が分かれば通信障害を予防、対策することが可能になります。 発生原因について、以下で1つずつ詳しく解説しながら挙げていきます。 通信障害の原因として想定されること ドコモ光が突然つながらなくなった!という時は、カスタマーに電話しても 回線がパンク状態で繋がりにくい可能性が高いです。 原因の特定さえできてしまえば焦ることなく対処できるので、回線トラブルで原因となりうることを3つ紹介します。 もし、それらに該当しなかった場合は、ドコモ光に直接問い合わせされてください。 台風などの自然災害 ドコモ光の通信障害のうち、ドコモの公式サイトで情報を公開されているものがあります。 具体的な障害情報は、「 重要なお知らせ(通信障害等)」というページで知ることが可能です。 このページを見てみると、台風や地震などといった、広範囲に影響を及ぼす自然災害による通信障害が多いことが分かります。 台風の場合は、強風により光ケーブルが断線する恐れが生じます。 また大きな地震では、より広い範囲で光ケーブルの断線が生じることもあり得るのです。 台風や地震を防ぐことはできません。 しかし災害時を想定し、他の通信方法を調べて知っておくことは大事です。 まず身の回りの安全を確保し、他の通信方法を試しながら、ドコモ光の通信が回復するのを待ちましょう。 光通信に対する、台風や地震の影響を個人的に防ぐことは難しいとされていますが、落雷から受ける被害はある程度予防することができます。 落雷は、電線を通じて室内のパソコンやルーターに被害を及ぼします。 直接、個人のパソコンや周辺機器にダメージを与えるのが落雷なのです。 この落雷による被害を防ぐ方法としては、次のようなものが挙げられます。 落雷発生時にはパソコンや周辺機器のコンセントを抜く• 落雷をガードする機能の付いたコンセントを使用する 落雷は電線を伝わってくるので、 コンセントを抜けばそこから先へは被害が及びません。 落雷発生時にはパソコンの電源を切り、周辺機器と一緒にコンセントを抜くようにしましょう。 とはいえ、落雷の発生は不在時にも起こり得るものです。 パソコンや周辺機器の電源が入っていなくても、落雷によりダメージを受けることがあります。 その為、不在時でも落雷からのダメージを回避できる、 落雷ガード付きのコンセントを導入するというのも手です。 このコンセントを使用していれば、在宅時でも慌ててコンセントを抜く必要がありません。 工事やメンテナンス 落雷や台風ではなく、回線や通信機器の不具合でもない場合は、ドコモ光による工事やメンテナンスが通信障害の原因という可能性があります。 ドコモ光が実施している工事やメンテナンス情報は、NTTドコモの公式サイト内にある、「 ドコモ光の通信障害情報を確認する」というページで確認することが可能です。 使われている回線に応じた工事情報やメンテナンス情報が載っているので、該当する回線を調べてみるのも方法の一つです。 また、メンテナンスや工事は事前にメールなどで案内をされていることがあります。 メールの設定によっては見過ごしてしまう可能性があるので、ドコモからのメールはしっかりと確認し、メンテナンスや工事に備えておく必要があります。 メンテナンスは通常、ネット利用者の少ない時間帯を選んで実施されます。 深夜から早朝までの時間帯での実施が多いのですが、まれにメンテナンスが長引いて予定通りに終了しないことがあります。 これはドコモ光に限ったことではありません。 予想外の事態が発生し、作業が終わらない場合は公式サイトなどでメンテナンスの延長が通知されます。 メンテナンスの終了時間を過ぎてもドコモ光が繋がらない時には、公式サイトを確認してみると情報を得ることができます。 料金が未納になっている これまで確認してきた事柄に問題が無いのに、ドコモ光が繋がらない場合は ドコモ光の料金が未納になっている可能性があります。 実は料金の未納によってドコモ光が使用できなくなることは、決してあり得ない話では無いのです。 というのは、ドコモ光の料金を口座からの引き落としで支払っている場合、残高不足で引き落とされないことがあるからです。 特に引き落とし専門の口座を使用していると、残高を忘れる可能性が高くなります。 毎月の引き落とし日の前に残高を確認し、料金が未納にならないようにすることは大事です。 また、 請求書による支払いにも注意が必要です。 余裕を持って支払うことができるように、請求書は早めに郵送されます。 ところが余裕があるからと後回しにしているうちに、忘れてしまうことがあるのです。 特に仕事や家事で忙しいと、忘れる危険性が高まります。 早めに支払いを済ませ、未納を防ぎましょう。 クレジットカードでの支払いの場合は、利用残高をチェックしておく必要があります。 クレジットカードは利用限度を超えると使用できません。 そのため知らないうちに料金が未納になってしまうことがあるのです。 これらの原因で料金が未納になると、督促状が送られてきます。 この督促状を見逃してしまうと、ドコモ光が使えなくなることもあるので特に注意が必要です。 ドコモ光の通信トラブル時、どう対処すればいい? 通信トラブルが起きてしまうと、 仕事などに支障をきたす場合が多いでしょう。 どうしてもすぐに復旧しないと困る方は、これから説明する対処法を覚えておくと役立つかもしれません。 仕事など1分でも早く繋げたい時の対処法 クラウドソーシングやリモートワークを活用し、自宅で仕事をこなしている人々が増えています。 副業として、あるいは独立した専門職として、インターネットを利用した仕事を営む人々にとっては、通信障害は大変困ってしまう事態です。 仕事の打ち合わせはもちろん、作成したものを納品することもできません。 納品の遅れは、信用状態の悪化を招く可能性があります。 また、時間単位での契約の場合は、連絡が取れないと休業扱いとなることもあります。 他の通信方法として最初に考えられるのが、 図書館やカフェなどでのフリーwi-fiの利用です。 また、ネットカフェに設置されているパソコンを使用するという方法もあります。 どちらの方法も緊急の時には有効なものですが、利用には注意も必要です。 なぜならフリーwi-fiやネットカフェには、セキュリティの面で心配な点があるからです。 大事な仕事の通信は控えるか、最小限に留めるようにしましょう。 また、他者契約のスマホを所有していてデザリング契約を結んでいるのなら、そのスマホとパソコンを繋ぐことができます。 料金はかかりますが、緊急時にはとても役に立つ方法です。 困らないために普段から心がけることは? ドコモ光の通信障害は生活に支障をきたす可能性があるので、できるだけ避けるのが賢明です。 通信障害を起こす原因のほとんどは、ある程度予防することができます。 まず、工事やメンテナンスの情報は 見逃さないように普段からチェックするようにしましょう。 特にメールの場合は注意が必要です。 メールをためておくと紛れてしまうことがあるので、こまめにメールの確認を行い、定期的に整理する必要があるでしょう。 また、公式サイトのメンテナンス情報を折に触れ確認することも大事です。 通信機器に関しても同様で、普段から状態をチェックし、乱暴に扱わないようにすることが重要です。 特に気を付けたいのが、 ケーブルの取り扱いです。 ケーブルが乱雑になっていると、思わぬ時につまずいてしまうことがあります。 その際に、ケーブルが抜けたり差込部分を破損してしまうことがあるので注意が必要です。 また、椅子の足でケーブルを踏むと、断線してしまうことがあります。 パソコンとルーターなどの距離が遠く、ケーブルが長いと断線の危険性は高まります。 これを防ぐために、無線LANの導入を検討するのも一つの手でしょう。 古くなったルーターなどは、タイミングをみて新しいものと交換をしましょう。 それにより、 通信速度が速くなる可能性も生じます。 普段からドコモ光の通信速度が遅く感じたり、繋がりにくいと感じたりしている場合は、ドコモのサポートに相談をしてみましょう。 まとめ 現代ほど、インターネットが生活に溶け込んでいる時代はありません。 インターネットを使えることが、当たり前だと感じている人々も多いことでしょう。 それほどインターネットは生活に密着し役に立っているのです。 パソコンで仕事を行い、ネット経由で納品することも普通に行われています。 ところが便利な反面、インターネットは通信障害に弱いという1面も持ち合わせています。 パソコンで作成した書類や課題も、送信をすることができなければ意味がありません。 記録媒体に入力して郵送する方法もありますが、時間効率はとても悪くなります。 このため、通信障害が発生すると慌ててしまい、軽いパニック状態に陥ることもあります。 まず、冷静になって通信障害の原因を探り、できることから対処をするようにしましょう。 また、普段から通信障害の予防を心がけ、ケーブルや通信機器の状態に気を配ることも大事なことです。 ネット回線は上手に使い、インターネットの恩恵を最大限受けられるようにしていきましょう。 次の記事 2019. 01 関連する記事• 2019. 30 ひかりTV for docomo(2年割)インターネット回線で最も知名度があり、利用者数も断トツNo. 1の「ドコモ光」。 docomoのスマホを利用し[…]• 2019. 12 今思えばなんで「ドコモ光」を契約したんだろう…。 もっと知識を蓄えておけば他の光コラボ回線を選んでいたのに、料金はおろか評判も調べずに申込みしてしまっ[…]• 2019. 01 自宅にインターネット回線を導入するときに、光回線を検討する人は少なくないでしょう。 さまざまな事業者が光回線のサービスを提供しており、「ドコモ光」もそ[…]• 2019. 10 ドコモ光は申込み方法によって得する人、損する人に二分化されます。 もし、あなたが得する側の人間になりたいなら、料金や割引サービス以外のことも比較する必要[…]• 2019. 01 急にインターネットが繋がらないことがあると困るものです。 ここでは、ドコモ光が繋がらない!とお困りの方のために、原因の確認方法や対処法について解説して[…]• 2019. 18 インターネット回線の国内シェアNo. 1だけあって、ドコモ光への新規申込みや乗り換えを検討されるはもめちゃくちゃ多いです。 もちろん、知名度だけで選ばれて[…].

次の

ドコモ光の評判がヤバイ!契約してわかった全情報【2020年6月】

ドコモ 光 通信 障害

ドコモ光に限らず、インターネットを利用していると、 それまで普通に利用することができていた通信が頻繁に途切れてしまったりすることがあります。 通常、そんなに頻繁に起こることではないですが、それでも急にそんな事態に遭遇すると、対処方法に困ってしまうのではないでしょうか。 私はドコモ光を利用しているときにそんな極端な通信トラブルに直面したことはありませんが、それ以前のOCN光を利用していた時に何度も通信が途切れるという症状に悩まされたことがあります。 これからドコモ光を利用しようと考えている人はもちろん、既に利用中の人まで、様々な可能性がある中から原因を切り分けし、ドコモ光が途切れる、つながらないなどの問題に対処するための方法を確認しておこうと思います。 関連記事:「」 目次• ドコモ光で通信が切れる原因を切り分ける まず、明らかに通信が頻繁に途切れると感じられる場合には、その原因をある程度切り分けていく必要があります。 「そんな面倒なことはしたくない、ドコモショップに駆け込んだ方が早い」、「インフォメーションセンターに電話すればいい」と考えている人も多いと思いかもしれませんが、結局そうしたところで細かい状況の確認は入りますし、それがされていなければ「まずはそこから確認してほしい」と言われて再来店を促される流れになるのは目に見えているので、まずは 二度手間を防ぐためにも自分である程度の可能性をつぶしておくことが先決です。 その上でドコモショップなりインフォメーションセンターなりに相談をすれば、話の進み方もまるで違います。 ということで、まずドコモ光の通信が途切れてしまう原因として考えられるケースを想定してみて、切り分けていこうと思います。 1.Wi-Fi規格の問題による家電製品との電波干渉ではないか 2.スマホ側の設定や故障ではないか 3.Wi-FiルーターやONUの故障ではないか 4.自宅外・WAN側の故障ではないか 電波の問題や身近な通信機器の設定から故障と疑っていき、それでも違うのであればさらに進めてWi-FiルーターやONU、ホームゲートウェイなどの故障の可能性、そして最終的にはドコモ光のWANまたは根本的なシステム障害の可能性まで考えていきます。 1.Wi-Fi通信規格の問題による電波干渉で通信が切れる・つながらない 無線LANにおけるWi-Fi規格にはいくつかの種類があり、そのうち 2. 4GHz帯を利用するケースで、 電子レンジなどの家電製品と電波の干渉が起こってしまい、Wi-Fiの接続が不安定になり切断してしまったり繋がらなくなったりすることがあります。 自宅の構造によっては高確率で起こる現象でもあるので、まずは真っ先に疑ってみる必要がある項目と言えます。 実際にこの点を改善するだけで通信が安定するようになった、というケースも少なくありません。 この問題を抱えている場合には、機器の故障ではないのでドコモ光から他の光に仮に変えたとしても、結果はまったく同じです。 わざわざ工事のやり直しをして工事料金や手数料を払ってまで別の光に変えても何も変わらないので、非常にもったいないです。 そんなことにならないように、初めに確認するようにしましょう。 この問題は別記事「」にて確認していますので、そちらも参考にされてください。 2.スマホ側の設定や故障で通信が切れる ドコモ光でのWi-Fiの通信が切れてしまう原因として、親機ではなく子機側、つまりスマートフォンやiPhone、パソコンなどの方に原因がある場合があります。 このケースは、家族でWi-Fiを利用している場合には最も原因に気が付きやすいと思われます。 何故なら他の家族はまったく問題なくWi-Fiを利用できているのに、 自分だけが通信が不安定に感じたり切断されてしまったりするからです。 逆に気づきにくいのは、一人暮らしのケースです。 他にWi-Fiで利用している端末を所有していないと、スマホ側に問題があるのかルーター側にあるのかの切り分けができないためです。 もし、別にタブレットやパソコン、過去に使っていたスマホでもいいのでWi-Fi接続できる機器を所有しているのであれば、そちらで試してみてどうかを確認することで、ある程度原因を絞ることができます。 他の機器では問題ないのに、特定の機器だけで通信が切れてしまうのであれば、やはり機器側の問題である可能性が高いといえます。 他にも、端末側に原因がある可能性が高いと思えるのであれば、自宅ではない別のWi-Fi環境で利用してみてどうかを確認したりすることも有効です。 例えばドコモショップに故障として相談にいけば、ショップのWi-Fi環境でも試してくれるでしょうし、自分でdocomo Wi-Fiを利用してみて切り分けることも可能です。 スマートフォンのWi-Fi機能の故障は実際に比較的起こりやすいようなので、自宅のWi-Fiルーターの故障と考えるよりも先に疑ってみてもいいかもしれません。 3.ONUやWi-Fiルーター、ホームゲートウェイの故障で通信が途切れる・繋がらない 24時間365日稼働しているONUやWi-Fiルーター、ホームゲートウェイですので、どうしても故障が発生することもあります。 この切り分けは、スマホ端末側の故障を切り分けるときと同様、複数のWi-Fi端末を所有していると簡単に実施することができます。 例えば、家族全員のスマホでWi-Fiが頻繁に途切れたり繋がらないということであれば、これはほぼ間違いなくWi-Fiルーターの不調ではないかと考えられます。 複数端末を所有していないと、スマホ側が悪いのか、Wi-Fiルーター側が悪いのか判断がつかないので、先にスマホを点検を兼ねた修理に出してみて原因をつぶしてみるのも一つの方法です。 スマホに異常がなければ、あとはWi-Fiルーター側の問題の可能性が非常に高くなるからです。 このケースでは、一体型のホームゲートウェイを利用している場合にはいいのですが、ONUとWi-Fiルーターが分かれている場合にはさらにONUが原因なのか、Wi-Fiルーターが原因なのかを切り分ける必要があります。 ここで切り分けに役立つ方法としては、Wi-Fiルーターを介さず、LANケーブルで直接ONUと接続した場合にはどうか試してみるという方法です。 この場合スマホやタブレットでは無理なので、パソコンが必要になりますが、パソコンでLANケーブルで直接つないでインターネットを利用し、接続が切れることがない、ということであれば、電波の干渉かWi-Fiルーターの問題と推測できます。 パソコンがないとこの確認はできないので、Wi-Fiルーターを買い替えてみるか、誰かに別のWi-Fiルーターを借りたりすることができれば切り分けはできますが、個人的な経験上、ONUよりはWi-Fiルーター側に問題があるケースが多いような気はします。 以前私が直面した Wi-Fiが頻繁に切断する症状は、おそらくこの Wi-Fiルーターに問題があると思われる症状でした。 通信がいきなり切れてWi-FiからLTEにいつの間にか切り替わっている、というもので、Wi-Fiルーターの電源を落とし、再起動させることで症状が改善していました。 複数のWi-Fi対応機器で同じ症状が出ましたので、個別のスマホ端末などの故障とは考えにくいものでした。 気にはなっていましたが、電源断再起動により改善はしていたので、長く放置していたのですが、今思えばWi-Fiルーターに問題があったのはほぼ間違いないと思えます。 私のケースのように、稀に起こる、という程度であり、Wi-Fiルーターの電源断再起動で症状改善するのであれば、そのまま様子を見てもいいかもしれませんが、あまりひどい場合にはWi-Fiルーターの買い替えを検討しましょう。 4.自宅外のWAN環境・ドコモ光のシステム障害で通信が切れる 最後に、以上のどのケースでも問題ない、という結論が出た場合に考えられるのが、家を飛び出した外の環境、つまりWAN側の通信網、またはドコモ光のシステム上に問題があるケースです。 このケースの特徴としては、継続的に問題があり続ける、ということはあまり考えにくく、どちらかというと突発的な障害で通信にエラーが出るようなケースがほとんどではないかと思われます。 そのため、時間が経てば復旧作業が行われて改善することがほとんどです。 ドコモ光に限らず、固定のインターネットサービスについてはあくまでベストエフォート型のサービスであり、場所や環境によってかなり通信環境は左右されます。 とはいえある程度の安定性は担保されているはずなので、あまりないとは思いますが、どう考えてもおかしい、という場合にはドコモとの要相談という形になるかもしれません。 ここまでくるとドコモショップ、またはドコモインフォメーションセンターへの相談が必要です。 ドコモ インフォメーションセンターへの問い合わせ方法 ドコモ光の故障の場合の問合せ窓口は、当初ドコモインフォメーションセンターのみでしたが、2018年3月12日より、トライアルとしてLINEでの故障問合せ受付が実施されています。 電話する時間がなかなかとれないとか、ちょっとした疑問なので電話するほどではない、という場合にはとりあえずこちらを利用してみましょう。 LINEでのドコモ光故障問合せ LINEを利用したドコモ光の故障問合せでは、故障窓口である113センターに電話ではなくLINEで問い合わせることができます。 受付は土日祝日と年末年始を除く平日のみで、午前9時から午後5時までの受付となっています。 あくまでドコモ光の故障についての問合せ窓口なので、スマートフォンや携帯の故障についてなどは受付してもらえませんので注意しましょう。 その問合せ方法としては、まずは「ドコモ故障サポート」をLINEでともだち追加する必要があります。 ともだち追加の方法としては、下記ドコモ公式サイトにスマートフォンでアクセスをし、「友だち追加」のボタンを押してください。 友だち追加ができたら、後はドコモ光の故障について問い合わせればOKです。 サポート範囲はドコモ光および光オプションサービスについての故障やトラブル、とされています。 回答に時間がかかることもあるため、質問を投げたら後は気長に返答を待ちましょう。 最終的に修理受付になる場合は、電話での手続きが必要となります。 電話でのドコモ光故障問合せ ここまでの内容で、ある程度の通信のトラブルは解消する可能性が高いと思われますが、それでもなお、ドコモ光の通信状態に改善が見られない、やはり故障では、という場合には、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせするしかありません。 その大まかな流れをお伝えしておこうと思います。 ドコモ インフォメーションセンターは、ドコモを契約中の場合にはドコモケータイから「151」でかけることができ、固定電話などからは「0120-800-000」でかけることができますが、故障の場合には専用窓口としてドコモケータイから「113」でかけることができますので、そちらを優先しましょう。 始めにガイダンスが流れますので、番号を選択していきます。 113センターの場合、ドコモの故障とNTTの故障のどちらなのかを最初に聞いてきますので、該当の番号を選びます。 判断が難しい場合はとりあえずで選べば問題ありません。 151センターに電話をすると、こちらは総合窓口なので様々な要件の中からドコモ光を選ぶ必要があります。 「7番」を選択することで「 ドコモ光の手続き、問い合わせ、接続、設定」に入ります。 続けて、4つの番号の中から選択します。 1番:ドコモ光引っ越し・ネットトータルサポート契約・新規申し込み・解約・サービスに関する問い合わせ 2番:工事 3番:設定・接続 4番:故障 ここでは4番の「故障」を選びましょう。 相談することで症状が改善できるかどうかはわかりませんが、できる限り詳細に情報を伝えてみましょう。 スマホのトラブル以上に光回線のトラブルは原因の切り分けが難しいため、相手に任せきりになるのではなく、自分でもどういう状況でどういうトラブルなのか、具体的に情報を集めて共有するようにしてみましょう。

次の

ドコモ光が繋がらない、途切れる|通信障害の簡単な直し方

ドコモ 光 通信 障害

問い合わせ先(おすすめ順) ・ドコモ光公式ページ ・チャットサポート ・電話 ・ネットトータルサポート ・プロバイダ ・Twitter ドコモ光の公式ページ ドコモ光で通信障害が起こっている場合はでアナウンスがあります。 家のネットが使えない場合はスマホなどで公式ページへアクセスして、通信障害が起きていないか確認するのがおすすめです。 通信障害が発生している日時やエリア、原因など細かい情報を一目で確認できるのがメリットで、 さらに公衆無線LANサービスの開設情報も公開されています。 ネットが繋がらなくて困っている場合でも無料で使える公衆無線LANサービスを利用すればWi-Fiに接続できるので、こちらもチェックしてみてください。 また通信障害が復旧した場合は情報が更新されていくため、とにかく障害の発生状況を知りたい人はこちらに問い合わせをしましょう。 チャットサポート(LINE 「ドコモ故障サポート」をLINEで友達登録をしておくと、通信障害が起きているかどうかをチャットで簡単に調べることができます。 通信障害の情報だけでなく速度が遅いときの改善方法も教えてくれるので、障害から早く復旧させたい人にはおすすめです。 ただし窓口が混雑していると、オペレーターに繋がるのに時間がかかったり、チャットができない場合もあるので注意してください。 電話 ドコモのインフォメーションセンターへ電話連絡することで、障害情報や対策を教えてもらうことができます。 ただし障害が起きていると同じように色んな人が問い合わせをしていて電話が繋がらない場合があるので、先に公式ホームページで障害情報を確認してから連絡しましょう。 人気なプロバイダの連絡先 GMOとくとくBB 番号:0570-045-109 受付時間:10時~19時(年中無休) DTI 番号:0120-578-074 受付時間:10:00〜19:00(年末年始を除く) nifty 番号:0570-03-2210 受付時間:10時~19時(年中無休) OCN 番号:0120-506506 受付時間:午前10時~午後7時(日曜日・祝日・年末年始以外) ぷらら 番号:009192-33 受付時間10:00~19:00(年中無休) ドコモショップ 家の近くのドコモショップでも障害情報を問い合わせることができますが、店舗は混雑していてすぐに聞けない場合もあるのでおすすめしていません。 基本的にはネットや電話で障害情報を確認した方がスムーズです。 ドコモ光やドコモスマホの両方で障害が発生していてどうすることもできない場合のみ、ドコモショップへ問い合わせをしてみましょう。 ツイッター ドコモ光の通信障害。 2日目帰って来ても直ってなくて、光に電話したら、深夜12時過ぎに大変混み合ってるとのガイダンス。 ほー、そちらも不通ですか。 — Bnt 1KFB2 あれ、ネット落ちてる。 ドコモ光障害起きてるのかなぁ。 ドコモの公式ページで障害情報が更新される可能性が高いので、時間を置いて確認してみるといいでしょう。 ツイッターはあくまでも口コミの情報なので正確な障害状況を知ることができませんが、リアルタイムな情報を探すことができるので参考程度に調べてみるのはアリです。 ドコモ光の障害で繋がらない時の対処法 ドコモ光で通信障害が発生した場合は基本的にどうすることもできないので、公式ページで復旧情報が更新されるの待つしかありません。 ただしドコモ光の通信障害が復旧してもネットが繋がらない、速度が遅いままというケースもあるのでこれから紹介する対応策を試してみてください。 原因を特定するためにまずは有線接続と無線接続でそれぞれ通信速度を測定してみましょう。 通信速度はから確認することができますので、有線で遅い場合はONUやケーブルの対処、無線で遅い場合はWi-Fiルーターや接続設定を対応していきます。 有線接続で速度が遅い時の対策 ONUの電源の入り切り NTTと書いてある黒い箱のようなもので、LANケーブルやコンセントなどがたくさん刺さっていものがONUです。 ONUは光回線から送られくる信号を処理する機器で、そちらに差さっているコンセントを抜き差してみましょう。 ONUの電源を入り切りをしてネットへ再接続をすることで、速度が改善されることがあります。 LANケーブルの抜き差し、交換 ONUやWi-Fiに接続しているLANケーブルがきちんと差さっていない場合もあるので、抜き差しを試してみましょう。 またLANケーブルの種類が古くて速度が出ていない場合もあり、「CAT5」と書かれているケーブルは100Mの速度にしか対応していないので、「CAT6」と書かれているものと交換が必要です。 LANケーブルは家電量販店やネットなどで数百円で購入できますので用意してください。 IPv6に申し込む 実はIPv6接続の申込みをしておらず、速度が出にくい状態でネットを利用し続けている場合もあります。 IPv6はどの回線も基本的には無料で申し込むことができるので、契約中のプロバイダへ問い合わせをしてみましょう。 でIPv6接続になっているかを調べることもできるので、自宅でネットに接続して確認してみてください。 無線接続で速度が遅い時の対策 Wi-Fiを再接続する パソコンやスマホなどのWi-Fi接続を切断して、再接続することで速度が改善される場合があります。 Wi-Fiの速度が遅いときに1番手軽に試せる方法なので、まずはこちらを試してみてください。 接続する電波を切り替える 光回線には2. 4GHzと5GHzという2つの電波に接続することができるので、こちらを切り替えることで速度が改善されることがあります。 接続しているネットワーク名に同じ名前で後ろに「〇〇〇〇〇-2. 4G」「〇〇〇〇〇-5G」でそれぞれ電波がわかれています。 接続先を切り替えることで電波干渉を解消することができ、速度が速くなることも多いので試してみましょう。 Wi-Fiルーターの交換 利用しているWi-Fiルーターの性能が悪くて速度が遅くなっている場合もあるので、交換も検討してみましょう。 家電量販店にいけば高性能のWi-Fiルーターを購入することができます。 また契約している回線によっては無料でレンタルできるので、問い合わせをしてみてください。 電話やテレビが繋がらない場合 ドコモ光の電話サービスが繋がらない場合はホームゲートウェイが不調な可能性が高いので、下記の手順を試してみてください。 ドコモ光の通信障害が発生する原因 ドコモ光の回線やプロバイダに多くの人がネット接続すると設備に負荷がかかり、通信障害が発生することがあります。 他にも台風や地震、落雷などによって設備が故障してネットが繋がらないこともあるので、災害が発生したときはホームページで確認してみましょう。 また設備の工事やメンテナンス中に速度が遅くなったり、接続が不安定になることもあります。 工事やメンテナス状況はで確認できるので確認してみてください。 まとめ ドコモ光が突然繋がらなくなったり、速度が遅くなった場合は通信障害が起きている可能性があるので、ドコモのホームページから確認してみましょう。 通信障害が復旧しても通信速度が遅い場合は、先ほど紹介した対処法を試してみると速度が改善されることがあります。 それでも速度が遅い場合はドコモのインフォメーションセンターへ連絡して、対応してもらうのがおすすめです。

次の