背中 が 痛い 肺炎。 【医師が監修】背中が痛い原因って?もしかして、病気のサイン?

背中の痛みの原因は?【左側・右側・肩甲骨】で違う病気と症状!

背中 が 痛い 肺炎

スポンサーリンク 1.肺炎が疑われる症状 背中の痛みのほかに、以下のような特徴や症状が見られる場合、肺炎が発症している 可能性があります。 咳(せき)が続いている• 咳といっしょに痰(たん)も良く出る• 痰に血が混じる(血痰)• 咳がひどく、息をするのもつらい(呼吸困難)• 息切れする、声がかすれる• からだ全体がだるい(全身の倦怠感)• 胸の痛みがある こうした症状といっしょに熱が出るケースも多く見られます。 普通のが原因で背中が痛む場合もありますが、咳・痰・だるさといった症状があまりにひどい時は、ただの風邪だと安易に考えずに必ず病院の内科を受診しましょう。 2.肺炎とは 〜 原因と特徴 肺炎とは、簡単に言えば肺にが起こった状態です。 肺炎にも色々種類がありますが、細菌やウィルス、喫煙、寄生虫などの刺激によって起こるケースが大半です。 特に風邪が長引いている時や、インフルエンザなどの強力なウィルスに感染した場合にかかりやすくなります。 風邪が肺炎を引き起こす理由は、抵抗力・免疫力の低下によって細菌やウィルスが繁殖しやすくなること、そして、激しい咳(せき)が喉の炎症を引き起こし、細菌が肺の奥まで入りやすくなってしまうことがあります。 タバコをたくさん吸う喫煙者も注意が必要です。 タバコが肺炎の直接の原因になるという科学的な証明はありませんが、肺に負担やダメージを与えるのは間違いありません。 肺炎が疑われる時や肺炎にかかった時は喫煙を控えるべきでしょう。 点滴などによって原因菌に合った抗菌薬を投与しつつ安静を保ちます。 肺炎は早めに適切な治療を受ければ治せる病気です。 細菌の種類にもよりますが、早期に治療を行うほど治りも早く、決して難病というわけではないのですが、年間の死亡者数が8〜9万人、死亡率が8〜9%と高い数値になっています。 これは先に述べたように肺炎の症状が風邪に似ていることからそのまま放置されたり、病院でも風邪やインフルエンザと間違って誤診され、その結果悪化するケースが多いことがあります。 また、長引く風邪が肺炎を誘発するように、肺炎が心筋梗塞などの新たな病気を引き起こし、更に深刻な事態になるケースもあります。 重症化した肺炎が自然に治ることはほぼありません。 特に高齢者や乳幼児の場合、抵抗力・免疫力が低いこと、症状が表れにくいことなどから、重症化したり死亡する例が多くなります。 肺炎は処置を誤ると大変怖い病気なのです。 予防法は風邪といっしょで、普段から疲れやストレスを溜めず、身体の抵抗力を低下させないことです。 もし風邪をひいたり、風邪が長引いて先に述べたような肺炎の症状が現れたら、とにかく早めに病院で診察を受けることを心がけてください。 診察後も症状が改善しない時は、大きな病院での精密検査を受けましょう。 最終的に自分の身を守るのは自分自身であり、そのためには正しい知識が必要です。 4.その他 【受診科】• 内科、呼吸器科、循環器科 【背中の痛みのある肺の病気・障害】• 胸膜炎 【肺炎の原因となる病気・障害】• 風邪、インフルエンザ 【肺炎が原因で起こる病気(合併症)】• 、脳梗塞、心不全など.

次の

息を吸うと背中が痛い5つの原因は?対策方法はあるの?

背中 が 痛い 肺炎

椎間関節症かも? 咳をした時に肩甲骨辺りに痛みが ある場合、 筋肉痛や肩こりから、 くる場合もあります。 椎間関節症は肥満や運動不足に加 えて、姿勢の悪さから引き起こさ れます。 肩甲骨は首から肩、腕と繋がってい るので肩こりが酷いと、回りの筋肉 が緊張してコリとなり表れます。 椎間関節の回りには神経が多いので、 身体を捻ったり深呼吸でも痛みを、 感じやすくなります。 咳やくしゃみをすると関節に震動が 走り、痛みとなり表れてしまうので す。 首や肩の骨や関節が問題に! 骨と関節は同時に痛むので、首の骨 が変形すると椎間関節も変性してい きます。 この首の歪みが神経を通じて 『関節以外に痛みを感じる』ように なりそれが背中の痛みになり表れま す。 背中は上から六番目と7番目の頸椎 が 変性する事で痛みがおきます。 咳で首が動くと、背中が痛むのであ れば間違いなく椎間関節症と考えて 良いでしょう。 スポンサーリンク 胸膜炎から起きる背中の痛み 肺炎の合併症で起こりやすく、肺炎 とよく似た症状が表れます。 風邪でも、咳で背中が痛みますが、 痰が絡み発熱があり倦怠感が強い ようなら直ぐに病院で診察を受け ましょう。 肋間神経痛による痛み 肋骨に走る肋骨神経が咳により痛む 事があります。 肋骨に沿って走る神経が筋肉や骨で、 ストレスで起こりやすいと言われて います。 肋間神経は首から背中、そして胸へ と走ります。 この事が、背中にも痛みを出しやす く咳の刺激で強く感じます。 ストレス性のものが多いのですが時 には長引く事もあるようです。 咳をして背中が痛くなったらどうする? 風邪や花粉症のように 『咳の原因』 が特定できているような場合には、 治療先の医師に相談してみましょ う。 激しい咳で肋骨が折れてしまう、 骨粗鬆症で骨折している可能性も あります。 そうなると整形外科での治療とな るので、注意が必要です。 咳と背中 咳は全身を激しく動かすので、背中 だけでなく胸や腰も痛くなりやすい ものです。 自分が思っている以上に全身の筋肉 を使いますから、当然背中の筋肉も ビリビリと動きます。 日本人の多くが 『猫背』で日頃から 首から肩、背中に負担をかけていま す。 この事が骨や筋肉に負担を掛けるこ とになり、咳で痛みを発症しやすい のです。 咳で背中が痛む原因の多くは椎間関 節症からくる二次的なものですが、 中には病気や骨折が隠れている事も あります。 疲れから痛みが発生することもあり ますし、色んな場所が痛みます。 咳で 『ぎっくり腰』になる人もいる ように、咳は身体に負担を掛けやす いものです。 まとめ 咳で背中が痛むのは筋肉だけでなく 骨や神経が関係している事もありま す。 背中の痛みだけでなく、咳で頭痛や 嘔吐などの症状があるようなら、す ぐに病院で診察を受けましょう。 発熱があると、咳で背中が痛む事も ありますが素人判断は危険なもの。 問題がないことが分かれば安心でき ますよ。

次の

背中の痛みの原因は?【左側・右側・肩甲骨】で違う病気と症状!

背中 が 痛い 肺炎

背中の痛みいろいろ 一口に背中が痛いといっても、痛みの種類はさまざまです。 まず、「痛む位置」による違いがあります。 背中は体のなかでも面積の広い部分。 右上、右下、左上、左下、中央など、背中のどのあたりが痛むのかによって、考えられる原因は違ってきます。 また、「痛み方」による違いもあります。 急に強い痛みがあらわれる場合もあれば、強くはないものの長い期間ずっと痛んでいる場合、いつもではなくときどき痛む場合など、こちらもさまざまなパターンがあります。 そして、場合によっては命にかかわる重い病気の恐れもあるので、注意しなければなりません。 もし、今背中に痛みを感じていて、なおかつ ・急にがまんできないほどの痛みがあらわれた ・痛みの感じがいつもと違う ・痛む位置が、時間が経つにつれて変わってくる ・胸の痛み、高い熱、冷や汗、息苦しさ、意識がなくなりそうになるなど、ほかの症状もある といったことがあれば、迷わず救急車を呼ぶなどして、すぐに診察、治療を受けてください。 このコラムでは主に、緊急性の高くない、日常でよくみられる背中の痛みについて、痛みの種類や、病院にいくべきかを考えてみます。 原因別痛み方の例 それでは、それぞれの場合で、どんなケガ、病気が考えられるのか、主な例を挙げてみましょう。 背中の筋肉や神経、骨のせいで痛い! 重いものを持ち上げたり、はげしい運動をしたりといったことがきっかけで、背中と腰にある関節やを支える筋肉、靭帯(じんたい)に急な負担がかかると、ぎっくり腰ともよばれる急性腰痛症になることがあります。 痛みの程度はさまざまで、一時的に動けなくなることもあります。 背骨が体自体の重さに耐えられなくなり、自然に折れてしまう圧迫骨折をおこすこともあります。 骨がもろくなっている高齢の方に多くみられ、「いつのまにか骨折」とも呼ばれます。 背骨のなかでクッションの役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という部分が、つぶれたり、変形して飛び出したりすると、椎間板ヘルニアという状態になります。 背中、腰の痛みに加えて、手足のしびれもみられるのが特徴です。 皮膚のせいで痛い! みずぼうそうのウイルスが皮膚に水ぶくれをつくり、ヒリヒリと痛くなる帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気があります。 背中には、この帯状疱疹の症状があわられやすく、体の右側、もしくは左側に、片側だけ、横向きに症状が広がっていくのが特徴です。 内臓のせいで痛い! 内臓の異常からくる背中の痛みでもっとも気をつけなければならないのが、心臓や大動脈の病気によるものです。 背中だけでなく、胸も痛んだり、息苦しさもある場合は、心筋梗塞や狭心症、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)、肺塞栓症(はいそくせんしょう)など、重い心臓の病気かもしれません。 この場合は、早急に医師の診察を受ける必要があります。 すい臓や胆のうの異常でも、背中が痛むことがあります。 背中に加えて、みぞおちも痛む場合はすい炎、お腹の右上が痛み、吐き気もある場合は胆のう炎の疑いがあります。 尿の通り道に小さな石(カルシウムなどが固まったもの)ができると、尿路結石という状態になり、背中から腰周りにかけて、はげしい痛みがあらわれます。 さらに、この状態を放っておくと、腎臓の一部に細菌が溜まり、腎盂腎炎(じんうじんえん)という重い病気にかかることもあります。 このように、内臓の異常が原因で背中が痛む場合は、重い病気にかかっている、もしくは、その兆候のある恐れが高くなっています。 ためらわず、すぐに病院へいってください。 科目で迷わず、まずは受診を! 背中の痛みで病院にいく場合、これといって原因に心当たりがなければ、最初は何科にかかっても問題ありません。 かかりつけ医など、信頼のおける医師に相談してみるとよいでしょう。 持病などで通院の習慣があれば、その際に、背中が痛むことを伝えてみるのも一つの方法です。 「直前にぶつけた」、「重いものを持ったとたんに痛くなった」など、ケガによるものとはっきりしていれば、整形外科がいいでしょう。 また、皮膚に水ぶくれができていれば皮膚科など、原因が目で見てわかるときも迷うことはありません。 しかし、そういった場合以外は、本当にあらゆる可能性が考えられるのです。 複数の原因が絡んでいることも珍しくありません。 必ずしも、痛みの原因に直接対応できる医師に一発でたどりつく必要はないのです。 「何科で診てもらえばいいかわからない」、「間違っていたらどうしよう」といった理由で受診を先延ばしにし、症状を悪化させてしまうことの方が問題なのです。 セルフケアーは診断のあとで 背中の痛みに対して、病院などで受ける「治療」とは別に、ストレッチなどの「セルフケアー」をおこなっているという声もよく耳にします。 特に、慢性的な痛みを抱えている患者さんには、なんらかのセルフケアーをとりいれている方が多いようです。 ただし、効果が期待できるのは、症状に適していて、なおかつ正しいやり方でおこなわれている場合に限ります。 症状と合っていなかったり、やり方が間違っていたりすると、効果がないばかりか、余計に悪くしてしまうこともあります。 一度、医師に診てもらったうえで、正しいやり方を教えてもらってからおこなうのがよいでしょう。 自己判断、自己流は、あまりおすすめしません。 また、セルフケアーは、あくまで日々の調子を整え、それ以上悪くならないようにするためのものです。 続けたからといって、痛みが完全になくなるわけではありません。 慢性的な痛みにも原因はあります。 その場しのぎを繰り返すのではなく、医師と相談しながら、根本的に治すことを考えるのも必要です。 もちろん、急に痛みが増したり、いつもとは違う痛みがあらわれたりしたときには、すぐに中止して、病院へいってください。

次の